総合格闘技

2011年02月14日

皇帝お疲れさま もう幻想をもたなくていいのです

MMAセレブの僕はPPVを買いましたよ。そもそもたった5試合で、僕の中のケチイズムが首をもたげたけど。

というわけで、ストライクフォースのヘビー級トーナメントが始まった。

【ヘビー級ワンマッチ】
○ヴァレンタイ・オーフレイム
(1R ギロチンチョーク)
×レイ・セフォー

セフォーもう歳だね。そもそもグラウンドどれくらい練習しているのか。
ヴァレンタイン兄ちゃんまだやってたんだ。昔はマッチョの兄ちゃん、やせっぽちの弟だったのに。すっかり弟は科学の力で大きくなって。
総合格闘家として実力に相当差があったなぁ。最後のギロチンは道着の絞めのような珍しい形。

【ヘビー級ワンマッチ】
○チャド・グリッグス
(1R TKO)
×ジャンピエロ・ビランテ

うーんこんなスポーツは身内にはやらせたくないなって感じの殴りあい。正直タフマンの殴りあいで技術が感じられない。大味だからおもしろくはあるが。

【ヘビー級ワンマッチ】
○シェーン・デル・ロザリオ
(1R 腕十字)
×レイバー・ジョンソン

まぁ普通にテイクダウンしてマウントしてもっさり腕十字。
さほどレベルは高くないようにしか見えないが。

【ヘビー級GP1回戦】
×アンドレイ・アルロフスキー
(1R KO)
○セルゲイ・ハリトーノフ

アルロフッスキーのマウスピースはかっこいいね。期待してたけど。
完全にアゴが壊れてる。かわいそうに。ボクシング巧かったけど。
TKがしきりに予想していたように、ハリトーノフの接近戦は見事。
ガツガツパンチを当ててペースを握って一気に仕留めた。
以前から個人的にはハリトーノフは評価があまり高くなかった。だからちょっと意外な結末。北米勢にどこまで勝ち進めるか楽しみ。でも絶対グラウンドが穴だと思う。

【ヘビー級GP1回戦】
×エメリヤーエンコ・ヒョードル
(2R終了時 TKO)
○アントニオ・シウバ

完敗でしたね。皇帝。残念ですがこれが現実。
お疲れさまです。いままでの素晴らしい試合をありがとう。

もちろんMMAの世界が異常にレベルが上がっているというのがこの落日の一番の理由でしょう。
でもヒョードルもさすがに歳でしょう。以前に比べて身体の厚みと圧力が減った気がする。
本人も言うとおり距離感がつかめず、打ち合いで勝てずに、倒され削られまくって殴られまくって完敗。肩固めでタップしなかったヒョードルに胸が痛んだよ。

ペザォンは本当に強かった。ガードしっかりしてリーチ生かしてボクシングして。
ポジション憎らしいぐらい巧かったな。バック取ってから無理に極めに行かず、肩口すくって身体を伸ばしまくっていたのが印象的。あれは相当ヒョードルきつかったと思う。まぁ技術を覚えた巨人は強いっていうシュルトばりにみもふたもない結論ですが。
次戦はアリスターと??楽しみ。


ジーナがそういえばしゃべってた。相変わらず素敵。全米の男性が喜んだことだろう。
ホントかっこいいよね。



usiwotaose at 02:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月21日

ダナの頭が禿げかねん

ストライクフォース。他の試合も。って2試合だけだが(笑)。

それにしてもニコ動でのまさかの生中継。いやいやありがたい。ニコ動万歳。


実は放送開始時間を忘れてて、ムサシvsモーの途中から観戦。途中からで良かったという話も。


うーんムサシ幻想プチ崩壊。あれだけ無敵だったのに。無策だったなぁ。打撃のプレッシャー賭けられ、ガード上げられての、ダブルレッグ。倒されすぎ。ボコボコにやられたわけじゃないけどペース握られすぎ。

モーのタックル凄い。やっぱ一流のタックルは凄い。まぁモーの場合は身体能力がやばそうだけど。タックルは超凄いけど倒してからはグダグダ。顔も腫らして。まだまだ未完成。

メインは途中まで好試合。ダンヘンがパンチで圧倒すると思いきやシールズがタックルを決める決める。びっくり。ダンヘンも倒されてから見事に腰切って起き上がったが、何度も何度も倒されてマウント固めで終戦。シールズのタックルと寝技は見事。倒してからは楽勝で見せ場が少なくなったくらいだけど。

まぁ青木君は負けちゃったけど、寝技の時代は一応続いているのかな。でもやっぱりテイクダウンが超超大事ってことで。
レスリングの弱い日本人には厳しいねぇ。世界でも数えるほどの人しか確実にテイクダウンできないし。

こんなつまんない試合3試合連続全米に生放送しちゃって。最悪だよね。


日本人が負けるとかどうとかじゃなくて、ここ最近総合格闘技が不調な気がする。魅力的で幻想を持った選手がことごとく敗れて。そして勝った選手がおもしろいか、魅力的かというとそうでもなく。幻想もなく。そんなスパイラルに陥っているのか。

ダナ・ホワイトが一番ストレス感じてるんじゃないかな。

まぁこんな時期もあります。



usiwotaose at 01:23|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

2010年04月19日

こういうときこそ総合格闘技を見るのはおもしろい

モジャは強かった

それに尽きる。

正直前から強かった。それはずっと思ってた。

パーリング破った時からも高谷を破った時からも。

あいつはとにかく身体が強い。対応力、耐久力が凄い。とにかくやられないイメージが強い。

青木君もモジャが最近凄く強くなっててヤバイと唸っていた。


そしてそんなモジャが徹底した青木対策。ミドルもテイクダウンもラバーも完璧に凌いだ。ボディを中心としたスタンドでの打撃も憎い戦略。金網の使い方も完璧。本当に完勝。青木君は完敗。


ルールが違うのもアウェなのも承知の上。相手が強かっただけ。

青木君は究極の格闘技オタクだから自分に何が足りなかったか一番分かっているだろう。
まずはじっくり休んで復活してくれればいい。


それにしてもここ数週間で五味と宇野君、青木君がことごとく完敗。なんとも象徴的な出来事。

いまや世界で通用していると言える日本人は岡見君だけか。笑えるぐらい評価が低いが。

北米のレベルが高いぐらい分かっていたけど、あらためて痛感。
日本のレベルがいまや決して高くないことも分かってたけど、久々に日本最弱を実感。


でも、日本の中で切磋琢磨して。中心選手が意地を見せて。新しい選手が生まれ。こんな状態から世界でバリバリ通用する選手が現れたらそれはそれで凄くうれしい。

そんな日本総合格闘技界も嫌いじゃない。



usiwotaose at 23:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2010年04月18日

青木くん    勝て!

五味はケンフロに完敗したわけで。

僕はそれなりにやったと思ってたけど、ケンフロに試合後ケチョンケチョンに言われた。本当に完敗だった。

五味が凄く劣化したとは全く思わないけど、ケンフロのように進化してなかったのも確か。

 

そして数時間後、現代の日本のライト級を代表する青木くんがアメリカ上陸。しかも正真正銘のチャンピオン対決。

削りあいだったら厳しいだろう。モジャの耐久力と耐久性はハンパない。

でも青木君がペースを握ったら誰でも極めれるだろう。それぐらい特別な存在のはず。

先日ライト級の絶対的存在だったBJが陥落した。五味の敗戦や宇野君の完敗も含めてなんだら新旧混合でライト級が混沌としている。

そういう意味でも青木君とモジャの試合は凄く特別なタイミングな感じ。

BJを破ったエドガーは強かった。でもおもしろいか微妙。レスリングが強く、ボクシングが巧い。そしてメチャメチャ動く。でも図抜けてはいない。とにかく強いが悪く言えばUFC必勝マシーンといったスタイル。

逆に青木君はスポーツでなく格闘技として相手を仕留める技と戦略を考え続ける選手。

やはり世界の総合ファンが見たいのは青木君のはず。


そして今回はバリバリの団体対抗戦。実質統一戦。国の対抗戦。

自分の技術とセンスを信じてしっかり極めてきてもらいたい。

頑張れ。そして勝て!



usiwotaose at 02:01|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2009年11月09日

皇帝様の輝きは未だ衰えを知らず

d40d66df.jpg

blog放置…。忙しかったんです…。どちらかといえば精神的に…。

すみません。


ふらっとストライクフォースネット観戦。

ネットで無料観戦ですよ。最高ですよ。超手軽。スポンサー様ありがとう。


アオキックが世界のアオキとして紹介されててかっこいい〜!米国での試合見たいなぁ。


<ヘビー級/5分3R>
○ファブリシオ・ベルドゥム(ブラジル)
判定
●アントニオ・シウバ(ブラジル)

途中から見た。
ゴリラ寝技巧いなぁ。スゲェ動けるゴリラだなぁって見てた。

この外人、ゴリラと同じくらいデカくてスゲェ寝技巧いって思ってみてたらベルドゥムだった。
地味に強いねぇ。相変わらず決め手に欠けるけど。

<ライトヘビー級/5分3R>
○ゲガール・ムサシ(オランダ)
TKO
●ティエリー・ソクジュ(カメルーン)

ムサシかっこいい!あの低いガードでガンガン前に出てプレッシャーをかけるところがかっこいい。
ムサシがバンバン投げるも、ソクジュの切り返しも素晴らしい。確実に上を取る。でもムサシのガードも巧いんだよなぁ。
結局ムサシのパウンドで決まったけど、かっちりソクジュをワンチャンスで沈めるところがしびれる。ちょっと苦戦したけど、幻想残したまま強豪に勝って。いい選手だねぇ。

<Strikeforce世界ミドル級王者決定戦/5分5R>
○ジェイク・シールズ(米国)
判定
●ジェイソン・ミラー(米国)

超マニアック。ミラーも寝技スゲェ。切り替えしまくり。一本取りそうな場面も。でも元々はミラーが一階級上なのね。
シールズのネチョイだけじゃなくて渋すぎる寝技テクがたまらない試合なのでした。5Rあれをほぼ同じペースでやっちゃうっていうのも凄い。

<ヘビー級/5分3R>
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
TKO
●ブレット・ロジャース(米国)

キャー皇帝素敵〜!あれだけの体格差、体重差があるけど、あの戦いぶり。

自分からプレッシャーをかけ、間合いを計り、打ち勝ち、投げても耐えられると足をすくって倒し、最後は信じられないような右でリーチの長い相手のジャブに対して100点満点のカウンター!ありゃ誰でも倒れるっつーの。

大流血して、鬼のようなパウンド受けてもその冷静な戦いぶりは変わらず。打も投も極も凄いレベルで駆使した戦いぶりを存分に見せてくれた。あの十字もしびれた!

ロジャースも全然予想より強かった。あんなデカイのにステップも踏めるしジャブも速いし、レスリングも出来るし、寝技もできるし、あの立ち上がり方とかはびっくりでした。ヒョードル陣営がコメントした「ロジャースは世界2位か3位」もあながちオーバーじゃないと思う。他の強豪との試合が見たい。

とにかく皇帝様はカッコよすぎでしょ。RINGSからPRIDEへとずっと見続けてきた日本の総合ファンにとって、いまだに60億分の1としての幻想を抱き続けさせてくれる皇帝は本当に生ける伝説だよ。



usiwotaose at 22:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年10月04日

Tシャツとアマ修斗と師匠

c9c399a9.jpg

中井さんがもの凄く懐かしいTシャツを着てくれていた。

2001年に作成したパレうしTシャツだ。

うしシューターことTAKUMIの修斗世界ランキング入りを記念して作成したTシャツ。
もちろん僕ももう持ってない。物持ちの良い中井さんも凄いが着てくれているのもありがたくてうれしい。

 

そんな中井さんがボソッっと総合格闘技とアマ修斗について話していた。


今回アマ修斗はルールがまた若干変わったらしい。
実は詳細は全然知らない(^-^;)。どっかに載ってないかな。

確か一定時間抑えこんでいるとポイントが入るらしい。

誰かから「寝技重視のルールですか?」と聞かれたそうだが、現状の若干組み技、寝技軽視のアマルールを考えての改正だったらしい。

アマルールだと打撃ジャッジで差がつきやすい。でもプロになるとそうそう打撃で差がつかない。そして1回でもグラウンド倒して抑えこんで上から攻勢かけていたほうがそのラウンドを制することが多い。そんなプロルールと整合性をつけたらしい。

あと世界レベルとの違い。
アメリカンレスラーと対戦しても倒されないか。倒されてもちゃんと自分で立てるか。そんなあたりがちょっといまの修斗は、いまの日本格闘技界足りないのではということ。実際BJがいきなりフォルミーガにポジション取られまくって負けてるわけで。

10年位前にグレイシー柔術と寝技の時代が来て、レスリングの時代が来て、打撃の時代が来て、柔術が完全に軽視された時代があって、またちょっと寝技を、柔術をあらためて見直す時代が来てて。そんなわけで総合は回り続けて丸くなっていくのかな。

そんな時代に合わせて少しずつ変わってく総合を見てるのもおもしろいし、思考停止をせずに細かくルールを改正していくアマ修斗も素晴らしい実験室というか凄いもんだなと…。


そんなことを聞いたり、考えたりした楽しい江古田の昼過ぎなのでした。



usiwotaose at 03:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)clip!

2009年08月19日

ジーナ・カラーノはアルバート・クラウスばりにかっこいい

cf4493a2.jpg

さすがにblogさぼりすぎなわけだが…。定期的に訪問していただいている方申し訳ない。

都内の修斗が最近ないとはいえ、ボチボチ更新します。


STRIKEFORCEについて。
ネットでいくつか動画を拾って見た。

ヘビー級 5分3R
○ファブリシオ・ヴェウドゥム
×マイク・カイル
1R 1'24" フロントチョーク

普通にヴェウドゥムが勝ってた。あんなにモンモンあって強面だったっけ?
とにかく特にスピードもパワーも感じないんでヒョードルの相手としては興味ないなぁ。

ストライクフォース世界ライト級暫定タイトルマッチ 5分5R
○ギルバート・メレンデス(暫定王者)
×石田光洋(挑戦者)
3R 3'56" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※メレンデスが防衛

うーん石田君完敗。急な試合でコンディションが悪かったのかもしれないけど、完敗。広い金網っていうのもあるんだろうけど、あんなに倒せなかったっけ。ローを覚えた分、タックルが減ったような。前のようなしつこさも減ったような。あんながぶられ方してたかなぁ。メレンデスにオイル疑惑もあるようだけど、それ以前の敗戦だったような。
とにかくスタイルの問題か調子が悪いのか持ち味のない普通の選手になったように見えた。体格も小さいし、階級変更も考えた方がいいんでは。

メレンデスは相変わらずナチュラルに強いって感じ。UFCの選手とやるとどれくらいの位置にいるか見てみたい。あのタフガイをガチッと仕留める選手を見てみたい。

ストライクフォース世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
×ヘナート・ババル・ソブラル(王者)
○ゲガール・ムサシ(挑戦者)
1R 1'00" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※ムサシが新王者に

ムサシ強い。かっこいい。なんだこの普通の勝ち方。
あのヘナッとした前髪もアルメニア人ってところもあの落ち着きも渋い。普通に強豪を立て続けに圧倒しているところが凄い。伊達にヒョードルと練習してない。

ここまで強いとこれまたUFCのトップ集団との試合が見たくなる。RYOTO以外ならいけるんじゃないかな。

ストライクフォース世界女子145ポンド(約65.8kg)王座決定戦 5分5R
×ジーナ・カラーノ
○クリスチャン・サイボーグ
1R 4'59" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※サイボーグが初代王者に

とにかくジーナがかわいいのだ。
かわいくてかっこよくて美人でセクシーで存在自体が凄いのだ。

個人的には試合の時の髪を編み込んだり結んだりしてラッシュガードを着た勇ましいジーナが一番かっこよくて好き。

だからいかつくて強くて計量問題でいわくつきのサイボーグ妻が憎たらしくて憎たらしくて(笑)。全米1000万人のジーナファンと共にジーナが凹られているのを見てがっかりしましたよ。

あんなにかわいくてかっこよくて世界最強っていうのは出来すぎってことですかね。
これは女子格闘技に限ったことじゃないけど、やっぱりスターが生まれるにはルックスも大事だよなとシミジミ思った次第。



usiwotaose at 02:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2009年07月08日

町田嘉三の話の話

d2863d86.jpg

最近一番インタビューが面白いのは町田嘉三。

ご存知町田リョートの父。

今月のGONKAKUでも貴重な格闘技論をバリバリ述べる。


「気で押せ」

「足を捌け」

「パンチを食らってからの復元」

「虚と実がある。その虚をついて迷わず一発で入っていくとカウンターになる」

 

アンドリュース・ナカハラと菊野克紀の解説も凄く面白かった。

一番こだわってたのは立ち方。武道の立ち方。帯の結び目が一番前にある。

うーんおもしろい。


全く同じことを言っていた格闘家がいる。


ヒクソン。


時代遅れと揶揄されたアゴの上がった姿勢について質問されて、「武道家の姿勢はこれでいいのだ。剣豪もそうだろ。」と確か答えていた。うーん興味深い。


まぁあんな総合の本流から外れたスタイルで本当に結果を残しているのはリョートだけなんだけど、やはりこういう選手がポツリポツリと出てくるところがおもしろい。


そんな意味でも次回DREAMの菊野vsジダは超注目カード。

菊野の空手が高いレベルでも通用するのか。三戦立ちをまた見せてくれるのか。
リョートほど足捌きの速さがないのがちょっと気になるが。

あとジダは一番相性悪いのでは。遠い間合いから変則の豪腕連打。カルバンにも高谷にも打ち負けなかった。まだ誰にも打ち負けたのを見たことが無い。相当強いと思う。

あの乱打戦の申し子みたいな選手に打ち勝ったらそれこそ、打撃においては恐いものなしになるんだけど。うーん楽しみ。


まあとにかく町田嘉三は凄いです。
こんな武道家に教えを請うている石井慧もなにげに相当期待している。


GONKAKUさん、また町田嘉三のアマゾン秘話インタビューも希望。
特にジャングルにおける猿の大移動の話希望。



usiwotaose at 02:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年04月10日

水垣vsトーレス見たよ

d2802376.jpg

水垣vsトーレスを見た。

確かに凄い試合だった。5分5R。延べ25分間。ずっと激しい戦い。最後まで激しい戦い。
いやー凄い。

水垣選手よく戦った。トーレスを流血に追い込み、正面からガツガツ殴り合い、組み合いでフッ飛ばし寝技に一切つき合わせなかった。トーレスからべた誉めされ、アメリカメディアでの評価も上々。日本軽量級の実力を見せ付けてくれた。BJの肩での号泣も素敵だった。

実際判定も接戦だったらしいけど、トーレスの強さが目立ったなぁ。結果知ってから試合を見たのもあるかもしれないけど、トーレスの強さをまた実感した試合だった。

徹底的にシャープで正確な打撃、最後の最後まで落ちないスタミナ、巧い首相撲、ケージワーク。そんでもって絶対の自信を持つ寝技。水垣選手と一番違ったのはスタイルの幅。武器の多さ。うーん強いね。

ますますいろいろな日本人選手がトーレスに挑むのが見たくなってきた。上田さんvsトーレス見たいなぁ。世界的にもフェザー級、バンタム級おもしろいね。

 



usiwotaose at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年01月02日

K-1勢のPRIDEはどこに…

0100f1b4.jpg

ダイナマイト観た。長丁場だったけど、膠着試合が少なかったせいか、意外と退屈しなかった。
会場組みも満足度が高かったという話も事実なのかもしれない。

いろいろ話題の試合があるが、一番衝撃的だったのはK-1勢の惨敗。
武田のパンチを食らっての敗戦はまだ想像できたが、武蔵とバダ・ハリのこれ以上無い何もできない惨敗は衝撃的だった。見方によってはハントやホンマンやジマーマンの敗戦だってK-1勢の敗戦になる。

とにかくヒョードルが出てきたならともかく、まだイマイチ知名度のないムサシやアリスターにK-1のトップ選手がK-1ルールにおいて完敗というのは普通に考えたらありえない。バダ・ハリなんかいまや人気・実力ともエースといえる存在だし、武蔵も下り坂とはいえ、準優勝2回の知名度で言えばトップクラスの選手である。こんな2人があの負け方っていうのはまだにジャンルの敗北を意味する。「餅は餅屋」のはずいう考え方で格闘技も観ている僕からしてもちょっと信じられないショッキングな光景だった。清原が半泣きになるもの分かるよって感じだった。

K-1の選手に総合の選手がK-1ルールにおいてどれだけ食い下がれるかっていうのが基本的なテーマなはずなのにあの内容と結果。K-1ファンでもないんだが、情けないやら悔しいやらという感情を抱いた。負けた本人達の悔しさはハンパじゃないと思う。

さっきも書いたが総合の一選手が、K-1ルールでK-1の王者クラスを破るというのは、総合の選手が片手間でやってても勝てるぐらいの選手しかK-1のトップにはいないと思われても仕方がないわけで。ましてや総合に興味がないK-1を専業でやっている選手達の敗北。完全なるジャンルの敗北で絶望的だと思う。

やっぱりバダ・ハリや武蔵に油断はあったと思うし(バダ・ハリにはダメージの蓄積も)、アリスターやムサシの打撃技術がK-1のトーナメント出ても活躍できるぐらい相当高いのも間違いないだろう。
でも負けちゃ駄目だよ。自分の土俵では。放送席の魔裟斗なんかハラワタ煮えくり返ってたと思うけど。

世界的に見ても人材が総合に集まっちゃってるのかなぁ。アンディ・オロゴンが勝ったからまぁいいか…。
いうわけにはいかないよなぁ。


※各試合についてのコメントはまた後日。時間があれば。



usiwotaose at 22:08|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!