2015年09月04日

【ショッピングセンター】、全米初!モール・リワードプログラムは250ドルで10ドル返金?

150904まぁ、とっても簡単リワード@シカゴリッジモール
■全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、第2四半期(4月〜6月期)のモール空室率は7.9%とだった。全米失業率がリーマンショック前の水準に戻している一方で、ショッピングセンターの空室率は依然として高レベルの状態が続いている。原因はネットで買物できるため、消費者がショッピングセンターに行かなくなっているのだ。全米小売業協会(NRF)によると、消費者がモールに行く頻度は年間で7.9回から3.8回と2分の1以下の頻度になっている。モールなどの大型ショッピングセンターは2010年からほとんど開発されておらず、20ヵ所以上のエンクローズ型ショッピングセンター(モール)が閉鎖されたとしている(不動産調査会社グリーン・ストリート・アドバイザーズ)。ショッピングセンターは少しでも来店を促すような施策が不可欠となっているのだ。シカゴ市にあるショッピングセンターが、全米初となるリワードプログラムを始めた。
 14州で29ヵ所のショッピングセンターを運営するスターウッズ・リテール・パートナーズは2日、シカゴのシカゴリッジ・モール(Chicago Ridge Mall)で「まぁ、とっても簡単リワード(Oh, So Simple Rewards)」プログラムを始めた。まぁ、とっても簡単リワードはショッピングセンター内のテナント店で250ドル以上買い物をすると10ドルをクレジットバックするというものだ。ユーザーはモール内のインフォメーションセンターでリワード登録を行う。登録には名前や住所、電話番号やメールアドレスの他、買い物時に使用するクレジットカードやデビッドカードの情報も必要になる。クレジットカードやデビッドカードを事前に登録しておくことで、それらのカードで250ドル以上買い物をすると3日〜4日後に10ドルのクレジットバックを得る仕組みなのだ。スターウッズ・リテール・パートナーズでは年内中に傘下のショッピングセンター3ヵ所にも同リワードプログラムを展開するとしている。
 まぁ、とっても簡単リワードで新規客を狙うことは難しいが、コアな既存客に対してはショッピングセンターの買い物である程度の満足感を与えることができるだろう。  続きを読む
2015年09月03日

【ヘイゲン】、アルバートソンズに訴訟!スーパーマーケットの教科書に載る歴史的撤退?

150903ヘイゲン
■100店以上の改装からわずか2ヶ月足らずで一部店舗をスクラップしたヘイゲン・フード&ファーマシーは1日、アルバートソンズに対して10億ドル(約1,200億円)以上に及ぶ損害賠償請求の提訴を行った。デラウェア州連邦地方裁判所に提出された訴状によると、ヘイゲンは昨年12月、セーフウェイとアルバートソンズの合併で両社から146店を買収したものの、アルバートソンズは組織的かつ体系的にヘイゲンの競争力を阻害、連邦取引委員会にも虚偽情報を提供したとしている。その結果、ヘイゲンは164店に増えたもののカリフォルニア州などで改装した146店舗のうち27店を閉鎖しなければならなかったとしている。この訴訟に対してアルバートソンズは一部メディアに法的根拠が全くないと語っている。
 アルバートソンズとセーフウェイの店舗合併に伴う連邦取引委員会(FTC)の審査により両社は昨年末、傘下スーパーマーケット168店舗の売却を合意した。ヘイゲンはそのうち9割近くとなる店舗を買収。ヘイゲンは今年3月からカリフォルニアやネバダなどで買収したボンズやアルバートソンズを改装、6月末には100店舗に及ぶ改装を済ませていた。一方でヘイゲンの高価格が原因で客離れが深刻化し、改装完了から1ヶ月もしないうちにパートタイマーのレイオフや労働時間の削減を行っていた。また、アルバートソンズからは、ヘイゲンに売却した在庫の支払いが一部滞っていると訴訟を起こされていた。

トップ画像:ロサンゼルス郊外ダイアモンドバーのヘイゲン。訴状には、この店の改装4時間前にアルバートソンズのスーパーバイザーがやってきてスタッフに生鮮品を品出しするように指示したとしている。オーバーストックにより5万ドルの損失が出たばかりか、期限切れの商品が並んだとしている。しかしヘイゲンの競争上の問題はそこではない。  続きを読む
2015年09月02日

【ターゲット】、小型店にワインバー?シカゴ市にコーポレートカラーな千鳥足が増える?

150902ターゲット・エクスプレス
■シカゴにオープンするターゲットにはワインバーが導入されるかもしれないと地元ローカル紙が報じた。クレインズ・シカゴ・ビジネス紙が先月25日に報じたところによると、10月オープン予定の小型店についてターゲットはシカゴ市にアルコール販売とバーやレストラン等のような店内アルコール消費販売の2種類のリカーライセンス(酒類販売業免許)の申請を行った。場所は観光スポットのネイビーピア近くで、2013年9月に倒産した高級グルメスーパーのフォックス&オベルの跡地。店舗面積は670坪で、通常のターゲット店の5分の1となるエクスプレス・フォーマットだ。ターゲットは先月、ターゲット・エクスプレスとシティ・ターゲットの店名をターゲットに統一することを発表している。ターゲットは同社初となるバーについては詳細を明らかにしていないが、酒類販売業申請を行ったことは認めている。同紙ではシカゴにあるアルコールを店内で飲めるスーパーとしてマリアノズやホールフーズ、スタンダードマーケット、プラムマーケットなどを挙げており、全米的にみてもハイヴィーやHEBのセントラルマーケット、ウェッグマンズも提供していることからターゲットのバー展開は珍しくないとしている。

トップ画像:サンフランシスコ・ファイナンシャル地区のターゲット・エクスプレス。
 
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。10月にオープン予定となっているターゲットのエクスプレス・フォーマットの出店場所をグーグルのストリートビューで確認してください。2013年9月に倒産したフォックス&オベル・フードマーケット(Fox&Obel Food Market)の跡地にオープンするのですが、ストリートビューで付近を見わたすと高層ビルの中にアパート(日本でいうところのマンション)を見れます。車でお店に来るよりも徒歩で来店する方が多いのではと推測できます。放漫経営で倒産してしまったフォックス&オベルの店内をインストアビューで確認してみてください。店内に多種類のチーズを販売しており、チーズショップ(チーズのカット)もあり、また豊富な種類のワインを取りそろえていることが分かります。さらにその向かい側にはイートインコーナーもあることを確認できると思います。近所に住むお客が徒歩で来店し、ワインなどのアルコールとチーズを購入していたのです。  続きを読む
2015年09月01日

【店内IT】、パーソナライゼーションはサービスの押し売り!快と不快を分けたコトは?

150901パーソナライゼーション
■顧客サービスにはパーソナリゼーションが大切といえども、行き過ぎたパーソナライゼーションサービスは気味の悪さを招く...パーソナライゼーション(personalization)とは顧客の属性や購買履歴など個々人の特性を基に最適化され、カスタマイズしたサービスを提供することだ。調査会社フォレストリサーチ社によると、10人中7人近くが店内でスマートフォンなどモバイル機器を使用しており、大手チェーンストアもIT化で買い物体験の向上に努めている。店内ITの導入でパーソナライゼーションが行いやすくなった一方で、不快を感じさせるパーソナライゼーションが最近の調査で判明した。オムニチャネル・パーソナライゼーション企業のリッチレバレンスは5月、店内IT化によるパーソナライゼーションを「クール(Cool:カッコいい、すばらしい)」と「クリーピー(Creepy:気味が悪い、不快)」を分ける調査結果を発表した。1,016人の消費者を対象に4月に行われた調査では、9つのITパーソナライゼーションを「クール」「ちょっとクリーピー」「クリーピー」と3つに分けた。
 76%の人がクールと感じたパーソナライゼーションは「商品スキャニングでカスタマーレビュー表示とレコメンデーション機能」。次にクール(69%)となったパーソナライゼーションは「商品の店内位置を示すインタラクティブマップと現在地からの最適ルート表示」となっている。クールなパーソナライゼーション第3位(44%)は「客の現在地から画面にポップアップされる商品レコメンデーションや販促、クーポン」となっている。42%が気味悪いとした若干クリーピーなパーソナライゼーションは「商品に値札はついていないが、知りたい顧客だけにスマートフォンでお知らせする機能」となっている。55%が気味悪いとしたパーソナライゼーションは「購買履歴と現在の試着からオススメの商品を表示する試着室のデジタルスクリーン」だ。さらにクリーピーさが増し62%が気味悪く感じるパーソナライゼーションは「顧客の店内位置から試着に来る前に試着室のドアを開けておく」だ。
 全くのクリーピー(73%)とされたパーソナライゼーションは「年配の女性客にアイクリームの販促をスマホ画面に表示させるなど、顧客の年齢や性別を判別する顔認識システム」がある。さらにクリーピー(74%)に映るパーソナリゼーションサービスは「スマートフォン信号から入店時に顧客の名前で出迎えるスタッフ」となっている。75%がクリーピーと感じ、最もゾッとするパーソナライゼーションは「顔認識で上得意客と判明され、各売り場のスタッフに情報が取り次がれるシステム」となっている。
 どんな場合であろうが、顧客のプライバシーを尊重するパーソナライゼーションが店内IT化に必要なのだ。

トップ画像:スーパーマーケットでスマートフォンを使いながら買い物する客。調査会社フォレストリサーチ社によると、10人中7人近くが店内でスマートフォンなどモバイル機器を使用している。が、店内IT化による行き過ぎたパーソナライゼーションサービスは顧客を気味悪がらせるだけとなる。  続きを読む
2015年08月31日

【ドミノピザ】、アメリカ人も絵文字でピザ注文!あまりの便利さをツィートして大炎上?


■アメリカ人は毎年、ピザに約330億ドル(約4兆円)を支出している。ピザ市場規模330億ドルのうち、4分の3となる76%はテイクアウトと宅配サービスが占めているのだ。少なくとも週1回の頻度でテイクアウトもしくは宅配サービスでピザを食べているアメリカ人は20%以上にも上っている。最近、ピザの注文にスマートフォンやスマートTVなど様々な機器からでき、また注文の仕方もアマゾンのワンクリック注文のように簡単にできるようになっている。
 ドミノピザのオンライン注文サービス「エニーウェア(AnyWare)」はピザの絵文字をツィートするだけでオーダーできる画期的なサービスだ。利用方法はあらかじめ自分のツイッターアカウントにドミノピザのプロフィールを登録しておき、注文は#イージーオーダー(#EasyOrder)のタグまたはピザの絵文字をツイッターアカウントでツイートするだけ。絵文字で注文すると、注文確認のダイレクトメッセージが届き、登録された住所にピザが宅配される仕組みとなっている。同社はすでにホームページやスマートフォンのアプリから注文できるシステムを導入しており、サムスンのスマートTVやウェアラブル端末のスマートウォッチ、フォード車の車載情報システム「フォード・シンク(Ford Sync)」、音声アプリの「ドム(Dom)」からの注文も可能となっている。
 アパレルチェーンのフットロッカーでは、アプリでナイキやアディダス等のスニーカーの絵文字を提供し人気となっている。絵文字がアメリカの社会で定着する一方で、ドミノピザの宅配注文のように絵文字を使ったネット戦略も増えてくるだろう。

トップ画像:ドミノピザのオンライン注文サービス「エニーウェア(Anyware)」のコマーシャル動画。自分の好きな通信機器を使い、絵文字などで簡単に注文ができるのだ。  続きを読む
2015年08月30日

【アルタ】、3四半期連続の既存店二桁増!オムニチャネルもカスタマーサービスは強化?

150930接客@アルタ
■美容品&サロンチェーンのアルタ・サロン・コスメティックス&フレグランスは27日、既存店の伸びが二桁となる第2四半期(5月〜7月)決算を発表した。売上高は大量出店やポイントカードのアルタメイト・リワード(ULTAmate Rewards)プログラムが奏功し前年同期の7.34億ドルから19.4%増加し8.77億ドルとなった。純利益は前年同期から22%増加し7,420万ドル。粗利益率は35.3%から34.9%に0.4%下がったものの。一般販売管理費率は効率的なマーケティングでマーケティング費用が抑えられ前年同期の21.5%から21.0%と圧縮した。実店舗とEコマースを合わせた既存店・売上高前年同期比は二桁増となる10.1%の増加となった。前年同期は9.6%の増加だった。既存店ベースが前年実績から二桁の増加となるのは3四半期連続。店内販促イベントや、店内サロンに導入を進めているブロウ・バー・サービスなどで客数が7.0%増加した。客単価はハイエンド商品の拡大で3.1%押し上げられた形だ。店舗のみの既存店ベースは8.9%の増加。ハイエンド商品の拡大で客単価は6.3%の増加となっている。インストア・サービス部門の「美容室(The Salon)」の既存店ベースは10.1%の増加だった。なお、Eコマース売上は前年同期比43.4%の増加となっている。同社は48州に817店を展開し、目標店舗数は1,200店としている。

トップ画像:アルタではスタッフトレーニングを通じて接客時間を増やすカスタマーサービスを実施している。会員数が1,610万人に達したアルタメイト・リワード(ULTAmate Rewards)プログラムで、上得意客(年間400ドル以上を買い物するプラチナム会員)へのパーソナルな接客が急務となっているのだ。オムニチャネル化が進むほどきめ細やかなカスタマーサービスが必須となってくるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:28Comments(0)TrackBack(0)その他
2015年08月29日

【ウォルマート】、年末商戦レイアウェイを前倒し!金欠もパイ投げゲームで幸せ満ちる?

150829レイアウェイ@ウォルマート
■ウォルマートは27日、年末商戦のお取り置きサービス「レイアウェイ(Layaway)」の支払い期間を2週間前倒しで実施することを発表した。レイアウェイは、サービス手数料と商品の頭金を支払い、60日〜90日かけて残金を支払った上で商品を受け取るサービス。レイアウェイのサービス手数料は通常5ドル〜10ドルで頭金も10%〜20%となり、途中解約は10%程度のキャンセル料がかかる。ウォルマートは2013年からレイアウェイ手数料を無料にしており、頭金は10ドル(もしくは合計金額の10%で金額が大きいほうとなる)となっている。レイアウェイ対象商品は1アイテムが昨年の15ドル以上から10ドル以上と緩和され対象商品数も4万アイテムに拡大している。ただし、レイアウェイできる合計金額は50ドル以上との条件は変わらない。昨年より2週間前倒しして8月28日からレイアウェイを始めることで、90日間払いを余裕をもって組むことができる。なお、商品の最終ピックアップは12月14日となっており、全額を支払えなければ、10%のペナルティがつく。
 ウォルマートはまた「キッズが選んだ人気玩具リスト2015年版(Chosen by Kids" Top Toy List)」を発表した。今年で3年目となるキッズが選んだ人気玩具リストでは、18ヶ月の乳児〜12歳の子供たちにオモチャで遊ばせ、彼らの意見や感想を参考に今年人気となる玩具リストを作成している。人気リストには昨年から今年にかけて大人気となったアニメ映画「アナと雪の女王」から「エルサの氷のお城(Disney Frozen Elsa Castle )」やすでに人気で品切れとなっているぬいぐるみロボットの「ユニコーン(FurReal Friends StarLily, My Magical Unicorn)」、YouTube動画で話題を集めている「パイ投げゲーム(Pie Face Game)」が挙げられている。同社はまた、12月中旬から公開予定となっている「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(Star Wars: The Force Awakens)」に合わせた関連商品を9月4日から発売する。  続きを読む
2015年08月28日

【アマゾン】、ファイアフォン大失敗で部門初のリストラ!想像以上にアマゾンに響いた?

150828アマゾン00
■アマゾンはファイアフォンの失敗により、ハードウェア開発部門を縮小しているとウォール・ストリート・ジャーナル紙は報じた。事情を知る複数の関係者が明らかにしたことによると、アマゾンのハードウエア開発部門のラボ126(Lab 126)はファイアフォンの開発に携わったエンジニア数十人を解雇した。2004年に設立されたラボ126は、本拠地のシアトルから離れたサニーベールとクパチーノにあり、ハードウェア開発エンジニアなど約3,000人が働いている。同部門ではこれまで、電子書籍リーダーの「キンドル」シリーズやタブレットの「キンドルファイア」、ストリーミング機器の「ファイアTV」、音声アシスタントの「エコー」などを開発している。今回の人員削減は同部門始まって以来となる。また同部門のリストラは、14インチとなる大画面のタブレット開発「プロジェクト・カイロ(Project Cairo)」を縮小し、他のプロジェクトと一つに統合するなど、組織の再編成にも及んでいる。関係筋によると、密に進められていた機能を絞ったスマートフォン開発も無期限に凍結しており、プロジェクトをシリコンバレーからシアトルに移した。
 アマゾンは昨年7月、同社が開発したスマートフォン「ファイアフォン(Fire Phone)」を販売した。が、ファイアフォンは高価格がネックとなり売れ行き不振で2ヶ月後には99セントに値引きし失敗に終わった。

トップ画像:ウエストフィールド・サンフランシスコセンターの通路で営業しているアマゾンのポップアップストア「アマゾン・ポップアップ(Amazon Pop-up)」 。アマゾンのハードウエア部門のラボ126が開発した電子書籍リーダー「キンドル」やタブレットの「キンドルファイア」、ストリーミング機器の「ファイアTV」、音声アシスタントの「エコー」などを販売している。キンドルのケースやカバーなどアクセサリー類も扱っている。下にアップした画像を見てもらえればわかるように、このポップアップストアでは未だにファイアフォンも販売している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:28Comments(0)TrackBack(0)
2015年08月27日

【シアーズ】、全米最大IoTショールーム!グーグルのインドアビューでバーチャル視察?

150827ホーム00
■シアーズは6月、大手チェーンストアとしては最大となるIoT体験型ショールーム「コネクテッド・ソリューション(Connected Solution)」をオープンした。IoTとは「モノのインターネット(Internet of Things)」を意味し、コネクテッドホーム(Connected Home)やコネクテッド製品(Connected Device)などを総じて「スマート家電」と訳されることがある。身の回りのあらゆる製品がインターネットを通じてスマートフォンと繋がることで、生活がより豊かにより楽しく、より健康的に、より安全になることを目的としている。112坪のコネクテッド・ソリューションはカリフォルニア州サンブルーノ地区にあるショップス・アット・タンフォラン(The Shops at Tan Foran)SCのシアーズにあり、シアーズの家電売り場で展開している。キッチンやリビングルーム、ガレージ、玄関(アウトドア)などのモデルフロアを導入し、「健康(Simply Fit)」と「娯楽(Simply Entertaining)」「セキュリティ(Simply Security)」「住居の自動化(Simply Automated)」をテーマに100アイテム以上のIoT製品をデモ展示している。コネクテッド・ソリューションには専任スタッフが常駐しハウツーや取り付けなどのコンサルテーションを行っているほか、各フロアにタッチスクリーンが設置され、製品のデモンストレーション動画や機能を確認できるようにもなっている。シアーズではシカゴ地区に60坪弱のコネクテッド・ソリューションを3ヵ所展開しており、IoT体験型ショールームを全米に拡大する考えだ。
 今日はコネクテッド・ソリューションの一部画像をアップする。


カリフォルニア州サンブルーノ地区にオープンした「コネクテッド・ソリューション(Connected Solution)」。IoT製品など、スマート家電のメリットや使い方を分かりやすく紹介している。小売業界にとってIoT製品の訴求課題は分かりにくさだ。莫大な市場規模が予想されているIoTは、消費者にいかに分かりやすく訴求できるかがカギとなっている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:22Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2015年08月26日

【ベストバイ】、驚きの既存店増Q2!店舗内店舗のメリハリでショールーミングを撃退?

150826ベストバイ
■ベストバイが25日に発表した第2四半期(5月〜7月期)決算は、海外店のスクラップや為替変動などの影響があったものの、大型テレビやスマートフォンが好調で二桁の増益となった。売上高は0.8%増となる85.3億ドルとなった。純利益は前年同期の1.47億ドルから1.64億ドルと約12%の増加となった。一般販売管理費率が前年同期の20.7%から21.2%と0.5%増加したものの、大型テレビ販売が好調で利益率が急伸し、粗利益率は前年同期の23.4%から24.6%と1.2%も増加した。既存店・売上高前年同期比は過去5年間で最大となる3.8%の増加だった。前年同期は2.2%の減少。
全体の93%を占めるアメリカ国内の売上高は、前年同期から3.9%の増加となる78.8億ドル。国内の既存店ベースは3.8%の増加。前年同期は2.0%の減少だった。商品カテゴリー別では、売上の47%を占めるコンピューティング&モバイルフォン・カテゴリーが既存店ベースで1.5%の増加となった。アイフォン6などスマートフォン関連の好調がタブレットやコンピューターの低迷を相殺した形だ。売上全体の32%を占めるコンシューマーエレクトロニクスは、4Kテレビの需要増で既存店ベースで7.3%の増加と売上に貢献した。住宅市況の回復で全体の10%を占める白物家電も調子が良く既存店ベースで20.7%の増加となった。国内店の粗利益率は前年同期の23.4%から24.7%と1.3%増加し、一方、一般販売管理費率は20.1%から20.8と0.7%の増加にとどめた。ネット売上高はウェブサイト訪問数の増加を受けて前年同期比17.0%の増加となったものの、前年同期の22.0%の増加からは鈍化している。
 ベストバイはアップルウォッチの取り扱いを加速する。店舗内店舗のアップル部門を改装しながら、9月末までにアメリカ国内に展開する全1,047店でアップルウォッチを販売する。同社は当初、年末商戦前までに300店での取り扱いを予定していた。  続きを読む
Posted by usretail at 03:15Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2015年08月25日

【アマゾン】、インスタカートやシプトの拡大でアマゾンフレッシュ年会費299ドルを撤廃?

150825アマゾンフレッシュ
■アマゾンは、徐々にサービス地域を拡大している宅配サービス「アマゾンフレッシュ(AmazonFresh)」の年会費299ドルを検討しているようだ。生鮮食品や冷凍食品などを宅配するアマゾンフレッシュは「プライム・フレッシュ」会員にのみ提供される会員制サービス。アマゾンによると、午前10時までに注文した商品は、当日の夕食(午後6時)に間に合うよう配達され、午後10時までに注文すると、翌日の朝食(午前6時)に間に合うとしている。アマゾンフレッシュの年会費は299ドルで、年会費99ドルを支払っている「アマゾン・プライム(Amazon Prime)」会員は、差額分の200ドルでアップグレードすることになる。なお50ドル以上注文すれば、配送手数料は無料となる。2007年にシアトルの一部地域から始まったアマゾンフレッシュは2013年にロサンゼルスでもサービスを開始、同年12月にはサンフランシスコ、2014年10月にはニューヨーク市ブルックリン、同年11月にはフィラデルフィア、今年5月にはニュージャージー州の北部でサービスを開始し、各々でサービス対象地域を拡大している。ニューヨークのプライム会員は、試行期間としてアマゾンフレッシュを年末まで無料(送料無料)で利用でき、2015年から差額分を課金される予定となっていた。だが、利用者によると、8か月以上経過してもまだ課金されることはなく、アマゾンフレッシュは9月まで試行期間としているのだ。試行期間の延長はシアトルやフィラデルフィア、ニュージャージー州北部でも行われている。カリフォルニアでは299ドルの年会費とは別にプライム会員なら手数料7.99ドルを支払うとサービスを受けられる価格体系となっているのだ。
 生鮮品の宅配サービスでは、ホールフーズなどが買い物代行&当日宅配サービスのインスタカートと提携し宅配サービスを拡大している。スーパーマーケットによる宅配サービスが拡大する一方で、アマゾンフレッシュでは年会費299ドルが支障となり、ユーザー数が頭打ちになっていることも否定できない。競争激化によりアマゾンフレッシュは年会費299ドルを撤廃する可能性もあるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:32Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2015年08月24日

【ホームデポ&ロウズ】、高額品が牽引で好調Q2!オムニチャネル完了後の差別化とは?

150824ホームデポ
■ホームデポが18日に発表した第2四半期(5月〜7月期)決算で、不動産市場の回復基調でプロ売上が増加し、高額品売上も寄与したことで増収増益となった。売上高は白物家電や芝刈り機、窓、ウォーターヒーターなど高額品が売れたことで前年同期比4.3%増となる248.3億ドル。純利益は前年同期の20.5億ドルから9%増加して22.3億ドルとなった。粗利益率は前年同期の33.6%から33.7%と0.1%増加し、一般販売管理費率は前年同期の17.4%から17.3%と0.1%も減少した。既存店・売上高前年同期比は全体の約20%を占める900ドル以上の買い物が6.3%増加し4.2%の増加となった。国内の既存店ベースも5.7%の増加。なお、オンライン売上は前年同期から約25%増加し、全体の5%に達している。

ホームデポ第2四半期(5月〜7月期)
総売上・前年同期比: 4.3%増
純利益・前年同期比: 9.0%増
既存店・売上高前年同期比: 4.2%増
店舗数:2,270店(海外店含む)

150824ロウズ
■ロウズが19日発表した第2四半期(5月〜7月期)決算は、住宅市況の回復を背景としたキッチンやフロアなどのリフォーム需要の盛り上がりが寄与し増収増益となった。売上高は173.5億ドルとなり、前年同期の166.0億ドルから4.5%の増加。純利益は前年同期の10.4億ドルから11.3億ドルとなり8.7%の増加となった。既存店・売上高前年同期比は客単価が3.3%増加し、客数も1.0%増えて4.3%の増加となった。国内の既存店ベースは4.6%の増加だった。二桁の伸びが3四半期続いている白物家電が牽引した。

ロウズ第2四半期(5月〜7月期)
総売上・前年同期比: 4.5%増
純利益・前年同期比: 8.7%増
既存店・売上高前年同期比: 4.3%増
店舗数:1,846店(海外店含む)  続きを読む
Posted by usretail at 03:35Comments(0)TrackBack(0)ホームセンター
2015年08月23日

【ターゲット】、成長軌道に乗り大幅増益なQ2!人事異動でATPが年末まで間に合う?

150823ターゲット
■ターゲットが19発表した第2四半期(5月〜7月期)決算では、重点カテゴリー商品が伸びたことで大幅増益となった。売上高は前年同期比2.8%増の174.3億ドル。純利益は7.58億ドルと前年同期の2.24億ドルから221.8%増加した。前年同期はカナダ事業部(当時127店舗)の赤字幅拡大で減益となっていた。粗利益率は30.8%と前年同期の30.4%から0.4%増加し、一般販売管理費率もコストコントロールが奏功し20.5%から19.9%と0.6%圧縮した。既存店・売上高前年同期比は、客数が1.6%増加し客単価が0.8%増加したことで。2.4%の増加となった。特に再建重点カテゴリーとしているファッションやホームグッズの「スタイル(Style)」「ベビー(Baby)」「キッズ(Kids)」「健康(Wellness)」が7%の増加となったことが寄与した。また、オンライン売上は25ドル以上の注文から送料を無料にする販促が功を奏し、前年同期比30%の増加となった。なお、ターゲットのEコマース売上高は全体の2.7%となっている。ターゲットのレッドカード(デビットカード&クレジットカード)普及率は22.1%にまで達している。
 ターゲットは国内に1,799店を展開しており、その内訳は、生鮮品売り場の「Pフレッシュ」を導入したディスカウントストア・フォーマット店が1,297店、スーパーセンター業態のスーパーターゲットは249店、通常のディスカウントストア・フォーマットは239店となっている。小型フォーマットのシティターゲットは9店、さらに小型となる560坪のターゲット・エクスプレスは5店となっている。ターゲットは4日、シティターゲットとターゲット・エクスプレスの店名を今秋にもターゲットに統一することを発表している。

トップ画像:ターゲットのカスタマーサービスにあるPOP。ターゲット・コムでは25ドル以上の買い物で送料無料となるが、ターゲットのレッドカードで買物すれば、5%のディスカウントに加え、最低購入額の条件なしに送料無料となる。レッドカードの普及率は直近で22.1%に達している。  続きを読む
2015年08月22日

【ウォルマート】、投資強化で減益Q2!カンファレンスコールCEO順番に大きな変化?

150822ウォルマート
■ウォルマートが18日発表した第2四半期(5月〜7月期)決算は、アマゾンとの競争による価格競争やドル高で海外店の売上落ち込み、さらに賃金引き上げによる人件費が重しとなり減益となった。会員費等を含む総売上高は、横ばいとなる1,202.3億ドル(前年同期1,201.3億ドル)。純利益は34.8億ドルと前年同期の40.9億ドルと約15%の減少となった。
 スーパーセンターやサムズクラブなど国内の既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は1.5%の増加。前年同期は横ばいだった。総売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアの既存店ベースはガソリン安で客数が増加し1.3%の増加となった。なお、店舗数が600店以上となっているネイバーフッドマーケットは、既存店ベースが7.3%増と高い伸びを示している。メンバーシップ・ホールセールクラブのサムズクラブは、客数が0.8%増加し客単価も0.5%増加したことで既存店ベースは1.3%の増加となった。

ウォルマート第2四半期(5月〜7月期)
総売上・前年同期比:横ばい
純利益・前年同期比:15.1%減
既存店・売上高前年同期比:1.5%増(アメリカ国内)
ウォルマート店舗数(7月31日)
 ウォルマートUS合計:4,588店
 サムズクラブ:651店
海外店:6,298店
 合計:11,532店

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。カンファレンスコールとは電話会議です。企業にとって最も重要なカンファレンスコールは決算発表時に投資家に向けた電話会議です。この電話会議でCEOや各事業部の責任者(CEO)が決算の説明をおこなうのです。ウォルマートもカンファレンスコールを欠かさず行っています。ウォルマートの直近の第2四半期では、これまでのカンファレンスコールと違っていました。CEOのスピーチの順番が大きく入れ替わったのです。これまで最初にウォルマートCEOが話して、国内ウォルマートCEO、海外事業部CEO、サムズクラブCEO、最後にEコマースのCEOとなっていました。それが今回からCEOダグ・マクミラン氏の後にグローバルeコマースCEOのニール・アッシュ氏となったのです。スピーチ順番では最後だったアッシュ氏のポジションが、売上の6割を占めるウォルマートUSのCEOグレッグ・フォラン氏よりも上になったのです。  続きを読む
2015年08月21日

【ナゲットマーケット】、フォークリフト!プライスサーベイ&スコアボードの中止理由?

150821フォークリフト00
■カリフォルニア州ウッドランドにあるローカル・スーパーマーケットのナゲットマーケットは昨年12月、倉庫型スーパーのフォークリフト・バイ・ナゲットマーケット(ForkLift by Nugget Market)をオープンした。ナゲットマーケットの新コンセプトとなるフォークリフトは、同社がフランチャイズ営業を行っていたフード4レスを大改装したものだ。同社によるとフォークリフトは、フード4レスの倉庫型店舗とナゲットマーケットのハイブリッド型とあると説明している。ナゲットマーケットの突出したカスタマー・サービスに、フード4レスから得た販促商品を高く積み上げたウォール・オブ・バリューや競合店の価格比較などに、商品一つ一つにライフスタイルを提案するフォーマットとなっている。値札につけられたアイコンは13種類にも及び、牛乳やバター、アイスクリーム等の乳製品も食べる「准菜食者(Vegetarian)」や「純粋菜食者(Vegan)」 のライフスタイル系、最近のトレンドになっているフリーフロムの「グルテンフリー(Gluten Free)」「シュガーフリー(Sugar Free)」「遺伝子組み換えフリー(Non-GMO)」「乳製品フリー(Dairy Free)」、それに個人の健康に配慮した「低塩分(Low Sodium)」「心臓に優しい(Heart Healthy)」、ナゲット本社ウッドランドから160キロ圏内で採れた「地産品(Local within 100 miles)」、160キロ圏内でカリフォルニア産の「カリフォルニア産品(CA-Grown)」、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入している「フェアトレード品(Fair Trade)」「輸入品(Imported)」「オーガニック(Organic)」など産地や栽培方法にこだわりを伝えている。倉庫型で低価格だけを訴求した「高く積み上げ、安く売る(Stack them high, sell them cheap)」店舗とは異なり、商品一つ一つで顧客とのコミュニケーションを行っているのだ。
 今日は、フォーチュン誌「最も働き甲斐のある企業100社」で毎年ランクインするナゲットマーケットの新業態、フォークリフトを画像で紹介する。  続きを読む
2015年08月20日

【ホームデポ】、ペイントカラー・バーチャル・シュミレーションのプロジェクトカラー?


■部屋のイメージを変えるため壁の色を塗り替えるのは比較的、簡単なDIYだ。しかし「自分が想像していた色と違っていた」「選んだ色と全然違う」「明るいところでは思った以上に鮮やかに見えすぎる」など塗り替えたら、イメージと実際とが違っているのはよくある失敗なのだ。カラーサンプルをかざして、想像を働かしても思ったようにはいかない。カラーサンプル帳が小さすぎたり、逆に大きな見本帳ではコストがかかったりするのも問題になる。そんな「カラフル」な問題を解消したアプリがホームデポが発表した
 ホームセンター最大手のホームデポは6月、ペイントカラー・シュミレーション・アプリの「プロジェクト・カラー(Project Color)」をアップした。プロジェクトカラーは、塗り替えたい部屋や外壁の画像を取り込み、画像をタップしながら1,000種類のペイントをバーチャルでシュミレーションできる無料アプリだ。このアプリが秀逸なのは、光や影の強さで色の濃淡もシュミレーションできることだ。例えば同じ青色でも光が当たっている箇所と影になっている箇所は微妙に異なる。同じ色を塗装しても、日光が降り注ぐところとそうでないところでは、色は違って見えるためだ。また晴れた日も北と南では降り注ぐ太陽の光の違いにより色は違って見えてしまう。時間によっても太陽光線の色が変わるので、色の見え方は変わってくる。このアプリではカメラで撮影しながらのリアルタイム・シュミレーション「ライブ・ビューイング(live view)」もあるため、より正確に確認できるのだ。シュミレーションした画像は保存もでき、メール送信やSNSで画像共有も可能となっている。カラーが決まれば最寄りのホームデポもしくはホームデポ・コムで購入するだけだ。
 オムニチャネル化を進めるホームデポは、プロジェクト・カラーアプリで新たに顧客を創造することになるのだ。

トップ動画:ペイントカラー・シュミレーション・アプリの「プロジェクト・カラー(Project Color)」のコマーシャル動画。カメラで撮影しながらのリアルタイム・シュミレーション「ライブ・ビューイング(live view)」もあるため、より正確にペイントカラーを確認できるのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:59Comments(0)TrackBack(0)アプリ
2015年08月19日

【警告】、英語で読む、聴く、話すが苦手な人をアメリカ研修の講師にさせてはいけない!

150819セミナー
■アメリカ流通視察のセミナー講師に求められるのは語学力だ。英語で「読む」「聴く」「話す」ができなければ現地に精通しているとはいえない。英語のできない人はアメリカ小売業は語れない。言葉の壁を持つ人をアメリカ研修の講師に起用してはならないのだ。現地の言葉でコミュニケーションがとれなければ、研修参加者から質問も答えられない。言葉の壁は、有益情報のボトルネックとなり知識障害となる。ネットにある9割は英語なので情報が拾えないのだ。英文情報を理解できず日本語訳となった二次、三次情報しか得られない。語学力のないコンサルタントをセミナー講師にするのは企業にデメリットしか生じさないのだ。大手なら企業イメージを台無しにするだろう。英語の社内公用語化が進む中、ビジネスの最前線を知らないと面目を潰すことになる。では、講師に依頼する前、コンサルタントの語学力をどうやって判定すればいいんだろうか?
 第1にアメリカ小売業の情報を発信しているかどうかでわかる。アメリカ小売業は日本の5年〜10年先を行っている。日本の小売企業は最先端の情報を得るために視察をするのだ。コンサルタントなら、アメリカの最新情報を事前に入手し発信できているはず。今はネットでアメリカ流通の文献やレポート、データを簡単に入手できる。例えば食品関係ならスーパーマーケットニュース(Supermarket News)やプログレッシブグローサー(Progressive Grocer)、大手チェーンストアを網羅しているリテーリング・ツデー(Retailing Today)にチェーンストアエイジ(Chain Store Age)等、様々な流通専門サイトから情報を収集することができる。ウォルマートなど大手小売企業も毎日、PRでプレスリリースを配信している。IRからはビジョンや戦略などを投資家に説明するコンファレンスコールも配信されている。コンサルタントとして見逃せない情報が多数含まれている。情報配信コストが限りなくゼロとなっている現在、日本語にして共有しているはずだろう。しかし、英文を読めないから有益情報を発信できない。「読めない」文盲では世界の情報から遅れるのだ。アメリカ小売業の情報を発信できていない流通コンサルタントは語学力が乏しいと判定できる。
 第2に米国研修中、現地の店長とのインタビューで、アシスタントに通訳を必要とするかどうかで判定できる。英語で聴く、話すができないコンサルタントは、現地で通訳を雇う。ところで、ネット通販大手の楽天は5年前から英語を社内の公用語にしている。社内すべてのコミュニケーションを英語で行っているのだ。楽天社員のTOEIC(英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通テスト)平均スコアは800点に達しているという。800点以上とは英会話が普通にできるレベルだ。楽天社員はたった5年で、通訳を必要としないレベルに達し毎日、英語を使っているのだ。一方でアメリカに30年〜40年かけて毎年数回来ているのに、いまだに通訳を必要とする流通コンサルタントがいる。英語で聴く、話すことができないコンサルタントを流通大手は「講師」として呼び、現地アメリカで研修を行う。現地人とのコミュニケーションは、通訳者が間に入って通訳する。店長インタビューで話す英語はある程度決まっているにもかかわらず通訳を使う。英語を公用語とする楽天やユニクロの目からは、アメリカで英語を話せない人を講師に据えるとは異常に映ってしまう。
 ネット通販に押され気味の小売業は、社員研修でもバカにされるようなことをしてはいけないのだ。  続きを読む
2015年08月18日

【ギフトカード】、ギフトカードモール!5ドルのGCと5ドルクーポンは価値が異なる?

150818ギフトカードモール
■年末商戦で贈り物として最も人気にあるのはギフトカードだ。全米小売業協会(NRF)が昨年11月に発表した調査によると、ギフトカードは8年連続して最も貰いたいプレゼントとなっている。昨年の年末商戦ではギフトカードに一人当たり平均で173ドル支出するとの調査結果がだされ、調査を開始した2003年からは実に83%の増加となったのだ。デパートメントストアやレストランで使われるギフトカードの額面金額は1枚当たり50ドル近くとなっている。ギフトカードは手軽に贈れるため「贈り手の心がこもっていない」とイメージする向きもあったが、最近ではネガティブに捉える人も随分と減ってきているようだ。理由の一つにギフトカードの普及があるが、その普及を後押ししたのがギフトカードモール。ギフトカードモールとはスーパーやディスカウントストア、ドラッグストアのエンドで見かけるギフトカードだけを集めたギフトカード・コレクションのような陳列棚だ。ギフトカードモールは特定の小売りチェーンやレストランなどで使えるギフトカードとビザやアメリカンエクスプレスなど金融系のギフトカードで構成している。競合店のギフトカードまで扱うのは、他社のギフトカードも販売することで手数料を受け取るメリットがあり、それがギフトカードモールのビジネスモデルとなっている。ギフトカードモールを開発したのはブラックホーク(Blackhawk Network Holdings)だ。CVSの場合では、額面100ドル分のギフトカードが販売されるとCVSとブラックホークにそれぞれ4.50ドルのコミッションが入るようになっている。同社は2001年にセーフウェイの一部門として立ち上がり5年後にはスピンオフされ、2013年には上場を果たしている。コミッションなどの売上高は昨年、14.4億ドルと前年から26%の増加となり、2010年度からは150%も増加しているのだ。
 普及するギフトカードに新たなマーケティングが登場している。ギフトカードで50ドル以上買い物をすると5ドルのギフトカードを進呈する販促だ。額面5ドルのギフトカードは、5ドル引きクーポンと同じ価値だが、ギフトカードにすることで最大で8倍も使われやすくなる。eギフトカードの普及も進んでいることから、さらなるギフトカード販促が登場するだろう。

トップ画像:ホームセンターのロウズにあるギフトカードモール。100ドル分のギフトカードが売れる毎に店には4.50ドルのコミッションが入ってくる。  続きを読む
2015年08月17日

【新学期商戦】、オールドネイビーの応援ソング!等身大で無限大をメッセージに大人気?


■アメリカ小売業にとって新学期商戦(バック・ツー・スクール:Back to School)は年末商戦に次ぐ繁忙期だ。新学期を前に文房具等のセールを行っている大手チェーンストアはテレビコマーシャルを投入して集客に余念がない。一方で、物心ついた頃からネットに触れてきた若い世代をターゲットにしているため、テレビコマーシャルよりもインターネットでのマーケティングを強化しているのだ。また、若い層に向けたチェーンストアのイメージ戦略も「売り込み臭」を排除した、洗練されたものになってきている。
 今年の新学期商戦で注目されているYouTube動画がある。オールドネイビーの「#アンリミテッド(#Unlimited)」だ。YouTubeで人気のミュージシャンを起用したアンリミテッドは、新学期を前に不安を覚える子供たちへの応援ソングで、学校を舞台にしたミュージカル風な演出のミュージックビデオとなっている。ミュージシャンのシスコ・アドラーさんとアレックス・アイオノさんが青少年向けの非営利団体組織アメリカ・ボーイズ&ガールズ・クラブ(Boys & Girls Clubs of America)の会員とインタビュー後に作詞作曲した。この動画の出演者にはアイオノ(Alex Aiono)さんに6人姉妹グループのシモレリ(Cimorelli)や15歳でダンサーで歌手のジョーディン・ジョーンズ(Jordyn Jones)さん、17歳で歌手のジョシュ・リーバイ(Josh Levi)さんなど人気のユーチューバーを起用している。
 「どんなことがあっても、強く大胆で、勇ましく、無限大であれ(Whatever comes your way you will be strong, be bold, and be brave be unlimited)」と歌われる#アンリミテッドはアップロードから3週間で700万回以上も再生されており、人気の高さがうかがえる。なお、オールドネイビーの特設サイト(Be #unlimited)ではTシャツも販売しており、売上の20%はボーイズ&ガールズ・クラブに寄付されるようだ。
 
トップ動画:YouTubeで人気となっているオールドネイビーの「#アンリミテッド(#Unlimited)」。オールドネイビーのコマーシャルではなく、学校を舞台にしたミュージカル風な演出のミュージックビデオとなっている。耳に残る軽快なメロディと「息を吸って、息を吐いて、深呼吸して、自分に言い聞かせるんだ、自分は無限なんだ(Inhale, exhale take a deep breath and say to yourself unlimited  you're unlimited unlimited) 」のメッセージで人気となっている。  続きを読む
2015年08月16日

【ヘイゲン】、大量出店から2ヶ月で27店閉鎖!俊敏さを失い追加閉鎖に全面撤退もあり?

150816ヘイゲン
■100店以上の改装を完了したヘイゲン・フード&ファーマシー(Haggen Food & Pharmacy)が、改装からわずか2ヶ月足らずで一部店舗のスクラップに踏み切る。ヘイゲンは14日、カリフォルニア州などで改装した146店舗のうち27店舗のスクラップを発表した。閉店後にレイオフされるスタッフ数や売却先などは明らかにしていない。同社が「適正規模戦略(right-sizing strategy)」と呼ぶリストラでは、セーフウェイやアルバートソンズから買収した店舗が対象となっており、追加閉鎖も示唆している。今回、スクラップされるのはカリフォルニア州の16店舗の他、アリゾナ州の5店舗、オレゴン州の5店舗、ワシントン州の1店舗と、大半が南カリフォルニアの店舗。
 アルバートソンズとセーフウェイの店舗合併に伴う連邦取引委員会(FTC)の審査により両社は昨年末、傘下スーパーマーケット168店舗の売却を合意した。ヘイゲンはそのうち9割近くとなる148店を買収。同社は今年3月からカリフォルニアやネバダなどに展開するボンズやアルバートソンズを改装し、6月末には100店舗に及ぶ改装を済ませていた。一方、高価格が原因で客離れが深刻化し、改装完了から1ヶ月もしないうちにパートタイマーのレイオフや労働時間の削減を行っていた。また、アルバートソンズからは、ヘイゲンに売却した在庫の支払いが一部滞っていると訴訟を起こされている。

トップ画像:タスティン地区のヘイゲン。タスティンは南カリフォルニアでも最もレッドオーシャンなスーパーマーケット激戦地区だ。先月初めには近所のラルフスが犠牲となっていた。無論、このタスティン店(もう一つのタスティン店も)は閉鎖される。  続きを読む
2015年08月15日

【ターゲット】、食品宅配サービス!LAのゲルソンズもNYのフェアウェイもEC展開?

150815ターゲット
■ターゲットは12日、700社のベンダーを招いた定例会で生鮮品など食品の宅配サービスを始めることを明かした。同社は2017年までに売上高1,000億ドルを目標にEコマースを強化する。CMOのジェフ・ジョーンズ氏が語ったところによると、食品宅配サービスを「オンデマンド・ショッピング(On-demand Shopping)」と言及、「極めて近い将来にテストを行う」と語った。同氏が宅配サービスをオンデマンド・ショッピングと呼ぶことについては「オンデマンドは、リビングルームのテレビで映画などをオンライン注文するイメージがあります。まさにそれがポイントで、小売業界ではオムニチャネルとかマルチチャネルと言われていますが、いつでもどこでもいろんな方法で買物できることをお客様が求めているいて、それはオンデマンドなのです」と述べた。テスト展開の場所など詳細は明かされていない。Eコマース強化では店在庫の表示や宅配される日時の特定まで提供する計画であり、年末商戦前までには着手すると述べるにとどまった。
 ターゲットはまた、シリコンバレー周辺のターゲットで行われている「カーブサイド・ピックアップ」のテストをニューヨークとニュージャージー州の10店舗でも新たに始める。ターゲットのカーブサイド・ピックアップはスマートフォン・アプリ「カーブサイド」で店を選択し商品を注文・購入すると1時間以内に商品が用意され、指定したお店の前で車から降りずに商品を受け取れるサービス。ユーザーは名前を告げるだけでスタッフがトランクや後部座席に注文した商品を載せてくれる。返品の受付も行なっており、カーブサイドのスタッフにレシートと商品を渡すだけで店内のカスタマーサービスに行くことなく返品対応をする。カーブサイドの利用に手数料などはなく、スタッフへのチップも必要ない。  続きを読む
2015年08月14日

【住宅価格】、トレーダージョーズ周辺住宅はホールフーズを上回る!欠点は固定資産税?

150814トレーダージョーズ
■不動産調査会社のリアルティトラック社は11日、トレーダージョーズ周辺の住宅価格がホールフーズ周辺の住宅価格や全米平均を上回っている傾向を発表した。同社はトレーダージョーズが1店以上あり、ホールフーズのないジップコード(郵便番号)242ヵ所(230万軒)と、ホールフーズが1店以上ありトレーダージョーズが出店していないジップコード188ヵ所で比較した。トレーダージョーズ周辺の住宅価格は平均で592,339ドルとなり、ホールフーズ周辺では同561,840ドルで、近所にトレーダージョーズがあるとホールフーズより5.4%ほど高い傾向となっている。住宅価格の増加率もホールフーズ周辺は33.5%の増加と全米平均と同程度の増加となったのに対して、トレーダージョーズ周辺では40.1%の増加となり、ホールフーズ周辺や全米平均を上回った形だ。トレーダージョーズ周辺の住宅所有者には欠点もある。トレーダージョーズで人気のオレンジチキンやチョコレートを手に入れやすいが、トレーダージョーズ周辺住宅の固定資産税がかなりの高額となっているのだ。全米平均の固定資産税が年間3,239ドルに対してホールフーズ周辺住宅の固定資産税は5,382ドルにもなっている。さらにトレーダージョーズ周辺では8,536ドルとなり、トレーダージョーズ近くの住宅所有者はホールフーズ近くの住宅所有者より約60%も税金を多く支払い、全米平均の2.6倍も多く支払っている。
 なお、トレーダージョーズは約460店を展開しており、ホールフーズは国内に420店となっている。  続きを読む
2015年08月13日

【メイシーズ】、オムニチャネル・リテーリングで参考にされる企業の業績低迷はなぜか?

150813メイシーズ
■「オムニチャネル・リテーリング(Omnichannel Retailing)」が日本で一時期、頻繁に取りざたされた時、メイシーズが事例としてよく取り上げられていた。同社CEOのテリー・ラングレン氏が「『オムニチャネル・リテーラーになる』と宣言した」と話題となり、メイシーズがオムニチャネル・リテーリングの覇者、先駆者、イノベーターとの扱いとなったのだ。オムニチャネルは実店舗やオンラインストアなどすべての販売チャネルや流通チャネルを統合し、利用者につぎはぎのない「シームレス」な買い物体験を提供する。買い物の利便性を上げることで、最終的に売上増に直結するのである。ところがメイシーズは成長するどころか速度が鈍化し、最近では低迷しているのだ。
 メイシーズがオムニチャネルを戦略に据えたのは2011年度だ。同社が2012年3月28日、証券取引委員会に提出した2011年度年次報告書にオムニチャネルの戦略が記載されている。その2011年度の既存店・売上高前年比は5.3%の増加だった。それが2012年度になると同3.7%の増加となり、2013年度には同1.9%の増加、2014年度には同0.7%の増加と、徐々に成長が鈍化した。さらに2015年度の第1四半期(2月〜4月期)は0.7%の減少と前年を下回り、8日に発表された第2四半期(5月〜7月期)は2.1%の減少と、前年を下回るどころか市場予想さえ下回ってしまった。なお、第2四半期の売上高は61.0億ドルで、前年同期の62.7億ドルから2.6%の減収となっている。
 メイシーズの事例はオムニチャネル化に疑問を呈するものではない。メイシーズより先にオムニチャネル化を推進しているホームセンター最大手のホームデポでは、ほぼまったく出店せず5.7%増(過去3年間の平均既存店ベース)と高ペースで成長している。同社の粗利益率は2年連続で過去最高の34.8%となっているのだ。オムニチャネル化もチェーンストアによっては上手くいっているところと、上手くいっていないところがあるということなのだ。「オムニチャネル化が必ずしも成長の万能薬ではない」ということを小売業者は忘れてはいけないことである。  続きを読む
2015年08月12日

【ディックス】、アスレジャーのチェルシー・コレクティブ!男社会が見逃す超有望市場?

150812チェルシー・コレクティブdsgchelseacollectivecool002
■アスレジャーのブームが牽引して女性スポーツウェア市場が急成長している。アスレジャー(athlesiure)は、スポーツ(athletics)と、自由時間(leisure)を組み合わせた造語であり、ヨガなどの運動着でありながらお洒落な普段着としても着用されるアパレル品を指す。エクササイズが好きな女性から、スポーツウェアで健康的に見せたい女性が増加傾向にあることで、アスレジャー市場が拡大しているのだ。アスレジャーで売上を伸ばしているブランドはルルレモン・アスレティカやナイキ、アディダス、アンダーアーマーがある。そこに大手チェーンストアもアスレジャーのディスティネーションストアで参入を果たした。
 スポーツ用品チェーン最大手のディックス・スポーティング・グッズは4日、バージニア州のタイソンズ・コーナー・センター(Tysons Corner Center)SCに女性スポーツウェア専門店「チェルシー・コレクティブ(Chelsea Collective)」をオープンした。昨年閉店したソニーストアの場所にオープンしたチェルシー・コレクティブは、アスレジャー市場で人気のナイキやアンダーアーマーのに、女性カントリー・シンガー・ソングライターのキャリー・アンダーウッド氏とディックスがコラボしたブランド「カリア・バイ・アンダーウッド(Calia by Carrie Underwood)」、ニッチブランドのローナジェーン(Lorna Jane)、スピリチュアル・ギャングスター(Spiritual Gangster)などに、フットウェアやアクセサリーではブルックス(Brooks)、ハンターブーツ(Hunter Boots)、プラヴィダ(Pure Vida)、 レスポートサック(Le Sport Sac)などを取りそろえている。ニューヨーク・マンハッタンのチェルシー地区から命名されたチェルシー・コレクティブは、アスレジャーで先行するルルレモンやGAPのスポーツ衣料ブランド「アスレタ(Athleta)」に対してスポーツ専門店が開発した店舗となる。単におしゃれで着心地の良さだけでなく、ランニングマシーンを使って、実際の履き心地や身体の動かしやすさも試すことができるようになっている。
 なお、ディックスは今月中にもペンシルバニア州ピッツバーグのロスパーク・モール(Ross Park Mall)にチェルシー・コレクティブ2号店目をオープンする予定だ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:42Comments(0)TrackBack(0)その他
2015年08月11日

【メイシーズ】、プライベートブランドワイン発売!デパートメントストアのスピリット?

150811メイシーズPBワイン
■ワイン協会(Wine Institute)の発表によると、カリフォルニア産ワインの消費量はいまだ拡大している。2014年のカリフォルニアワインの出荷数は9リットルケースで2.25億ケース(1ケースは750ミリリットル瓶が12本)となり、前年比で4.4%の増加となった。金額ベースでも同ワインは2014年、246億ドルに達し前年比6.7%の増加だ。国内産ワイン全体では2014年は3.75億ケースと1%の増加だった。国内産ワインの6割を占めるカリフォルニアワインは22年連続で成長している。カリフォルニアワインの25%は高級ワインとなっており、売上では47%を占める。一方、カリフォルニアワイン市場の拡大に寄与しているのはバリュー・プライスとなる安価なワインなのだ。その代表がスーパーマーケットやディスカウントストア、コンビニエンスストア、さらにドラッグストアまでもが扱うプライベートブランド(PB)ワイン。PBワインの草分けとなるのがトレーダージョーズの「チャールズ・ショウ(Charles Shaw)」だ。アメリカで最も売れているPBワインは同社が2002年、1.99ドルという低価格で売り出した。その後10年間で累計5,000万ケース、本数にして6億本も販売している大人気のワインだ。同ワインは2013年に2.50ドルに値上げをしたものの現在も売れている。この小売店が扱うPBワインに全米最大のデパートメントストアが参入する。
 メイシーズは8日、KDMグローバル・パートナーズ(KDM Global Partners)と提携して、プライベートブランドワインを発売することを発表した。メイシーズの一部店舗やレストランで発売するカリフォルニアワインはシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワールの3種。ラベルにある赤い星マークでメイシーズをイメージするPBワインは今秋にも発売が予定されているが、今のところ価格などは明かされていない。なお、イリノイ州とウィスコンシン州のメイシーズは2007年、KDM社と提携して11.95ドルのPBワインを販売していた経緯がある。  続きを読む
2015年08月10日

【ショッピングセンター】、モール・ウォーキング!CDCの奨励でSCトレンドになる?

150810デルアモSC
■高齢化社会が進んでいるのは日本だけではなく、日本と同じ先進国であるアメリカも高齢者の数や比率は増加の傾向にある。約7,700万人となるベビーブーマー世代(1946年〜1964年生まれ)の最年配者は来年、70歳を迎える。ベビーブーマーの高齢化に伴い2030年には人口の20%以上が65歳以上のシニアとなるのだ。2010年の13%、1970年の9.8%から比べて大幅にシニア層が増大する。高齢化社会には国民の健康維持が欠かせない課題となる。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が今年5月、極めてユニークなヘルス&ウェルネス・プログラムを発表した。
 ワシントン大学健康促進研究センターの教授らが記した「モール・ウォーキング(Mall Walking)」は、ショッピングンセンターを利用したウォーキングを奨励するプログラムマニュアルだ。48ページのマニュアル書には、ウォーキングの健康ベネフィットやモール内ウォーキングのメリット、プログラムで考慮すべき事柄、実践事例、モール以外の施設での事例まで網羅されている他、参加登録書や出席カード、配布物やチラシ、モール内ルート参照事例まで掲載されている本格的なものだ。地域の団体をはじめとしてショッピングセンターもモール・ウォーキングをすぐにでも実行できる内容となっている。
 モール内ウォーキングのメリットは、外の天候に左右されず気温も一定であり明るいことがある。またモール内の歩道は広く、傾斜も少なくフラットだ。セキュリティが常駐しているため治安の問題もないうえ、非常時の対応にも慣れている。住宅街と異なりトイレも完備され水飲み場もある。ジムと違ってお金がかからない。一方、導入するショッピングセンター側にもメリットがある。地域のシニア向けてウォーキング用にを開放することでコミュニティーをサポートすることになる。なによりウォーキング・グッズの購入やエクササイズ後の食事などテナントやフードコートの売上も期待できるのだ。
 モール・ウォーキングを実施しているショッピングセンターは今のところ限られている。アメリカ疾病管理予防センターがモール・ウォーキングを後押ししているため今後のヘルス&ウェルネスの大きな潮流になる可能性を秘めているのだ。

トップ画像:ロサンゼルス郊外トーレンスにあるデルアモ・ファッションセンター。改装により以前ほどの広さ(長さ)はないが、それでもウォーキングに適したモールでもある。


全米最大級のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ(Mall of America)」では、賃貸面積だけで7万坪もある広大さを生かして、ロチェスターに本部を置く総合病院のメイヨー・クリニックと提携して、ショッピングセンター内にウォーキング通路「メイヨー・クリニック・マイル(Mayo Clinic Mile)」を設けている。メイヨー・クリニック・マイルは1マイル(1.6キロ)、5K(5キロメートル)、10K(10キロメートル)の3種類の距離がある。アメリカの高齢化にモールも客数を減らしたくないため、モール・ウォーキングはメジャーになりそうだ。  続きを読む
2015年08月09日

【電子棚札】、ダイナミック・プライシングでESLを導入するチェーンストアが増加中!

150809電子棚札@シアーズ
■ネット通販最大手のアマゾンは需給状況に応じて売価を変動させる「ダイナミック・プライシング(Dynamic Pricing)」政策を採用していることはよく知られている。例えば、「聖書(The Holy Bible)」の売価は2010年5月から100回以上も変更しており、その価格帯も8.49ドル〜16.99ドルと小さくない。アマゾンは毎日、8,000万回も売価を変動させているとの調査もあるのだ。最近では競合するウォルマートもダイナミック・プライシングを採用している。大手チェーンストアでは、ネット通販との売価乖離を防ぐため、これまで以上に売価の変更が急がされているのだ。背景にはショールーミングがある。リアル店舗で目にした売価を消費者はスマートフォンを使って、アマゾンの価格と比べて確認するのだ。売価の差が大きければネットで購入する機会が増えてしまう。ショールーミングでお客を取り逃がしてしまうことになる。リアル店舗もダイナミック・プライシングに応じた、ネット対応の柔軟な売価変動が求められているのだ。
 一部の大手チェーンストアは電子棚札(ESL:Electronic Shelf Label)」を採用している企業が増えている。ESLは売価を表示させる液晶画面の電子値札だ。ESLにより売り場の情報表示を一元管理でき、価格変更を正確に効率的にスピーディに行える。大型店の場合、月に5,000〜6,000件の変更もESLで1時間に3,000件の変更が可能となるのだ。すでにホームデポの一部や、シアーズの家電部門、ネブラスカ・ファニチャー・マートでもESLが採用されている。ホールフーズ・マーケットでも40ヵ所の店舗でESLが使われており、2010年からESLを導入したコールズでは1,164店すべてで使われている。ネット通販との競合でESLの需要が高まっているものの課題もある。コストだ。ESL1個当たり5ドルかかるのだ。仮に1万アイテムをESLにすると5万ドル(約630万円)かかり、5万品目にESLを導入すると25万ドル(約3,100万円)の負担になる。
 コネクテッド社会になると情報の透明性が進み、商品の価格も丸裸にされる。価格の透明性が増せば、ESLを導入せざる得ないチェーンストアも増えてくるだろう。  続きを読む
2015年08月08日

【スプラウツ】、ヘイゲンを価格投資で迎え撃ち成長鈍化Q2!今後は惣菜とPBに注力?

150808スプラウツ
■スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは6日、第2四半期(4月〜6月期)決算を発表した。売上高は9.0億ドルと前年同期比21.3%の増加となった。純利益は3,130万ドルと前年同期比3.9%の増加。競合を意識した一部カテゴリーの「価格投資(price investments)」販促により粗利益率が29.2%と前年の30.1%から0.9%減少した。店舗運営コストは19.7%となり、前年同期の19.2%から0.5%増加。本業の儲けを示す営業利益率は前年同期の7.5%から6.7%と0.8%減少した。なお、既存店・売上高前年同期比は4.1%の増加となり、これにより33四半期連続で前年実績を上回ったことになる。スプラウツは第1四半期中に10店舗を新規オープンし、第2四半期は8店舗をオープンしている。今年度中の計画では27店舗の新規出店となっている。現在は13州に212店を展開している。なお、2002年からCEOを務めていたダグ・サンダース氏は会長職に退き、CFOのアミン・マレディア氏が新CEOに就任した。サンダース氏のCEO退任理由は明かされていない。
 スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは700坪〜800坪の売り場にオーガニック青果の生鮮品やバルク商品(ナッツ類の量り売り)、ビタミンを含むサプリメントなど16,500sku(プライベートブランドは約1,500sku)を販売する自然食品スーパー。売り場の中心に位置する青果は売上高の4分の1となる26%占め、青果を含む生鮮品は全体の50%を占めている。同社ではアメリカ国内に約1,200店の展開が可能だとしている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。客足が遠のいているヘイゲンでは同社CEOのビル・シャーナー氏が「南カリフォルニア、ネバダ、アリゾナへの進出に対して、私たちは競合店から前例のない競争にさらされています」と語っていました。前例のない競争を仕掛けてきたのは紛れもなくスプラウツ・ファーマーズ・マーケットです。ヘイゲンと競争するスプラウツでは同社が言うところの「価格投資(price investments)」をシビアに行っています。価格投資とは野菜や果物等、セール品のさらなる値下げです。スプラウツは金曜日〜日曜日の週末に「72時間セール」を行っています。スーパーのセールでは、水曜日から1週間続くことから、毎週水曜日に前週のセールと翌週のセールを重ねた「ダブルちらし水曜セール!(Double Ad Wednesday!)」も行っています。これで水曜はセール品目数が2倍となるのです。つまりお客は週末と水曜日の週2回、スプラウツに行くことになるのです。  続きを読む
2015年08月07日

【ターゲット】、シティとエクスプレスをターゲットに!エクスプレスは無変更がベター?

150807ターゲット・エクスプレス@FD00
■ターゲットは4日、通常より小型となるフォーマットのシティターゲットとさらに小型のターゲット・エクスプレスの店名を今秋にもターゲットに統一することを発表した。2012年7月にロサンゼルス、シカゴ、シアトルにオープンしたシティ・ターゲットは2,000坪前後の小型フォーマットとしてデビュー。出店が限られた都市圏での展開を目指して開発された。一方、400坪〜600坪となるターゲット・エクスプレスは出店先を学生街やビジネス街に絞り、コンビニエンス性を強化したフォーマット。シティターゲットとターゲット・エクスプレスは現在、14店展開している。ターゲットは店名の統一理由として、顧客が混乱をしないように配慮したためとしている。同社は10月にもシティターゲットやターゲット・エクスプレスを4店オープン、これらの店からすべてターゲットに統一するとしている。
 ターゲットは2,500坪〜3,500坪となるディスカウントストア・フォーマットを1,800店を展開している他、スーパーセンター業態のスーパーターゲット(250店)を有している。

トップ画像:サンフランシスコ市内ファイナンシャル地区にあるターゲット・エクスプレス。ビジネスマンを主要顧客にしているため、ターゲットでは珍しく日曜日が定休日となっている。バークレイにある学生街のターゲット・エクスプレスも地下鉄のバート(Bart)駅近くにあり、文字通りエクスプレス(コンビニエンス)な品揃えとなっている。今日は140枚近くに及ぶ店内画像の一部を紹介する。

*当社プレミアム会員向け「スカイプ・コンサルティング・セッション」では今月から3回(予定)にわたり、ターゲット・エクスプレス(サンフランシスコ・ファイナンシャル地区店、バークレイ店)、シアーズ・コネクテッドショールーム、ウォルマート・サンブルーノ本社、IoTショールームのターゲット・オープンハウス、サンフランシスコセンター内にあるアマゾン・ポップアップストア、ナゲットマーケット(ボカビル店、エルドラド・ヒルズ店、メースデービス店、デービス店、ウッドランド店、フローリン・サクラメント店、エルクグローブ店の7店)にナゲットの最新業態であるフォークリフト・バイ・ナゲット、それにセーフウェイやレイリーズの画像1,550枚と、広角レンズを使用した動画(フォークリフト・バイ・ナゲットとナゲットの)43本を共有、厳選した画像と動画でサンフランシスコ&シリコンバレー、サクラメントの最新流通&新業態、繁盛店を解説します。  続きを読む
2015年08月06日

【ターゲット】、ビーコン・テクノロジーをテスト!店内追跡、配慮なければストーカー?

150806ターゲット
■ターゲットは5日、ビーコン・テクノロジーを応用した販促実験を50店舗で行うと発表した。シカゴやニューヨーク市内で行われる「ターゲット・ラン(Target Run)」は、店舗内の商品棚に設置されたセンサーから、ブルーツース信号を発信し顧客のスマートフォンにプッシュ通知で知らせる販促だ。センサーとなるビーコンは20〜50個導入され、最短6メートルの距離で商品棚に配置される。ビーコンに近づくとプッシュ通知されるアラート(お知らせ)には、顧客近くにある特価商品の紹介やクーポン情報、カスタマイズしたレコメンデーションなどとなっている。アラートはオプトイン(opt-in:受信者となる顧客が事前に送信者に対して送信に対する同意を与えること)で2回までとなっており、顧客がわずらわしさを感じないようにも配慮している。ビーコン・テクノロジーを使ったターゲット・ランはシカゴやデンバー、ミネアポリス、ニューヨーク、ピッツバーグ、ポートランド、サンフランシスコ、シアトルの50店舗で行い、テスト結果を見ながら販促を拡大していく。将来的にはモバイル・クーポンのカートウィールとの併用やピンタレストを使ったレコメンデーション機能の応用、顧客の位置によるショッピングリストの自動ソーティング(整理)、買い忘れ防止、処方箋完了などに使いたい考えという。
 ビーコン・テクノロジーはメイシーズやゲームストップ、ロード&テイラーで使われているが、プライバシーの課題もあり目立った販促には行われていない。  続きを読む