2007年10月04日

小林雅人はかっこよすぎた

9e17a608.jpg

今日のMAXは本当に興奮した。正直感動した。感動するぐらいおもしろかった。いい試合続きすぎ。本当にしびれました。

全ての選手が自分の光で激しく輝いていて本当に面白かった。

第3試合◎世界一決定トーナメント準々決勝戦(1)◎K-1ルール/3分3R延長1R
× ブアカーオ・ポー.プラムック
(タイ/ポー.プラムックジム) vs 魔裟斗 ○
(日本/シルバーウルフ)
3R判定3-0 ※27-30、27-30、27-29。1R、ブアカーオは右ストレートでダウン1あり

以前どちらかといえば魔裟斗は好きな選手ではなかったが、この選手は本当に凄い。ファンというわけではないのだが、いつも見るたびに尊敬させられる。

今回の充実振りは本当に凄かった。昔と比べるとまたどんどん顔つきも体つきも変わっていた。ただちょっと気になるのは足の太さ。どんどんボクサー体型って感じで太ももが細くなっている気がするのは気のせいか。

いうまでもないが、あのコンビネーションは凄い。あの速さ、多彩さ。左アッパーからノーモーションで打ち出した右ストレート。あんな凄いコンビじゃなきゃブアカーオからダウンは取れない。その後も高速ジャブで先手を取りながら最後まで相変わらずの打たれ強さとパンチの回転力でブアカーオに完全に打ち勝った。今回は本当に完勝。お見事としか言いようが無い。左足は強烈なローをかなり打たれたが、正に肉を切らして骨を断つ作戦だったんだろう。僕は以前からブアカーオとサワーがMAXでは図抜けていて、ちょっと魔裟斗は1枚落ちると思っていたので、この結果には参りましたといった気分だった。

ブアカーオも今日は気合満々だった。思い切りヒジを振り回してきたのは気負いすぎだったのかもしれないが、最初から倒すパンチをブンブン強振してきて殺気ビンビンだった。もっと前蹴りやミドルを使えば自分の距離で戦えたかもしれないが、王者のプライドで倒したかったのかもしれないし、判定だと難しいので作戦として倒しに行ったのかもしれない。

第4試合◎世界一決定トーナメント準々決勝戦(2)◎K-1ルール/3分3R延長1R
× マイク・ザンビディス
(ギリシャ/Zambidis Club) vs アルトゥール・キシェンコ ○
(ウクライナ/キャプテン オデッサ)
延長R判定0-3 ※9-10、9-10、9-10。本戦0-1…29-30(キシェンコ)、30-30、29-29。

この試合は普通だった。つまらない試合ではなかっただろうが、今日は他の試合が凄すぎた。

第5試合◎世界一決定トーナメント準々決勝戦(3)◎K-1ルール/3分3R延長2R
○ アルバート・クラウス
(オランダ/チーム・スーパープロ) vs 佐藤嘉洋 ×
(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)
3R判定3-0 ※30-29、30-29、30-29

この試合も良かった!ベストバウトかも。お互い、常に前に出てひたすら3Rノンストップでパンチとヒザと蹴りを繰り出し続けた。谷川さんも絶賛していたが佐藤選手もメチャメチャ熱かった。パンチもヒザもローも以前よりかなり強烈でいままでになかったスピードと切れを感じた。ガードが甘すぎて打たれたのはもったいないが、素晴らしい試合だった。

そんな佐藤選手の波状攻撃を顔面にも腹にも足にもかなり喰らっているはずなのに全然ひるまずに前に出続け、手を出し続けたクラウス。息子が生まれてからここ最近のクラウスは完全に以前のスランプ時期を脱している。気合が入りまくっていてそれがパンチの回転と打たれ強さに影響を及ぼしている模様。最近のクラウスはワンマッチでやったら誰とやってもそうそう負けないのでは。

第6試合◎世界一決定トーナメント準々決勝戦(4)◎K-1ルール/3分3R延長1R
○ アンディ・サワー
(オランダ/シュートボクシング オランダ) vs ドラゴ ×
(アルメニア/チーム SHOW TIME)
2R1分43秒、KO ※右フック

サワーはあんなパンチが危険でガードが固いドラゴをどうやって判定で下すのかと思っていたら超芸術的クロスカウンター!前戦でも見せてたけどかっこよすぎ。巧すぎ。この選手本当に好き。

第7試合◎世界一決定トーナメント準決勝戦(1)◎K-1ルール/3分3R延長1R
○ 魔裟斗
(日本/シルバーウルフ) vs アルトゥール・キシェンコ ×
(ウクライナ/キャプテン オデッサ)
2R0分41秒、KO ※左フック

正直キシェンコの実力が読みきれないから「魔裟斗余裕で判定勝ちかな」なんて思ってたら大間違い。
1Rからガツガツお互いローを蹴りあい、あの魔裟斗がパンチで押される驚きの展開。しかし2Rも打ち合った魔裟斗が伝家の宝刀左フックの相打ちカウンターで見事KO勝利。武道館総立ちだったんじゃない?今日の魔裟斗は神がかってた。でももう退場時魔裟斗は自分で歩けてなかった。テレビから伝わる悲壮感が凄い。

第8試合◎世界一決定トーナメント準決勝戦(2)◎K-1ルール/3分3R延長1R
× アルバート・クラウス
(オランダ/チーム・スーパープロ) vs アンディ・サワー ○
(オランダ/シュートボクシング オランダ)
3R判定2-0 ※29-30、30-30、29-30

これもなにげに因縁の対決だったね。サワーはいつも凄い。1Rで様子を見つつ足を殺して2Rで一気にスピードを上げ、対戦相手がついてこれなくなる。ほとんど全ての選手がこれでやられてる。この試合も2R以降は完全にクラウスが失速。ただあれだけサワーにペースを握られ、手も足も全然力が入ってないのに攻め続けたクラウスの気合は本当に凄かった。オランダの息子よ。父は偉大だった。胸を張れ。

第10試合◎世界一決定トーナメント決勝戦◎K-1ルール/3分3R延長2R
× 魔裟斗
(日本/シルバーウルフ) vs アンディ・サワー ○
(オランダ/シュートボクシング オランダ)
2R終了後、TKO ※タオル投入

谷川さんがレポートしたとおり満身創痍の魔裟斗は短期決戦で攻めまくる。それしかもう勝つ方法がなかったんだろう。でも憎たらしいほど冷静なサワーはじっくりとローを蹴り続けて2R終了時点で魔裟斗の足を完全に破壊してしまった。魔裟斗が今回サワーに勝つにはあまりにも1回戦が過酷だった。スタイルの問題もあるが決勝までにローを打たれすぎた。そしてサワーのコンディションと完成度が高すぎた。

サワーは本当にかっこいい。SBに義理立てしてロングスパッツをはき続ける浪花節も素敵だし、あまり強くないアゴを持ちつつもあの戦略とあのスピード、そして感動的なコンビネーション。かっこよすぎる。決してマッチョでなくナチュラルな身体をしているが、あの防御時も攻撃時もぶれない体幹がきっと強さの秘密なんだろう。今回は本当に文句無しの優勝。おめでとうございます、シーザー会長。

ここ数年で一番優勝に近づいた魔裟斗だけど、来年はどうするんだろう。「来年こそは」とまた続けるのかな。勝手な思いだけど引退して欲しかったりして。だってあまりにも今回がかっこよかったから。


2R終了時にロープにもたれ激痛に顔をゆがめる魔裟斗。3Rが開始してもイスから立てないなんともいえない表情の魔裟斗。試合後壊れた足に鞭を打って立ち上がり、サワーとセコンドに挨拶に行く魔裟斗。全てが感動するほどかっこよかった。今回優勝こそできなかったが、その戦いぶり、リングでの生き様は本当にかっこいい。やっぱりMAXは魔裟斗が始めて、魔裟斗がいるから続いていて、魔裟斗がいるからおもしろいってことを再認識した。

サワーのセコンド、アンドレ・マナート先生が魔裟斗に「HERO!」と声をかけたように僕には聞こえたが、正に今日の魔裟斗は「HERO」だった。かっこよすぎた。今日は日本一かっこいい男だったのでは。



usiwotaose at 00:58│Comments(5)TrackBack(0)clip!K−1 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒瀧   2007年10月04日 15:05
こんにちわ。
私も久しぶりにK1見ました、サワーはどの選手よりテクニックが1枚上手でしたね。ドラゴへのあのクロスは私も鳥肌が立ちました。
どの選手もトーナメントじゃなくワンマッチでも、コンディションが整ったサワーに勝つのはなかなか厳しいような気がします。

最後にまさとに「HERO]といってましたね。
私もここがまさとの辞め時ではないかと思っています。
良い選手だとは思うんですがファンにはなれないんですよね・・・
たぶん、あのまさとよりの解説&実況のせいもあり最近さらにどうも・・・
いくらなんでも、もう少し中立に立ったほうがいいと思いました。

ところで某巨大掲示板で言われているブアカーオは2流選手って言うのは本当なんでしょうか?
もし本当なら、その上の選手が出てきてK1ルールーに慣れたら目も当てられないのかなとか思っています。
2. Posted by のぶはや   2007年10月05日 17:12
凄いドラマの連続で感動しましたが

キッドがコメント言う時「そうすっね〜」と必ずいうのが気になりますね
3. Posted by うしをたおせ   2007年10月06日 22:06
黒瀧さん、のぶはやさんご無沙汰です。
サワー超良かったですよね。あのクロスは繰り返し見ちゃいました。
魔裟斗は引退するか気にしてたんですが、バリバリ続行宣言をしたみたいですね。
解説はあれでいいんじゃないでしょうか。判定が公正なら解説が魔裟斗よりもOKかなと。個人的にはもう慣れました。
KIDの解説は相変わらず自然体で(^-^;)。解説になってないけど、その分KIDが本能で「ヤバイ」とか言うと説得力ありますね。
ブアカーオが2流ってことはないでしょう。ムエタイ軽量級にブアカーオどころじゃない超達人レベルがいるのは知ってますが、70kg以上では急激に選手層が薄くなっているはずですよね。
4. Posted by 黒瀧   2007年10月10日 23:59
くだらない質問に答えていただき感謝です、ありがとうございました
5. Posted by hermes 財布 コピー 見分け方   2014年04月09日 16:48
Webは追加の手間のかからないように、人々の生活が成長作成すると、さらにインターネットを介してあなたの<a href="http://www5.big.or.jp/~khirose/analyze3/log/khirose-hermes-i835jjcbgq.html">エルメス ピコタン</a>の靴を購入することがあります。
hermes 財布 コピー 見分け方 http://www5.big.or.jp/~kuniy/OUT/y/past/kuniy-hermes-eouvsu90z9.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔