2006年08月03日

弱い方が勝つこともあるのだ

efe26acc.jpg

ボクシングが好きならみんな知っていると思うが念のため。
ボクシングは無茶な判定が出やすいスポーツだ。

各ラウンド採点されるが基本的に10:10はつけない。つまり
「ほとんど互角だけど、なんとなく亀田かも?」ってラウンド。
これも10:9
「亀田ボロボロでもうダウンしそう。でもダウンしなかった」
これも9:10

1Rにダウンを奪われ、2P取られ、4Rにふらつき、11,12Rに
ボロボロでなんとか立ってた状態だとしても、他のラウンドが
互角とすれば(すればね)一応この判定は想定内と言える。
だから八百長だ八百長だと騒ぐ必要はない。きっと。

だけどホント完敗だったね。そもそも試合前から目がめずらしく
泳いでたし。僕はパフォーマンスはともかく亀田の強打と
ディフェンスの良さとカウンターの巧さを評価してたんだけど、
やっぱり東洋太平洋レベルまでだったか。
あそこまで打たれ弱いとは。
今回は打たれ強さもテクニックも戦術もスタミナも負けていたよね。
それは本人が一番良く分かってるはずだけど。

最後まで闘争心は衰えなかったし前に出つづけたし、いいボディも
何発もいれた。左のカウンターだっていいタイミングで入れた。
でもトータルでは格が違うのを見せ付けられたよな。

見た目はしょぼい感じだけどランダエタは強かった。
パンチは固いし打たれ強いし、ジャブも巧いし、12Rまでよく
足が動く。正直終盤はランダエタが流していたから亀田はダウン
取られずに済んだんじゃないかな。次にやったら今度は最後まで
立ってるの厳しいと思う。

さてこれでもまだ亀田は大口叩くのかな。大口叩いて逆に叩かれて
苦しむのは本人だけど。これからいろいろ言われて持ち上げられて
叩き落されて、大変だろうけど、それでもまともな人間で
いられるか。そんな時に父親として亀田史郎の力が本当に
問われるんだろうな。

ある意味これで次戦も楽しみになった。



usiwotaose at 03:22│Comments(6)TrackBack(0)clip!ボクシング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジャズ大名   2006年08月03日 08:09
同じ感想です。
ラウンド毎にマストで採点する方法であれば、こういう結果もありかと。
今までと格の違う相手に対して、前に出続けて手を出したところは評価できますね。

むしろ負けたほうが、テレビ的に(リベンジとか)引っ張れて
良かったのではないの>TBS
2. Posted by かいかいかい   2006年08月03日 10:22
おっしゃるとおり。
昨今の採点方法(特にリングジェネラルシップ)であれば、
12Rを通してみた全体像と、採点結果に開きはでるもの。
でも、最近のK-1なんかしか見ていないニワカファンには、
納得できないのでしょう。3R判定+延長ですからね。
とはいえ大昔のボクシングでは、採点結果はもっと不可解
でした。日本人の挑戦者だって、タイや中米に行って試合
をすると、「KOしない限り判定負け」というのがほとんど。
相手国開催では、今回ほどの興行にできないのだから、
日本で試合するしかないし、であれば相手も最後までKOを
狙わなければならなかったのです。作戦ミスですね。
ボクシングは、ニワカファンにはなかなか受け入れられない
ものなんですよね。
3. Posted by クロノトリガー   2006年08月03日 12:49
素晴らしい意見(^O^)/
その通りだと思います
4. Posted by エディ★   2006年08月05日 18:11
自分はこの日、無我に行ってよかったです。
5. Posted by うしをたおせ   2006年08月06日 01:40
みなさんコメントどうもです。
エディ★!あんたこそ勝ち組みだよ!
6. Posted by かめだこうき   2007年07月23日 08:46
ちんぽっぽっぽやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーわいはウンコッコやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔