2008年09月01日

朝一コメント

おはようございます。今月も宜しくお願いします。
<石油> 前週末原油115.46ドル(−0.13
米国立ハリケーンセンターは31日、グスタフの勢力を5段階の上から3番目「カテゴリー3」に引き下げた。しかし同日、再びカテゴリー4に勢力を強め、大型ハリケーンのまま上陸する見通し。すでにメキシコ湾岸の石油生産の4分の3は稼働停止となっているようです。因みに、政府統計によれば、メキシコ湾岸では米国全体の約4分の1に当たる日量 130万バレルの原油が生産されている。天然ガスは日量74億立方フィート(約 2.1億立方メートル)と全体の14%を占める。05年のカトリーナとリタによって同地域の生産は95%が休止し、米製油能力の約19%に影響が出た。
グスタフについて「メキシコ湾岸の生産施設にとって最悪のシナリオになるだろう」との見方もあり、「カトリーナよりも危険なハリケーンになる」といっている。アジア時間9月1日の時間外取引は前週末に比べ1.50ドル強上昇しています。ここは状況を見極めたいとこ。
予想価格は、+1000円前後ですが波乱含み。

<貴金属> 金−2.1法白金+5.6法銀+0.3
現在、夜間取引が買われています。週報参照。
予想価格は、金−15円、白金+30円前後。

<穀物> コーン−1.75漫大豆0.50
コーンベルト地帯に恵みの雨をもたらすかどうか?まだ、天候要因での上下がありそうですが、基本は変わらず(週報参照)。ただ、週末は売られ過ぎの感がありますので、追撃売りは控え、寧ろ、安値は一部手仕舞いも一考と見ます。
週末の売られ過ぎから戻り予想、コーン+150円、大豆+300円前後


usi1mi1ne2 at 08:53│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
東京時間
NY時間
カウンター
Archives
月齢