2012年01月

2012年01月22日

1/21修斗新宿大会観戦記

行ってきました。寒いねぇ。雨が降る冬の夜は寒い。

客入りも寒いねぇ。カード発表が遅すぎたかな。

▼第1試合 2012年度新人王決定トーナメント1回戦 フライ級 5分2R
○己吏人(きりひと/パラエストラ東京)
判定3−0 ※三者とも20−18
●牧ヶ谷 篤(和術慧舟會群馬支部)

児玉君知ってた知ってた。道場で柔術やってた。こっちが行かないから滅多に会わないけど。
牧ヶ谷は小さい。フライでも小さい。でもメキシコのボクサーのようないい面構えしている。

2人ともガードの低いちょっと危なっかしい殴り合いから、組むと圧力のある己吏人が上を取る。取りつつ相手をハーフとかで制しながらガツガツ殴っていく展開。

児玉くん完勝。上取ってきっちり殴る総合できてた。立たせず制するコントロールができてた。

牧ヶ谷は下になりすぎたな。なりたくてなったんじゃないんだろうけど。

▼第2試合 2012年度新人王決定トーナメント1回戦 ライト級 5分2R
○斎藤 裕(パラエストラ小岩) 
KO 2R3分45秒
●吉田真也(パラエストラ福島)

斎藤が打撃でプレッシャーをかける。吉田がしつこいタックルで斎藤を倒しかけ、両足を畳む。しかし斎藤は腰にある吉田の顔をガツガツガツガツ殴る。これを嫌がり一気に動きが落ちる吉田。その後は一気に斎藤ペース。潰して殴って潜られても潰して殴って、ヒールを抜いて殴って。吉田はどんどん動きが落ち、ガードで凌ぐばかり。なんとか2Rまでいくもまたもハーフやクロスガードで殴られ続ける姿を見てレフリーストップ。

斎藤動きが良くてパウンドが重そう。若いしいいね。楽しみ。頑張れ。

吉田は残念ながら典型的な総合向けになってないグラップラー。際で攻めきらない。潜りきらない。足関取っても上を取らない。このスタイルは厳しい。

▼第3試合 68kg契約 5分2R
○田口公一(PUREBRED大宮)
判定3−0 ※20−18、20−19、20−18
●中山浩彰(パラエストラ広島)

シビアにジャブとストレートを刺しあう。正に刺しあう感じ。
お互いジャブが当たり、顔を腫らす。

中山何度もタックルにいくも田口徹底的に切る。
最後まで同じペースだが、終盤田口の圧力が強まり打撃で追い込む。

田口渋く自分のスタイルで勝利。エンセンも見に来た甲斐あったね。

中山悪くないと思ったけど、攻め切れなかったなぁ。

▼第4試合 ライト級 5分2R
○Theギロチン(パラエストラ仙台)※齋藤曜が改名
一本 2R4分28秒 ※フロントスリーパー
●竹内 稔(パラエストラ東京)

竹内投げをなんども狙うもギロチンが耐える。組み合いから上を取ったのはギロチン。しかし終盤竹内バックを奪う。2Rギロチンが打撃で攻める。竹内がバックを奪うも落としてまたギロチンが上に。竹内が下から崩して、先にギロチン!しかしギロチンが抜いて攻め込みつつ逆ギロチン!そしてしっかり絞り上げてタップを奪った!
書いてて技か名前か分からなくなる(笑)。改名希望。

ギロチン強いよ。やっぱり強い。それにしてもよく極めた。自分にプレッシャーをかけてよく結果を出した。もっともっと上の選手と当てていいんじゃない。

ミノルマン残念。寝技の動きは悪くなかったが、後半やや失速か。打撃とかが相変わらず粗いのが…。

▼第5試合 インフィニティ(クラスB)トーナメント1回戦 バンタム級 5分2R
△のぶ渡辺(roots)
判定0−0 ※三者とも19−19
△戸澤真澄美(GRABAKA)
※規定により戸澤が優勢ポイント3−0で2回戦進出

1Rは戸澤が何度もテイクダウンを奪い試合をコントロールする。ラウンド終了直前、タックルを切っていたのに、ロープ際で上を取られる。

2Rは戸澤がいきなりバックを奪うも、落とされ下に。ラバーを狙うも、外され立てず。のぶがコツコツ攻める。戸澤が最後もオモで仕掛けるも不発。

1Rを分け合ってドロー。試合で主に仕掛けていた戸澤が次に進出でいいんじゃないでしょうか。

のぶフィジカル負けしてたなぁ。あっさりテイクダウンされすぎてた。
戸澤強いんだけど、あれっと上を取られたり、立たなきゃいけないところで立てなかったりとなんだかもったいないイメージぬぐえず。

▼第6試合 インフィニティ(クラスB)トーナメント1回戦 フェザー級 5分2R
○小野島恒太(Conbat Workout Diamonds)
一本 1R1分39秒 ※フロントスリーパー
●ジョン・ウォンソク(韓国/TEAM M.A.D)

ウォンソク蹴りもヒザも鋭い。小野島も蹴りやパンチを返す。小野島組んでテイクダウン。タックルで立つウォンソクをがぶってからそのまま立ち上がり持ち上げるようにギロチンを強引に極めた。

ウォンソク打撃良かった。しかしうーんレスリングと寝技はね…。

小野島くんはポテンシャル生かしきれてない余裕の戦いに見えた。それにしてもすげえ身体。漫画みたいな身体になってるぞ。両肩のでかさとと細い腰のギャップが凄いよ。

▼セミファイナル(第7試合)インフィニティ(クラスB)トーナメント1回戦 バンタム級 5分2R
○ランボー宏輔(パラエストラ千葉/2010年同級新人王)
判定2−0 ※19−19、20−17、20−19
●高野祥之(八景ジム)

打ち合いから高野がパンチを当てて、ランボーにヒザを着かせる。しかしランボー復活して攻め込む。相変わらずの豪腕。高野の顔が腫れる。ずっとランボーが前に出て豪腕を振るい、高野が下がりつつもパンチを返す展開。圧力に押され、高野が下になると、激しいパウンドを降らせるランボー。そのまま押し切って完勝。

でもドローのジャッジががいるんだよな。20-17も(笑)。頼むよ!

ランボー打たれ弱さは気になるが、とにかく激しい激しい(笑)。ぶん回して転んで立つアクション多し。でもとにかく説得力あり。是非とも登り詰めてほしい。

高野ガッツは良し。いいのをいきなり当てたが続かなかった。

▼メインイベント(第8試合) フライ級 5分3R
○ヒートたけし(和術慧舟會船橋道場/世界同級9位)
判定3−0 ※30−27、30−29、30−28
●下川雄生(ドラゴンテイルジム)

激しい殴り合いをお互い凌ぎつつ、組むと投げあいを制したのはヒート。下川得意の形からの投げも凌ぎ、何度もテイクダウン。打ち合いでもぐらつかせたし。
あらら強いじゃないヒート。見せ場は作れなかったが完勝って感じ。

いつもどおり四方にコマネチで決める(笑)。
そして次戦でのタイトルマッチを期待する友人?一部観客に対しては「試合は疲れるので、次は来年ぐらいに試合をしたいです…」と見事な脱力コメント。
こんなヒートのタイトルマッチも見てみたいな。

以上です。

まぁ地味だったかな。客入りどおり。期待通り、ギロチンの頑張り、小野島の充実振り、ランボーの復活が楽しめました。

あまりの寒さにファミマのすき焼きまんを頬張りながら、コリアンタウンを抜けて帰りました。


usiwotaose at 01:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年01月21日

1/21修斗新宿大会見所

ああもう今日だ。

クラスBは新人も中堅もトーナメント三昧。
ますますクラスAの試合が減るな。


▼第1試合 2012年度新人王決定トーナメント1回戦 フライ級 5分2R
牧ヶ谷 篤(和術慧舟會群馬支部) 
vs
己吏人(パラエストラ東京)

児玉君知らないんだよなぁ。すれ違ったりしてるのかなぁ。
牧ヶ谷はもちろん知らない。

▼第2試合 2012年度新人王決定トーナメント1回戦 ライト級 5分2R
斎藤 裕(パラエストラ小岩) 
vs
吉田真也(パラエストラ福島)

小岩の斎藤君が見れる。打撃系だっけ。頑張れドクトルの弟子。
吉田選手デビュー戦。新年だねぇ。新人だねぇ。

▼第3試合 68kg契約 5分2R
田口公一(PUREBRED大宮)
vs
中山浩彰(パラエストラ広島)

田口久々。戦績かなり悪いけど、相手が地味にみんな強豪なんだよな。
今回もガッツリ殴っていきそう。
中山は見てないような。2勝は共にスリーパー。グラップラーなのかな。

▼第4試合 ライト級 5分2R
Theギロチン(パラエストラ仙台)※齋藤曜が改名
vs
竹内 稔(パラエストラ東京)

ギロチンが得意で好きな齋藤が名前までギロチンに。北岡が止めていたが(笑)。
スタイルは好き。組んで倒して首を取る。戦績あらためて見たけど、金田一と
新人王中村に勝ってるのか。すげえな。憂流迦とも互角だったし。

対するは階級変更のミノルマン。相当フェザーはきつかったそうで。
適正階級でいい動きを。そして首を刈ることへの自身と実績はこっちが上か。

是非2人で首を刈りあってもらいましょう。寝技にならないとかはやめてね(笑)。

▼第5試合 バンタム級クラスBトーナメント1回戦 5分2R
のぶ渡辺(roots)
vs
戸澤真澄美(GRABAKA)

のぶはよく試合出るな。去年4試合。偉い。勝ったり負けたりだけど
動きもキレもあって良い。
戸澤は久々。パワーもあってガッツリした寝技もできる。
スピードののぶ、パワーの戸澤ってイメージだな。

▼第6試合 フェザー級クラスBトーナメント1回戦 5分2R
小野島恒太(Conbat Workout Diamonds)
vs
ジョン・ウォンソク(韓国/TEAM M.A.D)

小野島くんが久々見れる。強いよね。一発あって。安定感もある。
根津君に僅差で負けているだけ。
相手は18歳のコリアンファイター。さっぱり不明。それよりもなぜトーナメントに
こういう選手が出るの??出たい人もっといなかったのかな。

それよりもx-shootoの小野島君の写真がかっこよすぎる(笑)。
UFCファイターばりのオーラなんですけど。

▼セミファイナル(第7試合)バンタム級クラスBトーナメント1回戦 5分2R
ランボー宏輔(パラエストラ千葉/2010年同級新人王)
vs
高野祥之(八景ジム)

ランボーだ。あの豪腕が見れる。しかし豪腕対決二連敗中。うーんダメージは
大丈夫か。
高野オファー受けて勇気あるなぁと思ったら再戦のなのね。

観戦記見返したらランボーが攻めまくってボコボコにしてる。でも高野は最後までカウンター当てていってた。

同じような展開か。またランボーの豪腕が火を噴きそう。やっぱ高野偉いよ!

▼メインイベント(第8試合)フライ級 5分3R
下川雄生(ドラゴンテイルジム)
vs
ヒートたけし(和術慧舟會船橋道場)

渋いメインです。

下川はいつもどおり左を振るって左を差して、投げてペースを握りたがるでしょう。
ここ4戦勝ちがないヒートは是非ともベテランの力でペースを握らせずに不思議なスリーパーを久々に極めてもらいたいもの。前世界王者と引き分けた男ですから。


というわけで、あんな遅いカード発表でお客は入るのかな??



usiwotaose at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月09日

1/8修斗後楽園大会観戦記

いやー素晴らしい大会だった。

ありがとう。ありがとうって感じです。

お客も良く入ってた。たった8試合。メジャーの選手もいない。
でも良く入ってた。やっぱ上田vs堀口がダントツで注目を集めたようだ。
本当に求心力があったようだ。

凄くうれしかったのは道場の仲間が随分後楽園に来たこと。スゲー来た。
昔の仲間も、滅多に会場で見ない仲間も。越智君も出たからかな。

なんかいい空間だったのだ。最初から。

第1試合 ウェルター級 5分2R
○松本光史(MASTER JAPAN)
×里本一也(パラエストラ広島)
2R 2'07" 一本 (チョークスリーパー)

松本強い。ガッチリ組んでバック奪って。里本は得意のアームロックで何度も切り替えすが、松本が常にコントロール。結局コントロールしてコントロールして最後にしっかり極めた。

松本地力あるね。もっと上と当てられる選手だ。

里本独特なスタイルが好きだけど、上の選手だと通用しないスタイルだなぁ。

第2試合 ウェルター級 5分2R
○川村文彦(KRAZY BEE)
×太田洋平(Brightness門馬道場)
1R 0'14" KO (右フック)

川村がファーストコンタクトで見事な右フックをアゴに打ち抜き、太田を失神させた。川村鮮烈なKO勝ち。
落ち着いた見えの切り方もなかなか。派手なお友達から熱い祝福を受ける。

川村、ルックスもフィジカルも良くて華やかだが、デビュー戦でのKO負け、逆転一本負けと苦杯も随分舐めている。だからこそ、今回の素晴らしいスカ勝ちは、こっちもうれしくなる祝福したい気分だった。

第3試合 ウェルター級 5分2R
×西岡攻児(MASTER JAPAN)
○アキラ(久我山ラスカルジム)
判定0-3 (18-20/18-20/18-20)

五味の弟子対元弟子。なかなかシビアで楽しみな対戦。
スタイルも似てるし。

これがスイングしたスイングした。
激しいパンチの攻防、激しい投げの打ち合い、強烈なテイクダウンの奪い合い。下になってもフィジカルと技術で上を取り返す。これが何度も何度も展開され、最後の最後にアキラが激しい激しいテイクダウンを制して試合を決めた。

いや面白かった。アキラのフィジカル凄い。これで打撃のスピードが出たら相当楽しみなんだけど。

西岡敗戦も、自身ベストバウト候補。下からの動きも非常に上手くなっていて、幅が広がっていた。さすが移籍効果か。

第4試合 バンタム級 5分3R
×菅原雅顕(和術慧舟會Duroジム/世界5位)
○越智晴雄(パラエストラ愛媛/世界6位)
1R 1'02" KO (左フック→グラウンドパンチ)

正直凄く苦戦すると思ってた。ドロドロの打ち合いになると思ってたが。

最初から越智のパンチが切れる。ストレートが伸びる。菅原が気圧されてるのが分かる。そして打ち合いから越智の左フックが完全に菅原のアゴを打ち抜き、後方に倒す。パウンドで止めを刺した越智が完勝!

いやー最高の勝ち方。強い。強い。越智君の恐ろしさが存分に出た。

まさかの圧倒的クラスA連破。さぁもう残りは三強だけかな。ウルシ、返上しないのかな?次のマッチメイクはもう絞られているな。

第5試合 ミドル級 5分3R
○中村K太郎(和術慧舟會K太郎道場/環太平洋5位・元環太平洋王者)
×佐藤洋一郎(グレイシーバッハ東京/世界4位・環太平洋2位)
判定2-0 (30-27/29-29/30-27)

徹底的にK太郎が脇を差してからのテイクダウン。ガッツガツ激しいパウンドを落としていく。佐藤は徹底的にクロスガードで凌ぐ。
2R以降も同じ展開。佐藤がブレイクの度、テイクダウンを凌ぎ、パンチを入れていくが結局倒されてしまう。K太郎のパスを徹底的にガードに戻したのは素晴らしいが、立つ力は無かった模様。

K太郎。手堅く勝利。強いテイクダウンを存分に見せた。でも明らかに無理にパスしなかったんじゃないかな。前回の負け方が負け方だからどうしても手堅く行ったかな。

佐藤は残念。もうちょっとストレートをメインに距離を取って攻めてほしかった。そして敗北濃厚の状態ではリスクを取ってでも立ち上がって欲しかった。

第6試合 フェザー級 5分3R
○上田将勝(パラエストラ東京/世界4位・環太平洋1位・元世界王者)
×堀口恭司(KRAZY BEE/世界9位・環太平洋6位・2010年フェザー級新人王&MVP)
判定2-0 (29-29/29-28/29-28)

凄かった。凄かった。会場も相当熱くなってた。盛り上がった〜。熱くなってたから冷静にポイント見れてないけど(^-^;)。

とにかく上田さんかっこよかった。強かった。最初からあの堀口と正対して、プレッシャーかけて後ろに下がらせた。その時点で安心した。
基本的には上田さんペースだったと思う。パンチに右を合わせて。ミドルで牽制して。タックルでフェイントかけて。出てきたところを掴まえてた。

でも堀口もまだ見せなかった武器、強烈な前蹴りを何度も当ててた。上田さんに片足タックル取られても何度も抜いた。最後まで動きも落ちなかった。そして打ち合いからショート左フックを打ち抜き、上田さんから痛烈なダウンを奪った。あの直後に間があったのは未だに謎なんだけど、唯一の試合を決めるチャンスだったと思う。

そして上田さんが組んでからはバックからコントロールし続けて、時には腹固め、時にはバックチョークを狙い続けて制し続けた。

上田さん本当に強かった。打、投、極が回る素晴らしい総合格闘家。本当に凄い選手を身近で応援できてうれしい。
もう日本で見れないのは寂しいが、是非アメリカでその実力をいかんなく発揮してきて欲しい。

堀口とうとう敗戦。でも強かった。いい試合だった。いつものように距離を制し続けることは出来なかったが、特別な対応力は見せた。そして打撃の幅も。

もし許されるなら今年もガンガン試合が見たい。もちろん上の人間と。今日セミで戦った2人でも。銀色のベルト巻いてる西の人でも。

ところで上田さんが落とした1ポイントって何ラウンド?冷静に見ていた人教えてください。

第7試合 修斗環太平洋フェザー級チャンピオンシップ 5分3R
○扇久保博正(パラエストラ松戸/環太平洋王者・世界2位)
×徹肌ィ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術/環太平洋2位・世界3位)
判定3-0 (30-28/30-28/29-28)
※扇久保が初防衛

扇久保がガツガツ重そうなフックで攻めるが攻めきれず。2Rは徹が見事な足払いでテイクダウンを上を取る。3Rは上の取り合い。しかし執念で扇久保が最後に上を取り試合を決定付けた。

1,2Rはつまらなかったね。確かに。最悪の立ち膠着も多かったし。でもあの野次はないね。前の試合が良すぎたしね。まぁ目いっぱい攻めて欲しいです。謝るぐらいなら。

やっぱ扇久保強いね。打撃で勝ちたかったみたいだけど、結局組んで膠着してた。持ち味通りガッチリ倒してガッツリ殴るスタイルの方がお客沸かせることできたね。

徹はどうも善戦で終わってしまう。でもマリオの出来は良かった。等身が本物っぽくて(笑)。

第8試合 ISAMIプレゼンツ サバイバートーナメント決勝戦 修斗環太平洋ライト級王座決定戦 5分3R
△ガイ・デルモ(米国/GUTSMAN・修斗道場/世界3位・環太平洋4位)
△美木 航(NATURAL 9/環太平洋8位)
判定1-1 (29-28/28-29/29-29)

美木の切り返しも、いつもどおりの鋭いヒザも良かった。でも試合の大半はガイのペースだと思ったんだけどなぁ。いつもどおり、組んで崩して、倒してバック奪って。また組んで(以下略)。コントロールという意味ではガイの勝ちで判定もいいと思うんだけど。でもポジションを切り返し、あまりバックから殴られず削られなかった美木もさすが。

個人的にはバックマウントを解除し、シングルバックに移行し、ツイスターを狙い、あきらめて股裂きに移行。そして失敗して上を取られるガイさんが最高でした。マジでガイさんの寝技は見ごたえ十分です。今後も大注目です。

それにしてもこれだけ激闘を広げたトーナメントに誰も勝者がいないっていうのはどうなのかね。イサミもガッツリご褒美用意してたんじゃないのかな。


そういえばクラスBでトーナメントが組まれてましたね。バンタムとフェザーというやっぱり一番今熱い階級で。覚えてないけど、根津とかランボーとか熱い選手の出場が発表されていたような。楽しみ楽しみ。

あと3月に猿丸vs階級落とした正城だっけ。猿丸は恐いぞぉ。楽しみ。


とにかく新年一発目に素晴らしい心が入れ替わるような良い大会を見せてもらいました。選手の皆さん、関係者の方、越智君、上田さんありがとう。

僕も今年一年頑張ります。usilogもtwitterもよろしくです。


usiwotaose at 03:11|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!