2008年08月28日

大山鳴動して鼠一匹

お疲れ様です。
<穀物> コーン38790円(−360円)、一般大豆68810円(−730円)
コーン・大豆とも上昇一服かたがた、売り有利の展開から反落して引けています。乾燥天気の材料も新鮮味を欠き、戻りも重くなっています。一部アナリストによると、コーン・大豆に深刻な天候懸念が生じれば、今夏の高値を更新する可能性もあるとの見方を示したとのこと。毎年々同じようなことを言われ続け、そうなったことはほとんどありません。「たら・れば」を言ったら何でもありです。当然相場ですから、不測の事態が起こらないとも限らず、100%無いとはいえませんが。ただ、今の状況では、少なくとも天候において深刻な状況になる可能性は限りなくゼロに近いのでは。大豆を中国が買い付けたようですが、今晩発表の市場予想は、輸出制約高は5万―40万t、圧砕高1億4030万bといずれも低調で、需要は低迷しているようです。

<石油> ガソリン88220円(+2440円)、灯油96250円(+1180円)
「グスタフ」懸念プレミアムでしょう。週末になってみないと何とも?という感じですが。現状は、HNCによると、熱帯低気圧からハリケーンに成長する可能性と、来週初めにメキシコ湾に接近するとの見通しを示した段階。景気後退による需要減少は織り込んだのではないかという見方もあり、上げやすい状況であったことが、過敏?に反応しているのではないでしょうか。アジアの時間帯で119ドル台まで買われています。「羹に懲りて」という感じですが、「大山鳴動して鼠一匹」ということにならなければいいのですが。動きがはっきりするまで、今週は様子見が良いでしょう。

<ゴム> 320.0円(+1.4円) 
安値から繋ぎ足で約29円戻り、ほぼ半値戻り水準。大底からの動きを見てみますと、|福62.0円(01/11月)を底に166.3円(04/3月)まで上昇。  段 116.8.円((04/11月)を押し目底に324.5円(06/6月)まで上昇。  C福185.5円(06/11月)を押し目底に356.9円(08/6月)まで上昇。底は全て11月になっています。段目とC別椶篭Δ17ヶ月上げ、共に6月天井になっています。11月が底になり易いのはやはり年間最大の増産期という事があるのでしょうか。
今日の動きから判断すると、もう少し上値残しが感じられますが、上値10円覚悟で売り狙いと見ます。



usi1mi1ne2 at 17:33│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
東京時間
NY時間
カウンター
Archives
月齢