うのくらし イメージ画像

スポンサードリンク

大きな小松菜を頂くうさぎさん。 途中で持ち直したりすることなく、茎のほうから一気にもりもりいってしまうのですが 全部口に入れた後に一瞬だけ口の周りが大変なことに…… うさぎさんの口は小さいので容量にも限界がありますしね。 こぼすこともなく行儀良く食べきっただ
『もりもり小松菜』の画像

テラスのテーブルに置かれたマットの上でみんなでお昼寝中の子うさぎ。 天気的にもほどほどに暖かそうですし、いいお昼寝日和なのではないかと思います。 それにしても鼻元ズームのかわいいこと! (最後のほうでおまけ的に虫が映るところがあるので苦手な方は一応注意を)
『お昼寝日和』の画像

結構な勢いでおいしそうにバナナをかじっていくうさぎさん。 でも一通り食べて満足すると「もういいや」と自分でストップします。 食べ過ぎないということを知っているのか、ただ単純に気ままなのか…… 後者の気がしますが、うさぎさんですからね。それでいいんです。
『気ままにバナナ』の画像

部屋の中、脚を跳び越えテーブルの周りを駆け抜ける小さな影。 狭い隙間でもビュッと行くところを見ているとなかなかすごいものです。 時々立ち止まって人の様子を見ているところもかわいいですね。
『駆け抜ける小さな影』の画像

うさぎさんが敷居を越えるシーンをスローモーションで。 黒い毛並みの光沢もあって、全身のしなやかな動きがよくわかります。 あと、スローだと体の下半分の白が尚更目立ちますね。
『スローで見るとまた違う』の画像

ぺたっと手乗りサイズの小さな子うさぎ。かわいいことはいいことです。 この姿を見てムフフと怪しげな笑いが漏れてしまうのも仕方のないことです。多分。
『かわいいことはいいことだ!』の画像

うさぎさんだって猛スピードで走りたくなる時くらいあるんです。それも割と頻繁に。 見ている側としては非常に面白いので、好きなだけ走ってくれたら良いんですけどね。
『スピード狂うさぎ』の画像

どうにも眠そうにぼんやりしている子うさぎ。 そんな状態でも手にペレットを乗せて差し出せば目を覚まして食べ始めます。 ……がやっぱりちょっと眠そう? 食べながら居眠りしないだけ偉いのかもしれません。
『眠気と食い気』の画像

うさぎのサークル内、つまるところ部屋でじゃれあっている2匹の猫。 部屋の主はずっと外側から見ているだけでしたが、 あんまりずっとやっているとさすがにやめてもらおうと思ったらしく…… 言われてぱっとやめるあたり、一応人の部屋で遊んでいる自覚はあったのでしょうか
『人の部屋で暴れないで』の画像

牧草を食べるうさぎさんをすぐそばから。 このモニュっとしたほっぺがまたいいんです。 間近で見ていると思わずつつきたくなってきます。
『触りたくなるほっぺ』の画像

目をキラキラさせながらラズベリーを頬張るうさぎさん。 この表情が見たくて、いつもつい甘やかしたくなってしまいます。 でもまあ、このくらいのささやかな贅沢なら多少はいいですよね。
『この表情がたまらない』の画像

奥の箱からどんどん出てくるたくさんの子うさぎ。 これだけいたら大変だろうなとは思いますが、 その分だけかわいいですし見ていて楽しいだろうなあと。 集まっているところをがばっと両手で抱きしめてもふもふしたくなります……
『子うさぎもりもり』の画像

クッション(?)から頭を出して、ひたすら縁をかじり続けるうさぎさん。 すごくかわいいのですが油断大敵です。こういうのを「かわいいなあ」と眺めていると ふと気が付くと縁がボロボロになっていたりすることがあります。 うさぎさんの歯を甘く見てはいけません。
『はむはむバニー』の画像

人のひざの上ですやすや眠る生後8日の子うさぎ。 どの子もよく眠っていて起こすのも忍びないので動きがとれませんが、 こんなにかわいかったら仕方ないかなと。ずっと撫でて眺めていたくなります。
『動けないのも仕方ない』の画像

器に乗せられたいちごを頂くうさぎさん。 目をキラキラ輝かせておいしそうなのはいいのですが、口の周りが…… まあよくあることですけどね。食べ終わった後はちゃんときれいにして大満足です。
『口の周りがまっかっか』の画像

小さなバスケットの中で一緒に牧草を食べている子うさぎとチンチラ どちらも静かにしていますが、お互いのことに興味が無いわけではないようです。 それにしても手やら耳やら尻尾やら、同じげっ歯類でも全然違うものですね。
『相手に興味がないわけじゃない』の画像

1枚の葉を一緒に食べるうさぎさん。 お互いにちょっと引っ張ったりはしますが、 喧嘩をするでもなく、並んで黙々とかじっていきます。 左の子のほうがせかせかしていて右の子はのんびり。 食べ方から見える個性を観察するだけでも面白いものです。
『リーフシェアリング』の画像

お皿に盛られた生後20日の子うさぎ3羽。 こんな盛り合わせならいくらでも、何皿でも欲しくなりますね。
『子うさぎの盛り合わせ』の画像

ケージの隙間から指を出すとあごをスリスリしてくれるうさぎさん。 あごをスリスリするのは一般的には所有権の主張だと言われているので、 転じて家族の確認であったり親愛の意味が込められたものだと思っていますが、 実際のところうさぎさんがどう思っているのかはわかり
『あごをスリスリ』の画像

ご飯の時間、チモシーの穂をよく噛んで頂く子うさぎ。 ペレットもありますがお皿を横に除けた辺り、この子は牧草のほうが好みのようです。 牧草の後は水を飲みますが、あごが結構濡れているような……いや、いいんですけどね。
『しっかりよく噛んで』の画像

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ