2005年05月

2005年05月29日

みんな無名だけど面白かった

050529-205828.jpgみんななかなか面白かった。下川対森とかね。まぁ図抜けた選手はいなかったけど。会場も立見でパンパンだったし。一番インパクトあったのは不思議キャラだけど衝撃のKO勝ちしたウィッキーかな。

usiwotaose at 20:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2005年05月28日

かなり軽い大会だな

7ff14030.gif
いつのまにか明後日は修斗下北大会。見所書きたいところだが…。
デビュー戦ばっかだな。層の薄い軽量級ばっかだな。しかも6試合か。
ちょっと観戦のモチベーション低いね。
 
まあ気になるのはライト級王国STG横浜から出陣のウィッキーと
デビュー戦でもキレのある動きを見せた中村浩士選手の対戦か。
あと今回修斗デビューを果たすパンクラシスト富山浩宇と
DEEPフィーチャーファイト優勝をしているヤスミンの後輩、
井上裕貴の対戦か。
 
個人的にはメインぐらいランキングに絡む試合やクラスA昇格に
絡む試合が観たいんだけどね。
まあチケットしっかり完売してるし、選手の友人知人が下北を
暖めてくれるからいいのかな。


usiwotaose at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年05月25日

声がかわいくてさわやかだって評判いいね

ba71844d.jpg
もちろんこの男に関してもコメントを。
そう川尻選手、見事なプライドデビューだった。
 
まずは川尻選手、全選手入場式で自身の背中にある修斗マークを強く
アピール!これにはびっくり。やってくれる。
 
試合はまあ相手が弱すぎてちょっと空回り気味のとこもあったけど、
ガツガツ重いパンチを当てて強烈な踏みつけも見せてまあ完勝。
ホントはあのとてつもなく重たいマウントを奪ってからが見たかった
んだけど、その時点で終わった。まあ既に凄惨だったしね(^-^;)。
それにしても仕掛けが強引だったから下からの蹴り上げでカットでも
されないかちょっとヒヤヒヤしちゃったよ。
 
そしてリング上ではマイクを持って
「僕のホームリング、修斗のリングでもね、もちろんこの武士道の
 リングに負けないくらい熱い戦いと素晴らしいお客さんがいます
 のでそちらの方もぜひ、会場に遊びに来てください。お願いします。」
との100点満点のコメント。これもびっくりした。偉いよホント。
 
最近の川尻選手は「我らが川尻達也」と呼びたくなるほどの存在に
なっている。ホント凄い。修斗ファンの中でも修斗代表=川尻達也と
いった感じが定着してきているのではないか。
本当にここまでやってくれると今後も心から応援したい。
 
その強さを知っているので今後も試合振りは心配していないが、
やはり気になることが一つ。それは契約体重。
GP出るなら73キロに増やせ。五味とやりたいなら73キロに増やせと
いう声にさらされると思うが、既に筋肉の厚い鎧をまとった
川尻選手が純粋な筋肉で3キロ増やすのは相当困難なのではないか。
人それぞれ適正体重、適正階級というのがあるはずだし。
自分で納得がいくまではやはり修斗ウェルター級の70キロに
こだわってほしい。

そういえば、川尻選手の試合前の煽り映像でも「修斗とは世界最大の
総合格闘技コミッションエンセン、KID、ルミナを輩出」って
超丁寧な説明振りがあった。プライド随分修斗に気を使ってるな。
ありがたい話だ。マジでかなりの宣伝になってるのでは。
5/29修斗下北大会のチケットが売り切れたのもプライド効果か。
そんなわけないが(笑)、今後の後楽園や文体の動員にちょっとは
効果があるんじゃないのかな。


usiwotaose at 00:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年05月24日

野口レフリー素早く止めた方だと思う

3a7ff18f.jpg
いやー武士道面白かった。見所多すぎ。ホント第1試合からメイン
みたいなもんだったし。修斗オールスター戦ともいえるラインアップ
だったし。
 
やはり一番のインパクトはメインの五味。凄かった。アゼレドの
打撃は軽かったとか、最近テイクダウン強い選手とやってないとか
いろいろ小さなケチは付けられるけど、今回の五味は説得力あり過ぎ!
あれだけいいパンチが入ってもすぐ立て直す打たれ強さ。やっぱ
首の太さは大事なのかな。あとずっと相手のペース、距離感で
戦っていたのに、前に出つづけて押し切る圧力と気持ちの強さ。
そしてあの鋭い踏み込みからのフック連打。あれが完璧に2発とも
相手のアゴを打ち抜くなんて…。
 
とにかく完全にのってるね。強い。本当に強い。完璧な選手とは
思わないけど、ちょっとやそっとの劣勢は跳ね返すだけの気持ちの強さと
強烈なパンチを持っていることを見せ付けてくれた。
そういう意味ではヴァンダレイに凄く似てるね。
 
まあKOしてからの暴れっぷリはやっぱ論外で、相手陣営や観客の
多くにとっても不愉快極まりない行為だと思うけど、ああいうのが
キラー五味を印象つけるんだよな。
修斗クラスB時代から観客が引くような試合はしてたし、プライベートの
逸話もなかなか凄いからね。

とにかく今回のインパクトは凄かった。もちろん世界最強を高々と
名乗るには戦っていない相手が多すぎるけど、いままで
武士道のエース(仮)だったのから完全に(仮)が外れたと思う。
 
そんな五味選手はいつも修斗後楽園に足を運んでる。
絶対修斗への愛着もあると思う。もっと修斗の舞台でもPRIDEの
舞台でも修斗出身をアピールしてもいいと思うんだけどね。


usiwotaose at 05:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年05月19日

崩しってやつでしょうか

e63916cd.jpg
K−1MAXから一言。
今回の開幕戦も当然の如くプアーカオが順当に勝ち上がってた。
例の前蹴りも素晴らしかったし、高速ミドルも素晴らしかった。
とにかく戦い方が美しくてかっこいい選手だ。
そして今回あらためて驚嘆したのがその首相撲。
相手を倒すどころか相手が吹っ飛んでいくんだよね。合気道みたいに。
あれは凄い。本当に神技。打撃系も昔からよく見てきているつもりだけど、
この分野だけはよく分からない。
総合の世界、修斗の舞台でもあんな達人的な首相撲を披露する選手が
近いうち現れるのかな。


usiwotaose at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!K−1 

2005年05月18日

修斗とPRIDEの違いはこれかぁ

0a44fb0a.jpg
川尻選手のPRIDEでの相手が決まった。キム・インソク選手だそうだ。
くまページFeel Like a Kimchiを読ませていただいたが、
どうしようもなく川尻選手とはレベルが違うらしい。
実質アマチュアの選手に近くて、60〜65キロで戦ってた選手で、
寝技がかなりできないらしい。あと誠ジムの木村仁要選手に1R腕十字で
負けてるんだっけ。これは東日本フレッシュマンのライト級すら
勝ち抜けないレベルかも。
 
まあ修斗じゃありえないマッチメイクとは正にこのこと。
まあ探してもいい選手がみつからなかったんだろうけど寂しいねぇ。
今の川尻選手なら世界のトップと戦ってもまず負けない。
ブスカペ選手あたりでも問題なく勝てると思っていたからこそ
このマッチメイクはちょっとがっかり。

ネット上でもみんな事故が起こらないことを心配する状態(笑)。
いや笑い事じゃないかもしれない。
思い切り暴れてきて欲しいけど、今回はほどほどの暴れっぷりで
いいのでは(^-^;)。


usiwotaose at 04:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年05月17日

井口選手との対戦もいいカードだな

465eaa2e.jpg
いやいや先週はホント忙しくてブログ更新できなかった。
とうとうサムライに入って修斗大阪大会を見たので感想を。
 
第3試合 2005年新人王決定トーナメント1回戦 フェザー級2回戦
○松本輝之(日本/シューティングジム大阪)59.9Kg
 判定 3−0
×島田錠二(日本/パレストラ八王子)60.0Kg
※鈴木20-16、福岡20-16、田中20-15
※※松本がトーナメント準決勝
 
松本選手パンチも伸びがあってダウンも取ったし、テイクダウン取れて、
パウンドも勢いがあった。若くていい選手って感じ。
 
島田さん全部先手を取られちゃった感じ。
 
第4試合 2005年新人王決定トーナメント1回戦 ライトヘビー級2回戦
○余膳正志(日本/シューティングジム大阪)82.9Kg
 1R0分26秒 TKO
×金太郎(日本/R-GYM)81.6Kg
 
余膳選手右フックでダウンを取って、その後も的確な3連打で完全KO。
いやいや凄いパンチ。体格もいいね。次は佐藤選手とか。楽しみ。
 
第7試合 フライ級2回戦
○春崎武裕(日本/直心格闘技道場)52.0Kg
 判定 2−0
×竹内篤志(日本/パレストラ東京)52.0Kg
※鈴木20-18、福岡20-19、田中20-20
 
うーん僅差だね。きっと。パンチや首相撲はやや春崎選手。
竹内選手はテイクダウン取ってたんだけどね。
動きが少なかったようで放送で批判されてた。
 
第8試合 ライト級2回戦
×椎木 努(日本/直心格闘技道場)65.0Kg
 1R3分13秒 TKO
○孫 煌進(日本/スクランブル渋谷)64.8Kg
 
放送の中でも番頭が絶賛の孫選手。確かにパンチは相当鋭かった。
その左フックから右の追い討ちでKO。いやいや強い椎木選手に
あの勝ち方。相当いいパンチ持ってるのかも。
インタビューで「医者の誤診でプロデビューまで6年かかった」との
言葉あり。なにがあったの?とにかくうれし泣きで号泣してました。
世界王者目指してまずは5連勝目標とのこと。
次はもう後楽園で田村選手と!評価高いなー。一気に来るか。

メインイベント バンタム級3回戦
○生駒純司(日本/直心会格闘技道場)56.0Kg
 3R1分36秒 スリーパーホールド
×吉岡広明(日本/パレストラ東京)54.8Kg
 
生駒選手強いなー。パンチもヒザもますます鋭くなってたような。
スタンドでもかなりキレとプレッシャーがあった。
そして吉岡さんが首投げしたらそのままバックとって一発で
スリーパー極めるとは。相性もあるだろうけど完勝。
攻めてくるマモルとやりたいとのこと。井口選手に関しては
礼儀の無い人は好きでないとのこと。
 
全体的に観客の少なさがちょっと気になったかな。
やっぱり孫選手のパンチと生駒選手の極めが良かったっす。


usiwotaose at 05:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!修斗 

2005年05月10日

赤いシャツが凄みに拍車をかけちゃってます

97051a20.jpg
とうとう川尻選手がプライド参戦の記者会見。
DSEからももの凄い評価されてるようで。
未だに相手は決まってないけど楽しみだ。
 
それにしても今回ラックス戦のために髪を短く揃えて、
眉毛も金髪に染め上げたわけだが、正直恐い(笑)。
ネットでも「川尻初めて見たけど恐い」「ヤクザだ」なんて発言がある始末。
ひょっとして武田幸三キャラと勘違いされてしまったのでは(^-^;)。
やっぱり眉毛染めたのはインパクト強すぎていつもの好青年キャラが
吹っ飛んじゃってるね。まあいいか。強そうに見えて。
 
気になるのは73キロ契約を認めるような発言をしていること。
大丈夫かな。動きに支障が出るならやっぱ避けて欲しいんだけど。
 
それにしても今回の武士道のカードは凄いな。総合ファンは大注目だ。
ちょっとDSEの本気を感じる。もの凄く楽しみなんだけど、こういう流れだと
修斗が中量級最高峰の舞台としてのステータスを維持するのは
難しくなりそう。やっぱ複雑だな…。


usiwotaose at 02:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!プライド 

2005年05月08日

もうボテとは呼ばせない モジャだけど

6516b538.jpg
まあとにかく遅れた遅れた。開始が遅すぎ。
18:45に全選手入場。18:55から第1試合開始。
18:00から開始だと思ってお客は待ってるんだよ。
いつもいつも遅れるのは分かってるから僕はあんまり腹立たなかったけど、
他のお客からは「早く始めろ(怒)!!」なんて怒号が飛ぶ始末。
 
当然やむ終えない都合があったのかもしれないし、開始が遅れてる
アナウンスもあったけどちょっと問題。
仕事や他の用事を早く切り上げて18:00に後楽園へ駆けつけた人も
いるだろうに。早く見終わって一杯やりたい人もいるだろうに。
 
全選手入場後、坂本さんがリング上からお詫びし、X-SHOOTOでも
お詫びの言葉があったぐらいだから反省しきりなんだろうけど、
あんまり続くとチケットの売りにも影響出るんじゃない。

第1試合 女子ミニマム級2回戦
○しなしさとこ(日本/無所属)43.3Kg
 1R2分14秒 一本勝ち
×パメラ・ヴィッツ(オランダ/リンホージム)43.9Kg
※腕ひしぎ十字固め
 
しなしのコールで紅い紙テープ舞う。セコンドは滑川選手。
お父さん?も駆けつけかなり大きな声で声援。
ヴィッツはさすが16歳。かわいい。小さくて人形みたい。
 
ヴィッツパンチで出る。しなしパンチで応戦後、テイクダウン。
ハーフからパウンド後、ヒール、アンクルと足関狙うもヴィッツ凌ぐ。
ヴィッツも負けじとパンチ返す。しなし上からサイドとって
マウントからパンチ。そしてやっぱり腕十字。
 
まあこんなもんでしょ。しなし選手っていうのは女子総合のトップだって
いう貫禄やプライドが感じられるね。
ヴィッツ選手負けて泣いてました。若いのにはるばる日本までご苦労様。

 
第2試合 バンタム級2回戦
○赤木敏倫(日本/格闘技道場コブラ会)55.6Kg
 1R0分36秒 一本勝ち
×菅原雅顕(日本/和術慧舟會千葉支部)55.4Kg
※ヒールホールド
※※赤木がトーナメント準決勝進出
 
赤木いきなりしゃがむ(笑)。そして近づく。菅原も近づくと赤木足狙い。
菅原も対応してパンチ落とす。赤木アキレス狙うも。菅原かまわずパンチ
連打。赤木はヒールに取り直して今度は極める。
 
赤木君常識外れの戦術で秒殺!絶叫して喜び、飛び回り、セコンドの
三島さんを叩きまくり、突き飛ばす。狂ってます(笑)。さすが。
パンフにも書いてあったようにやっぱり天才。
この前パレストラに時間を間違えて出稽古にやってきて、すごすご
帰っていったようにプライベートもオトボケキャラのようで。
とにかく早くクラスA上がってきてくれ。

 
第3試合 フェザー級2回戦
×秋本じん(日本/秋本道場JUNGLE JUNCTION)55.9Kg
 2R判定 0−2
○大沢ケンジ(日本/WKSS)59.9Kg
※鈴木18−20、若林19−20、ニ瓶20−20
 
大沢選手のセコンドには井上選手、門馬選手、新日の中邑選手。
 
1R
秋本胴タックル。コーナーに詰めてお互いヒザ。でブレイク。
秋本タックルでコーナーに詰めた後、外掛けでテイクダウン。ハーフから
パス狙いつつパンチ。大沢下から蹴り上げ。
 
2R
秋本タックルも既にスピード無く切られる。ヒザ着いた秋本に大沢は
パンチ。秋本強引に組み付いてテイクダウンもすぐ立たれる。
コーナーではお互いヒザも大沢のヒザが鋭い。秋本どんどん失速し、
パンチを上からもらいガードに。大沢は上からパウンド。
 
うーん期待はずれと言うかつまらなかった。結果的には大沢選手が
完勝って感じだが、攻防というよりはじんさんがタックルに固執し、
2R早くもスタミナ切れで自滅って感じ。
 
大沢選手組際のヒザとか良かったが特に見せ場なし。逆に2R終盤
完全にガス欠でガードになったじんさんから極めかけるようなシーンが
観たかった。
 
じんさんコンデション悪すぎ。とても3Rいつも戦っていた選手とは
思えない。タックルでテイクダウンの戦術はいいと思うが、あまりにも
そればかりなので読まれて疲れて正にジリ貧に。もうちょっと総合的に
戦っても良かったと思うんだけど。それだけ大沢選手のバランスが
優れていたってことか。
 
大沢選手はこれでクラスA昇格、そして世界ランク入りのはず。
リング上で「ロウロのハゲとやりたい!」とアピール。
それはそれで観たいけど、個人的にはその前に秒殺された外薗選手への
リベンジ戦が観たいな。

 
休憩前に井口選手が登場。わざとかチンピラファッションに身を包み、
いつも通り毒舌を吐いた後、久保山選手とやることを報告。
「拍手じゃなくブーイングしてくれ!」と本人も言っていたが、
修斗の観客はやっぱおとなしくてブーイングも拍手もほどほど。
とにかくこうやって盛り上げてくれるのはうれしい。僕はうれしくて
心から拍手した。久保山選手とも実力拮抗でいい試合になるのでは。
大会終了後、本部席の面々にサングラスを外し挨拶する井口選手の姿が。
やっぱいい人だ〜。応援するぞ。
 

第4試合 スペシャルグラップリングマッチ
中井祐樹vs佐藤ルミナ
 
中井さんはラッシュガードと道衣の下を履いて登場。そしてリング上で
なんと下を脱いで道衣の上着を着る!ラペラや袖車狙いか。
中井さんがハーフに引き込み潜るのをルミナが捌いてパス狙いの展開。
このルミナの跳んで腰を切って足を捌くのが速い!!!ホント凄い。
なんとか中井さんが足を効かすがバックを取られる。落としてルミナが
下の展開に。するとルミナの横三角に!ブレイク後、ルミナが足関取りに
言ってゴング。
 
いやいや楽しめました。中井さんのムーヴも楽しめたが、ルミナの
組み技における動きの華やかさと速さに改めてびっくり。
中井さんは道衣を着た分ちょっとコントロールされてた気もする。

 
第5試合 ウェルター級3回戦
×レイ・クーパー(米国/ジーザス・イズ・ロード)70.Kg
 2R1分14秒 TKO
○中蔵隆志(日本/シューティングジム大阪)70.0Kg
 
1R
中蔵サイドキックから胴タックル。反り投げでテイクダウン!
クーパー立つ。中蔵また投げるも下に。中蔵オモ狙いもクーパー凌いで
マウント、バックを奪取。中蔵立ち上がるもまた押さえ込まれかなり
強烈なパウンド落とされまくる。
 
2R
中蔵スタンド打撃で反撃、鋭いロー、ジャブがビシビシ当たる。
近づいても首相撲からのヒザ連打。するとクーパー鼻柱から流血。
ドクターチェック後も中蔵首相撲からヒザ連打。そして肩パンチ連打。
基本的にクーパーヒザは腕でブロックしていたが、またも鼻柱から
流血でストップ。
 
中蔵は大金星。ちょっと泣いてた。そしてマイクで
「後楽園ホールの皆さん!中蔵隆志です!覚えておいてください!」
とアピール。マジでうれしそうだった。
 
1Rは終盤試合が終わるかと思うくらいに圧倒されてたし、
カットと言う勝ち方は偶然性があるのも否めない。しかし2Rのスタンド
打撃の攻防では圧倒していた。あの鋭い打撃はお見事。結果的に
なんでもできるいい選手であることを証明したか。
さてこれで世界ランク入り。でもこれからが大変だな(^-^;)。
 
クーパーはスタンドでもグラウンドでも迫力のある打撃をみせてくれたが
意外な形でつまづいた。しいて言えばリーチとスピード。そして首相撲
対策ですかね。

 
第6試合 58Kg契約3回戦
○マモル(日本/シューティングジム横浜)56.6Kg
 1R1分36秒 TKO
×ストニー・デニス(米国/フォーシーズンズMMA)56.6Kg
※左ハイキック
 
デニス口髭を生やした白人さん。34歳だって。頑張るなぁ。
いきなりデニスパンチで攻め込む。マモルを誘いながら距離が近づくと
強烈で回転の速いパンチを連打!マモルもちょっと戸惑った様子。
何度かのパンチの交換で一発マモルの頬をヒットするパンチも。
マモル胴タックルもデニスギロチンで切り返す。そして自ら外す。
またもパンチの打ち合いでコーナーに詰めたところ、離れ際に
マモルが至近距離から左ハイ!!!これが見事にデニスの首筋に!
デニス人形のようにバッタリ。場内爆発。マモルも走り回って喜ぶ。
自分でも驚いたのだろう。本当にうれしそう。
 
マモルのインタビューの途中から井口選手が場内をふらつき始める(笑)。
インタビューが終わるのを見計らってリングに上り、
「ハゲ!俺が井口だ覚えておけ!」とアピール。
井口選手頑張ってくれます。マジで素晴らしい。
 
マモルにはあまり期待をしてなかったが、今日は本当に素晴らしい試合。
次回はきっとホビーニョとの試合かな。前回とは一味違う試合を見せて
欲しい。
 
デニスも良かった。あのパンチは相当いい。また観たいっす。

 
第7試合 ライト級3回戦
○ギルバート・メレンデス(米国/シーザーグレイシーアカデミー)64.9Kg
 2R4分30秒 TKO
×植松直哉(日本/クロスポイント吉祥寺)64.9Kg
 
植松さんは最近凝ってる古武道風の紺の道衣。
メレンデスはほんとデカい。175cm以上に見える。モジャのせいか。
 
1R
いきなりモジャがストレートで攻め込む。鋭く伸びのあるワンツー!
強烈にヒットし植松ダウン!かなりふらついているが立ち上がる。
またも強烈なパンチで襲い掛かるモジャ。またバンバンパンチが当たる。
植松もミドルやパンチで対抗するが一方的にもらってしまう。
なんとか植松組み付くが下に。そしてモジャ強烈なパウンドの嵐。
正に重そうなストレートから振り回すようなパンチまで凄まじい
パウンドの雨を降らす。植松は顔面をガードも無理やりガードを
こじ開けられパンチを落とされる。なんとか植松オモプラータに捕らえる。
完璧に絡め捕りそのまま腹固めのような体勢になるが、モジャは立ち上がり
バスター!!植松オモを外さず粘るが結局外されまたもパウンドもらう。
 
2R
またもモジャのパンチいい。植松のタックルも立たれ、逆にモジャが
テイクダウン。またもパウンドの嵐に植松防戦一方。
なんとか強烈なダメージは避けていたが、とうとう目尻から流血。
ストップに。
 
いやーモジャ強い。なんとなく強いけど地味なんて思ってたけど、
間近で観てよく分かった。本当に強い。デカイ体躯。長いリーチから
繰り出す強烈なストレート。堅実な寝技。強烈なパウンド連打。
こりゃ強いわ。正直ペケーニョも余裕ぶっこいていられないね。
とにかく見直しました。修斗が誇る強豪です。モジャは。
 
植松さんは最初で全てが決まってしまった。途中から持ち直しがけど、
全ての局面で後手後手に。でもやっぱりパワーの差ってあるな。
みんなのレスでも植松フェザー転向希望の意見が多かった。
「いやいやパワー負けしないし充分ライトでいいでしょ」って思ってた
んだけど…。今回の内容を見るとさすがにね。
本人が王者を目指す気があるなら落としていいと思う。
 
 
大会前からカード編成でゴタゴタして、当日も開始が遅れたこの大会
だったけど、ほとんどが期待以上の好試合。かなり満足でした。


usiwotaose at 17:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!修斗 

どうぞ思い切り暴れてちょうだい

16a193da.jpg
今日はこの話題しかないでしょ。
 
川尻達也5/22プライド武士道出場決定だそうで。
噂で出場予定が中止になったって聞いたけど、本人がブログで報告してる
からもう間違いない。HERO'SでなくPRIDEでしたか。
 
この参戦はタイミング的にもバッチリだと思う。
ここまで期待され修斗の外のリングで試合に臨む選手も初めて
かもしれない。まあ70キロ契約でやるんだろうし、まあ今回は誰と
やっても負けないでしょ。いい勝ち方してくれるでしょ。
とにかく本当に快くPRIDE出場を応援したいっす。
ああ、他のカードもいいし、やべー今回の武士道楽しみだぞ。
PPV買い甲斐があるな。

ところで明日は修斗大阪大会。
見所って言いいたいとこだが知らない選手多い。
 
第3試合 松本輝之 vs. 島田錠二
島田さんにはお世話になってます。松本選手もいい選手だそうで。
 
第4試合 余膳正志 vs. 金太郎
分からない…。金太郎は隆多のところなんでゴツイのかな。
 
第7試合 春崎武裕 vs. 竹内篤志
新旧新人王対決。やはり打撃勝負か。
 
第8試合 椎木 努 vs. 孫 煌進
椎木選手いい選手だから東京でも観たいな。
孫選手顔も名前も以前から知っていたが、やっとデビュー。さて。
 
第10試合 生駒純司 vs. 吉岡広明
業師対決。2人とも打撃上手いし、寝技が凄い。前回は吉岡さん
極められてるんだよね。リベンジなるか。


usiwotaose at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!修斗