競輪道

多分足を洗えない

どこへ出しても恥ずかしい人

 友川カズキ、といえば、フォークシンガーとしての活躍が当然有名。
 でも、ここを見に来るような人なら、むしろ、破滅型競輪客という印象を持っているかしれない。

 そんな友川カズキの日常、主に競輪、居酒屋、そしてライブといった日々を追った映画が公開された。

どこへ出しても恥ずかしい人

 川崎の木造アパートの一室に居を構える彼の日常は、酒、競輪、そして歌。
 松戸、川崎、前橋と、スタンドから叫びながら競輪を打つ。そして終わったら、仲間達と酒。
 そしてライブでは、熱く語り歌う。

 撮影時期は、2010年。
 東日本大震災の、前年。
 改装前の川崎の場面とか、懐かしく思うわ。
 別居している息子達も競輪場に呼び出されて車券を買ったり買わされたり。

 撮影から公開まで10年かかったのは、この素材があまりにも濃くてまとめきれず、ここまで来てしまったようなことを監督が公式サイトで語っている。
 確かに普通の感覚なら扱いきれない素材だわな。実際この映画も、うまくまとまっているとは言いがたい。
 でも、これを見せてくれたことには、感謝だ。

 どこかのインタビューで見かけたのだが、友川カズキは、東日本大震災で人生観が変わったと語っていた。
 そういえば、震災前はSPEEDチャンネルにもよく出てて、前夜予想会で当たったり外れたりする予想を語ってたが、ここのところ見かけなくなっていた。
 もう、競輪はやめちゃったのかな、とか思ってたが、この映画の公開記念イベントで奈良記念準決勝予想会なんてのもやったようなので、ちょっと安心。

 この映画、各地のアート系ミニシアターで2月に上映開始で、我が神戸では5月上映予定。楽しみに待っていたら、こんな情勢で各映画館は休館。
 でも、ミニシアター有志が集まって、仮設映画館というサイトで期間限定で鑑賞できるようになっている。
 今はここで楽しんで、色々なことが収束してきたら、映画館に行ってもう一度楽しむつもり。

 ぜひ、こちらから
https://hazukasiihito.shimafilms.com/news/149


追記
 「俺はこんな風になれないなぁ」と思いながら、ずっと観てました。

書籍紹介:令和元年 競輪全43場 旅打ちグルメ放浪記

 かつて、故・横田昌幸氏著「全国50場競輪巡礼記(デスマッチ)」という名著があった。
 俺が旅打ちにハマった原因となる書でもある。
 旅に出て、競輪場で勝ったり負けたりして、ついでに現地で美味いもの食ってあれやこれやと。
 月刊競輪連載記事だったから、そう毒は吐けなかったろうけど、競輪初心者の俺には充分面白くて、それこそ何度も何度も読み返したものだ。

 さて。

 大変なご時世。
 ご多分に漏れず、俺も自宅待機。
 現時点(2020/04/14)は、まだ無観客開催やってる競輪場もあるのでショボショボとネット投票して勝ったり負けたりしているが、いつまで続くやら。

 文句ばかり言ってても始まらない。せっかくだからいつもおろそかになってることを少し強めていこう。外出もままならないし。
 というわけで読書に励むことに。あまり遊んでばかりいるように見えると、某国の首相のように叩かれかねないが。

 ちょっと前に電子書籍のキャンペーン割引があったので色々買い込もうとしてたら、ついみつけてしまった。

令和元年 競輪全43場 旅打ちグルメ放浪記

 日刊ゲンダイの編集委員・峯田淳氏が、なんと平成30年から令和元年にかけてのたった一年で、当時稼働している全41場(地震の影響で閉場中の熊本と、改装工事中の千葉を除く)を巡ったお話し。
 やってることは、ごく基本的なこと。競輪場に行き、場内で飯を食い、車券を買い、勝ったり負けたり。さらに夜の街で地元の美味いもん食ってあれやこれやと。

 ああ、羨ましい。早く落ち着いてあちこちでこんなことやってみたい。
 あちこちで関係者の方からお話聞けるのは、業界関係者の特権だとは思うけど。

 作品中でも出てくるが、本書は横田昌幸氏の前出の作品を非常に意識しておられる。30年後の今の競輪場の姿をこうして記録してくれているのはありがたい。30年で7場減ってしまったが。

 紙の本以外に各電子書籍サイトでも入手可能。
 暇を持てあました方、ご一読を。

 競輪の本もすっかり減っちゃったしね。

瀬戸内

競輪祭を松浦が勝って、全日本選抜を清水が勝って、ウィナーズカップでは清水が思いっきり吹かして松浦が番手捲りで優勝。

こんな日が来るとはねえ。
瀬戸内なんてここんとこずっと沈んでたのに。

北日本黄金時代、中近全盛期、トチイバアトランタとかいろいろあって、いろいろ消えていく。

時代は動くもんだね。

明けない夜はない、と信じたい

参ったね。こんな時代が来るなんて。

数年後の備忘録として書いておくと、新型コロナウイルスCOVID-19が蔓延し、2020年2月27日以降現在に至るまで、競輪も無観客レースが続いている。 昼のレースの売上はガタ落ち。一方元々無観客のミッドナイト競輪は売上最高記録を更新したりしている。 同じく無観客開催の馬や舟は売上3割減とか言ってるのに競輪の昼間開催は7割減。いかに昼間に競輪場や場外にたむろする爺さん達に支えられていたってのがよく分かる。年金支給日が一番売上が上がるんだもんな。

そういう自分も、休日の行き先がなくなって自宅で過ごす時間が増えたりしている。外出自粛効果はあるな。

2月の末、無観客になる直前に和歌山ヒラに行ったのだけど、行っておいて良かった。じゃなければ今頃禁断症状に悶えてたかも。

そうこうするうちに外出自粛令とか出され、休日は自宅で過ごすのが推奨されることに。我々はネット投票で充分趣味を満たせるはず。現場に行かない日の休日とあまり変わらんのかも。

暖かくなったらプチ遠征も考えてたけどそれも全部棚上げ。近鉄の「ひのとり」に乗って名古屋競輪とか考えてたんだが。

早く元の世の中に戻らんかな。それまでに自分の体が無事である保証もないんだけどね。

生きてますよ

一年ほどさぼってたら死亡説が流れてるそうなので、生存確認など。
広島記念に遠征したらなんか書こうかと思ってたけど、風邪引いて行けなくて…
またなんか適当に書きますね。
グランプリももうすぐか。

防府モーニング

防府に来ました。
前回来たのはふるさとダービーの時だと思うから、20年ぶりかな。

モーニングに合わせた無料バスがないので、観光案内所で電動アシスト自転車を借りる。

DSC_0090

これで、市内をうろつくこともできるな。
少し坂を登って競輪場に。

DSC_0091
DSC_0092

バンク改修したてだから、綺麗だな。

細かい話だが、スタンドの椅子もちゃんとしてて、一般席でも快適。
DSC_0094

モーニングの時間帯だけど意外にお客さんいるね。
しかし今日はモーニングセブンだから、11時台に最終レース。テレビで観てたらそんなもんかな、って感じだけど、本場に来てて午前中で終わってしまうのは不思議な感じ。

今日はチャレンジ二日目。
サンサンの交わしの交わしなんて買えんわな、チャレンジの負け戦なんて買うもんじゃねえなあ、と、いつもの後悔をしながらレースに臨んでおります。
これから準決。113期の力を見せてもらいましょうか。

場内食堂の玉子で巻いてる巻き寿司、旨し。
DSC_0093

小松島モーニング

10年ぶりぐらいに小松島に行ってきた。
モーニング開催。

地元初出走の選手がいるので入口には関係者からの花輪が出ている。 これは小松島の以前からの風習だよなぁ。
DSC_0273

モーニング開催のせいもあるだろうけど、まあ、あまり人がいない。
暑いし、机付きのところでちゃんと打ちたいので特観に入るわけだが、せっかくの新しい特観は閉鎖されていて、旧特観しか開いてない。旧特観も内装はちょっと綺麗になってるが、机なんかは昭和レトロ。
まあそれでもそれなりに快適には打てるのだが。
DSC_0274

取ったり取られたりでトントンの成績。9Rまで打って、名水銀輪を呑んで帰途に。
DSC_0275

今日の入場者数は543人とのこと。
徳島市内にサテライト徳島ができてて、記念の場外を打つんならそっちの方が快適だろうから、小松島まで来る人は少なくなってしまったんだろうな。
もう何年も前から無料バスもなくなってる。かつては淡路島の洲本まで無料バスが出ていたぐらいなのに。
今回は徳島駅から路線バスで参戦。

バンクの向こうに海が見えて雰囲気は良し。次は観光も絡めて行ってみようかねぇ。
最大のイベントの阿波踊りは、えらい競りの真っ最中のようだが。

松戸記念参戦

二年ぶりに松戸記念に。
食い物屋のレイアウトとか変わってる。バックは完全閉鎖だな。DSC_0225

それはともかく、人が全然いません。来る度に同じこと言ってるような気もするけど、今年は特に。まあ、この暑さなら外に出歩く気もしないけどな。
昼過ぎに到着して、特観に余裕で入れました。

さて車券の方は取られたり取ったりだけど、負け基調。新田康仁が捲るか捲れないかののレースで捲れない方に賭けたら、捲ったし。

さあこれから準決。太田竜馬に期待。

宮杯!

二年続けて岸和田宮杯。

DSC_0137

天気に恵まれて、客の入りも上々。
でもレースは朝から荒れっぱなしで、手がつけられません。なんか当たる気が全然せんわ。

岸和田はなんだかんだで、いろいろ過ごしやすくなってますわ。
この手のコーヒーが100円で競輪場で飲めるなんて。
DSC_0138

明日も参戦予定。とにかく当てないと。

DSC_0140
予想紙にさて困ったって言われても、こっちがこまるんですが。研究さん。


川崎記念

今年も来てしまった川崎ナイター記念。

DSC_0021

えらく風が強くて、観る方も走る方も大変だ。

何年も閉めてたメインスタンド吹きさらし席が久しぶりに開いてるので助かる。去年まではスタンド下でしゃがんで観てたからなあ。

DSC_0022

風があるから追い込み同士の組み合わせで買ってるんだが、普通に筋で決まるのはどうしたことだ。
Archives
Coments
livedoor プロフィール

ホヤ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ