2007年12月31日

秋山vs三崎を語る【ヒールはこうでないと】

00b1f5d9.jpg

青木vsカルバンという今年最高のカードが消滅した時点で大晦日のワクワク感は50%減だ。マジで50%減。
他の試合もいくつか楽しみなカード、見所があるカードがあるが、ワクワク感という点では図抜けていたこのカードがなくなったのは本当に痛い。

青木vsカルバンは試合前にどれだけゾクゾク感を味わえたどうかと思うと残念だ。
意外性があり期待感があるマッチメイクで本当に楽しみな試合はゴングが鳴る前にゾクゾク感が来る。会場で見てるとなおさら来る。あれはたまらない。

今年の大晦日でそれが味わえそうなのは、残念ながら数試合。
昨日書いたヒョードルvsホンマンとやはりあとは三崎vs秋山だろうか。

2人ともPRIDEとHERO'Sのトーナメントを勝ち抜いた正真正銘のチャンピオン。三崎の場合はちょっと棚ボタだけどね。
これだけの肩書き同士がこのタイミングで対戦するなんて素晴らしい。

しかも三崎は秋山嫌いを公言してるし。肌が黒くてちょっと悪そうっていう共通点はあるけど、イデオロギー的に反対な2人がぶつかるっていうのは盛り上がっていい。

そしてやはりいま格闘技界である意味最も旬な格闘家が秋山だと思う。あれだけの大事件を起こして、復活したと思ったら制裁マッチを自分の最高の試合にしてしまうなんて。最も幻想の抱ける選手にすらなっている。

ちなみに僕は秋山があまり嫌いでない。世間的には悪人扱いだし、PRIDEファンからはブーイングを受けているらしいが。もちろん昨年のあの事件は論外。しかし秋山には残虐性やいやらしさをあまり感じない。感じるのはどんなことをしてでも勝利を掴もうとするハングリーさ。昔から柔道時代も意地汚くて、様々な手を使って勝利を掴もうとしてきたハングリーな勝利至上主義者なんだと思う。もちろん好きになれないが、嫌いではない。逆にここまでのヒールというのはどうしても注目してしまう。このスーパーヒールがどこまで行くか楽しみだったりする。

三崎はどちらかというとちょっと苦手かな(笑)。個人的なセンスとしてあの人間的熱さが苦手。僕は郷野のような斜に構えたタイプの人間の方が好きなので。

技術的なことを全然書いてないが、正直よく分からない。三崎の強さをイマイチ理解できてないからか。
PRIDE・GPの時は飛び込み際のパンチが巧くて、ダッキングが巧くて、飛び込んでの足掛けテイクダウンが巧くてスタミナがあるいい選手だと思った。でもトリッグに簡単に塩漬けにされたりフィリオに完敗したりとどうも強さを明確に実感できない。菊田さんのインタビューによるとスタンド打撃も寝技も三崎有利だそうだが。
引き出しは圧倒的に三崎の方が多いと思われるが、僕の勝手な印象ではやや秋山の醸し出す幻想の方が勝っているという感じか。

まじめに勝負どころを考えるとやはりスタンドの間合い。秋山は抜群に鋭い前後へのステップワーク。対する三崎の武器は思い切りのいい鋭い踏み込みと上体の激しい使い方。どっちが相手を捉えられるかが勝負だろう。

どっちが勝っても楽しめそうなので期待して見たい。



usiwotaose at 03:01│Comments(1)TrackBack(0)clip!プライド 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジャズ大名   2007年12月31日 23:24
すげー試合でしたな。
地上波ではちとエグイFinishでしたが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔