江戸は元禄の頃。白雪藩主の娘、当年16歳のさゆり姫は花もほころぶ可憐さで諸国でも評判であった。しかし、姫には裏の顔があった。良民を苦しめ私腹を肥やす悪人共を成敗する闇の仕置人という顔が。今夜の獲物は、悪行を重ねる和尚である。姫は、今まで多くの男共の身体を斬り裂いてきた愛用の剣を和尚に向けるが、逆に捕まってしまう。たちまち身ぐるみ剥がされ、姫は和尚に犯される。

ひめ1

ひめ2

ひめ24 - せりふ

ひめ3

ひめ4

ひめ5

ひめ6

ひめ7

ひめ8

姫は、刀の鞘を和尚の腹に突っ込むと、内臓を絡めて引っ張り出す。
ひめ10

ひめ11

ひめ12

ひめ13

ひめ14

ひめ15

ひめ16

ひめ17

ひめ18

ひめ19

ひめ20

ひめ21

ひめ22

ひめ23 - せりふ