2005年04月

2005年04月29日

リアルグラップラーの修斗が見たかった

a0c953fe.jpg
まさかまさか。青木くんが網膜裂孔でライセンス停止。そして当然
後楽園大会欠場・・・。なんてこった。一番楽しみにしてた試合が。
 
これで遠藤、漆谷、天突に続き4人目の直前負傷欠場者。
もう呪われてるんじゃないかっていうほどの状況。
とんでもない大会になったな。これ以上何も起こらないことを祈る。
 
いい話も。スーパーアグレッシブシューター赤木敏倫選手が出場決定。
そして中井さんとルミナがグラップリングマッチで激突。
エキシビジョンマッチって書いてないけど一応ガチでやるのかな。
 
とにかく坂本さんを中心とした関係者の心労は相当なものだろう。
当日選手には今回のトラブルを観客に忘れさせるような試合を期待したい。
 
それにしても今回の青木くんの件はショックだ。
先日も道場で会場で応援する旨を伝え、激励したばかりなのに。
遠藤選手と比べたら、程度は軽いんだろうが、当然今後の選手生活に
影響が出かねない問題だ。正に今年は勝負の年だから本人はかなり
ショックだろう。
僕も眼にメスを入れたことがあるので少なからずそのショックは
分かるつもりだ。他人事ながら今回は凹んだ。
とにかく早く治して復活することを待ってます。


usiwotaose at 06:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年04月28日

やっぱりこんな男がブラジルでもてそう

3cd7a5d2.jpg
プライドの話 その2
アローナ強かったね。試合も寝技好きの僕にはおもしろかった。
こういうのをノーカットで見るためにならPPV買う価値あるね。
最近は人気もある見たいだし、天敵ジャクソンも敗退したことだし、
GP制覇も夢じゃない?
本当に相変わらずの不恰好な打撃。大味なガードでアゴ空きまくりで、
超大振りなパンチなんだけどいつもやられないんだよな。
次はショーグンかシウバあたりと当てられそうなので、正念場か。
とにかく最近は上になっても下になってもそこそこアグレッシブで
柔術的な動きをしてくれるので、僕の中で評価が上がってる。
一番良かったのは草刈で鮮やかにスイープしたシーン。なんだか
以前より動きが柔らかくなってる気がする。
リスターもテイクダウン何回も取ったり、足関節でアローナ追い込んだり
してたけど、アローナのほうが随分余裕あったな。リスターはまた
違う相手と見てみたい。


usiwotaose at 06:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年04月27日

ソフトモヒカンがやっぱりかっこいいな

c99df6a0.jpg
博多の結果を知っての雑感。
 
■第1試合 修斗グラップリング・マッチ バンタム級5分×2回戦
×岡田剛史(日本/TRANK KEIRAS)55.7
[ポイント 3−3]
○泊 憲史(日本/パレストラ博多)55.8
※岡田のロープ掴みによる反則減点1がある為、勝者は泊
 
岡田選手も強いんだね。でもどこの選手なんだろう。
 
■第2試合 67垠戚鵤臆鸚
×溝口なおすけ(日本/誠流会)66.5
[2R2分38秒 アームロック]
○碓氷早矢手(日本/和術慧舟會)66.9
 
さすが碓氷選手。総合力が高い。九州遠征して勝利か。
それにしても凄い編集者だ。
 
 
■第3試合 バンタム2回戦
○久保山誉(日本/K'Zファクトリー/同級世界5位)55.9
[判定 3−0]
×赤崎勝久(日本/無門塾)55.7
※鈴木20-19、福岡20-19、若林20-19
 
当然久保山選手が勝利。でも僅差だね。あ、若林さんがジャッジしてる。
 

■第4試合 ウェルター級3回戦
×福本よう一(日本/和術慧舟會/同級環太平洋6位)69.9
[1R3分20秒 三角絞め]
○冨樫健一郎(日本/パレストラ広島/環太平洋10位)69.8
 
これはびっくり。富樫選手見事。あの三角は本当に凄い切れ味だ。
スタンドやテイクダウンはどっちが勝っていたんだろう。映像が見たい。
 
 
■第5試合 ライトヘビー級3回戦
○山下志功(日本/パレストラ東京/同級世界6位)82.9
[判定 2−0]
×ダービト・ビエルクヘイデン (スウェーデン/チーム・スカンジナビア・ヒルティ柔術/同級ヨーロッパ王者)
※鈴木29-29、福岡30-29、浦30-27
 
魔人が欧州王者に勝利か。さすが。相変わらず判定割れてるなぁ。
3ポイントも。魔人が上でお互いパンチ出したのかな。想像だけど(^-^;)。
 

■セミファイナル ミドル級3回戦
○菊地 昭(日本/K'Zファクトリー/同級世界王者)76.0
[1R2分32秒 TKO]
×ジェイソン・ブラドヴィック(アメリカ/ミレニア柔術)
 
お見事。きっちりマウントパンチで勝った模様。
本当に強いと思うからいろんな選手との試合が見たくなってきた。
 

■メインイベント ウェルター級3回戦
○川尻達也(日本/TEAM TOPS/同級世界王者)70.0
[1R4分42秒 TKO]
×ヤニ・ラックス(スウェーデン/チーム・スカンジナビア/同級ヨーロッパ王者)
 
さすが。お見事。あのラックスをきっちり仕留められるのは本当にさすが。
さて次の標的は誰だ。舞台は修斗かPRIDEかHERO'Sか。
ゴン格で言ってるように川尻選手はちゃんと契約体重70キロに
こだわってる模様。73キロなんかには興味がないとのこと。
素晴らしい!そのスタンスでいるならどこの舞台でも川尻達也を
修斗を体現できるでしょう。舞台はどこでもいいんで期待してます。
あ、髪型だけど短すぎる茶髪はちょっと恐いです(^-^;)。
さあいよいよサムライ契約かな。


usiwotaose at 02:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年04月26日

考えすぎですかね

5e82331c.jpg
PRIDE見た。いろいろ思うことがあるが、少しずつ。
 
ランデルマン勝つ気あったか?
八百長だとかどうだとか言うつもりはないが、あまりにも序盤から
迫力が無さ過ぎる。ミルコを倒したパンチはどこに。ミルコや
ヒョードルを追い込んだタックルはどこに。
パンチもタックルもパウンドもゆるく感じたのはなぜだ。
2R中村が最大の攻勢をかけたシーンの直前が一番気になった。
がぶりそこなった後なぜ自ら後に倒れる。下になりたがらないレスラーが。
 
もちろん中村は打撃もできるしテイクダウンも取れるいい選手だ。
ましてや中村を主催者が勝たせたいと思う要因も少ないし。
だけどヘンダーソンに圧倒されて、世界トップとの差を見せ付けられた
日本人が瞬発力では文句なしにクラス最高レベルであろうランデルマンに
圧力であまり負けていないっていいうのがどうしてもしっくり
こないんだよね。
 
まあそういう試合が過去にも多いランデルマンが悪いわけで。
こういうこととたまーに感じさせるところがPRIDEの寂しいとこだ。


usiwotaose at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年04月23日

ボーリング場だったのね 初めて知った

6c056763.jpg
博多について当日だが一言。
 
第1試合 グラップリングマッチ
岡田剛史(TRANK KEIRAS)vs 泊 憲史(パレストラ博多/柔術黒帯)
 
トマリーニョが修斗のリングに!潜りまくってパスしまくって
動きまくって腕十字を極めて欲しい。
 

第2試合 67kg契約 5分2R
溝口なおすけ(誠流会)vs 碓氷早矢手(和術慧舟會)
 
溝口選手久々。地元だからか。一発の溝口選手。実力者の碓氷選手。
普通に考えれば碓氷選手だけど、溝口選手の一発は凄いから。

 
第3試合 バンタム級 5分2R
久保山誉(K'zファクトリー/世界5位)vs 赤埼勝久(無門塾)
 
赤崎選手も地元か。久々。元同門。さすがに久保山選手が有利でしょう。
ちゃんとテイクダウン狙って行けばね。
 
 
第4試合 ウェルター級 5分3R
福本よう一(和術慧舟會RJW/環太平洋6位)vs
冨樫健一郎(日本/パレストラ広島/環太平洋10位)
 
富樫選手のスタンド打撃も巧いし、寝技も巧い。でも福本選手の
懐の深さはハンパじゃないと思う。

 
第5試合 ライトヘビー級 5分3R
山下志功(パレストラ札幌/世界6位)vs
ダービト・ビエルクヘイデン(スウェーデン/チーム・スカンジナビア・ヒルティ柔術/欧州王者)
 
ダービト欧州王者なんだ。そんなに凄い選手じゃなかったような。
志功さんも久々だな。ちゃんと上が取れれば問題ないと思うんだけど。

 
セミファイナル ミドル級 5分3R
菊地 昭(K'zファクトリー/世界ミドル級王者)vs
ジェイソン・ブラドヴィック(アメリカ/ヒルティ柔術&ミレニア柔術)
 
うーん贅沢。菊地選手がセミ。サステインは地方興行で手抜きしないね。
まあ前回のシールズ戦を見る限り、菊地選手が無名選手に負けることは
まずないでしょ。
 
 
メインイベント ウェルター級 5分3R
川尻達也(チームTOPS/世界王者)vs
ヤニ・ラックス(スウェーデン/チーム・スカンジナビア/欧州王者)
 
おお川尻選手まで上陸。贅沢だ。ラックスはホントデカイよな。
川尻選手がギロチンは喰らわないでしょ。
でもラックス意外とガード上手かったな。やはり勝負はスタンドかな。
普通に考えれば川尻選手だけど、ラックスも一発あるからなぁ。
まあ大丈夫でしょ。
 
とにかくなかなか贅沢なカードでは。お客入るといいね。
後楽園の方もいいカードもっと頼みます!
両王者の試合はマジで見たい。サムライ一ヶ月だけ入るかな。


usiwotaose at 05:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年04月19日

オイ!×8回も素晴らしい

954b8b08.jpg
美濃輪を初めてみたのは99年に大道塾が主催したWARS5だった。
かなりの実力者だった大道塾のエース山崎選手と対戦し、
強力なテイクダウンからパンチと頭突きで圧倒した。
そうそうこの頃はまだVTルールをどの団体も模索中だったから
頭突きもよくルールで認められていたんだよな。
まだブレイクする前だったからその強さにびっくりして、
ゆんたさんとかに「美濃輪って何者?」なんて聞いたのを覚えてる。
 
そんな昔話はさておきこの前の武士道見て思ったのは
相変わらず美濃輪の入場シーンはかなりかっこいいってことだ。
なんていうか色気がある。入場で金が取れるといっても過言じゃない。
まぁビジュアル的にもなかなかだし、背は低いけどいい体もしている。
もちろん試合も面白いし、同階級の中ではかなりも実力もある。
実は五味や長南より武士道のエース候補として人気があるのでは
なんて思ったりした。


usiwotaose at 03:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年04月17日

見るの大好きだけど、どう考えても危険だよなぁ

d2e35770.jpg
先日ボクシングのスーパーフライ級の日本王者である田中聖二選手が
初防衛戦でTKO負けした後、亡くなった。
日本ボクシングコミッション(JBC)によると、国内で試合中の
ダメージが原因によるプロボクサーの死亡は36人目とのこと。
やっぱりボクシングは本当にリング渦が多い。
とにかく脳への衝撃が危険と言うことなんだろう。
 
ボクシングは基本的に早めに試合を止めてるけど、タイトルマッチ
じゃレフリーだってそう簡単に止められないよな。
こういう話はボクシングがある限り永遠になくならないのかな。
 
修斗は総合格闘技だから打撃の打ち合いが比較的少ないから
ボクシングよりマシなのかもしれない。あと小さいグローブって
いうのも意外と脳へのダメージがないという話もある。
そもそもラウンドも少ないしね。
とにかく今後も不幸な事故が修斗で起こらないことを願いたいです。
まあ修斗で起こるよりもPRIDEで先に起こるか。もしくはK-1で。
 

 
ところで5/7のランブルオンザロックでシャオリンが復活。
しかも相手が加藤鉄史。うーん修斗な組み合わせ。
また修斗上がってくれるかな。それともPやHからお呼びがかかってるかな。
それにしても鉄史はずっとハワイにいるんだっけ。
日本じゃ全く名前を聞かないけど、しっかりやってるんだ。
練習はBJのとこだっけ。日本でも久々見たいね。
 


usiwotaose at 04:36|PermalinkComments(1)TrackBack(1)clip!総合格闘技 

2005年04月16日

階級落として化けてたら面白い

dece24f6.jpg
5/4後楽園が大変だ。
ウルシが怪我で欠場。マモルの相手はどうなることやら。
そして遠藤選手欠場で空いていた天突の相手がなんとクーパー!
いやいやこれはびっくり。あのフランカをKOし勢いに乗る
世界5位がいきなりやってくるとは。遠藤戦を受けた天突も偉いと
思ったが、天突戦を受けたクーパーも偉い。
とにかくいいカード組んでくれました。
どっちも観たい選手だったからかなり楽しみ。
でもまだ決定は4試合。ホールに相応しい追加カードを期待。


usiwotaose at 03:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年04月15日

会った頃の浜ちゃんはスリムでした

90a4e05e.jpg
いかんいかん最近妙に構えてしまって定期的にブログが書けない。
もっと気軽に書かなければ。
 
さて毎日僕はIF-PROJECTのブログを読んでいるが今回のGi-06は
ビビアーノ対小室さん等、素晴らしい戦いがあったにもかかわらず、
トラブル続きで収支的には大失敗だったそうだ。
そもそも『GONG grapple』にも載っていたが過去のGiの累計赤字が
なんと1700万!!!!!だとか。いやいや恐ろしい。
興行を打つというのは様々なリスクを背負うのはもちろんだし、
当日を仕切るのも想像を絶する大変さだろう。
それに加えて前述の収支。気前の良くない僕なら凹んで立ち直れない
ような話だ。
 
内情も知らない僕がアドバイスさせていただくもの失礼な話だが、
今回のGi-06に関しては2日間で4興行、そして読めないカードと
観客に不親切な面があったのは否めない。いろいろと忙しくて
週末もなかなか時間が取れない僕も今回は残念ながら見送らせて
いただいた。この点はちょっと検討して欲しい部分だ。
 
だいだい柔術っていうのは打撃系格闘技と比べたら地味だし、
アマ大会でも最高峰の戦いが無料で見られるという現実がある。
正直プロ大会が開きにくいものだと思う。
よくデサフィオやブルテリアはあんな豪華な大会を開けるものだ。
収支はどうなっているんだろう。
 
やはり今後はGiならではのカラーを出すことも必要だと思うし、
これぞってカードをここぞって時に提供することが大事になって
くるのではないか。
 
まぁとにかく柔術界や柔術選手のためにプロ柔術大会を初めて開催し、
その後も精力的に大会を開くことに尽力しているハマジーニョこそ
そこそこ潤ってほしいのである。
僕にとってこの世界で最も古い友人の一人であり、パレストラが出来る前
から柔術へ誘ってくれたある意味恩人であるハマジーニョには
いい思いをしてほしいのだ。
 
頑張れハマジーニョ。頑張れIF-PROJECT。


usiwotaose at 02:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!柔術 

2005年04月08日

手術の成功をお祈りいたします

aeaeb4b0.jpg
5/4後楽園がいろいろな意味で大変だ。
 
天突と対戦予定だった遠藤選手がなんと残念なことに欠場。
裏メイン的な試合だったから本当に残念。
しかも網膜剥離で手術とのこと。(KWSのHP参照)
当分復帰は先だなぁ。下手したら厳しいなぁ。修斗は特にエグイスポーツ
だからなぁ。
 
良いニュースも。
大沢選手と秋本選手の試合も決定。伸び盛りのイケメン若手と
文句無しの実力者であるベテラン。うーん楽しみだ。
 
追加カードも期待してます。


usiwotaose at 01:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!修斗