2015年04月26日

【スぺシャルティフード】、ニッチが今やメジャー!ホールフーズ・ブルースも歌われる?

150426マーレイズ@ラルフス
■スペシャルティフード協会(SFA:Specialty Food Association)は8日、輸入チーズやエスニック食材などのスペシャルティフード市場が1,000億ドルを突破したことを発表した。SFAによると、スペシャルティフードは食品メーカーや生産者が零細で供給が限られるものの最上質の原料による高品質食品と定義している。スペシャルティフード小売市場は2014年、855億ドルとなりスペシャルティフード市場全体の78%となっている。一方、レストランなどフードサービスでは240億ドルの市場となっている。食品全体の市場規模でみると、スペシャルティフードは15%のシェアとなっている。成長率は著しく、スペシャルティフード小売市場は2012年から2014年で19%の成長となっている。フードサービス市場は31%の増加だ。食品カテゴリー別でみると、スペシャルティフード市場の中で最も大きなカテゴリーとなっているのがチーズで37億ドルだ。次いでコーヒーの35億ドル、精肉やシーフードが32億ドルとなっている。急成長(数量ベース)している食品カテゴリーでは冷蔵ピザ/パスタソースで2年で78%の増加となっている。次いで冷蔵パスタと卵でそれぞれ58%の成長となっている。
 スーパーマーケットの生鮮品コーナーでは数年前から地産を意味する「ローカル(Local)」のPOP訴求を見かけるようになった。SFAでは今後、倫理的なナチュラルさを訴求する「非遺伝子組み換え(non-GMO:Non‐Genetically Modified Organisms)」のPOPを目にするだろうと予想している。

トップ画像:ラルフス・フレッシュフェアのマーレイズ・チーズショップ。ニューヨークに1940年(昭和15年)創業したチーズ専門店マーレイズ・チーズショップ(Murray's Cheese Shop)はラルフス・フレッシュフェアの常連となっている。  続きを読む
2015年04月25日

【HEB】、ホームページ刷新にアプリ発表!スーパーマーケットで無意味な手ぶらとは?

150425HEBアプリ01
■テキサス州に約370店を展開するスーパーマーケットのHEBは21日、ホームページ(heb.com)の刷新に合わせてモバイル用アプリを発表した。同社のアプリのメインメニューには「毎週のチラシ(Weekly Ad)」「電子クーポン(Coupons)」「商品(Products)」「買い物リスト(Shopping Lists)」「ストアロケーター(Store Locator)」「レシピ集(Recipes)」「ファーマシー(Pharmacy)」の7つの項目からなっている。スーパーマーケットのアプリで使いやすさが最も求められるのは「買い物リスト(Shopping Lists)」だ。HEBによると、5人中3人の割合で買い物リストをもってスーパーでショッピングをしている。普段の買い物で、買い忘れがないように買い物リストが頻繁に使われている。買い物リストで重要な点は、商品掲載のしやすさだ。HEBアプリの買い物リストでは、レシートのバーコード(もしくはレシート番号)をスキャンするだけでレシートの商品が買い物リストに掲載される。スーパーでいつも20点以上を買い物している主婦にとっては、商品を一つ一つスキャンして加えていく必要がなく便利な機能となっている。またレシピ集にある材料や毎週のチラシにある商品もワンタッチで買い物リストに加えることが可能だ。買い物リストは普段の買い物リストの他に「BBQ用リスト」「感謝祭用リスト」「誕生日会用リスト」など複数作ることができ、店舗別にリストを加えることができる。同期(シンク)していることで、リスト変更はパソコンやアプリに互いに自動反映される仕組みとなっている。フェイスブック等で共有も可能だ。買い物リストの商品は店内場所が記載されるほか、広い店内を往復しないように店内レイアウトに合わせたリストの並び替えも自動化されているという。  続きを読む
2015年04月24日

【ウォルマート】、エーッ!意外にもウォルマートは「オムニチャネル」を使っていない?

150424ウォルマート
■世界最大の小売企業であるウォルマートは22日、ネット上にアニュアルレポート(年次報告書)の最新デジタルバージョンをアップした。IR(Investor Relations:企業が株主や投資家に対し財務状況など投資判断に必要な情報を提供していく活動)の一環としてアップされたデジタル版アニュアルレポートでは、画像や動画、チャート、グラフ、ワンポイントメッセージで財務情報だけでなく、顧客や地域社会等に対しての経営方針や活動成果を伝えている。メニューは「企業戦略(Enterprise Strategy)」「CEOからのメッセージ(CEO Message)」に「国内ウォルマート(Walmart US)」「海外事業(International)」「サムズクラブ(Sam's Club)」「グローバルeコマース(E Commerce)」の4つの事業部、「アソシエイツ(Walmart Associates)」「会長からのメッセージ(Chairman's Message)」「取締役会(Board of Directors)」「財務業績(Financial Performance)」「グローバル拠点(Gloval Footprint)」「主要データ数値(By the Numbers)」の12の項目に分かれている。ダウンロードではIR用のアプリや地域・社会活動を報告した「グローバル・レスポンシビリティ・レポート(2015 Global Responsibility Report)」、「アニュアルレポート(Annual Report)」、動画集の「メディア(Media)」を提供している。デジタル版アニュアルレポートは一般投資家だけでなく、地域住民や学生、主婦などの買い物客にとっても有効な情報収集ツールになっている。換言すれば、ウォルマートはできるだけ多くの情報を開示するだけでなく、分かり易く且つ説得力のある形で情報を提供しているのだ。
 ウォルマートを視察する研修グループは少なくとも「企業戦略(Enterprise Strategy)」だけでも読んでおくことが求められるだろう。  続きを読む
2015年04月23日

【アマゾン】、ホテル予約のアマゾン・デスティネーションズ!アマゾンのエコシステム?

150423アマゾン・デスティネーションズ
■ネット通販最大手のアマゾンは21日、ホテル予約サービスの「アマゾン・デスティネーションズ(Amazon Destinations)」を立ち上げた。アメリカ国内1泊〜3泊の短期旅行者をターゲットにしたアマゾン・デスティネーションズは、地元のショップや地域のレストラン、エンターテイメントなどの割引を提供する「アマゾン・ローカル(Amazon Local)」の中で展開されている。いまのところ、北東部や南カリフォルニア、太平洋岸北西部でのホテル予約が中心となっている。すでに150軒のホテルやイン(ホテルより規模の小さい宿泊所)、B&B(bed and breakfast:ゲストハウス)が掲載されており、アマゾンのスタッフが実際に訪問し品質を確かめられたところを中心に選択されているという。例えば、ロサンゼルスから東へ110マイル(180キロメートル)の距離にあるパームスプリングス(Palm Springs)では、スパロウズ・ロッジ(Sparrows Lodge)やツー・バンチ・パームズ(Two Bunch Palms)など比較的小型のホテルを載せている一方、大手チェーンホテルの掲載は多くない。また近隣のレストランや観光地も一部掲載されているものの、地図と各ホームページへリンクのみにとどまっている。
 アマゾン・デスティネーションズは現在、限られた地域での展開となっているが、今後や扱いホテルを拡大していく予定だ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:01Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2015年04月22日

【ホームデポ】、春のサイバーウィークセール!オムニチャネルの成功はメーシーズ以上?

150422ホームデポ春のサイバーウィークセール
■ホームデポは19日、オンラインストアのみの販促イベント「春のサイバーウィーク・セール(Spring Cyber Week)」を始めた。ホームデポのサイバーウィーク・セールは1日一品がセールとなる「毎日の特価セール(Special Buy of the Day)」を拡大したもの。20日(月曜日)には399ドルの「デウォルト製20Vリチウムイオン・コードレス電動工具セット(20-Volt MAX Lithium-Ion Cordless Combo Kit)」が25%引きとなる299ドルで売り出され即座にソールドアウトになっていた。21日(火曜日)はウッドタイル等が最大50%引きとなり、フロアリング専用工具も激安価格となっている。春のサイバーウィークは「春のブラックフライデーセール(Spring Black Friday)」の後に行われており、26日まで続けられる。ホームデポのブラックフライデーセールは今年で6度目となり、ホームセンターの繁忙期となる春に行われている。今年は9日から19日まで開催され、園芸植物や野菜やハーブの種、雑草剤、腐葉土等がセールとなっていた。
  ブラックフライデーとは、感謝祭(サンクスギビングデー:11月の第4木曜日)翌日の金曜日を指し、クリスマスセールが始まり小売店が黒字になることからこう呼ばれるようになった。感謝祭明けの月曜日はサイバーマンデーと呼ばれオンラインショッピングの売上が急増することでも知られている。サイバーマンデーを含むその1週間をサイバーウィークと呼んでいる。  続きを読む
Posted by usretail at 03:44Comments(0)TrackBack(0)ホームセンター
2015年04月21日

【ターゲット】、リリー・ピュリッツァーが秒殺で売切れ!コラボ炎上で誰のクビが飛ぶ?

150421ターゲット
■ターゲットは19日、カラフルなトロピカル・プリントのドレスで一世を風靡したブランド「リリー・ピュリッツァー(Lilly Pulitzer)」のコラボ・コレクション「リリー・ピュリッツァー・フォー・ターゲット(Lilly Pulitzer for Target)」を発売した。廉価版デザイナーズ・コレクションの最新版となる「リリー・ピュリッツァー・フォー・ターゲット」はターゲット用に15種類のプリント柄が提供され、5月末までの期間限定となっている。商品はリゾート風のノースリーブ・ドレスやビキニなどアパレルを中心にバッグやアクセサリー、ホームデコレーションなど約250アイテムにも上っている。価格帯も2ドルの爪やすりから150ドルのカラフルなハンモックまで幅広く揃えており、多くは40ドル前後のリーズナブルな価格設定だ。
 一方で、通常200ドル近くするリリー・ピュリッツァーの商品が廉価になったことで、ターゲット・コムは発売と同時にアクセスが殺到、20分間近く不通となった。再開後も遅延が続き、通常通りに戻った時にはほとんどの商品がソールドアウトとなった。店舗では開店前に300人の行列ができたところもあり、多くのターゲットで数分で売り切れる事態となった。コラボ商品の補充を行わないとのターゲットの発表を受け、オークションサイトのイーベイでは数万件の出品で溢れ、最大5倍の価格で販売されている。
 ターゲットは4年前にもカラフルな幾何学模様でデザインされた「ミッソーニ・フォー・ターゲット(Missoni for Target)」を発売し、サイト・クラッシュとソールドアウトでクレームが多発していた。

トップ画像:ターゲットのコラボ・コレクション「リリー・ピュリッツァー・フォー・ターゲット(Lilly Pulitzer for Target)」の発売後、すぐに売り切れる事態となった。  続きを読む
2015年04月20日

【メルティングポット】、全米一のカジュアル・レストランチェーンはユニークな鍋料理?

150420メルティングポット
■チェーンレストランの業界誌「ネーションズ・レストラン・ニュース(Nation's Restaurant News)」は13日、消費者アンケート調査から全米一のカジュアル・レストランチェーンに鍋料理のメルティングポット(Melting Pot)を選出した。同誌の「2015年消費者ピック(2015 Consumer Picks)」では、延べ4,000人以上を対象に「雰囲気(Atmosphere)」「クリンリネス(Cleanliness)」「フードクォリティ(Food Quality)」「他者へのオススメ度合(Likelihood to Recommend)」「リピート性(Likelihood to Return)」「メニュー・バラエティ(Menu Variety)」「評判(Reputation)」「サービス(Service)」「お値打ち感(Value)」「切望度(Craveability)」の10評価項目によるランキングで人気レストランを選出した。カジュアル・レストランの部門でトップとなったメルティングポットは、35州に135店を展開しているチーズ・フォンデュのチェーンレストランだ。メルティングポットでは前菜となるチーズフォンデュ、サラダ、メインディッシュのクッキングフォンデュ、デザート(チョコレートフォンデュ)の4つからなるコースメニューが基本となっている。前菜のチーズフォンデュは6種類のチーズから選び、一口大のパンや野菜や果物をディップ。メインでは肉やシーフードの材料に、スープブイヨンやワインベースのスープなどの料理スタイルを選択する。最後のデザートとなるチョコレートフォンデュでは、ダークチョコレートとホワイトチョコレートを組み合わせた「陰陽(YingYang)スタイル」などを選ぶことになる。メルティングポットは変わり種のフォンデュを提供する鍋料理で、そのユニークさが受けているのだ。
 なお、「2015年消費者ピック(2015 Consumer Picks)」のランキングでは、3位にチーズケーキファクトリー、 6位にPFチャンズ・チャイナビストロ、9位にオリーブガーデンが選出されている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:59Comments(0)TrackBack(0)その他
2015年04月19日

【フットロッカー】、日本の絵文字が世界を席巻する一方でエアジョーダンがシュー文字?

150419シュー文字
■日本の携帯メールから生まれた「絵文字(emoji)」は今、ユニコードにも採用され全世界中で使われている。「emoji(エモジ)」が世界の共通語となり、アメリカでもソーシャルネットワーク等で若者らに頻繁に利用されているのだ。アメリカを代表する人気シンガーソングライターのケイティ・ペリーは、大ヒット曲「ロアー〜最強ガール宣言!」で、歌詞に絵文字を取り入れたPVをアップし、8,000万回以上も再生されている。社会に定着した絵文字を使い、マーケティングを展開してチェーンストアがある。スニーカーを中心にしたアパレルチェーンのフットロッカーだ。フットロッカーが新しく発表したアプリには84種類のスニーカーの絵文字が入っている。フットロッカーではスニーカーの絵文字を「シューズ(Shoes)」と「絵文字(emoji)」を合わせた造語「シュー文字(Shoemoji)」で、アプリでナイキ、アディダス等の絵文字を提供しているのだ。熱心なスニーカーファンは「ナイキ・エアジョーダン7レトロ(Nike Air Jordan 7 Retro)」「ナイキ・エアジョーダン11レトロ・コンコルド(Nike Air Jordan 11 Retro Concord)」「アディダス・スーパースター(Adidas Superstar)」など、自分のお気に入りのスニーカーがある。これらのシュー文字を、フェイスブックやインスタグラム、メールなどに自由に利用できるのだ。フットロッカーは今後もシュー文字のモデルやスタイル、カラーバリエーションを増やしていくとしている。シュー文字が人気となれば、新作が発表されるたびにシュー文字も発表され、ファンはこぞって使うようになるだろう。


アメリカを代表する人気シンガーソングライター、ケイティ・ペリーの大ヒット曲「ロアー〜最強ガール宣言!」PV。歌詞に絵文字を取り入れたPVで8,000万回以上も再生されている。絵文字(emoji)はいまや英語にもなり、一般にも定着しているのだ。フットロッカーでは一般的なスニーカーの絵文字ではなく、名作シューズのシュー文字をアプリを通じて提供している。「ナイキ・エアジョーダン7レトロ(Nike Air Jordan 7 Retro)」や「ナイキ・エアジョーダン11レトロ・コンコルド(Nike Air Jordan 11 Retro Concord)」、「アディダス・スーパースター(Adidas Superstar)」など自分の気に入ったシュー文字を使えるようになるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:56Comments(0)TrackBack(0)
2015年04月18日

【アナログ・レコード】、音飛びしてても売上増!細分化すると採譜代3万円も安くなる?

150418アナログレコード@ホールフーズ
■音楽などの推定販売枚数や売上を調査するニールセン・サウンドスキャン社は17日、今年1月〜3月期のアメリカ国内のアナログ・レコード売上データを発表した。アナログ・レコードはビートルズなど旧作盤が牽引し前年同期から53%増加した。新作盤のアナログ・レコードも37%の増加となった。アナログ・レコードは売上増加が続いており2009年からは290%の増加となっている。また、昨年は前年から52%の増加となる920万枚売れており、同社が1991年に記録をとり始めてから最も多く売れた年となった。920万枚の内訳は旧作盤が520万枚、新作盤が400万枚となっている。最も売れているアルバムは1969年にリリースされたビートルズの「アビーロード」。昨年のデータによると、アナログ・レコードはアルバム全体の数%しかなく、縮小する音楽業界を救うほどではなくニッチ市場とみられている。一方、音楽ストリーミングがCD販売を上回る事態となっている。アメリカレコード協会(RIAA)によると、昨年の音楽ストリーミング売上高は前年から29%増加し18.7億ドルとなった。CDの売上高は前年から12.7%減少し18.5億ドルとなった。また音楽ダウンロード売上は前年から8.7%減少し、25.8億ドルだった。アルバム・ダウンロードは6.6%減少、シングルとなるトラック・ダウンロードは10.1%減少となっている。

トップ動画:ホールフーズのアナログ・レコード。売れているからか、以前より種類や枚数が増えているようだ。  続きを読む
2015年04月17日

【ターゲット】、Pフレッシュなどテコ入れで人事!オムニチャネルには3つのEで投資?

150417Pフレッシュ@ターゲット
■ターゲットは13日、食品事業部のトップにアン・ダマンテ(48)を起用したことを明らかにした。4月20日から同事業部のシニア・バイスプレジデントとなるダマンテ氏は、同社CEOのブライアン・コーネル氏とセーフウェイでも一緒に勤務した経験があり、そこでの経験が買われた形だ。ダマンテ氏はセーフウェイの他、スーパーバリューやコナグラフーズ傘下のグリストミル、クッキー製造のオーティス・スパンクマイアー、ペットスマートでのキャリアをもっている。ターゲットは先月、4つの骨子からなる成長戦略を発表し、「ファッション(Style)」「ベビー(Baby)」「キッズ(Kids)」「健康(Wellness)」の重点カテゴリーに「食品(Grocery)」についてもテコ入れすることを強調していた。同社は食品カテゴリーは今後12ヶ月〜18ヶ月かけて改善する計画であり、プライベートブランドの「マーケット・パントリー(Market Pantry)」「アーチャーファーム(Archer Farms)」「シンプリーバランス(Simply Balanced)」の拡大に、オーガニック食品やグルテンフリー食品などを加えていくという。また、ローカル色を打ち出しながら、若者が好む品揃えとなる予定だ。
 ターゲットは景気後退となった2008年から購買頻度を上げるためにプチ生鮮売り場「Pフレッシュ」を順次導入し、1,300店で展開している。食品売上は全体の5分の1を超える程度でしかなく、コンサルタント企業のカンター・リテールの最近の調査でも顧客の18%しか満足させていない。ターゲットは集客力が弱い食品カテゴリーに専門家を投入することでテコ入れを図る狙いだ。  続きを読む
2015年04月16日

【ホールフーズ】、オープン・サラリー!新人から社長まで全社員の給与を参照できたら?

150416ホールフーズ
■あなたは隣で働いている同僚の給与をご存じだろうか?職場の先輩が昨年、ボーナスでいくらもらったのかを聞いているだろうか?課長や部長の年収はどれくらいなのか?専務や常務、さらに社長が会社からいくら受け取っているのか?新入社員からトップまで一人一人の収入を知っているだろうか?あなたが転職するとして、社員全員の給与を希望すれば閲覧できるオープン・ブック・サラリー方針(open-book salary policy)会社とそうでないところではどちらに行きたいだろうか?組織力を強化するための理由で給与まで従業員に情報共有を行っているスーパーマーケットがある。ホールフーズだ。ホールフーズは1980年の創業から6年後にオープン・ブック・サラリー方針を導入した。同社は「高い信頼性に基づく職場づくりを目指すなら従業員に対して秘密を持ってはならない」として現在も各店の売上高や利益、さらに全従業員の給与まで社員は参照できるようになっている。人間関係で最も重要なのは信頼である。ホールフーズを形成するチームメンバーも、チームメンバーとリーダーの間も、またメンバーと役員やCEOなどトップレベルとの関係も強い信頼で結ばれていなければならない。強い信頼関係を形成するためには、噂やゴシップなど誤った憶測や疑念を徹底して排除されなければならない。そのためには各個人の給料やボーナスに関する情報も社員に公開したほうがよいと判断したのだ。ではどういったメリットがあるのだろうか?ホールフーズCEOのジョン・マッキー氏は3つのメリットを上げている。一つは誇張されたデマ情報によって社内の人間関係がこじれることがないということ、二つ目に縁故主義や身内主義などひいきの余地をなくし公平に社員を評価できる環境になること、3つ目に会社の中での自分の立場や位置づけを確認でき、目標となるポジションに行くには実際に何をすればよいのかがわかりやすいということがある。
 オープン・ブック・サラリーに対しては「プライバシーの侵害」や「社員間にやきもち・妬み・嫉みが生じやすい」というデメリットもあるかもしれない。ただ、情報の透明化が進めばオープン・ブック・サラリー方針を導入する企業も増えていくだろう。  続きを読む
2015年04月15日

【ホームデポ】、仕事がデキる奴ほどヨク遊ぶ?隠し芸大会のクオリティが高杉てワロタ!


■ホームセンター最大手のホームデポはアメリカ国内に1,977店舗を展開している。同社はまたディストリビューションセンターやフルフィルメントセンター、倉庫も162ヵ所を所有している。ホームデポで働くスタッフ数は37.1万人にも上るのだ。従業員の中にはDIY以外で特別な才能を持った人もいるだろう。なんとホームデポは毎年、アメリカン・アイドルのような全米規模で行なうオーディションを社内で行っているのだ。
 「ホームデポ・スター(Home Depot Star)」は、歌や演奏、ダンスなどスタッフの隠れた才能を発掘するイベントだ。応募資格は、タレントエージェンシーやプロダクションなどと契約していない18歳以上のホームデポ従業員。パフォーマンスを披露した動画を1月末までに提出することが義務付けられている。応募者の中から4組が厳正な審査のうえで決勝者に選ばれる。決勝者はラスベガスのマンダレイベイ・アリーナで3月に行われるホームデポ・マネージャー総会に招待され、約4,000人の前でライブイベントを行うのだ。
 今年の応募動画には極めてよくできたものがある。ディズニーアニメの主題歌などをパロった「魔法の国のホームデポ(THE MAGICAL WORLD OF DEPOT)」では、ミシガン州オウォッソー店のスタッフ3人がホームデポ内でミュージカル風に「ポカホンタス」「ライオンキング」「アラジン」「アナと雪の女王」を歌うのだ。YouTubeへのアップロードから2ヶ月で26万回も再生されている。彼らはこれまで、何度か決勝者に選ばれマネージャー総会でライブを披露した強者であり、昨年のマネージャー総会ではダンサーを従え、ラップ調の曲でホームデポ店長らを大いに沸かせた。今年は余裕なのかNG集の舞台裏動画「魔法の国のホームデポ舞台裏(Behind the Scenes - The Magical World of Depot)」まで披露している。ヘタなコマーシャルより注目されているのだ。
 社内の眠っている資源を隠し芸大会で発掘する...これもアメリカのチェーンストア・クオリティだ。

トップ動画:ミシガン州オウォッソー店で働くDJチュウイ、ジョーダン・ソーヴィス、ミカイラ・マークスが出演するミュージカル風「魔法の国のホームデポ(THE MAGICAL WORLD OF DEPOT)」。社内の隠し芸大会の動画にしてはクオリティが高すぎる(笑)。  続きを読む
Posted by usretail at 03:53Comments(0)TrackBack(0)ホームセンター
2015年04月14日

【アマゾン】、プライム会員のコンバージョン率は63%!プライム会員に対して独占企業?


■消費者は一般的に商品を比較・検討して購入する。また、その商品を他の店舗と比較・検討したうえで買い物する。比較購買のコンパリゾンショッピングがあるため、ショールーミングやウェブルーミングという購買行動があるのだ。しかし、他の店とコンパリゾンショッピングをほとんどせずに買い物をする顧客がいる。その顧客をもつ企業は、いわばお客を独占している独占企業の地位を気づいている。年会費99ドルのアマゾン・プライムをもつネット通販最大手のアマゾンだ。200万人以上のオンライン消費者の購買パターンを分析した調査会社のミルワード・ブラウン・デジタル(MBD)によると、競合サイトや競合店との価格などを比較して購入するコンパリゾンショッパーはアマゾンのプライム会員の1%にも満たない。プライム会員の99%がウォルマート・コムやターゲット・コムなど他社サイトと比較せずに購入しているのだ。オンライン購入では支払い前にショッピングカートに商品をいれて買い物をする。ショッピングカートにいれられた商品のうち実際に購入する割合をコンバージョン率というのだが、アマゾン・プライム会員のコンバージョン率も脅威だ。ターゲット・コムのコンバージョン率は2%、また業界平均は3%となっている。ウォルマート・コムでさえ5%程度だ。MBDによるとアマゾン・プライム会員のコンバージョン率は63%にも上っているのだ。プライム非会員のコンバージョン率(13%)の5倍近くにも上っている。
 調査会社コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ社の調査によると、アメリカ国内のプライム会員は約4,000万人と見ており、年間の購入金額は非会員の625ドルに対して1,500ドルにもなる。アマゾンは一部地域でプライム会員向けに、注文から最短で1時間で届ける「プライム・ナウ(Prime Now)」を始めた。こういった付加価値サービスをプライム会員に加え会員数を増やし、独占企業のポジションを盤石なものにしつつあるのだ。

トップ画像:アマゾンの「プライム・ナウ」の紹介動画。プライム会員限定のプライム・ナウは注文から1時間配達の場合、手数料は7.99ドル。2時間配達は無料となっている。対象エリアは現在、ニューヨーク市マンハッタン、テキサス州ダラス、メリーランド州バルチモア、フロリダ州マイアミ、ジョージア州アトランタの一部地域(特定の郵便番号内)で行なっている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:53Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2015年04月13日

【モールアプリ】、ウエストフィールドSCアプリの利便性が向上!も女性は途中で遭難?

150413カルバーシティsc
■調査会社ジェーシードゥコーによると、アメリカでは75%の人がショッピングセンターなどモールに月に一度は訪れる。81%が友人とモールに行くことを好み、1回の利用で平均で1点以上の商品を購入するという。オンラインストアの人気でモールでの買い物が減っており、場所によってはテナントが埋まらないところもある。が、アメリカ人の生活にとって依然としてモールはなくてはならない場所なのだ。特に若い人を中心に利用している。モール側も中心利用者となる若年層に向けた利便性アップを図っている。その一つがモール専用のアプリだ。アメリカ国内に40ヵ所近くのショッピングセンターを展開するウエストフィールドグループでは、数年前から同社のモールアプリを発表している。利便性の向上にしたがってアプリのバージョンアップも著しい。昨年秋にバージョンアップしたウエストフィールド・モバイルアプリ3.0(Westfield Mobile App 3.0)の特徴は、道に迷いやすい女性向けに利便性をさらに向上させている。スーパー・リージョナル・ショッピングセンターなど、大型モールを展開する同社にとっての短所はお客がモール内で迷いやすいことだ。モール内に案内所やマップを見つけても混雑時にはうまく利用できない。同アプリの「ストアナビゲーション」は、現在場所から次のお店へとアクセスを簡単にしている。アプリを起動後のメインページにある「モールマップ(Mall Map)」をタップするとマップが現れる。上部の検索窓の隣の「ストアナビゲーション」アイコンをタップすると、「現在位置(From:)」から「行き先(To:)」を下に表示される店から選ぶだけでマップ上に赤い動くラインが示され、ポーションごとにお客を誘導するよう表示される。途中ルートで目印となるテナントを上部に表示しながら、簡単な宣伝にもなっている。
 モール・アプリはイベント情報など販促が訴求されているが、若い女性にとっての利用しやすさも向上させている。

トップ画像:ウエストフィールド・カルバーシティSCのアプリ起動画面。スマートフォンを傾けるとSC画像も動くようになっている。「ストアナビゲーション」はモールマップをタップして利用する。  続きを読む
2015年04月12日

【ベッドバス&ビヨンド】、EC急伸で増収も減益Q4!景気後退期よりも低い粗利益率?

150412バイバイベイビー
■ホームファーニッシング最大手のベッドバス&ビヨンドが8日発表した第4四半期(12月〜2月期)決算は増収となったもののEコマース売上が急増したことで減益となった。売上高は33.4億ドルで、前年同期の32.0億ドルから4.2%の増加となった。純利益は3.21億ドルで前年同期の3.33億ドルから3.7%の減少となった。既存店・売上高前年同期比はEコマース売上が店舗売上に寄与し3.7%増(前年同期は1.7%増)となった。クーポンによる値引きやEコマースでのディスカウントが響き粗利益率は前年同期の40.5%から39.7%と0.8%減少した。一般販売管理費率は設備費が減少したことで前年の24.0%から23.8%と0.2%圧縮した。ベッドバス&ビヨンドのEコマースの成長率は40%を超え、スマートフォンやタブレットなどモバイル経由での注文は前年から2倍となった。
 通年ベースでは売上高が118.8億ドルと前年の115.0億ドルから3.3%の増加、純利益は9.57億ドルと前年の10.22億ドルから6.3%の減少となった。既存店ベースは2.4%の増加だった。前年は同2.4%増だった。
 ベッドバス&ビヨンドは米国(50州)やカナダに1,019店を展開しており、買収したコストプラスのワールドマーケットやコストプラス・ワールドマーケットを270店、クリスマスツリー・ショップ(78店)、バイバイベイビー(96店)やハーモン・フェースバリュ(50店)を展開している。

トップ画像:ベッドバス&ビヨンドの傘下のバイバイベイビー。1年前に比べて6店舗増やしている。  続きを読む
2015年04月11日

【アマゾン】、カスタマーレビューのやらせ業者を訴訟!購入者のみのレビューにすべき?

150411アマゾン最古カスタマーレビュー
■カスタマーレビュー管理ソリューションサイトのパワーレビューズ(PowerReviews)が800人の消費者を対象に行った調査によると、86%はカスタマーレビューを商品購入で主要な資源と考えており、モバイルショッパーの70%はカスタマーレビューがあると購入に踏み切るとしている。興味深いことに82%はネガティブなカスタマーレビューは特に注意して見ていると回答している。商品やサービスを選ぶ際、カスタマーレビューが大きな影響力を持っているのだ。「お客様の声」は古くからあったが、カスタマーレビューとしてネット上に公開した最初の企業はアマゾンなのだ。アマゾンがカスタマーレビューを発明したといってもいいだろう。最も最初に書かれたカスタマーレビューはドクター・スースの絵本「バターバトルブック(The Butter Battle Book)」。1995年6月19日の日付となっている。最初に書かれたカスタマーレビューから20年後、アマゾンはカスタマーレビューをでっちあげるやらせ業者を訴えた。
 アマゾンは8日、バイアマゾンレビュー・コム(buyamazonreviews.com)やバイアゾンレビューズ・コム(buyazonreviews.com)など4つのサイトを運営する業者らに対して商標権侵害や虚偽広告などで訴えを起こした。カスタマーレビューに関連して訴訟を起こすのはアマゾンにとって初となる。これらのサイトでは、5段階評価で最高となる5つ星のカスタマーレビュー1件に対して19ドル〜22ドルを請求していた。やらせのカスタマーレビューは以前から指摘されていた問題だったが、アマゾンが重い腰を上げたことで大きな抑止力になるかもしれない。

トップ画像:アマゾンで最初に書かれたカスタマーレビュー。日付が1995年6月19日となっている。アマゾンが正式にサイトをオープン(1995年7月16日)する前のことであり、スタッフもしくは友人が書いたものと思われる。  続きを読む
Posted by usretail at 04:01Comments(0)TrackBack(0)
2015年04月10日

【IT投資】、ウォルグリーンは200店を閉鎖!地殻の下のマントルは経営者のビジョン?

150410ウォルグリーン
■ホームデポの直近のアニュアルレポート(年次報告書)によると、2014年度中に国内での出店はゼロだった。ホームデポは過去5年間、店舗数が1店しか増えていないことになる。平均で毎年150店以上を出店していた10年前とは大きく異なる出店戦略だ。しかし同社の既存店・売上高前年比は過去3年間、平均で5%以上の増加となっている。オムニチャネル化を進めているためEコマース売上が全体の5%近くにも達し、それが既存店成長を支えているのだ。つまり出店投資を、オムニチャネルなどIT投資に集中させることでリアル店舗の売上に貢献しているのだ。いま、チェーンストアは「出店控えてIT投資」が顕著になり始めている。ターゲットは3月、20億〜22億ドルの設備投資費のうち10億ドル以上をIT物流などのインフラにむけることを発表した。ターゲットの新規出店は15店舗のみで、そのうち8店舗は500坪〜600坪のターゲット・エクスプレスとなっている。カナダ市場に3,000坪のターゲットを133ヵ所に出店した2年前とはかなり異なる戦略だ。新規出店をに控えなくてもIT投資に積極的に支出しているチェーンストアもある。小売業界の巨人ウォルマートだ。調査会社IDCは7日、世界最大規模の企業10社における昨年のIT支出を調査したレポートを発表した。それによると、最もIT支出が多かったのはウォルマートとなった。同社のIT部門でもある@ウォルマートラボはソーシャル・マーケットプレイスの「ラボクラシー(Luvocracy)」を昨年7月買収した。ウォルマートは昨年2月にレシピサイトの「ヤムプリント(Yumprint)」、5月には商品検索サービスの「アドケミー(Adchemy)」、6月にはモバイルアプリの「スタイラー(Stylr)」とIT企業を4社も買収しているのだ。チェーンストアは今、IT投資のために店への投資に慎重になっているともいえる。
 ドラッグストアチェーンのウォルグリーンもIT投資への効率化を促進する。ウォルグリーンは8日、不採算店200店を閉鎖すると発表した。8,232店の2%の閉鎖となるが、無駄をなくし事業再編を促進・拡大することでITへの投資も加速させたい意向だ。

トップ画像:向こう3年で不採算店200店を閉鎖すると発表したウォルグリーン。  続きを読む
2015年04月09日

【ウォルマート】、セービングキャッチャーの差額分支払いをサプライヤーにも負担要請!

150409セービングキャッチャー
■ウォルマートはサプライヤーに広告などのマーケティング費用負担を大幅に減らしている一方で、別の資金提供を新たに求めてきている。セービングキャッチャーの差額分支払いだ。昨年8月から全米展開したセービングキャッチャーは、ウォルマート価格より下回った競合店の価格から、差額分を自動的にキャッシュバックするアプリだ。ユーザーはウォルマートで買い物したレシートのバーコード(もしくはTC番号を手入力)かQRコードをスキャンするだけで、72時間以内にeレシートに差額分を表示してくれる。比較される競合店は、買い物したウォルマートと同商圏内にあるクローガーやセーフウェイ、ターゲットなどの大手チェーンストア。競合店のチラシにあるセール商品と比較して差額分をユーザーのeレシートに自動的に反映させる仕組みだ。ウォルマートはサプライヤーにセービングキャッチャーで得たデータと引き換えに差額分支払いで協力を促している。つまりサプライヤーに最安値を保証させることで、究極的なEDLP(エブリデー・ロープライス)をウォルマート顧客に提供しようとしているのだ。
 ウォルマートは最近、サプライヤーに協賛金を減らしている。広告などへの協賛金が間接的に商品の価格に跳ね返ってくるからだ。協賛金をセービングキャッチャーの差額分支払いとして充てるほうが、顧客に直接的にアピールするのがウォルマートの狙いなのだ。  続きを読む
2015年04月08日

【乳製品代替飲料】、アーモンドミルクより日本はライスミルク!やはりお米の国だから?

150408ライスミルク@トレーダージョーズ
■日経トレンディの「2015年ヒット予想ランキング」で4位にランクインしていたのはライスミルクだ。ライスミルクとは「お米(玄米)」を主原料として作られ、牛乳のような見た目の飲み物。ライスミルクは豆乳やアーモンドミルクなどと同様に乳製品代替飲料(milk alternatives)となっている。アメリカではヘルス&ウエルスネスのトレンドで、この乳製品代替飲料が10年以上前から人気となっているのだ。農務省(USDA)によると、一人当たりの牛乳の消費量は1975年から2012年にかけて25%も下落した。一方、乳製品代替飲料は1999年から年平均10.9%の伸びを示しており(調査会社ユーロモニター)、乳製品代替飲料などのノン・デイリー(乳成分を含まない)市場は100億ドル以上になっている。調査会社ミンテル社が昨年発表したデータでも、21%のアメリカ人は乳製品代替飲料をより多く飲んでいるとし、逆に15%は牛乳をまったく飲まなくなったり量を減らしていると報告している。乳製品代替飲料の急成長は、ベジタリアンから牛乳アレルギーや乳糖不耐症の人だけでなく全体的にも牛乳のシェアを奪っているのだ。
 すでにホールフーズやトレーダージョーズでは、多くの乳製品代替飲料のプライベートブランドを揃えている。日本の大手チェーンストアもこの市場に真剣に向き合わなければならなくなるだろう。

トップ画像:トレーダージョーズのPB、オーガニック・ライスミルクだ。同社のニュースレターのフェアレスフライヤーでも紹介されていた。トレーダージョーズでは4年〜5年前からライスミルクを発売している。  続きを読む
2015年04月07日

【無料WiFi】、WiFi導入=売上増!顧客はダウンロードスピードのより速いお店に集まる?

150407スタバ
■今の消費者は常にネットとつながっている状態を好んでいる。お店やレストランでも無料インターネット・アクセスのある場所に足が向く傾向があるのだ。無料WiFiを提供しているお店やレストランでは、顧客ロイヤリティが高まり、売上にも貢献するメリットがある。そんな調査結果が発表された。調査会社IHLグループが100社以上の大手チェーンストア等を調査した「店内ネットワークとWiFi導入における顧客体験インパクト(2015 Store Infrastructure Study Impact of Store Networks and WiFi on Customer Experience)」によると、スタッフに向けて店内WiFiを導入した店舗では半数(48%)の店で売上が3.4%増加したという。また、顧客にむけた店内WiFiを導入した店舗では、顧客ロイヤリティが高まることで10社中3社(28%)の割合で売上が2%増加したと報告されている。顧客の滞在時間が増加したと21%の企業が答えており、特にレストランやファストフードなどホスピタリティを提供するお店では、61%で顧客ロイヤリティが高まったとしてしている。滞在時間が伸びたことで、例えば飲み物やケーキなど追加注文があり、2.7%売上が増加したという。また、WiFiを使いスタッフにタブレットPOSレジなどモバイルデバイスを持たせることでも顧客ロイヤリティが高まったとしており、ゼネラル・マーチャンダイズ(雑貨など)の店では53%の顧客ロイヤリティが高まり売上は4.3%増加した。レストランでも客席回転率が上昇し、マネージャーもフロアにいられることで顧客ロイヤリティが高まり(61%)、売上も2.5%増加したという。
 大手チェーンストアでは無料WiFiが一般化する一方で、今後はダウンロードスピードも顧客ロイヤリティに影響してくるかもしれない。  続きを読む
2015年04月06日

【ショッピングセンター】、空室率に占有率が改善!シアーズでSCの坪売上高を落とす?

150406サウス・コースト・プラザSC
■不動産調査会社レイス社は3日、第1四半期(1月〜3月期)のショッピングセンターの空室率データを発表した。全米77都市のスーパーリージョナルSC(SRSC)とリージョナルSC(RSC)などモールの空室率は昨年の第1四半期、7.9%となり8.0%だった前期から0.1%減少、前年同期からは横ばいとなっている。一方、ネイバーフッドSCとコミュニティSCなどを含めたストリップセンターの空室率は10.1%となり、こちらも10.2%だった前期から0.1%減少し、2ヶ月連続減少した。10.4%だった前年同期からも0.3%改善している。一方、国際ショッピングセンター協会(International Council of Shopping Centers:ICSC)と米国不動産投資受託者協会(National Council of Real Estate Investment Fiduciaries:NCREIF)は先月30日、2014年のデータを発表した。2014年のショッピングセンターの占有率は92.7%となり、2008年第2四半期以来最大となった。特にSRSCやRSCなどのモールの占有率は94.2%と1987年第4四半期以来の高水準となった。ショッピングセンターの基本賃料は昨年、前年から6.5%増加し3年連続上昇した。モールの基本賃料は昨年、17.2%の増加となりICSCとNCREIFが調査を始めた2000年から最大の伸び幅となった。
 データの取り方によって結果は異なっているようだが、過去10年間、ショッピングセンターが作られていないということで改善している点は一致しているようだ。

トップ画像:サウス・コースト・プラザSCの売上高は昨年、17億ドルで西海岸ではトップだ。が、1平方フィート当たりの売上高では全米10位以内に入っていない。  続きを読む
2015年04月05日

【アマゾン】、2025年アマゾン・リアルストア?パテントにジェフ・ベゾス氏のビジョン!

150405アマゾン特許イメージ
■今日は彼女と買い物デート。待ち合わせの後、二人が向かった先は、先日オープンしたばかりのアマゾンストア。「アマゾン、お店出したんだ!?」の彼女の声に、入り口近くにいた数人のお客が振り向く。「新型のキンドル、ちょっと触ってみたいんだよね」と言って、僕はキンドルコーナーへ。「やっぱり新型はいいよな〜、使いやすいし便利だし、買っちゃおうかなぁ♪」で彼女のほうに目をやると、少々待たされて退屈している感じだ。「あ、ごめん、ごめん。もう買っちゃうから」と、商品棚のキンドルをおもむろに手にもち「じゃ、行こうか?」と店を後にする。あっけにとられて彼女は動けない。店をでた直後、彼女が追いかけてきて「お金は?お金、払わなくてもいいの?」と驚いた表情に、僕は「アマゾンの常連なんで、ツケがきくんだよ!ツ・ケ・が」と笑顔。まだ怪訝な彼女に、スマートフォンを出し、送られてきたばかりのレシートを見せる。彼女の「でも、誰も見てなかったじゃない?」で、僕は「もうレジとか、キャッシャーとかは必要ないんだよ」と言って、数年前に特許申請したアマゾンのリアル店舗構想を話しはじめた...
 ネット通販最大手のアマゾンが昨年9月、アメリカ合衆国特許商標庁に店スタッフと非接触で買い物ができる店舗の特許申請を行った。1月に公表された申請資料「14/495818」をみると、ユーザーにできるだけ早く、またシームレスに商品を所有(もしくは貸出し)させようとする意図がわかる。特許イメージには天井にカメラやアンテナ、センサーなど探知装置が描かれている。パテントの説明から、買い物客がカメラで顔認識されRFIDで商品も認識されることで、キャッシャーやレジ係り、セルフチェックアウトレジで決済することなく、商品をもって店をでると自動的にユーザーにチャージされ、レシートなど確認書がメールで送られる店舗コンセプトが見て取れるのだ。
 特許申請だけでアマゾンがこのコンセプトで出店する、とは言えないだろう。が、小型の無人ヘリコプター「ドローン」を使い宅配を試みるアマゾンだからこそ、新コンセプト店についても全否定はできないのだ。

トップ画像:特許イメージには天井にカメラやアンテナ、センサーなど探知装置が描かれている。イメージは倉庫のようにも見えるが、説明文を読むと店舗を意識した特許申請のようだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:34Comments(2)TrackBack(0)Eコマース
2015年04月04日

【コンシューマーレポート】、スーパーマーケット評価ランキング!食の関心で1年ぶり?

150404スーパーマーケット・ランキング@CR
■コンシューマーレポート誌5月号は、約6.3万人の読者を対象にアンケート調査したスーパーマーケットの総合評価ランキングを発表した。1年ぶりとなるスーパーマーケットの特集記事ではに2013年3月〜2014年7月にかけて「新鮮さ(freshness)」と「ストアクォリティ(store quality)」の二つのフレームで68チェーンを採点している。「新鮮さ」の項目の内訳は「青果(Produce Quality)」「精肉(Meats/Poultly Quality)」「ベーカリー(Bakery Quality)」「プリペアドミール(Store-Prepared Food Quality)」の4つ品質項目があり、「ストアクォリティ」では「接客サービス(Staff Coutesy)」「クリンリネス(Cleanliness)」の2つの項目からなっている。各項目を最悪評価となる黒丸から、最高評価の赤丸マークの5段階で格付けしている
 ランキングでトップとなったのは2006年から5回連続1位となっているウェッグマンズだ。ウェッグマンズは「青果」〜「クリンリネス」の項目全てが最高評価となり、90点と2位に大差をつけた。ウェッグマンズのメディア・リレーションズは「陳腐な表現になるかもしれませんが、私たちの従業員が(料理などの味の決め手となる)秘伝のソースです」と話している。また、ウェッグマンズの強さは家族経営にあることをあげており、長期的な視野で教育投資を行いながら、一定の速度で成長を保てていると指摘している。2位は87点となったパブリクスとトレーダージョーズ。パブリクスは高評価となった「青果」と「精肉」以外は最高評価となった。トレーダージョーズはストアクォリティの「接客サービス」と「クリンリネス」の2項目が最高評価となったもの「青果」「精肉」「ベーカリー」の品質が普通となりパブリクスと同点でも若干評価をさげた形だ。4位は85点となったアイオワ州を中心に展開するフェアウェイ(Fareway:ニューヨークのFairway Marketではない)と、北東部で展開するマーケットバスケットだ。フェアウェイは「精肉」と「接客サービス」が最高評価となった。マーケットバスケットは普通となった「青果」と「精肉」以外は高評価だった。6位は84点となったコストコと北カリフォルニアで展開しているレイリーズだ。コストコは「青果」と「接客サービス」が普通となり、ロティサリーチキンなど「プリペアドミール」は最高評価となった。レイリーズは「接客サービス」と「クリンリネス」が最高評価でそれ以外も高評価となっている。8位は83点となったスプラウツ・ファーマーズ・マーケット、フレッシュマーケット、ステーターブラザーズ、ウィンコの4チェーンだ。スプラウツは普通となった「ベーカリー」以外は高評価だ。フレッシュマーケットは高評価となった「ベーカリー」と「接客サービス」以外は最高評価とバランスがいい。ステーターブラザーズは「精肉」「接客サービス」「クリンリネス」が高評価で、それ以外は普通となっている。ウィンコは「精肉」と「ベーカリー」の評価が悪かった。
 一方、注目されているウォルマート・スーパーセンターは、68チェーン中セカンドワーストの67位。悪いと判断された「プリペアドミール」以外の項目は最悪となっている。

トップ画像:コンシューマーレポート誌5月号の表紙。「アメリカで最高のスーパーマーケット(The Best Supermarkets in America)」とある。アメリカのスーパーマーケットを視察する関係者にとっては永久保存版だ。  続きを読む
2015年04月03日

【ウォルマート】、国内実務経験ゼロのグレッグ・フォラン氏が発表した8つの改善策は?

150403ウォルマート
■国内ウォルマートCEOのグレッグ・フォラン氏は1日、投資家を集めた会議にて8つの改善策を発表した。8ヶ月前にCEOとなったフォラン氏は116ヵ所のウォルマート・スーパーセンターやネイバーフッドマーケットを抜き打ちで視察、現場スタッフや夜間シフトのスタッフ、コールセンターのオペレーターなどからも意見を聞き改善策を打ち立てたという。同氏は今年、改善の年と位置付け8つの改善ポイントを上げた。一つ目は商品整理やクリンリネス改善による買い物体験の向上、二つ目はバックルーム在庫の改善、三つ目としてスーパーセンターとネイバーフッドマーケットのレイアウトや照明、店内温度の改善、4つ目にカーブサイドピックアップのテスト拡大、5つ目にガソリンスタンドやクリニック、金融サービスなど付随サービスによる集客改善、6つ目としてプライベートブランド拡大によるEDLPのさらなる値下げ、7つ目には食品の品ぞろえの改善、8つ目として各マネージャーへの権限移譲を上げている。特に改善しているポイントとして7つ目の生鮮食品の品ぞろえをあげ、500人のマネージャーを対象に12時間のトレーニングをおこなったことを明かしている。
 昨年8月9日から国内CEOとなったグレッグ・フォラン氏(53)はニュージーランド生まれ。2011年10月にウォルマートに入社し、翌年3月には中国ウォルマートのCEOに就任、2014年7月からはアジア地区のトップとなった直後、アメリカ国内のCEOとなった。ウォルマート入社以前はオーストラリアを中心にニュージーランドでも展開する小売企業のウールワースで様々な役職を担当しており、30年以上の小売業キャリアをもつ。アメリカ国内での実務経験は今回が初めてとなる。  続きを読む
2015年04月02日

【アマゾン】、ダッシュボタンをテスト展開!イノベーションはエイプリルフールに近い?


■アマゾンは31日、ボタンを押すだけで補充が必要な日用品を手軽に注文できる「アマゾン・ダッシュボタン(Amazon Dash Button)」を発表した。テスト展開となるアマゾン・ダッシュボタンはチューインガム・サイズの小型機器で、ボタンのある前面には商品ブランドのロゴが記されている。裏には粘着テープがあり、補充商品の近くに貼り付けられるようになっている。アマゾン・ダッシュボタンはあらかじめアマゾンのスマートフォンアプリで、商品毎のダッシュボタンのWiFi接続や商品種類、数量を設定しておく。これによりボタンを押すだけで商品が2日以内に届く仕組みとなっている。子供が誤ってボタンを押すなどの誤発注を防ぐため、注文が入るとスマートフォンに通知が届き、30分以内であればキャンセルできるという。またボタンを何度押しても、商品が届くまで次の注文が入らないよう初期設定がされており誤発注を防いでいる。
 アマゾン・ダッシュボタンはボタン一つにつき、1つの商品を割り当てており、定期的に利用させることを目的にしているのだ。対象商品はオムツやごみ袋、トイレットペーパーやミネラルウォーター等の日用品のナショナルブランド。アマゾン・ダッシュボタンは年会費99ドルのアマゾンプライムのメンバーを対象に無料で配布する。今のところ招待制となっており、希望者はリクエストを出して招待状を受け取る必要がある。アマゾンが現在、用意している補充商品の対象ブランドは約18種となっており、1人のユーザーにつき3個まで配布するという。  続きを読む
Posted by usretail at 03:48Comments(1)TrackBack(0)Eコマース
2015年04月01日

【アマゾン】、家庭教師などサービス業者のマーケットプレイス!レンタル彼氏もできる?


■ネット通販最大手のアマゾンは30日、ハウス・クリーニングや商品の組み立てなどのサービス業者を紹介するマーケットプレイス「アマゾン・ホーム・サービス(Amazon Home Service)」を始めた。約700種類にわたる専門サービスを提供するアマゾン・ホーム・サービスは、ニューヨークやロサンゼルスなど41都市で選ばれた専門サービス業者のみを招待制で行われている。業者サービスには白物家電の取り付けや修理、配管や掃除などの「ホームインプルーブメント」、BBQグリルの設置など屋外サービスの「芝生と庭園」、車の修理やカーステレオ設置の「自動車」、テレビの取り付けやスマートフォン修理、コンピューターウィルスの除去などの「コンピューター&エレクトロニクス」、語学やヨガ、音楽レッスンなどの「家庭教師」、ヤギの放牧による雑草除去や家の引っ越しサービス、インテリアデザインなど「その他」のジャンルから選択できるようになっている。変わったところではサーカスや大道芸で行われる空中演技のシルク・エアリエルの教師派遣もある。業者の選定では過去の犯罪歴などがチェックされ、必要なライセンスや保険に加入していることが求められている。また、ユーザーがサービスを購入した日に、同じサービスやより安い業者を見つけた場合、30日以内にアマゾンに通知すると、確認のうえで安い料金にマッチングする「プライスマッチ」も行う。購入されたすべてのサービスは「アマゾン幸せ保証(Amazon Happiness Guarantee)」で保証され、サービスに満足できなかった場合はやり直しや料金の払い戻しを請求できるという。

トップ動画:ハウス・クリーニングや商品の組み立てなどのサービス業者を紹介するマーケットプレイス「アマゾン・ホーム・サービス(Amazon Home Service)」の紹介動画。  続きを読む
Posted by usretail at 03:33Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2015年03月31日

【ウォルグリーン】、オムニチャネルショッパーは実店舗のみの顧客に比べて6倍の儲け?

150331ウォルグリーン01
■大手チェーンストアのオムニチャネル化が進む中、ホームデポなど業績に大きな成果を上げている企業も少なくない。全米に8,200店以上を展開するウォルグリーンもオムニチャネル化を推進した企業だ。ウォルグリーンは3マイル(4.8キロメートル)商圏で国内人口の3分の2をカバーしている。同社はコンビニエンス性を増した結果、アメリカの63%の家の近くに出店できたのだ。同社はさらに利用のしやすさを増すため、インチ(2.54センチメートル)単位で顧客に近づいている。つまりモバイル展開に積極投資したのだ。モバイル展開とはウォルグリーンのスマートフォン・アプリだ。アプリを積極的にアップデートし利便性を増したことで、より顧客に近づくことができたという。その結果、モバイルからのアクセスが上昇し、2009年は1%以下だったモバイルアクセスが、2014年は60%の顧客がスマートフォンを使いアクセスしているという。スマートフォンなどモバイルからのアクセスが増加したことで、ウォルグリーンはモバイルショッパーの威力を目にすることになった。同社の調査によると、実店舗とパソコン経由でウォルグリーンのオンラインストアで買い物をする顧客は、実店舗のみ買い物をする顧客と比べると3.5倍の支出となった。さらに興味深いことに実店舗とオンラインストア、モバイル(アプリ)を使うオムニチャネルショッパーは実店舗のみの顧客に比べて6倍の支出となるのだ。
 ウォルグリーンのアプリにはスキャニングによる処方箋のリフィルオーダーや処方箋履歴、ポイントカードのバランスリワードの履歴と管理、チラシにある電子クーポン処理など多彩な機能を満載している。薬剤師とライブチャットの機能に昨年末にはテレヘルス(遠隔医療)のMDライブ(MDLive)と提携し、ユーザーと医師をビデオでつなぐテストも始めた。
 ウォルグリーンではユーザーと接する面を実店舗以外にも増やすことで売上を伸ばしているのだ。

150331ウォルグリーン00
同社の調査によると、実店舗とパソコン経由でウォルグリーンのオンラインストアで買い物をする顧客は、実店舗のみ買い物をする顧客と比べると3.5倍の支出となった。さらに興味深いことに実店舗とオンラインストア、モバイル(アプリ)を使うオムニチャネルショッパーは実店舗のみの顧客に比べて6倍の支出となるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:56Comments(0)TrackBack(0)ドラッグストア
2015年03月30日

【オムニチャネル】、実店舗とオンラインストアの価格差でまだシームレス化されてない!

150330アクセンチュア
■「オムニチャネル・リテイリング(Omni Channel Retailing) 」では、チャネル全方位型のオムニチャネルと並んで必ずセットで出てくる英語表現がある。シームレス(seamless)だ。シームレスとは「継ぎ目のない」という意味で、複数のチャネル間の敷居の高さを同じにし、ユーザーはあたかも同じサービスを利用しているかのように実店舗やオンライン、モバイル上でのサービスを利用することができる、という意味だ。ただ、この説明だけでは解決しない問題がある。価格だ。オンラインも実店舗の価格も同じにすることが、求められているのだ。
 コンサルティング企業のアクセンチュアは25日、オムニチャネル・ユーザーと小売チェーンとの間に大きなギャップがあることを示唆する調査結果を発表した。約750人のユーザーを対象に調査をした「継ぎ目のない小売業(Seamless Retailing)」によると、ユーザーの82%がオンラインストアと実店舗の商品価格が同一であることを求めている。昨年の調査では69%であり、オンラインストアと実店舗の価格差がないことがより一層望まれているのだ。一方、同社が32のチェーンストアを調査したところ、実店舗とオンラインストアの価格が同じだったケースは34%のみだった。ユーザー調査では実店舗がネット上に適切にオンラインストアをもっていなかったり、価格も不透明である場合、顧客が他のオンラインストアに流れることも示している。営業時間外で実店舗にいけない場合、15%のユーザーは他のオンラインストアで買い物をするとしている。こちらも昨年の調査結果の9%から上昇傾向にある。
 ところでオンライン、モバイル、実店舗のうち、買い物体験で最もアップグレードが必要だったところはどれかわかるだろうか?

トップ画像:アクセンチュアの調査では、オンライン、モバイル、実店舗のうち、買い物体験で最もアップグレードが必要なのは実店舗となっている。42%が欠品の注文を求めており、28%は無料Wi-Fiを望んでいる。
  続きを読む
Posted by usretail at 03:35Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2015年03月29日

【ディックス】、オムニチャネルで売上増!アスレジャー浅田舞ブランドはクラブもOK?

150329ディックス
■ディックス・スポーティング・グッズは全米に約600店を展開する全米最大のスポーツ用品チェーンストアだ。同社は「総合スポーツ用品店(full-line sporting goods retailer)」との名称を1年前から「総合オムニチャネル・スポーツ用品店(full-line omni-channel sporting goods retailer)」と変更した。決算時に発表される「既存店・売上高(same-store sales)」も「オムニチャネル既存店・売上高(omni-channel same-store sales)」と表記している。オムニチャネル化を進めたことにより、オムニチャネルが既存店の成長を下支えしているのだ。直近の四半期決算によると、Eコマース売上は全体の15%近くにも達している。
 ディックス・スポーティング・グッズが15日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では売上高が21.6億ドルと前年同期から11%の増加となった。純利益は1.6億ドルとなり、前年同期から12%の増加だった。既存店・売上高前年同期比は3.4%の増加。前年同期は同7.3%の増加だった。部門別では46州に603店を展開するディックス・スポーティング・グッズの既存店ベースは3.8%の増加。一方、29州に78店を展開するゴルフ専門店のゴルフギャラクシーは同7.1%の減少となった。Eコマース売上高は前年同期から30%以上増加し売上全体の14.4%となった。
 通年ベースでは売上高が前年比10%増の68.1億ドル、純利益は同2%増となる3.4億ドルだった。通年dの既存店ベースは2.4%の増加となった。なお、Eコマース売上高は28%増加し、売上全体の9.2%を占めている。前年は7.9%だった。
 同社はディックス・スポーティング・グッズとゴルフギャラクシーの他、アウトドア専門店の「フィールド&ストリーム(Field & Stream)」を10店(5州)を展開している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:55Comments(0)TrackBack(0)その他
2015年03月28日

【ヘイゲン】、トラブル発生!アバウトなミスでファースト・インプレッションが台無し?

150328ヘイゲン
■カリフォルニア州で無名のスーパーマーケット、ヘイゲン・フード&ファーマシー(Haggen Food & Pharmacy)の出店が南カリフォルニアで加速している。ワシントン州とオレゴン州に18店舗を展開する同社は昨年12月、セーフウェイとアルバートソンズの146店の買収に合意した。セーフウェイとアルバートソンズLLCの合併で連邦取引委員会(FTC)の審査により、両社が売却する傘下スーパー168店舗から9割近くをヘイゲンが得たのだ。ヘイゲンはこの買収により、カリフォルニア州の83店舗(アルバートソンズ55店、ボンズとパビリオン28店)、アリゾナ州10店舗(アルバートソンズ7店、セーフウェイ3店)、ネバダ州7店舗(アルバートソンズ3店、ボンズ4店)、オレゴン州20店舗(アルバートソンズ16店、セーフウェイ4店)、ワシントン州26店舗(アルバートソンズ18店、セーフウェイ8店)を展開することになり、既存の18店舗(ファーマシー16ヵ所)と合わせて、5州で164店舗(ファーマシー106ヵ所)を運営するリージョナル・スーパーマーケットとなる。
 サンディエゴ郊外カールスバット地区のアルバートソンズは3月11日、ヘイゲンに改装され南カリフォルニア1号店がオープンした。サンディエゴ郡やオレンジ郡、ロサンゼルス郡ではこれまでのところ10店舗が改装されヘイゲンとして開店している。出店地域では「こんにちはヘイゲン。さよならお手間(Hello Haggen. Goodbye Hassle)」と題された4ページカラーチラシも配布されている。このチラシや店内POPには「オープンしたばかりのヘイゲンでは約1,000アイテムの新商品を導入しました。今後1年以内には、地産品やグルテン・フリー食品、オーガニックなど5,000アイテム以上の新商品を加えます。お客様に再度ご来店いただけるよう努力を続けます(Your new Haggen has over 1,000 new items, and we're just getting started. In the next 12 months we will be adding over 5,000 more local, gluten-free, organic and natural. Keep coming back as we continue to improve for you.)」と記されている。
 ヘイゲンの進出が期待されている一方、すでに落胆の声があがっている。近隣居住者オンリーのソーシャルネットワークを展開するネックスドア(Nextdoor)では、南カリフォルニア1号店の価格が思った以上に高いなど、ヘイゲンが期待外れとのコメントが掲載されているのだ。これを報じたサンディエゴのローカル紙によると、同社パシフィック・サウスウエスト部のCEOビル・シャナー氏も価格表示に大きな誤りがあったことを認めている。特にお客の目につきやすい人気商品の価格が高くなっているため、イメージ悪化が避けられないのだ。ローカルのスーパーマーケットが突然、164店舗に店舗数を増やしたことが災いしているとの見方もではじめている。
 ヘイゲンは向こう1ヶ月ほどで、83店舗をカリフォルニア州内で展開することになる。スーパーのスーパー激戦区となる南カリフォルニアで、ファースト・インプレッションを誤ると後々尾を引くことにもなる。多店舗出店だからこそ、慎重な出店が期待されているのだ。

トップ画像:ヘイゲン南カリフォルニア1号店で表示されたPOPには「オープンしたばかりのヘイゲンでは約1,000アイテムの新商品を導入しました。今後1年以内には、地産品やグルテン・フリー食品、オーガニックなど5,000アイテム以上の新商品を加えます。お客様に再度ご来店いただけるよう努力を続けます」とある。  続きを読む