2014年08月21日

【ターゲット】、カナダの赤字拡大で大幅減益Q2!マーチャンダイジング再生に意識改革?

140821ターゲット
■ターゲットが20日発表した第2四半期(5月〜7月期)決算では、カナダ事業部の赤字幅拡大で大幅な減益となった。売上高は前年同期比1.7%増の174.1億ドル。純利益は2.34億ドルと前年同期の6.11億ドルから61.7%減少した。クレジットカード事業を統合した国内セグメントの総売上高は、前年同期から0.7%と微増となる169.6億ドル。一般販売管理費率は前年同期と同じだったが、税負担増で家計を圧迫されている顧客をつなぎとめるため販促を行ない粗利益率は前年同期の31.4%から30.4%と1%減少した。また客単価は1.3%増加したものの、昨年末に起こった情報漏えいからの不安で客足が戻らず客数は1.3%減少し、既存店ベースは横ばいとなった。前年同期は1.2%の増加。
 カナダ事業部は前年同期の68店から130店に増えていることから売上高は63.1%増となる4.49億ドルとなった。しかし、純損益は前年同期の1.69億ドルから2.04億ドルとなり約21%赤字幅が拡大した。カナダ事業の粗利益率は前年同期の31.6%から18.4%となっている。既存店・売上高前年同期比は客数が1.9%減、客単価も買い上げ点数が減少し7.9%減となり、マイナス11.4%と大幅減となった。
 ターゲットは国内に1,795店を展開しており、その内訳は、生鮮品売り場の「Pフレッシュ」を導入したディスカウントストア・フォーマット店が1,278店、スーパーセンター業態のスーパーターゲットは249店、通常のディスカウントストア・フォーマットは259店となっている。小型フォーマットで都心部に出店しているシティターゲットは8店、これより小型で560坪のターゲット・エクスプレス1店舗がある。  続きを読む
2014年08月20日

【ウェブルーミング】、ショールーミングが逆行しリバース・ショールーミングとなった?

140820ショールーミング
■多くの調査会社による調査結果から、スマートフォンの普及率が今年末までに75%以上となる可能性が高い。世界最大となる家電量販店ベストバイのCEO、ヒューバート・ジョリー氏も急成長したスマートフォン市場が成熟期を迎えていると話した。スマートフォンが一人1台に近づく中、消費行動にも変化が起こっている。これまでショールーミング(Showrooming)が小売業界を席巻しつつあった。ショールーミングは、商品の購入を検討するために実店舗にいって確認したのち、お店で商品を買わず、より安いネット通販で購入する購入形態だ。実店舗から多くの売上を上げている小売企業にとって、ショールーミングは頭の痛い問題となっていた。しかし、この流れが2年ほど前から変わってきている。「ウェブルーミング(webrooming)」と言われる消費行動だ。「リバース・ショールーミング(reverse showrooming)」とも言われるウェブルーミングは、ショールーミングの逆の行動で、お店に行く前にスマートフォンなどで商品を検索し情報を確認してお店で購入する消費行動となる。商品情報は機能などのスペックの他、カスタマーレビューやレビュー動画、ハウツー動画など。商品情報があるので、現物を確認するまでもなくお店で即座に購入となるのだ。BIインテリジェンス社の調査によると、アメリカ国内では46%がショールーミングを行ったと答えたのに対してウェブルーミングは69%となっている。ビジョンクリティカルの最近の調査でも26%のショールーミングに対して、ネットで検索してからお店で購入した人は41%に上っている。この潮流の背景には、小売業者がモノやサービスを販売するだけでなく、お客が必要とする商品情報を広く取り扱い始めたことがあげられる。言い換えれば、小売業者が自分たちを単に販売店とみなすのではなく、消費者のための情報資源を提供するオールラウンドな存在とみなしているのだ。  続きを読む
2014年08月19日

【ダラーゼネラル】、ダラーツリーに対抗してファミリーダラーに買収提案!なぜ心変わり?

140819ファミリーダラー
■ダラーストア最大手のダラーゼネラルが18日、同業のファミリーダラーに対して1株当たり78.50ドルでの買収を提案したことを発表した。ファミリーダラーは3週間前、同業のダラーツリーからの買収に同意したばかり。ダラーツリーからの買収額は現金と株式で1株当たり74.50ドル(総額85億ドル)に対し、ダラーゼネラルの提示額は現金で1株当たり78.50ドル(総額89.5億ドル)となっており、ダラーツリーの買収額を上回っている。ダラーゼネラルはまた、ファミリーダラーがダラーツリーとの契約を撤回するために払う手切れ金3.05億ドルも用意するとしている。ダラーゼネラルCEOのリック・ドレイリング氏は「ファミリーダラーの株主にとって、我々の提案はダラーツリーとの合意よりも金額的で優れている」とし、「ダラーゼネラルの株主にとっては、ファミリーダラーの買収で株主価値を即座に永続的に引き上げることになる」と述べている。同氏はまた、先月に発表していた来年5月でのCEO退任を延期し、ファミリーダラーの買収後は2016年5月までトップを務める意向を示している。
 両社が統合すれば国内46州に約2万店(従業員数16万人)を展開し、年間売上高は280億ドルの企業となる。  続きを読む
Posted by usretail at 03:52Comments(0)TrackBack(0)ダラーストア
2014年08月18日

【ウォルマート】、スキャン&ゴー撤廃!もイノベーションは無難を嫌うで新たな気付き?

140818スキャン&ゴー@ウォルマート00
■ウォルマートのセルフチェックアウト・システム「スキャン&ゴー(Scan&Go)」は失敗に終わったようだ。同社が2011年9月にテストで始めた「スキャン&ゴー」は、スマートフォンにダウンロードしたアプリでお客が商品バーコードをスキャンし、セルフ・チェックアウトレジで決済するシステム。レジ待ち時間の短縮とキャッシャーの人件費を削減するのが狙いとなっていた。アーカンソー州ロジャースのスーパーセンター1店のみで行われていた「スキャン&ゴー」は同州のスーパーセンターやネイバーフッドマーケットのほか、ジョージア州やカリフォルニア州のサムズクラブまで全米で200店でテストが続けられていた。一部報道によると、システムがわかりにくく、スキャニングしずらいことが妨げとなったようだ。ただ、ウォルマートはスキャン&ゴーを失敗とは認めていない。スキャン&ゴーのテストからユーザーは支出を管理したいとの新たな仮説を得たからだ。この仮説が電子レシートの「eレシート」の展開につながっている。
 ウォルマートはストアピックアップの「ロッカー(Lockers)」や生鮮品などの宅配サービスの「ウォルマート・ツーゴー(Grocery delivery & pick up)」、コンビニエンスストアの「ウォルマート・ツーゴー(Convenience store)」、大学のキャンパス内に出店している「ウォルマート・オン・キャンパス(Walmart on campus)」、スーパーセンターのバックルームをエクスプレスなど小型店の物流拠点にする「テザリング(Tethering)」、簡易診療所より広範囲な診療を提供する「ケア・クリニック(Care Clinic)」など数多くのテストを行なっている。地域の競合店の最安値から上回った分を自動的にキャッシュバックする「セービングキャッチャー(Saving Catcher)」や国内送金サービスの「ウォルマート2ウォルマート(Walmart2Walmart MoneyTransfer)」など全米展開している成功例もある。一方で、グルメ食品定期購入サービス「グディーズ・カンパニー(the Goodies Company)」の失敗もある。  続きを読む
2014年08月17日

【アンチフォトショップ法案】、画像編集ソフトは使っていません!これも情報の透明化?


■フォトショップ(Photoshop)は世界で最も普及している画像編集ソフトだ。広告画像の多くが、フォトショップで加工・修正されているといってもいいだろう。フォトショップを使って特に修正が多いのは、モデルやセレブリティを写した画像だ。被写体をより美しく見せるためフォトショップで加工するのだ。フォトショップで顔のシミ・そばかす・シワを消し、肌の色やツヤを良くし、体型もぐっとスリムに補正する。フォトショップで仕上げると見栄えは良くなるものの、リアルな人間らしからぬ被写体となる。ここ数年、行き過ぎたフォトショップ補正が大きな問題となっているのだ。広告画像に写るスリム化された体型により痩せすぎが美化されている。フォトショップで補正された非現実的な身体を手に入れるため、一部の若い女性たちが過度なダイエットなどにより健康を損っているのだ。この「フォトショッピング」問題に取り組むため、連邦下院で3月、「真実の広告法(Truth in Advertising Act of 2014)」が提案された。同法案は人の顔や身体のイメージを著しく修正した画像を用いた広告を規制しようとするもの。「アンチフォトショップ法案」が通過するかどうかは分からない。が、リアルな広告画像を求める動きに、皮肉にもリアル店舗をもたないオンラインストアが賛同した。オンライン・ファッションストアのモドクロス (ModCloth)が14日、モデル画像にフォトショップを使わないことを宣言したのだ。2002年に創業されたインディ系ビンテージ&レトロ風ファッションのモドクロスは、これまでプロのモデルを雇わずに一般人を採用している。同社は撮影後の人物画像を修正しないとし、必要な場合でもラベル表示するとしているのだ。こういった企業の動きに追随するチェーンストアも出てくるだろう。

トップ動画:画像編集ソフトによるモデルのビフォ・アフター。アフターは原形があまりないような...  続きを読む
2014年08月16日

【スーパーバリュ】、最大1,000店から情報流出!情報漏洩の被害企業には共通項がある?

140816カブフーズ
■中西部を中心にスーパーマーケットを展開するスーパーバリュは15日、カード情報の流出について調査していることを明らかにした。一部の報道によると、何者かがマルウェア(悪意のあるソフトウェア)をレジなどPOS端末にインストールして、システム内に記録されてあるクレジットカードおよびデビットカードの情報を盗んだとしている。同社はカード情報が6月22日〜7月17日に盗まれ、顧客の氏名やカード番号、有効期限などが流出したとみられている。被害のあった店舗はカブフーズなど傘下のスーパーマーケットから、昨年3月にサーベラス・キャピタル・マネジメントに売却したアルバートソンズやジュエルオスコなど800店以上にも及ぶ可能性が指摘されている。情報漏洩が最大で1,000店にもなるが、同社ではカード保有者の情報が不正に利用された証拠はないとしている。
 ターゲットで昨年、最大で1.1億人規模の個人情報が流出。実際にカード情報が不正使用されていたと報告されている。  続きを読む
2014年08月15日

【ウォルマート】、既存店が横ばいQ2!スーパーセンターで2日寝泊まりした家出少年?

140815ウォルマート
■ウォルマートが15日発表した第2四半期(5月〜7月期)決算は、国内の既存店売上高は横ばいとなった。連結の純利益は前年同期の40.69億ドルから0.6%増加し、40.93億ドル。会員費等を含む総売上高は、2.8%増の1,201.3億ドル(前年同期1,168.3億ドル)となった。スーパーセンターやサムズクラブなど国内の既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は来店者数が再び減少して前年なみ。前年同期は0.3%の減少だった。総売上高の約6割を占める国内スーパーセンターやディスカウントストアの既存店ベースは消費が低調でダラーストアからの競争も激しく横ばい。これにより6期連続してマイナスか横ばいとなっている。メンバーシップ・ホールセールクラブのサムズクラブも横ばいだ。

ウォルマート第2四半期(5月〜7月期)
総売上・前年同期比:2.8%増
純利益・前年同期比:0.6%増
既存店・売上高前年同期比:横ばい(アメリカ国内)
ウォルマート店舗数(7月31日)
 国内合計:4,921店
  スーパーセンターなど:4,281店
  サムズクラブ:637店

 海外店:6,132店(27ヶ国)

 総店舗数:11,053店

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。スーパーセンターは日常生活で必要なものがすべて揃う巨大店ですが、ウォルマート・スーパーセンターで寝泊まりしていた家出少年が先日、保護されました。テキサス州コーシカーナ地区のスーパーセンターで14歳の少年が商品棚の奥に隠れ2日間、そこで寝泊まりしていたというのです。ひと目に触れないよう、ベビーカーとトイレットペーパー/ペーパータオルの2ヶ所に寝床を確保していたのです。あのセクションにある商品は箱が大きいので、店頭在庫に死角ができやすいですから。で、食べ物は食品売り場で調達し、アパレル売り場から衣服をゲット、目立たないようにするため着替えていたのです。しかも1日に何度もトイレに行くと怪しまれるのでオムツを着用していたとか...。結局、棚の奥に散乱するゴミをお客が不審に思ってスタッフに通報し、無事に?発見されたのです。  続きを読む
2014年08月14日

【ベストバイ】、CEOが「タブレットは崩壊」と認めた!サムスンもクラッシュするか?

140814ベストバイ
■調査会社IDCが先月24日に発表した調査によると、タブレットの第2四半期(4〜6月)の世界出荷台数(速報値)は4,930万台だった。出荷台数は前年同期から11%増加したものの、第1四半期(1〜3月)からは1.5%の減少となっている。シェアトップのアップル・アイパッドも出荷台数が前年同期比9.3%減の1,330万台だった。成長鈍化が鮮明となっているタブレット市場について、世界最大の家電量販店トップの発言が注目を集めている。同社CEOのヒューバート・ジョリー氏は30日、ITニュースサイトのリコード(Re/Code)のインタビューで「タブレットはブームとなり、今は崩壊している(Tablets boomed and now are crashing)」と語った。ジョリー氏によると、タブレット売上はここ数ヶ月間で急落しているというのだ。同氏は「『崩壊』は言い過ぎですが、タブレット市場は信じられない現象にあり、テクノロジーの歴史の中で短時間に巨大化したカテゴリーは他にないと思います」と述べ、「タブレットの買い替え需要に問題があります。普及が急速に進んだため、驚くほどの普及率に達し、買い替え市場となったのです。昨年のタブレットの技術革新の進み具合は、以前ほどではありませんから」と買い替えを促すほどのイノベーションがタブレットに不足していることを指摘した。同氏はまた、スマートフォンも成熟市場になり、マーケットが買い替えに移っていると説明した。  続きを読む
Posted by usretail at 04:01Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2014年08月13日

【ウォルマート・コム】、ウェブデザインにパーソナライゼーション機能もアップデート!


■ウォルマートは4日、ウォルマート・コムのウェブページを近々アップデートすることを発表した。同社のブログで明かされたウェブページデザインはホームページ、商品ページ、そして決済用のチェックアウトページだ。ホームページは全体的に文字フォントやサイズを抑えめにしながらや色使いのトーンもシンプルにし、直感的な操作性を容易にしたデザインとなっている。商品ページでも商品の画像サイズを大きくし、文字やカラーを控えた注文しやすい画面となっている。決済用ページの配達オプションが配達スピードによって「急ぎ(Rush)」「早め(Expedite)」「標準(Standard)」「お値打ち(Value)」といったオプション名がなくなり、「宅配(Shipping)」と「ストアピックアップ(Pickup)」の選択から、それぞれに選んでいく分かりやすいセッティングとなっている。デザインの他、タブレットやスマートフォンなどのデバイススクリーンに最適されるウェブにするとしている。また、ユーザーの閲覧や注文行動や、問い合わせ内容などを基に、個別的に商品を推奨するパーソナライゼーション機能も刷新するとしている。

トップ画像:刷新予定のウォルマート・コムのBロール。この動画からビフォア/アフターのデザインを比べることができる。ホームページ(00:07〜00:14/00:18〜00:23)、商品ページ(00:37〜00:45/00:49〜01:04)、チェックアウトページ(01:08〜01:17/01:21〜01:30)がどう変化しているか比べてみて欲しい。全体的によりすっきりしたデザインだ。  続きを読む
2014年08月12日

【イェルプ】、口コミサイトのネガティブ評価に報復措置で大炎上!ブラック企業の盲点?

140812HSGH@イェルプ
■口コミサイトのイェルプ(Yelp)は、アメリカ人の日常生活に欠かせなくなっている。レストラン選びから、ホテルの評判から公共サービス、ライブ・コンサートのイベントまで様々な評判・評価を確認できるのだ。2004年から立ち上がったサイトには、毎月1.38億人のユニークビジターが訪れ、これまでに6,100万件のレビューがアップされているという。これだけ頻繁に利用されるため、お店やレストランの経営者はイェルプのレビューに神経を尖らせている。イェルプにアップされた評価により、店の集客が左右されるのだ。ハーバード・ビジネス・スクールによる2011年に発表された調査結果によると、イェルプの評価で星が1つ増えるごとに売上は5%〜9%増加する可能性があるのだ。特に地元密着のレストランやショップのような中小ビジネスにとって、イェルプでのマイナス評価は致命傷にもなりかねない。ネガティブな評価にならないよう、事業者もサービスなど細心の注意を払う必要があるのだが、もし、マイナス評価に対して事業者が報復措置にでたら?そんな事例が先日あった。
 ニューヨーク州ハドソン地区にあるユニオン・ストリート・ゲスト・ハウス(The Union Street Guest House:USGH)は、このホテルで結婚式をあげるカップルに「結婚式の参列者が当ホテルに対して否定的な評価をネットに投稿した場合、主催者から500ドルの違約金を徴収します」との契約を署名させていた。そんな契約など知らない結婚式の参列者が「かび臭さいので、ここにいるあいだはずっと窓を開けていなければならなかったのです」とイェルプにネガティブな感想をアップしたのだ。イェルプでマイナス評価を見たUSGHは、この参列者を出席させたカップルに違約金を打診したのだ。このことがネットで知れ渡ると「史上最低のホテル」など700件以上の批判コメントで炎上する事態となったのだ。イェルプは「直接的な体験に基づいていない」として大半を削除したが、それでも多くのマイナスレビューが残り、5つ星のレビュー評価も1.5となってしまった。最低評価に近い1.5では、一生に一度となる結婚式をUSGHであげようとは誰も思わないだろう。

トップ画像:ユニオン・ストリート・ゲスト・ハウスのイェルプ。マイナス評価に対して報復措置をとろうとしたことで炎上し、5つ星のレビュー評価も1.5と最悪の結果となってしまった。  続きを読む
2014年08月11日

【ウォルマート】、簡易診療所より広範囲な診療を提供するケア・クリニックを店内開院!

140811ウォルマート
■ウォルマートは31日、ノースカロライナ州サムター地区のスーパーセンターに4ヶ所目となる「ウォルマート・ケア・クリニック(Walmart Care Clinic)」をオープンした。ウォルマート・ケア・クリニックは、同社が約100ヶ所で展開する「ザ・クリニック」のような軽度症状の診察や検査を行う簡易診療所より、慢性病治療など高度で広範囲の診療を行うことが目的だ。実際の診療は看護士(ナース・プラクティショナー:Nurse Practitioner)もしくは準医師資格者が行い、医師は1〜2ヶ所を監督する。ウォルマート・ケア・クリニックの診療費用は、1回40ドルからで(ウォルマート従業員とその家族は4ドルから)、メニューリストを見ると、膀胱炎やコレスチロールなどのテストを8ドルで提供し、糖尿病やHIV検査も15ドルと低料金で提供している。診療時間は平日が朝8時から夜8時までの12時間と長く、土曜日は朝8時から9時間、日曜日も午前10時から8時間の診療時間となっている。CVSが800ヶ所以上の店内で展開する「ミニッツ・クリニック(Minute Clinic)」より長い診療時間だ。直接行っても診療を受けられるが、アポイントメントも受け付けている。医療機関のクォドメド(QuadMed)社と提携しているウォルマート・ケア・クリニックは4月にテキサス州コーペラスコープ地区のスーパーセンターに1ヶ所目を開院して以来、6ヶ所目をテキサス州パレスタイン地区のウォルマートにオープンしている。テスト展開となるものの、医師が不足するルーラルエリアのウォルマートに年内までにあと6ヶ所増やす計画だ。  続きを読む
2014年08月10日

【当日配送】、アマゾンとグーグルが当日配送拡大!本屋から本の宅配に需要があるのか?


■先週は「当日配送週間」だったかもしれない。アマゾンとグーグルがそれぞれ当日配送の拡大を発表したのだ。アマゾンは6日、「当日配達サービス(Get it Today with Same-Day Delivery)」の対象地域をボルチモア、ダラス、インディアナポリス、ニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンDCにも拡大すると発表した。これによりアマゾンの当日配送は現行のロサンゼルス、フェニックス、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ボストン都市圏を含め、全米12都市で利用できるようになる。料金はプライム会員(年会費99ドル)は5.99ドルで、一般会員は8.99ドルと1アイテム毎99セントのプラスで利用可能だ。当日配送の注文は、午前7時45分までとなるシカゴから午後1時までとなるバルティモア、ボストン、ワシントンDCなど、主に正午までとなっている。なお、ボストンとシカゴは限定的な当日配送となっている。一方、グーグルが7日に発表したのは、ショッピング配送サービス「グーグル・ショッピング・エクスプレス(Google Shopping Express)」の提携先に、書籍チェーン最大手のバーンズ&ノーブルを加えたことだ。グーグル・ショッピング・エクスプレスはグーグルがチェーンストアや店と組んで一部地域で展開する当日配送サービス。提携先のなかにはターゲットやコストコ、ステープルズなどが含まれている。同サービスの送料は1店舗につき4.99ドルで、いまのところ最初の6ヶ月間は無料となっているという。バーンズ&ノーブルからの当日配送サービスはまずマンハッタンやウエストロサンゼルス、サンフランシスコで始められしばらくは送料無料で提供する。

トップ動画:アマゾンの当日配送サービス(Get It Today)の紹介動画。  続きを読む
Posted by usretail at 03:12Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2014年08月09日

【スプラウツ・ファーマーズ・マーケット】、変わらず好調Q2!さくらんぼ♪もう一回?

140809スプラウツ00
■スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは7日、第2四半期(4月〜6月期)決算を発表した。売上高は170店以上の既存店が好調なことから7.4億ドルと前年同期(6.2億ドル)から19.5%の増加となった。純利益は3,015万ドルと前年同期の1,247万ドルから141.8%と大幅に増加した。既存店・売上高前年同期比は客数が5%伸び、客単価も4%増加したことで9.5%の増加となった。これにより29四半期(7年と1四半期)連続して増加となっている。粗利益率は30.1%と前年同期と変わらなかったが、一般販売管理費や店舗運営コストなどの経費率は前年同期の23.7%から22.6%に抑えたことで、本業の儲けを示す営業利益率は6.4%から7.5%と1.1%も増加した。スプラウツは第2四半期中に6店舗を新規オープンしている。同社は業績見通しで18%〜20%とした今年度の成長率を19%〜20%と上方修正した。既存店・売上高前年比は8.5%〜9.5%増と前回の予想と変わっていな スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは700坪〜800坪の売り場にオーガニック青果の生鮮品やバルク商品(ナッツ類の量り売り)、ビタミンを含むサプリメントなど16,500sku(プライベートブランドは約1,500sku)を販売する自然食品スーパー。売り場の中心に位置する青果は売上高の4分の1となる26%占め、青果を含む生鮮品は全体の50%を占めている。同社ではアメリカ国内に約1,200店の展開が可能だとしている。  続きを読む
2014年08月08日

【オンラインストアCE売上高ランキング】、アマゾンが家電量販店トップの4倍以上も?

140808ベストバイ
■電化製品流通専門誌の「トゥワイス(TWICE)」誌は、オンラインストアの2013年コンシューマー・エレクトロニクス(CE:民生機器)売上高ランキングを発表した。同誌としては初となるランキングで1位となったのはネット通販最大手のアマゾン。成長率20.8%で156.1億ドルだ。2位のアップル・リテール・ストアとは4倍近い売上高となっている。タブレット市場やスマートフォン市場が混戦していることでアップルのオンライン売上高は前年比13.5%減となる43.6億ドル。20社によるランキングだが、アマゾンとアップルが全体の52%を占めている。3位はウォルマート。売上全体に占めるオンライン売上が15%から16%となり、ウォルマート・コムのCE売上高は36.0億ドルと11.5%の増加だ。4位は18.1%増で35.3億ドルとなったベストバイ。CE売上全体に占めるオンライン売上は10%から12%となっている。5位は直販のデル。成長率は約4%減となる27.6億ドル。6位はITやAV機器のオンライン専売ストアのニューエッグ・コム(newegg.com)。同社はビジネスマンやゲーマー、DIYなどから支持されているが、1.6%減少となる27.3億ドル。7位はタイガーダイレクト。同社は消滅したコンプUSAやサーキットシティの商標権を取得し、それぞれのブランド名でオンラインストアを展開していた。が、2012年にタイガーダイレクトに統一したことで、オンラインCE売上が29.3%減少し8.8億ドルとなっている。8位はヒューレット・パッカードの直販だ。HP・コムでのCE売上は前年から8.4%減少し7.2億ドルだ。9位は2.5%減少させ7.0億ドルとなったコストコ。コストコではCE売上全体の14%がオンラインストアからだ。10位はターゲット。CE売上の9%をオンラインが占め、16.4%の増加となる5.0億ドルとなった。

トップ画像:ベストバイ。ベストバイの国内CE売上高290億ドルの55%をアマゾンがオンラインのみで稼ぎだしている。

*コンシューマー・エレクトロニクス(CE:民生機器)とは主に音響や映像、コミュニケーション、TVゲーム、オート、IT製品などの電子機器で、一般消費者による使用を目的としている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:51Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2014年08月07日

【ウォルグリーン】、本社の海外移転なし!反逆企業の節税より印象が重要とのそろばん?

140807ウォルグリーン
■ウォルグリーンは5日、アライアンス・ブーツの100%取得に際して節税となる本社の海外移転を行わないことを発表した。ウォルグリーン は約153億ドルを支払い、ヨーロッパでチェーン展開する同業のアライアンス・ブーツを取得し、新たなホールディングカンパニーを設立する。同社はスイスを本社を構えるアライアンス・ブーツの株式45%を2年前に取得しており、残りの55%を現金約52.9億ドルと100億ドル相当の自社株(1.44億株)で取得する計画。100%取得後のホールディングカンパニーは「ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance)」となり、アメリカ国内のウォルグリーンやイギリスなどに展開するドラッグストアのブーツなど4つの事業部からなる。
 ウォルグリーンは先月、節税を目的に本社の海外移転を検討していることを明らかにしていた。同社が検討していた節税とは「税的本社入れ替え(タックス・インバージョン:Tax Inversion)」。タックス・インバージョンは低税率国にある同種の会社と合併し、本社をその低税率国に移転させることで合法的に節税を行う。税法上の抜け穴をついた節税は国家の税収を失うため、ウォルグリーンはアメリカに背を向けようとしていると議論が起こっていた。国外に本社を移転しないと決定により不買運動などが起きる恐れはなくなる一方で、税制面で有利なスイスに本社を移すことを期待していた株主は大きく失望している。  続きを読む
Posted by usretail at 04:01Comments(0)TrackBack(0)ドラッグストア
2014年08月06日

【ターゲット】、シリコンバレーにITオフィス!カナダ市場から撤退すべき3つの理由?

140806ターゲット
■ターゲットは4日、北カリフォルニアのシリコンバレーにITオフィスをオープンした。カリフォルニアで2ヶ所目となるITオフィスはサニーベール地区にあり、広さは200坪程度。スタッフ数15名から稼働し、ゆくゆくは70人体制になるという。ターゲットは昨年5月、サンフランシスコ・ダウンタウンに「テクノロジー・イノベーション・センター(Technology Innovation Center)」オフィスを正式に開設している。このダウンタウンオフィスには、テクノロジー開発やシステム業務などを提供しているサペエントニトロ(SapientNitro)社と提携し、2012年末から密かに稼働。20人のスタッフが新技術の開発やテストなど社内インキュベーションの役割を担っているという。一方、新しくオープンしたサニーベール・オフィスでは、データ分析やオンラインやモバイルサイト等の設計を行う。
 ターゲットは5月、出遅れているオムニチャネル戦略を推進するため、外部専門家による「デジタル顧問団(Digital Advisory Council)」を招聘することを発表した。デジタル顧問団はターゲット・コムやモバイル事業部と定期的にミーティングを行い、デジタル変革を加速するようアドバイスを行っていく。同社は同時にソフトウェアエンジニアを50人以上採用することを発表していた。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ターゲットはカナダ市場から撤退すべきというのが私の主張であり、仮説です。理由は3つ。ターゲットのEコマースは競合に比べて遅れている状態にあること、競合はEコマースに積極的に投資していること、社内の意思統一が図れていないことがあります。ターゲットは2001年から契約終了となる2011年までEコマース業務のほとんどをアマゾンに任せていました。それこそサイト運営からコールセンター、カスタマーサービス、倉庫(フルフィルメントセンター)業務に出荷作業までアマゾンに外注(丸投げ)していたのです。3年前にやっとEコマース運営を自社で行うようになったのです。Eコマースを自社運営に切り替えた直後の2011年9月、限定コラボ商品「ミッソーニ・フォー・ターゲット」発売で事件が起きました。刷新したばかりのサイトが、アクセス集中でクラッシュしたのです。これで責任者が職を追われています。  続きを読む
2014年08月05日

【ノードストローム】、トランククラブ買収!五感で感じられるほど「顧客の創造」する?

140805トランククラブ
■ノードストロームは31日、メンズカジュアルウェアのオンラインストア「トランククラブ(Trunk Club)」を買収したことを発表した。5年前に創業したトランククラブは買い物する時間がなく、自分に似合う服が分からない男性に向けたパーソナルショッピングサービス。専属のパーソナルスタイリストが顧客の好みやルックスにあった服やアクセサリー、靴などをセレクトし「トランク」と呼ばれるボックスで発送する。商品到着から10日間の試着期間があり、好みでない商品は返品可能となっている。送料は無料。トランククラブはオンラインを中心に運営しているものの、本社のあるシカゴにショールームがあり予約制でパーソナルスタイリストからアドバイスを受けながらの買い物も可能となっている。最近はダラスやワシントンDCにもショールームストアをオープンしており、ロサンゼルスに4店舗目のオープンを計画している。同社のパーソナルスタイリストは現在、250人となっている。
 トランククラブのCEOのブライアン・スパイリー氏は、7年前に創業したメンズパンツのオンラインストア「ボノボス(Bonobos)」の共同創業者。パンツ以外にもスーツやブレザーなど商品を広げ、レディースも扱うボノボスは現在、サンフランシスコやシカゴ、ニューヨークなど10ヶ所に「ボノボス・ガイドショップ(Bonobos Guideshop)」を展開している。スパイリー氏はボノボスを2009年に辞め、トランククラブを創業。ボノボスは主にオリジナルブランドを中心に販売しているが、トランククラブは約100種類のブランドを扱っている。なお、ノードストロームはボノボスブランドのメンズアパレルを販売している。  続きを読む
2014年08月04日

【ホームデポ】、ホームセンターなのにメールが6種類も!毎日の特価品で忘れられない?

140804ホームデポ毎日の特価品メール(5月18日)
■オプトインメールをご存知だろうか?ホームページで顧客にあらかじめメール登録してもらい、ダイレクトメールを許可した顧客のみにセールなどの通知を行うメールだ。広告メールが顧客に迷惑にならないようにしながら、許可を得ていることで顧客からの反応率を上げるのだ。小売大手のウォルマートやターゲットから中堅のコンテナストアでもメールを許可した顧客に定期的(時には不定期)に、セール通知や特価情報、広告、社員情報などを送っている。顧客をDIY(DIH)、DIFM、プロと3つのグループに分けているホームデポでは、オプトインメールもプロ向けに1種類、ハウツーや会報などコンテンツを2種類、特価情報を3種類と計6種類もメールを用意している。
 特価情報で毎日送られてくるのは1日1アイテムの「毎日の特価品(Special Buy of the Day)」だ。毎日の特価品では、1日限定で数量も限定された1アイテムのみ(もしくはオプションを含めても3種類程度)を30%〜60%の値引きで提供するディスカウントプログラムだ。商品はBBQグリルやパティオ家具セット、シーリングファン、発電機等の他、サウナルームや滑り台などDIY用品に限らず幅広く扱っている。メール上では特価アイテムを明かさず、クリックしてアクセス後に商品名を明かすシークレット特価品も行っている。毎日の特価品メールは毎朝5時30分前後に配信され、特別価格は深夜0時までと決まっている。そのため、メールをクリックして専用ページにアクセスすると、商品の右上に終了時間までの残り時間がデジタル表示されている。毎日の特価品メールは毎日、送られてくることで、バーゲン好きは、チェックを怠らなくなる。また、毎日、商品と価格を確認する習慣を生み出すことで忘れられなくなり、、ホームデポのマインドシェアがあがるのだ。

トップ画像:「毎日の特価品(Special Buy of the Day)」ではBBQグリルやパティオ家具セット、シーリングファン、発電機等の他、サウナルームや滑り台などDIY用品に限らず幅広く扱っている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:45Comments(0)TrackBack(0)ホームセンター
2014年08月03日

【ホールフーズ】、新戦略発表!全米広告に宅配&定期購入サービスでオムニドミナント?

140803ホールフーズ家畜格付け
■ホールフーズは30日、第3四半期決算の発表に際して成長戦略を明かした。4月〜6月期の売上高は33.8億ドルとなり前年同期比10.4%の増加、純利益は1.51ドルと同6.3%の増加となった。既存店・売上高前年同期比は3.9%増となり、市場予想の4.9%増を下回ったばかりか過去4年間では最低の伸び率となった。前年同期の既存店ベースは7.5%の増加だった。なお粗利益率は前年同期の36.6%から35.9%と0.7%も下げている。同社は積極的な出店や競争激化で業績見通しを下方修正しており、売上高は当初の10.5%〜11.0%の増加から9.6%〜9.9%の増加、既存店も5.0%〜5.5%の増加から4.1%〜4.4%の増加と修正している。ホールフーズは現在、北米とイギリスに388店を展開。
 ホールフーズ共同CEOのロブ・ウォルター氏はコンファレンスコールにて新たな戦略を明かした。同社は長期目標として1,200店舗を掲げているが、2017年度中には500店舗展開を目標に今年に38店舗をオープンするという。またオープンから10年以上となる店舗の7割を改装する計画だ。9月から同社としては初となる全米規模の広告キャンペーンを始める予定。シーフード・サステナビリティ格付け(Wild-Caught Seafood Sustainability Ratings)、家畜飼育5段階評価システム(The 5-Step Animal Welfare Rating)などの格付けシステムに青果と花の新たな格付け評価システムを発表する。この格付けの基準は有害生物の管理や農業労働者の福祉、ハチミツなど授粉媒介の保護を採用するとしている。ホールフーズは外部企業と連携して宅配サービスを行う。12〜15ヶ所で行うテストでは、オンラインで注文して店で渡すストアピックアップも行う。さらに定期購入サービスの始動や新アプリ、ロイヤリティプログラムも発表するとしている。

トップ画像:ホールフーズの家畜飼育5段階評価システム。家畜飼育の仕方で牛肉や豚肉、鶏肉を格付けする。「ステップ1」から最上の飼育法となる「ステップ5+」まで色分けされている。画像にあるのは「ステップ4」とかなり高い評価だ。ホールフーズは青果と花の新たな格付け評価システムを導入するほか、全米規模の広告キャンペーンに宅配サービスや定期購入サービス、ロイヤリティプログラムまで行うとしている。まさに顧客を全方位で支配するオムニドミナントだ!  続きを読む
2014年08月02日

【ウォルマート】、サイバーマンデー@新学期商戦!セービングキャッチャーも全米展開?

140802ウォルマート広告@新学期商戦
■ウォルマートは30日、8月1日から新学期商戦セールを行うことを発表した。また8月4日月曜日には1日限りのオンラインセール「サイバーマンデー」を行う。一部の州で行なっているタックスホリデー(新学期前に行われる衣類や靴、学校用品、コンピューターなどの非課税日)に合わせた新学期商戦セールでは、ノートブックパソコンやタブレット、LEDテレビ等が値引きされる。例えばデル製ノートブックパソコンが399ドル、40インチのハイセンス製LEDテレビが239ドル、8インチタブレットのネクストブック8が79ドル、RCA製10インチタブレットが99ドル、399ドルのアップル・アイパッド(ラティナディスプレイ)が349ドル等、セールとなっている。4日(月曜日)のサイバーマンデーでは、32インチのセプター製LEDテレビ(720p)が149ドル、ケースとキーボードがついた9インチタブレット(Nobis 9" Tablet 8 GB)が79ドル、HP製でオールインワンのインクジェット・プリンターが50%値引きされ25ドルとなる。その他、子供服や文具、学生寮向けのキッチン家電等400アイテム以上が平均で35%値引きされ、最大で60%も安くなる。
 ウォルマートは「セービング・キャッチャー(Savings Catcher)」の全米展開を行う。セービング・キャッチャーは、ウォルマート価格より下回った競合店の価格から、差額分を自動的にキャッシュバックするアプリ。ユーザーはウォルマートで買い物したレシート番号をセービング・キャッチャー(Savings Catcher)や同アプリに登録するだけで、72時間以内に差額分をeギフトカードとして受け取ることができる。比較される競合店はアルディやハリスティーター、ターゲット、ウォルグリーン、HEBなど大手チェーンストア。

トップ画像:ウォルマートの新学期商戦広告。8月1日から40インチのハイセンス製LEDテレビ(1080p、60Hz)が239ドル、デル製ノートブックパソコン(15.6インチ、インテルコアi3、6GB)に1年間アンチウイルスソフトとケースがついて399ドル、1年間会員をついたXボックス・ワンが399ドル、ロクのストリーミング装置が39ドル、399ドルのアップル・アイパッド(WiFi、16GB、ラティナディスプレイ)が349ドル、399ドルのアイパッドミニ(WiFi、16GB、ラティナディスプレイ)に50ドルのウォルマート・ギフトカード付き、16GBのアイポッド・タッチは195ドルとなっている。  続きを読む
2014年08月01日

【ターゲット】、CEOにサムズクラブ前CEO!トップの最初の決断はカナダ店の進退?

140801ブライアン・コーネル氏ターゲットCEO
■ターゲットは31日、新CEOに飲料・食品大手ペプシコのブライアン・コーネル氏(55)を起用することを発表した。同社としては初めて外部から最高経営責任者を迎え入れることになる。コーネル氏は2012年3月からペプシコ社のアメリカズ・フーズ部門CEOを務めており、それ以前はウォルマートのサムズクラブCEO(2009年4月〜)や、手工芸品チェーンのマイケルズでCEO(2007年6月〜)を務めていた経験がある。同氏は8月12日付でターゲットCEOに就任する。前CEOのグレッグ・スティンハフェル氏は今年5月、昨年末に起きた情報漏えい事件や赤字となっているカナダ事業部の責任を負い退任。現在はCFOのジョン・マリガン氏が暫定CEOを務めている。
 ターゲットの第1四半期(2月〜4月期)決算では、売上高が前年同期比2.1%増の170.5億ドルとなったものの、カナダ事業部が足を引っ張り純利益は4.18億ドルと前年同期から16%減少した。カード情報流出の影響で客足が戻らず国内の既存店ベースは0.3%の減少。なお、カナダ事業部の純損益は前年同期の2.05億ドルから2.11億ドルと3.1%赤字幅が拡大している。  続きを読む
2014年07月31日

【ウォルマート】、ラボクラシー買収!3年で14社の買収にショールーミング返しが進む?

140731ラボクラシーアプリ
■ウォルマート・グローバルeコマース部門の@ウォルマートラボは29日、ソーシャル・マーケットプレイスの「ラボクラシー(Luvocracy)」を買収したことを発表した。買収額など、詳細は明かにされていない。ラボクラシーはピンタレストのようなユーザーインターフェースで友人や家族、ブロガー等のインフルエンサーによる推奨で商品購入に結びつけるソーシャル・ネットワーク・サービス。会員数は50万人に上るという。2011年に創業したばかりのベンチャー企業はサンフランシスコに本部があり、従業員数は20名。買収後にサイトは閉鎖される予定で、ラボクラシーの16名のスタッフはサン・ブルーノ地区にあるグローバルeコマースに加わることになる。
 ウォルマートは2011年以降、Eコマースに積極的に投資しており、IT系ベンチャー企業を次々に買収している。2011年4月にソフトウェアの「セットディレクション(Set Direction)」を買収後、検索エンジンの「コズミックス(Kosmix)」やソーシャル広告の「ワンライオット(OneRiot)」、POS技術の「グラブル(Grabble)」、モバイル・エージェンシーの「スモールソサエティ(Small Society)」、フェイスブックアプリの「ソーシャルカレンダー(Social Calendar)」、アプリケーション開発の「テイスティラボ(Tasty Labs)」、クラウド・コンピューティングの「ワンオプス(OneOps)」、リアルタイム分析・予測の「インクル(Inkiru)」、クラウドベースのウェブを加速化させるサービスの「トービット(Torbit)」を買収している。今年に入って2月にレシピサイトの「ヤムプリント(Yumprint)」、5月には商品検索サービスの「アドケミー(Adchemy)」、6月にはモバイルアプリの「スタイラー(Stylr)」を買収している。ラボクラシーは14社目の買収となり、2010年2月に買収したオンライン映画配信の「ブードゥー(Vudo)」を含めると15社目となる。

トップ画像:ソーシャル・マーケットプレイスのラボクラシーのアプリ。ラボクラシーはウォルマートにとって14社目の買収となる。IT企業買収で「ショールーミング返し」が進んでいる?  続きを読む
2014年07月30日

【ノードストローム】、片腕の女性に義足の男性、車椅子の女性にダウン症の少女を起用!

140730モデル02@ノードストローム
■ノードストロームでは現在、半年に1回行われる恒例のアニバーサリーセールを行なっている。このアニバーサリーセールのカタログに登場するモデルに注目が集まっている。ノードストロームの88ページとなるカタログに、一般的なモデルに混じって障がい者モデル4人を起用しているのだ。18ページでドゥニー&バーク(dooney & bourke)のバックをもっているのは、生まれながらに右手のないシャホリー・エアーズさん。34ページには車いすの26歳の女性だ。多発性硬化症で7歳から車いすとなるジュリアン・マーカドさんはパンクな服装にハーフブーツを履いて登場している。キッズアパレルでは7歳のエミリア・タグチちゃんが可愛らしい表情でうつっている。他のキッズモデルのように健康的に見えるが、彼女はダウン症だ。ランニングシューズのページには、義足にナイキシューズを履いたアレックス・ミンスキーさんだ。海兵隊員だった頃、アフガニスタンで右足を失った。
 実はノードストロームでは1997年からモデルに障がい者を起用しているのだ。また広告やチラシのモデルに身体の不自由な人を起用するのはノードストロームだけではない。ターゲットやメーシーズ、H&M、トイザらスでも障がい者モデルの起用に積極的だ。JCペニーではニューヨークモールのショーウィンドウで、車いすや義足のマネキンを使っている。ノードストロームのカタログが注目されたのは、ダイバーシティ(多様性)が進んでいるからだろう。
  続きを読む
2014年07月29日

【ダラーツリー】、ファミリーダラー買収!「ファミリーダラーツリー」な足し算でない?

140729ファミリーダラー
■ダラーストアのダラーツリーは28日、同業のファミリーダラーを約85億ドルで買収することを発表した。1株当たりの買収額は74.50ドルと、先週金曜日(25日)の終値を約23%上回った価格だ。ダラーツリーはファミリーダラー株1株に対して、59.60ドルの現金と14.90ドル相当のダラーツリー株を支払うという。債務引き受けなどを含めた取引総額は約92億ドルに達する。この買収によってダラーツリーは国内48州とカナダ5州に1.3万店を展開し、売上高が180億ドル(従業員数14.5万人)の企業となる。なお買収後も別々の店舗名で展開していくとしている。一方、40州に11,338店を展開し売上高175億ドルのダラーゼネラルは店舗数、売上高ともに業界2位となる。ダラーゼネラルの従業員数は約10万人。
 ダラーツリーの第1四半期(2月〜4月期)では売上高が前年同期比7.2%増の20億ドル、純利益は同3.6%増だった。既存店・売上高前年同期比は2.0%の増加。ファミリーダラーが10日に発表した第3四半期(4月〜6月期)は売上高が3.3%増となる26.6億ドル、純利益はリストラ関連費用が負担となり同33.0%減となる8,100万ドルだった。既存店ベースは1.8%減だった。ファミリーダラーは4月、年間売上高65万ドル以下の370店をスクラップするリストラ策を発表。同時に、本部スタッフ135人のリストラに加えて店舗スタッフの削減、さらにベーシックアイテムの約1,000点を値下げすることも発表していた。ファミリーダラー株式の9.4%を握る投資家のカール・アイカーン氏は7月初め、同社の身売りを迫り新たな取締役を送り込む構えを見せていた。  続きを読む
Posted by usretail at 04:05Comments(0)TrackBack(0)ダラーストア
2014年07月28日

【ウォルグリーン】、義理とそろばん秤にかけりゃ義理はライトなアメリカ企業、ですか?

140728ウォルグリーン
■創業から100年以上の歴史をもつドラッグストアチェーンの選択にアメリカ納税者の注目が集まっている。国内に約8,200店のドラッグストアを展開し約720億ドル(約7.2兆円)の売上をもつウォルグリーンは先月24日、アメリカ国外への本社移転を検討していることを明らかにした。同社が2年前に45%の株式を取得したアライアンス・ブーツ社の本部スイスへ移転する可能性を明言したのだ。アライアンス・ブーツ株の完全取得となる企業合併を通じて本社を低税率国へ移転し、「税的本社入れ替え(タックス・インバージョン:Tax Inversion)」と言われる節税を行うのが狙いとなる。本社機能をアメリカに残し登記上の本社を低税率国に移しても節税はできない。が、低税率国にある同種の会社と合併し、本社をその低税率国に移転させることで合法的に節税が可能となる。タックス・インバージョンは、いわば税法上の抜け穴をつく方法だ。ウォルグリーンがアライアンス・ブーツ社の残り55%の株式を取得し合併すれば、タックス・インバージョンが可能となる。これで本社を移転させれば、向こう5年で40億ドル(約4,000億円)の税負担が軽減される試算だ。一方でアメリカは40億ドルの税収を失うことになる。ウォルグリーンの利益のうち4分の1は、公的医療保険制度であるメディケア(高齢者医療保険)とメディケイド(低所得者医療保険)からだ。アメリカから利益を得てているにもかかわらず、ウォルグリーンはアメリカに背を向けようとしていると政治家を巻き込み議論が起こっている。先週の木曜日(24日)にはシカゴ市内のウォルグリーン旗艦店の前で、税法上の公平性を求める運動家が抗議活動を行われた。同じ日、オバマ大統領はロサンゼルスの演説の中で、抜け穴のある税制を見直すよう議会に要請した。
 ウォルグリーンでは、本社移転の結論を7月末から8月初めに発表するとしている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:03Comments(0)TrackBack(0)ドラッグストア
2014年07月27日

【アウトレットセンター】、アマゾンなどオンラインストアや景気の影響も受けず増加中!

140727ウッドベリーコモン
■アマゾンなどオンラインストアの影響も受けず、まったくの不況知らずとなっている商業施設がある。高級ブランド品など低価格で販売するアウトレット店を一ヶ所に集めたアウトレットセンターだ。モールなどのリージョナル・ショッピングセンターは2006年から1ヶ所だけ建設されたが、アウトレットセンターは40ヶ所もオープンしている。国際ショッピングセンター協会(ICSC)によると、アメリカ国内だけで平均賃貸面積1.1万坪となるアウトレットセンターは193ヶ所あるのだ。カリフォルニア州ベーカーズフィールドに8月にオープンする「アウトレット・アット・テホン・ランチ(Outlets at Tejon Ranch)」など、今年だけでも10ヶ所がオープン予定(そのうち2ヶ所はすでにオープン)となっている。また、今年から来年末にかけて16ヶ所のアウトレットセンターが平均で3,000坪の賃貸面積を拡張する。アウトレットセンターの増加に伴い、サックスフィフスのオフフィフィス(66店)やニーマンマーカスのラストコール(35店)など、アウトレットセンターに展開するアウトレットチェーンも増えている。2012年の322チェーンから、2013年には368チェーンに増加している。ブルーミングデールズ・アウトレットも10店の展開だ。こういったアウトレットチェーン店を含めてアウトレットセンターで展開する店舗は12,796店。1平方フィート当たりの売上高は357ドルとなり、前年の397.76ドルから11.4%増加している。アウトレットセンター人気から賃貸料も上昇し、1平方フィート当たりの賃貸料は33.72ドルと前年の29.76ドルから13.3%も上昇している。空室率があまり改善していないモールやストリップセンターとは対照的だ。

トップ画像:ニューヨーク市郊外のウッドベリーコモン・プレミアム・アウトレット。全米最大のアウトレットセンターは1平方フィート当たりの売上高が1,550ドルとなり、ニューヨーク・マンハッタンにある高級店と変わらないほどの売上を誇っている。  続きを読む
2014年07月26日

【アマゾン】、赤字Q2!ファイアフォンのダイナミックパースペクティブで見方が変わる?

140726アマゾン売上高と純損益推移
■オンライン通販最大手のアマゾンが24日に発表した第2四半期(4月〜6月期)では赤字が大幅に増加した。売上高は前年の157.0億ドルから23%増加して193.4億ドルとなった。純損益は1.26億ドルの赤字となり、前年同期の700万ドルの赤字から18倍拡大した。フルフィルメントセンター建設など物流センターへの投資やアメリカで25日に発売されるスマートフォンの「ファイアフォン(Fire Phone)」の開発コストやキンドルの新サービスのコストが響いた形だ。アマゾンは第3四半期の業績についても赤字幅が拡大する可能性を示唆している。

トップ画像:過去5年間のアマゾンの売上高と純損益の推移(四半期ベース)。第2四半期(4月〜6月期)は売上高が193.4億ドルで、1.26億ドルの赤字だ。過去からの推移で見るとアマゾンの売上高は右肩上がりとなっている。一方、純損益を見ると、売上高に合わせたy軸の単位では上下しているのがわからない。以下にある純損益率推移のグラフを見るとわかるが、ここ数年、アマゾンの売上高に対する純損益の割合はプラスマイナス1%以内となっている。

140726アマゾン損益率推移
アマゾンの純損益率の推移。2012年の第3四半期(7月〜9月期)のマイナス2%を除いて、過去3年間はプラスマイナス1%以内に収まっている。伸びた売上高を含めてアマゾンは積極的に投資しているのだ。25日に発売したファイアフォンを記念して「ダイナミック・パースペクティブ」機能をグラフに取り入れてみた(笑)。頭を動かさないでも、グラフが立体に見える!が、見にくい!!!  続きを読む
Posted by usretail at 03:45Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2014年07月25日

【ウォルマート】、国内CEOビル・サイモン氏辞任!後任はマクミラン氏の目が試される?

140725グレッグフォラン新CEO
■ウォルマートは24日、国内事業のウォルマートUSのトップにグレッグ・フォラン氏(53)を充てる人事を発表した。同氏の新ポストは8月9日付となる。これまでのCEOであるビル・サイモン氏(54)は辞任を発表。同氏は1月31日までコンサルタントとしてCEOの引き継ぎ業務を行う。ニュージーランド生まれのフォラン氏は2011年10月にウォルマートに入社、翌年3月には中国ウォルマートのCEOに就任し、先月からはアジア地区のトップを務めていた。ウォルマート入社以前はオーストラリアを中心にニュージーランドでも展開する小売企業のウールワースで様々な役職を担当しており、30年以上の小売業キャリアをもつ。今年2月に海外事業部のCEOからウォルマートCEOとなったダグ・マクミラン氏は「過去数年間、私はグレッグと近くで働いていて、小売に対する彼の熱意を直に感じていました。グレッグの強力なリーダーシップスキルとウォルマートの社風と相まって、お客様やアソシエイトに上手く務めると確信しています」と語った。ビル・サイモン氏は明確な辞任理由を発表していないが、国内店の不振の責任をとった形と見られている。総売上高の約6割を占める国内スーパーセンターやディスカウントストアの既存店ベースは第1四半期(2月〜4月期)、0.1%の減少となり5四半期連続で前年を下回っていた。サイモン氏は一時、マクミラン氏とともに前CEOのマイク・デューク氏の後任候補と目されていた。

トップ画像:ウォルマートUSのCEOとなるグレッグ・フォラン氏。ウォルマートには3年前に入ってきたばかりだ。2007年に激安ジェネリック薬プログラムを成功させ、CEOとなったビル・サイモン氏と異なり、アメリカ国内での実績や実務はない。ダグ・マクミラン氏の人を見る目が試される人事異動だ。  続きを読む
2014年07月24日

【ターゲット】、560坪の「ターゲット・エクスプレス」がミネソタ大学近くにオープン!

140724ターゲットエクスプレス
■ターゲットは17日、ミネソタ州ミネアポリス市のディンギータウン地区に小型店「ターゲット・エクスプレス(TargetExpress)」をオープンした。場所はミネソタ大学から1ブロックの距離となる学生街で、学生向けの家具付き賃貸アパートの1階となる。ターゲット・エクスプレスの店舗面積は560坪で、2,500坪前後となる「シティターゲット(CityTarget)」の5分の1のサイズだ。顧客層を学生や都市生活者にしており、扱い商品はミネソタ大学グッズから化粧品や薬、食品類にアパレル用品などの日用品、手軽に食事できるサンドウィッチ等も販売する。560坪のテスト店舗にはスマートフォンなどのテック部門にターゲットのファーマシー部門、プチ生鮮品売り場「Pフレッシュ」も導入されている。ネット展開ではストアピックアップ用の窓口の他、雑誌などにあるターゲット広告の商品をスキャンして注文する「イン・ア・スナップ」アプリ用の商品ポスターがあり、オンライン上で商品をピックアップしお店のレジでバーコード(スマートフォンもしくはプリントアウトで提示)をスキャンして値引きを受ける「カートウィール」コーナーも設けている。ターゲットは2015年中に、ターゲット・エクスプレスをサンフランシスコ周辺に3店舗、セントポール市内に1店舗をオープン予定としている。


店長が紹介するターゲット・エクスプレスの店内ツアー。ミネソタ大学グッズから化粧品などの日用品、ファーマシーや生鮮品などもある。  続きを読む
2014年07月23日

【ウォルマート】、先生感謝ウィーク!単に販促だと思ったら大間違いの5つのポイント?

140723新学期商戦@ウォルマート
■ウォルマートは21日、幼稚園児から高校生を教える先生に向けて10%返金する販促を行うことを発表した。「先生感謝ウィーク(Teacher Appreciation Week)」と題し7月25日〜7月31日間に文具類などを購入した先生に購入金額の10%をギフトカードで返金する。対象商品は文具類から家電品や衣類など1.5万品目で購入先は店頭のみとなっており、ウォルマート・コムの商品は対象外となる。10%リファンドは8月15日までに「先生感謝ウィーク」サイトで学校情報などを入力、レシート番号などを登録することで14日以内にメールでeギフトカードで受けられる仕組みだ。ゼネラルマーチャンダイジングのエグゼクティブ・バイス・プレジデントのスティーブ・ブラツピーズ氏は「文具などの備品は1クラスルームで平均で1,000ドル支出されていますが、その半分は先生が自腹を切って生徒のために用意しているのです」と述べ、「ウォルマートは以前からコミュニティの先生をサポートすることにコミットしています。このプログラムでは先生の負担を軽くして、先生に活躍してもらうようサポートします」と話している。
 新学期商戦中にウォルマートでは先生感謝ウィークの他、 「フィル・ザ・バス(Fill the Bus)」の寄付イベントも行うとしている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。新学期商戦は年末商戦に次ぐ繁忙期です。ウォルマートは今年、これまでにない共感マーケティングを展開しています。「先生感謝ウィーク(Teacher Appreciation Week)」販促には5つの学ぶべきポイントがあります。まず、販促に名前をつけていること。「商品」や「サービス」そして「販促(セール)」は必ずネーミングです。プライベートブランドであっても名無しの商品は論外です。なぜなら固有名詞がない商品・サービス・販促は(お客様が)覚えられない、(人に)伝えられない、(世間に)広まらないからです。ウォルマートは先生感謝ウィークと題しています。誰のための販促か、すぐわかりますね。2つ目に発表はイベントです。プレスリリースや自社サイトのニュースルームで発表するのは誰もがやっていること。発表もイベント化することでメディアに取り上げられやすく、伝わりやすくなります。  続きを読む