2009年03月18日

3/20修斗後楽園大会見所

728eef76.jpg

そろそろ後楽園ホール大会。

2大タイトルマッチは素晴らしい。でも8試合ってちょっと寂しい感じ。
そんなものかな。


【第1試合】フェザー級 5分2R[2008年度新人王決定トーナメント1回戦]
新国 隆史(JPN/パラエストラ札幌)
versus
小野島 恒太(JPN/サムライ修斗クラブ)

2人とも知らない。新国選手はデビュー戦一本勝ち。小野島選手は今回デビュー戦。
サムライ修斗クラブはとある知人が主宰する新宿スポセンで活動する修斗サークル。

【第2試合】ウェルター級 5分2R
大河内 貴之(JPN/総合格闘技道場ACIU!)
versus
アローイ石橋(JPN/パラエストラ札幌)

大河内さん凄いなぁ。まだまだ現役か。2004年に鹿又選手とやって2007年にパウロとやって以来の試合。もうデビュー10年目だ。殴って投げて寝技でも上からも下からも、まあなんでもできる選手です。
アローイもいい選手なのになかなか勝てないなぁ。6戦で1勝。でも佐々木選手やウエタ選手相手はしょうがない。独特なシャープなパンチやレベルの高い寝技を持っている。

大河内さんのブランクがどれくらい影響するか。2人とも技巧派だからかみ合うんじゃないかな。

【第3試合】フライ級 5分2R
ATCHアナーキー(JPN/パラエストラ東京)
versus
山上 幹臣(JPN/総合格闘技道場STF)

竹内さんは世界ランク5位として昨年の新人王を迎え撃つ。必殺の左ストレートを相当長身の山上選手に打ち込めるか。
山上選手は相当強いと思う。まだ無敗。長い長いリーチから伸びる左ストレートを打ち、組み付かれるとギロチン。倒されても十分基本的なガードワークと立ち上がる術を持っている。

体格的は相当竹内さん厳しいと思うけど、やっぱり左ストレートかな。

【第4試合】バンタム級 5分3R
菅原 雅顕(日本/和術慧舟會Duro)
versus
高橋 大児(日本/秋本道場JUNGLE JUNCTION)

菅原選手強烈なワンツーが持ち味で寝技もこなす殴人。おとなしい顔してとにかく徹底的に殴り合い上等。最近毎回殴られすぎなのが心配だけど。
大児はかなりベテラン。寝技が上手い。長い手足を生かした柔らかい寝技をする。

スタンドが相当強く、グラウンドでも大抵の選手に張り合える菅原選手が有利かなぁ。

【第5試合】フライ級 5分3R
田原 しんぺー(JPN/総合格闘技STF)
versus
春崎 武裕(JPN/直心会修斗GYMS)

田原選手はランバー戦以来か。あれは相手が悪かった。田原選手はとにかく積極的に攻めまくってタックルで倒して上から殴ってパスして攻めまくる。とてもいい選手。
春崎選手はなんでもできるけど、やっぱりパンチの選手。

田原選手は打撃の選手をことごとくテイクダウンして自分の戦いに引きずり込んできているから相性的に田原選手が有利かな。

【第6試合】フェザー級 5分3R
扇久保 博正(JPN/パラエストラ松戸)
versus
徹 肌ィ朗(JPN/和術慧舟會岩手支部)

これは地味にいいカード。
扇久保選手は前回の田澤戦でスタンド打撃とスタミナに底を見せたけど、あのテイクダウンとパウンドは相変わらずハンパなかった。ありゃ凄い。とにかく爆発力がある。
徹は寝技なら日本のトップ。修斗でも負けているのは田澤、水垣、山本、上田。まぁしょうがない。寝技に関してはパワーもテクもある。

この2人のテイクダウン合戦、寝技合戦はかなり楽しみ。扇久保選手の磐石柔術寝技と豪腕パウンドを徹がどう凌いで攻めていけるかが楽しみ。

セミ【第7試合】世界フェザー級チャンピオンシップ 5分3R
上田 将勝(王者/JPN/パラエストラ東京)
versus
田澤 聡(挑戦者/JPN/GUTSMAN・修斗道場)世界5位

再戦。前回は終始押し気味だった上田さんが最後はスピニングで極めた。
お互い、抜群のスピードがあるわけでないが、重たいパンチと強烈な投げと独特の力強い寝技と極めがある。この2人は本当にかみ合うと思う。

田澤選手が急激に伸びてない限り、上田さんが体調を崩さない限り、組技主体の試合になり、上田さんがやや有利の展開で進むことは揺ぎ無いと思うが。

メイン【第8試合】世界バンタム級チャンピオンシップ 5分3R
BJ(王者/JPN/リバーサルジム横浜GRUND SLAM)
versus
正城 ユウキ(挑戦者/JPN/クロスワンジム湘南)世界1位

ずっと以前から練習仲間だった2人、お互い実力も持ち味も知り尽くしているのでは。調印式でも完全にBJが正城選手を飲んでいるのが興味深かった。

普通に考えればキャリアも気の強さもパワーもスタンド打撃もテイクダウンも寝技もBJが上だ。でも正城選手には無尽蔵なスタミナと愚直なまでのアグレッシブさと必殺のギロチンがある。もう十分地力もある。そうじゃなきゃウルシや阿部弟に勝てない。

個人的には正城選手が攻めて凌いで攻めて凌いで最後に勝って、長く長く続いた3強時代を完全に終わらせてほしい。でもBJが宣言どおり若き元練習仲間を圧倒してスリーパーで絞め落とす可能性も十分あると思う。


同日に近所で戦極があるんで正直観客動員厳しいと思うけど、いいカードが多いんで盛り上がってほしいなぁ。



usiwotaose at 18:03│Comments(2)TrackBack(0)clip!修斗 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 番頭   2009年03月19日 03:35
新国、デビュー戦は一本勝ちです。
2. Posted by うしをたおせ   2009年03月19日 08:24
番頭、チェックありがとうございます(^_^;)。今晩訂正しておきます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔