英語を日本で独学で身につけたい人のための、「IT活用の英語教材」のすすめ

英語学習を最小限の時間と労力で効率化できる、ITを活用した「英語教材」を厳選して紹介します。

オンライン英単語帳 (webrio or 英辞郎)

そもそもなぜ、パソコンやスマホ等のIT(情報技術)を活用する必要があるのだろうか?

私は、英語学習で最も 地味で、辛く、労力がかかる作業である
「辞書を引く」という行為を、ぜひ効率化したいと思っていた。

分からない単語があって辞書を引いたときに、
同じ単語を2度、3度と引いていたことに気づくと、
自分の記憶力の弱さに呆れてしまうこともある。

IQの高い人は、ほとんどの単語を1発で覚えてしまうようなので、
IQの低い私は、外部ツールにアシストしてもらって覚えてしまう方が得策だと考えた。

さて、今では、YahooやGoogle等のサーチエンジンで、検索したい英単語に「意味」というキーワードをプラスすれば、そのまま無料辞書として使えるし、
「オンライン英語辞書」の機能も無料で提供されている。

それだけでも十分に効率的ではあるが、
「何度も同じ単語を2度、3度と引き直す時の 繰り返し作業 を自動化する」
という目的で考えてみると、有料版サービスを利用する価値は十分にある。

おすすめは、

である。
私は前者を利用しているが、無料で使用して、使いやすい方を選ぶとよいだろう。

English Central

まず最初にご紹介したいのは、
無料でも使えるオンラインサービスの
「English Central」です。

「English Central」は、PCやスマホでログインして、
自分の学習レベルに応じた英語学習ができるサービスです。


教材は、紙ではなく、短い「字幕付きの動画」を使いますが、
日常表現やニュース、有名人の講演等、
学習レベルに応じて、豊富に揃っています。

ビデオを見た後に、分からない単語を確認したり、
自分の発音を採点してもらったりして、
生きた英語を総合的に学ぶことができるのが特長です。


詳しいことは、
「English Central」 のサイトをご覧ください。
English Central

無料登録してすぐに利用できますが、
本格的に利用する場合には、
有料会員になれば、制限なく利用できるようになります。