うのくらし イメージ画像

スポンサードリンク

すのこの柵の向こうに行きたいらしく、木をかじっているうさぎさん。 かなり力が入っているのがよくわかります。 地道と言えば地道なのですが、工事が進んで成果が見えてくると どんどん減る速度が上がっていくので、うさぎさんが本気を出すと案外早かったり。 疲れたら一歩
『地道な脱走計画』の画像

生後6週間の子うさぎ。 興味津々でソファに登って、上へ上へと進んでいきますが…… まあ子どもは失敗しながら大きくなるものですしね。 もちろん怪我にだけは気をつけないといけませんが。
『登ってみたいお年頃』の画像

もう見るからにご機嫌で元気いっぱい!なうさぎさん。 疲れてしまった時や、何かで落ち込んでいる時には元気なうさぎさんの映像を見ると ちょっと元気を貰えます。もちろん生の元気な動物が一番いいんですけどね。
『見ているだけでも元気になれる』の画像

滑りながらも隙間を突き進んでいくうさぎさん。 穴があったら入りたいですし、隙間があったら潜りたくなるのは やっぱり仕方ありません。それでこそアナウサギなんですから。
『それでも進みたい』の画像

ケージの中でトイレをガチャガチャして荒ぶっているうさぎさん。 何かが気に食わなかったのか、ふとやってみただけなのか、機嫌が悪くて八つ当たりなのか…… それはうさぎさんに聞いてみないとわかりません。 様子を見ているだけでわかることもありますが、やっぱり会話が
『荒ぶりたい時もある』の画像

大久野島の何気なく子うさぎがいる風景集。 動き回る様子を見ていると、子うさぎはやっぱりどこにいても子うさぎですね。 ちゃんと常に耳のアンテナを張っているらしいのは偉いところです。
『子うさぎは子うさぎ』の画像

仲良く並んでおやつタイムなうさぎとモルモット。 どちらもおとなしいからこそできることですが、 違う動物同士でも喧嘩せずに食卓を囲めるのはいいですよね。
『一緒においしく』の画像

巣の中ですやすや静かに眠っている2羽の子うさぎ。 まだこんな風に眠っているだけの小さな子どもですが、あと1週間もすれば 元気いっぱいでちょこちょこと動き回るようになっていると考えるとすごいものです。 命って本当に不思議ですね。
『今はまだ眠るだけ』の画像

大久野島、大きなあくびをしてからびろーんと横になるうさぎさんをスローで。 いくら野外で家より緊張感があると言っても眠い時間はやっぱり眠いものです。
『気が緩むとき』の画像

家の中をまさしく風よりも速く駆け回っている子うさぎ。 この勢いと元気っぷりはいつ見ても気持ちの良いものです。 問題は速すぎて動画はともかく写真を撮るのが難しいことでしょうか。
『風よりも速く』の画像

うさぎさんのお食事風景をちょっと下から。 この口の動きがなんか魅力的なんですよね。 何がいいのかと言われると難しいですが……やっぱりかわいいから?
『もぐもぐを下から』の画像

生後8日の子うさぎにミルクをあげるお母さん。 じっと授乳に耐える姿もですが、何よりかなりの量の自分の毛を使った 子うさぎの周りのベッドには母の愛を感じずにはおれません。 色々な愛の形はあれど、それぞれに母は偉大なものですね。
『献身的な母の愛』の画像

家の上に登ったまでは良かったものの、降りられなくて困っているうさぎさん。 種類などによっても多少の傾向の差はありますが、基本的にうさぎさんは 臆病で慎重な性格の子が多い動物です。登るのは平気でも降りるのは苦手という場合も多々。 無茶をして怪我をしてしまうよ
『困った事態』の画像

何やらむにょっとした生後5週間の子うさぎ。 うさぎさんの誘惑というものはおそろしいもので、無意識のうちに 気が付けば頭を撫でているというようなことは日常茶飯事です。 そして「まあいいか」と撫でていると、これまた気が付けば結構な時間が経っていたり…… 実は時間
『気が付いたら撫でている』の画像

何はなくとも機嫌良さそうにちょこちょこしているうさぎさん。 うさぎさんはこれでいいんです。穏やかに平和にご機嫌で過ごすのが一番です。
『何はなくとも機嫌良く』の画像

生後11日の5羽の子うさぎ。 ジャージーウーリーとのことですが、まだあまりそれらしさはありませんね。 むしろまだ毛が長くないので鼻がピンクに見えているところがチャームポイントです。
『ピンクのおはな』の画像

スロープハウスの中で何やらごそごそしているうさぎさん。 丸い穴いっぱいのおしりにちょこっとついたしっぽ。 こういう姿を見るとしっぽの存在感の重要さを感じますね。
『まんまる』の画像

見るからにふわふわでもこっとした子うさぎ。 『三つ子の魂百まで』ならぬ『三つ子のふわふわ百まで』ですが お母さんのミルクから始まって、水と牧草や野菜、ペレットくらいしか食べないのに どうしたらあんなにふわふわな毛が作れるのでしょうか。 これもうさぎ七不思議の
『ふわふわの源は』の画像

野菜を次々とモシャモシャしていくうさぎさん。 そばで見ていると思わず頬が緩んできてしまう光景ですが、 見られているうさぎさんの側からは人は一体どういう風に映っているのでしょうか。
『眺めていたいモシャモシャタイム』の画像

まだまだ幼いふわふわ子うさぎ。 何か聞こえるのか、頻繁に立ち上がってはきょろきょろしながら遊んでいます。 このまだ垂れない耳に、立った時に見える口元に、かわいいところは尽きません。
『尽きないかわいさ』の画像

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ