2006年08月15日

うしは修斗至上主義者か?

bc052e06.bmp

いつになくたくさんレスがついてます。
みなさんありがとうございます。
きっといろんな方がリンクを張ったり、トラックバックを
してくれたおかげでしょう。知らないところでリンクが
張られてるかもしれませんね。少し毒を吐いたせいもあるかな。
修斗観戦記もこれぐらいレスがつけばいいのに(笑)。

回答したいコメントもあるので、レスしようと思いましたが、
だらだらとコメント欄が長くなって、しかも新しいエントリーが
ないのも間抜けなんで新たにエントリーとしてアップします。

さて藤川球男さんのコメントです。
「ただ修斗万歳な所は昔からちょっと読んでて引いてしまいます
後頭部打撃ありのルールも選手の事を考えているとは思えません。
そして、池田選手を開頭手術にまで追い込むようなあのレフリング。私には決して
修斗が一番いいとは思えません。
じゃぁどこの団体が一番か、という話では勿論なく。
私は一修斗ファンですが、修斗ファンの修斗至上主義的な気質に
いつも違和感を感じてしまいます。修斗も大概だろう、と。」

そうですか。やっぱ修斗万歳に感じますか。
できるだけそう思われないようにしてるんですけどねぇ。
自分では修斗万歳のつもりはないんですよ。

おっしゃるとおり修斗もダメなところがあるでしょう。
確かに池田vs塩澤戦は止めるのが遅かったですよね。
今回のHERO'Sと比較するのは違うと思いますが、明らかに
ボクシングとかの常識から考えても止めるの遅かったです。
最近はその傾向が減りましたけど、鈴木レフリーはテンカウントで
立ってくれば何度も続行させすぎのキライがありました。
古いところで言えば弘中vs原戦なんかももっと早く止めてよかった
と思います。そもそも修斗はレフリーが少なすぎますしね。これが問題。

後頭部打撃も危なそうですね。そういったことを訴える選手も
います。ただこれは僕は良く分からないのでむやみにコメント
しません。 

あと修斗でもルミナ敗戦の試合はいつもストップがちょっと遅かった
ですよね。ギャルソン戦もハンセン戦も遅かった。今回の桜庭
ほどじゃないけど、やっぱり早く止めちゃいけない選手っていう
のがどの団体にも存在してしまうってことでしょうか。まあそれじゃ
ダメなんでしょうね。カリスマに頼りすぎちゃダメだってことです。

ただ僕は修斗の観戦歴がダントツに多いし、修斗オフィシャルジムに
一応所属してるし、シューターの知り合いも多い。関係者も
かなり知り合いが多い。だからある程度修斗よりの見方になるし、
あんましきつ過ぎることも書けないっていうのはあります。
それが修斗万歳に見られるのかな?

でも修斗に関してかなり厳しいことをネットで提言してきた1人
だという自負はあります。もちろん建設的に。
かなりきつく書いて不愉快な思いしてる関係者もいるんじゃない
かな。的外れなこともあるだろうし。

またやはり修斗は最も総合格闘技の確立に尽力してきた組織だし、
手間をかけても安全性を重視し、泥臭いことをしてきてアマチュア
競技として修斗、総合格闘技を普及させてきたからそこははっきり
評価されてるべきだと思いますね。

あと修斗以外は認めないなんてことはもちろんないわけで、
様々な問題はあるけどPRIDEもHERO'Sもしっかり楽しんでる。
パンクラスだってGCM系だって知り合いはいるし応援してます。
イベントとして修斗よりはるかに優れてる部分もあるでしょう。
前回書いた「僕は修斗とUFCだけでいいや」はもちろん極論です。

なんだかとりとめのない話になりましたが、修斗であれ他の団体
であれ、いいところはいい、悪いところは悪いとコメントして
きたつもりです。今回こういうコメントをもらったので
改めてそういった視点も意識して偏り過ぎない見方をして
いきたいですね。

またたいこさんから
「私は試合でのアピールが必ずしも悪いとは思えません。
ほとんどの選手は相手を怪我させることは本望ではないでしょう。
アピールをすることで、審判の注意を喚起し、勝者、敗者とも
怪我の無い形で試合を成立させることができれば、それにこした
ことは無いと思います。
もちろん、アピールを受け入れるだけでは駄目で、アピールの
内容を検討し、判断するレフェリングが大事だとは思いますが。」

とのコメントも。

秋山vs金は良く分からない結末になってます。
なんかレフリー陣は判断ミス(不適切なストップ)を認めている
そうで。でも僕の道場内の世間話では完全に金の腕は外されて
いたからストップが妥当だと意見多し。トイカツも完全に
あのストップを評価してる。正直よく分かりません。

僕が思ったのは、
以前『落ちたか怪しいホイスに対して「落ちた」とアピールして
   勝利を引き寄せた吉田』
今回『腕が伸びたか怪しい金に対して「伸びた」とアピールして
   勝利を引き寄せた秋山』
この二つが凄くダブったんですね。そして打撃と比べるとストップが
遅くても安全といわれる絞めや関節技だけに、どうも不要なアピールと
思えたんです。
両方とも敗者とされた方が、不当なレフリングをアピールして
いるのも問題ですし。
風田vs植松戦のようにボッコシ腕が折られるのを見たいわけじゃ
ないんですけど、やはり打撃よりはるかにストップが遅くても
それはそれでいいと感じてるので。

まあ金が結果的に腕の靭帯破壊されてたらストップは妥当って
ことなんですかね。

ぐだぐだのコメントですが、長いので終了します。



usiwotaose at 05:18│Comments(6)TrackBack(0)clip!修斗 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 品川   2006年08月15日 10:31
ご苦労様
真っ向から賛否に向かううしさん
さすが我々の仲間だ(笑)自分の立ち位置も説明してるし
2. Posted by こんた   2006年08月15日 22:29
>後頭部打撃も危なそうですね。そういったことを訴える選手も
います。ただこれは僕は良く分からないのでむやみにコメント
しません。

僕も後頭部へのパウンド攻撃の問題は、なかなか単純に答えが出ない問題だと思ってます。
ネット等でもよく危険だと指摘されていますが、それが「他のパウンドと比べて」どれだけ危険なのか(正面からのストレート系のパウンドは後頭部をマットで痛打することがあると聞きました)、また同じ後頭部打撃でもパンチ以上に破壊力があるとされる蹴りでの後頭部打撃(巻きこんでくるようなハイキック等)の危険性については議論されてるのを見たことがありません。
後頭部へのパウンドが危険と言うなら(もちろん僕も危険ではないとは思ってませんが・・)そういったことも含めて検討されるべきでしょうね。

うしさんのブログに関しては個人的には気持ち良く読ませてもらってます。
これからも更新頑張ってください。
3. Posted by まれー   2006年08月16日 20:14
後頭部へのパウンドに関してはかなり前から危険であると指摘されてきた事項だと思うのですが、なかなかルール改善がなされてません。何か理由があるのか?とりあえずたびたび話題になることなので協会ではどのような見解を持っているのか?座談会レベルでもいいから公にしてほしいですね。SHOOTO NEWSとかに載せる形で。
 私もうしさんのブログ楽しみにしてます。
4. Posted by マルコメ   2006年08月17日 16:48
(*^ー゚)b これからも更新楽しみにしています
タップする勇気、セコンドがタオルを投げる勇気のレベルを上げて欲しぃ〜
5. Posted by doppio   2006年08月18日 00:46
もう5年もうしさんの観戦記を読んでいる者ですが、うしさんが修斗万歳だとは一度も思ったことありません。
修斗万歳ってのはこの場合、修斗を神格化しているっていうニュアンスでおそらく使っていることを
前提としていっているんですが、今までのうしさんの観戦記からそう読み取るのはおかしいと私は思います。
うしさんは修斗が大好きなだけであって、神格化はしてないなんて、
ずっと読んでいればすぐにわかることです。はっきりとそう仰っていたこともありますしね。

そんなわけで、やっぱり修斗万歳に感じますか、などとお気になさらずに。
そんなことは決してありません。今後とも観戦記を楽しみにしております。
6. Posted by 平気   2006年08月19日 16:05
後頭部への打撃がOKなのは、おそらく、グラウンドでも打撃の攻防が続く修斗の場合、後頭部と側頭部の区別が明確でないからだと思っていました。しかし、素人考えでは、危険に思えるし、あまり気分のいいものは無いですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔