うのくらし イメージ画像

スポンサードリンク

カーペットを敷かれたサークルスペースの奥へ行っては ピュッと走って戻ってくるのを繰り返している2羽のふわふわ子うさぎ。 人の目には行って戻ってを繰り返しているようにしか見えませんが、 2羽の間では何かしら遊びのルールみたいなのがきっとある……のかもしれません
『跳ね返り子うさぎ』の画像

布団の上ではしゃぐご機嫌うさぎさん。 ベッドや布団の上でぴょんぴょんしたくなるのはいつものことなのですが、 ふと考えてみるとどうしてそういうところだとテンションが上がりやすいんでしょうね。 うさぎさんはふわふわしたものが好きだから? いや、確かにそれはそう
『跳ねたくなる理由を教えて』の画像

ふわふわの巣の中にぎっしり詰まった生後1週間の子うさぎたち。 このあまりうさぎっぽくない感じなのに、うさぎとちゃんとわかる姿がいいんです。 今はまだ眠るのが仕事。しっかり眠ってしっかり大きくなってもらわないといけません。
『ぎっしり子うさぎ』の画像

とあるうさぎさんの怪しげな跳ね方シーン集。 それはまあ、うさぎさんだっていつも同じ跳ね方をするわけではないですが…… この跳ね方は変な生き物ですね。少なくともうさぎさんではありません。 たまにあるそんなところもかわいいんですけども。
『ぽくない跳ね方』の画像

匍匐前進で狭い棚の下を探検する子うさぎと、 その後をついていって様子を見ているもう1羽の子うさぎ。 それぞれに興味関心は違うもので、片方の子は積極的に潜っても もう片方の子は様子を見てついていくだけで潜らないところが面白いですね。
『探検うさぎと後追いうさぎ』の画像

静かに牧草を食べている最中、不意に横を向くうさぎさん。 全く大したことではないのですが「どうしたの?」と聞きたくなる瞬間です。 うさぎさんの気になるものは人も気になる。というわけで、こんな時にも喋れたらいいのになあと。
『ふと横を見る』の画像

並んでお食事中のぱっちりおめめキラキラな3羽の子うさぎ。 同時に生まれた兄弟姉妹のはずなのに3羽とも段階的に大きさに差がありますね。 このサイズまで育てば大丈夫なはずですが、ここまで大きさに差が出るのもなかなか…… 小さい子はのんびりマイペース、大きい子は人
『しっかり食べてしっかり育って』の画像

何やら人をホリホリしたくて仕方がない気分になったらしいうさぎさん。 人の上に乗ってホリホリ。降りても横からホリホリ。更に再び登り直してホリホリ。 一旦スイッチが入って火がつくとなかなか止まりませんね。
『スーパーホリホリタイム』の画像

元気の有り余った子うさぎたちが集うぴょんぴょん会場がこちら。 誰かが跳ねながら画面外に消えたかと思ったら、次の瞬間には別の子が飛び込んできます。 同じ子うさぎなら跳ねなきゃ損? やっぱりこの元気さはいいものですね。
『ぴょんぴょん会場』の画像

ただひたすらに眠いうさぎさん。 目は開いたままですし、時折身を起こしたりするのですが やっぱりどうしても眠いそうで体が徐々に倒れてきては耳をはじめ全身が激しく微振動します。 まあ……安心しているからこそこういう風になるというのはあると思いますが、 こんな風に
『微振動うさぎ』の画像

台の上、3羽でごそごそ中の子うさぎたち。 木の足元をちょっと掘ってみたり、そろ~っと縁に寄って周りを見てみたり。 そしてふと気が付くと、いつの間にかさっきまではなかった水たまりが。 誰ですかそんなところでおしっこしたのは!
『いつの間にかの水たまり』の画像

人がポーカーをしているところに現れた小さな飛び入り参加者。 積んであったチップを崩し、並んでいたものをぽいぽいし…… これは勝負が無効になるのも致し方ありませんね。
『かわいい飛び入り参加者』の画像

カメラの前で色々なポージングを披露してくれる2羽の子うさぎ。 こんなかわいい姿を見せられたらもう撮影するしかないですね。 いくら撮っても足りなさそうです。
『撮影するしかない』の画像

ブランケットの下に潜り込んで遊んでいたうさぎさん。 一旦出てしまった後、再び下に潜り込もうと 手近にあった葉っぱクッションを持ち上げるのですが…… とりあえず潜りたい気持ちはわかるのですが、それはちょっと大きさ的に難しいですね。
『アナウサギですから』の画像

サークルの中でのんびりゆったり過ごす2羽の子うさぎ。 おとなしいなあと思いきや、唐突に全力鬼ごっこが始まります。 うさぎだって子どもは風の子。やっぱり元気に駆け回っているのが一番です。
『鬼さんこちら』の画像

とあるうさぎさんの伸びとあくびのシーン集。 伸びやあくびにもそれぞれに癖があるもので、 うさぎさんによって少しずつやり方が違ったりするので よく観察してみると面白かったりします。
『伸びとあくびと』の画像

生後6週間の元気な子うさぎ。 うさぎさんの足の裏は毛がふさふさなのでフローリングの床だと滑ります。 気にしない子は全く気にせず走ったりするのですが、気にする子だと もう全然フローリングの上には出ないようにしていたりします。 で、注意しないといけないのはもちろ
『滑っても平気?』の画像

ソファの上でブランケットをうさぎなりにせっせと整えるうさぎさん。 やっぱり掘るのと一緒で、ならしがいがありそうなものを見ると むずむずとやりたくなってくるのでしょうか。 これもうさぎさんに聞けるなら聞いてみたいところのひとつですね。
『きちんと整頓』の画像

ぱたぱたと部屋の中を駆け回っている子うさぎ。 そのちょこちょこ動き回る姿だけでもかわいいこと! フローリングなので足元がちょっと滑ると思うのですが、上手に動き回っています。 と思っていたら最後にずっこけ。油断大敵ですね。
『駆け回る毛玉』の画像

うたた寝ハウスの中にするりと入っていって 元気に床をシャカシャカとほぐしているうさぎさん。 ところでこのうたた寝ハウス、破壊活動に勤しむうさぎさんはとてもよく見ます。 でも中で気持ち良さそうに眠っている姿はまだ見たことがありません。 もう見るからにほぐしがい
『本当に"うたた寝"ハウス?』の画像

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ