2005年02月

2005年02月27日

宇野くんに未来はあるのか…

35045584.jpg
宇野くんはどこへ行くのか。
 
この前のMAXでイルマッツという総合超初心者にあっさりタックルから
テイクダウンしマウント奪って腕十字で勝利した。
 
見ていて虚しい。虚しいのは僕だけでないはずだ。総合ファンなら
皆虚しいはず。
 
UWF戦士のように異種格闘技戦がやりたいっていうのも分かる。
確かにあれは憧れだ。でも時代が違いすぎる。昔はグー対チョキ
みたいなものに興奮できた。
でも今回はグー対グー・チョキ・パーだ。どう盛り上がれというのか。
 
何が心配ってK−1があまり総合をやる気がないってこと。
KID、元気、宇野くん、秋山等いろいろ総合の選手を囲っているが、
年末のダイナマイト以外にどれだけ総合の試合があるのか。
谷川さんが「立ち技から浮気しません!」っていってるぐらいだし。
まあ願いはひとつ。いや2つ。宇野くんには修斗とUFCに出て欲しい。

ヤナ君が見事ネオブラの予選を2回勝ち抜き準決勝へ進出したそうで。
素晴らしい。そしておめでとう。


usiwotaose at 17:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!K−1 

相撲GPで対戦する元関脇と元横綱

1b721be9.jpg
3月19日にソウルでK−1があるそうだ。
 
そしてワールドGPの出場権をかけたアジアGPが行われるそうだ。
以下がそのトーナメント表だが…。
 
(Aブロック1) ガオグライ・ゲーンノラシン vs. ジャン・チンジュン
これはいいだろう。ガオグライはいい選手だ。もう一人は韓国人かな。
 
(Aブロック2) 堀啓 vs. イ・ミョンジュ
堀選手はでかいしルックスもいいから期待されてるのかな。
もう一人はまた韓国人か。
 
(Bブロック1) 曙 vs. 角田信朗
出た…。とうとう組んじゃいましたか。このカード。良かったね。
曙念願の初勝利だ。心置きなくプロレスへ行ってくれ。せめて格闘技界から
引退してくれ。お疲れ様。
角田の復活は「最悪」「恥知らず」「自己満足」と思ったが、このカードで
納得。お仕事頑張ってください。
 
(Bブロック2) チェ・ホンマン vs. 若翔洋
また出た…。ホンマンは韓国相撲の元横綱だそうで。まだ24歳だし。
218センチ、160キロっていうのは見栄えがするだろうね。
こういうのが化けるとおもしろいんだけど化けないだろうなぁ。
そして若翔洋急遽参戦!38歳の元関脇。なぜいまさらK−1に。
もう謎です。リングに上げる谷川さんが一番謎。
 
もうBブロックを見ると相撲GPだ(笑)。といいつつテレビでやるなら
きっと見るだろうな。格闘技としてでなく見世物として楽しみだから。
でもお金もらっても会場では見ない。


usiwotaose at 02:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!K−1 

2005年02月25日

今回の被害者(左側)

6759c1a7.jpg
第1試合 一回戦Aブロック第1試合 3分3R(延長1R)
○小比類巻貴之(チームドラゴン)
×安廣一哉(正道会館)
4R 判定2-1 (黒住9.5-10/朝武10-9.5/武井10-9.5)
3R 判定0-0 (黒住30-30/朝武29.5-29/武井29.5-29)
※0.5点差の場合、本戦3Rではドロー扱いとなる
 
いろいろと話題のコヒvs安廣について一言二言。
 
ダイジェストのテレビで観ただけだが、安廣選手の勝ちだよね。
コヒも時折ラッシュをかけていたけど、距離を制していたのは安廣選手。
畑山も言ってたけど、ノーモーションで踏み込む鋭い右ストレートは
本当に素晴らしい。何度もコヒの顔面を捉えてた。
少なくとも延長の4Rで優勢だったのは安廣選手のはず。
でもK−1のジャッジが1Rから4Rまで通して判定するとコヒの
勝ちだそうだ。
まあ真実は会場の大ブーイングが証明しているようで。
判定後の安廣選手と湊谷コーチのあの呆然とした表情が凄かった。
直後の湊谷コーチの会場へのあおり方は素敵だったなぁ(笑)。
 
昔の佐竹もそうだが、正道会館所属なんてこと関係無しに、主催者の
贔屓選手でないと本当に酷い扱いだ。
2:1っていうスプリットデシジョンがまたうそ臭さに拍車をかける。
会場やテレビで観戦していた素人さんは皆「あれ?」と思っただろう。
格闘技ファンは皆「またか・・・」と思っただろうね。
 
結果としてコヒがその後素晴らしい勝ち方で優勝するんだから谷川さん
にはまだ悪運があるってことか。いやいや正にしてやったりというとこか。
 
素晴らしいと思ったのは判定に関する安廣選手のコメント。
「ボクも小比類巻選手も関係ないんで、ハイ。選手は悪くないッス。
 逆に何かあると小比類巻選手がかわいそう。選手がかわいそう。」
いやいや冷静なコメント。素晴らしい。これぞ空手家。
今振り返れば、KIDの顔を大きく腫らし、最も苦しめた選手。
もう一度、K−1ルールで安廣vsKIDが観たいな。
 
他の試合についてはまた書くと思う。いやいやK−1はいろんな意味で
見逃せないね。


usiwotaose at 03:39|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!K−1 

2005年02月23日

これは一種の詐欺では…

42c9db47.jpg
いやいやKID欠場だと。前日発表。しかも理由が大晦日の魔裟斗戦での
怪我だとか。おいおいずっと怪我したけど、前日発表したってこと?
ちょっと酷すぎ。チケット買った人かわいそすぎ。
当日はKID握手会するそうで。握手会ねぇ…。
ホント武田vsKIDは僕も超楽しみにしてた。チケット買った人も
ほとんどがそれがお目当てだったのでは。だからこそちょっとねぇ。
代役はレスリングエリートの宮田選手。これもなんだか。総合で頑張って
欲しい分、宮田選手がかわいそう。
まあもちろん観るけど、最悪のつまづき方だな。K−1。


usiwotaose at 05:48|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!K−1 

2005年02月22日

大内さん自然体だったねぇ

a5ed9e7b.jpg
プライド29をPPVで観た。なかなかおもしろかったのでは。雑感を。
 
続きを読む

usiwotaose at 04:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!総合格闘技 

2005年02月20日

白鯨頑張れ

ee8aabc2.bmp
今日はプライジだった。さっき気づいたよ。
まあ一応楽しみ。ボチボチのカード。一言を。
 
第1試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
横井宏考(日本/チーム・アライアンス)
マリオ・スペーヒー(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
 
ゼ・マリオの試合は特に見たくないんだよな。
後でどっしり構えていて欲しいというか。
横井ってなかなか強そうだけど。あっ、この試合からミドル級か。
勝った方が、GP出るのかな。

第2試合 ヘビー級 1R10分・2-3R5分
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル/チーム・クロコップ)
トム・エリクソン(アメリカ/RAWチーム)
 
個人的には裏メイン。
ヴェウドゥムはかなりいい寝業師らしい。最近ストライカーが
あまりにも台頭してきているから期待。
エリクソンは超古豪。そして不遇の超実力者。ヒーリングに
やられちゃったけど、K−1で慣れない立ち技頑張った白鯨。
ネットの総合ファンからも異常に好かれている。
期待はヴェウドゥムだが、応援はエリクソンかな。

第3試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
金原弘光(日本/UKR)
マウリシオ・ショーグン(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
 
金ちゃんはどうしてこんな試合しか組まれないかね。
かなり厳しいよね。撲殺をどこまで逃れられるか。金ちゃんもかなりの
テクあると思うけど、ショーグンは相当強いと思う。
将軍GP確定か。

第4試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
イゴール・ボブチャンチン(ウクライナ/フリー)
高橋義生(日本/パンクラス)
 
殴り合い必至。これも撲殺必至?ボブGP確定か。

第5試合 1R10分・2-3R5分
中村和裕(日本/吉田道場)
ステファン・レコ(ドイツ/ゴールデン・グローリー)
 
興味ないな〜。中村イマイチ魅力感じないし。まあ強いけど。
レコはどうせ寝技できないから。なんでK−1やめたんだろう。この人。

第6試合 ヘビー級 1R10分・2-3R5分
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア/ロシアン・トップチーム)
チェ・ムベ(韓国/チーム・タックル)

ハリトーノフは相当強いよね。早くヒョードルとの試合が見たい。
ある意味、ノゲイラより相性よさそうだし。
ムベ様かなり勝つ望み薄い。でも頑張って欲しい。

第7試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
田村潔司(日本/U-FILE CAMP.com)
アリエフ・マックモド(アゼルバイジャン/フリー)
 
興味ない。マックモドさん小さいんでしょ。セコンドに大内さんは
つくのか。鶴屋さんは?松根君は?それが気になる。
まさかこれがGP査定試合?

第8試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
 
ホジェリオは桜庭も破ってるのに評価低いよね。やっぱ兄貴とキャラが
かぶりすぎなのか。
アリスターがタックルされてギロチン狙うに100円。
これもGP査定試合かな。

第9試合 ミドル級 1R10分・2-3R5分
クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(アメリカ/チーム・オーヤマ)
ムリーロ・ニンジャ(ブラジル/シュートボクセ・アカデミー)
 
これは楽しみ。2人とも強い。ランペイジも相当強い。大抵の相手は
潰しちゃう。でも忍者もかなり強い。でもややランペイジかな。
当然勝った方がGP出場か。負けた方不運だな。

第10試合 ヘビー級 1R10分・2-3R5分
ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)
マーク・コールマン(アメリカ/ハンマーハウス)
 
ミルコ試合しすぎ。強豪とやりすぎ。戦うのが好きなのか。
自分に自信がありまくりなのか。
やっぱ最近めっきりオーラがない最強レスラーの番狂わせに期待。
 
今回もPPV録画して時間差で見るかな。


usiwotaose at 04:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!総合格闘技 

2005年02月18日

20年来の友人よ これからもよろしくね

1ff76884.jpg
ジャズ大名氏からいただいたレスへコメントしようとしたら長くなった
ので投稿の形で(^-^;)。
K田さんもレスありがとうございます。
 
テーマは「修斗とパンの交流、その弊害」こんなとこか。
 
うーん、プライドとK−1っていうギャラも別格であろう、超大規模
団体があることを考えると、いまさら修斗とパンとの関係が変わっても
ギャラの高騰はないのでは?
 
ましてやいまは完全に淘汰の時代。特別な存在だけが、大きな団体に
出て、高額なギャラをもらえる。逆に底辺の選手は試合の機会すらも
もらえない時代だし。
残念ながらプライドなど数年でなくなり、ギャラの高騰も数年で落ち着く
であろうという僕らの数年前の予測もどうやら外れらしい。
だからプライドとK−1が続く限り、ギャラの格差の問題は続くと思う。
そもそもここまで格闘技が認知されるとそれが正常なのかも。
 
あと格通でも特集してたけど、総合を含め格闘技団体や大会がこれだけ
増えると、いまさらそれが理由で、興行日程が重複するとも思えない。
 
絶縁でなく恒常的な話し合いができれば、選手の交流に関して
お互い筋を通すことができるし、確かに興行日程の重複も最低限
避けられる。
 
でも理念も歴史もあまりにも違う両団体が統一コミッションを作るとは
とても思えない。UWF3派が結局交流してくれなかったようにそんな
夢を僕は持ってない(笑)。あるとすればアマチュア部門だけど、それも
まずないと思う。

ところでJTCって最近もガンガン大会開いているのかな?
一時期は修斗包囲網とまで言われて、総合系は「修斗vsアンチ修斗」の
2勢力に分かれた感すらあったけど、久保さんと坂本さんもいい関係
みたいだし、ここらへんはもうよく分からない。

ボーダーレス時代の関連ニュースが今日もひとつ。
TOPSの石田選手がWKの金網大会「DOG」に出場決定だそうだ。
対戦相手はまだ未定だそうで。
石田選手は強いぞ〜。ましてや金網だ。


usiwotaose at 05:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!総合格闘技 

2005年02月15日

PPT所属ヤナくんのスタイルはかなり好き

1ca9984f.gif
ヤナくんが今年のネオブラに出るらしい。
とうとうパンに進出だ。是非予選を勝ち上がって、本戦に出場して欲しい。
で、話題の所属なんだけど、「PPT」ってことだそうで。
パワーポイントかと思ったら違うようで(笑)。
某シューターのHP掲示板によると「パ○○○○パ○○○○チーム」の
略だとか。なるほど。なかなかかっこいいね。
まあ本来の所属だといろいろ問題?があるそうで。大変です。
やはり思うことだけど、修斗とパンは相変わらず仲悪いのかね。
いろいろ個人的にはあるだろうけどなんとかならないのかね。
まあこれだけ総合の大会が増えて、ボーダーレス化がもの凄く進んで
いる時代だから、いまさら修斗とパンの対抗戦も交流戦も見たくない
(概念的にありえないけど)わけだけど、以前発表されてた
「パン上がったら修斗上がれない」っていうのは撤廃されないのかね。
とにかくドンドンいい選手を修斗のリングに上げて盛り上げてほしいです。


usiwotaose at 03:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!総合格闘技 

2005年02月13日

DEEPを観に行かなくて良かった?

10a3509f.jpg
今日はホールでDEEPがあった。
凄く観に行きたかったが行けなかった。
 
帯谷が強さを見せて勝ったそうだ。いやいやもったいない人材が
修斗から出ちゃったね。この人もっと来るだろうね。
 
今成と前田はお互い持ち味出して引き分けだったそうだ。
まあ期待外れかどうかはよく分からないけど、互角ってことか。
2人とも修斗で観たいなぁ。前田は相当難しいけど。
 
三島さんはTAISYO相手に完勝したんだけど、まあ当たり前すぎて。
やはりイマイチのマッチメイクだったことは否めないのでは。
だって三島さんのテイクダウンと寝技はハンパないはず。
五味にだってワンパンチ食らう前はやや優勢だったぐらいだし。
もっと強い相手とやって最終的には五味とやってほしいけど、
五味は随分いろんな意味で上に行っちゃったからなぁ。
 
で、メインは長南がブラジルのアブダビ予選優勝者に跳びヒザ蹴りで
勝ったらしいけど、かなりすっきりしないレフリングだったそうで。
ブラジル人がテイクダウンしてもどんどんブレイクし、最後も
少しカットしたのをレフリーが自分で判断してストップだとか。
まあ作為的だと言われても仕方がないよな。吉田vsホイス戦の
野口レフリーだし。
 
まぁ見てないんだけど、こういう作為的な試合がある大会って凄く
観に行くと冷めるんですよね。なんかがっかりするというか。
しらけるというか。
そういう意味では修斗はやっぱ偉いね。ジャッジミスはたまーにあるけど、
レフリングがしっかりしている。選手にとってもありがたいのでは。
 
というわけで、人の観戦記を読んでて「今回は行かなくて良かったな」
って思ったのでした。ますます修斗しか行かなくなるな(^-^;)。


usiwotaose at 03:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!総合格闘技 

2005年02月12日

2/6修斗下北大会観戦記

dda834f0.jpg
忙しい中いってきました。忙しいのでまあ簡単に。
といっても長くなるんだけどね(^-^;)。
 
16:05ぐらいですぐ始まる。日曜ってことで早めの試合開始時間。
サクサクやってサクサク終わる。休日はいいと思う。
全選手入場で遠藤選手が挨拶。
K太郎が怪しい仮面とフンドシ、前田がスパイダーマンの被り物。

 
続きを読む

usiwotaose at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!修斗