2016年02月13日

【クローガー】、フレッシュマーケットを競争入札?ダラス郊外サウスレイク店での惨状!

160213フレッシュマーケット
■全米最大のスーパーマーケットチェーンのクローガーがノースカロライナ州を中心に展開するリージョーナル・スーパーマーケットのフレッシュマーケット(The Fresh Market)を買収しようとしていることが11日、報じられた。この件に詳しい関係者の話としてロイターが報じたところによると、クローガーはフレッシュマーケットの入札手続き第2段階にあり、競合入札者にはアポロ・グローバル・マネージメントやKKR&カンパニー、TPGキャピタルなど投資企業も含まれている。今のところクローガーがフレッシュマーケットを買収できるかどうかは不透明であるという。フレッシュマーケットは昨年10月、JPモルガンと提携し自社売却を含む戦略的選択肢を検討することを発表していた。なお、クローガーやフレッシュマーケット、アパロ・グローバル・マネージメントなどから入札等の確認は取れていない。
 1982年創業のフレッシュマーケットはノースカロライナやフロリダ、ジョージアなど27州に183店を展開するグルメスーパーマーケット。オーガニックやナチュラルフードを中心に展開するもののクローガーやウォルマートなど大手チェーンストアもオーガニックの品ぞろえを拡大したことで、フレッシュマーケットはここ最近、伸び悩んでいた。直近の四半期となる第3四半期(8月〜10月期)決算では、売上高が4.3億ドルと前年同期比で3%増加したものの純利益は同33%減となる1,000万ドルだった。既存店ベースは3.7%の減少となり3四半期連続で前年を下回った。
 クローガーは2014年、ワシントンDCとノースカロライナやサウスカロライナなど8州に212店を展開していたハリスティーターを24億ドルで買収した。同社は昨年もウィスコンシン州やイリノイ州で151店を展開するリージョナル・スーパーマーケットのラウンディーズを総額8億ドルで買収。これらの買収によりクローガーはスーパーマーケットだけでも35州に2,800店弱を展開している。クローガーの第3四半期(9月〜11月期)決算では売上高が250.8億ドルと前年同期比0.4%の増加、純利益は前年同期比18.2%増となる4.28億ドルだった。既存店ベースは5.4%の増加となり48四半期連続して前年を上回っている。

トップ画像:ダラス郊外サウスレイクにあるフレッシュマーケット(The Fresh Market)。後藤は朝8時過ぎに行ったのだが、まだオープンしていないかと思うほどお客が少なかった。この店から500メートルの距離(テキサスでは「隣にある」という距離感だ)にHEBセントラルマーケットやトレーダージョーズ、1.6キロにクローガー等、手ごわい競合店があることも起因しているのだ。  続きを読む
2016年02月12日

【ホールフーズ】、新ロサンゼルス旗艦店オープンも既存店は2期連続で前年を下回った!

160212ホールフーズ00
■ホールフーズが19日に発表した第4四半期(10月〜12月期)決算は、増収減益に既存店ベースがマイナスとなった。売上高は48.3億ドルと前年同期の46.7億ドルから3.4%の増加。ロサンゼルス・ダウンタウンに昨年11月にオープンした新旗艦店など、店舗数の増加が売上高を押し上げた。一方、純利益は1.57億ドルとなり前年同期の1.67億ドルから6%の減少となった。一般販売管理費率が28.4%と前年並みになったものの、粗利益率が34.0%となり、前年同期の34.8%から0.8%も減少したことが響いた。粗利益率が過去6年で最低となったのは集客に「ラブ・フェスト(Love Fest)」と題したプロモーションを行ったことが要因。最大50%引きとなるセールの他、全店で毎週500ドルのギフトカードの無料プレゼント、1杯1.75ドルで販売されているアレグロ・コーヒー(Allegro Coffee)を25セントで提供していた。既存店・売上高前年同期比は1.8%の減少。これにより2期連続して前年を下回った。既存店ベースの内訳は客数が1.6%の減少、客単価も0.2%の減少だった。
 ホールフーズは小型店「365バイ・ホールフーズ・マーケット」の1号店をロサンゼルス近郊シルバーレイク地区に5月にオープンし、7月にオレゴン州レイクオスウィーゴ地区、8月にワシントン州ベルビューにそれぞれオープンすることを明かした。同社はまたアプリを使ったクーポン・プロモーションも全店に拡大することを発表した。
 ホールフーズは現在、イギリスとカナダ、アメリカ(42州)に436店を展開している。

トップ画像:ホールフーズ共同CEOウォルターロブ氏が決算会見で「ロサンゼルス・ダウンタウンの新旗艦店(new flagship store in downtown Los Angeles)」と語った新店。昨年11月にオープンした1,150坪のロサンゼルス・ダウンタウン店は単なる新店ではなく、新・旗艦店だったのだ。  続きを読む
2016年02月11日

【メイン&バイン】、スーパー最大手クローガーの最新コンセプトストアが遂にオープン!


■クローガーは3日、ワシントン州シアトル郊外ギグ・ハーバー地区に「メイン&バイン(Main & Vine)」をオープンした。メイン&バインはクローガーがテスト展開している新コンセプト店。クォリティ・フード・センター(QFC)の跡地にオープンしたメイン&バインは伝統的な手作りグルメ食品やインストアキッチンのデリをフューチャーしたスーパーマーケットだ。特徴的なところでは、オーガニック野菜を拡大した青果コーナーや300種類に及ぶ量り売りコーナー、輸入チーズから地元で作られたものまで取りそろえたチーズショップ、様々なワインを提供するワインコーナー、オンラインでも販売を予定しているサプリメントコーナーがある。サンドウィッチからギョーザ、寿司、ピザ、サラダなどのデリコーナーも充実し、二階にあるWiFi完備のカフェテリアでも食事が可能だ。店内は天井を取り払ってむき出しとなった空調管の上には自然光を取り入れる天窓が見え、プロバイオティクス飲料(人体に良い影響を与える微生物飲料)コーナーの横には巨大なグリーンウォール(垂直庭園)がそびえており、環境に配慮したサステナビリティを印象付けている。スーパーマーケット業界ではトレンドとなっている「ローカル(地産地消)」も強く打ち出しておりビールの50%、ワインの30%、ウィスキーなどのハードリカーの17%はローカル業者から仕入れているという。クローガーによると、1万品目を扱うメイン&バインの広さは760坪でスタッフ110人だ。
 アメリカ合衆国特許商標庁に登録されたメイン&バインの「食品小売店でストアピックアップと宅配も行うスーパーマーケット(Retail grocery store and on-line grocery store services with in-store pickup or home delivery)」の説明にあるように近い将来、ストアピックアップもしくは宅配などのサービスを始めるという。

トップ動画:ローカル紙がYouTubeで報じたメイン&バインの紹介動画。メイン&バインではサンドウィッチ、エイジアン(餃子や寿司)、ピザ、サラダなどインストアキッチンで作られた多様なデリを提供しており、ランチやディナーにも気軽に寄れるデスティネーションストアを目指している。  続きを読む
2016年02月10日

【シアーズ】、実に姑息な50店スクラップ発表!寄付品販売のグッドウィルより人気なし?

160210シアーズ
■シアーズ・ホールディングスは9日、第4四半期(11月〜1月期)決算の一部データを発表した。年末商戦を含む売上高は73億ドルと前年同期比9.9%の減少となり、74.3億ドルを見込んでいた市場予想をも下回った。既存店・売上高前年同期比は7.1%の減少となり、内訳はシアーズが6.9%の減少、Kマートは7.2%の減少だった。例年に比べて天候が暖かかったことや価格競争の激化で衣料品などの販売が振るわなかった。通年では売上高が251億ドルと前年の312億ドルから約20%の減少となった。既存店・売上高前年比は9.2%の減少となった。シアーズの既存店ベースは11.1%減、Kマートは同7.3%の減少だった。年末商戦の売上不振を受けシアーズは2016年度中、5.5億ドル〜6.5億ドルのコストカットを行い、店舗などの資産3億ドルを売却することを発表した。また先ごろ、発表されていた不採算店50ヵ所以上のスクラップも予定より早めるとしている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。上記の記事で「アレ?」と思ったのが「先ごろ、発表されていた不採算店50ヵ所以上のスクラップも予定より早めるとしている」という部分。シアーズはいつ不採算店舗50ヵ所の閉鎖を発表したのだろう?と後藤は疑問を持ったのです。原文は"We will accelerate the closing of unprofitable stores, including, but not limited to, roughly 50 stores that we recently announced would be closing in the next few months"です。ここ数ヶ月のプレスリリースを確認しても50店におよぶ店舗スクラップ発表はありません。「おかしいなぁ〜」とネットを調べたら、トンデモないコトがわかりました。シアーズは全米的に店舗閉鎖の発表をせず、ローカル紙別に小出しに情報を送っていたのです。ロサンゼルスタイムズ紙にはカリフォルニア州内のKマート3店の閉鎖を告げながら他州の閉鎖を教えない手口です。ローカル紙毎に閉鎖店数を足せば、50店の閉鎖発表になるのです。嗚呼、実に姑息!  続きを読む
2016年02月09日

【アマゾン】、店長求人キターーー!書店スタッフの仕事は現場視察に整理・整頓の5S?

160209アマゾンブックス
■メディアは先週、ネット通販最大手のアマゾンが最大400店の実店舗を出店する計画があると報じた。この情報の出どころは、アメリカ国内にショッピングセンターを展開するゼネラル・グロース・プロパティーズ社のCEOの発言だった。300〜400店の実店舗出店は別として、アマゾンブックスの2店舗目の出店は動き出しているようだ。アマゾンの採用サイト(Amazon Jobs)にアマゾンブックスの求人募集が掲載されているのだ。求人は店長(Store Manager)に副店長(Assistant Store Manager)、デバイススタッフ(Device Lead)、書籍スタッフ(Book Lead)、販売スタッフ(Associate)となっており、勤務地はサンディエゴもしくはサンディエゴ郊外の高級住宅地、ラホヤ(La Jolla)となっている。アマゾンブックスの詳細やオープン時期などは明記されていない。
 アマゾンは昨年11月、ワシントン州シアトルのショッピングセンターにリアル書店「アマゾンブックス(Amazon Books)」をオープン。約5,000冊を150坪で展開するアマゾンブックスは、本を「面陳(面陳列)」や「面展(面展示)」で陳列し、星数評価やカスタマーレビューを記載したカードも添えられている。書籍価格はアマゾンストアと同一となっており、プライスカードによる価格提示は行っていない。本が気に入らなかった場合など購入から30日以内に返品すれば返金する返品制度もある。アマゾンブックスには書籍のほか、アマゾンが手がける電子書籍用リーダーのキンドルやタブレットのキンドルファイア、ファイアTVなど各種デバイスもデモンストレーション用に並べられている。営業時間は感謝祭とクリスマスを除き、平日は9:30am〜9:00pm、日曜日は11:00am〜6:00pmとなっている。アマゾンストアで購入した商品をお店でピックアップするサービスは行っていない。
 ゼネラル・グロース・プロパティーズ社のCEOサンディープ・マスラニ氏が2日、第4四半期の決算会見にて「アマゾンは実店舗をオープンする計画で、わたしの理解では300〜400店舗を目指している」と明らかにし、メディアが一斉に報じていた。なお求人を募集しているラホヤにはゼネラル・グロースのモールはないものの、サンディエゴ南にあるチューラビスタ地区にライフスタイルセンターのオタイ・ランチ・タウンセンター(Otay Ranch Town Center)を展開している。  続きを読む
Posted by usretail at 04:30Comments(0)TrackBack(0)その他
2016年02月08日

【ウォルマート】、実証!セービングキャッチャーは時期と地域と商品で効果も劇的変化?

160708アプリ@ウォルマート
■ウォルマートのアプリ機能「セービング・キャッチャー(Savings Catcher)」には3つの効果的な使い方がある。セービング・キャッチャーとはウォルマート価格より下回った競合店のセール価格に合わせるアプリで、競合店との差額分をキャッシュバックする。ユーザーはウォルマート・レシートのQRコードをスキャニングするだけで、72時間以内にeレシートに差額分を表示してくれる。比較される競合店は、買い物したウォルマートの近隣にあるクローガーやターゲット、ウォルグリーンなど大手チェーンストアだ。競合店のチラシにあるセール商品と比較して差額分をユーザーのeレシートに自動的に反映させる。
 3つの効果的な使い方の一つは大手チェーンストアが頻繁にセールを行う「ナショナルブランド(NB)商品」を購入することだ。大手食品メーカーが出している、広く認知されているNB商品は比較されやすいので差額分が生じる可能性が高くなる。二つ目は地域だ。大手チェーンストアなど競合店がひしめく地域にあるウォルマートで購入することで比較される競合店数も増える。比較対象が増えれば、ウォルマート価格より下回る価格も見つけやすくなる。結果、セービング・キャッチャーの威力が発揮しやすくなるのだ。3つ目として時期が挙げられる。スーパーマーケットでは独立記念日、サンクスギビング、ニューイヤーなど祝日前に販促を強化する時期がある。集客のために誰もが購入するようなNB商品をロスリーダーにするのだ。原価を下回った価格であってもセービング・キャッチャーは比較するので、凄まじい価格低下となる。
 週末にスーパーボウルとなる2月3日、競合店の多い地域のウォルマートでNB商品を購入する実験を行った。全米小売業協会(NRF)によると2月7日のスーパーボウルを全米で約1.9億人が視聴し、そのうち4,330万人がパーティを主催し、7,000万人が友人や親族が開くパーティに出席する。スーパーボウルを視聴するほとんどの人(79.8%)が食品を購入するのだ。そのためスーパーマーケットなどはスーパーボウル販促を行い、パーティ用やBBQ用の食品を中心にセールを行う。セールの対象となるのは人気のナショナルブランドだ。したがってチェーン間では価格競争となりやすく、セービングキャッチャーの効果を発揮しやすくなる。つまり競合店の差額分が増えると予想されるのだ。そこで2月3日、ウィンコ・フーズが近隣にあるウォルマート・スーパーセンター・ロングビーチ店で買い物をしセービングキャッチャーを試したのだ。結果は15アイテム(33.09ドル)を購入し6アイテムの差額分3.78ドルを得た。購入商品の4割が競合店でウォルマート価格を下回ったことで、さらに11%も安くなったのだ。
 セービング・キャッチャーは販促の多い時に競争の激しい地域でNB商品を購入することでさらに効果を発揮することを証明したといえる。  続きを読む
2016年02月07日

【スーパーボウル】、試合終了2時間で優勝チームTシャツを宅配!栄光欲で即売り切れ?

160207スーパーボウル優勝チームTシャツサイト
■アメリカンフットボールの全米王者を決める決戦であるスーパーボウルが7日に開催される。第50回スーパーボウルはデンバー・ブロンコス対カロライナ・パンサーズの対戦だ。全米が注目するスーパーボウルに今までに類を見ないプロモーションを行う企業がある。スポーツ用品チェーンのディックス・スポーティング・グッズと宅配便サービスのウーバーラッシュ(UberRush)は5日、ニューヨーク市マンハッタンとシカゴ市内で優勝チームのTシャツをスーパーボウル当日に販売、当日宅配することを発表した。スーパーボウル終了から2時間以内に特設サイト(dsg.com/rushmyshirt/)からTシャツを注文すれば2時間以内に届けるというもの。在庫が無くなり次第、宅配キャンペーンは終了する。在庫が残っていれば翌日の朝9時から再び販売を始めるという。またディックスは、ウーバーラッシュの基本手数料3ドルと配送距離が1マイル毎に加算される4ドルの送料分を負担することで宅配料が無料となる。
 ウーバーラッシュは配車サービスを展開するウーバー(Uber)が小売店やレストランなどに提供している当日宅配サービス。ウーバーラッシュは昨年10月からニューヨークとシカゴ、サンフランシスコの3都市でサービスを正式に開始した。当日宅配サービスはウーバーと契約した人が、場所によって自動車や自転車、徒歩で配達する。スポーツ用品チェーンのディックス・スポーティング・グッズは47州に645店を展開している。  続きを読む
Posted by usretail at 04:59Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年02月06日

【4Kテレビ】、4Kでないスーパーボウルも4Kテレビで!60インチも1000ドル以下に?

160206サムスン@ベストバイ
■スーパーボウルはアメリカンフットボールの最高の試合であり、全米が熱狂する最大のスポーツイベントだ。今年は2月7日、カリフォルニア州サンタクララにあるリーバイス・スタジアムで開催され、カロライナ・パンサーズとデンバー・ブロンコスが対決する。スーパーボウルは毎年、多くの小売チェーンにとっては書き入れ時となる。特にテレビを販売する家電店にとっては1年で最も忙しいピークを迎える。全米小売業協会(NRF)の調査によると、今年は約1.89億人が第50回スーパーボウルを視聴すると見られている。そのためテレビの買い替えがこの時期に進むのだ。最近行われた調査でもそれを裏付けている。クーポンなどを発行するファットウォレットが行った「テレビ購入者調査(TV Buyer Survey)」によると26%の人が今年テレビを買い替える。そのうち実に4人に一人となる25%スーパーボウルセールが最もテレビを買うには良い時期だと答えており、ブラックフライデーと答えた18%より突出した数字となっている。価格帯では500ドル以上と答えた人は55%と半数以上となっており、500ドル以下とした45%よりも多数なのだ。700ドル以上と答えた人は27もいる。価格が高いテレビは一般的に大型となる。40〜54インチを購入する予定とした人は43%となり、さらに大きい55〜69インチでは36%、ジャイアントサイズの70インチでも5%の人が購入計画と答えているのだ。そして一部のコンテンツに4K動画も増えていることから、4Kテレビを今年購入するとした人は46%にも上った。 大手チェーンストアやアマゾンは4Kテレビの価格を下げて熱心にセールを行っている。全米最大の家電量販店のベストバイではソニー49インチ4Kテレビを200ドル値下げして800ドルに、同55インチ4Kテレビを1,200ドル、サムスン55インチ4Kを1,000ドルでセールにしている。ウォルマートではサムスン50インチ4K(60Hz)を850ドル、ビジオ50インチ4K(120Hz)を598ドル、LG55インチ4Kを698ドルで販促を行っている。アマゾンではサムスン60インチ4Kが1,000ドル、同55インチ湾曲4Kが1,000ドル、同50インチ4Kが800ドルとなっている。2年前からプロモコード販促を行っているフライズ・エレクトロニクスでは、サムスン65インチ4Kを1,197ドル、LG65インチ4Kを899ドル、サムスン55インチ4Kを797ドル、LG55インチ4Kを599ドルとそれぞれ目玉にしている。
 第50回スーパーボウルを放送するCBSでは5Kカメラを導入し撮影(記録)するものの、4K放送は行わない。それでも4Kテレビは価格が下がったことで昨年以上に売れるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 05:19Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2016年02月05日

【カスタマーレビュー】、4.2〜4.5が5ツ星レビューで最高!低評価も実はプラスに影響?

160205アマゾンベストセラー(ビジネス)
■オンラインストアでショッピング経験のある人は誰もが、カスタマーレビューを参考にした経験があるだろう。5ツ星レビューでは5.0をつけた最高評価レビューよりも、評価の低いレビュー内容を中心に読んだ経験は誰にもあるはずだ。実際、5.0の最高評価しかなければレビューも嘘くさくなり、本物の利用者が評価した文章ではないと疑ってしまう。できすぎた高評価だけではカスタマーレビューそのものの信用性を落とし参考にならなるのだ。このほど、イリノイ州シカゴ郊外にある名門私立大学ノースウェスタン大学とカスタマーレビュー管理ソリューションサイトのパワーレビューが共同でカスタマーレビューの影響力について興味深い調査結果を発表した。40種類に亘る商品カテゴリーを分析した「ノースウェスタン大学研究:レビューから売上(Northwestern Study: From Reviews to Revenue)」によると、5ツ星評価で購入に結びつく最も影響力のある評価ポイントは4.2〜4.5となった。一方、それ以上に高い評価となる、5.0に近づくポイントでは、商品を購入する可能性が低下する結果となった。5.0ポイントでは評価が高すぎて嘘くさく感じ、無視する傾向があるのだ。また、1.0〜3.0では購入への影響力がほとんど見られなかったという。調査では「消費者は『全ての人に最高な商品はない』と認識しており、購入を決定過程においてはマイナスな評価を参考にしている」と分析している。パワーレビューズ(PowerReviews)が800人の消費者を対象に行った調査によると、82%は低評価なカスタマーレビューを特に注意して見ていると回答している。
 自社が提供している商品やサービスにネガティブな評価がつくと、どうしても気になるものだが、低評価は逆に5ツ星の評価の信頼度をあげることになるのだ。

トップ画像:アマゾンのビジネス書籍ベストセラーでは近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法(The Life-Changing Magic of Tidying Up: The Japanese Art of Decluttering and Organizing)」がトップだ。7,700以上のカスタマーレビューが付いた5ツ星評価では4.4ポイントとなっている。購入する可能性が最も高くなる4.2〜4.5ポイントに入っているからベストセラーになってる、ともいえるのだ。  続きを読む
2016年02月04日

【アマゾン】、最大400店の書店チェーンを計画!SCのトップが勢いで言ってしまった?

160204アマゾン・ブックストア
■ネット通販最大手のアマゾンが300〜400店の実店舗を出店するとメディアが報じた。、アメリカ国内に120ヵ所のショッピングモールを展開するゼネラル・グロース・プロパティーズ社が第4四半期のカンファレンスコールで同社CEOのサンディープ・マスラニ氏が明らかにしたことをウォール・ストリート・ジャーナル紙などが引用して伝えた。マスラニ氏が質疑応答で年末商戦の客数などについて尋ねられた時「事例を挙げれば、アマゾンは実店舗をオープンする計画で、わたしの理解では300〜400店舗を目指している(Just case in point, you go to Amazon opening bricks and mortar book stores and their goal is to open as I understand 300 to 400 book stores)」と述べ、すでに実店舗をオープンしているボノボスやウェビーパーカー、バーチボックスの例を挙げながらラストマイルとしての実店舗の重要性を強調した。一方、アマゾンの書店チェーン計画についてはメディアもアマゾンからの確認は取れていない。
 アマゾンは昨年11月、ワシントン州シアトルのショッピングセンターにリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をオープンした。150坪の広さに約5,000冊と絞り込んでいるアマゾン・ブックスでは、「面陳(面陳列)」や「面展(面展示)」で陳列された本にアマゾンストアでの星数評価やカスタマーレビューを記載したカードがそれぞれ設置されている。また書籍価格は「ダイナミックプライシング」を採用しているオンラインのアマゾンストアと同一となっており、プライスカードによる価格提示は行っていない。書店では珍しい返品制度も掲げており、本が気に入らなかった場合など購入から30日以内に返品すれば返金する。アマゾン・ブックスには書籍のほか、アマゾンが手がける電子書籍用リーダーのキンドルやタブレットのキンドルファイア、ファイアTVなどもデモンストレーション用に並べられている。営業時間は感謝祭とクリスマスを除き、平日は9:30am〜9:00pm、日曜日は11:00am〜6:00pmとなっている。なお、アマゾンストアで購入した商品をお店でピックアップするサービスは行っていない。  続きを読む
Posted by usretail at 04:34Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年02月03日

【ゲルソンズ】、ハリウッド2号店!アッパーデッキでマカロンデートも出店増にチョイ不安?

160203ゲルソンズ@ハリウッド
■高級スーパーマーケットのゲルソンズ・マーケットは1日、ハリウッド地区にハリウッド2号店をオープンすることを発表した。新規出店する場所はサンセット大通りとガーナーストリートの交差点で、マンズ・チャイニーズシアターから南西に車で5分程度(約1.5キロメートル)の距離。ハリウッド1号店から4キロメートル西にあり、またウエストハリウッド店からは東に2.4キロメートルとなっている。2018年の第1四半期中にオープンを予定しているハリウッド2号店は、入り口がガラス張りのモダンなファサードで外壁は羽板形状を模している。人口密度が高いハリウッドの土地柄、十分な土地がないため駐車場はルーフトップ(屋上)を利用したものとなる計画だ。1951年創業のゲルソンズは異例の速さで出店を加速している。同社の親会社となるアーデングループが2013年12月、投資企業のTPGに売却したことを発表。投資企業のバックアップを受けていることで昨年、南カリフォルニアから撤退したヘイゲンから8店を買収した。今年1月にはサンディエゴで1号店となるデル・マー店をオープンした。ヘイゲンを改装した店舗は1,340坪で同社としては最大のサイズとなる店舗だ。また1月28日にはパームスプリングの東にあるランチョ・ミラージュ地区に、旧ヘイゲンからの改装店をオープンした。同社としては20店目となる新店が今月18日、サンディエゴ2号店としてカールスバッド地区にオープンとなっている。また、サンディエゴ郊外のラホーヤ近くにあるパシフィックビーチに、サンディエゴ3号店が今春にもオープンする予定だ。2016年中にはロサンゼルス郊外のサンタモニカやサウザンドオークス、ラグナビーチ、ラデラランチにそれぞれオープン予定で、数年で30店舗近くにまで拡大する。
 高級スーパーの出店加速で南カリフォルニアのスーパーマーケット事情はさらに大きな変化を迎える兆しだ。

トップ画像:ハリウッド2号店の完成予想図。撤退したヘイゲンを8店入手したことで2018年にはゲルソンズは30店近くの展開となる。  続きを読む
2016年02月02日

【アルディ】、オーガニックにフリーフロム、健康的なレジ?中南米系チェーンに苦戦も?

160202レジ回り@アルディ
■ディスカウントスーパーマーケットのアルディがホールフーズのような健康的なイメージを強化している。プライベートブランドから人工添加物の使用を順次止めているアルディは昨年10月、グルタミン酸ナトリウム(MSG)、硬化油(PHOs)、合成着色料の使用を止めることを発表した。さらに同社は先月12日、レジ回りに衝動購入を誘発するキャンディ類の販売を止め、ナッツ類やドライフルーツ、トレイルミックス(スナック食品健康ナッツ)、グラノーラバーなど健康的な食品を置くことを発表した。チョコレートや菓子を置いていない「より健康的なチェックレーン(Healthier Checklanes)」は今年末までに全店に導入される。同社には125種類の人工添加物を使っていない「シンプリー・ネーチャー(SimplyNature)」やグルテンを使っていない「リブGフリー(liveGfree)」などのプライベートブランドがあるが、加工肉ブランドの「ネバーエニー(Never Any!)」を新たに加える。ネバーエニーでは抗生物質や成長ホルモンなど添加物を使用していない精肉や、原料に皮膚や毛、筋肉、骨などの動物由来成分を一切含まない加工肉を使う。アルディはオーガニック品の取り扱いを増やすほか、キヌアやスモークサーモン、ココナッツオイル、製法にこだわったアルチザン・チーズなど健康的な商品も拡大していく。
 32州に1,500店近くを展開するアルディは早ければ来月にも南カリフォルニアに1号店をオープンする。

トップ画像:アルディのレジ回り。衝動購入を生じさせるようにポテトチップスやクッキーが置かれている。全店に導入される「より健康的なチェックレーン(Healthier Checklanes)」では、ナッツ類やドライフルーツ、トレイルミックス(スナック食品健康ナッツ)、グラノーラバーなど健康的な食品に取って代わる。  続きを読む
2016年02月01日

【返品】、寛大な条件ほど売上増!ユニクロのヒートテックはアメリカでなぜ売れないか?

160201ユニクロ34丁目店
■小売業界にとって1月は山のような返品に対処しなければならない繁忙期となる。あまりセンスのよくないセーターや退屈なオモチャを返品するため大手チェーンストアのカスタマーサービスに行列ができる。クリスマス後の年間行事にとどまらず、返品は小売業界にとって大きな負担だ。2014年だけでも2,840億ドル分の商品が返品となった。最近はオンラインショッピングが増えていることで返品も上昇している傾向にある。スマートフォンで気軽に買い物すれば、返品もより多くなることは想像に難しくない。小売業界の返品率は平均でおよそ8%だが、実物を見たり確認できないオンラインショッピングでは返品率は急激にあがるのだ。その一方で返品が小売店にプラスの結果を与えているとの報告がテキサス大学ダラス校から出された。購買と返品についての複数の研究結果を統合し、より高い見地から分析するメタアナリシスを用いた結果では、30日間や90日間などの「返品期間」や、一部もしくは全額などの「返金額」、セール品など除外される「返品対象」、オリジナルの包装やパッケージ、値札の有無などの「商品コンディション」、ストアクレジットや代替商品の取り換えの「交換」の5つの条件で調べた結果、寛大な返品条件であるほど返品は増えるものの売上を増大させているという。返品期間を延ばすほど「保有効果(Endowment effect)」で返品率が下がるのだ。保有効果とは、自分が所有するものに高い価値を感じ、手放したくないと感じる心理現象のことをいう。返品期間2週間では返品しやすいが、90日近くも所有していると保有効果が働き返品しにくくなるのだ。
 返品はお店の最終利益を損なうが、売上を上げるということでは効果があるのだ。

トップ画像:ユニクロ・ニューヨーク34丁目店。ユニクロはアメリカでも最悪の返品条件?  続きを読む
2016年01月31日

【ウェグマンズ】、ノースカロライナ州1号店でパブリクスと対決!勝者はいつも消費者?

160131ウェグマンズ
■ニューヨーク州など東部5州に88店を展開するスーパーマーケットのウェグマンズがノースカロライナ州に1号店を出店することを明らかにした。ウェグマンズのスポークスマンが地元ローカル紙に送ったメールによると、1号店はノースカロライナ州ローリー近郊のケーリー・タウンセンターSC(Cary Towne Center)の隣にできる商業施設にオープン予定としている。現在は開発業者のコロンビア・デベロッピンググループ(Columbia Development Group LLC)と最終的な交渉段階であり、早ければ第1四半期中にも最終合意に至るとしている。コロンビア・デベロッピンググループが開発を予定しているのは、小売やレストラン、オフィス、ホテル、アパートを含んだ11万坪の複合施設。その一角にウェグマンズが出店する。ウェグマンズ・ノースカロライナ1号店の出店で極めて興味深いことがおこる。パブリクスとの対決だ。ウェグマンズはコンシューマーレポート誌が行っているスーパーマーケット総合評価ランキングで常にトップとなる超人気スーパーマーケットだ。一方、フロリダ州など東南部6州に1,110店を展開するパブリクスも2015年のランキングでは68社中、2位となる人気を誇っている。顧客満足度調査を行うJDパワーズが発表した「2015年全米ファーマシー調査(The 2015 U.S. Pharmacy Study)」でウェグマンズは、1,000ポイント中887ポイントの高得点をつけた。ウェグマンズは薬局チェーンやメールオーダーを凌ぎ、総合評価でも1位に輝いたのだ。パブリクスも871ポイントをつけスーパーマーケットが展開するファーマシーで、ウェグマンズに次いで2位となった。
 ウェグマンズ出店予定先の近隣には、クローガー傘下となったハリスティーターもあることでさらに面白い対決が見れそうだ。  続きを読む
2016年01月30日

【グローサリーランナーズ】、クローガー専用のストアピックアップ代行・宅配サービス?

160130グローサリー・ランナーズ
■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーはネットで注文してお店でピックアップする「クリックリスト(ClickList)」のテストを行っている。クリックリストは、同社のオンラインサイト(kroger.com/onlineshopping)にある生鮮品など約4万品目から注文・決済し、翌日の午前8時〜午後9時までに時間を指定してピックアップできるサービスだ。ピックアップは所定のパーキングスポットに車を停め連絡すれば、スタッフが商品をもってトランクに詰めてくれる。1回あたりの注文手数料は4.95ドル。初回3回まで手数料は無料となっている。クリックリストは本社のあるオハイオ州シンシナティ近くのクローガー・マーケットプレイスで昨年6月から開始され、現在はケンタッキー州レキシントン、テネシー州ナッシュビルなど傘下のスーパーを含めて、40店以上まで拡大されている。クリックリストを併用したストアピックアップ代行&宅配ビジネスが今年1月からスタートした。グローサリー・ランナーズ(The Grocery Runners)はクリックリストで購入した商品を顧客の代わりにお店で受け取り宅配するサービスだ。料金は1回あたり10ドルに購入金額の4%となっている。クリックリストで100ドル分の生鮮品等を購入した場合、グローサリー・ランナーズに14ドルを支払うことになる。クリックリストの手数料4.59ドルを含めると20ドル近くになる。グローサリー・ランナーズへの支払いはキャッシュ以外のビザやマスター等のクレジットカードとなっている。使い方はクリックリストで注文後に送られる確認書から商品総額と注文番号、ピックアップ時間をグローサリー・ランナーズにある所定のフォームに入力する。グローサリー・ランナーズは創業間もないことから、ピックアップできる店はシンシナティのクローガー1店のみとなっており、デリバリー対象地域も現在は限定的となっている。デリバリーサービスは毎日、朝8時〜夜9時。なおクローガーとは提携していない。
 オンデマンド買物代行・宅配サービスではインスタカートやシプツが先行しているが、クローガーのクリックリストに絞ったピックアップ代行・宅配サービスがどの程度需要があるのか注目されている。  続きを読む
2016年01月29日

【アマゾン】、キンドルカード!火花や下町ロケットもアマゾン図書カードで別のモノに?

160129アマゾンギフトカード
■日本では本のギフトカードである図書カードがある。図書カードに記されている金額内で書籍や雑誌を購入できるプリペイドカードだ。入学や進学のお祝いなどプレゼントで使われることが多い。ネット通販最大手のアマゾンが電子書籍端末「キンドル」用に図書カードのテストを行っている。ワシントン州シアトルなどで61店を展開するバーテルドラッグスでは先月から「キンドルカード(Kindle Card)」を販売している。キンドルカードには、アンディ・ウィアー氏の小説「火星の人(The Martian)」などベストセラー本の題名が記載されたカードと、キンドルの定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド(Kindle Unlimited)」の2種類がある。タイトルのついたキンドルカードにはメッセージの書き込み欄や金額の他、本の内容紹介やカスタマーレビューも記されている。贈られた側がすでに読んでしまっていたり、読みたくない場合には記載されている金額をアマゾンでギフト券にでき、書籍以外も購入できるようになっている。キンドルカードに記載されている金額と値下げ等によりキンドルブックの実際の購入額に差があれば、差額分がクレジットとしてギフト券残高になる。キンドルブック読み放題のキンドルカードは3ヶ月間(29.99ドル)と6ヶ月間があり、こちらのサービスも不要なら同額のクレジットが可能となっている。ギフト券の残高から新たにギフト券を購入して人に贈ることもできるので、キンドルカードによるギフト券の使いまわしも可能となるのだ。
 日本でもいずれ「火花」や「下町ロケット」のタイトルでキンドルカードが販売されることになるのかもしれない。贈られた側がキンドルを持っていなかったり、読み終わっていても、アマゾンで本以外の商品も購入できるので図書カードよりも便利だろう。

トップ画像:アマゾン・ギフトカード。ワシントン州のドラッグストアでテストを行っている「キンドルカード」はこれとは別であり、ベストセラー本の題名が記載されたカードと、キンドルの定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド(Kindle Unlimited)」の2種類がある。  続きを読む
Posted by usretail at 05:04Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年01月28日

【スターバックス】、記録的な伸びはモバイルオーダー&ペイ!スーパーも見過ごせない?

160128スターバックス
■スターバックはアメリカ国内のコーヒー市場を開拓し成長した。同社はデジタル注文でも先駆者になろうとしている。スターバックスが21日に発表した第1四半期(10月〜12月期)では売上高が前年同期比12%増となる53.7億だった。連結の既存店・売上高前年同期比は8%増となった。国内の既存店ベースは9%の増加となり、過去5年間では最大の伸びを記録した。記録的な伸びを支えたのが、同社のアプリ経由でコーヒーやラテなどを注文する「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」だ。スターバックスでは昨年9月から、お店のレジに並ぶことなく所定の時間にピックアップできるサービスを全米の店舗で展開したことで売上を伸ばしたのだ。同社COOのケビン・ジョンソン氏はコンファレンスコールで「アメリカ国内の10月〜12月期は、21%がアプリ経由の支払いで12月だけでも22%に増加しており、1月にはさらに増加傾向にあります」と話し「12月期だけでも100万人以上のお客様がモバイルオーダー&ペイを使用し、同じお客様が12月に平均で5回モバイル注文され売上に大きく貢献しているのです」と述べた。また「モバイルオーダー&ペイは1ヶ月当たり600万件以上となっており成長しています」と続け、「多くの繁盛店では朝のピーク時、モバイルオーダー&ペイは全体の10%を超えています。これはほんの始まりにすぎません」と明かした。
 スターバックスは2014年12月、オレゴン州ポートランドの一部店舗でモバイルオーダー&ペイのテストを開始。3ヶ月後にはオレゴン州やワシントン州など4州に展開する650店舗にテストを展開した。昨年の夏には17州の4,000店近くにまで拡大し、9月に7,400店以上の直営店で開始した。スターバックスによるとモバイル経由では客単価が高くなる傾向としている。  続きを読む
Posted by usretail at 05:04Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年01月27日

【ウォルマート】、類のない賃上げ!オムニチャネル化でハッピーなみどりの窓口が必要?

160127ウォルマート
■全米最大の雇用者となるウォルマートが20日、ウォルマートUSやサムズクラブで働く従業員約120万人の賃金を上げることを発表した。2月20日に実施される賃上げは27億ドル(約3,200億円)の規模に達し、民間企業が1日で実施される賃上げ額として過去最高になるという。一方で来年度の利益は最大12%押し下げられる見通しとなっている。ウォルマートは昨年2月に賃上げを発表。昨年4月に最低時給を9ドルに上げ、16年はさらに10ドルへ上げる方針を示していた。今回はその具体策で15年12月31日までに入社した従業員は最低時給が10ドルに、それ以降に入った従業員は9ドルから仕事を始めるが、6か月間の研修後に10ドルに上げる。また賃金カーブも見直し、年間の賃上げ率は2%になるという。フルタイム・スタッフの平均時給は13.38ドルに、パートタイマーは同10.58ドルに増える。なおウォルマートはフルタイムスタッフとパートタイムスタッフの人数は明かしていない。同社COOのジュディス・マッケナ氏は「私たちはビジネスを単純化しながらアソシエイト(従業員)にも投資するようコミットしています。その結果、アソシエイトが成し得ることに限界がなくなるのです」と語っている。
 ウォルマートは16日、アメリカ国内で展開する小型店のエキスプレスストア全店を含むで154店と海外店115店を閉鎖すると発表した。  続きを読む
2016年01月26日

【JCペニー】、白物家電をテスト販売!メディアに提供された売場画像から「厳しい」?

160126JCペニー
■JCペニーは19日、一部店舗でアプライアンス(大型白物家電)をテスト販売することを発表した。テキサス州サンアントニオやカリフォルニア州サンディエゴ、フロリダ州タンパにあるJCペニーの22店舗で2月1日から90〜150品目の白物家電を販売する。白物家電は電子レンジやディッシュウォッシャー、洗濯機・乾燥機、IHレンジ(IHクッキングヒーター)、ガスレンジ(ガスコンロ)で、冷蔵庫などの家電は戸棚などを含んだビグネット(家具什器)で展示販売する。白物家電のショールームには専任スタッフが常駐し接客を行う。なお、導入ブランドはGEやホットスポット、LG、サムスンとなっている。JCペニーは1963年〜1983年まで自社ブランドの白物家電「ペンクレスト(Penncrest)」を店内で販売していた。33年ぶりに白物家電を復活させることについて、同社CEOのマービン・エリソン氏は「調査によると白物家電購入の決定権は女性にあり、我々のお客様の7割が女性客です。JCペニーに信頼をおく女性のお客様に白物家電販売でも衣類や日用品と同様に、より良くご提供できると思っています」と述べている。
 JCペニーが7日発表した年末商戦期(11月と12月の9週間)の速報によると、既存店・売上高前年同期比は3.9%の増加となった。同社はアメリカ国内に1,020店を展開している。  続きを読む
2016年01月25日

【メガネハット】、2016年わくドキ感激ライブ!定点観測も毎年なぜ異なって見えるのか?

160125アーバン00
■今年で8回目となった株式会社アーバンの視察研修は、隙間ない視察日程で盛況のうちに無事終了した。研修日程は、店舗見学前に毎朝2時間のセミナーを行い、視察時では見学だけでなく演習もおこなう。また移動中でも質疑応答や参加者からのアウトプットと休む暇なく学び続けるスケジュールとなっている。「リアルとネットが融合するオムニチャネル戦略」をテーマにモバイルを使ってO2O体験を行ったり、ストアコンパリゾン・ワークで陳腐化した日本のチェーンストア理論を確認する。視察研修後も、スカイプを使ったスカイプ・コンサルティング・セッションを行うのだ。厳しい現実を突きつけられるヘビーな内容だが、疲れることはない。参加者全員が知的な刺激をうけ前向きに考えられるからだ。すでに参加者からの声が続々と集まっている。
 参加者は「変化をしない店舗は衰退する。同じ事をやっていては確実に衰退すると言う事を実感致しました。失敗しても良い。チャレンジと失敗を繰り返す事で、成功に繋がっていくんだと思いました」「今回の研修で特に印象に残ったことは『ヘマをして当たり前』という言葉です。開拓精神が強く根付いているアメリカ故のチャレンジ精神に大きく感銘を受けたと同時に、手堅く変化を恐れているだけではいけないのだと考えさせられました」「日本は国民性質上周囲と歩幅を合わせることを良しとしている風潮がありますが、もっと自分の色を出し主張をすることの必要性を感じました。『出る杭は打たれる』日本と『出る杭は踊る』アメリカの違いがその企業成長の差を表しているとも思いました」とコメントしており、アメリカ小売業視察から変化の重要性を再認識した。
 また「アメリカ小売業がお客様に生涯顧客になってもらうため、IT投資と店舗への投資で、成功と失敗を繰り返しながら多種多様な仕掛けをしている中で、私達が何をしていかなければならないのかという事を深く考えさせられました」「デジタル(IT・Eコマース)が普及することに比例して、アナログ(我々の接客力やカスタマー・サービス)がますます必要になるということです。最先端の技術やスマホアプリに感動したのはもちろんですが、IT技術を早くに導入し、成功を収めている企業こそ、接客向上にも投資をしているというお話を伺い、ITはあくまでもお客様を呼び込むためのツールであり、実際に来店されたときの満足感は、私たち販売員のサービスによって生み出されるのだと知りました。」とアメリカ流通業のオムニチャネル化の動きに刺激を受け、大いなる気づきを得たようだ。
 今日は視察最終日となる3日目のセミナーや視察風景を掲載する。

トップ画像:ロサンゼルス・ダウンタウンにあるワービーパーカーのショールームでマネージャーらと記念撮影。  続きを読む
2016年01月24日

【メガネハット】、2016年わくドキ感激ライブ!視察研修でも「Just the way you are」?

160124メガネハット00
■千葉を中心に茨城や埼玉にメガネハットチェーンストアを展開する株式会社アーバンは18日、店長など現場スタッフ総勢20名でアメリカ流通視察研修をおこなった。同社を率いる山本精一社長は、アメリカからチェーンストアを学び、1988年の創業からメガネハットを50店以上にまで拡大した人物だ。山本社長は「私は経営者である多くの友人たちに『いまだにアメリカ流通視察やってるの?もうアメリカに学ぶものはないんじゃないの』とよく言われます。表面だけを見れば言われる通りかもしれません。店つくりやカラーコーディネーション等がここ最近大胆な変化をしていないからだと思います。我が社も、社内だけでのアメリカ流通視察ではそう感じると思います。ところが裏側というか水面下を説明してもらうことによって、驚愕します」と表面しか見ようとしない流通視察の問題点を指摘しながら「正にアヒルの水掻きです。表面的には悠々と水面を泳いでいる水鳥やアヒルの水面下の水掻きを視察に行っているのです。どんな水掻きを、どんな形で、どのくらいの頻度で、どのように掻いているのかは、有能なコンサルタントに指南してもらわなければ全く見えません。特に今回もホームデポのアプリのバージョンアップされたものを見せて頂き、その進歩に驚かされました」と記している。
 1月18日から3日間行われた「わくドキ感激!実践アメリカ流通セミナー」では「2016年!リアルとネットが融合する最新オムニチャネル戦略」をテーマに研修を行った。日本の5年〜10年先を見ながら、さらに5年〜10年先のことを考えていく研修だ。今日は2日目のセミナーや視察風景を掲載する。

トップ画像:オプトメトリスト(検眼医)の上原先生とターゲット・オプティカルのマネージャーと記念撮影。ターゲット・オプティカルは、イタリアに本社をおく世界最大の眼鏡メーカー、ルクソティカ傘下のリテールチェーンだ。上原先生の計らいで参加者はターゲット・オプティカルのマネージャーとも懇談することができたのだ。  続きを読む
2016年01月23日

【メガネハット】、2016年わくドキ感激ライブ!セービング・キャッチャーは場所を選ぶ?

160123アーバン00
■千葉や茨城、埼玉にメガネハット49店を展開する株式会社アーバンは18日、店長を中心に総勢20名でアメリカ流通視察研修をおこなった。1年ぶりとなるアメリカ研修の参加者は20代〜30代と若いスタッフが中心となり、激動するアメリカ流通市場を目を輝かせながら視察した。今回の参加者は店長2名に店長資格保持者2名、スシャリスト資格者の上位優秀など長年にわたり会社に貢献している社員で構成されている。視察参加者のほとんどは、海外旅行が初めてであり、アメリカも初体験となる。団長である山本精一社長は「今年で8回目と迎えるアメリカ流通視察研修は懇談先企業にも親交が厚くなり、大変有意義なものだった。単なる店舗見学では学びえないアメリカ流通業の地殻変動を目の当たりにし刺激的なものだった」と語っていた。
 1月18日から3日間行われた「わくドキ感激!実践アメリカ流通セミナー」では「最新!リアルとネットが融合するオムニチャネル戦略」をテーマに研修が行われた。撮影された画像数は800枚以上。この画像のうちいくつかを数回に分けてアップする。

トップ画像:ウォルマート・ビジョンセンターでスタッフを交えて記念撮影。株式会社アーバンの視察研修は今年で8回目となる。アメリカ流通視察研修は社内で最も人気の高いイベントとなっている。新たな気づきや刺激的な学習だけでなく、感動そして感謝という気持ちを育む勉強会だからだ。  続きを読む
2016年01月22日

【ウェグマンズ】、100周年◆チーズショップにオープンエアのミスティングケース導入?

160123ウェグマンズ
■ウェグマンズは1990年にプリペアドミールを開発、リワードクラブとなるショッパーズ・クラブも発表した。1991年にはダニーの長女であるコリーン、92年には次女のニコールがそれぞれ入社し、会長のロバート・ウェグマン、社長のダニーと親子三代で同じ会社に働く珍しいケースとなった。1997年にはフォーチュン誌で初回となる「最も働きがいのあるベスト100社」に選出され、2015年まで18回連続してランクインしている。1999年にはダニー・ウェグマンが食品マーケティング協会(FMI)の会長に選ばれ、FMIの前身であるスーパーマーケット協会(Supermarket Institute)の社長に就任(1967年)したうぇロバートと、親子二代にわたり著名団体のトップ就任の快挙を成し遂げた。
 2001年にはライフスタイル情報誌「ウェグマンズ・メニュー・マガジン」を創刊、2002年にはフルサービスのレストラン「テイスティング」をロチェスター郊外の店舗内にオープン(テイスティングは2009年に閉店)、2003年にはオーガニックPB食品の販売を始めた。2007年にはニューヨーク州カナンデイグア地区に50エーカー(約6万坪)で所有する有機野菜農園「ウェグマンズ・オーガニックファーム(Wegmans Organic Farm)」で初収穫を迎えた。2009年には総工費3,600万ドルをかけ1,500坪の商品開発センター「ウェグマンズ・カルナリー・イノベーションセンター(Wegmans Culinary Innovation Center)」を開設した。同年にはペンシルバニア州カレッジビルの新店にフルサービス・レストラン「パブ(The Pub)」を設置、同時にニューヨーク州ピッツフォードにフリースタンディングのレストラン「ネクストドア・バイ・ウェグマンズ(Next Door by Wegmans)」をオープンした。ネクストドアはオーガニック食材を使い、寿司にパスタ、ハンバーガー、ピザ、ステーキなどをサーブするオープンキッチンのフルサービス・レストラン。
 2010年にはモバイルアプリを発表。翌年、メニューマガジン10周年に合わせて内容を一新し、QRコードでスマートフォンでのウェブアクセスを可能にした。2013年にはロチェスターにある店舗の隣に2階建てのイタリアンレストラン「アモーレ・イタリアン・レストラン&ワインバー(Amore Italian Restaurant & Wine Bar)」をオープンした。2014年にはアメリカでは最大規模となるハイテク・チーズ熟成室「チーズケーブ(cheese caves)」をオープンした。2015年には全米で顧客満足度調査を行うJDパワー&アソシエーツのファーマシー調査において、ウェグマンズがパブリクスやHEB、クローガーを抑えてスーパーマーケット部門中トップとなった。
 昨日に続き、以下にウェグマンズのリテール・イズ・ディテールを取り上げる。  続きを読む
2016年01月21日

【ウェグマンズ】、100周年 最新店のリテール・イズ・ディテールはこの画像を見よ?

160122ウェグマンズ
■ニューヨーク州やニュージャージー州など6州に88店を展開するウェグマンズは今年で100年を迎える。ウェグマンズは、現CEOのダニー・ウェグマンの祖父にあたるウォルター・ウェグマンと兄弟のジョン・ウェグマンが1916年にニューヨーク州ロチェスターに食料品店「ロチェスター・フルーツ&ビジタブル・カンパニー(Rochester Fruit & Vegetable Company)」をオープンしたのが始まり。ウォルターとジョンの兄弟は1930年(昭和5年)、当時としては画期的な300席のカフェテリアを持つ560坪の店舗をオープンした。1937年にはウォルターの息子で、のちにウェグマンズを飛躍的に発展させたロバート・ウェグマンが入社。1940年に冷凍食品を導入。1947年には当時珍しかったセルフサービスフォーマットを取り入れた。1950年にはロバート・ウェグマン氏が31歳の若さで社長に就任し、4年後に利益分配制度と退職年金制度とを結びつけた従業員利益分配制度を発表、1959年には現在のグルメフードの原型ともいえる珍しいグルメ食品なども展開し始めた。息子のダニー・ウェグマンが1964年に入社した後もウェグマンズは進化・改善を続け、1965年には入り口にエアカーテンを取りつけた22店舗目をオープン、1967年には養鶏場を所有するにいたっている。1970年には売上1億ドルを突破、1971年にはニューヨークの一部店舗で24時間営業を開始、1972年にはファーマーシーを導入、1974年にはシーフード部門をオープンし、銀行業務をスーパー内に併設した。1976年にはダニー・ウェッグマンが社長に就任している。1980年にはインストアベーカリー、1983年には226アイテムの量り売りコーナーの設置。1987年にはフォーチュン誌によるスーパーマーケット最優秀カスタマーサービスを受賞した。(明日に続く)
 以下に昨年10月にオープンしたウェグマンズ・ウエストウッド店(ボストン郊外)のリテール・イズ・ディテールを取り上げる  続きを読む
2016年01月20日

【ホームデポ】、スタジオストア!映画「アントマン」の裏方スタッフが買いに来るお店?

160121ホームデポ・スタジオストア
■ホームセンター最大手ホームデポは過去5年間、ほとんど店舗を増やしていない。2001年〜2005年まで毎年、平均で156店も出店していたのも関わらず、2010年〜2015年にかけてほとんど増えていない。ただし例外的に、新規に出店したところもある。2014年4月にオープンした1,260坪となる小型のホームデポは、一般には開放されていないプロ専用の店舗だ。ジョージア州ファイエット郡の映画スタジオ「パインウッド・アトランタ・スタジオ(Pinewood Atlanta Studios)」にあるホームデポ・スタジオストア(The Home Depot Studio Store)は、映画やテレビの撮影用資材・建材等を販売するお店だ。27万坪という広大なスタジオ内にあるため一般に開放されていない。通常のホームデポと違い、店の前に停まっている車もわずかで、買い物客もいない。スタジオ関係者しか買いに来ないため、いつも静かなのだ。ホームデポ・スタジオストアのスタッフも通常のスタッフとは異なり「キャスト」と呼ばれ、撮影の詳細について外部に漏らしてはならない秘密保持契約まで結んでいるのだ。たまにスタジオ内で撮影中の映画俳優もこの店に訪れることがあるという。ただ、お客のほとんどは監督やプロデューサー、制作・美術スタッフなど裏方のスタッフだ。扱っている商品は、撮影用セットの大道具で使う資材・建材を中心に撮影スタジオ御用達ペンキから撮影機材用のハードウェアなど特殊製品にも及んでいる。スタジオ専用ホームセンターがホームデポの事業になるのか?と心配になるのだが、撮影予算数百万ドルの30%がセット等の建設資材に向けられるため、ビジネスモデルとして継続可能となるだという。スタジオ専用店舗の大きな課題は、撮影スピードや異例なリクエストにも応対できるようにすることだ。映画撮影では急な予定変更で新たなセット等が必要になることもあり、スタジオストアも柔軟に対応できなければならない。例えば、冬の野外の撮影時で、エキストラ1,000人分のハンドウォーマーの急な依頼があったそうだ。
 ホームデポ・スタジオストアで購入された資材でセットが組まれ、「アントマン(Antman)」や「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー(Captain America: Civil War)」が撮影されている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:32Comments(0)TrackBack(0)ホームセンター
2016年01月19日

【アルディ】、南カリフォルニアの激戦区では異母兄弟の相手でも近距離でぶつかり合う!

160119アルディ
■32州に1,400店を展開するアルディは今年、ロサンゼルス郊外に45店舗をオープンする。3月にカリフォルニア1号店をオープンしたのち7月末までに25店舗を、年末までに20店舗を追加オープンする計画だ。南カリフォルニアの本部はディストリビューションセンターがあるモレノバレー地区。その近辺から店舗数が増えていくことになる。アルディが明らかにしている南カリフォルニアの出店先住所は22ヵ所だ。ロサンゼルス郡はロサンゼルス国際空港に近いイングルウッド地区やロサンゼルス・ダウンタウンから15分の距離にあるサウス・ゲート地区など8ヵ所の住所を明らかにしている。オレンジ郡ではディズニーランドがあるアナハイム地区など3ヵ所だ。ロサンゼルスから東に位置するサンバナディーノ郡やリバーサイド郡では出店先11ヵ所を明らかにしている。
 アルディのルーツは、カール・アブレヒト氏とテオ・アルブレヒト氏兄弟の母親が1913年に始めた食料品店にさかのぼる。二人は1946年に店を引き継ぎ、1960年にはドイツ国内に300店舗を展開、1962年には社名をアルディにした。煙草販売を巡って兄弟で揉めたことでカールがアルディ・シュド(Aldi Sud)、テオがアルディ・ノルド(Aldi Nord)と会社を二つに分けた。アルディ・シュドの傘下にアメリカ国内でアルディを展開するアルディUSAがあり、一方のアルディ・ノルドは国内40州に450店を展開するトレーダージョーズをもつアルディ・インターナショナルを傘下にしている。なお、トレーダージョーズはロサンゼルス郊外モンロビア市に本社がある。アルディの南カリフォルニア市場参入でトレーダージョーズの地元でアルディはいわば兄弟と戦うことになるのだ。カリフォルニア進出で近距離でぶつかり合う場所がある。ロサンゼルス・ダウンタウンから100キロ北にあるパームデール(740 W. Rancho Vista Blvd., Palmdale 93551)だ。アルディとトレーダージョーズはおよそ500メートルを隔てて競い合うことになる。
 コンシューマーレポート誌のスーパーマーケット評価ランキングではトレーダージョーズ(87ポイント)は3位、アルディ(81ポイント)は14位だった。トレーダージョーズ信者の多い地元で、アルディがどれだけ善戦するのかを期待したい。  続きを読む
2016年01月18日

【メイシーズ】、Eコマース成長も実店舗売上は前年割れ!オムニチャネルの失敗原因は?

160118ワンデーセール@メイシーズ
■「メイシーズ」と「オムニチャネル」の2語で検索すると「メイシーズはオムニチャネル化で成功している」との記事が多数出てくる。メイシーズは2011年度の決算書で「オムニチャネル企業を目指す」と宣言したことで注目を浴びた。当時は業績も好調で、メイシーズはオムニチャネルの先駆者として紹介されていたのだ。つい最近まで成功事例として取り上げられていた。しかし実際にはメイシーズの既存店・売上高前年同期比は下がり続けている。直近の第3四半期では減収減益となり、既存店ベースも3.6%の減少となった。11月〜12月の既存店ベース(ライセンス事業を除く)も同5.2%の減少だ。既存店・売上高前年同期比が5年ぶりとなる低水準に陥っているのだ。業績不振によりメイシーズの株価は昨年1年間で47%も下げることになった。一方で、メイシーズのEコマースは現在も成長している。メイシーズのCFOカレン・フーゲット氏は第3四半期のカンファレンスコールで「全体の決算は残念だが明るいところがある」として「デジタルの売上は極めて強い」と強調していた。つまり「オンラインストアの成長がお店に波及していない」ということになる。メイシーズのオムニチャネルは機能していない。なぜか?
 メイシーズのオムニチャネル化でボトルネックとなっているのは従業員の給与・評価システムだ。メイシーズの販売スタッフはそれぞれID番号を持っている。接客したお客が買い物をしたとき、自分のID番号を入力することで、販売スタッフの給与や評価に反映されるのだ。1日の販売目標が決まっており、それを上回る販売を行うと昇給や昇格の評価対象となる。コーチやマイケル・コースなどブランドショップを専門にする販売スペシャリストは歩合給となっている。150年以上の歴史を持つメイシーズには長いキャリアのスタッフも少なくない。当然、贔屓のお客とは顔見知りの間柄となる。こういった得意客がリアル店舗で購入せず、メイシーズのオンラインストアで購入するとどうなるだろうか?メイシーズのオンラインストアで購入するとき、お客様は販売スタッフのID番号を入力することはない。当然、ネットでいくら売れても販売員の実績にならない。たとえオンラインで購入し、メイシーズの顔見知りのスタッフから商品を受け取っても、彼らの実績にはならない。つまり贔屓のお客がネットで購入すればするほど、販売スタッフの実績は上がらなくなるジレンマを抱えているのだ。結果、販売スタッフは顧客にオンラインでの買い物を積極的に進めない。無論、店長であっても同様だ。お客の多くがオンラインストアで買い物するようになれば目標予算も達成できなくなってしまう。ストアピックアップが増えればスタッフの接客もできなくなってしまうのだ。
 メイシーズの実店舗ではストアピックアップを示すPOPはどこにも見当たらない。現行のオムニチャネル化は実店舗にとってはデメリットでしかないのだ。

トップ画像:メイシーズのワンデーセールのPOP。メイシーズのワンデーセールは不定期だが頻繁に行っており、一般化している。お客はセールにならされてしまう。  続きを読む
Posted by usretail at 04:17Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2016年01月17日

【ウェグマンズ】、ライルスタイル情報誌!スーパーも140ページオールカラー誌を発行?

160117メニュー@ウェグマンズ
■ニューヨーク州やニュージャージー州など6州に88店を展開するウェグマンズは、同社のショッパーズ・クラブ会員向けに「ウェグマンズ・メニュー・マガジン(Wegmans Menu Magazine)」を発行している。ウェグマンズのライフスタイル情報誌となるメニューはオールカラーとなる季刊誌だ。1年に冬号・夏号・秋号・ホリデー号の4回発行され、2001年の冬号からすでに60冊も発行されている。100ページ以上にも及ぶコンテンツにはお料理レシピやウェグマンズのPB商品の記事やスタッフ紹介、デリやベーカリーなどのクーポン、おススメのワインや地ビールにおつまみ、インテリアアドバイス、専属シェフによる読者からのQ&Aなど盛りだくさんの内容だ。特に旬な野菜を使ったお料理レシピは70種類近くにも及び、レシピで使う材料はウェグマンズで購入しやすいようにパッケージを写真で表示、売り場まで記している。2015年ホリデー号は140ページのオールカラーで、リージョナルスーパーマーケットが発行している情報誌と思えないほどの充実した内容となっている。ウェグマンズは2007年から自社でオーガニック農園「ウェグマンズ・オーガニック・ファーム(Wegmans Organic Farm)」を運営しているが、メニューに掲載されているオーガニック・ファームの記事をスマートフォンでスキャンすると農園スタッフからの最新メッセージ動画や旬の野菜を使ったレシピ動画を見ることもできるのだ。2015年ホリデー号ではスキャンニングすると自社農園からテスト収穫した有機ダンデライオン(西洋タンポポ)と有機チェリートマトについての育成や食べ方の紹介ビデオがアップされている。
 ウェグマンズは紙媒体による情報発信を行い、顧客ロイヤリティを高める地道な努力を続けているのだ。

トップ画像:ショッパーズ・クラブ会員向け「ウェグマンズ・メニュー・マガジン(Wegmans Menu Magazine)」は2001年冬号の創刊からすでに15年の年月が経っている。2015年ホリデー号では140ページのボリュームでオールカラーだ。一貫した情報発信の姿勢により、顧客との信頼を盤石にしている。  続きを読む
2016年01月16日

【ウォルマート】、未曾有な269店閉店!エクスプレス全店閉鎖はシームレス実現のため?

160116カスタマーサービス@ネイバーフッドマーケット
■ウォルマートは15日、小型店のエクスプレス・フォーマットを含む269店の不採算店舗の閉鎖を発表した。ウォルマートが閉鎖するのはアメリカ国内の154店と、既に60店を閉鎖したブラジルの店舗を含む海外店115店となっている。閉鎖されるフォーマットの内訳は、2011年からテストを始めたエクスプレスストア全102店、ネイバーフッドマーケット23店、スーパーセンター12店、ディスカウントストア6店、サムズクラブ4店の他、プエルトリコ内に展開する7店となる。小型店のエクスプレスストアは2011年6月、アーカンソー州ジェントリー地区に420坪の1号店をオープン、2年前から店名をネイバーフッドマーケットに統合しながらもテスト出店を続けていた。今回の店舗スクラップにより1.6万人のスタッフが影響を受け、国内だけでも1万人が異動やレイオフの対象となる。なお、ウォルマートは2月1日から始まる2017年度中、国内に50店〜60店のスーパーセンターと85店〜95店のネイバーフッドマーケット、10店のサムズクラブを新規出店する予定。なお2015年11月30日時点でのウォルマートの店舗数は世界全体で1万1,598店に上り、うちアメリカ国内(スーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど)は4,655店、サムズクラブ655店、海外店6,288店となっている。今回の店舗閉鎖は世界全体に展開する店舗の2%、アメリカ国内では3%程度となっており、売上では1%未満としている。
 店舗閉鎖を発表した同じ日に掲載した同社CEOダグ・マクミラン氏のインタビュー記事で、マクミラン氏は「スーパーセンターの強化とネイバーフッドマーケットの最適化に集中しながら、既存店を生かしたシームレスな買い物体験を提供するためIT投資を行う」と語っている。

トップ画像:ウォルマート・ネイバーフッドマーケット最新店のカスタマーサービス。

15年1月16日 - 【ターゲット】、カナダから撤退!後藤がCEOなら年末を待たずに撤退を発表していた?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。269店の店舗閉鎖は、50年以上の歴史をもつウォルマートで前例のない事態です。一方で後藤にとっては驚くに値しないことでもあります。なぜなら、当ブログで指摘しているように「出店控えてIT投資」がアメリカ小売業のトレンドであり、2年前にエクスプレスストアの店舗名をネイバーフッドマーケットに統合した際「(エクスプレスフォーマットが)思うような結果になっていないのではとも考えられます」と推測しており、また、かねてから店舗閉鎖の噂が何度となく報じられていたからです。ちょうど1年前となる2015年1月15日、ターゲットはカナダ市場からの全面撤退を発表しました。カナダ進出から2年足らずで全133店をスクラップにしたのです。アマゾンの台頭やオムニチャネル化でアメリカの最新チェーンストア理論がアップデートされ、それまでのドミナント戦略の定義も大きく変わってきているのです。一言でいえば「店舗至上主義の時代は終わった」ということ。  続きを読む
2016年01月15日

【ベストバイ】、年末商戦で既存店がマイナス!も11%も減少したhhグレッグよりはマシ?

160115ベストバイ
■ベストバイは14日、年末商戦の売上データを発表した。11月〜12月期の(11月1日〜1月2日までの9週間)の売上高は109.6億ドルとなり、前年同期の113.7億ドルから3.6%の減少となった。減収は昨年3月にカナダのフューチャーショップ66店をスクラップしたことが要因。アメリカ国内の11月〜12月期の売上高は100.5億ドルとなり前年の101.3億ドルから0.8%の減少だった。国内の既存店ベースは1.2%の減少となった。オンラインストアの売上高は前年から12.6%増加した(前年は同13.4%の増加)。カテゴリー別の既存店ベースでは全体の36%を占めるコンシューマーエレクトロニクスは4Kテレビ需要で4.3%の増加となったものの、42%を占めるコンピューティング&モバイルフォンはタブレットなどの低迷で6.7%の減少となった。売上の12%となるエンターティメントは0.5%の増加、6%のアプライアンスは13.4%の増加、修理等のサービス(全体の4%)は13.7%の減少となった。同社CEOのヒューバート・ジョリー氏はスマートフォンをアップグレードした顧客が期待したほど多くなかったことが売上高を圧迫したと説明。ただ、健康関連品やウェアラブル端末、ホームシアター、アプライアンスが牽引したことでモバイル製品を除けば国内の既存店ベースは前年同期を上回ったという。
 ベストバイは11月〜12月期の結果を受けて、第4四半期(11月〜1月期)の売上高見通しを前年同期比4%減に引き下げた。  続きを読む
Posted by usretail at 04:52Comments(0)TrackBack(0)家電専門店