2006年08月30日

モジャに影響され髪型を変えたうシュ(嘘)

ba85805e.jpg

モジャについてはまだ語り足りない。
今回初めて見た人もいあるだろうが、見てのとおり見た目は冴えない。モジャっとしてボテッとしている。昔はもっと酷かった。

しかし強いのだ。あの圧力。あのワンツーの伸びと威力。あのしつこいタックル。あのスタミナ。
3年前にパーリングがボコられたのを見た時にはこんな「こんなデブに負けてパーリングだらしないな」と思ったものだが、とんでもない見込み違いだった。

そもそも65キロの時代から異様にでかかった。ただ減量が苦しく
力が100%発揮できていなかったそうだ。今回は73キロ契約だが
やっぱりでかかった。帯谷選手より一回りでかかった。帯谷選手は
背が高くないが、凄い体をしている。この前間近で見たが、
他のプロ選手とは全く別の体をしていた。あの分厚すぎる上体。
あのゴツイ肩。まるで岩、まるで牛だった。そんな帯谷選手にも
高さはもちろん厚みでもモジャは負けてなかった。

今回、試合の序盤で帯谷選手の強烈な右フックをカウンターで
喰らっていたはず。しかし全く動じることなくその後、攻め勝って
いた。なんなんだあれは。とんでもなく打たれ強いのかもしれない。

そして前述のあのワンツー。長いリーチを生かし、おもいっきり
体重をかけて打ってくる。当て勘もかなりのもの。ことごとく
帯谷選手のアゴを打ち抜いてた。そして試合の序盤から終盤まで
ことごとく仕掛けてくるタックル。切られたように見えても
長いリーチでクラッチし、強引に引っこ抜いてくる。

例えば五味が勝てるだろうか?スタンドの打ち合いもそう簡単に
勝てると思えない。コンビネーションでは勝っても圧力では
負けかねない。しかもいまの五味ならタックルを取られテイクダウン
されるような気がする。他のライト級選手も勝てる姿が想像
つかない。

ただ唯一の弱点と思われるのが寝技である。グラップリングマッチ
ではハニ・ヤヒーラにボコられたりしている。レスリングは強いが
柔術的強さはさほどでもないようだ。柔術道場出身だけど。
ということは唯一相性がいいと期待できるのはあの黄色いロング
スパッツで度肝を抜いた男か。まだ当分その組み合わせ見たく
ないけどね。



usiwotaose at 23:44│Comments(4)TrackBack(0)clip!プライド 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by マルコメ   2006年08月31日 12:47
黄色スパッツ君は、
『一生修斗しかやりません!』宣言したかと思えば
警察官になり、なったと思えば退職しPRIDE参戦・・・
目にも鮮やかな黄色七分丈スパッツ三角?
関係ないけど、川尻はいつハンセンとやるのだろうか?
2. Posted by K田   2006年08月31日 21:47
うちの先生はモジャのこと、修斗デビュー当初からかなり高い評価してましたね。同じ階級で勝てる選手いないんじゃないか、って...

恥ずかしながらここ数年修斗見てないんですよね。 だから試合観たことなし。
3. Posted by 修斗大好き   2006年09月01日 03:05
初めまして!!!  いつも楽しく読ませていただいてます!!今まで読ませていただいていて初めて知ったのですがうしさんってタクミさんだったんですね(^_^;)タクミさんの事は昔から応援している選手の一人だったので知っていたのですがうしさんがタクミさんって事は画像を見て初めて知りました(^_^;)
ココを読まれてる方はみんなご存知ですよね。今頃でスイマセンm(_ _)m
4. Posted by どっぴお   2006年09月01日 17:23
うしさんはタクミ選手じゃないですよ(笑

うしさんは=うしをたおせ さん、
うしシューター=タクミ選手

ですね^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔