2016年07月23日

【ウォルマート】、アグリープロデュースが「アイム・パーフェクト」!期限表示も変更?

160723アイム・パーフェクト@ウォルマート
■ウォルマートは19日、フロリダ州の店舗で訳あり青果物の販売を始める。訳あり青果とは、味や栄養価に問題がないものの、悪天候などにより形がいびつとなり規格外となった野菜や果物。変色や傷物なども含め見た目の悪さだけで通常の販売ルートからはじかれる。アメリカでは「醜い青果(アグリー・プロデュース:ugly produce)」と呼んでいる。訳あり青果物は食べられるのに収穫後に廃棄されることで、食品廃棄の問題にもつながっているのだ。ウォルマートが今回、訳あり青果物のテストを行うのはフロリダ州の約300店で、青果物は12品種のリンゴとなる。ウォルマートは「アイム・パーフェクト(I'm Perfect)」のPOPを添え、形や見た目は悪いが味・品質に問題ないグラニー・スミスやレッド・デリシャスなどが入った2〜5ポンド(1〜2キログラム)パックを販売する。ウォルマートは今年3月、テキサスの一部店舗で訳ありポテトのテスト販売を始めており、現在も続けているという。
 アグリー・プロデュースの販売はここのところ一部スーパーで始まっている。ホールフーズ・マーケットは今年4月、北カリフォルニアの一部店舗で販売を始め、現在5店舗で訳あり青果物を販売している。ホールフーズはさらに6店舗を追加してアグリー・プロデュースの販売を拡大するのだ。ペンシルバニア州を中心に展開するジャイアント・イーグルではピッツバーグにある5店舗にて「個性的な青果(Produce with Personality)」として、訳あり青果を20〜25%安く販売している。一方で北カリフォルニアで100店舗を展開するスーパーマーケットのレイリーズは昨年6月にすももや西洋梨の訳あり青果のテスト販売を行ったものの、供給に課題があり現在はテストを中止している。
 アメリカでは1年間に生産量全体のおよそ30%にあたる1,330億ポンドの食料が廃棄されており、そのうち10%がスーパーマーケットからの廃棄と言われている。食品販売でも最大手となるウォルマートが訳あり青果の販売を始めることで青果に対する消費者のイメージが変わり食品廃棄の低下につながるだろう。  続きを読む
2016年07月22日

【新学期商戦】、今年は好調と予想!2025年はBTC商戦がピークになり教室も足りない?

160722新学期商戦
■全米小売業協会(NRF)は21日、子供を持つ世帯が計画している商戦期間中の世帯支出額について、昨年を下回る見通しを発表した。NRFは幼稚園児から高校生までを持つ世帯(K12)の新学期支出額が計273億ドルで前年の249億ドルから9.6%と増加すると見込んでいる。1世帯当たりにすると平均で673.57ドルの支出となり、前年の630.36ドルから6.9%の増加となる。アパートや寮住まいになる大学生を持つ世帯(BTC:Back to College)では学生数が増えたことで、支出合計が485億ドルとなり、前年の431億ドルから約12.5%も増加すると予想している。ただし1世帯当たりでは888.71ドルの支出となり、昨年の899.18ドルの支出からは1%の減少と予想されている。幼稚園児から大学生までをもつ世帯の支出総額は計758億ドルで前年の680億ドルから11.5%の増加となっている。商品カテゴリー別で最も支出が増加したのは衣類とアクセサリー類で1世帯当たりでは前年の217.82ドルから235.39ドルと18ドル近くも増加している。
 約6,800人を対象に6月30日〜7月6日まで行われた調査では、新学期商戦時での購入先にも変化が現れている。購入先で最も高いのは60.5%となったディスカウントストアだが、前年の62.2%から減少しており調査以来、最も低い水準になっている。一方で増加した購入先はオンラインストアで、前年の35.6%から今年は46.0%と10%以上の高い伸び率を示した。オンラインストアの購入で最も利用されやすいのが「送料無料」で、K12の世帯では89.4%、BTCも84.0%が利用するとの回答となり、販促として送料無料が極めて高い人気になっている。次にネットで購入してお店で受け取る「ボピス(BOPIS:Buy Online Pickup in Store)」で利用すると答えた人はK12で54.2%、BTCで53.7%となっている。なお、前年は平均で48.4%だった。
 アメリカでは9月から新学期であり、アメリカ小売業にとって新学期商戦(バック・ツー・スクール:Back to School)は年末商戦に次ぐ繁忙期だ。ただ、新学期商戦が年末商戦と異なる点は学校で必要だから購入するというニーズだ。新学期までに文具など揃えなければならないという心的負担をどれだけ取り除けるかでアメリカ小売業の勝敗が決まってくるのだ。  続きを読む
2016年07月21日

【アマゾン】、ドローン宅配の中継ステーション!閉店ガラガラと喋れないと宅配は無理?

160721ドローンの巣
■ネット通販最大手のアマゾンが、小型無人機のドローンによる宅配システム「プライムエア(Prime Air)」でドローンの中継基地の特許を取得した。米国特許商標庁(USPTO)に提出した特許出願書のタイトルは「マルチユース無人航空機ドッキング・ステーションとその方式(multi-use UAV docking stations and methods)」。出願書のドッキングステーションの図は、まるで「鳥の巣」のように街灯の上に取り付けられているところが描かれている。ドッキングステーションの目的として、配送途中のドローンがバッテリー充電したり、配送荷物を他のドローンに受け渡したりするする中継地点と使用する。また、ドッキングステーションにエレベーターやコンベヤーを設置することで、ピックアップ場所としても使用することを想定している。さらに雨や風の強い悪天候時の配送で一時的にドローンを避難する避難基地としても考えられている。ドッキングステーションは互いに交信可能な中央管制システムとしても使う構想で、その日の風の強さなどをリアルタイムに計算して、配送ルートを修正することも可能となるとしている。なおドッキングステーションの取りつけ場所は街灯の他、電柱や教会の尖塔、高層ビルやオフィスビルの屋上などが提案されている。ドッキングステーションの別利用としては携帯基地局や広告塔として使用し収益を得ることも付記されている。
 連邦航空局(FAA)は先月21日、パイロットがドローンを直接視認できる範囲に限られた使用を認めることで、宅配についての商業利用を禁止する発表を行っている。この発表により、少なくとも現時点ではアマゾンのドローン配送は不許可となっている。

トップ画像:出願書のドッキングステーションのイメージ。街灯の上に鎮座するドッキングステーションはまるで鳥の巣みたいだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:43Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年07月20日

【ゲームストップ】、ポケモンGo効果で462店の売上100%増!マックもゲーマーホイホイ?

160720ポケストップ@ゲームストップ
■拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGo」が爆発的なヒットとなりアメリカで社会現象を巻き起こしている。ポケモンGoは拡張現実を応用し位置情報を活用しスマホの画面を見ながら街を歩いて、隠れているポケモンのキャラクターを探すゲームだ。リアルな世界を舞台にして、ポケモンを捕まえたり交換したり、戦わせたりするといった体験をゲームで実現している。ポケモンGoの遊び方は、ゲームプレイヤーがポケモントレーナーとなり、スマホ画面の地図に表示されたポケモンを探し歩いていく。ポケモンが見つかればポケモンボールを使いポケモンを捕まえる。ポケモンを多く捕まえることで、ポケモントレーナーとしてのレベルが上がる。また、ポケストップ(PokeStop)と呼ばれる場所でモンスターボールなど道具を手に入れてもトレーナーのレベルが上がるようになっている。ポケモントレーナーのレベルが上がることで、より強いポケモンをみつけることができるようにもなっているのだ。育てたポケモンはポケモンジム(Pokemon Gym)で戦わせ、ジムの持ち主を取り合っていくジムバトルを行うことができる。なお、ポケストップに指定されているのは、アプリ公開前に運営元のナイアンティック(Niantic)が選定した場所や観光地などの公共スポットのほか一部にお店も指定されている。
 偶然にもお店がポケストップになっていると集客が増加し、レストランでは売上の急増が報告されている。全米に4,000店以上を展開するビデオゲーム販売店チェーンのゲームストップではポケモンGo効果で店の売上が急増したという。CNBCに出演したゲームストップCEOのポール・レインズ氏によると、社内調査でポケモンストップもしくはポケモンジムとなっているゲームストップが462店舗見つかった。これらの店舗で先週末、ファミリーイベントを開催したところ売上高が100%増加した。また、ゲームソフトなどポケモン関連商品の売上が全般的に著しく増加した。ゲームストップは最も長くポケモングッズ販売のライセンス契約を任天堂と結んでいるチェーンストアであり、ポケモン関連商品では世界最大の売上を誇る。レインズ氏は「この時期は通常、ゲーム業界にとって忙しくはありません。ポケモンで非常に盛り上がっているのを目にして大変うれしく思います」と語った。なお、ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏は「近い将来、スポンサード・ロケーション(企業がスポンサー料を払いお店などをポケストップに設定)に関する詳細を発表する」と述べている。
 ゲームストップの成功事例からポケモングッズを扱う大手チェーンからレストランチェーンまでスポンサード・ロケーションとなり、店舗売上を爆発的に増加させるだろう。  続きを読む
2016年07月19日

【スチュー・レオナード】、5店目は小型サイズ!店内画像に人気のロブスターロールも?

160719スチュー00
■顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」で有名なスチュー・レオナードは今年1月、5店舗目をオープンした。1号店のコネチカット州ノーウォーク店は2,900坪、1991年にオープンしたコネチカット州ダンバリー店は3,600坪、1999年にオープンしたニューヨーク州ヨンカーズは3,400坪、2007年にオープンしたコネチカット州ニューイントン店は3,200坪となる。一方、9年ぶりの新店となるロングアイランド州ファーミングデール店は1,700坪と小さい。また、ロングアイランド州イースト・メドウ地区に来年、オープン予定となっている6店目も2,000坪と従来のスチュー・レオナードと異なり小型だ。一つの理由としてニューヨーク市郊外に広い土地が見つからないということがある。ファーミングデール店では10年以上前から近隣のリース先を模索していた。レストラン&バー、ゲームセンターのデイブ&バスターズがエアポートプラザSCから撤退することを受け出店を決めたのだ。また、イースト・メドウ地区の6店舗目もパスマークの跡地に出店する。3,000坪以上となる店舗面積の大きい店を作ろうとすると、近隣住民から苦情がくることも小型店へのシフト理由だ。スチュー・レオナードは6年前、コネチカット州オレンジ市への出店を断念したことがあった。出店による交通量の急増が渋滞や犯罪を招き、かえって近隣の資産価値を低めるため、地域住民からの猛烈な反対があったからだ。当時、一部住民がスチュー・レオナードのホームページに記されてあったヨンカーズ店の客数(1日1.8万人)に恐怖を感じていたと言及していた。
 今のところ、スチュー・レオナードが小型化しているかどうかはわからないが、近隣住民との軋轢を生まないよう3,000坪店の出店は難しいのだ。

トップ画像:今年1月にオープンした9年ぶりの新店となるスチューレオナード・ファーミングデール店。エアポートプラザSCのデイブ&バスターズ跡地に出店した5店舗目は1,700坪。それまでのスチュー・レオナードと比べて小さい。今日は新店の一部、店内画像をアップする。  続きを読む
2016年07月18日

【オフプライス】、アンアマゾナブル!オフプライス業態の全てがアマゾン耐性ではない?

160718ノードストロームラック@NY
■アマゾンによって多くのチェーンストアがネガティブな影響を受けているが、ほとんど影響を受けていない業態がある。オププライス業態だ。オフプライス(Off-Price)は有名ブランドの売れ残り品や返品、メーカー処分品を低価格で提供する業態。オフプライス企業にはTJマックスやロスストアなどがあり、デパートメントストアのオフプライス業態ではノードストローム・ラックやサックス・フィフス・アベニューのサックス・オフフィフス(Saks OFF 5TH)、ニーマンマーカスのラストコール・アウトレットストア(Last Call Outlet Store)が展開している。いずれもオフプライスの店舗数が本体のデパートメントストアを上回っており、ノードストローム・ラックは坪あたりの売上高が本体のデパートメントストアを凌いでいる。最近ではオフプライス業態の「メイシーズ・バックステージ(Macy's Backstage)」を6店舗展開するメイシーズが今年度中に新たに9ヵ所オープンすると発表している。
 調査会社NPDグループの最近の調査によると、オフプライス業態店のお客は、デパートメントストからアパレル専門店まですべてのファッション購入者の75%を占めている。オフプライス業態店の客数は増加傾向にあり、2016年4月までの1年間のオフプライス業態店の来客数は前年に比べて4%増加したという。オフプライス業態の顧客の半数以上が45歳以上の年齢層で、次に25歳〜34歳の16%となっている。どちらの層も増加しており、特にデパートメントストアからのお客が多いとしている。成長率ではアマゾンなどオンラインストアに次いでオフプライス業態が伸びているという。なお、投資・調査会社のコーヘン&カンパニーは昨年7月、アマゾンが2017年にメーシーズを抜いて全米トップのファッション小売企業になるとの予測を発表。マーケットリサーチ会社の360piによるとアマゾンの衣類や靴、ジュエリー(Clothing, Shoes & Jewelry)の品揃えは3,300万品目にも及ぶとしている。
 アマゾンに対してネガティブな影響を受けない、耐性のある小売企業を「アンアマゾナブル(un-Amazonable)」と呼ばれているが、TJマックスやロススストアなどオフプライス業態がアンアマゾナブルとして挙げられている。  続きを読む
2016年07月17日

【ターゲット】、年商1,000億円以上を目標にした1年間保証の子供服ブランドを発表!?

160717キャット&ジャック
■ターゲットは7日、12歳以下を対象にした子供服ブランド「キャット&ジャック(Cat & Jack)」を発表した。年商10億ドルを目標に作られたキャット&ジャックは、約1,000人の子供や両親の聞き取り調査から開発された。年末商戦前の7月17日に全店で発売されるキャット&ジャックは4歳〜12歳向けと、8月7日に発売されるベビー用の「ベビー・キャット&ジャック(Baby Cat & Jack)」がある。ベビー・キャット&ジャックの新生児用品コレクションの20品目は「オーガニック・テキスタイル世界基準(Global Organic Textile Standard:GOTS)」を認証した素材や染料で作られている。GOTSは環境にも配慮したオーガニック製品であることを保証した世界的認証基準。またキャット&ジャックのパンツやレギングはコットン・インコーポレイテッドが開発したタフコットン技術を採用し、洗えば洗うほど丈夫になり長持ちするという。同ブランドのバッグやデニム、水着はペットボトルを含めたリサイクル材100%から作られたリサイクル・ポリエステル「リプリーブ(Repreve)」で製造されている。なお、キャット&ジャックは1年間保証がついており服がほつれたり気に入らなかった場合、購入から1年以内でレシートがあれば返品可能となっている。、
 ターゲットは昨年から重点カテゴリーとしているファッションの「スタイル(Style)」や子供を対象にした「ベビー(Baby)」「キッズ(Kids)」、そして「健康(Wellness)」でのブランド刷新を掲げており、今年初めにはキッズ用ホームグッズブランド「ピローフォート(Pillowfort)」を発表している。

トップ画像:12歳以下を対象にした子供服ブランド「キャット&ジャック(Cat & Jack)」にはなんと1年間の保証がついている。1年で急激に背が伸びたりなど急成長する時期に着用する服に1年間の保証を掲げたのだ。節約に長けた母親が子供服の1年間保証を乱用しだしたら、ターゲットにとっては大変な負担になる。
 
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。成長過程にある子供にとって1年という期間は大きいです。同じ学年でも誕生月の差によって運動能力や知的能力の差が現れることもわかっています。日本の場合は4月〜6月生まれより1月〜3月生まれが不利となり、アメリカだと9月〜12月生まれより6月〜8月生まれが不利になるのです。同じ学年でも誕生月で発育の差が現れるのは仕方がないことでしょう。で、後藤がここで強調したいのはターゲットの子供服新ブランドの「キャット&ジャック」の1年間保証!1年で急激に背が伸びたりなど急成長する時期に着用する服に1年間の保証を掲げたのです。キャット&ジャックは丈夫さを謳っているのですが、気に入らないという理由でも返品可能です。つまり、子供が1年程度で急激に成長してキャット&ジャックの服が小さくなり弟や妹の「お下がり」になる前に返品できるということ。節約に長けた母親が子供服の1年間保証を乱用しだしたら、企業にとっては大変な負担になります。  続きを読む
2016年07月16日

【音楽売上】、CD等アルバム売上は史上最低!10年連続売上増のLPも専門店は厳しい?

160716LP@ホールフーズ
■音楽などの推定販売枚数や売上を調査するニールセン・ミュージックは6日、今年上半期のアメリカ国内のアルバム売上を発表した。消費者は上半期にCDやアナログLP盤、デジタルなど1億枚購入したが、サウンドスキャン(ニールセン・ミュージック前身)が1991年に調査を開始して以来、最低となった。前年同期からは13.6%の減少だった。CDの売上は前年同期比11.6%減少の5,000万枚、デジタルアルバム(10曲でアルバム1枚と換算)は前年同期の5,370万枚から4,380万枚となり18.4%の減少。ただ、アナログLP盤の売上だけは引き続き好調で11.4%増となる620万枚だった。新譜の売上は20.2%減少し4,410万枚。カタログ(旧譜)は7.7%の減少と比較的減少幅が小さく5,620万枚となった。一方、音楽ストリーミングの成長は著しく、上半期は2,089億曲がストリーミングされ前年同期比で58.7%の増加となった。ストリーミングをアルバムの枚数に換算すると1億3,920万枚に相当するという。オーディオのみのストリーミングは1,136億回で前年同期の586億回から2倍近くの伸びとなった。なお、YouTubeなど映像ストリーミングが953億回でオーディオ・ストリーミングが映像のストリーミング回数を初めて超えている。ビルボードによると、アメリカ国内上半期の音楽売上高は19.8億ドルで前年同期の18.2億ドルより8.9%の増加となった。
 アルバム購入のマーケットシェアではデジタルが全体の43.7%を占めているものの、前年からは減少傾向にある。一方、アマゾンやスーパーマーケットなどの音楽の専門店以外でのアルバム売上は8.3%増加している。

トップ画像:LP盤を販売しているホールフーズ・マーケット。音楽CDはどうしようもなく売れないが、LP盤の市場は引き続き拡大している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:43Comments(0)TrackBack(0)その他
2016年07月15日

【アホールド・デレーズ】、86店を売却!7分の距離でウェグマンズとパブリクスが対決?

160715ハナフォード
■合併する食品スーパーのアホールドとデレーズは13日、傘下のスーパー86店の売却で合意に達したと発表した。大手スーパー2社による店舗統合で独禁法当局となる連邦取引委員会(FTC)から合併の承認を得るのが目的。売却店舗はアメリカ国内の全店数の4.1%にあたり、売上高は国内全体の3.2%となるという。売却されるスーパーはアホールド傘下でマサチューセッツ州にあるストップ&ショップやデレーズ傘下でメリーランド州やペンシルバニア州に展開するフードライオン等となっている。売却先はワイズマーケットやパブリクス、スーパーバリューなど。特にワイズマーケットは売却店舗の半数以上となるフードライオン38店舗を取得することになる。FTCから合併が了承されれば7月末には合併が完了する予定となっている。
 オランダの食品スーパー大手のロイヤル・アホールドとベルギーのデレーズは昨年6月、合併することを発表した。新会社名は「アホールド・デレーズ(Ahold Delhaize)」となる。発表当時の時価総額は260.7億ユーロで、合併後は世界にスタッフ37.5万人を擁し6,500店以上を展開するスーパーマーケットチェーンとなる。なおアホールドの売上高は328億ユーロ、デレーズは214億ユーロとなっている。両社の売上高の約60%はアメリカ国内から得ており、アホールドはアメリカ国内にストップ&ショップ(Stop & Shop)、ジャイアントフード(Giant Food)などのスーパーマーケット770店とオンラインスーパーのピーポッド(Peapod)を展開。一方のデレーズは国内にフードライオン(Food Lion)とハナフォード(Hannaford)を傘下に置いている。なお、合併から3年間で年間節約効果は5億ユーロと見込まれている。

トップ画像:ビッグYに売却されるマサチューセッツ州ボストン近郊のノース・クインシー地区のハナフォード。今回の売却で、バージニア州リッチモンド郊外ではウェグマンズの新店(来月7日オープン)とパブリクスが3.5キロの近距離で戦うことになる。  続きを読む
2016年07月14日

【アマゾン】、プライムデー過去最高!他国のベストセラーが家電品なのに日本は食い物?

160714カルビー・フルグラ
■ネット通販最大手のアマゾンは13日、プライム会員限定セール「プライムデー」が1日当たりの販売数で過去最高だったことを発表した。プライムデーは昨年、創業から20年を迎えることを記念し始めた24時間限定セール。2回目となる今年のプライムデーは、アメリカや日本、イギリスなど10か国で同時に行われ、セール対象商品が世界で10万品目となっていた。年会費99ドルのプライム会員限定のセールだが、非会員でも30日間のお試し無料会員に登録することでプライムデーに参加可能となる。今年のプライムデーの販売数は昨年のプライムデーと比べて10ヶ国全体で60%以上増加し、アメリカだけでも50%を超える増加だった。1日の販売数が過去最高だった2015年のサイバーマンデーやブラックフライデー(感謝祭後の金曜日)の実績を超え、過去20年間では最大となった。今年のプライムデーではアマゾンのファイアTVや電子書籍端末のキンドル、タブレットのキンドルファイア、音声アシスタント端末のエコーやその姉妹機も過去最大となる販売数を記録したという。また世界で最も売れた商品は昨年と同じファイアTVで、前年実績より2.5倍を超える販売数となった。アメリカ国内で最も売れたのは、値引き率43%で70ドルとなった「マルチ機能電気圧力鍋(Instant Pot 7-in-1 Multi-Functional Pressure Cooker)」だった。その他には、値引き率38%で80ドルとなった「ハンモック(Vivere Double Hammock with Space Saving Steel Stand)」が2.4万台売れ、34%の値引き率で250ドルとなった人気のロボット掃除機「ルンバ614(iRobot Roomba 614 Vacuum Cleaning Robots)」も2.3万台の販売数、ノートブックの「レノボ・シンクパッド11e(Lenovo ThinkPad 11E)」が200ドル(値引き率33%)で1.4万台の販売数となった。日本のプライムデーでベストセラーになったのは、3,300円となったカルビー・フルグラ(800g×6袋)だった。
 なおアマゾンはプライムデー売上やプライム会員の新たな加入者数は明らかにしていないが、調査会社FBICの初期予想では売上高5.3億ドル(前年比26%増)としている。

トップ画像:日本のアマゾン・プライムデーセールで最も販売数が多かったシリアル食品のカルビー・フルグラ。この事実をスーパーマーケットなど日本の食品小売業界は軽く受け流してはダメだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アマゾンによると、アメリカのプライムデーでベストセラーになったのが電気圧力鍋、イギリスのベストセラーは電動歯ブラシ、スペインはUSBメモリースティック、イタリアはUSBフラッシュドライブ、ドイツとオーストラリアはティファールのフライパン、フランスとベルギーではDVD「ゲーム・オブ・スローンズ」、カナダはヘッドフォンでした。各国のプライムデーのベストセラーが家電製品やキッチン用品、ソフトとなる一方で、日本だけが食いモン(笑)。「どんだけ食いしん坊なんだよ」って思いました。一瞬、パソコンの前で身構えるクッキーモンスターを想像しました。日本のプライムデーは朝食シリアルがベストセラー。ただし、食品小売業界は笑えません。特にスーパーマーケットなど食品を扱う小売店は見過ごすことはできません。カルビーのフルグラのカスタマーレビューを読むと購買者の属性が特定できます。主婦を含め比較的若い女性が多いです。  続きを読む
Posted by usretail at 03:44Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年07月13日

【ポケモンGo】、全米が熱狂し社会現象も!あなたはどうやってビジネスに生かせるか?


■アメリカで7日から公開されたスマートフォン・ゲームの「ポケモンGo(Pokemon Go)」が、爆発的な人気となっている。ポケモンGoは拡張現実(AR)を応用し位置情報を活用しスマホの画面を見ながら街を歩いて、隠れているポケモンのキャラクターを探すゲームだ。リアルな世界を舞台にして、ポケモンを捕まえたり交換したり、戦わせたりするといった体験をゲームで実現している。ポケモンGoの実際の使い方は、ゲームプレイヤーがポケモントレーナーとなり、スマホ画面の地図に表示されたポケモンを探し歩いていく。ポケモンが見つかればポケモンボールを使いポケモンを捕まえ育てる。ポケモンを多く捕まえることで、ポケモントレーナーとしてのレベルが上がる。また、ポケストップ(PokeStop)と呼ばれる場所でモンスターボールなど道具を手に入れても、ポケモントレーナーのレベルが上がるようになっている。ポケストップは観光地や名所などに置かれている。ポケモントレーナーのレベルが上がることで、より強いポケモンをみつけることができるようにもなっているのだ。育てたポケモンはジム(Pokemon Gym)で戦わせ、ジムの持ち主を取り合っていくジムバトルを行うことができる。
 ポケモンGoはアメリカ国内のみで少なくとも750万ダウンロードを達成し、すでに社会現象を引き起こすほど大人気になっている。ポケモンGoではポケモンを求めて普段いかないような場所にも足を運ばせる。ワイオミング州リバートンでは先週、水辺に生息するポケモンを捕まえようと19歳の女性がポケモンGoで遊んでいる最中、川に浮かんだ死体を偶然見つけた。ミズーリ州オファロンでは武器を持った4人の男がポケモンGoを悪用し、プレイヤーを特定の場所におびき寄せ金品を奪った事件が起こった。ゲームに夢中になりすぎて、プレーヤーが歩行者やモノにぶつかったり路上で転倒するなど、ケガも発生している。一方でポケモンGoがビジネスを伸ばしている事例もある。レストランの近くや店内にポケストップがあり客数が急増するのだ。ニューヨークのピザ屋では店内にポケストップが偶然あったことで売上が75%も急増したという。一部にはすでにポケストップを店内に誘致するアプリ「ルア・モデュール(Lure Module)」を購入して、レストラン集客に役立てているとも報告されている。
 今後はレストランに限らず、コンビニエンスストアやスーパーマーケットのデリ、モール(フードコート)などにプレーヤーを集客する事例もでてくるだろう。  続きを読む
2016年07月12日

【ウォルマート】、プライムデーに対抗!日本もアメリカのように対抗セールが急増する?

160712ウォルマート
■ウォルマートは11日、オンラインストアで送料無料となる最低注文金額を一時停止することを発表した。12日に開催されるアマゾンの「プライムデー(Prime Day)」セールに対抗する。ウォルマート・コムの送料無料は通常、49ドル以上の注文額となる。全品送料無料となる販促は11日〜15日の5日間行われる。ウォルマートは・コムはこの販促に加えて家電製品を中心にセールも実施しており、リスト価格1,200ドルのサムスン55インチ4KスマートLEDテレビ(UN55JU6400FXZA:2160p 60Hz)を半額の600ドルと激安にし、アマゾンで販売されている中古価格よりも安くなっている。アマゾンで796ドルで売られているサムスン50インチ4KスマートLEDテレビ(UN50JU6401:2160p 60Hz)を698ドルに値下げしている。アマゾンで145ドルとなっているプロスキャン製32インチLEDテレビ(PLDED3280A:720p 60Hz)を100ドルで対抗している。
 ウォルマートは全品送料無料やセールに加えて、注文から2日後に商品が届く会員制の配送サービス「シッピングパス(ShippingPass)」の無料体験も行っている。ウォルマートのシッピングパスは年会費49ドルを支払うとオンライン上での買い物の配送料が無料となるサービス。商品到着までの所要日数は2日間となっており、最低注文金額等の条件はなく無制限で注文が可能だ。シッピングパスの無料体験は7月1日からで期間は30日間。すでにシッピングパスに登録している会員には、会員期間を30日間延長されるという。ウォルマートは昨年5月から招待制でシッピングパスを始めた。当時は年会費が50ドルで所要日数も3日間かかっていた。シッピングパスはいまだ試験段階だが、今年5月には年会費を49ドルに値下げし、所要日数も2日間に短縮している。なおアマゾンのプライムデーに対抗している企業はウォルマートに留まらない。ベストバイやターゲット、JCペニーなど大手チェーンストアのオンラインストアからニューエッグなどのオンライン専売ストアも送料無料やセールなどを行っている。
 アマゾンのプライムデーはプライム会員限定で12日の24時間のみ開催されるセール。今年のプライムデーでは、アメリカや日本、イギリスなど10か国で同時に行われ、セール対象商品が世界で10万品目となる。年会費99ドルのプライム会員限定のセールだが、非会員でも30日間のお試し無料会員に登録することでプライムデーに参加可能となる。

トップ画像:ウォルマート・コムのロールバック販促ページ「大胆にも比較(Dare to Compare)」。アマゾンやベストバイ、ホームデポなどのオンライン価格を常時アップデートし価格を比べさせている。  続きを読む
2016年07月11日

【アマゾン】、プライムデー売上が2倍!ベゾス氏が描いた成長のフライホイール効果とは?

160711アマゾン・プライムデー
■ネット通販最大手のアマゾンは12日火曜日、プライム会員限定に「プライムデー(Prime Day)」セールを行う。プライムデーは昨年、創業から20年を迎えることを記念し始めた24時間限定セール。2回目となる今年のプライムデーでは、アメリカや日本、イギリスなど10か国で同時に行われ、セール対象商品が世界で10万品目となる。年会費99ドルのプライム会員限定のセールだが、非会員でも30日間のお試し無料会員に登録することでプライムデーに参加可能となる。昨年7月15日に開催されたプライムデーは、2014年のブラックフライデーを18%上回り、前年同日と比較すると226%の増加だった。また受注実績は全世界ベースの3,440万アイテムを記録し、毎秒で398アイテムを売り上げたという。プライムデーセールに際して、お試しプライム会員の登録者数も新記録を達成した。アマゾンはプライムデーの売上実績を発表していないが、調査会社MKMパートナーズは3.75億ドル〜4億ドルと推定してる。今年はプライムデーの認知度が広がっているやセール対象商品の商品数の多さで売上高が昨年の2倍近くに達するとみている。調査会社シミラーウェブは12日のプライムデーが、ブラックフライデーやサイバーマンデー、サンクスギビングデー(感謝祭日)についで4番目に売上が多い日となると見込んでいる。一方で、価格の安さでは必ずしもプライムデーが最も安いというわけでないようだ。マーケットトラックの調査では、昨年のプライムデーとブラックフライデーを比較して、平均で9%ほどブラックフライデーのほうが安かったとしている。ノートブックコンピューターは5%、タブレットは7%、小型家電は3%ブラックフライデーのほうが安価だった。
 プライムデーに対して昨年はツイッターなどで「購入できなかった」などと嘆きの声が多く聞かれた。今年はセール対象品を増やすようだが、参加者も増えることで同じようなクレームの声が聞かれるだろう。  続きを読む
Posted by usretail at 03:43Comments(0)TrackBack(0)
2016年07月10日

【ショッピングセンター】、モールの空室率が上昇!アパレルの常識さえコモディティ化?

160710カルバーシティSC
■全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、今年第2四半期(4月〜6月期)のモール空室率は7.9%だった。7.8%だった前期から0.1%増加した。モール空室率が増加したのは2014年の第4四半期以来。なお、前年同期からは横ばいとなっている。モールの空室率は2011年第3四半期(7月〜9月期)にピークとなる9.4%を記録。過去最悪の水準から5年近く経過しているものの景気後退期前の空室率5%〜6%のレベルには達していない。一方、ネイバーフッドSCとコミュニティSCなどを含めたストリップセンターの空室率は9.9%となり、10.0%だった前期から0.1%減少となった。また、10.1%だった前年同期から0.2%減少している。ストリップセンターの空室率は2011年第2四半期から3期連続して11.0%を記録した。空室率ピークから5年近く経過しているが、モールと同様に景気後退前の7%の水準までまだ程遠い状況となっている。
 ショッピングセンターの空室率が高止まりとなっている原因はオンライン・ショッピングだ。オンラインで買物できるため、消費者がショッピングセンターに行かなくなっているのだ。特に70年代〜80年代頃、モールを中心にショッピングセンターが作られ過ぎたことも空室率が高止まりする要因になっている。またリージョナルショッピングセンターで核テナントとなっているデパートメントストアが十分にネット対応できていないことも問題だ。2011年からオムニチャネル化を推進しているメイシーズは、2月〜4月期の既存店ベースで前年同期比6.1%の減少となった。既存店ベースの減少は5四半期連続となり、6%を超える下げ幅はリーマンショック以来となる。メイシーズは2月〜4月期に30店以上の店舗スクラップを行っている。一方で店舗閉鎖はメイシーズに留まらない。JCペニーやシアーズの他、ステープルズが北米で50店舗を閉鎖し、紳士服チェーンのメンズウェアハウスやジョスAバンクを展開するテイラード・ブランド(Tailored Brands)が250店のスクラップ、スポーツ専門手チェーンのスポーツオーソリティが企業清算で全463店を閉鎖、スポーツ用品専門店チェーンのスポーツ・シャレーが4月に47店をスクラップ、モールにティーン向けファッションチェーン「パックサン(PacSun)」を展開するパシフィック・サンウェア・オブ・カリフォルニア(Pacific Sunwear of California)が4月に倒産したことで店舗閉鎖は不可避となっている。モールを中心にに出店するティーンアパレルチェーンのエアロポステールも倒産し113店の閉鎖だ。先月にはラルフローレンが約50店舗を閉店し、フルタイム従業員の8%を削減するリストラ策を発表している。
 アマゾンの成長に加えて大手チェーンのオムニチャネル化推進により、ショッピングセンターの空室率の大幅な改善は期待できない。  続きを読む
2016年07月09日

【ウォルマート】、ウォルマートペイ全店!使って感じたアップルペイより優位な点とは?

160709ウォルマートペイ00
■ウォルマートは6日、独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」をウォルマート全店に拡大したことを発表した。ウォルマートペイは同社のスマートフォン・アプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取ることで決済を行う。ウォルマートは5月、自社開発の決済システムをテキサス州とアーカンソー州、オクラホマ州で開始した。その後もウォルマートペイを拡大し、先月30日には国内店舗数の8割近くでの展開となった。ウォルマートペイは全店展開によりサムズクラブを除くスーパーセンターやネイバーフッドマーケット約4,600店での使用が可能となる。ウォルマートによると、ウォルマートペイのリピート率は88%で、5人中4人となる約8割の利用者がレコメンドしている。ウォルマートペイは決済後に利用者から評価を5ツ星で尋ねているが、4人中3人(約75%)が5ツ星と高く評価しているという。
 ウォルマート・ペイはウォルマートのアプリ機能の一つ。アップルiOSやグーグル・アンドロイドでの利用が可能となっている。登録できるのは、主要なクレジットカードやデビットカードの他、プリペイドカードとなるギフトカードにも対応している。ウォルマートペイの使い方は、レジでウォルマートのアプリを開き、ウォルマートペイを選択、カメラを起動してQRコードを読み込ませることで決済完了となる。eレシートが自動的にアプリに送られることで、レシートをスキャニングする手間が無くなるため、セービングキャッチャー機能をワンタップで利用可能となる。セービングキャッチャーは競合店のセール価格に合わせて差額分を返金するアプリ機能。ウォルマートはアップルのアップルペイやグーグルのアンドロイドペイ、サムスンのサムスンペイなど他のモバイル決済システムには対応していない。またウォルマートペイはウォルマート以外のお店では利用不可となっている。
 なお、ウォルマートは小売企業で構成するコンソーシアムのマーチャント・カスタマー・エクスチェンジ(Merchant Customer Exchange:MCX)に加盟し、モバイル決済システム「カレンシー(CurrentC)」をサポートしていたが、カレンシーは6月28日をもってサービスを終了している。

トップ画像:ウォルマートのセルフチェックレジ。近所のウォルマートでウォルマートペイを実際に使ってみたらアップルペイ以上に感動した!?  続きを読む
2016年07月08日

【パブリクス】、インスタカートと提携!ニューノーマルでチェーンストア理論も更新せよ?

160708インスタカート@ホールフーズ
■フロリダなどに1,118店を展開するパブリクス・スーパーマーケットは6日、オンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートと提携して生鮮品などの宅配サービスをテストすることを発表した。宅配サービスの対象エリアはフロリダ州マイアミ地区のジップコード(郵便番号)37ヵ所。インスタカートのサービスは7月12日から開始され、一つ目の商品を購入することで二つ目が値引きされる「ボゴ販促(BOGO:Buy One Get One)」にも対応するという。インスタカートの「インスタカート・エクスプレス(Instacart Express)」会員で35ドル以上の注文ならば2時間の宅配が無料となる。インスタカート・エクスプレスの年会費は149ドル。注文ごとに宅配手数料を払う場合は5.99ドルからとなっている。宅配条件として注文総額は10ドル以上となっている。また、需要状態によりピーク時に多忙課金(Busy Pricing)が課される場合もある。なお、インスタカートが宅配する商品はパブリクスが扱う全品が対象となるが、アルコール類やタバコなどの年齢制限のある商品からギフトカード、処方箋は除外される。
 パブリクスは2001年、宅配サービスを自社で始めたものの赤字を理由に2003年に撤退している。また2010年には他社に先駆けてカーブサイド・ピックアップのテストを始めるも2012年1月に中止している。一方で、パブリクスでは、正式に提携していないがオンデマンド買物代行&宅配サービスのシプツが宅配サービスを行っている。なお、19州の23都市で展開するインスタカートは2014年にホールフーズと提携し昨年はHEBとも提携しており、コストコやペトコなどからの宅配も行っている。

トップ画像:ホールフーズ・マーケット内の一角に設けられたインスタカート専用エリア。ここでは注文品のピックアップだけ行うインスタカートの「ショッパー」とレジ係り専用の「キャッシャー」が働く。決済を終えた注文品は冷蔵庫(保管庫)に入れて置き、ドライバー(自転車かバイク)がピックアップして宅配する。  続きを読む
2016年07月07日

【アマゾンブックス】、ニューヨーク・マンハッタンに出店!アマゾンは顔を求めている?

160707アマゾン・ブックス
■ネット通販最大手のアマゾンがニューヨーク市マンハッタンに同社が開発した書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をオープンする。関係者の話としてニューヨークポスト紙が報じたところによると、アマゾン・ブックスはニューヨーク市の都市再開発プロジェクトで複合施設「ハドソンヤード(Hudson Yard)」での出店が計画されている。すでにハドソンヤード開発を主導するリレイテッド社などとリース交渉が進められており、同SC内の他の小売テナントと同様に2018年末〜2019年初め頃にオープンが予定されている。SC内の出店場所などは明らかにされていないもののキンドルやキンドルファイアなどハードウェアのショールームも従来の2倍程度拡張され、カフェも併設される可能性がある。なお、アマゾンはこの計画については口を閉ざしている。ハドソンヤードは近年開発が進んでいるマンハッタンの西側にあり、約11ヘクタールの開発敷地を持つプロジェクト。100店以上のショップやレストランを含むショッピングセンターや5棟の最新鋭オフィスビル、175室の高級ホテル、約5,000戸の高層分譲と賃貸住宅、学校や文化施設、1.8万坪におよぶ公共スペース等も計画されている。
 アマゾンは昨年11月、アマゾン・ブックス1号店を本社のあるワシントン州シアトルに開店した。約5,000冊を売り場面積約150坪(店舗面積は約210坪)で展開するアマゾンブックスは、顧客からの評価の高い書籍に絞り込み、表紙を正面に向けて陳列する「面陳(面陳列)」や「面展(面展示)」で陳列している。すべての書籍には星数評価やカスタマーレビューを記載したカードも添えられている。一方で書籍価格はアマゾンストアと同一となっており、プライスカードによる価格提示は行っていない。本が気に入らなかった場合など購入から30日以内に返品すれば返金する返品制度もある。アマゾンブックスには書籍のほか、アマゾンが手がける電子書籍用リーダーのキンドルなど各種デバイスも並べられている。営業時間は感謝祭とクリスマスを除き、平日は9:30am〜9:00pm、日曜日は11:00am〜6:00pmとなっている。なお、オンラインのアマゾンストアで購入した商品をお店でピックアップする等のサービスは行っていない。
 アマゾン・ブックスの2号店目はサンディエゴのカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD:University of California, San Diego)近く、ウエストフィールドUTCモール(Westfield University Towne Center Mall)に今夏にオープンする予定だ。3号店はオレゴン州タイガード地区のワシントン・スクエア(Washington Square)SC内に計画されている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:05Comments(0)TrackBack(0)その他
2016年07月06日

【ウェグマンズ】、100周年!100年愛されるスーパーマーケットは男性用トイレも違う?

160706ウェグマンズ00
■今年で創業100年を迎えるウェグマンズはニューヨーク州やニュージャージー州など6州に89店を展開している。2015年度の年商は79億ドル(約8,000億円)、従業員数は4.6万人となる。スーパーマーケット・ニュース誌のスーパーマーケット・トップ75社ランキングでは33位となる非上場のスーパーマーケットだ。ウェグマンズは規模的には小さいが、多くの名声を博し高い評価を得ている。例えば、フォーチュン誌が毎年発表している「最も働き甲斐のある100社(100 Best Companies To Work For)」では1998年の第1回のランキングから毎年、10位以内に入っている。2005年には1位になっているのだ。フォーブス誌が発表した「2016年アメリカで最も優れた雇用者(America's Best Employers)」でも5位にランクされた。コンシューマーレポート誌によるスーパーマーケット総合評価ランキングでもここ数年、パブリクスやトレーダージョーズをおさえてトップの座を不動にしている。調査会社マーケットフォースインフォメーションの「アメリカで愛されるスーパーマーケット(America’s Favorite Supermarket)」でもトップだ。また全米で顧客満足度調査を行うJDパワー&アソシエーツのファーマシー調査においてもウェグマンズがスーパーマーケット部門中1位に輝いている。これらのランキング以外でもウェグマンズは名を馳せている。ストップ&ショップやジャイアントフードなど約800店のスーパーマーケットを東部で展開するアホールドUSAのCOOジェームズ・マッキャン氏は今年、店長やスタッフの前で「ウェグマンズのように、お客様から本当に愛されるスーパーマーケットになりましょう」と宣言したのだ。自社にとってライバルとなるウェグマンズの名前を出してまで目標にしようとしているのだ。ライバル企業から一目置かれるだけでない。歌手でセレブのシェールは、SNSやステージ上でウェグマンズ愛を公言している。セレブでは映画俳優のアレック・ボールドウィン氏の話が有名だ。ニューヨーク州シラキュースに住んでいるボールドウィン氏の母親キャロルさんは当時80歳と高齢で、弟と一緒に天候に恵まれた西海岸に移り住むよう説得した。ところが彼女は「(大好きな)ウェッグマンズから離れろというの?」と申し出を断ったのだ。自分の息子たちよりスーパーマーケットを選んだとトークショーで面白おかしく話した。これが話題となり、ボールドウィン氏は母親とウェッグマンズのコマーシャルに起用されたのだ。母親が大好きなスーパーだから、出演料は相当引き下げられ、出演料はすべて母親の名前が冠した乳がん基金に寄付された。
 なぜこれほどまでにウェグマンズは愛されるのだろうか?それはスーパーマーケットという枠組みだけで見ていては見逃してしまうことを徹底しているからだ。今日はウェグマンズ旗艦店の店内画像等で「リテール・イズ・ディテール(retail is detail:大事なことは細部に宿る)」を見ていくことにする。

トップ画像:ウェグマンズ旗艦店。このウェグマンズにはカジュアル・ダイニングのバーガーバーが隣接している。ウェグマンズのマーケットカフェとバーガーバーの通路はつながっており、バーガーバーでオーダーしたハンバーガー等をマーケットカフェのカフェテリアでも食事が可能だ(その逆もOK)。  続きを読む
2016年07月05日

【アルディ】、南カリフォルニアに26店!アルディ客の買上点数が極端に少ない理由とは?

160705アルディ@イングルウッド
■ディスカウント・スーパーマーケットのアルディは3月24日、南カリフォルニアのロサンゼルス郊外に8店舗をオープンした。翌月21日にはロサンゼルス近郊に10店舗を同時オープン、5月19日にはサンディエゴ郊外などに7店舗をオープンした。6月もロサンゼルス郊外シミバレーに1店舗をオープンした。年末までに45店舗展開を予定しているアルディは、現在までに26店舗を南カリフォルニアでオープンしているのだ。スーパーマーケット超激戦区の南カリフォルニアにアルディが進出して競合はどのような影響を受けているのだろうか。スプラウツ・ファーマーズ・マーケットCEOのアミン・マレディア氏は第1四半期(1月〜3月期)決算会見Q&Aで、アルディの多くがスプラウツの商圏内(2マイル:約3.2キロメートル圏内)としてるが、客層が異なり、売上等の影響はまだ出ていないと発言している。スマート&ファイナルCEOのデビッド・ハーツ氏も「アルディが展開している南カリフォルニアの26店店舗中、20店舗で競合しているが大きなインパクトはない」と語っている。売上の32%がレストランなどのビジネス顧客とするスマート&ファイナルでは、クラブサイズとなる大容量の商品売上が全体の30%となり客層が異なるのだ。ハーツ氏は「近隣でアルディがオープンした週は平均で5,000ドルほど売上が減少したものの、その後は2,000ドルまで減少幅が縮小している」と明かしている。
 アルディの店舗面積は400坪前後。1,500アイテムと絞られた商品の90%はプライベートブランド(PB)となっている。アルディのPBは同等のNB商品と比べて最大60%も安い。低価格を実現できるのは特徴的なローコスト・オペレーションにある。アルディではテレビやラジオを使った広告を一切行っていない。店舗建物も簡素で、店内インテリアは実質本位で余分な装飾はしないノーフリル(no-frills)だ。商品陳列も段ボール箱を開けて積むだけのオープン・カートン・ディスプレイ(open carton display)を採用し、スタッフが商品を一つ一つ棚に並べる必要がない。対面のデリ・コーナーもなく、袋詰めのスタッフもいない。南カリフォルニア店舗の営業時間は朝9時〜夜9時。一方、24時間営業のウォルマート・スーパーセンターや、最大18時間営業(早朝6時〜深夜0時)となる競合スーパーよりアルディの営業時間は短い。アルディは12時間営業で人件費をおさえているのだ。ショッピングカートは25セントのレンタル式(デポジットで返却時に返金)になっているため、ショッピングカートの盗難コストが減少し、駐車場に無造作に放置されたショッピングカートをスタッフがあつめる手間も省ける。ショッピングバスケットはないため、お客はエコバッグで代用する。なお、買い物袋は10セント(紙袋)、15セント(エコ)、79セント(保温・保冷用エコバッグ)の有料となる。アルディは現在、アメリカ国内33州に1,500店以上を展開している。

トップ画像:食品スーパー激戦区となるイングルウッド地区のアルディ(3330 W. Century Blvd., Inglewood 90303)。ロサンゼルス国際空港から20分程度の距離だ。近所にある競合エルスーパーのレジが6台稼働して行列がある一方でアルディではレジ1台だけのオープン。最も異なるのが買上点数だ。アルディではお客の買上点数が極端に少なくなる。なぜか?  続きを読む
2016年07月04日

【クローガー】、270店でクリックリスト!福山雅治・吹石一恵夫妻も利用するサービス?

160704クリックリスト02
■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーは23日、オンラインショッピング「クリックリスト(ClickList)」を269店で展開していることを明かした。クリックリストはネットで注文してお店の駐車場で車から降りずに受け取れることができるサービス。カーブサイド・ピックアップとも言われており、競合のウォルマートも同サービス「グローサリー・ピックアップ(Grocery Pickup)」を拡大している。23日に開催された同社の株式総会で明かされたことによると、1年ほど前にオハイオ州シンシナティのクローガーマーケットプレイスから始められたクリックリストは現在、25地域の269店舗(ハリスティーターの同サービス「エクスプレスレーン・オンラインショッピング」含む)で展開されており、ほぼ毎日のペースで拡大している。現在、確認されているところはテネシー州ナッシュビル地区やマーフリーズボロ地区、ノックスビル地区、ケンタッキー州ルイビル地区、レキシントン地区、インディアナ州インディアナポリス地区、ミシガン州デトロイト地区、バージニア州リッチモンド地区、テキサス州ダラス地区、ヒューストン地区、ジョージア州アトランタのクローガー・マーケットプレイスや傘下のスーパーで行われている。また先月末にはアリゾナ州メサ地区にオープンしたクローガー傘下のフライズ・マーケットプレイスやワシントン州ベリンハムのフレッドマイヤー、カンザス州ウィチタのディロンズ・マーケットプレイスでクリックリストが開始された。クリックリストは今後、ルイジアナ州やアーカンソー州でも計画されている。クローガーはクリックリストを最大1,200店まで増やす計画なのだ。クローガーは傘下の店を含めるとスーパーマーケットを35州に2,800店近く保有していることで、この目標では42%のスーパーでストアピックアップを実現しようとしているのだ。
 一方、ウォルマートのグローサリー・ピックアップは8月前までに60ヵ所の地域まで増やしていく。コロラド州デンバーとアリゾナ州フェニックスではオンデマンド配車サービス企業と提携し、グローサリー・ピックアップを利用した当日宅配サービスを行うことも発表した。
 なお、クローガーのクリックリストは扱い品目数が約4万品目で1回の手数料が4.95ドル(初回3回までは手数料免除)、一方の約3万品目となるウォルマートのグローサリー・ピックアップは手数料は無料だが、1回の注文金額は30ドル以上となっている。

トップ画像:クローガー・マーケットプレイス内でピッキングを行なうクリックリスト専任スタッフ。腕と指にはウェアラブルの端末を装着し、スキャンしながら注文商品をピッキングしている。  続きを読む
2016年07月03日

【ウォルマート】、ウォルマートペイが3,500店に急拡大!ターゲットペイも時間の問題?

160703ウォルマートペイ01
■ウォルマートは30日、独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」をニューヨークやカリフォルニアなど20州に拡大したことを発表した。ウォルマートペイは同社のスマートフォン・アプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取ることで決済を行う。ウォルマートは5月、自社開発の決済システムをテキサス州とアーカンソー州、オクラホマ州の722店舗で正式に開始。先月16日にはアラバマ州やジョージア州など4州501店舗に拡大し、23日にはミシガン州やアイオワ州など中西部等11州でウォルマートペイが開始された。今回はカリフォルニア州やネバダ州の西部にニューヨーク州やニュージャージー州など東部の20州1,325店舗となる。ウォルマートペイは現在までに38州に展開するスーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど約3,500店以上での利用が可能となっており、国内店舗数(サムズクラブは除く)の8割近くに達している。
 ウォルマート・ペイはウォルマートのアプリ機能の一つ。アップルiOSやグーグル・アンドロイドでの利用が可能となっている。登録できるのは、主要なクレジットカードやデビットカードの他、プリペイドカードとなるギフトカードにも対応している。ウォルマートペイの使い方は、レジでウォルマートのアプリを開き、ウォルマートペイを選択、カメラを起動してQRコードを読み込ませることで決済完了となる。eレシートが自動的にアプリに送られることで、レシートをスキャニングする手間が無くなるため、セービングキャッチャー機能をワンタップで利用可能となる。セービングキャッチャーとは競合店のセール価格に合わせて差額分を返金するアプリ機能。ウォルマートは6月末までにウォルマートペイの全米展開を計画している。ウォルマートではアップルのアップルペイやグーグルのアンドロイドペイ、サムスンのサムスンペイなど他のモバイル決済システムには対応していない。
 なお、ウォルマートは小売企業で構成するコンソーシアムのマーチャント・カスタマー・エクスチェンジ(Merchant Customer Exchange:MCX)に加盟し、モバイル決済システム「カレンシー(CurrentC)」をサポートしていたが、カレンシーは6月28日をもってサービスを終了している。  続きを読む
2016年07月02日

【アマゾン】、プライベートブランド食品を発表!笑顔の腹踊りをイメージさせてはダメ?

160702ママベア@アマゾン
■ネット通販最大手のアマゾンは、かねてから噂されていたプライベートブランド食品の販売を開始した。今回発売されたのはコーヒーの「ハッピーベリー(Happy Belly)」とベビーフードの「ママベア(Mama Bear)」。ハッピーベリーはホールビーン(豆)とグランド(粉)があり、ブレックファーストブレンドやハウスブレンドなどホールビーンは5種類のブレンド、グランドは4種類のブレンドが揃っている。価格は9オンス(約260グラム)で9.99ドル。一方、原料にオーガニック果物を使ったママベアはアップル・ブルーベリーとアップル・ピア・バナナの2種類のフレーバーとなっている。価格は4オンス(112グラム)瓶12個パックで12.49ドルだ。いずれもアマゾン・プライム会員のみの限定販売となっている。アマゾンは「ウィキッドリー・プライム(Wickedly Prime)」「プレスト!(Presto!)」での商標登録を終えており、いずれかのブランドでナッツやスパイス類、お茶、ビタミン製品のほか紙おむつや洗濯洗剤などの日用品にもプライベートブランドを拡大していくとみられている。
 アマゾンは2009年にプライベートブランド「アマゾン・ベーシック(Amazon Basics)」を発売しており、現在はパソコン・アクササリーやオフィス用品などを中心に収納用品やキッチン用品、ペット用品、リネン、パティオまで拡大している。900アイテムとなるアマゾン・ベーシックはプライム会員以外でも購入は可能となっている。アマゾンは今年に入って、オリジナルのファッションブランドも発売を始めている。紳士服の「フランクリン・テイラード(Franklin Tailored)」や婦人服の「ジェームズ&エリン(James & Erin)」、キッズの「スカウト+ロウ(Scout + Ro)」など7つのブランドでアイテム数は約1,800にも上っている。一方でアマゾンはプライベートブランド販売で失敗もしている。同社は2014年12月、プライム会員向けプライベートブランド「アマゾン・エレメンツ(Amazon Elements)」の販売を始めたが、発売から48日後にはベビー用おむつの販売を中止した。ベビー用ワイプは現在も継続販売しているものの、ベビー用おむつの販売は再開していない。中止理由は明かされなかったが、商品に欠陥があったといわれている。
 アマゾンはプライベートブランドを順次拡大することで、利益率の確保とプライム会員特典の追加による囲い込みを狙っている。

トップ画像:アマゾンのプライベートブランドのベビーフード「ママベア(Mama Bear)」。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。今でも視察研修セミナーの参加者から当ブログのタイトル「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」の由来を聞かれます。11年前にブログを立ち上げるとき「後藤文俊のアメリカ小売業ブログ」など、誰もが考えそうな安易なタイトルは避けようと思いました。人はホームページやブログ、SNSなどで自分の名前を付けたがるものです。一方で他人の名前ほど覚えにくく且つ覚えようとしないものはありません。ブログ名に自分の名前を冠しても、よっぽど有名でなければ誰も覚えないものです。覚えていないワードは検索されません。覚えにくいワードも検索されません。検索されないような個人名をブログのタイトルにつけていてもそもそも検索されないのですからアクセスはありません。で、アメリカ小売業を連想しやすい店名をタイトルに含めたのです。アメリカ小売業を代表するお店といえばウォルマートです。自分の名前の代わりにウォルマートを使ったのです。

⇒ただ「ウォルマート」だけではイメージが広義すぎ、アメリカ小売業の情報に興味ない人もアクセスしてきます。そこで「アメリカ小売業」というワードをいれ、されに記憶にフックしやすいように「激しく」をいれたのです。アメリカ小売業の原理原則にあるのは「変化」です。小売業の中でもウォルマートは特に変化が激しい企業です。ただ「激しく変化するウォルマート」では長いので「激しく」を残して「ウォルマート」に組み合わせ、より印象付けるようにしたのです。アメリカ小売業関連のワードや「ウォルマート」で検索すると常に当ブログが検索結果の上位に表示され、「関連する検索キーワード」でも「激しくウォルマート」が上位に来ます。検索フレンドリーにしているからこそ、アクセス数が伸び、さらに検索結果の上位にくるという好循環を生み出しているのです。現在、スマートフォンを使って、いつでもどこでも誰もが検索する「検索社会」になっています。検索社会ではタイトルや商品名、名前はもの凄〜く重要なんですね。  続きを読む
Posted by usretail at 03:33Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年07月01日

【ウォルマート】、アマゾンプライムに対抗するシッピングパスに30日間無料体験を実施!

160701ウォルマートシッピングパス
■ウォルマートは29日、注文から2日後に商品が届く会員制の配送サービス「シッピングパス(ShippingPass)」を30日間、無料で提供することを発表した。無料体験を提供することで、競合するアマゾン・プライムに対抗するのが狙いとみられている。ウォルマートのシッピングパスは年会費49ドルを支払うとオンライン上での買い物の配送料が無料となるサービス。商品到着までの所要日数は2日間となっており、最低購入額等の条件はなく無制限で注文が可能だ。無料のお試し体験は7月1日からで、期間は30日間となっている。シッピングパスの無料体験でもクレジットカード登録が必要だが、お試し期間が終了する7月30日までは年会費49ドルを課金しないとしている。また、すでに登録している会員には、会員期間を30日間延長されるという。ウォルマートは昨年5月からシッピングパスを招待制で始めた。当時は年会費が50ドルで所要日数も3日間かかっていた。シッピングパスはいまだ試験段階だが、今年5月には年会費を49ドルに値下げし、所要日数も2日間に短縮している。シッピングパスで購入した商品は、4,500店にも及ぶウォルマートの店舗で返品できるメリットもある。一方、競合するアマゾン・プライムの年会費は99ドルだが、映画やテレビ番組の無料視聴サービスなどの特典も提供している。また、アマゾン・プライム会員向けに都市部を中心とする27ヵ所の対象地域で35ドル以上の注文なら当日に配送される即日サービスがある。さらにアマゾンは注文から最短1時間程度で商品を届ける「プライム・ナウ(Prime Now)」サービスも強化している。プライムナウは現在のところ21ヵ所の地域で展開されており、対象商品は限られるものの2時間以内なら無料、1時間以内なら少額の手数料で商品を配達している(1回の注文金額は35ドル以上)。
 ウォルマートが5月に発表した第1四半期(2月〜4月期)ではEコマースの売上高前年同期比が7%の増加にとどまった。Eコマースでの扱い品目が1,000万品目を超えたもののウォルマート・コムの成長率は昨年の第1四半期が17%増、第2四半期が16%増、第3四半期10%増、第4四半期8%増となり、成長率は鈍化している。一方、アマゾンの第1四半期の成長率は23%だった。  続きを読む
2016年06月30日

【ユニクロ】、オープンからわずか20ヶ月で閉店!5店舗スクラップした3つの原因とは?

160630ユニクロ
■ニューヨークポスト紙は21日、アメリカに進出しているユニクロが今年の1月以降、5店舗をスクラップしたことを報じた。閉店したのはコネチカット州ダンバリー地区の「ダンバリー・フェア・モール(Danbury Fair Mall)」、ニュージャージー州チェリーヒルの「モール・アット・チェリーヒル(Mall at Cherry Hill)」、ペンシルバニア州ウィロウグローブでフィラデルフィア近くの「ウィロウグロー・パーク・モール(Willow Grow Park Mall)」、カリフォルニア州ノースリッジの「ノースリッジ・ファッション・センター(Northridge Fashion Center)」、そしてニューヨーク州スタテン・アイランドの「スタテン・アイランド・モール(Staten Island Mall)」。いずれも3年以内にオープンしたお店であり、今月12日に閉店となったダンバリー・フェア・モールのユニクロは2014年11月のオープンからわずか20ヶ月の営業だった。なお、ユニクロは5月31日現在、アメリカ国内に44店舗を展開している。5店の閉店に際してユニクロの広報担当官のアルド・リグオリ氏は「当社にとって米国市場はとても重要です」と語っており、「郊外よりニューヨークやサンフランシスコ、シカゴなど都市部でのブランド認知度が高いことから、ユニクロは大型店の出店が可能な都市部への出店にフォーカスします」と述べている。
 ユニクロは2005年、ニュージャージー州の3ヵ所のモール内に店舗オープンしアメリカ進出を果たしたものの2年後に閉店した。一方で2006年にニューヨークのソーホーに旗艦店をオープン後、2011年にはニューヨーク5番街にグローバル旗艦店を出店しボストンやシアトル、ロサンゼルスなどにも店舗を拡大している。ただアメリカ市場でユニクロは低迷が続いており、昨年初めに15店舗のオープンを発表していたが新規出店数は4店舗に縮小され、今年は3店舗のオープンにとどまっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤は流通コンサルタントであり生活者でもあります。実際に商品をお店やオンラインで買い食べたり、着たり、使ったりしています。時には限界に挑むような(笑)、日本では非常識と思えるような返品も行ったりします。アメリカに進出する日系の流通企業については、贔屓目で買い物をしています。ただ、買い物して残念に感じる日系企業が少なくありません。アメリカ市場やアメリカ流通を理解していない、理解しようとしない企業が目立つのです。アメリカ市場に進出する日系企業は共通して日本で上手くいっています。日本で成功しているからこそ、流通先進国のアメリカに挑戦したくなるのです。ただし、日本で上手くいったやり方をそのまま、アメリカ市場に押し付けてくるのですね。後藤が見る限り、安易なアメリカ進出が目立ちます。ユニクロもそんな風に感じる企業の一つです。現地ユニクロで買い物をして「今のアメリカ市場を理解していない」と残念に感じます。  続きを読む
Posted by usretail at 03:47Comments(0)TrackBack(0)アパレル専門店
2016年06月29日

【フォーチュン誌】、ミレニアル世代向け働き甲斐のある100社!インスパイア体験とは?

160629クイックトリップ
■経済誌のフォーチュン誌は28日、「2016年ミレニアル世代にとって最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Workplaces for Millennials 2016)」を発表した。今年で2回目となるランキングは、35歳未満(1981年以降の生まれ)の若手従業員約8.8万人に対して働き甲斐のある職場作り等について調査し点数評価に基づいて上位100社を選出した。1位となったのはデジタルマーケティングのエリートSEM(Elite SEM)、2位は金融サービスのクィッケンローンズ(Quicken Loans)、3位はデザイン&コンサルティングサービスのキンリー・ホーン(Kimley-Horn)となっている。一方、小売業では10位につけたバイク用品のレヴジラ(RevZilla)をはじめ、31位のガソリンスタンド&コンビニエンスストアのクイックトリップ(QuikTrip)、33位の手作りぬいぐるみチェーンのビルド・ア・ベア・ワークショップ(Build-A-Bear Workshop)、35位のガソリンスタンド&コンビニエンスストアのシーズ(Sheetz)、39位のアウトドア&スポーツ用品のREIとなっている。40位にはスーパーマーケットのウェグマンズが入っており、41位にカーマックス、62位にナゲットマーケット、67位にオンラインでカスタムTシャツ等を販売するカスタムインク(CustomInk)、74位にパブリクス、88位にノードストローム、90位にホールフーズとなっており、今年で19回目となる「2016年最も働き甲斐のあるベスト企業100(100 Best Companies To Work For 2016)」とはかなり異なったランキングだ。ただ、小売企業が5社のみ(29位カスタムインク、45位ビルド・ア・ベア・ワークショップ、69位クイックトリップ、72位ウェグマンズ、96位ナゲットマーケット)だった「2015年ミレニアル世代にとって最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Workplaces for Millennials 2015)」から、今年は12社が上位100社以内にランクインしている。
 ミレニアル世代はベビーブーマー世代やそのあとに続くジェネレーションXを抜いて、労働人口で最も大きな割合を占めるようになっている。今後は働きやすい職場作り等の企業努力がミレニアル世代にもアピールされ、共感もされなければならないのだ。

トップ画像:「2016年ミレニアル世代にとって最も働きがいのある会社ベスト100(100 Best Workplaces for Millennials 2016)」で31位となったガソリンスタンド&コンビニエンスストアチェーンのクイックトリップ(QuikTrip)。  続きを読む
2016年06月28日

【ウォルマート】、ウォルマートペイが18州2,200店で利用可能!ニッチ市場でメジャー?

160628ウォルマートペイ
■ウォルマートは独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」を11州に拡大したことを発表した。ウォルマートペイは同社のスマートフォン・アプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取ることで決済を行う。ウォルマートは先月、自社開発の決済システムをテキサス州とアーカンソー州、オクラホマ州の722店舗で正式に開始。16日にはアラバマ州、ジョージア州、ルイジアナ州、ミシシッピー州の4州501店舗のウォルマートスーパーセンターに拡大した。23日にはミシガン州、バージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、インディアナ州、アイオワ州、ケンタッキー州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、テネシー州の11州でウォルマートペイが開始された。ウォルマートペイは現在までに18州に展開するスーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど、約2,200店舗での利用が可能となっており、国内店舗数(サムズクラブは除く)のほぼ半数となる48%に達している。
 ウォルマート・ペイはウォルマートのアプリ機能の一つ。アップルiOSやグーグル・アンドロイドでの利用が可能となっている。登録できるのは、主要なクレジットカードやデビットカードの他、プリペイドカードとなるギフトカードにも対応している。ウォルマートペイの使い方は、レジでウォルマートのアプリを開き、ウォルマートペイを選択、カメラを起動してQRコードを読み込ませることで決済完了となる。eレシートが自動的にアプリに送られることで、レシートをスキャニングする手間が無くなるため、セービングキャッチャー機能をワンタップで利用可能となる。セービングキャッチャーとは競合店のセール価格に合わせて差額分を返金するアプリ機能。ウォルマートは6月末までにウォルマートペイの全米展開を計画している。ウォルマートではアップルのアップルペイやグーグルのアンドロイドペイ、サムスンのサムスンペイなど他のモバイル決済システムには対応していない。
 なお、ウォルマートは小売企業で構成するコンソーシアムのマーチャント・カスタマー・エクスチェンジ(Merchant Customer Exchange:MCX)に加盟し、モバイル決済システム「カレンシー(CurrentC)」をサポートしていたが、カレンシーは6月28日をもってサービスを終了する。  続きを読む
2016年06月27日

【ウェグマンズ】、様々なイノベーションに挑戦する100年スーパーの次の仕掛けは窒素?

160627ウェグマンズ
■今年で100周年を迎えるウェグマンズは老舗スーパーマーケットでありながら、スーパーにとっては最先端となるイノベーションを常に取り入れている。ここ数年間の同社の新しい取り組みを見えても、常に挑戦を続けているのだ。ウェグマンズは2007年、ニューヨーク州カナンデーグア地区に50エーカー(約6万坪)の有機野菜農園「ウェグマンズ・オーガニックファーム(Wegmans Organic Farm)」で初収穫を迎えた。2009年には総工費3,600万ドルをかけ1,500坪の商品開発センター「ウェグマンズ・カルナリー・イノベーションセンター(Wegmans Culinary Innovation Center)」を開設、プライベートブランドやレディ・ツー・ゴーなどのプリペアドミールの開発を行っている。同年にはペンシルバニア州カレッジビルの新店にフルサービス・レストラン「パブ(The Pub)」を導入し、現在までに10店舗で展開している。またニューヨーク州ピッツフォードにフリースタンディングのレストラン「ネクストドア・バイ・ウェグマンズ(Next Door by Wegmans)」をオープンした。ネクストドアはオーガニック食材(有機野菜農園からの野菜を使用)を使い、寿司にパスタ、ハンバーガー、ピザ、ステーキなどをサーブするオープンキッチンのフルサービス・レストランとなっている。2013年にはロチェスター店に隣接した2階建てのイタリアンレストラン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」をオープンした。翌年にはピッツフォードの旗艦店にハンバーガーや地ビールなどをサーブする「バーガーバー(The Burger Bar)」をオープンしている。グローサラント業態にも他社に先駆けて果敢にチャレンジしているのだ。さらに、アメリカでは最大規模となるハイテク・チーズ熟成室「チーズケーブ(cheese caves)」をオープンした。店内にある一部のチーズショップでは自動ミスティング(霧吹き)を行う特製オープン・ケースも導入している。ウェグマンズは今年に入ってニューヨーク州ピッツフォード店に低速回転の石臼自家製粉機を導入、挽きたての香りが損われない、昔ながらの美味しいパンを提供している。
 そしてウェグマンズは2日、一部の「ザ・バズ・コーヒー・ショップ(The Buzz Coffee Shop)」にて、窒素ガスを注入したコーヒー「ニトロ・コーヒー(Nitro Coffee:発音はナイトロコーヒー)」を販売することを発表した。飲み口に泡がたまる黒ビールのような見た目が特徴となるニトロ・コーヒーは、長時間かけて水出ししたコーヒーに窒素ガスを注入したものだ。微細な泡によるなめらかな舌触りに、コーヒー本来の甘さが楽しめるという。窒素ガス入りコーヒーはコーヒー好きに大人気となっており、コーヒーチェーン最大手のスターバックスも先月、ニューヨークやロサンゼルスなど7都市500店で提供することを発表したばかり。ウェグマンズは今後、ニトロコーヒーの扱い店舗を増やすとしている。

トップ画像:2階建てのイタリアンレストラン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」もあるウェグマンズ・ロチェスター店。このウェグマンズでは窒素ガスを注入したコーヒー「ニトロ・コーヒー(Nitro Coffee)」を販売している。

*なお、当社プレミアム会員向け「スカイプ・コンサルティング・セッション」では今月から数回(予定)にわたり、ウェグマンズ旗艦店&モア徹底レポートをお送りします。調査対象はウェグマンズの旗艦店から旗艦店に隣接しハンバーガーや地ビールなどをサーブする「バーガーバー(The Burger Bar)」、フルサービス・レストラン「パブ(The Pub)」、スタンドアローン・レストラン「ネクストドア・バイ・ウェグマンズ(Next Door by Wegmans)」、イタリアンレストラン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」、有機野菜農園の「ウェグマンズ・オーガニックファーム(Wegmans Organic Farm)」、チーズショップの「自動ミスティング(霧吹き)オープンケース)」、「低速回転の石臼自家製粉機」、スチューレオナードの最新店など1,600枚の画像や動画をシェアしトレンド分析から洞察などを解説します。

 プレミアム会員以外の企業にも、無料のモニター参加オプションもありますので、お気軽にご連絡ください(tcg@neutron-tech.com)。  続きを読む
2016年06月26日

【ベッドバス&ビヨンド】、アマゾン効果の底なし沼で粗利益率がゆっくり沈んでいる!?

160626ベッドバス&ビヨンド
■ホームファーニッシング最大手のベッドバス&ビヨンドが22日、第1四半期(3月〜5月期)決算を発表した。売上高は27.4億ドルと前年同期の売上高と横ばいだった。純利益は1.23億ドルと、1.58億ドルの前年同期から22.6%の減少となった。粗利益率は20%引きクーポンを常態化していることで前年同期の38.1%から37.4%と0.7%も減少した。一般販売管理費率は人件費の上昇の加え、オムニチャネル化の推進によりITコストが膨れたこと、さらにデジタル広告費がかさんだことで前年同期の28.1%から29.6%と1.5%も増加した。これにより営業利益率は前年同期の10%から7.8%と2.2%も減少した。既存店・売上高前年同期比は客単価が微増したものの客数が減少したことで0.5%の減少となった。前年同期の既存店ベースは2.2%の増加だった。一方でベッドバス&ビヨンドはEコマース売上高が前年同期比で20%以上も増加したことを明らかにしている。なお同社は第1四半期中、人気トークショー番組「エレンの部屋」の司会者エレン・デジェネレス氏とコラボしたリネンブランド「ED(ED Ellen DeGeneres)」を発表している。
 ベッドバス&ビヨンドは米国(50州)やカナダに1,021店を展開しており、2012年に買収したコストプラスのワールドマーケットやコストプラス・ワールドマーケットを277店、クリスマスツリー・ショップ(79店)、バイバイベイビー(105店)やハーモン・フェースバリュ(51店)を展開している。  続きを読む
2016年06月25日

【バーンズ&ノーブル】、本屋にレストラン!「俺のイタリアン」ではなく「俺の本屋」?

160625レストラン@バーンズ&ノーブル
■書店チェーン最大手のバーンズ&ノーブルは23日、店内にレストランをテスト導入することを発表した。コーヒーやラテだけでなくアルコールや食事まで提供することで苦戦を強いられている書籍スーパーストアの集客を増やす。投資家を集めた会議で明らかにしたことによると、バーンズ&ノーブルのレストラン1号店は今年10月、ニューヨーク郊外のイーストチェスターにオープンした後、ミネスタ州イーダイナ地区のギャラリア・イーダイナSC(Galleria Edina)、カリフォルニア州フォルソム地区(Galleria Edina)のパラディオ・アット・ブロードストーンSC、バージニア州アシュバーン地区の複合施設ワン・ローダウン(One Loudoun)のバーンズ&ノーブルにそれぞれオープンする。イーダイナのバーンズ&ノーブルのレストランはこれまでのカフェテリアスペースを二倍に拡大し、ファイアーピットのあるアウトドアスペースも設けられる。ビールやワインなどのアルコール類を提供する他、ウエイター(ウエイトレス)が給仕し食事はブレックファースト、ランチ、ディナーに分けるという。価格帯は「手ごろな値段」としており、カジュアルスタイルのレストランを導入するとみられている。なおバーンズ&ノーブルはレストランをテスト展開としながらも同社COOジェイミー・キャリー氏をレストラン事業開発部長に就任させ、外食を専門とするコンサルティング企業やデザイン企業と提携、プロのシェフも既に採用していると明らかにした。
 バーンズ&ノーブルが23日に発表した第4四半期(2月〜4月期)決算では売上高が8.8億ドルと前年同期比4%減だった。純損益は前年同期の1,900万ドルから3,100万ドルと、赤字幅が大幅に拡大した。既存店・売上高前年同期比は0.8%の減少だった。通年ベースでは売上高が41.6億ドルとなり前年比3%の減少だった。3,700万ドルの純利益が今年度2,400万ドルの赤字となった。既存店ベースは横ばいだった。アマゾンなどオンラストアの躍進で苦戦が続いており、また同社のタブレット「ヌック(Nook)」売上が低迷していることも赤字幅拡大につながっている。
 バーンズ&ノーブルは全米50州に平均店舗面積730坪となるスーパーストア等、640店を展開している。

トップ画像:投資家を集めた会議で披露されたレストランのイメージ画像(レストラン事業開発部長に就任したジェイミー・キャリー氏が使ったプレゼン資料から)

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。昨日、ニューヨーク・ロチェスターの調査視察から戻ってきました。ニュージャージーのニューアーク・リバティー空港でレンタカーし、スチューレオナードが今年1月にオープンさせたロングアイランドの新店(1,700坪)に行き、そこから6時間かけてロチェスターです。ロチェスターからニュージャージーに戻りレンタカーを返車するときオドメーターで走行距離を確認すると910マイル(約1,500キロ!)でした。いつものように早朝から深夜まで食事以外の休みなしの突貫視察でした。毎日の睡眠時間が5時間程度で疲れましたが、撮影した動画や画像(1,600枚!)以上に今回のリサーチも凄い収穫となりました。今回もテーマを決めて仮説をもって「後藤的フィールドワーク」に臨みました。後藤一人で集中して視察を重ねることで、いつものことですが、リサーチを通じて一次情報を収集すると意外な真実が現れ、新たな事例を発見でき、仮説が深化するリサーチワークとなりました。

⇒テーマの一つになったのは東部地区にあるスーパーマーケットのイノベーションです。ニューヨーク・ロチェスターといえばウェグマンズですが、ウェグマンズのイノベーションの一つにユニークなグローサラント業態があります。ウェグマンズの旗艦店近くにオープンしたスタンドアローンのフルサービス・レストラン「ネクストドア(Next Door)」の他、旗艦店と隣接したカジュアルダイニングの「バーガーバー(Burger Bar)」、スーパー内にあるフルサービスレストランの「パブ(Pub)」、スーパーマーケット内のフルサービス・イタリアン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」を展開しています。後藤は実際にこれらのレストランで食事をし視察してきたのです。また、ウェグマンズの本社に、ニューヨーク州カナンデイグア地区に50エーカー(約6万坪)で所有する有機野菜農園「ウェグマンズ・オーガニックファーム(Wegmans Organic Farm)」にも行ってきました。  続きを読む
Posted by usretail at 03:58Comments(0)TrackBack(0)その他
2016年06月24日

【受講生の声】、セミナーは最後までワクどきで未体験の熱い想いに泣きたくなった!?

1600624セミナー
■経営とは世の中が何を求めているかの本質をきっちりと捉えることである。かつてチェーンストアは多店舗展開することで売上や利益が伸び成長を維持できた。「国民大衆の暮らしを豊かにする」という目的のもと成長できたのだ。多くの大衆は今、チェーンストアで暮らしが豊かになると考える人はいない。モノがいきわたり、モノあまりの時代となり、品ぞろえが億単位にも上るアマゾンもあり、「モノによる暮らしの豊かさ」という考え方は、すでにアメリカでは陳腐化している。豊かさを提案するチェーンストアの役目は、ネット上の無限におよぶ情報量でも霞んでいる。わざわざお店に行かなくてもモノが買え、購入決定に必要なコンテンツも、顧客の声からレビュー動画とネットで増え続けているのだ。
 チェーンストア経営者の多くが「とにかく店舗数を増やすこと」に集中できた時代があった。100店舗よりも200店舗、300店舗展開なら、メーカーに対しても価格交渉力が発揮できたのだ。しかし今、メーカーは多店舗出店に対して懐疑的な目を向ける。リアル店に行く選択肢しかないならお客は買わない。物心ついたころからアマゾンがあったミレニアム世代は、検索して買えないものはわざわざ買い物に出かけない。いくら店舗数を増やしてもオムニチャネル化していないと流通業と言えなくなっている。偏った流通ではチェーンストアも以前ほど価格交渉力を持たなくなってきているのだ。
 さらにチェーンストアのローコスト経営も、オムニチャネル化で以前のロジックが通用しない。オムニチャネル化の6つのステップ(「BOSH」「BOROS」「BORIS」「BOPIS」「BOSS」「BODFS」)ではリアル店舗が増えれば増えるほど店の負担も増える。「ボピス(BOPIS:Buy Onlin Pick-up In Store)」は、店スタッフは通常業務とは別に店内でピッキングをしなければならない。またピッキングした注文品を一時的に別の場所に保管しなければならない。これまでのチェーンストアのシステムとは別のシステムを導入しなければならないし、店内に保管する場所も確保する必要がある。また店から宅配する「ボドフス(BODFS:Buy Online Deliver From Store)」が増えれば、多店舗展開によるローコストオペレーションの実現は難しい。これまでのチェーンストア理論がオムニチャネル化で通用しなくなる。
 トップやエグゼクティブを対象にした「最新!リアルとネットが融合するオムニチャネル戦略セミナー」では成功・失敗事例を通じて、陳腐化するチェーンストア理論のアップデートも行っている。一方で若い社員にはお客の視点を持ってもらい、ゼロベースで小売の将来を考えてもらっている。アメリカ小売業を通じて未来をみると、そこには感動があるということだ。
 今日はオムニチャネル戦略セミナーで衝撃を受けた「セミナー受講生の声」を中心に掲載する。  続きを読む