2018年08月17日

【ウォルマート】、国内店が10年ぶりの記録的伸び!オムニチャネル拡充が実習数に比例?

180817ウォルマート・グローサリー
■ウォルマートが16日発表した第2四半期(5月〜8月期)決算は、国内の既存店ベースが実に10年ぶりとなる高い伸びとなった。

会員費等を含む総売上高は3.8%増となる1,280.3億ドル。純利益は前年同期の29.0億ドルの黒字から8.61億ドルの赤字となった。引き続きアマゾンなどEC企業との価格競争で粗利益が低下、ITへの投資、輸送コスト上昇等で利益を圧迫した。

 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高は828億ドルと前年同期比2.3%の5.2%の増加だった。

ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は生鮮食料品や園芸などの季節用品、アパレルが牽引し4.5%の増加となった。既存店ベースが4.5%の増加となったのは2008年5月〜7月期(4.6%増)以来の高い伸びで、市場予想の2倍弱だった。内訳は客単価が2.3%増加し、客数も15四半期連続プラスとなる2.3%の増加となった。

Eコマースは売上高が前年同期比40%増となり、前期の同33%増から伸長した。Eコマースが再び伸びているのは、新たに提携したロード&テイラーの高級商品など取り扱い品目数が伸びていることに加えてカーブサイド・ピックアップのウォルマート・グローサリー導入店が増えたことも要因。

サムズクラブは63店舗のスクラップで店舗閉鎖となったものの、既存店ベース(ガソリン販売は除外)は5.0%の高い伸びとなった。客単価はタバコ販売を止めた事で減少となったものの、客数は6.7%と大幅増となった。サムズクラブの既存店ベースのプラスは10四半期連続となっている。ボピスとなるクラブピックアップを含むサムズクラブのECも31%の増加となった。

ウォルマート第2四半期(5月〜7月期)
総売上・前年同期比:3.8%増
純利益・前年同期比:129.7%減
既存店・売上高前年同期比:4.5%増(アメリカ国内)

ウォルマート店舗数(18年7月31日)
 アメリカ国内店舗数:5,358店
  スーパーセンター:3,565店
  ネイバーフッドマーケット:704店
  ディスカウントストア:393店
  小型店など:99店
  サムズクラブ:597店

 海外店:6,357店

 総店舗数:11,715店

トップ画像:ネットで注文した生鮮品等をお店の専用スペースでスタッフから受け取る「ウォルマート・グローサリー」。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。コンサルタントにとって実はウォルマートが最も面倒な視察先となっています。買い物実習となるIT&オムニチャネル・ワークショップがあるからです。カリキュラムの準備では、.團奪アップタワーで商品を受け取るため視察する数日前にネット購入する。▲ーブサイド・ピックアップのウォルマートグローサリーで生鮮品などを受け取るため、前日もしくは当日の朝にネット注文する。I畸覆店で買っている商品をピックアップするため、リオーダーでネット注文する。この3つを準備する必要があります。クライアントに一緒にウォルマートに行く場合にもづ着の前に移動中の車内でウォルマート・グローサリー用アプリでチェックインして、ウォルマートが顧客フォローをしている様子を解説する。ゥΕルマート到着後も移動車から降りず、バスをカーブサイド・ピックアップの場所に向かわせスタッフから生鮮品などの注文品を直接受け取る。  続きを読む
2018年08月16日

【ホームデポ】、ボピスロッカーの拡大でEコマースだけでなくリアル店舗の売上も増加!

180816ボピスロッカー@ホームデポ
■ホームセンター最大手のホームデポは14日、国内の既存店ベースが8.0%増となる第2四半期(5月〜7月期)決算を発表した。

売上高は304.6億ドルと前年同期の281.1億ドルから8.4%の増加となった。悪天候に見舞われた第1四半期(2月〜4月期)の反動もあり、園芸などの季節用品が牽引した。純利益は前年同期比31.2%増となる35.1億ドルとなった。

粗利益率は34.0%と前年同期の33.7%から0.3ポイントの上昇。一般販売管理費率を含む経費率は17.9%と前年同期から0.1ポイント増加にとどまったことで、営業利益率は16.1%と前年の15.9%から2ポイント増加となり純利益を押し上げた。

既存店・売上高前年同期比は8.0%となり国内の既存店ベースは、8.9%増となった2015年11月〜1月期以来となる8.1%の増加だった。内訳は客単価が5.0%の増加、客数も3.1%の増加だった。特に好天候となった5月の既存店ベースは10.6%増となる二桁の増加となった。商品別では木材やインドア&アウトドア・ガーデン、電気が二桁の増加で牽引した。

また客単価が1,000ドル(以前まで900ドル以上と定義)を超える工務店や大工などのプロ顧客が売上の20%を占め、売り上げ増に貢献しているという。

一方、オムニチャネルで成功しているホームデポではEコマース売上が前年同期比26%の増加だった。ネットで注文して店内のロッカーでピックアップする「ボピスロッカー(BOPIS Locker)」の設置が増えていることで、ボピスが前期の46%から47%と1ポイント増えている。

 ホームデポは6月、向こう5年で物流センターなどサプライ・チェーンに12億ドル(約1,300億円)を投資することを発表している。ラストワンマイルのスピードアップは、ホームデポが昨年12月に発表した「ワン・ホームデポ(One Home Depot)」オムニチャネル戦略投資の一環。

111億ドル(約1.2兆円)の投資となる3ヵ年計画のワン・ホームデポでは、57億ドル(約6,100億円)を従来の投資に向ける一方、54億ドル(約5,800億円)はEコマースやラストワンマイルなどオムニチャネル拡充に配分する。

物流投資には工事現場やオフィスに直配される7つのフルフィルメントセンターの建設の他、コンクリートや鉄、木材などの建築資材を扱うフラットベッド・ディストリービューションセンター40ヵ所を含む計170の物流センターを建設する計画を含む。サプライチェーンを拡充することで米国世帯の90%に当日もしくは1日程度で注文品が届くようにするとしている。

ホームデポは4月にもIT系スタッフを1,000人以上採用することを発表。大手チェーンストアが情報技術の分野で1年間に1,000人以上を雇用するのは異例である一方、IT人材を拡大しながらプロ客などのオムニチャネルショッパーに対応する。ホームデポは既にアトランタやオースティン、ダラスにある技術系部門に2,800人の従業員を抱えている。

ホームデポはEコマース等への投資により、2020年度の売上目標を1,198億ドルとしているのだ。

トップ画像:ホームデポに導入されているボピスロッカー。アメリカのホームセンターではネット注文ピックアップ用のロッカーの導入が進めていることで直近ではネット注文の47%が店受け取りとなり店売上を増加させている。  続きを読む
Posted by usretail at 01:13Comments(0)ホームセンター
2018年08月15日

【マクドナルド】、旗艦店がアップルストア!マックブックと似合いテーブルサービスも?

180815マクドナルド外観
■外食チェーン最大手のマクドナルドが13日、テーブルサービス用カウンターの導入など総額60億ドル(約6,600億円)の投資となる店舗アップデートを発表した。2020年までにほとんどの店舗をモバイルオーダーに対応した店舗に改装する。

今回の発表ではダイニングエリアなど店内の大幅な刷新、デジタル注文端末の導入、店員が顧客の座席に商品を運ぶテーブルデリバリー用のカウンター設置、レジカウンターとドライブスルーにあるメニュー表のデジタルメニューボード化、モバイルオーダー&ペイによるカーブサイド・ピックアップ専用スペース導入、マックカフェ・カウンターの拡大にウーバーイーツと提携した宅配「マックデリバリー(McDelivery)」を5,000店に展開することも含まれている。

マクドナルドではモバイルオーダー&ペイにカーブサイド・ピックアップは多くの店舗で導入している。

 マクドナルドのモバイルオーダー&ペイはアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。

マクドナルドではモバイルオーダー&ペイを2万店で展開しており、受け取りとなるカーブサイド・ピックアップも同時に行っている。

マクドナルドのカーブサイド・ピックアップは、すでに導入している小売チェーン最大手のウォルマートやスーパー最大手のクローガーなどのようにネットで注文して店の専用駐車スペースで注文品を受け取るサービスだ。車から降りることなく商品を受け取れるので、子供をもつ母親や足の悪い高齢者などに人気となっている。

マクドナルドのカーブサイド・ピックアップもアプリ経由で注文した商品を指定されたパーキングで受け取ることになる。マイクに向かって体を車外へ出して注文するドライブスルーと違い、カーブサイドは商品を受け取る以外に車窓を開ける必要もないため天候に影響を受けない。

 マクドナルドはまたモバイルオーダー&ペイでデリバリーも多くの店舗で始めている。デリバリーはウーバーイーツ(一部にドアダッシュ)など、レストランの食事を自宅まで届けるフードデリバリー業者と提携した出前サービス。利用者のスマートフォン経由で注文したビッグマック等をフードデリバリー業者がカーブサイド・ピックアップのパーキングで受け取り、出前を行うのだ。

 マクドナルドではモバイルオーダー&ペイ販促として、マクドナルドでの飲食が生涯無料となる「マックゴールド・カード(The McGold Card)」懸賞にフライドポテトが毎週金曜日に無料となるキャンペーン等を行っている。

トップ画像:シカゴに8日オープンしたマクドナルドの最新旗艦店。以下にあるフラッグシップストア画像やニュース動画を見るとわかるが、マクドナルドもアップルストアだ!マックブックが似合う?  続きを読む
Posted by usretail at 01:21Comments(0)その他
2018年08月14日

【店内AR】、ベーカリーにクッキーモンスター!スチューレオナードの動く人形も不要?


■スーパーマーケットのスチューレオナードには、ワンウェイコントロールされた通路に子供を楽しませるからくり人形がある。歌ったり踊ったりする人形に子供が見とれている間、母親は買い物に集中できるのだ。また店の入り口からトイレまで、子供でもフォローできるように床に動物の足跡を付けている。

小さい子供をもつお客にとっては有難いが、店にとってはコストがかかる。からくり人形なら、メンテや修理にもお金がかかり、ランニングコストもバカにならない。フロアの足跡もかわいらしいが、はがれたり、汚くもなっていく。

これらを全て拡張現実のAR(Augmented Reality:オーグメンテッド・リアリティ)でやったらどうだろうか?ARとはコンピューターによって現実世界に情報を付加・改変する技術だ。

例えばスマートフォンでスーパー店内をかざすとベーカリー部門でクッキーモンスターがクッキーやチョコレートをムシャムシャと食べていたり、バナナの横でエルモが踊っていたり、什器の上からビッグバードがのぞき込んで話しかけていたら子供は夢中になるはずだ。ARとキャラクターを使って「ポケモンGo」のようにゲームにしたら、子供にとって退屈なスーパーの買い物が楽しい探検になるだろう。

しかも店側はからくり人形や仕掛け、ロボットなどハードに投資する必要がない。メンテや修理もなくランニングコストもかからないのだ。そんな未来の店舗を想像させるITがでてきた。

 ARアプリ開発のブリッパーは4日、屋内向けAR「インドア・ビジュアル・ポジショニング・システム(Indoor Visual Positioning System)」を発表した。インドア・ビジュアル・ポジショニング・システムはコンピュータービジョンを駆使することでエアポートや商業施設など広いスペースの屋内にビジュアル・コンテンツをプラスする技術だ。

分かりやすいのは道(施設)案内だ。YouTubeには、ブリッパーオフィスに初めて来た人を事例にした動画をアップしている。オフィスの受付付近で「今日が初日(It's my first day)」を選ぶと「歓迎、サラ(Welcome SARAH)」と表示され、アニメのロボットが道案内するものだ。単なる道案内ではなく、フロアにある矢印を辿っていくと空中にロボットが飛んでいたり、馬に乗った騎士が通り過ぎたり、スタッフの頭上にアニメを回らせていたりと飽きさせない。コーヒーなどがあるキッチンには、テーブルの上でレーシングカーのオモチャが動き、アニメで説明も加えている。さらに進んでいくとデスクに案内され、ノートブックの画面には「歓迎、サラ(Welcome SARAH)」と映し出されている。

すべてARであり、ロボットやオモチャ、ノートブックなどのヴァーチャル情報をオフィスの風景に重ねているのだ。紹介動画では最後に「ARのダイナミック道案内はモールや店内、エアポート、博物館などに応用が可能(It can be used in any indoor space for dynamic wayfinding in AR including shopping malls, retail spaces, airports, museums and more)」に搭乗ゲートまでのAR道案内のエアポート画像や目指したい店へのモールARディレクション、ARセール案内など画像で事例を見せている。

 スチューレオナードにからくり人形がなくなるのは残念だが、近い将来、店内がARでアミューズメントパークになるかもと楽しみだ。

トップ動画:ARアプリ開発の屋内向けAR「インドア・ビジュアル・ポジショニング・システム(Indoor Visual Positioning System)」の紹介動画。オフィス風景にARで視覚情報を付加した、道(施設)案内事例だ。店内にも子供向けに応用できるが、セール情報などお客へのコンテンツ提供ではまだ無理?  続きを読む
2018年08月13日

【返品】、ウォルマートのモバイル・エクスプレス・リターンでコスト削減に売上も増加?

180813ウォルマートモバイルリターン
■全米小売業協会(NRF)が昨年、発表したデータによると昨年の返品率は11%に達した。返品率が8%だった2015年の調査から3ポイントもアップしているのだ。また昨年の11月〜12月のクリスマス商戦期中の返品率は13%にも上るとの試算が出されている。

アメリカでは「気に入らない」という理由だけで期間内なら返品が可能なのだ。こういったアメリカの返品事情は日本でも広く知られるようになっている。一方で、返品手続きを簡素化する動きもある。単純計算で販売した商品の1割が返品として戻ってくる。

例えば週客数が1.4億人となるウォルマートでは返品作業を少しでも圧縮化することで人時の節約につながる。返品するお客にとっても返品手続きの短縮化は、待たされることなくシームレスな買い物になり利便性が向上する。ウォルマートはアプリを使って気軽に返品できる「モバイル・エクスプレス・リターン(Mobile Express Return)」を全店で行っている。

 ウォルマートのモバイル・エクスプレス・リターンはお客のモバイル・アプリとカスタマーサービスにある返品用のレジを同期させることで返品作業を単純化する。

使い方はアプリにある購入履歴からeレシートを選択。eレシートにある「返品を開始(Start a Return)」をタップし、返品する商品にチェックマークをつけると返品理由を選択するプルダウンメニューが表示される。なおeレシートには商品名だけでなく商品画像もあるので見つけやすい。次の確認画面から「コードをスキャン(Scan Code & Return)」をタップし、レジにあるQRコードを読み込むだけだ。

アプリとレジを同期することでレシートや商品情報等のデータが一瞬にレジにいくため、スタッフは返品について手入力する必要がない。スタッフは返品される商品を確認するだけとなる。これまでの返品では紙レシートから返品する商品を見つけて番号などを入力する手間があった。

カート一杯に買い物するとレシートが長くなる。お客が返品する商品をレシートから見つけだすのも大変だ。モバイル・エクスプレス・リターンで返品で待たされることはない。

 返品手続きが簡単になれば返品が殺到すると思われるかもしれない。返品の来店時に買い物をすることになるため、かえって店売上が伸びるとの考えなのだ。アマゾンの時代、来店させることが重要なのだ。  続きを読む
2018年08月12日

【ウォルマート】、導入が進むピックアップタワー!ハイテクは見るだけでなく使うべし?

180812ピックアップタワー@ウォルマート
■ウォルマートはネット注文した商品を店舗で受け取るピックアップ専用の自販機「ピックアップタワー(Pickup Tower)」の導入を加速している。

ピックアップタワーは高さ16フィート(約5メートル)幅8フィート(2.4メートル)で、最大300箱(箱の大きさは60cmx40傳40僂泙如砲涼輅孤覆諒殕が可能。ネット注文時にピックアップタワーでの受け取りを選択すると、ピックアップ専用のバーコードが届く。

操作はピックアップタワーに近づくと、操作パネルがオープンし、送られてきたバーコードをかざすと5〜10秒で注文品が出てくる仕組みだ。

ウォルマートは昨年からピックアップタワーの導入を開始、ウォルマート・スーパーセンターなど200ヵ所にすでに導入している。ニューヨーク・マンハッタンから近距離にあるニュージャージー州セコーカスにあるウォルマート・スーパーセンターなど、一部の店舗では需要の多さからピックアップタワーを2台導入している事例もある。

ウォルマートによると、ピックアップタワーの利用件数が50万件以上に上ったことで、今年末までに500店舗に追加導入することを決めたという。700店でピックアップタワーが展開されると、アメリカ人の約40%が利用可能となる。

 これまでピックアップタワーは中西部や東部のスーパーセンターに導入されていたが、西海岸にもお目見えしている。5月にはロサンゼルス郊外のチノ地区に改装オープンしたスーパーセンターにピックアップタワーが設置された。スーパーセンター・チノ店では、カーブサイド・ピックアップ・サービスの「ウォルマート・グローサリー(Walmart Online Grocery Pickup)」専用のレーンも導入されている。なおウォルマートはカリフォルニア州内では1.45億ドルの投資で改装を行い、ピックアップタワーやカーブサイド・ピックアップ専用レーンの展開を急いでいる。

一方、ネバダ州のラスベガス近郊ヘンダーソン地区にあるスーパーセンターも改装、そこにもピックアップタワーを導入している。ヘンダーソン店にはピックアップタワーと一緒に「ピックアップ・ロッカー(Pickup Locker)」も導入している。ピックアップ・ロッカーはサイズ的にピックアップタワーが収納できない、比較的大きな注文品を扱う。

 アメリカの宅配では受け手が不在の場合、玄関などドアの前に置きっぱなしとなる置き配が一般的だ。保険の見積もりを行うインシュランスクォーツ(InsuranceQuotes)のレポートでは、アメリカで2,300万人が宅配盗難の被害にあった報告しており、包装メーカーのショア・パッケージング(Shorr Packaging)の調査でもオンライン買い物客の31%が置き配などで盗難被害に遭った経験があると報じている。

玄関に置き配された宅配物を盗む「ポーチ・パイレーツ(Porch Pirates:ポーチとは玄関の意味で『玄関盗賊』)」のワードまで生まれているほど深刻な問題となっているのだ。これを受け、ネット注文した商品をリアル店舗で直接受け取るストアピックアップの需要が増している。

ウォルマート・スーパーセンターは通常、24時間営業となっていることもストアピックアップの利用者が多くなる要因となっている。ウォルマート側にとっても、宅配よりコストがかからず、ピックアップと同時に利用者がお店で買い物をすることもあり集客メリットにもつながっている。

注文品を自動で取り出すピックアップタワーでは、人件費がかからず、待ち時間もないため、さらにウィン・ウィンなのだ。5メートル以上の高さなど、スペースさえ確保できるならピックアップタワーを全店に導入したいのだ。

 ウォルマートに限らずボピスを進めるチェーンストアは、ロッカーなどの導入が加速する。

トップ画像:ニュージャージー州セコーカスにあるウォルマート・スーパーセンターではピックアップタワーを2台導入している。  続きを読む
2018年08月11日

【アルディ】、ベジーヌードルにキヌアで店舗アップデート!カーブサイドピックアップ?

180811アルディ
■ディスカウントスーパーマーケットのアルディは9日、生鮮品を含む取り扱い品目の増加など成長戦略のアップデートを発表した。35州に1,800店以上を展開するアルディは、ミドルやアッパーミドル層をターゲットに郊外に新規出店を加速、2,500店舗展開にする計画を打ち立てている。

アップデートされた成長戦略では来年度、取り扱い品目を20%増やし、特に生鮮品を強化する。冷蔵庫を増設しキヌアボウルやコンブチャ、ストロベリーケフィアなど新たな商品を投入し生鮮品を40%増やすという。新規商品にはベジーヌードルやベジーバーガー、ミートレス・ホットドッグ&ソーセージに、既に導入しているアーモンドやココナッツの代替乳などを含め健康的なプライベートブランド商品も拡充する。

なお商品の9割がプライベートブランドを占めるアルディでは、健康的な原料で作られた食品PB「シンプリーネーチャー(Simply Nature)」やグルテンフリー食品PB「ライブGフリー(Live G Free)」、グルメ食品PB「スペシャリー・セレクト(Specially Selected)」、ベジーバーガーのPB「アース・グロウン(Earth Grown)」、抗生物質や成長ホルモンを非投与で動物由来成分未使用に加え100%植物性飼料で育てたチキンや七面鳥の「ネバ―・エニー(Never Any!)」、安全で健康的な原料にこだわったベビーフードやベビー用品PB「リトル・ジャーニー(Little Journey)」を展開している。

 アルディの店舗面積は400坪前後。1,500アイテムと絞られた商品の90%はプライベートブランド(PB)となっている。アルディのPBは同等のNB商品と比べて最大60%も安い。低価格を実現できるのは特徴的なローコスト・オペレーションにある。

アルディではテレビやラジオを使った広告を一切行っていない。店舗建物も簡素で、店内インテリアは実質本位で余分な装飾はしないノーフリル(no-frills)だ。商品陳列も段ボール箱を開けて積むだけのオープン・カートン・ディスプレイ(open carton display)を採用し、スタッフが商品を一つ一つ棚に並べる必要がない。対面のデリ・コーナーもなく、袋詰めのスタッフもいない。

アルディの平均的な営業時間は朝9時〜夜9時。一方、24時間営業のウォルマート・スーパーセンターや、最大18時間営業(早朝6時〜深夜0時)となる競合スーパーよりアルディの営業時間は短い。アルディは12時間営業で人件費をおさえているのだ。

ショッピングカートは25セントのレンタル式(デポジットで返却時に返金)になっているため、ショッピングカートの盗難コストが減少し、駐車場に無造作に放置されたショッピングカートをスタッフがあつめる手間も省ける。ショッピングバスケットはないため、お客はエコバッグで代用する。なお、買い物袋は10セント(紙袋)、15セント(エコ)、79セント(保温・保冷用エコバッグ)の有料となっている。

 アトランタやシカゴ、ロサンゼルスなどではオンデマンド買物代行・宅配サービスのインスタカートと提携し宅配のテストを行っている。一部報道によるとアルディでは時期や場所などの詳細は明らかにしていないがカーブサイド・ピックアップも始めるとしている。  続きを読む
Posted by usretail at 01:27Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月10日

【マクドナルド】、キャンペーンに幻のマックゴールドカード!賞品に純金スマホケース?

180810モバイルマックゴールドカード
■外食チェーン最大手のマクドナルドには飲食が無料で利用できる「マックゴールド・カード(The McGold Card)」がある。マクドナルドの厳格な基準で選ばれた、ほんの一部の人のみしか所有が許されない永久会員カードだ。

VIPやセレブなどマックゴールド・カードの所有者は生涯を通じてマクドナルドのメニューが無料になる。これまでビル・ゲイツ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏、俳優のロブ・ロウ氏らが保有していることが判明している。

マックゴールド・カードにもマクドナルド本社が発行した本社仕様と一部の店舗のみ対象となるフランチャイジー仕様など種類がいくつかあり条件も異なってくるのだが、マクドナルドはマックゴールド・カードの存在さえ明らかにしていないためよくわかっていないのだ。

つまりマックゴールド・カードは幻のカードなのだ。それが遂に明らかになり、一般人でも保有できるチャンスが巡ってきた。しかもマックゴールドカードだけでなく、所有者の名前が入った純金(24金)スマートフォンケース「モバイル・マックゴールド・カード(The Mobile MacGold Card)」も進呈される。

 マクドナルドは8日、マックゴールドカードが賞品になる「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」を発表した。

モバイル・オーダー&ペイ販促キャンペーンは8月10日〜8月24日にマクドナルド専用アプリ「モバイル・オーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」の利用時の応募フォームにメールアドレスなどを入力して送信するだけ。応募はアメリカ国内に限られ、参加は1日1回のみとなっている。

モバイル・オーダー&ペイはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。

コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。マクドナルドもほぼ全店でモバイル・オーダーによるカーブサイド・ピックアップやデリバリー、ドライブスルーなどを始めている。

 マクドナルドではモバイルオーダー&ペイ販促としてフライドポテトが毎週金曜日に無料となるキャンペーンやドリンクが無料となるキャンペーン(毎週火曜日&木曜日)も行っている。

トップ画像:マクドナルドの「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」で進呈される純金(24金)スマートフォンケース「モバイル・マックゴールド・カード(The Mobile MacGold Card)」。


マックゴールドカードが賞品になる「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」動画。マックゴールド・カードがいかに幻のカードであったかを強調している。  続きを読む
Posted by usretail at 01:26Comments(0)その他
2018年08月09日

【ホールフーズ】、カーブサイド・ピックアップを始動!アマゾンフレッシュPUは閉鎖?

180809ホールフーズ
■アマゾンは8日、傘下のホールフーズ・マーケットでプライム会員向けにカーブサイド・ピックアップを始めることを発表した。

カーブサイド・ピックアップは利用者がネットで注文した商品を指定されている店舗駐車場にて店のスタッフから受け取るサービス。通常、利用者は車から降りる必要はなく、注文品はスタッフがトランクに積んでくれる。カーブサイド・ピックアップは、大手チェーンストアではウォルマートが生鮮品など「ウォルマート・グローサリー」で行っており、スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも「クリックリスト」というサービス名で拡大している。

ホールフーズでは年会費119ドル(月額12.99ドル)のプライム会員に限定して、カリフォルニア州サクラメントとバージニア州バージニアビーチで開始する。

ピックアップ手数料は35ドル以上の買い物であれば、注文から1時間後のピックアップで無料、30分のピックアップは手数料が4.99ドルとなる。35ドル以下の場合は1.99ドルの手数料がかかる。対象商品はホールフーズが扱うオーガニック等の生鮮品やベーカリー、乳製品、花、日用品などほぼすべての商品。

商品価格はホールフーズの店頭価格やセール価格と同じとなっており、全店で展開しているプライム会員向け値引きプログラムも適用する。カーブサイド・ピックアップはプライムナウのアプリから行う。なおアマゾンのスマートスピーカー「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」経由で、音声でも注文は可能となっている。

 カーブサイド・ピックアップは、大手チェーンストアでは競合ウォルマートが1,800店で行っており、年内までに2,200店舗展開を目指している。スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも「クリックリスト(Clicklist)」というサービス名で傘下のスーパー等1,300店以上で拡大を継続している。

ターゲットも「ドライブ・アップ(Drive Up)」を25州の800店舗以上で展開している。テキサス州の地場スーパーのHEBや中西部のハイヴィー、ミシガン州などに展開するスーパーセンターのマイヤーでは二桁の店舗でカーブサイドを行っている。特にHEBではカーブサイド・ピックアップの利便性を高めた新店も開発しており、同サービスがさらに拡大することが期待されている。

 ホールフーズでは最短1時間で宅配するプライムナウをニューヨークやロサンゼルスなど24都市で行っている。  続きを読む
Posted by usretail at 00:56Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月08日

【音声ショッピング】、アレクサが三河屋サブちゃん!IT社長サブちゃんが女優と暴走?

IMG_6442
■アレクサによる音声ショッピングが本格化する。ネット通販最大手のアマゾンが7日、スマートスピーカーの「エコー(Echo)」を利用し音声からプライムナウのホールフーズ・マーケットでの買い物が可能となったことを発表した。

最短1時間で宅配するプライムナウは、年会費119ドル(月額12.99ドル)のプライム会員のみが利用できる有料のサービス。プライムナウでは、1回当たり35ドル以上の買い物をすることで2時間以内の宅配が無料となる。手数料7.99ドルを支払えば、1時間以内でのスピード宅配の利用も可能だ。対象商品はホールフーズが扱うオーガニック等の生鮮品やベーカリー、乳製品、花、日用品などほぼすべての商品。

商品価格はホールフーズの店頭価格やセール価格と同じとなっており、全店で展開しているプライム会員向け値引きプログラムも適用する。ホールフーズ・プライムナウは現在、ニューヨークやロサンゼルスなど24都市で行われている。

 使い方はエコーに「アレクサ、ホールフーズのカートに卵を入れて(Alexa, add eggs to my Whole Foods cart)」と音声で指示するだけ。アレクサが「カートに卵を入れました。他になにかありますか?(I Added eggs to your Whole Foods cart. What else?)」と確認していく。

スクリーン搭載の「エコーショー(Echo Show)」や「エコースポット(Echo Spot)」では商品名とチェックマークが表示される。同時にプライムナウ専用アプリのホールフーズ・カートに卵が入り、スマートフォンで確認ができるようになっている。必要であれば数量も変更可能だ。

特定の商品名ではなく、卵やチーズ、ステーキなど普通名詞の場合は利用者の購入履歴(もしくは他の利用者の利用状況)に応じて商品を特定してカートに入れていく。アレクサは利用者の好みの注文品も学習するとしている。

注文の確定では「アレクサ、チェックアウト(Alexa, check out)」と指示する。後はメールで注文確認が送られてくる仕組みだ。

トップ画像:エコーショーに「アレクサ、ホールフーズのカートにオレンジジュースを入れて(Alexa, add orange juice to my Whole Foods cart)」と音声注文すると、目視で注文を確認できるようになっている。卵やチーズ、ステーキなど普通名詞の場合は利用者の購入履歴(もしくは他の利用者の利用状況)に応じて商品を特定してカートに入れていく。  続きを読む
Posted by usretail at 01:39Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月07日

【ホールフーズ】、365はもう10店舗目!ニューヨークの365では老舗ベーカリーのバブカ?

IMG_5301 - Copy
■ホールフーズ・マーケットは今月22日、テキサス州では2店目となるホールフーズ・マーケット365(Whole Foods Market 365)」をヒューストン近郊にオープンする。

10店舗目となるホールフーズ365は、ヒューストンの中心街(ダウンタウン)から北にあり、車で10分程度の場所。ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港からは南に20分程度と近距離となっている。

店舗面積は840坪となっており、ホールフーズ365では平均的な広さになっている。店内には南アフリカ料理を提供するローカルレストラン「ペリペリ・キッチン(Peli Peli Kitchen)」とジョースバーの「ジュースソサエティ(Juice Society)」も入居している。

なお365ヒューストン店は昨年末にオープン予定だった。オープン遅延の理由は明らかにされていない。

 ホールフーズはロサンゼルス近郊に365シルバーレイク店を2016年5月、365レイクオスウィーゴ店を同7月 365ベルビュー店を同9月にそれぞれオープン。昨年4月にはテキサス州オースティン郊外に4店舗目、8月にはロサンゼルス郊外サンタモニカに5店舗目、9月14日にはオハイオ州アクロンに6店舗目がオープンした。また昨年12月にはサンフランシスコ郊外コンコード地区の「ヴェランダ・ショッピングセンター(Veranda shopping center)」に7店舗目がオープンしている。

一方で、365ベルビュー店は昨年10月、突然撤退した。撤退についてホールフーズは「決定は(昨年8月)アマゾンに買収される以前に、近くにホールフーズのある難しい立地と実績などを精査して決定した」と明かしている。365ベルビュー店から車で8分(約2キロ)のところにはホールフーズ・ベルビュー店(888 116th Ave NE, Bellevue, WA 98004)が展開している。

今年1月、東海岸では初となる365(7店目)をニューヨーク市ブルックリンのフォートグリーン地区にオープン。8店目はロサンゼルス・ダウンタウンから車で30分のところにあるロングビーチ市に4月、9店目は同じくロサンゼルス・ダウンタウンから車で東に1時間弱のところにあるアップランド地区に5月、それぞれオープンしている。

 ホールフーズ365は野菜や果物に非オーガニックを大幅に導入し、20代〜30代のミレニアル層をターゲットに低価格で訴求する小型フォーマット。通常2.5万〜3万品目の品揃えであるホールフーズに対して365は7,000〜8,000品目と商品を絞り込み、プライベートブランド(PB)の比率も増やし、お値打ち感を演出している。デジタル電子棚札(Electronic Shelf Label)の導入やタブレット端末によるワイン説明などロー・コストで営業している。

ホールフーズでも行っているアマゾン・プライム会員用のディスカウントも365全店で行っている。

トップ画像:ニューヨーク市ブルックリンのフォートグリーン地区にオープンしたホールフーズ365。  続きを読む
Posted by usretail at 01:28Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月06日

【クローガー】、アマゾンゴー近くのお店にIT導入!キャッシャーレスとフリーの違い?

180806SBG@ラルフス
■シアトル市内にはレジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーがある。人工知能やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗だ。スーパーマーケット最大手のクローガーがシアトル郊外のスーパーでセルフスキャニング端末「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」でアマゾンゴーに対抗する。

スキャン、バッグ、ゴー(SBG)は、店内にあるスキャニング端末で商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。スキャニング端末のバーコードを読み込ませることで、端末とレジを同期させ簡単に会計ができる。買い物をしながら商品をそのままエコバッグに詰め込み、商品の合計金額の確認も常に可能だ。

スキャニング端末だけでなく、モバイル・アプリの「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」もスマートフォンにダウンロードして使用できるようになっている。

クローガーでは傘下の食品スーパーとなるQFCのレッドモンド店、ベルビュー店、イサクア店、シアトル近郊のノースゲートでSBGを展開、今後はウォーリングフォード店やレントン店に、シアトル市内となるユニバーシティ・ビレッジ店やアップタウン店でも導入していくとしている。

同じくクローガー傘下でワシントン州などにスーパーセンターを展開するフレッド・マイヤーでもボニーレイク店に8月29日、ピュアラップ店(9月26日)、シアトル郊外のショアライン店(10月1日)、モンロー店(10月1日)にそれぞれ導入していく。

 SBG端末はQFCのリワードカード「QFCアドバンテージカード(Advantage Card)」(フレッド・マイヤーでは「Fred Meyer Rewards」)のバーコードをスキャンして使用する。SBG端末の「スキャン(Scan)」ボタンを押し、端末から放射される赤外線を商品のバーコードにあてて読みこんでいく。

バナナなどの青果品やバルクフードの量り売りでは、商品のプライスカードにあるバーコードを読み込ませたうえでSBG専用デジタル計量器にあるバーコードをスキャンする。SBG端末とデジタル計量器が自動で同期し、野菜などを計量器に置くと、端末に自動的に加算される仕組みなのだ。

SBGでは買い物の途中でSBG端末からアプリに切り替えることも可能だ。SBGアプリを起動後にリワードカードのバーコードを読み込ませると、「セッション(買い物)が重複しています。セッションを移動しますか?」と聞いてくる。「移動する(Transfer)」ボタンをタップすれば、それまでスキャンした端末の商品リストがSBGアプリに転移する。アプリから端末の移動も可能となっており、その場合も端末でリワードカードを読み込ませる。

会計はレジにあるバーコードを読み込ませると端末とレジが同期して、現金等で支払うことになる。今のところSBGでは端末やアプリ上での決済はできない。一方で、SBGはレジで商品を出すこともないため、スキャン後に売り場でそのまま商品をエコバッグに詰めることができるのだ。

 クローガーは傘下のスーパーなど400店舗でSBGを拡大、同様なキャッシャーレス技術はダラーゼネラル、HEB、マイヤー、ジャイアント・イーグルの一部店舗でテストを行っている。ウォルマートでは同技術を中止する一方、傘下のサムズクラブでは「スキャン&ゴー」を全店に展開しているだけでなく、アプリ決済をフューチャーした小型店をテストする計画だ。

トップ画像:クローガー傘下で南カリフォルニアに展開するラルフスのセルフスキャニング端末「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」。  続きを読む
Posted by usretail at 01:04Comments(1)スーパーマーケット
2018年08月05日

【ウェグマンズ】、全米一愛されている食品スーパー!と大塚家具にみる日米の父娘事例?

180805ウェグマンズ
■創業から102年の歴史を持つスーパーマーケットのウェグマンズは全米一愛されているスーパーとして知られている。

従業員数4.8万人のウェグマンズは6州に97店舗を展開する。2017年の売上高は87億ドル(約9,700億円)。スーパーマーケット・ニュース誌の2017年売上高ランキングでは75社中、31位となる。ウェグマンズは3桁、4桁の店舗数を展開する大手チェーンに比べれば小さいが、多くの名声を博し高い評価を得ている。

例えば、フォーチュン誌が毎年発表している「最も働き甲斐のある100社(100 Best Companies To Work For)」では1998年の第1回のランキングから毎年、10位以内に入っている。同ランキングで100位内に20年間連続して入っている企業「働きがいのあるレジェンド企業(Great Place to Work Legends)」にも昨年、選ばれた。コンシューマーレポート誌によるスーパーマーケット総合評価ランキングでもここ数年、パブリクスやトレーダージョーズをおさえてトップの座を不動にしている。

調査会社マーケットフォースインフォメーションの「アメリカで愛されるスーパーマーケット(America’s Favorite Supermarket)」で今年もトップだ。また全米で顧客満足度調査を行うJDパワー&アソシエーツのファーマシー調査においてもウェグマンズが3年前、スーパーマーケット部門中1位に輝いている。

これらのランキング以外でもウェグマンズは名を馳せている。ストップ&ショップやジャイアントフードなど約800店のスーパーマーケットを東部で展開するアホールドUSAの当時のCOOジェームズ・マッキャン氏は店長やスタッフの前で「ウェグマンズのように、お客様から本当に愛されるスーパーマーケットになりましょう」と宣言した。自社にとってライバルとなるウェグマンズの名前を出してまで目標にしようとしているのだ。

ライバル企業から一目置かれるだけでない。歌手でセレブのシェールは、SNSやステージ上でウェグマンズ愛を公言している。歌手のアリアナ・グランデも先月、ウェグマンズで買い物していたと話題になっていた。

セレブでは映画俳優のアレック・ボールドウィン氏の話が有名だ。ニューヨーク州シラキュースに住んでいるボールドウィン氏の母親キャロルさんは当時80歳と高齢で、弟と一緒に天候に恵まれた西海岸に移り住むよう説得した。ところが彼女は「(大好きな)ウェッグマンズから離れろというの?」と申し出を断ったのだ。自分の息子たちよりスーパーマーケットを選んだとトークショーで面白おかしく話した。

これが話題となり、ボールドウィン氏は母親とウェッグマンズのコマーシャルに起用されたのだ。母親が大好きなスーパーだから、出演料は相当引き下げられ、出演料はすべて母親の名前が冠した乳がん基金に寄付された。最近では二人の女性がバケーションで1週間かけてウェグマンズ全店(97店)行脚したことがニュースになっていた。

 ウェグマンズのCEOには昨年、コリーン・ウェグマン氏(46)が就任した。2005年からCEOを務めていたコリーンの父、ダニー・ウェグマン氏(71)は会長職となっている。1916年創業のウェグマンズではコリーンが四代目のCEOとなり、同社では初の女性CEOなのだ。なおコリーンには妹で同社シニア・バイス・プレジデントのニコル・ウェグマン氏(43)がいる。ウェグマンズでは父から娘への事業継承も上手くいっているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 00:57Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月04日

【ウォルマート】、店にロボット物流!アルファボットでカーブサイドPUの問題を解消?


■ウォルマートは今年末までにカーブサイド・ピックアップ・サービスの「ウォルマート・グローサリー」を2,100店に拡大する。カーブサイド・ピックアップとはネットで注文した生鮮品などをお店の駐車場で受け取れるサービスだ。ウォルマートは同サービスを現在、スーパーセンターを中心に1,800店で行っている。

クローガーやHEBなど多くのスーパーマーケットも導入している同サービスには大きな課題がある。スタッフが注文に応じて売り場でピッキングするため人件費がかさむ上に、他のお客に迷惑がかかるのだ。ピッカーが間違えて商品をピッキングすることもある。また来店客の殺到による品切れ等で、ネット注文の対応に苦慮する。カーブサイド・ピックアップの利用者が増えれば、売り場が倉庫を兼ねているために問題が生じやすくなる。

小売業界の巨人がロボット物流を店に導入し、カーブサイド・ピックアップ・サービスの問題を解消する。

 ウォルマートは3日、ロボット物流企業のアラート・イノベーション(Alert Innovation)と提携し、カーブサイド・ピックアップ・サービス専用のフルフィルメントセンターをスーパーセンターでテストすることを発表した。場所はニューハンプシャー州セイラムにあるスーパーセンター。スーパーセンター・セイラム店を560坪増床し、小型カートのようなロボット「アルファボット(Alphabot)」が動き回る物流倉庫を導入する。

このシステムでは、倉庫内で複数台のアルファボットが注文品をピッキング、4つのピックステーションに運ぶ。ピックステーションでは、カーブサイド・ピックアップ用のドライブスルーで利用者に渡せるようにスタッフが仕分けを行う。ロボット物流倉庫のオープン日は明らかにされていないが、今年末までに稼働させるとしている。

なおウォルマートではカーブサイド・ピックアップを利用した宅配サービスも拡大中だ。ウォルマートの宅配サービスは、カーブサイド・ピックアップでピッキングした注文品を、宅配サービス企業のドライバーに渡して宅配する。

 10月1日に改装オープンとなるセイラム店ではピックアップタワーも導入される。ピックアップタワーは高さ16フィート(約5メートル)幅8フィート(2.4メートル)で、最大300箱(箱の大きさは60cmx40傳40僂泙如砲涼輅孤覆諒殕が可能だ。

また同店では売り場で在庫チェック・ロボット「シェルフ・スキャニング・ロボット(shelf-scanning robots)」も稼働する。シェルフ・スキャニング・ロボットはAI(人工知能)やスキャニングセンサーを搭載した約1.8メートルの高さのロボット。秒速20センチ(分速12メートル)の速さで移動で通路を進みながら商品棚に光を当てスキャンし欠品や在庫少、置き間違い、値段間違いなどをチェックしていく。

 テスト結果によりウォルマートはアルファボット物流を各地域のスーパーセンターに展開することも考えられる。将来的にカーブサイド・ピックアップや宅配サービス需要の増加を浮き彫りにしているのだ。

トップ動画:ウォルマートのカーブサイド・ピックアップ・サービス専用ロボット物流「アルファボット(Alphabot)」のイメージ動画。ニューハンプシャー州セイラムのスーパーセンターを560坪増床、小型カートのようなアルファボットが動き回る物流倉庫を導入する。  続きを読む
2018年08月03日

【クローガー】、新宅配サービス「クローガー・シップ」!インスタカートとはどうなる?

180803クローガー・シップ・サイト
■スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーは1日、新たな宅配サービスを発表した。クローガーはオンデマンド買物代行・宅配サービスのインスタカートやシプツなどと提携し生鮮品などを最短1時間で届けるスピード宅配サービスを行っている。

新たな宅配サービス「クローガー・シップ(Kroger Ship)」では、店頭販売している食品や家庭用品、消耗品など5万アイテムが対象となる。「シンプル・ツルース(Simple Truth)」など4,500品目に及ぶプライベートブランド商品も含まれているが、青果や精肉・シーフードなどの生鮮品や冷蔵・冷凍品などは対象外となっている。

注文翌日に宅配されるクローガー・シップは35ドル以上の購入で送料無料となり、35ドル以下では4.99ドルとなっている。継続期間が週・月ベースとなるサブスクリプションサービスも提供するとしている。クローガー・シップはオハイオ州シンシナティ、テキサス州ヒューストン、ケンタッキー州ルイスビル、テネシー州ナッシュビルから開始し、クローガーや傘下のスーパーマーケットが出店している地域を中心に対象範囲を拡大する。

クローガーではネバダ州とノースカロライナ州にフルフィルメントセンターを持っており、そこからフェデックスなどの物流サービスを使って配達するとみられている。

 クローガーはIT導入を加速させている。5月にはイギリスのネット専業スーパー最大手のオカド・グループと提携。オカドのロボット物流システムをクローガーのロジスティクスに導入し、ネットスーパーの効率化を図る。クローガーはオカドの「オカド・スマート・プラットフォーム」の一部導入すると見られている。同技術はオンライン注文や決済、ピッキングからシッピングなどの配送管理などを含んでいる。オカドとの提携によりクローガーは今年、アメリカ国内にロボットを導入したフルフィルメントセンター(ネット注文対応の物流倉庫)を3ヵ所建設するほか、今後3年で20ヵ所まで増やす計画だ。

またクローガーは6月、本社のあるオハイオ州シンシナティにITを専門にした部所「デジタルヘッドクォーター(Digital Headquarter)」を設立することを発表した。同じくシンシナティ・ダウンタウンにある本社からは徒歩で15分の距離だ。来月にはオープンするデジタル部門には本社のIT専門家600人を異動、さらに採用を増やし向こう3年で1,000人態勢を築くという。

クローガーはまた料理キット(ミールキット)業者のホームシェフ(Home Chef)も買収した。定期宅配(サブスクリプション販売)でも一日の長のあるミールキット業者を傘下にすることで、クローガーはオムニチャネル化を一層進めていく。

クローガーは自動運転車の開発を行うスタートアップ企業「ニューロ(Nuro)」と提携して自動運転車による宅配サービスのテストも行う予定。

 クローガーはスーパーマーケットを35州に約2,800店を展開し、カーブサイド・ピックアップ・サービスの「クリックリスト(Clicklist)」を1,250ヵ所でおこなっており、インスタカートなどと組んだ宅配は1,200ヵ所で行っている。

 クローガーは昨年秋、店内の顧客体験を改善する「リストック・クローガー(Restock Kroger)」計画を発表。リストック・クローガーの一環としてクリックリストの拡大やお客がスマートフォン・アプリや端末で商品バーコードをスキャンしていく「スキャン、バッグ、ゴー(Scan, Bag, Go)」の400店舗への導入などを掲げている。

トップ画像:クローガーシップ・サイト(ベータ)のキャプチャー画像。  続きを読む
Posted by usretail at 01:16Comments(0)スーパーマーケット
2018年08月02日

【アマゾンブックス】、すでに16店展開!カスタマーレビューが1万件以上の日本人著者?

180802アマゾンブックス
■ネット通販最大手のアマゾンのリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」は着実に店舗を増やしている。アマゾンは今年3月、アメリカ合衆国の首都ワシントンDCのジョージタウンに15店目となるアマゾン・ブックス(3040 M Street NW Washington, D.C. 20007)をオープンした。アマゾン・ブックスでは最大の店舗となるジョージタウン店は、扱う書籍が5,600タイトルにも及ぶ。同店には、スターバックスの原点にもなったカフェの「アレグロ・カフェ(Allegro Cafe)」が入っている。

アマゾンは6月、ジョージタウン店から近いベセスダロウSC(メリーランド州)にも16店目となるアマゾン・ブックスをオープンした。170坪のベセスダロウ店(7117 Arlington Rd, Bethesda, MD 20814)は3,700タイトルの書籍を揃えている。アマゾンはロサンゼルス郊外のパリセーズパークやコロラド州デンバー郊外にも出店を予定している。

 アマゾンは2015年11月、シアトル近郊にアマゾン・ブックス1号店をオープン後、2016年9月にサンディエゴ郊外に2号店、同年10月オレゴン州タイガード地区に3号店をオープンした。

昨年2月にマサチューセッツ州デダム地区に4号店、3月にはシカゴ近郊のレイクビュー地区に5号店、4月にはマサチューセッツ州リンフィールド地区に6号店、5月にはニューヨーク・マンハッタンのコロンバス・サークルに7号店目、6月にはニュージャージー州パラマス地区のウエストフィールド・ガーデンステートプラザSCに8号店目をオープンし、8月にはワシントン州ベルビュー・スクエアとカリフォルニア州サンノゼのライフスタイルセンター「サンタナロウ(Santana Row)」を同時オープンした。

9月にはNYヘラルドスクエアに11店目、10月にはロサンゼルス近郊センチュリーシティに12店目をオープンした。今年2月には13店目をサンフランシスコ郊外のウォルナットクリーク地区に出店し、3月にはテキサス州オースティンに14店目をオープンしている。

 100坪〜200坪となるアマゾン・ブックスは多くの点で通常の書店と異なっている。すべての書籍の表紙を正面に向けた陳列方法「面陳(面陳列)」「面展(面展示)」を採用しているのだ。セクション毎にカスタマーレビューや予約注文数、売上データなどを参考にしたキューレーション(括り)展開による分類も異質だ。

最も異なるのはカスタマーレビューはあるものの、価格表示が一切されていないことだ。アマゾン・ブックスはアマゾンのオンライン価格と同一にし、ダイナミック・プライシングを採用している。需給に応じて価格が変動するため、店頭での価格表示が不可能なのだ。そのため本のバーコードを店内にあるスキャナー(もしくはスマートフォンにダウンロードしたアマゾン・アプリ)でかざして表示するようになっている。アマゾン・アプリはバーコードだけでなくOCR(光学式文字読取装置)としても使える。

アマゾン・ブックスでは決済がキャッシュレスとなり、クレジットカードやデビッドカードにアマゾンのアカウントからの直接支払いも可能だ。

 アマゾン・ブックスは書籍だけでなく、スマートスピーカーのエコーやタブレット端末のキンドルなどアマゾン製品も展示・販売している。  続きを読む
Posted by usretail at 01:07Comments(0)その他
2018年08月01日

【スターバックス】、モバイルオーダー13%!人気イン&アウトバーガーに行かない理由?

180801モバイルオーダー@車内
■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは第3四半期(4月〜6月期)の決算発表で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」が注文の13%に達したことを明らかにした。

モバイルオーダー&ペイは事前注文・事前決済。同社のアプリからコーヒー等を注文し、アプリ内にある金額をチャージしたギフトカード(プリペイドカード)から支払う仕組みとなっている。モバイル・オーダーはレジ待ち行列を緩和し、注文の聞き取りミスや勘違いによるヒューマンエラーを回避できることでクレームが減り、顧客ロイヤリティが高まる。スタッフもより調理に集中できることで、店内オペレーションの合理化も図れるメリットがある。

スターバックスのモバイルオーダー&ペイの使い方は、アプリ上で最寄りのスターバックスなどピックアップする店を指定しメインメニューの「注文(Order)」からフラペチーノやサンドウィッチ等を選択する。ピックアップまでのおよその時間が表示され、注文ボタンをタップすれば注文が確定され決済完了となる。

店では注文を受信すると、スターバックスの厨房にあるプリンタが注文ステッカーを発行する。注文ステッカーには顧客名とメニューが書かれており、該当するサイズのカップ(サンドウィッチなどは紙袋)に貼って、バリスタが準備するのだ。

モバイルオーダー&ペイは、前期となる第2四半期(1月〜3月期)では12%、前年同期は9%だった。また、アプリ決済等を行えるスターバックス・リワード会員(Starbucks Rewards)は1,900万人となり、アメリカ国内で売上の40%に達している。

 モバイルオーダー&ペイを導入する外食チェーンは後を絶たないどころかファストフード店では標準サービスになりつつある。外食チェーン最大手のマクドナルドからダンキンドーナツ、3大宅配ピザチェーン(ドミノピザ、ピザハット、パパジョンズ)、2,300店以上を展開するチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレ、約2,000店のベーカリーカフェを展開しているパネラブレッドなど大手外食チェーンが全店でモバイルオーダーを展開しているのだ。

最近でも国内に4,000店近くを展開するソニック・ドライブインをモバイルオーダーを始めており、全世界30ヶ国で1,100店を展開しているザ・コーヒービーン&ティーリーフは、モバイルオーダーを南カリフォルニアとアリゾナの直営店で開始した。

 スターバックスでは四半期ごとにモバイルオーダー&ペイの利用率が高まっている。レジ注文からモバイルからの事前注文に切り替える顧客が今後も増えることが予想され、モバイルオーダーが20%近くにまで達する可能性も否定できないのだ。

トップ画像:移動中の車内でモバイルオーダーを使い、ウッドベリーコモン・アウトレット内にあるシェイクシャックに事前注文している参加者。  続きを読む
Posted by usretail at 01:20Comments(0)アプリ
2018年07月31日

【ユーチューバー】、年収10億円を超える6歳児がピコ太郎と共演しウォルマートと契約!


■日本では「将来はユーチューバーになりたい!」と夢を持つ子どもが増えているとメディアで話題になっている。将来なりたい職業の一つに、小学生がユーチューバーを挙げているのだ。一方で、30歳以上の親世代が子どもに将来なってほしくない職業としてユーチューバーが挙げられている(日刊SPA!調査)。親としては「安定していない」「一生続けていける仕事ではないから」などが理由となっている。

仮に自分の子供がユーチューバーとして不動の人気を確立し、年間に数億円を軽々稼ぎだし、その影響力から世界トップクラスの超大手企業さえ動かす存在になったらどうだろうか?アメリカにはとんでもない6歳児のユーチューバーがいる。

YouTubeに「ライアン・トーイズ・レビュー(Ryan ToysReview)」をもつ6歳のライアン君は億万長者だけでなく、世界でトップの売上を誇るウォルマートとも提携したのだ。

ライアン君が話題や新作となるオモチャと遊びながら感想を述べるライアン・トーイズ・レビューでは、チャンネル登録者数が1,500万人を超え、アップロードした動画は数日間で100万回以上に達する。2年前から投稿を始めた動画の総再生回数は実に230億回以上となっているのだ。

オモチャのレビュー動画だけでなく、今話題になっている人とも共演しており、「ペンパイナッポーアッポーペン」でおなじみのピコ太郎との動画「ライアンvsピコ太郎PPAPクイズ・チャレンジ(Pen Pineapple Apple Pen Quiz Challenge Ryan VS PIKOTARO)」「ライアンvsピコ太郎PPAPチャレンジ(Pen Pineapple Apple Pen Challenge Ryan VS PIKOTARO)」をアップロードされている。

ちなみにライアン君は、お父さんが日本人で、お母さんがベトナム人のアジア系アメリカ人になる。最近、お父さんの里帰りで日本に旅行(日本旅行動画も投稿している)したことでピコ太郎と共演を果たしたのだ。

フォーブス誌によると、ライアン・トーイズ・レビューから得ている2017年度のライアン君の年収は1,100万ドル!(約12億円)となっている。ライアン君がもつ影響力から、玩具業界などの大手企業とパートナーシップやスポンサー契約を結んでおり、YouTube以外からの収入も少なくない。

さらにライアン君は、売上高50兆円のウォルマートさえ動かしたのだ。玩具販売ではトップシェアとなるウォルマートとは独占契約を結び、8月6日から独自のオモチャ・レビュー・チャンネルを始動するという。ライアン君は先週末、アーカンソー州ベントンビルにあるウォルマートでファンミーティングを行った。独自チャンネルを記念して、数百人のファンとミートするツアーをウォルマートで行っているのだ。無論、ビッグビジネスになるため、大きなお金が動くことになる。

 「将来はユーチューバーになりたい!」と思う前に子供が好きでYouTube投稿を始めれば、一生続けていける仕事ではないとしても数ヶ月で一生分の収入を稼ぎだすことが可能かもしれない。

トップ画像:「ライアンvsピコ太郎PPAPチャレンジ(Pen Pineapple Apple Pen Challenge Ryan VS PIKOTARO)」ではピコ太郎と共演している。  続きを読む
2018年07月30日

【マンハッタン】、アマゾンエフェクト!世界で最も高い店舗家賃で知られる5番街にも?

IMG_5671
■ニューヨーク・マンハッタンの店舗家賃に異変が起きている。一部のエリアを除き、小売店の賃料が暴落しているのだ。世界で最も店舗家賃の高いエリアとして知られる五番街も賃料の急落の影響でディスカウントチェーンが出店する。

商業エリアの路面相場データを扱うCBREによると、NYマンハッタンにある主な商店街16ヵ所のうち12ヵ所で過去12ヶ月間、賃料が値下がりしている。広告やインターネットに掲載された店舗賃料の平均は12%も下がっているという。店舗閉鎖行っている大手チェーンストア等、借り手が見つからないことからさらに値下がりが予想されているのだ。1年以上も借り手が見つからない小売スペースがマンハッタンに143ヵ所もあり、そのうち58%は募集賃料を下げている。

不動産サービス企業のクッシュマン&ウェイクフィールドによると、世界屈指と言われる五番街でも第2四半期、賃料が前年同期比で18.2%も暴落した。バーグドルフ・グッドマンやハリーウィンストン、ティファニーが並ぶ、マンハッタンで最も賃料が高いアッパー・フィフス(49丁目〜60丁目)で値下がりが激しくなっている。

五番街で賃料が値下がりしていることで、バリューディスカウンターのファイブ・ビロウが旗艦店をオープンする。子ども向けにほとんどの商品が5ドル以下で買えるファイブ・ビロウが11月、44丁目と45丁目の間に二階建て(300坪弱)で出店するのだ。

 こういった現象を巻き起こしているのはアマゾンエフェクトだ。アマゾンなどEコマースを利用する消費者が増えたことで、ショッピングセンターや店に行かなくなり、大手チェーンでは店舗閉鎖に追い込まれている。全米77都市のショッピングセンターをモニターしている不動産調査会社レイス社によると、第2四半期(4月〜6月期)のモール空室率は8.6%となった。8.6%の空室率は2012年第4四半期以来、約6年ぶりの高さだ。前期の8.4%から0.2ポイント上昇し、8.1%だった前年同期から0.5ポイントも上昇している。近隣型ショッピングセンターのストリップセンターでも空室率は10.2%となり、4年ぶりの高水準となっている。

家電量販店のベストバイは1月、モールを中心に展開してきた小型店「ベストバイ・モバイル」全257店を閉鎖。バスケットボールシューズなどスポーツシューズを中心としたアパレルチェーンのフットロッカーが110店を閉めるとの発表もあった。長年にわたって低迷が続いているシアーズも103店の店舗閉鎖の発表を行った後、さらに追加閉鎖を行っている。なおシアーズは昨年11月にも63店の店舗閉鎖を発表したばかりだ。昨年に不採算店138店舗を閉鎖したJCペニーも8店舗を追加スクラップ。老舗デパートメントストアのボントン・ストアズは再建をあきらめ、250店を閉鎖した。ウォルマート傘下で会員制卸売り販売のサムズクラブも1月、10%にあたる63店舗を閉鎖。象徴的だったのは全735店をスクラップした老舗玩具チェーンのトイザラスだ。他にもJクルー(20店)やアバークロンビー&フィッチ(60店)、クレアーズ(90店)、GNC(200店)などある。 

 アマゾン・エフェクトにより、モノを売る店が次々と姿を消し、商業不動産は借り手市場となり、それが世界最高級の商業地にも影を落としているのだ。

トップ画像:ブルックリンにあるファイブ・ビロウ。キッズ向けに5ドル以下の商品をそろえるバリューチェーンが五番街に出店する。これもアマゾン・エフェクトだ。  続きを読む
2018年07月29日

【アマゾン】、シアトル北部にピックアップ拠点!返品とセントラル・マーケットも視察?

180729アマゾン・ビターレイク
■ネット通販最大手のアマゾンはここ数年、大学キャンパスや学生街にピックアップ拠点を拡大しているが、スタンドアローンとなるピックアップ拠点が明らかになった。

アマゾン・ピックアップ拠点は受け取り用のアマゾン・ロッカーに返品用の宛先をプリントアウトする端末、梱包用デスク、アシスタント受付カウンターを備え、常駐スタッフがロッカーの使い方や返品時のアドバイスを行う。

一部にはスマートスピーカーのエコーなどアマゾン製品を展示しているものの、商品などの在庫は持たず、端末からの販売なども行っていない。ピックアップ拠点は商品ピックアップと返品に特化した施設なのだ。

 プライム会員には午前中にオーダーすれば対象商品であれば午後にはこういったピックアップ拠点で受け取れる特典もある。非プライム会員は25ドル以上買い物をしないと送料無料にはならないが、受け取りをピックアップ拠点にすることで送料無料となる。返品でも小口貨物配送会社のUPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)の店舗から返品すると送料がかかる一方、ピックアップ拠点で返品すると手数料等がかからないメリットがある。

 アマゾンは3年前からピックアップ拠点をカリフォルニア大学バークレー校(Amazon@ASUC Student Union)などのキャンパス内や学生街に次々とオープン。マサチューセッツ州ボストンにある私立大学のボストンカレッジ(生徒数1.4万人)から、生徒数約6万人で全米最大規模のオハイオ州立大学にも進出している。現在までに30ヵ所以上の大学もしくは近隣コミュニティーにピックアップ拠点を展開しているとみられているのだ。

今回明らかになったピックアップ拠点「アマゾン-ビターレイク(Amazon - Bitter Lake)」はアマゾン本社のあるシアトルの北部に位置し、近くに大学はなく学生街でもない場所(14333 Aurora Ave N, Seattle, WA 98133)だ。レンタカーの「ハーツ」と並んでおり、小道を挟んで郵便局がある。アマゾン・ビターレイクの営業時間はキャンパス内のピックアップ拠点と同じ毎日午前9時〜午後9時となっている。

 なおアマゾンロッカーはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットやセーフウェイなどのスーパーマーケット、セブンイレブンなどのコンビニエンスストアなどに2,000ヵ所以上で展開している。

デパートメントストアのコールズではエコーなどアマゾン製品を販売するショップ・イン・ショップ「アマゾン・スマート・ホーム・エクスペリエンス(Amazon Smart Home Experience)」を展開しているが、一部には返品用のリターン・デスクもオープンしている。

トップ画像:アマゾンのピックアップ拠点「アマゾン-ビターレイク(Amazon - Bitter Lake)」。アマゾン本社のあるシアトルの北部に位置し、近くに大学はなく学生街でもない場所だ。  続きを読む
Posted by usretail at 01:28Comments(1)Eコマース
2018年07月28日

【ウォルグリーン】、医療サービスもオムニチャネル!ワンタップでセカンドオピニオン?

180728ファインドケアナウ
■ウォルグリーンは26日、医療サービスのマーケットプレイスとなる「ファインド・ケア・ナウ(Find Care Now)」をアプリ機能に追加したことを発表した。地域の医療サービスの検索を提供することで処方箋販売の市場に参入するアマゾンなど競合に対抗する。

アプリだけでなくネット上で特設サイトにもなっているファインド・ケア・ナウは、症状のフィルタリング機能を通じて利用者近くの様々な医療サービスを的確に提供する。ウォルグリーンでは17の医療機関と提携しており、往信のアポサービスや電話やネットのビデオ通話を使って医者に相談するテレヘルス(遠隔医療サービス)、皮膚科医との医療相談、鬱のようなメンタルヘルスの診察も対応した心理医療セラピスト、セカンドオピニオン・サービスまで提供している。

診療のアポには軽度の症状などを診察する近隣のクリニックなどから緊急を要するアージェントケアまで含まれているという。一部地域では眼や耳などのケアサービスも提供している。フィルタリングは患者の地域から「腹部」「痛みや熱」「耳・鼻・喉」等にあるプルダウンメニューから症状を選んでいくとテレヘルスなど提供されるサービスが示される仕組みだ。

 ウォルグリーンのアプリは5,000万回ダウンロードされ、月間500万人のアクティブユーザーに利用されている。ウォルグリーン・アプリには処方箋のリフィルやチラシ閲覧とeクーポン、画像のプリントアウトなどの機能が盛り込まれている。

 ウォルグリーンでは医療サービスをオムニチャネルで提供することでヘルスケア・プロバイダーとしてだけでなく、ヘルスケア・プラットフォームとして専門的なポジションを得ようとしているのだ。

トップ画像:ウォルグリーン・アプリに追加された医療サービスのマーケットプレイスとなる「ファインド・ケア・ナウ(Find Care Now)」。往信のアポサービスや電話やネットのビデオ通話を使って医者に相談するテレヘルス(遠隔医療サービス)、皮膚科医との医療相談、鬱のようなメンタルヘルスの診察も対応した心理医療、セカンドオピニオン・サービスまで提供している。  続きを読む
Posted by usretail at 01:21Comments(0)アプリ
2018年07月27日

【スマートフォン】、TVに迫る普及率!店アプリが日本の流通関係者に知られない原因?

180727アマゾン・トレージャートラック
■生活の様々な場面で活躍しているスマートフォンがテレビと同じくらいの普及率となっている。全米家電協会(CTA)はスマートフォンが向こう5年程度でテレビの普及率と同じになることを発表した。同協会が2月22日〜3月5日まで2,016人を対象に行った調査ではテレビの普及率は96%だった。スマートフォンが87%の普及率で調査開始から最大となった。

テレビやスマートフォンの次に普及している家電製品はノートブック・コンピューターで72%の世帯普及となっている。テレビにスマートフォン、ノートブックとなる「三大スクリーン(The Three Screens)」製品が、米国のほとんどの家庭を支配していることになる。

今回の調査を担当したリサーチャーは「スマートフォンはコミュニケーションやエンターテイメント、生産性など汎用性の高さの面で急速に普及しており、今後5年でテレビと肩を並べます」と指摘している。

普及が急伸しているのがアマゾン・エコーやグーグル・ホームなどのスマートスピーカーで、ここ1年で3倍となる22%に達している。アップルウォッチなどのスマートウォッチも18%の普及率となっているのだ。

テレビは高画質化・大型化の傾向が続いており、4Kテレビの普及率は31%、60インチ以上の大型テレビは5世帯に1世帯となる19%に浸透している。ストリーミング機器も45%の世帯が所有しており、ネット動画をテレビで楽しむデバイスも拡大している。またドローンが10%、バーチャルリアリティ・ヘッドセットが11%とこちらも普及が進んでいる。

トップ画像:当社のIT&オムニチャネル・ワークショップによるアマゾン・トレジャートラックでのショッピング。移動中のバスの中でスマートフォンを使いトレジャートラックでの買い物を実際に体験してみるのだ。
 
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。スマートフォンが爆発的に普及する中でアメリカ小売業は、その売り方で根本的な変革を迫られています。英語に「versatility(バーサタリティ)」という言葉があります。直訳は「多才」とか「多芸」となり、汎用性の高さを意味しますが、ちょっと意味合いが違うような気がします。スマートフォンは電話やカメラ、ビデオカメラ、ゲーム、コンピューター、メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・書籍等)、カーナビなど様々な役割があり、お財布の機能も含まれるようになっています。スマートフォンのお財布機能を使うには指紋や顔など本人認証があるので、現金やクレジットカードよりも安全です。スマートフォンを失くしてもトラッキングもできます。そういえばエアラインチケットも紙ではなく、航空券の代わりになるQRコードをスマートフォン・アプリにダウンロードして使っています。スマートフォン1台で何役でもこなすことができる「バーサタリティ」なんですね。  続きを読む
2018年07月26日

【アマゾン】、アプリ機能に「ねじ」の検索!パート・ファインダーは地味にスゴい技術?

180726パートファインダー00
■ネット通販最大手のアマゾンはホームインプルーブメントや日曜大工(DIY)市場にも触手を伸ばそうとしているのもしれない。ねじやスクリューを見つけるための新たなイメージ検索機能がアマゾン・アプリに追加したのだ。新機能の「パート・ファインダー(Part Finder)」で、ねじ先や頭、首、軸など形やサイズ、溝の深さがまったく同一のボルトを探すときの手間を軽減する。

使い方はアマゾン・アプリを起動して検索ボックスの隣にあるカメラボタンをタップする。ねじアイコン「パートファインダー」をタップして、ねじ検索機能を立ち上げる。白い背景となるコピー用紙の上に対象となるねじを縦にして置く。また、下に1センチメートルほど離して比較対象用のペニー(1セント硬貨)を設置する。

スマートフォンを真上に構え「スキャニング開始(Start Scan)」をタップすると緑色の十字線がでてくるので、ねじの頭に合わせる。シャッターは自動的に3秒後に切られ、検索をスタートするのだ。続く画面ではねじの種類やねじの頭部形状、頭部頂面に工具で回すための溝や穴の種類(マイナス、プラス、六角穴等)を選ぶと、同一のねじが表示されるのだ。

アマゾンによると、パートファインダーは100種類以上のねじ・留め具を見分けることが可能としている。同技術を開発したのはアマゾンが2016年に買収したアトランタにあるスタートアップのパートピック(Partpic)と見られている。パートピックはビジュアル検索技術で部品を検索・購入するシステムを開発している。なおパートファインダーは現在、iOSのみの対応でアンドロイド版でのリリースは未定となっている。

 ねじの検索ではホームデポ・アプリのツールボックス機能「ナット&ボルト・ファインダー(Nut & Bolt Finder)」が知られている。ナット&ボルト・ファインダーではボルトのギザギザの深さやサイズを下部にあるバーを操作して見つけるためであり、同一のねじを探すためのものではない。

 ねじの商品検索ではコンピュータービジョンを使ったアマゾンのパート・ファインダーが、ホームデポより一歩先んじているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 02:05Comments(0)アプリ
2018年07月25日

【ホールフーズ】、NYにプライムナウ!宅配用保管スペースの拡大から利用者増は必至?

180725プライムナウ@ホールフーズ
■ネット通販最大手のアマゾンは24日、傘下の自然食品チェーン大手ホールフーズ・マーケットから短時間で宅配する「プライムナウ(Prime Now)」の対象地域をニューヨーク市やフロリダ州の一部都市に拡大したことを発表した。

最短1時間で宅配するプライムナウは、年会費119ドル(月額12.99ドル)のプライム会員のみが利用できる有料のサービス。プライムナウでは、1回当たり35ドル以上の買い物をすることで2時間以内の宅配が無料となる。また、手数料7.99ドルを支払えば、1時間以内でのスピード宅配の利用も可能だ。

対象商品はホールフーズが扱うオーガニック等の生鮮品やベーカリー、乳製品、花、日用品などほぼすべての商品。商品価格はホールフーズの店頭価格やセール価格と同じとなっている。プライムナウは、全店で展開しているプライム会員向け値引きプログラムも適用可能となっている。

ホールフーズのプライムナウは、ホールフーズ本社のあるテキサス州オースティンにダラス、バージニア州バージニアビーチ、オハイオ州シンシナティの4つの地域にある店舗で2月から開始、3月には対象地域をカリフォルニア州サンフランシスコとジョージア州アタランタも追加した。4月はロサンゼルスとロサンゼルス郊外のオレンジ郡でも同サービスを開始し、4月末にはコロラド州デンバー、カリフォルニア州サクラメント、サンディエゴも追加、6月にはマサチューセッツ州ボストンやペンシルベニア州フィラデルフィアなどにも拡大した。

今回はローワーマンハッタンやブルックリン、ロングアイランド、さらにフロリダ州フォートローダーデール、マイアミ、パームビーチを追加した。ホールフーズ・プライムナウは現在、24都市で行われている。なおホールフーズは現在、アメリカ国内に467店を展開している。

 宅配サービスで競合しているインスタカートはクローガーやアルバートソンズ、コストコ、アホールド、パブリクス、HEBなど大手食品スーパー8社と契約、ウェグマンズやステーターブラザースなど中堅食品スーパーとの提携も増え中小の食品スーパー200社以上と契約を結んでいる。

4年前に正式提携したホールフーズと関係を打ち切る一方で、プライムナウとの契約を解消したスプラウツ・ファーマーズ・マーケットと手を結んだ。インスタカートは現在、北米市場の230ヵ所の地域で営業し、宅配サービスが成熟した地域では食品マーケットシェア10%に迫ろうとしている。

インスタカートのサービス手数料は注文ごとに宅配料を払う場合、2時間の宅配が5.99ドル(35ドル以上)、1時間宅配が7.99ドル(35ドル以上)。35ドル以下ならそれぞれ4ドルアップだ。年会費149ドル(月額は14.99ドル)を払ってインスタカート・エクスプレス会員になると手数料は無料となる。プライムナウのメリットは2時間宅配が無料となるところだ。一方のインスタカートのメリットは年会費119ドルを払わなくても注文ができ、対象となる食品スーパーもホールフーズ1社だけではないところだ。

ウォルマートがオンデマンド・デリバリーサービスの「ドアダッシュ(DoorDash)」と提携した宅配サービスも拡大中だ。当日宅配には午後1時までに注文する必要があり、注文から宅配まで3〜4時間が必要となる。ウォルマートの宅配サービスは30ドル以上の注文が必要で、手数料も9.95ドルだ。  続きを読む
Posted by usretail at 01:15Comments(0)スーパーマーケット
2018年07月24日

【料理キット】、ファストフードのチックフィレが販売!日曜定休もKFCを凌ぐ人気店?

180724チックフィレ
■47州に約2,300店を展開するチキン・サンドウィッチ・チェーンのチックフィレが23日、店頭で料理キット(ミールキット)のテスト販売を開始することを発表した。同社の強みとなるチキンを生かしたミールキットの投入で新たな成長分野を開拓するのが狙い。

 ミールキットは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。食材を洗ったり皮をむく手間もなく同封レシピに従って調理すれば20分程度で食事を楽しめる。ミールキットはサラダ油や塩など普段使う調味料に包丁やフライパンといった一般家庭にある調理器具で作れるのも特徴だ。

少しだけ手間をかけながらも時短で調理できるミールキットは、惣菜などの出来合いの食品より後ろめたさがないので忙しい主婦に人気になっている。ミールキットは通常、ネット販売によるサブスクリプション販売の形をとっており、3食分(1食二人分)が入ったパッケージなど、まとめて宅配される。

チックフィレのミールキット「ミールタイム・キット(Mealtime Kits)」は著名シェフのスチュアート・トレーシー氏と共同開発。ジョージア州アトランタ地区を中心に150ヵ所のチックフィレで8月27日より販売を開始する。ミールタイム・キットは二人分で15.89ドル。

メニューは抗生物質不使用の鶏肉を使ったチキンパスタやチキンピザなど5種類となっている。30分程度の調理時間となるミールタイム・キットは、レジで終日販売される他、ドライブスルーでも購入可能だ。また同社のモバイルオーダー「チックフィレ・ワン(Chick-Fil-A One)」経由でも注文できる。ミールタイム・キットは11月17日まで続けられ、利用者からのフィードバックから全米に展開するかどうかを決めるという。

 サブスクリプション販売から始まったミールキット市場は成長に伴い、スーパーなど小売店での販売も拡大している。スーパーマーケット最大手のクローガーは今年5月、2013年に創業したミールキットプロバイダーのホームシェフを2億ドルで買収した。クローガーは1年前から自社開発で始めたミールキット「プレップ&ペアド(Prep + Pared)」を傘下のスーパーなど一部の店舗で販売している。独自のノウハウをもつミールキット業者を買収したことで、ミールキット販売を本格的に拡大する。

これより早く、同じく大手スーパーマーケットチェーンのアルバートソンズが昨年9月、ミールキット業者プレーテッド(Plated)を約2億ドルで買収。傘下のセーフウェイなどを含め2,000店以上にミールキット販売を拡大中だ。大手ミールキット業者と共同で店頭販売を始めているチェーンもある。アメリカ北東部にジャイアント・フードやストップ&ショップを展開するアホールド・デレーズでは、ミールキット業界大手のハローフレッシュ(Hello Fresh)と提携し、600店近くに展開する傘下のスーパーで販売。

コストコでは一部店舗でブルーエプロンのミールキット販売に乗り出しており、中西部の食品スーパーのハイヴィーは自社開発したハイヴィー・ミールタイム・キットも販売している。自社開発ミールキットではクローガーのプレップ&ペアドの他、パブリクスのエプロンズ・ミールキット、HEBのHEBミール・シンプルがあり、アマゾンも自社のミールキットを持っている。

 一方、混戦による業界再編で破綻した業者もでてきている。スーパーマーケットチェーンやドラッグストアでも販売していた料理キット(ミールキット)プロバイダーのシェフド(Chef'd)が17日、事業を停止することを発表。販路の急拡大で費用がかさみ、運転資金が枯渇した。

 外食チェーン大手の参入で混戦しているミールキット市場の業界再編がさらに進みそうだ。  続きを読む
2018年07月23日

【ウォルマート】、新学期を前に新アプリ機能!実技が増えるとコンサルティングは大変?

180723ウォルマート・アプリ機能
■アメリカでは9月から新学期。アメリカ小売業にとって新学期商戦(バック・ツー・スクール:Back to School)はクリスマス商戦に次ぐ繁忙期となる。大手チェーンストアの中には早いところで7月4日の独立記念日前に新学期商戦のディスプレイが完了するところもある。

新学期商戦中、「スクールサプライ・リスト(School Supply List)」を持って買い物をするお客を多く見かける。スクールサプライ・リストはノートや鉛筆、ハサミなど新学期に必要な備品や文具の目録だ。夏休みの時期に先生や学校から配布されるリストには、文具の他にティッシュペーパーやウェットティッシュ、ジップロッグバッグなどの雑貨も含まれている。

ウォルマートでは6年前、新学期前に必要な文具品リストを共有できるサイト「クラスルーム・バイ・ウォルマート(Classrooms by Walmart)」を開設した。クラスルーム・バイ・ウォルマートは、先生が文具リストを事前に登録しておくことで、保護者もそのリストを共有できるサービスだった。リストをプリントアウトし、買い物時に利用できたり、リストから直接オンライン購入も可能となっていたのだ。数年前からはクラスルーム・バイ・ウォルマートを「ティーチャーズ・リスト(TeacherLists)」に名称を改めていた。

ウォルマートは今年からティーチャーズ・リストをアプリ機能「スクール・サプライ・リスト(School Supply List)」として導入した。使い方はアプリを起動後にスクール・サプライ・リストを開き、住所やジップコード(郵便番号)から学校を特定し、先生がアップしたリストを見つけるのだ。スクール・サプライ・リストはネットショッピング用の「ウォルマート・コム(Walmart.com)」と店での買い物用「アット・ユア・ストア(At Your Store)」の二つのタブで分けられている。リストにある一部をネットで購入し、残りは店で買い物ができるように備忘録リストとして残すことも可能なのだ。

 買い物に便利なツールとなるウォルマートのアプリ機能はここ数年で大幅に拡充している。競合店との価格差をキャッシュバックする「セービング・キャッチャー(Savings Catcher)」やスマートフォンとレジを同期することで即座に決済できるモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」、毎日の買い物からクリスマスや新年会、誕生日会など特別な買い物用に備忘録としてリストを残すことができる「買い物リスト(Lists)」、いつも購入する商品は再注文してピックアップだけにする「リオーダー(Reorder)」、処方箋のリフィル等が簡単な「モバイル・エクスプレス・ファーマシー」や、レジと同期することで振込先などの入力を省いた「モバイル・エクスプレス・マネー」、さらに返品時間を短縮する「モバイル・エクスプレス・リターン」などある。

 ウォルマートは便利なショッピングツールとなるアプリ機能を増やすことでさらにシームレスな買い物を提供しようとしているのだ。

トップ画像:ウォルマート・アプリのアプリ機能。ウォルマートは新たにアプリ機能「スクール・サプライ・リスト(School Supply List)」を加えた。アプリ機能が増えるたびにコンサルティングも大変になる?  続きを読む
Posted by usretail at 01:26Comments(0)アプリ
2018年07月22日

【アマゾン】、ECシェア50%!オンライン食品でベストセラーになっている意外な商品?

180722ボトルウォーター@ダッシュボタン
■Eコマース分析を手掛ける調査会社eマーケッター(eMarketer)は、ネット通販最大手のアマゾンがアメリカのEコマースにおいて49.1%のマーケットシェアを占めていると発表した。1年前のECシェアは43%だった。また同調査会社の推計では、小売全体でもアマゾンが5%のシェアを誇るとしている。eマーケッターではアマゾンの国内EC売上が2,582.2億ドルと試算しており、前年から29.2%の増加となった。

アマゾンはECで50%近くの圧倒的シェアとなる一方、EC企業やチェーンストアなどは一桁台のシェアとなっている。ECシェア2位となったのはオンライン・マーケットプレイスのイーベイ(eBay)の6.6%。3位はアップルの3.9%となっており、4位にチェーンストア最大手のウォルマート(3.7%)となる。5位以降は1%台のシェアでホームデポの1.5%、6位にベストバイの1.3%、7位にテレビショッピングのQVC(1.2%)、8位にメーシーズ(1.2%)、9位コストコ(1.2%)、10位には1.1%となったホームファッションECのウェイフェア(Wayfair)が続ている。

アマゾンのダントツなシェアを支えているのがアマゾン・マーケットプレイス。アマゾン本体の売上が全体の32%に対してマーケットプレイスは2倍となる68%となっている。プライム会員などを中心にアマゾン利用者が増えれば増えるほど、より多くのマーケットプレイスのサードパーティ(出品者)をひきつけることになり、好循環を生み出しているのだ。

商品カテゴリー別では家電やITが全体の4分の1を占めトップ、次にアパレルとアクセサリー、3位のカテゴリーは健康・パーソナルケア・ビューティ、4位に食品・飲料となっている。

 アマゾンはホールフーズを買収し統合を進めているが、アマゾンは食品でもシェアを高め存在感を強めている。調査会社ワン・クリック・リテール(One Click Retail)によると、アマゾンの食品EC売上は第2四半期、前年同期から40%以上の増加となる6.5億ドルだった。ワン・クリック・リテールの試算ではアマゾンの食品ECシェアが18%にもなっているのだ。

意外にも食品EC売上を支えているのがコーヒーやボトルウォーター、エナジードリンクなどの飲料品。コーヒー売上が突出しているばかりか成長率も40%以上となっている。第2四半期だけでもコーヒー売上は1.35億ドルとなり、1杯分のコーヒーを最適な挽き具合でカプセルにしたコーヒーポッドが特に人気だ。ワン・クリック・リテールではベストセラー食品トップ10品のうち7品がコーヒーポッドと報告している。

ボトルウォーターも利便性によりアマゾンで購入される人気商品となっているのだ。

 今のところアマゾンの台頭を止めるものはなく、今後もアマゾンは存在感を増し人々のライフスタイルに大きな影響を与えそうだ。

トップ画像:アマゾン・スマートホームのパントリーにあったボトルウォーターとアマゾン・ダッシュボタン。コーヒーやボトルウォーター、レッドブルなどのエナジードリンクは一度、アマゾンで購入する習慣がついてしまうと食品スーパー等で購入しなくなるのだ。こうして食品ECでもアマゾンのシェアが高まっていく。  続きを読む
Posted by usretail at 01:04Comments(0)Eコマース
2018年07月21日

【マクドナルド】、金曜はマックのポテトが無料!火曜と木曜はドリンク0円キャンペーン?

180721マックのポテト無料
■マクドナルドはモバイルオーダー&ペイ販促としてフライドポテトが毎週金曜日に無料となるキャンペーンを始めた。毎週火曜日と木曜日ではドリンクが無料となる。キャンペーンはスマートフォン・アプリ経由で1ドル以上を注文することが条件。12月30日まで続ける。コーヒーなどのマックカフェを5つ購入すると1つが無料となるなどのキャンペーンも行っている。

モバイルオーダー&ペイはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。

マクドナルドではモバイルオーダー&ペイを2万店で展開しており、受け取りとなるカーブサイド・ピックアップも行っている。マクドナルドのカーブサイド・ピックアップは、すでに導入しているウォルマートやスーパー最大手のクローガーなどのようにネットで注文して店の専用駐車スペースで注文品を受け取るサービス。車から降りることなく商品を受け取れるので、子供をもつ母親や足の悪い高齢者などに人気となっている。マクドナルドのカーブサイド・ピックアップもアプリ経由で注文した商品を指定されたパーキングで受け取ることになる。マイクに向かって体を車外へ出して注文するドライブスルーと違い、カーブサイドは商品を受け取る以外に車窓を開ける必要もないため天候に影響を受けない。

マクドナルドはまたモバイルオーダー&ペイでデリバリーも多くの店舗で始めている。デリバリーはドアダッシュ(doordash)やウーバーイーツ(UberEats)など、レストランの食事を自宅まで届けるフードデリバリー業者と提携した出前サービス。利用者のスマートフォン経由で注文したビッグマック等をフードデリバリー業者がカーブサイド・ピックアップのパーキングで受け取り、出前を行うのだ。

 調査会社NPDグループによるとモバイルオーダーによる注文件数が昨年、50%も急増した。2020年までにファストフード店の注文の10.7%がモバイルオーダーによる事前注文との試算もある。

 外食チェーンの巨人が本格的にモバイルオーダー販促のキャンペーンを開始したことで外食ばかりか小売にも影響を与える。

トップ画像:マクドナルドのモバイルオーダー&ペイのディール(お得)ページ。金曜日にメニューをみると「フリー・フライズ・フライデー(FREE Fries Friday)」が現れる。モバイルオーダーで1ドル以上を注文すればMサイズのマックフライポテト(2.49ドル)が無料となるキャンペーンを行っているのだ。12月30日まで「今日期限切れとなるオファー(Offer expires today)」で毎週金曜日のモバイルオーダー&ペイのキャンペーンだ。  続きを読む
Posted by usretail at 01:26Comments(0)アプリ
2018年07月20日

【料理キット】、シェフド破綻!模範教師にはない反面教師に共通する行動パターンとは?

180720シェフド@ゲルソンズ
■料理キット(ミールキット)プロバイダーのシェフド(Chef'd)が17日夜、事業を停止することを発表した。小売店での販売が急拡大したことで廃棄などの費用がかさみ、運転資金が枯渇した。シェフドはネットによるサブスクリプション展開だけでなく、スーパーマーケットやドラッグストアなど大手チェーンストアにも卸し事業を拡大していた。同社は16日、350人以上の社員にレイオフの告知を行っており、翌日には納入業者にも運営停止を伝えたと報じられている。

ミールキットとは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。食材を洗ったり皮をむく手間もなく同封レシピに従って調理すれば20分程度で食事を楽しめる。少しだけ手間をかけながらも時短で調理できるミールキットは、惣菜などの出来合いの食品より後ろめたさがないので忙しい主婦に人気になっている。ミールキットは通常、ネット販売によるサブスクリプション販売の形をとっており、3食分(1食二人分)が入ったパッケージなど、まとめて宅配される。

2015年創業のシェフドはニューヨークタイムズ紙の「NYTクッキング(NYT Cooking)」と提携し、レシピ検索サービスからミールキットをオンラインで注文できるサービスを始めた。またセレブリティシェフのウルフギャング・パック氏が考案したミールキット等、セレブリティシリーズのミールキットも提供していた。昨年8月にはロサンゼルスで展開する高級スーパーのゲルソンズと提携し、同店でのミールキット販売をスタート。

最近ではコストコやクローガー傘下のハリスティーター、中西部のハイヴィーなどでも販売しており、先月にはニューヨーク・マンハッタンなどのウォルグリーンや傘下のデュアンリードの30店舗での展開を発表した。オフィス内などでスマート自販機を展開するバイト・フーズ(Byte Foods)とも提携していた。ロサンゼルスに本部があるシェフドは2017年5月、キャンベルスープから1,000万ドルの出資を得ており、小売店への展開で提携した精肉卸のスミスフィールドからも昨年8月、2,500万ドルの資金を受けていた。

 一方で、ミールキット市場に本格的に乗り出すスーパーマーケットが後を絶たない。スーパーマーケット最大手のクローガーは5月、2013年に創業したホームシェフの2億ドルで買収。クローガーは1年前から自社開発で始めたミールキット「プレップ&ペアド(Prep + Pared)」を傘下のスーパーなど一部の店舗で販売している。独自ノウハウをもつミールキット業者を買収したことでミールキットの販売拡大を目指す。

アルバートソンズは昨年9月、ミールキット業者プレーテッド(Plated)を約2億ドルで買収し、セーフウェイなど傘下のスーパーを含め2,000店以上に拡大している。買収までいかなくとも大手ミールキット業者と提携して店頭販売するチェーンもある。

アメリカ北東部にジャイアント・フードやストップ&ショップを展開するアホールド・デレーズでは、ミールキット業界大手のハローフレッシュ(Hello Fresh)と提携し、600店近くに展開する傘下のスーパーで販売している。コストコは一部店舗でブルーエプロンのミールキット販売に乗り出しており、シェフドを販売していたハイヴィーは自社開発したハイヴィー・ミールタイム・キットも販売中だ。

自社開発ミールキットではクローガーのプレップ&ペアドの他、パブリクスのエプロンズ・ミールキット、HEBのHEBミール・シンプルがあり、アマゾンも自社のミールキットを持っている。
 相次ぐ新規参入者やセレブの起業、大手スーパーによる買収などで成長ステージから曲がり角になり、ミールキット市場は業界再編も拡大しつつあるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。アメリカ小売業・流通業は成功事例と失敗事例の宝庫です。莫大なお金を使って我々に様々な事例を見せてくれるわけですから、こんなにありがたい市場はありません。成功事例から素直に学んで自分のビジネスに応用すればいいだけです。失敗事例からも多くの教訓を学べます。当社では視察をコンサルティングセミナーと呼んでいます。MBAのように実践事例から学んで事業に直接役立てるための勉強会です。視察参加者のMBAホルダーから「後藤先生のコンサルティングセミナーはMBAみたいですね」と言われることもあります。小売業・流通業に絞りながら最新且つ生きた事例で学習していくからです。昔のコンサルタントのように上から目線ではなく、ナマの事例が気づいてもらう仕組みとなっています。成功・失敗事例を擬人化すれば模範教師と反面教師です。模範教師は様々ですが、反面教師は突き詰めてみると同じ原因で失敗しています。分かりますか?  続きを読む
Posted by usretail at 01:22Comments(0)スーパーマーケット
2018年07月19日

【プライムデー】、さらっと記録更新!「買っときゃよかった」と思ったベストセラー品?

IMG_6362
■ネット通販最大手のアマゾンは18日、プライム会員向けの「プライムデー」が同社史上、最大規模のセールイベントとなったことを発表した。年に一度の大規模時限セールは16日から36時間、米国や日本を含む世界17ヶ国で開催された。

アマゾンによると、昨年より6時間延長され、4ヶ国が新たに加わったプライムデーで、1億以上の商品が購入された。売上高はサイバーマンデーやブラックフライデー、プライムデーを超えたとしている。プライムデーを開始した16日、世界で1日の加入者数がこれまでで最大となった。

なおアマゾンは売上高や各国の売上高、プライム会員数、新規会員数などの詳細を発表していない。

世界でベストセラーとなった商品は、映画やビデオなどの動画配信サービスを楽しめるデバイス「ファイアTVスティック(Fire TV Stick)」とスマートスピーカーで入門機の「エコードット(Echo Dot)」。ファイアTVは世界で数百万個購入された。スマートスピーカーではスクリーン付きの「エコーショー(Echo Show)」と「エコースポット(Echo Spot)」、キッズ用の「エコードット・キッズエディション(Echo Dot Kids Edition)」の販売がこれまでで最大となった。キッズ向けのアマゾン製品ではタブレットの「ファイアタブレット7インチ・キッズエディション(Fire 7 Kids Edition)」「ファイアタブレットHD8インチ・キッズディション(Fire HD 8 Kids Edition)」も最大となった。また商品カテゴリーでは玩具やビューティ、パソコンとアクセサリー、アパレル、キッチン用品がそれぞれ500万アイテム以上が販売された。

 アメリカ国内でベストセラーとなったのは、通常399.99ドルを289.99ドルにディスカウントした「東芝50インチ4KスマートTV(Toshiba 4K Ultra HD Fire TV Edition 50-inch)」と、329.99ドルを249.99ドルに値引きした「東芝43インチ4KスマートTV(Toshiba 4K Ultra HD Fire TV Edition 43-inch)」で同社史上、テレビ販売では最大規模となった。

国内では17日、スマートホーム機器が100万以上も購入され最大となったとしている。特に119.99ドルから60ドル引き(50%オフ)となった「クラウドカム(Amazon Cloud Cam)」がセキュリティカメラで最大の売上だ。

他にも99.95ドルが58.99ドルとなった多機能電気圧力なべ「インスタントポット6クォート 7-in-1(Instant Pot 6 Qt 7-in-1)」が30万個以上販売、60%オフで9.99ドルとなった携帯用浄水器の「ライフストロー・パーソナル・ウォーター・フィルタ(LifeStraw Personal Water Filters)」が15万個以上売れ、139.99ドルが99.99ドルになった遺伝子検査キット「23&ミーDNAテスト(23 and Me DNA Test)」もベストセラーとなった。アメリカではプライムデー開始直後、システム障害でウェブサイトへのアクセスができない状況が発生した。

 日本では、1,471円が998円となった「【大容量】トップ スーパーナノックス 洗濯洗剤 液体 詰め替え 超特大1300g」と、3,290円となった「明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g」がベストセラーとなった。  続きを読む
Posted by usretail at 01:39Comments(0)Eコマース