2020年02月23日

【米国流通視察】、キャッシュレス化などITを学ぶのならスキン・イン・ザ・ゲーム!?

200223セルフレジ@クローガー傘下スーパー
■経済産業省の「キャッシュレス・ビジョン」では2025年までにキャッシュレス決済を40%を目標としており、さらに長期的には80%を目指している。日本もキャッシュレス化がどんどん進んで行くのだ。日本の流通ビジネスマンが流通では世界最先端となるアメリカに視察する機会は少なくない。

キャッシュレス大国のアメリカでは日本の将来を知る上でも重要な指針となる国なのだ。

一方で旧態依然の考えで流通視察を進めている企業が多い。売り場だけ見て回るという視察だ。アメリカの流通で起きているのは破壊的イノベーションだ。店や売り場を変えていく持続的イノベーションではない。

流通に破壊的イノベーションが起こっていることでイノベーションに乗り遅れたチェーンストアが破綻したり大量閉店に追い込まれているのだ。

音楽の聞き方が半世紀で大きく変化したように買い物の仕方も今後大きく変化していくのだ。

50年前まで音楽は再生装置となるステレオの前で聴くものだった。記録媒体もレコードやカセットで大きくかさばった。記録媒体はデジタル化されサブスクリプションで音楽を所有する必要もない。レコード屋などに出向き視聴する必要はなく、気軽にYouTubeで確認できる。

似たようなことが買い物の仕方にも起こっている。買い物は売り場に行く必要もなくスマートフォン・アプリを介して手のひらで買い物ができてしまう。注文品は早ければ1時間で届けられ、受け取りも自宅やお店、さらに指定した場所で受け取れる。

支払いもスマートフォン・アプリ上で行え、店での買い物でもアプリ決済が可能だ。サブスクリプション・モデルでアパレルは所有する必要もない。

音楽の鑑賞にはステレオの前に居続ける必要があったが、そこから解放されたように、売り場で買い物する必要もなくなってきている。

 陳腐な流通視察は相変わらず売り場を見て回る。しかも大型バスによる大人数での視察だ。買い物でもカスタマイゼーションがすすんでいるにもかかわらず売り場を中心にした見学会になる。

スマートスピーカーで好きな音楽を聞いている現代にステレオ装置を見て回るようなものだ。日本でキャッシュレス化が進むことが明らかなのに、アメリカの最新キャッシュレス事情を見聞しようともしない。

今は顕在化されていない破壊的イノベーションが日本でも起こる。売り場を主体としたチェーンストアのビジネスモデルが崩壊するときがくる。

変わろうとしない考えでは将来に備えることはできないのだ。

トップ画像:クローガー系列のスーパーでフィンテックで買い物するIT&オムニチャネル参加者。大人数ではレジでスーパーのキャッシュレス対応を確認できない。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。旅行社や業界団体、専門誌、コンサルティング企業が主催する米国流通視察には募集人数と最少催行人数が提示されています。募集人数45人に対して最少催行人数は25人とか、募集人員30名に対して最少催行人数が15名だったりします。最少催行人数はいわゆる損益分岐点のちょい上あたりでしょうか。募集で最少人数が下回れば視察がキャンセルになったりします。営利目的なのでこれは仕方がありません。ただ米国流通の最先端ITを勉強したい人は、少数人数で行わなければなりません。マストです。破壊的イノベーションを勉強するのに、自分たちは変わらず、今まで通りの流通視察はありません。他者と同じような勉強会をすれば他者と同じ結果しか得られません。多くの流通視察がコモディティ化が進んだことで、価値さえ作らず、同じようなものに成り下がっているのです。チャレンジと言う言葉は好きなのに、チャレンジしていない状態に陥るのです。  続きを読む
2020年02月22日

【アマゾン】、食品スーパーはデマティック製MFCにAI!MFC導入スーパーが急増?

200222食品スーパー@アマゾン
■ロサンゼルス郊外ウッドランド・ヒルズ地区にアマゾンのスーパーマーケットがまもなくオープンする。ニュースサイトのブルームバーグは先日、同スーパーマーケットの店内画像を公開した。

一方、別のニュースサイトは19日、このスーパーに小型ロボット物流のマイクロ・フルフィルメントセンター(Micro-Fulfillment Center:MFC)が導入されると報じた。ロサンゼルス市当局に提出されたアルコール販売申請でフロアプランより明らかになった。

 カーブサイド・ピックアップや宅配に対応するMFCはスーパーマーケット店内もしくは店に併設する形で設置され、一般的な広さは1万平方フィート(約300坪)となる。

MFCは1.5万〜1.8万アイテムを扱い、60アイテムの注文ではピッキングから袋詰めまで5分程度となる。着工から4ヶ月程度で稼働でき、工事費は300万ドル前後。

南フロリダで34店舗を展開するセダノス・スーパーマーケット(Sedano's Supermarket)は昨年2月、ベンチャー企業のテイクオフ(Takeoff Technologies)のMFCを導入し稼働させている事例がある。

テイクオフはアルバートソンズやセダノス、アホールド・デレーズ、ショップライトを展開するウェイクファーンとも提携しており、多くのスーパーで店内MFCの稼働が期待されているのだ。

ウォルマートもロボット物流企業のアラート・イノベーション(Alert Innovation)と提携し、ニューハンプシャー州セイラム地区のスーパーセンターを2万平方フィート(約560坪)増床しMFCをテスト稼働中だ。

ウォルマートはオクラホマ州マスタングとカリフォルニア州バーバンクにあるスーパーセンターで2万平方フィートより小型となるMFCを来年にも導入する計画を発表している。

本社をイスラエルのテルアビブからニューヨークに移したMFC開発のファブリック(Fabric:以前の会社名はCommonsense Robotics)は提携先スーパーを明かしていないが、今年中に最大6ヶ所のMFCをローンチする。

ファブリックが全米小売業協会(NRF)主催の「NRFリテール・ビッグ・ショー(NRF Retail's Big Show)」で明らかにしたところによると、その中にはニューヨーク市ブルックリンとクィーンズの2ヶ所も含まれる。

 シティバンクやオフィスデポ、AT&Tストアが入居するショッピングセンター「トパンガ・ビレッジ・プラザ(Topanga Village Plaza)」にあるアマゾンのスーパー(6245 Topanga Canyon Blvd Woodland Hills, CA 91367)に導入されるMFCは7,200平方フィート(200坪)。

周辺温度と同じMFCは、店舗面積となる33,574平方フィート(約940坪)の20%程度の広さ。ュースサイトが報じたところによるとMFC開発のデマティク(Dematic)と提携したロボット物流となるのだ。

青果や精肉などの生鮮品や乳製品、デリなどのプリペアドフードはスタッフにより売り場でのマニュアル・ピッキングになるという。比較的に一般的ではない商品もマニュアル・ピッキングとなり、限定的なMFC展開となりそうだ。

ただ人工知能(AI)による予測分析から品揃えは最適化もしていく。

 アマゾンでは同食品スーパーでレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」の「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」システムを導入しないと言及している。

また一般的な食品スーパーと同様、フルサービスやセルフサービスのレジが設置されるようだ。商品価格はデジタル表示となる電子棚札を使用する。

 アマゾンの食品スーパーではお客はMFCを確認できない。AIの活用も具体的に明らかにされていないため競合店からみて同食品スーパーは羊の皮をかぶった狼のようになるようだ。  続きを読む
Posted by usretail at 02:07Comments(0)スーパーマーケット
2020年02月21日

【働きがいのある企業100社】、ウェグマンズは3位!マンハッタンはヒルトンに泊まれ?

200221ウェグマンズ
■経済誌のフォーチュン誌は18日、今年で23回目となる「最も働きがいのあるベスト企業100(100 Best Companies To Work For)」を発表した。

同ランキングは、フォーチュン誌と働き方に関する研究機関「Great Place to Work Institute」が連携し、米国企業(従業員数1,000人以上で創業7年以上)の従業員を対象にした仕事に対する満足度、給与、福利厚生制度のアンケートの他、今年から「価値(Values)」や「イノベーション(Innovation)」「成長性(Financial Growth)」「リーダーシップ(Leadership Effectiveness)」「人材能力の最大化(Maximizing Human Potential)」「信頼(Trust)」などの要素を加味して、企業を格付けしている。

一昨年からアップデートされた基準により今年のランキングも一部で大きな変動が起こっている。

 小売業界でトップになったのはスーパーマーケットのウェグマンズ。ウェグマンズは3年前、「最も働きがいのあるベスト企業100社」に20年間連続して選ばれた企業に贈られる「働きがいのあるレジェンド企業(Great Place to Work Legends)」となった。

ニューヨークを中心に7州に101店舗を展開するウェグマンズは前年の3位から変わらない順位でホワイト企業の地位を不動にしている。ウェグマンズは毎年、従業員研修に5,000万ドル(約53億円)を投資しており、従業員の学費も負担する数少ないスーパーとしても知られている。

ウェグマンズと同様、労働力の割合が大きい労働集約型サービス産業である食品スーパーのパブリクスは今年、39位と昨年の12位から順位をおとした。パブリクスも学費負担から従業員株式購入制度、さらには英語を母国語としていない従業員が第二言語として英語を学ぶESL授業も提供している。一方でパブリクスはエイジダイバーシティ(年齢の多様性)で卓越しており、4人に一人が50歳以上であり、90歳以上のスタッフも少なくない(昨年のデータより)。

食品スーパーでは15店舗展開と小規模ながらもこれまで上位につけていたナゲットマーケットは今年は79位となった。北カリフォルニアで展開するナゲットマーケットは家族経営であり、創業から94年間に一度もレイオフを行っていないと自負している。

残念な結果となっている小売企業はコンテナストア。コンテナストアは3年前の30位から一昨年は93位と落ち込み、昨年から圏外となってしまった。コンテナストアは一昨年まで19年間連続して選出されており、昨年が100位以内ならレジェント企業となっていた。

また、一昨年55位だったビルトア・ア・ベア・ワークショップや同じく一昨年88位だったノードストロームも昨年から漏れている。3年前まで常連だったホールフーズ・マーケットやクイックトリップ、イケアは今年も入っていない。

従業員幸福度を世界トップレベルに引き上げた靴のオンラインストアのザッポスは今年も選ばれなかった。ザッポスは2011年に6位、2012年に11位、2013年は31位、2014年は38位、2015年は86位となり2016年以降はランク外となっている。

ザッポスは2014年、組織全体に権威と意思決定を公平に広げる「ホラクラシー(Holacracy)」に移行した。従業員が働きやすくするため階層構造や上下関係を失くしたものの、なじめないことを理由に皮肉にも従業員満足度が下がっているのだ。

 その他、ランキングに選ばれた小売企業にはカーマックス(20位)やREI(60位)、シーツ(80位)、カスタムメイド・アパレル販売のカスタム・インク(92位)がある。

<2020年トップ10企業>
1 ヒルトン(Hilton)
2 アルティメイトソフトウェア(Ultimate Software)
3 ウェッグマンズ(Wegmans Food Market)
4 シスコ(Cisco)
5 ワークデー(Workday)
6 セールスフォース(Salesforce)
7 エドワードジョーンズ(Edward Jones)
8 ストライカー(Stryker)
9 アメリカン・エクスプレス(American Express)
10 キンプトン・ホテル&レストラン(Kimpton Hotels & Restaurants)

<小売企業のランキング>(カッコ内は前年順位)
3 ウェグマンズ(3)
20 カーマックス(33)
39 パブリクス(12)
60 REI(46)
79 ナゲット・マーケット(81)
80 シーツ(85)
92 カスタム・インク(86)

トップ画像:「最も働きがいのあるベスト企業100社(100 Best Companies To Work For)」に20年連続して入ったレジェンド企業のウェグマンズ。

2020年のランキング  続きを読む
Posted by usretail at 01:55Comments(0)
2020年02月20日

【ターゲット】、買い物に便利なサークル・ニア・ユー!売り場はアプリ禁断領域でない?

200220ターゲット・サークル・ニア・ユー
■大手チェーンストアはリアル店舗での買い物に使い勝手の良いアプリを開発することに余念がない。

最近の傾向ではGPS位置情報により利用者が店に行くと画面がその店の情報をより簡単に得られるストアモードを搭載するようになっている。

ストアモードではその店舗で提供している各種サービスから営業時間などの店舗情報、リアルタイム混雑状況、店内マップ、店内にある商品のプライスチェッカー機能が使える。これによりトイレの場所やカスタマーサービスの場所、値段のわからない商品をスタッフに尋ねる必要がなくなる。

例えばウォルマートに行くとウォルマート・アプリが「ストア・アシスタント(Store Assistant)」のストアモードに切り替わり、ニューヨークの五番街にあるナイキの旗艦店に行くとリテール・モードになるのだ。

最近ではターゲットも「ストア・タブ(Store Tab)」というストアモードをアップデートし操作性を向上している。

ターゲット・アプリは操作性に優れているだけではない。便利でお得な買い物ができるようにユニークな機能が加えられている。

特にクーポン機能となるサークル・オファーズ(旧名はカートウィール)は秀逸だ。サークル・オファーズ(Circle Offers)はターゲットが提供する500〜700アイテムのディスカウントを値引きする機能。

値引き対象となる多くの商品が「アップ&アップ(Up & Up)」や食品の新プライベートブランド「グッド&ギャザー(Good & Gather)」などターゲットのプライベートブランド(PB)商品で、多くが5%〜10%の値引きとなっている。

値引き期間も短いものでは「当日1日のみ」から、最大1ヶ月以上にも及ぶ長期間のものもある。利用者は購入したい商品をタップしてリストに加え、購入時にお店のレジでバーコード(スマートフォンもしくはプリントアウトで提示)をスキャンし値引きを受ける仕組みとなる。

サークル・オファーズは期限内であれば同一商品の値引きを何度も受けられることも人気の秘密となっている。

 サークル・オファーズは店内で対象品をストアマップで見つけやすいようにする「ターゲット・サークル・ニア・ユー(Target Circle Near You)」機能がある。

使い方は店内でターゲット・アプリを起動するとGPS機能から自動的にストア・モードになる。ホームページにあるターゲット・サークル・ニア・ユーから開くとストアマップが表示されるのだ。

ターゲットのストアマップ上では利用者が青い丸点となって現在の居場所がわかるようになっている。利用者の周囲にはサークル・オファーズの値引き商品が緑色のマークとなってストアマップ上で示されるのだ。

ストアマップの下には対象商品の画像と商品名、アイル(売り場の通路)番号が記されており、さらに見つけやすいようになっているのだ。

利用者が動いてもマップ上のサークル・オファーズ商品は動かず表示されたままとなっているため見つけやすい工夫もされている。リフレッシュ・ボタンをタップしない限り、サークル・オファーズ商品が新たに表示されないのだ。

 ターゲット・アプリには5%オフとなるレッドカード決済機能の「ウォレット(Wallet)」や簡単返品となるeレシート「店舗での購入履歴(Store Purchase History)」、履歴からすぐに再注文できる「再購入品(Buy It Again)」など便利な機能が満載となっている。

ターゲットは競合ウォルマートに対してオムニチャネルショッピングで遅れを取っているものの、ストアアプリではキャッチアップしているのだ。5G時代となれば大手チェーンストアはストアモード以上に便利な機能が追加されていくのだ。

トップ画像:ターゲット・アプリのターゲット・サークル・ニア・ユー。ターゲットのストアマップ上で利用者の位置が青い丸点となり、周囲にサークル・オファーズの値引き商品が緑色のマークで表示されている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。音楽の聞き方が過去50年で多様化したように、買い物の仕方も多様化するというのが当ブログの主張。再生装置の前に居なければならなかった聞き方がウォークマンで解放され、音源のデジタル化で物理的な質量から解放され、スマートスピーカーで身体を動かして操作するフィジカルな動きからも解放されています。結果的に個々のライフスタイルに沿ったパーソナルな聞き方に進化しています。これと全く同じ軌跡を辿らないものの買い物の仕方もパーソナライゼーションしていくのです。進化の副産物として現在、チェーンストア理論の崩壊による大量閉店を招いているのですね。音楽の聞き方では今でも再生装置の前に鎮座して鑑賞する聞き方があります。音質等を最大限に高め、利用者体験が最適化されているためです。売り場での買い物も最高に能率的に活用できていなければなりません。見方を変えれば売り場での買い物をオプティマイズしていないため、客離れが起きているのです。  続きを読む
2020年02月19日

【ウォルマート】、週客数1.4億人で既存店1.9%増の衝撃!単純化せずファクトフルネス?

200219カーブサイド・ピックアップ@ウォルマート
■ウォルマートが18日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算は、年末商戦が6日間少なかったことで期待されていたほど売上が伸びなかった。

会員費等を含む総売上高は2.1%蔵となる1,416.7億ドル。純利益は前年同期から12.3%の増加となる41.4億ドルだった。

 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高は922.7億ドルと前年同期比1.9%の増加だった。

ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は1.9%の増加となった。流行するインフルエンザで薬の売上が伸びブランド薬のインフレもありヘルス&ウエルネスカテゴリーが牽引した。また食料品も好調を維持し後押しした。

これにより2014年8月〜10月期から22四半期連続で前年を上回っている。内訳は客数が21四半期連続となる1.0%の増加で、客単価は0.9%の増加。

ただ11月第4木曜日の感謝祭から12月24日までが前年に比べて6日間少なかったことで前年同期の既存店ベース4.2%増から勢いが落ちた。

Eコマースはカーブサイドピックアップや宅配の対象店舗が増えたことも寄与し売上高が前年同期比35%増だった。

 サムズクラブの既存店ベース(ガソリン販売は除外)は0.8%の増加にとどまった。客単価は3.5%の減少となったものの、客数は4.3%の増加で支えた形だ。サムズクラブの既存店ベースのプラスは16四半期連続となっている。ボピスとなるクラブピックアップを含むサムズクラブのECも33%の増加となった。

 通年では総売上高は5,240億ドル(会員費等含む)となり、前年から1.9%の増加となった。純利益は前年から123.1%増加し149億ドルとなった。

ウォルマート第4四半期(11月〜1月期)
総売上・前年同期比:2.1%増
純利益・前年同期比:12.3%増
既存店・売上高前年同期比:1.9%増(ウォルマートUS)
ウォルマート店舗数(19年10月31日)
 アメリカ国内店舗数:5,358店
  スーパーセンター:3,570店
  ネイバーフッドマーケット:688店
  ディスカウントストア:378店
  小型店など:123店
  サムズクラブ:599店

 海外店:6,080店

 総店舗数:11,438店

トップ画像:ウォルマートのカーブサイド・ピックアップ。生鮮食品のカーブサイド・ピックアップと宅配サービスの拡大も売上増に起因している。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。「小売業全体の売上高にEコマース売上が占める割合はおよそ10〜15%におさまる。したがってEC革命といってもその程度でしかない」という意見があります。さらにいえば「リアル店舗には85%も売上があるからECに投資するより、売り場をもっと工夫して売上をあげよう」という見方です。日本でも、世界を正しく見る、誰もが身につけておくべきスキルを解説した書籍「ファクトフルネス」が大ベストセラーになっています。多くの知識人が同書を読んでいるにもかかわらず、とんでもない勘違いをしているといえます。「小売売上全体に占めるEコマース売上」という極めて狭く、断片的な情報をもとに単純化しすぎているのです。最も愚かな勘違いは「Eコマース売上が占める割合は所詮10〜15%だからリアル店舗での売上はその程度の減少」と漠然と考えていることです。頭の良い人でも現場に行って五感を使ってよーく確認していないから、机上の空論に陥ってしまう典型例ですね。  続きを読む
2020年02月18日

【ネットスーパー】、流通IT化のゲームチェンジャーはまさかの新型コロナウイルス!?

200218インスタカート@ウェグマンズ
■食品マーケティング協会(FMI)はアメリカ国内のオンライン食品販売(ネットスーパー)の売上高が2025年までに約1,000億ドル(約11兆円)規模に達するとした。

昨年には2024年までに1,000億ドルに到達すると更新。今年1月には2025年のネットスーパー売上高は約1,430億ドル(約15.6兆円)となると再びアップデートした。

ネットスーパーが急拡大する主な要因として、利便性を理由にミレニアル層だけでなくベビーブーマー世代や高齢者、高額所得者がオンライン経由で生鮮品を注文することになるからだ。

またリアル店舗だけで買い物するお客に比べてネットスーパーを併用するオムニチャネル・ショッパーは支出が増える傾向にあることも挙げられるのだ。

 ここにきて新たな要因がネットスーパー拡大を後押しする。新型コロナウイルスの感染拡大だ。

現在、アメリカでは季節性インフルエンザが猛威をふるっており、患者数は2,600万人以上となっている。死者は約1万4,000人にものぼっているのだ。

一連の情報を発表してきた米疾病対策センター(CDC)が「インフル症状だった人に新型コロナウイルス検査をする」と発表した。

CDCはまた「ロサンゼルスやサンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨークの5大都市における公衆衛生検査機関で、既存のインフルエンザ監視システムと協力し、インフルエンザに似た症状を示した患者に対しても新型コロナ検査を開始する」と宣言したのだ。

検査の結果次第では、アメリカで猛威を奮っているインフルエンザは「実は新型コロナのCOVID-19であった」と覆るかもしれない。

そうなれば人々の行動に大きな影響をあたえることは必至だ。一部であってもインフルエンザが新型コロナと判明すれば感染症対策として「不要な人混みへの外出を避ける」ようになるだろう。アメリカの消費行動は大きく変化せざる得ない。

これまで二の足を踏んでいた人もオフラインからオンラインになり買い物をするようになる。毎日の買い物となる食品はネットスーパーに頼る人が増えることも予想できるのだ。

米国の高い医療費を考えれば買い物代行&宅配サービスの手数料は取るに足らない。持病を持つ人や高齢者、幼い子どもなど免疫力が低い家族がいるなら、絶対に感染させるわけにはいかない。

元気な主婦も保菌者にならないように注意する必要がある。特に人口密度が高い都市圏に住んでいるなら感染防止で人が多く集まるモールや店を避けるだろう。それならと手数料等でためらっていた人も、宅配サービスを利用し始めるはずだ。

 アメリカで大人気となる食品スーパーのウェグマンズはニューヨーク・マンハッタンへの宅配サービスを開始すると発表した。

ウェグマンズでは買い物代行&宅配サービスのインスタカートと提携し、昨年10月にオープンしたウェグマンズ・ブルックリン・ネイビーヤード店からの宅配サービスとなる。35ドル以上の買い物で手数料は3.99ドルがかかり、さらにマンハッタンへの宅配では通常より多少時間がかかってしまうという。昨今のニュースから大事を取って宅配サービスの利用者は増えることになる。

 FMIはネットスーパーの利用状況を再び上方にアップデートすることにもなるのだ。

トップ画像:昨年10月にオープンしたウェグマンズ・ブルックリン・ネイビーヤード店にはインスタカート用の注文品の保管スペースがある。マンハッタンからの需要から考えればこれでは足りないレベルとなるだろう。  続きを読む
Posted by usretail at 02:05Comments(0)スーパーマーケット
2020年02月17日

【ニューミルク】、その場で作るオーガニック・アーモンドミルク自販機!製造を見せろ?

200217ニューミルク00
■アホールド・デレーズ傘下でスーパーマーケットチェーンのストップ&ショップは焼き立てパンの自動販売機をテスト導入した。

東海岸にある一部のホールフーズ・マーケットやショップライトでは植物由来のミルクの自販機をテスト導入している。

ベンチャーのニューミルク・カンパニー(Numilk Company)が開発した自販機「ニューミルク(NuMilk)」はオーガニックのアーモンドもしくはオーツ(麦)を粉砕し、その場でオーガニック・アーモンドミルク、オーガニック・オーツミルクを作ってくれる専用マシンだ。

原料はアーモンドもしくは麦、ろ過水のみで作られ、スイートナー(加糖)ならオーガニック・メイプルシロップが加えられる。

つまりフレッシュな挽きたてでのアーモンドミルク、オーツミルクとなる。

保存料やフィラー(詰め物)が一切入っていないオーガニックでナチュラルな植物由来のミルクなのだ。皮ごと挽くため栄養価が高いこともニューミルクの長所となっている。

使い方は自販機に用意されている32オンス(950ミリリットル)ボトルを取り出し、そのボトルを注ぎ口にセットする。アーモンドミルクもしくはオーツミルクにあるタッチパネルに表示された加糖の「オリジナル(Original)」か無加糖の「アンスイート(Unsweet)」のボタンを押す。

アーモンド/オーツを粉砕した後にろ過水が加えられ32オンスボトルに注がれるのだ。アーモンド/オーツミルクが注がれると賞味期限・原材料表のシールが出てくるのでボトルに貼る。すべてのプロセスは30秒程度で終了する。

なおニューミルクのボトルはリサイクル可能な資材で作られており、何度でも洗って繰り返し利用することが可能となっている。

また急いでいる人や複数本購入したいお客には自販機にある「グラブ&ゴー(Grab & Go)」冷蔵庫から出来上がったミルクを取り出せるようにも工夫されている。

価格は4.99ドル。

 ストップ&ショップが導入しているミニベーカリーの「ブレッドボット(Breadbot)」もその場で焼き立てパンを製造する自販機だ。

マサチューセッツ州ミルフォードのストップ&ショップに設置されたのブレッドボットは自動でパン粉をこね形成し、発酵させて、パンを焼いてくれる。

ブレッドボットは透明なガラスで覆われているため、売り場に設置することでお客は食パンの生産工程を見ることもできるようにもなっている。

焼き上げた後の熱冷ましでパンは専用のケースに運ばれ、お客はそこから好きなパンを選ぶことができるようになっているのだ。保存料などを一切使わず、小麦粉とイースト、水で作られたパンの価格は1斤3.99ドル。

ブレッドボットが生産する食パンの種類には小麦粉から作った通常の白いパンから全粒粉、9種雑穀のナイン・グレイン、サワードウ、ハニーオーツがある。ミニベーカリーは最大で約240斤のパンが作れるという。

 ナチュラルな素材でその場で作ってくれるロボット・自販機はアメリカのスーパーでトレンドになりそうだ。

トップ画像:ニュージャージー州にあるショップライトで実演販売をしていたニューミルク。オーガニックのアーモンドもしくはオーツ(麦)を粉砕し、その場でそれぞれのオーガニック・ミルクを作ってくれる専用マシンだ  続きを読む
Posted by usretail at 01:50Comments(0)スーパーマーケット
2020年02月16日

【コストコ】、フードコートにタッチパネルセルフ注文!モバイルオーダー導入はまだ先?

200216キオスク@コストコ00
■メンバーシップ・ホールセール・クラブ(会員制倉庫型卸売小売)のコストコは、いつも長蛇の列となっている。

特に格安のホットドッグやピザ等を販売しているフードコートは昼食や夕食時、大変な混雑となる。安い上に美味しくボリューム満点で大人気なのだ。

週末や休日だとカートを持った家族連れも増えることもあり、1.50ドルのドリンク付きホットドッグを購入するにも長い行列に並ばなければならない。

フードコートが店の外にある場合では会員でなくても購入できるため(店によって購入出来ないコストコもある)、さらに多くの人を引きつける。

コストコは数年前からフードコートの行列解消に向けてセルフオーダーシステムのテストを行っている。

コストコは2018年1月、ロサンゼルスの2店(タスティン店とパコイマ店)を含む4店にタッチパネルの注文端末をテスト導入した。国内546店のうち一部に「フードコート・セルフサーブ・キオスク(Food Court Self-Serve Kiosk)」をフードコート近くに設置しているのだ。

セルフサーブ・キオスクには、注文用タッチパネルとクレジットカード決済端末、レシートプリンターがそれぞれ6台ある。

タッチパネルにはホットドッグなどのメニューが画像と一緒に表示されており、注文したいメニューをタッチして左側にあるカートに入れる。

決済はカート下にある「注文を払う(Pay for Order)」をタッチして会計する。メニューの金額と消費税を含んだ合計金額が表示されているので迷うこともない。

支払いはタッチパネル下のクレジットカード決済端末にクレジットカード(もしくはデビットカード)を挿入する。

決済完了後、注文番号を表示したレシートがプリントアウトされるのだ。

用意ができると通常の窓口とは別になる「キオスク・オーダー・ピックアップ(Kiosk Order Pickup)」の窓口で注文番号が呼ばれ、メニューを受け取る。行列にならばず注文から1〜2分程度で受け取れるのだ。

 現金での支払いはこれまでのように窓口での注文となるが、フードコートの混雑が解消しただけでなく、フードコート・スタッフが調理に集中できるようになったことでセルフ注文は成功しているという。

セルフ注文はコストコ全店に導入されるだけでなく、日本を含め海外のコストコにもいずれ設置されるだろう。

トップ画像:コストコ・レイクウッド店に導入されたフードコード用のタッチパネル式注文端末。「フードコート・セルフサーブ・キオスク(Food Court Self-Serve Kiosk)」には、注文用タッチパネルとクレジットカード決済端末、レシートプリンターがそれぞれ6台設置されている。レイクウッド店のフードコートは外にあるため、セルフサーブ・キオスクは動かせるように滑車がついている。  続きを読む
2020年02月15日

【ウォルマート】、富裕層向けパーソナル・ショッピング・サービス事業をスクラップ!

200215ジェットブラック
■ウォルマートは13日、スマートフォンのテキストメールで商品を注文できるパーソナル・ショッピング・サービス「ジェット・ブラック(Jet Black)」サービスを停止することを発表した。

ニューヨーク・マンハッタンやブルックリンの高層マンションに住む若い母親を対象顧客にしたジェット・ブラックは月に50ドル払えば、生鮮品などを除く商品が当日もしくは翌日に届くサービス


激安を売りにしているウォルマートが2018年5月、富裕層をターゲットにしたビジネスモデルを開始することで注目されていた。

買い物のコンシェルジュ・サービスのジェットブラックではテキストメッセージで「うちのリリーちゃんのオムツ、急いで」と送信すれば「ご注文、かしこまりました。(購入履歴から)パンパースのテープタイプMサイズ102枚入りを明日、配達します」と返信したり、「5歳の娘の誕生日プレゼントが欲しい」や「このドレスに合う靴が欲しい」などと送信すれば、いくつかの選択肢が返信されたりする。

人工知能(AI)が回答する「チャットボット」だけでなく、プロによるおススメなどの返信のあったのだ。ウォルマートや傘下のジェットさえ扱っていないブランドや商品でも注文を受ければ取り寄せていた。対象品はファッションやヘルス&ウェルネス、ホーム、子育てなど。一方、生鮮食品やアルコール、処方箋など薬は対象外となっていた。

 ジェット・ブラックをCEOとして率いていたのはジェニファー・フライス氏。フライス氏は高級デザイナーのドレスやバッグなどをオンラインや実店舗を通じて手頃な価格で貸し出すレント・ザ・ランウェイの共同創業者だ。しかしフライス氏は昨年10月、ジェット・ブラックを辞めていたのだ。

ウォルマートは昨年7月、ジェット・ブラック会員が月に1,500ドルを支出すると明かしていた。一方、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、ジェット・ブラック会員は昨年の夏でも600人ほどしかなくいなかったという。

月会費50ドルには配達費用の他、プレゼント用の包装などの追加費用も含まれており、返品もスタッフが自宅に赴いてピックアップするため、ウォルマートは会員一人あたり年間1.5万ドルの負担をしていたのだ。

パーソナル・ショッピング・サービス会員が思ったように集まらず、コスト負担も増大していることでウォルマートはジェット・ブラックの停止に踏み切ったのだ。

これによりジェット・ブラックのニューヨーク・オフィスにいる60名は異動になるものの残りの約290人の従業員がレイオフとなる。

 ウォルマートは先月、傘下でオンライン家具販売ヘイニードル(Hayneedle)のスタッフ200人をレイオフしネブラスカ州オマハにある本部をすクラッブしていた。

昨年にも300人近くをリストラしたヘイニードルでは同事業部の一部をウォルマート・コムに統合する。

ヘイニードルは2016年2月、2017年からウォルマートの傘下となるジェット・コムに買収されていた。

トップ画像:富裕層向けのパーソナル・ショッピング・サービスのジェット・ブラックではテキストメッセージでやり取りする。「おしゃれな娘の2歳の誕生日にプレゼントをお願いします。4歳の息子についても」と送信すると「予算はおいくらですか?お届けはいつまでにしましょうか?」と返信されている。  続きを読む
2020年02月14日

【アマゾン】、これがスーパー内だ!音楽の聞き方が変わったように売り場に縛られない?

200214アマゾン・スーパーマーケット00
■アマゾンのスーパーマーケットがロサンゼルス郊外ウッドランド・ヒルズ地区にまもなくオープンする。ニュースサイトのブルームバーグは13日、同スーパーマーケットの内部の画像を公開した。

このスーパー(6245 Topanga Canyon Blvd Woodland Hills, CA 91367)はシティバンクやオフィスデポ、AT&Tストアが入居する、道路沿いのネイバーフッド型ショッピングセンターにある。

ロサンゼルス・ダウンタウンから西に車で40分(約40キロメートル)にあるウッドランドヒルズ地区は、年収中央値が8.5万ドルと比較的高い所得層が住んでいる。このショッピングセンターの隣ではラグジュアリー・コンドミニアムが建設中となっている。

 内部の人による撮影と思われる店内画像は通常のスーパーマーケットと変わらない。

トイザらスの跡地を使った3.3万平方フィート(920坪)の売り場では、アマゾン傘下となっているホールフーズ・マーケットが扱わないコカ・コーラやスマッカーズのいちごジャム、タイド(Tide)洗濯洗剤などコンベンショナルな食品スーパーの品揃えとなる。

なおウッドランドヒルズ(6245 Topanga Canyon Blvd Woodland Hills, CA 91367)に出店する食品スーパーから車で6分程度となる1.7マイル(2.7キロメートル)の距離にホールフーズがある。

アマゾンのスーパー内には「フレッシュ・キッチン(Fresh Kitchen)」と掲げられたコーナーがあり、プリペアド・フードなども取り揃えデリカテッセンも扱うのだ。

アマゾンでは食品スーパーにレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」の「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」システムを導入しないと言及している。

そのため一般的な食品スーパーと同様、フルサービスやセルフサービスのレジが設置されるのだ。

商品価格はデジタル表示となる電子棚札を使用。

最もアマゾンを喚起させるのは入り口近くにあるピックアップ・カウンターだろう。窓口の上部にはオレンジ色にアマゾンのスマイルロゴが描かれており、宅配サービス用ピックアップ・カウンターとして利用されるのだ。アマゾンのサイトで購入した商品の返品の受付も行う可能性がある。

 ロサンゼルス郊外でアマゾンの食品スーパーの出店先ではオレンジ郡タスティン地区にあるパワーセンター「タスティン・マーケットプレイス(Tustin Market Place)」内のベビーザラス跡地もその一つだ。

タスティン・マーケットプレイスはロサンゼルス・ダウンタウンから南東に37マイル(約60キロメートル)の距離にあり、近くにはディズニーランドやサウス・コースト・プラザSCがある。

タスティン・マーケットプレイスにはホームデポやベストバイ、REI、バーンズ&ノーブルなどが入店している。約1,000坪となるベビーザラスの跡地(2961 El Camino Real, Tustin, CA 92782)には隣にアルタ・ビューティーやコストプラス・ワールドマーケット、ベッドバス&ビヨンドがあるのだ。

地元紙によるとアマゾンの食品スーパーの店名は「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」と報じている。

 ブルームバーグではロサンゼルス郊外のエンシノ地区にあるラルフスの跡地やサウザンドオークス地区なども出店予定地としている。

 店内がイノベーションというより、買い物の利便性が画期的に向上するのがアマゾンの目的なのだろう。  続きを読む
Posted by usretail at 01:26Comments(0)スーパーマーケット
2020年02月13日

【ベッドバス&ビヨンド】、優良チェーンストア客離れが止まらず!出店のツケはいくら?

200213ベッドバス&ビヨンド
■低迷するホームファーニッシング最大手のベッドバス&ビヨンドが11日、第4四半期(12月〜2月期)のアップデートを行った。

昨年の12月から今年1月までの2ヶ月間では既存店・売上高前年同期比が5.4%の減少となった。

5.4%減の要因として来店客数の減少と在庫管理の問題、頻繁なディスカウントを挙げている。

オンライン売上は前年同期比で20%増加となったものの、店舗のみの集客でみると既存店ベースは11%の大幅減となった。

特にサイバーマンデーウィークでは前年と比べて既存店が13%の落ち込みを記録した。

粗利益率は販促活動と値下げ商品の増加により3ポイント下落する一方、一般販売管理費率は3.9ポイントの増加だった。

ベッドバス&ビヨンドCEOのマーク・トリットン氏は「事業を安定化させるため我々は来店客数の減少に事業運営の課題により短期間の痛みを経験している」と述べた。なおトリットン氏は昨年11月、ターゲットの役員からCEOに就任したばかりだ。

2月分を含めたベッドバス&ビヨンドの第4四半期決算は4月に発表予定。

 今年1月に発表された第3四半期(9月〜11月)決算では赤字に既存店ベースの大幅減となった。売上高は27.6億ドルとなり前年同期の30.3億ドルから8.3%の減少となった。

純利益は前年同期の2,400万ドルの黒字から3,860万ドルの損失となり、3期続けての赤字。粗利益率は33.1%となり前年同期比と横ばい。一方、一般販売管理費率は店舗閉鎖などリストラの費用が増していることで前年同期の33.1%から33.8%に増加した。

既存店・売上高前年同期比は8.3%の減少だった。既存店ベースは11四半期連続して前年を下回っており、8.3%の減少は過去最悪を記録した。

第4四半期でも既存店ベースの大幅な落ち込みが予想され、12四半期連続して減少が確実視されている。

 ベッドバス&ビヨンドは昨年末、60店舗の閉鎖を発表。また今年1月には保有不動産の一部を不動産投資会社に2.5億ドルで売却したことを発表した。売却で得た資金を負債返済や事業再建に充当。

ベッドバス&ビヨンドはディストリビューションセンターや店舗、事務所などの保有物件をオーク・ストリート・リアル・エステート・キャピタルに売却したという。なお手放した店舗等は賃貸契約を結んだリースバックを行いそのまま営業を続けている。

。同社は今年1月時点で米国(50州)やカナダに1,524店を展開。店舗数の内訳はベッドバス&ビヨンドが981店舗、2012年に買収したコストプラスのワールドマーケットやコストプラス・ワールドマーケットは278店舗、バイバイベビーは126店舗、クリスマスツリーショップは81店舗、ハーマン・フェース・バリューは55店舗、た2016年6月に買収した、家具や室内装飾品のワン・キングス・レーン(One Kings Lane)の実店舗も2店舗ある。

 昨年は多くのチェーンストアが店舗を大幅に縮小したが今年はついにベッドバス&ビヨンドも大鉈を振るうのだ。  続きを読む
2020年02月12日

【アマゾン4スター】、今年は20店舗以上の展開!アマゾンらしさで滞在時間も長くなる?

200212アマゾン4スターストア
■ネット通販最大手のアマゾンは今年、カスタマーレビューで評価が星4つ以上の商品を中心にそろえた「アマゾン4スター(Amazon 4-Star)」ストアの出店を加速する。アマゾン・エフェクトでモールから撤退したチェーンストアを補うようにアマゾン4スターは穴埋めしていく。

このサイトを見るとモールなどに現在9店舗を展開するアマゾン4スターは明らかにされているだけでも11店舗をオープン予定なのだ。

アマゾンのリアル店舗展開ではアマゾン4スターに現在21店舗となるリアル書店の「アマゾン・ブックス(AMAZON BOOKS)」、改装中を含め25店舗となるレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」、モールの通路など小スペースでアマゾン製品を展示販売する5店舗展開の「アマゾン・ポップアップ(Amazon Pop-up)」がある。

「間もなくオープン(Coming Soon)」と表示されているのはアマゾン・ゴーでがシアトルの1店舗、アマゾン・ポップアップはシアトルの1店舗となっており、アマゾン・ブックスではオープン予定の記載がなされていない。

一方でアマゾン4スターはカリフォルニアやニュージャージーなど9州に11店舗をオープン予定となっているのだ。すべてがオープンすればアマゾン4スターは20店舗展開となるのだ。

 2018年9月にNYソーホー地区に1号店をオープンしたアマゾン4スターは同社のウェブサイトのカスタマーレビューで評価が星4つ以上の商品を中心にそろえた店舗だ。

アマゾン4スターストアではスマートホーム関連の各種デバイスやガジェット、家電製品、キッチンウエア、ホーム用品、おもちゃ、書籍、ゲームなどがあり、扱い商品の星評価の平均が4以上となっている。

商品価格はデジタル表示となる電子棚札が使用されており、商品名に星評価数、レビュー数が記載され、価格はプライム非会員のリスト価格とプライム会員用のディスカウント価格も表示。商品棚にはカスタマーレビューも掲示されている。

エコーやキンドルなどアマゾン製品も販売しているアマゾン4スターストアは2号店が2018年11月にコロラド州デンバー市内のショッピングモール内にオープン、3号店目は同時期にカリフォルニア州バークレー地区にオープン。

昨年では8月16日にシアトル市内に4号店目がオープンし、10月3日にはマサチューセッツ州ネーティック地区にあるショッピングセンターの「ネイティック・モール(Natick Mall)」に5号店目がオープンした。

6号店目は11月5日にテキサス州ダラス郊外のフリスコ地区にあるモール「ストーンブライアー・センター(Stonebriar Centre)」にオープン、7号店は11月7日にイリノイ州シカゴ郊外のオークブルックセンター(Oakbrook Center)がオープンしている。なおアマゾン4スター・アメリカナ・アット・ブランド店は12月5日にオープンしカリフォルニア州では2店舗目となる。

同じ時期に8号店目はロサンゼルス郊外の「アメリカナ・アット・ブランド(The Americana at Brand)」、9号店目もカリフォルニア州コルテマデラ地区にあるライフスタイルセンター「ザ・ビレッジ・アット・コルテ・マデラ(The Village at Corte Madera)」にそれぞれオープンした。

 出店費用やランニングコストで赤字となるアマゾン・ゴーや扱い商品が本とアマゾン製品に限られるアマゾン・ブックス、アマゾン製品のみのポップアップと異なりアマゾン4スターは出店しやすいと言えるのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当社のIT&オムニチャネル・ワークショップでは視察研修でも買い物などの実体験が多いこともあり、参加人数を少数にしています。例えば20人以上をレジに集め、フィンテック実習や解説はできません。大人数ではお店や他のお客さんに迷惑になるし、スマートフォンの小さなスクリーンをシェアできません。少人数にすると一人あたりにかける研修費用は大きくなります。確実に世界最先端の流通ITを体験でき感動をシェアできるのです。また日程もフレキシブルに調整できます。例えば神出鬼没?で日本にないアマゾン・トレジャートラックも視察できます。少人数にすると参加者の視察時の反応を目の当たりにもします。アマゾンのリアル店舗展開では、意外に見学時間が長くなってしまうのがアマゾン4スターストアです。参加者は基本的に好奇心旺盛な方が多いので、4スターストアでは高く評価されている製品にはどんなものがあるのかな、なぜ高レビューなのか等を一々確認するからです。  続きを読む
Posted by usretail at 01:47Comments(0)その他
2020年02月11日

【アマゾン・エコー】、商品バーコード・スキャニング機能搭載!昭和レガシーが黙る時?

200211エコーショー5
■ネット通販最大手のアマゾンは2月14日のバレンタインデーを前にキンドルなどアマゾン製品を値下げしてセールを行っている。アマゾン製品を普及させることで家庭内でのアマゾン・プレゼンスを増やす考えだ。

特に目立っているのは最大40%の値引きとなるスマート・スピーカーのエコー・シリーズ。エコー・シリーズの入門機に位置づけられる「エコー・ドット(Echo Dot)」は40%オフとなり29.99ドルと安い。

画面付きスマートスピーカーでは入門機の位置づけとなる「エコー・ショー5(Echo Show 5)」も89.99ドルが25ドル(28%)引かれて64.99ドルとなっている。

エコー・ショー5の5.5インチのディスプレイに対して一つ上の機種で8インチ画面となる「エコー・ショー8(Echo Show 8)」も値引きされている。昨年11月に発売されて間もないが129.99ドルのエコー・ショー8は40ドル(30%)値引きされ89.99ドルとなっているのだ。

エコー・ショーでは最上位機種で10.1インチHDスクリーンで第2世代「エコー・ショー(Echo Show 2nd Generation)」も50ドル(22%)引きの179.99ドルとなっている。

他にも発売間もないウェアラブルでワイヤレス・イヤホンの「エコーバズ(Echo Buds)」も40ドル(31%)オフとなる89.99ドルだ。

 アマゾンは画面付きのエコー製品を大幅に値引きしてでも多くの世帯に普及させたいのには理由がある。

各家庭のキッチンに置いてもらい音声ショッピングで生鮮品など食料品の宅配サービスを拡大させたいのだ。

アマゾンの宅配サービスには「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」と「プライム・ナウ(Amazon Prime Now)」がある。

2時間宅配が無料となるアマゾン・フレッシュは年会費119ドル(月額12.99ドル)のアマゾン・プライム会員が利用できる生鮮食料品宅配サービス。

最低注文額は35ドル以上(ニューヨークなど一部には50ドル以上)となり、最低注文額を下回ると1件につき4.99ドルがかかる。

主にフルフィルメントセンターから宅配されるアマゾンフレッシュでは、1時間のスピード宅配が4.99〜7.99ドルと別にチャージされる。

一方、アマゾンには傘下の自然食品チェーン大手ホールフーズ・マーケットから宅配するプライムナウもあり、最短1時間で宅配する。

こちらもアマゾン・プライム会員が利用できるサービスだ。エコーの音声ショッピングを介してアマゾン・フレッシュもしくはプライム・ナウでの利用を拡大したいのだ。

 エコーを介したショッピングを便利にするためアマゾンは画面(カメラ)付きのエコー・ショー・シリーズにスキャニング機能をもたせた。

音声による食品注文では多くの場合、購入履歴からのリピート注文となる。ほとんどの家庭ではいつも購入する食品についてブランドが決まっているため、履歴から再注文となる。

しかし中には購入履歴になく新しく注文する場合、発音しにくかったり、音声での認識ができない商品名がある。「ラクトース・フリーで2%の64オンス牛乳(64-ounce lactose-free 2 percent milk)」など商品名が長すぎる例もある。

そこでエコー・ショー・シリーズでは商品バーコードを読み取らせて注文できるようにしている。

注文の仕方は「アレクサ、スキャンしてカートに乗せて(Alexa, scan this to my shopping list)」というだけ。後はエコー・ショーのカメラに商品バーコードを見せるだけだ。

バーコード・スキャニングはエコー・ショーの競合機種となる「グーグル・ネスト・ハブ(Google Nest Hub)」には出来ないスキルだ。

 アマゾンではエコーを介した音声注文が拡大させることで、リアル店舗で競合のスーパーマーケット等に対し、競争上の優位性を築きたいと思っている。

トップ画像:バレンタインデー・セールで画面付きスマートスピーカーでは入門機の位置づけとなる「エコー・ショー5(Echo Show 5)」も89.99ドルが25ドル(28%)引かれて64.99ドルとなっている。  続きを読む
2020年02月10日

【トレーダージョーズ】、非ネットスーパー宣言!一貫性もネットにはピボットしている?

200210トレーダージョーズ00
■スーパーマーケットなどが加盟する食品流通業団体の食品マーケティング協会(FMI)は3年前、アメリカ国内のオンライン食品販売(ネットスーパー)の売上高が2025年までに約1,000億ドル(約11兆円)規模に達すると発表した。

しかしFMIと調査会社ニールセンが共同で実施したデータによると昨年、カーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパー売上が2024年までに1,000億ドルに到達すると上方修正した。

アリゾナ州フェニックスで先月開催されたFMIの冬季コンファレンスではこの予測がさらにアップデートされた。ネットスーパーの2025年の売上高は約1,430億ドル(約15.6兆円)となるとの試算だ。

ネットスーパーの急拡大する主な要因には、ミレニアル層だけでなく利便性を理由にベビーブーマー世代や高齢者、高額所得者がオンライン経由で生鮮品を注文することになるからだ。

またリアル店舗だけで買い物するお客に比べてネットスーパーを併用するオムニチャネル・ショッパーは支出が増える傾向にあることも挙げられるのだ。

 ネットスーパーの急拡大は様々なところで見て取れる。オンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートは先月14日、スーパーマーケットチェーンなどとカーブサイド・ピックアップ・サービスを今年末までに50州に拡大することを発表した。

サンフランシスコで2012年に創業したインスタカートはクローガーやアルバートソンズ、コストコ、サムズクラブ、アホールド、パブリクスなど北米で展開する大手食品スーパー10社以上と契約し宅配サービスを行っている。

ウェグマンズやプライスチョッパーなど中堅食品スーパーとの提携も増え中小の食品スーパー350社以上と契約を結んでいるのだ。国内世帯85%をカバーするインスタカートは現在、北米市場の5,500ヵ所以上の地域で営業し、アメリカ国内では2万店以上で展開している。

宅配サービスでの拡大が限界に近づいており、インスタカートでは、クリック&コレクトとも呼ばれているカーブサイド・ピックアップに拡大の軸足を移しているといえる。

 一方で、全米で大人気の食品スーパーでありながらネットスーパーに非参戦を宣言しているトレーダージョーズがある。

42州に500店舗以上展開するトレーダージョーズではインスタカートと契約しておらず、オンデマンド買物代行&宅配サービス業者の買い物を全面的に禁止にしているのだ。

トレーダージョーズには7つの指針があり「実店舗こそブランド(The store is our brand)」というポリシーにより、顧客から頻繁にリクエストされてもネットスーパー展開を断り続けている。

トレーダージョーズでは年間30〜35店を新規に出店しており、ネットスーパーを展開する食品スーパーを競合にすることもある。

が、商品構成の9割がプライベートブランドを占め「実店舗こそブランド(The store is our brand)」を含め「誠実さ(Integrity)」や「商品力(Product Driven Company)」「カスタマーサービス(Wow customer service)」「非官僚主義(No bureaucracy)」「カイゼン(Kaizen)」「私たちは全米に展開する近所のスーパー(We're a national chain of neighborhood grocery stores)」のポリシーで集客できるトレーダージョーズにはコストをかけてまでネットスーパーを始める理由がないのだ。

 しかし5年後、食品売上全体の25〜30%がネットスーパー経由となれば、果たしてどこまで同ポリシーが通用するのかは未知数ではある。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。多くの人から信頼を得るためには一貫性が大切です。例えばイメージでさえ一貫性がなければ、どこかの芸能人のように不倫で叩かれ仕事を干されることもあります。浮気や不祥事も芸の肥やしとする芸人さんなら一時的には批判されても仕事が減るということはありません。なにかやらかしてもネタふりにもなり、芸人さんのイメージと一貫しているからです。後藤は一貫してコンサルタントとして仕事をしています。身銭を切ってでもリサーチすることも多いです。またコンサルティングやコンテンツに不満があるならコンサルティングフィーを全額返金するとも堂々と宣言しています。当ブログによる情報発信も毎日更新していて10年以上、1日も休んでいません。言動と行動が一貫しているため営業せずとも新規に依頼があり、クライアントからのリピ依頼も多いのです。矛盾しているように聞こえますが、この一貫性は絶え間なく変化し続けるアメリカ流通業から学んだことです。  続きを読む
Posted by usretail at 01:54Comments(1)スーパーマーケット
2020年02月09日

【バレンタインデー】、ペットへのプレゼントが過去最高!商人は脳に汗をかくチャンス?

200209キャット用ノートブックパソコン?
■2月14日はバレンタインデーだ。バレンタインデーは、女性が男性にチョコレートを贈る日として知られているが、これは日本だけの習慣だ。

アメリカでは女性側からに限らず、男性からもプレゼントを贈る。バレンタインデーは愛する人、お世話になった人、愛するペットにも日頃の気持ちを伝える特別な日なのだ。

全米小売業協会(NRF)は30日、今年のバレンタインデー関連支出額が一人当たり平均で196.31ドル(約2.2万円)となるとの試算を発表した。

昨年の161.96ドル(約1.8万円)より21%上昇し、支出額が過去最大となるとの予想だ。バレンタインデー支出額は全体で207億ドル(約2.3兆円)となり、好景気に支えられ、愛する人へのプレゼントの購入意欲は高い。

しかし配偶者など愛する人やパートナー、恋人など特別な異性へのプレゼント購入は減少傾向にある。

こういった人にプレゼントするとした人は昨年の平均支出だった93.24ドル(約1万円)から今年101.21ドル(約1.1万円)と増加している。

一方で10年前は夫や妻、恋人に贈り物をするとした人が61%もいたが2020年は52%と10ポイント近くも減っているのだ。

バレンタインデーでプレゼントを贈る際、増加しているのは仕事仲間へだ。同僚に贈るとした人は10年前、3%だったが2020年は7%とシェアを伸ばしている。

しかし過去最大となっているのは実は犬や猫などペットへの贈り物だろう。

バレンタインデーでペットにプレゼントするとした人は2010年、17%だった。経済力を備えてきているミレニアル層が増えていることもあり2020年になると27%がペットに贈り物をするとしているのだ。

ペットへのプレゼントとしてバレンタインデーは10年前、4.5億ドル(約500億円)市場だったものが10年で17億ドル(約1.870円)市場に成長している。

ペット市場を牽引しているのはミレニアルなど若い世代だ。2010年に18〜34歳がペットにプレゼントするとした人は19%だったが2020年では36%にも及ぶ。

2020年のペットへの平均支出額も55歳以上は22ドル(約2,400円)に過ぎないが、35〜54歳は72ドル(約7,900円)、18〜34歳は73ドル(約8,000円)となっている。

 ミレニアル層にとってペットは家族以上の特別な存在なのかもしれない。学資ローンで家計が苦しくても若い人達はペットを最優先に考えて高額なペットフードなどに支出する。

調査によるとミレニアルは年間のペット支出が1,285ドルとなる。10年以上生きるとペットに1.3万ドル(約140万円)かかるが、家族以上にいとおしい存在にはプライスレスで気にもならない。

バレンタインデーにペットへのプレゼント支出が過去最大になるのも頷けるのだ。

見方を変えればバレンタインデーにペットへのプレゼントを喚起するマーケティングがあれば、潜在的にもまだまだ伸びるといえる市場となる。

トップ画像:ノーツブックパソコンもいまやニャンコ用のプレゼント!?  続きを読む
2020年02月08日

【ノードストローム】、デパートが中古品販売!ノードストローム・ラックとバランスは?

200208ノードストロームNYC00
■高級デパートメントストアのノードストロームは先月31日、中古品を販売する部門を立ち上げたことを発表した。

低迷が続くデパートメントストアに高額ブランドのセカンドハンド(Second Hand:返品を含む中古品など)販売を持ち込み、新たな顧客層を開拓する。

ノードストロームのセカンドハンド販売は特設サイトの「シー・ユー・トモロー(See You Tomorrow)」とニューヨーク市内にある旗艦店の一部門として開始。

シー・ユー・トモローが扱う商品は婦人服や紳士服、子供服、靴、ハンドバッグ、アクセサリー、時計を含むジェリーなど。

ノードストロームでは「ノードストローム・クオリティ・センター(Nordstrom Quality Center)」部門にある返品を検品し修理やクリーニングの後に専任の担当者が選んで、ノードストロームNYCの専用売り場やオンラインストアに出品する。

これまではノードストロームのオフプライスストアのノードストローム・ラックが販売していた。シー・ユー・トモローでは専任の目利きから高額ブランドなどを扱うとしている。

なおノードストロームNYCではノードストロームで購入された中古品を対象に買い戻しも開始し、払い戻しはギフトカードで対処する。またオンラインストアでは郵送での中古品の受け付けも開始される。

ノードストロームでは現在までにニューヨークの旗艦店以外での展開を言及していない。

ノードストロームはまたファッションのサブスクリプションサービスを展開するレント・ザ・ランウェイ(Rent the Runway)と提携し、24ヶ所のノードストローム・ラックで、レント・ザ・ランウェイで着られているファッションを購入(もしくはレンタル)できるサービスを始めている。

ノードストロームは昨年からカリフォルニア州の5店舗でレント・ザ・ランウェイの衣類の受け取りと返却を受け付けるサービスを展開。同サービスは昨年11月に24店舗に拡大している。

 デパートメントストアの中古品販売ではメイシーズが昨年8月、スレッドアップ(ThredUp)と提携して40店舗でセコンドハンド・アパレルのテスト販売を開始した。

メイシーズにはオフプライス業態のメイシーズ・バックステージがあるが、これまでのところカニバリゼーションのような大きなインパクトは確認されていないという。

またメイシーズに続きJCペニーでもスレッドアップと契約して30店舗で500〜1,000平方フィート(約14〜28坪)のスペースを使って中古の婦人服やハンドバックの販売を始めている。

 セカンドハンドはエコーフレンドリーでミレニアル層など若い消費者からの評判もよく市場規模も拡大している。

長く続いているデパートメントストアも生き残りにビジネスモデルを新たに模索しなければならない、厳しい時代となっているのだ。  続きを読む
2020年02月07日

【セブンイレブン】、Amazon Go型レジなしコンビニをテスト!メリット・デメリットは?

200206レジなしセブンイレブン@本部
■コンビニエンスストア大手のセブンイレブンは5日、レジなしコンビニエンスストアのテストを開始したことを発表した。

お客が自分で商品をスキャンして買い物する「モバイル・チェックアウト(Mobile Checkout)」とは別にコンビニ最大手がアマゾン・ゴーのようなキャッシャーレス・ストアを開発する。

セブンイレブンがテキサス州アービングにある本社内で行っている模擬店は、700平方フィート(20坪)の広さだ。いまのところ従業員のみを対象にした模擬店となっている。

利用の仕方は専用アプリをダウンロードしてサインアップし入店時にチェックインする。後はアマゾン・ゴーの「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」のように商品を持って出ていくだけ。買い物後のレシートはアプリに送られるという。

セブンイレブンではキャッシャレス・ストアを「アルゴリズムと予測技術を組み合わせてお客と商品を認識する」としていることから、カメラやセンサーで得たデータから人工知能(AI)のディープラーニングを駆使して決済するシステムと見られている。

なおテスト店で扱っている商品は飲み物、スナック類、食品、市販薬、非食品アイテムとしており商品ミックスは今後も続けていく。

セブンイレブンではキャッシャーレス・ストアについての展開は言及していない。

 セブンイレブンは、買い物客がレジに並ばなくても自分で商品をスキャンして支払いができるモバイル・チェックアウトを一部店舗でおこなっている。

セブンイレブンは2018年11月、テキサス州ダラスにあるセブンイレブン14店舗で当時のサービス名「スキャン&ペイ(Scan & Pay)」を開始した。

スキャン&ペイでは事前にセブンイレブンのアプリをダウンロードして、ロイヤルティプログラム「7リワード(7Reward)」を登録しておく。

使い方はアプリを起動後にスキャン&ペイ対象店に行くと「スタート・スキャニング(start scanning)」のポップアップ・ボタンが表示されるのでタップする。

店内で商品バーコードをスキャンし、支払いはアップルペイやグーグルペイ、クレジットカード、デビットカードで決済を行う。決済後はアプリに表示されるQRコードをレジ近くのスキャン&ペイ・ステーションでスキャンさせる。緑色のライトが点灯することでレジ係が確認。あとは透明な買い物袋に商品を入れて店を出るだけだ。

同システムによる支払いは7リワードと紐づけられており、ポイントがたまるようにもなっている。セブンイレブンではスキャン&ペイをモバイル・チェックアウトとサービス名を変更。昨年8月にはニューヨーク市内の33店舗のセブンイレブンに拡大している。

 アマゾン・ゴーは現在、ニューヨーク市内に8店舗、サンフランシスコ市に5店舗(1店舗は改装中)、シカゴに7店舗(1店舗改装中)、シアトル5店舗ある。

アマゾン・ゴーのようなジャスト・ウォークアウトではアホールド・デレーズUSAの小会社が昨年11月からマサチューセッツ州クインシーのオフィス内カフェテリアでテストを行っている、150平方フィート(4坪)の「ランチボックス(Lunchbox)」がある。

リテール・ビジネス・サービス(Retail Business Services)がデジタル・ソリューション・プロバイダーUSTグローバル(UST Global)と提携して開発したランチボックスは今年1月、ペンシルバニア州カーライルのジャイアント・フードの物流倉庫内にも500平方フィート(14坪)でテスト始動している。

他にもカメラやセンサーを使ったアマゾン・ゴーのようなシステムはジッピン(Zippin)やスタンダード・コグニション(Standard Cognition)、グラバンゴー(Grabango)、トリゴ(Trigo)などのスタートアップが競って開発している。

トップ画像:テキサス州アービングにあるセブンイレブン本社内で行っているレジなしコンビニエンスストアの模擬店(メディア用画像)。アマゾン・ゴーのようにカメラやセンサーで得たデータから人工知能(AI)のディープラーニングを駆使して決済するシステムだ。  続きを読む
Posted by usretail at 01:38Comments(0)その他
2020年02月06日

【メイシーズ】、創業161年のデパートが125店閉鎖!当社のクライアントはイノベーター?

200206メイシーズ
■老舗デパートメントストアのメイシーズは4日、向こう3年間で125店を閉鎖し、本社スタッフ2,000人を削減すると発表した。

161年の歴史を持つデパートメントストアが再び大規模なリストラを行う。

閉鎖される店舗は集客力の乏しいモールの核テナントとなるメイシーズで、先月に発表され既に閉店手続きを行っている29店舗を含む。

全体の20%となる125店舗の閉鎖により売上14億ドル(約1,500億円)が消失することになる。3桁の店舗スクラップによる従業員の削減人数については明かしていない。

本社スタッフの9%となる2,000人のレイオフについてはサンフランシスコにあるITオフィスとオハイオ州シンシナティにあるオフィス(別本社)を閉鎖し、ニューヨーク市内にあるオフィスに統合して、唯一の本部にすると発表している。

アリゾナ州テンピにあるカスタマーセンターを閉鎖しオハイオ州メイソンとフロリダ州クリアウォーターにある施設に統合するという。

一方、2018年から試験的に導入している小型フォーマット店「マーケット・バイ・メイシーズ(Market by Macy's)」をテキサス州ダラスに6日にオープンする。

道路沿いのショッピングセンターとなるストリップセンターに出店する1.5万平方フィート(420坪)のフォーマットはメイシーズの商品とローカルアイテムをミックスした品揃え。地元の食事や飲み物、コミュニティーイベントをフィーチャーした店舗になり、メイシーズは年間に4〜5店舗を新規に出店していくという。

またオフプライスのバックステージについては今年、店舗内店舗として50ヶ所にオープンする他、フリースタンディングで7店をオープンしていく。

既にアップグレードされた150店舗の他にメイシーズは今年100店舗のデパートメントストアを改装する計画だ。

 メイシーズはアマゾンなど競合に押され2015年第1四半期から11期連続して既存店・売上高前年同期比が下回った。

2016年には100店舗の店舗スクラップを発表し、店舗数の大幅削減により既存店ベースは2017年第4四半期から反転しプラスとなっていた。

しかしその効力は長くは続かず昨年の8月〜10月期には3.9%減と再び前年を下回る結果となった。第4四半期(11月〜1月期)の既存店ベース(暫定)は0.6%の減少だ。

 消費者の買い物の仕方の変化によりモール出店をベースにした大型店舗展開も陳腐化している。チェーンストア理論の崩壊で多くの売り場をもつ意味が大きく損なわれているのだ。  続きを読む
2020年02月05日

【食品スーパー】、フェアウェイ・マーケットに続き破綻に大量閉店!売り場原理主義者?

200205アースフェア00
■今年に入っても大量閉店のニュースが続いており、家具・インテリアのピア1インポーツに大手音響機器メーカーのボーズ(BOSE)、グリーティング・カードやラッピング用品などを扱うパパイラス(Papyrus)、アパレルチェーンのエクスプレス、デパートメントストアのメイシーズが閉店を発表している。

ここのところスーパーマーケットの破綻や大量閉店のニュースも続いている。

ニューヨーク老舗スーパーマーケットのフェアウェイ・マーケット(Fairway Market)は先月23日、連邦破産法11条を申請し倒産した。

フェアウェイ・マーケットは2度めとなる破綻でショップライトなどを運営しているヴィレッジ・スーパー・マーケット(Village Super Market )に5店舗とディストリビューションセンターを売却する計画となっている。

しかし残りの9店舗なども売却を模索していくとしているがスクラップされることも否定できない。

コロラド州ボールダーを本拠地に10州に39店舗を展開するオーガニック・スーパーマーケットのラッキーズ・マーケット(Lucky's Market)も全39店舗のうち32店舗を閉鎖するとの発表だ。

2016年にクローガー傘下となったラッキーズ・マーケットは先月21日に連邦破産法11条を申請し倒産。

2003年に創業したラッキーズ・マーケットは30店以上の閉鎖後、一部がパブリクスやアルディに売却されるとの計画になっている。

ノースカロライナ州を中心に展開するオーガニックスーパーのアースフェア(Earth Fare)は3日、企業清算を行うと発表した。

アースフェアは現在、フロリダ州やノースカロライナ州など10州に50店舗を展開し3,000人近くの従業員が働いている。

アースフェアは倒産していないものの、年々厳しくなっている小売経営環境に多店舗展開で負った債務から事業の継続を諦めた形だ。

皮肉なことに2008年から6年間アースフェアでCEOを務め多店舗展開を果たしたジャック・マーフィー氏は2014年にフェアウェイ・マーケットのCEOに迎えられた。しかしマーフィー氏の在任中、積極他店舗展開で巨額となった負債に耐えられずフェアウェイ・マーケットは2016年に1度目の倒産を経験している。

 スーパーマーケット業界もアマゾンやウォルマートなど競合からの競争が厳しいだけでなく地殻変動により、チェーンストア展開を基にした成長にも黄色信号が出ているといえるのだ。

トップ画像:1975年創業で10州に50店舗を展開するオーガニックスーパーのアースフェア。同社は厳しい経営環境から倒産せずに全店舗を閉鎖する。  続きを読む
Posted by usretail at 01:32Comments(0)スーパーマーケット
2020年02月04日

【ホームデポ】、名前がわからなくても画像検索!ストアアプリは破壊的イノベーション?

200204画像検索@ホームデポ・アプリ
■日曜大工などDIYで、パーツ名やツール名がわからないことは珍しくない。特にDIY初心者や女性などは名前がわからず途方にくれることがある。

DIYまでいかなくてもお部屋のインテリアでちょっとしたものが壊れた時、パーツ名がわからないことはよくあることだ。

ただ欲しいものがあって商品検索しようにも名前や商品名がでてこなければ検索のしようがないのだ。類似品の名前も出てこなければ検索できず、途方に暮れることもあるだろう。

専門的なものになれば、家族や友人に相談してもわからない。結局、仕方なくお店にまで出向いてスタッフに見せ、パーツ名やツール名を教えてもらうしかないのだ。

商品名が分かっても、スマートフォンでは手入力や音声入力するのに手間もかかってしまう。そんなわずらわしさをホームセンター最大手チェーンのホームデポは同社の専用アプリで解消している。

 ホームデポのストアアプリにはビジュアル検索となる画像検索機能が付加されている。画像検索とはスマートフォンで撮影した画像を使用し、同一もしくは関連する商品を検索する機能だ。

利用はいたって簡単。ホームデポ・アプリのメインメニューから検索窓にあるカメラのアイコンをタップする。画像検索の画面になったら無地の場所にパーツやツールをおいて映し画面をタップするだけだ。

AIが画像を分析してリアル店舗在庫からオンラインストアが扱う100万品目以上の中から商品を検索する。

検索の手間を削減することで、つぎはぎのないシームレスな買い物を実現でき、ホームデポのオムニチャネル化が一層進む。利用者が競合店内で画像検索することでお客がホームデポに流れることも考えられ、競争上の優位性をもたらすことにもなっている。

 ホームデポのストアアプリの機能は画像検索だけではない。在庫数や店内マップによる売り場も表示する「リアルタイム在庫」「2D/3Dマップ」がある。

アプリでリアルタイム在庫を確認できることでホームデポでは来店客の約半数がアプリでネットにアクセスしてお店に来ているのだ。

アプリにある商品ページにはストアピックアップやネットで購入した商品を店からデリバリーするBODFS(Buy Online Delivery From Store)の有無など、いくつかの受け取りオプションも用意されている。

DIYの便利ツールには「ツールボックス」も用意している。ツールボックスにはインチとセンチ単位の「キャリパー(測径器)」に面積や長さ、質量、温度、体積の「単位変換」、ナットをスクリーンの上におきナットの大きさを測ったり、ボルトの溝(ギザギザ部分)を計測する「ナット&ボルトファインダー」、カーペットの張り替え用には靴のサイズを登録しておき歩数で部屋の広さを計測する「タップメジャー」が入っている。

 一方、ホームデポにはストアアプリとは別に「プロジェクト・カラー(Project Color)」アプリがある。あまり知られていないがアメリカのホームセンターではペイントコーナーは人気のある部門であり、ホームデポではペイントは全部門の中でも上位の売上となっているのだ。

プロジェクトカラーはペンキで古い壁の色とマッチさせたり、好みの色を見つけ出すカラー検索アプリだ。使い方は「マッチ・ア・カラー(Match a Color)」で対象を撮影し、指で好きな色の部分をタップする。

中央に1,000種類のペイントからベストマッチの色とホームデポの専売ペイントブランドの「ベア(Behr)」の商品名に商品番号が表示される。その左側にはベストマッチより薄い色、右側には逆に濃い色を並べ、それぞれの商品名と商品番号も表示されるのだ。

3つの色のうち一つをタップするとサンプル画像にあるベッドルームやリビングルーム、バスルーム、キッチンの壁から家の外壁がその色になる。そのカラーの保存も可能で、サンプルサイズの8オンス(226グラム)の注文から1ガロン(4.76リットル)サイズでのストアピックアップもできるようになっている。45ドル以上の注文ではデリバリーは無料だ。

このプロジェクト・カラーに新機能「シー・イット・イン・ユア・スペース(See it in Your Space)」がベータ版として搭載されている。部屋の壁などペンキを塗る対象物を撮影することでマッチ・ア・カラーで選んでペイントをバーチャルで確認できる。ARによるペイント・シュミレーターを搭載したのだ。

 ホームデポではアプリ機能を便利にアップデートしており、かゆいところに手が届くような機能がふえていくのだ。

トップ画像:ホームデポ・アプリの画像検索でパーツ(カーテンスライド)を画像検索。AIが画像を分析してリアル店舗在庫からオンラインストアが扱う100万品目以上の中から商品を検索する。  続きを読む
Posted by usretail at 01:14Comments(0)アプリ
2020年02月03日

【スターバックス】、モバイルオーダー17%!イノベーションが溝を超えて成長期に入る?

200203スターバックス・ピックアップ
■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは第1四半期(10月〜12月期)の決算発表で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」が注文の17%に達したことを明らかにした。

モバイルオーダー&ペイは事前注文・事前決済。同社のアプリからコーヒー等を注文し、アプリ内にある金額をチャージしたギフトカード(プリペイドカード)から支払う仕組みとなっている。

モバイル・オーダーはレジ待ち行列を緩和し、注文の聞き取りミスや勘違いによるヒューマンエラーを回避できることでクレームが減り、顧客ロイヤリティが高まる。スタッフもより調理に集中できることで、店内オペレーションの合理化も図れるメリットがある。

スターバックスのモバイルオーダー&ペイの使い方は、アプリ上で最寄りのスターバックスなどピックアップする店を指定しメインメニューの「注文(Order)」からフラペチーノやサンドウィッチ等を選択する。

ピックアップまでのおよその時間が表示され、注文ボタンをタップすれば注文が確定され決済完了となる。店では注文を受信すると、スターバックスの厨房にあるプリンタが注文ステッカーを発行する。

注文ステッカーには顧客名とメニューが書かれており、該当するサイズのカップ(サンドウィッチなどは紙袋)に貼って、バリスタが準備するのだ。

モバイルオーダー&ペイは、前期となる第4四半期(7月〜9月期)では16%だった。また、アプリ決済等を行えるスターバックス・リワード会員(Starbucks Rewards)は1,890万人となっている。

 スマートフォンからの事前注文はファストフード・チェーンやピザチェーンなど外食産業では当たり前になりつつある。

スターバックスやチックフィレの他、マクドナルドなどのファストフード等や3大宅配ピザチェーン(ドミノピザ、ピザハット、パパジョンズ)大手の外食チェーンが導入しているのだ。

またディズニーやユニバーサル・スタジオなどのテーマパーク内のレストランにも拡大している。大手映画館チェーンの売店にも導入され、最近ではNBA(プロバスケットボールリーグ)、MLB(メジャーリーグベースボール)、MLS(メジャーリーグサッカー)などのスポーツ観戦のアリーナやスタジアムでも続々とスマートフォンによる事前注文を採用している。

サンドイッチや寿司などを扱うスーパーマーケットのデリでもモバイルオーダー経由の注文を受ける食品スーパーも徐々に出始めている。

ニューヨーク州など7州に101店舗を展開するウェグマンズはデリセクションでのモバイルオーダーを拡大している。

フロリダ州など東南部の7つの州に1,230店舗の食品スーパーを展開しているパブリクスはオンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートと提携しサンドイッチのモバイルオーダーによる宅配サービスとピックアップを拡大することを先月発表したばかりだ。

 スターバックスは昨年、モバイルオーダーをフューチャーしたスターバックス・ピックアップをニューヨーク市内にオープンした。

ピーク時にはモバイルオーダーが半数近くを占めるような場所も増えていることから、モバイルオーダーをフューチャーしたスターバックス・ピックアップも徐々に拡大するのだ。

トップ画像:ニューヨーク市内に昨年オープンしたスターバックス・ピックアップ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。新製品や新サービスが市場に普及していく理論にイノベーション理論があります。エベレット・ロジャース氏が提唱したイノベーション理論では「イノベーター」「アーリー・アダプター」「アーリー・マジョリティ」「レイト・マジョリティ」「ラガード」の5つの顧客層でイノベーションが順次普及していくとしています。新しもの好きのイノベーター(2.5%)とアーリー・アダプター(13.5%)の2つで16%。新製品や新サービスが爆発的に普及するには次の顧客群であるアーリー・マジョリティにまで浸透しなければなりません。多くがイノベーターとアーリー・アダプターの伝播で止まってしまい、アーリー・マジョリティまで広がりません。アーリー・アダプターとアーリー・マジョリティの間に深い溝(キャズム)があり、初期市場に成功してもその後は成長せずキャズムに落ちてしまうとしたのがキャズム理論です。新製品や新サービスが16%を超えているどうかが普及のカギを握るのです。  続きを読む
Posted by usretail at 01:02Comments(0)その他
2020年02月02日

【ウォルグリーン】、病院に行かなくてもオンライン診療アプリで自宅で医者と相談も!?

200202ファインド・ケア・ナウ
■中国から感染が広がり、世界に猛威をふるっている新型コロナウイルスについて世界保健機関(WHO)は30日、「国際緊急事態」を宣言した。WHOによると中国以外での感染は18ヶ国で計98人の感染者が確認されている。中国以外での死者はいない。

こんな時に風邪を引いても、すぐに病院に行くことに二の足を踏んでしまう。インフルエンザにかかっていなくても、病院で他の誰かからうつされてしまったらと心配になる。新型コロナウイルスでも万が一の院内感染を考えてしまうのだ。

病気をしたとき病院に出向くのもわざわざ面倒だ。外出しようにも天候が悪い時もある。アポをとるのも面倒だ。待合室で長く待たされイライラした経験もある。場所によっては近くに病院がない場合もある。

病院に行くほどのことではないような喉の痛みなどの軽い症状では、どうしようかと迷ってしまう。仕事が忙しく病院にいけるほど、そもそも日中に時間がないこともあるだろう。その一方で軽い症状でも悪化してしまい家族や仕事先に迷惑をかけてしまうことも考えてしまう。その前に医師などの専門家に相談をしておきたいとも思う。

 ドラッグストアチェーンのウォルグリーンの専用アプリには医療サービスのマーケットプレイスとなる「ファインド・ケア・ナウ(Find Care Now)」がある。

アプリだけでなくネット上で特設サイトにもなっているファインド・ケア・ナウは、症状のフィルタリング機能を通じて利用者近くの様々な医療サービスを的確に提供する。

数年前にローンチした実績のあるファインド・ケア・ナウは現在までに数多くの医療機関や医療施設と提携している。

往信のアポサービスや電話やネットのビデオ通話を使って医者に相談するテレヘルス(遠隔医療サービス)の「MDライブ・ドクタービデオ・コール(MD LIVE Doctor Bideo Call)」は人気だ。

特にMDライブは24時間サービスでいつでもどこでもオンライン診療を受けられるので注目されている。喉の痛みや咳、下痢など比較的軽い症状に限られているが、仕事の後などに自宅にいながら医者に直に相談できるので便利なのだ。小さな子どもなら病院に行く前に相談できるだろう。

ファインド・ケア・ナウでは皮膚科医との医療相談、鬱のようなメンタルヘルスの診察も対応した心理医療(ビデオコール)、オンライン上でのセカンドオピニオン・サービスまで提供している。

診療のアポには軽度の症状などを診察する近隣のクリニックなどから緊急を要するアージェントケアまで含まれているのだ。一部地域では眼や耳などのケアサービスも提供している。

フィルタリングは患者の地域から「腹部」「痛みや熱」「耳・鼻・喉」等にあるプルダウンメニューから症状を選んでいくとテレヘルスなど提供されるサービスが示される仕組みだ。

ファインド・ケア・ナウにある慢性ケア管理では、糖尿病、高血圧、狼瘡、多発性硬化症および睡眠時無呼吸などの慢性疾患および健康状態の患者が理解することを学ぶのを助けるためにヘルスケア専門家によって行われる

。慢性ケア管理では、糖尿病管理システムを開発するデキスコム(Dexcom)のCGMシステムのスタートガイドやFAQを提供している。CGM(Continuous Glucose Monitoring)は皮下に挿入したセンサーにより間質液中のグルコース濃度を連続的に記録し、 モニターに表示するリアルタイム・グルコースモニタシステム。

また慢性閉塞性肺疾患(COPD)やぜんそくの患者に接続型ヘルスソリューションを提供するデジタル医療企業のプロペラ―ヘルス(Propeller Health)とも提携している。吸入器につけた小型センサーがアプリと連携し、医薬品の使用状況を自動的に追跡するシステムもファインド・ケア・ナウで販売している。

 ドラッグストアも専用アプリを使うことで顧客に様々な医療サービスを提供できるのだ。

トップ画像:ウォルグリーンの専用アプリにあるファインド・ケア・ナウには往信のアポサービスの他、電話やネットのビデオ通話を使って医者に相談するテレヘルス(遠隔医療サービス)の「MDライブ・ドクタービデオ・コール(MD LIVE Doctor Bideo Call)」がある。  続きを読む
Posted by usretail at 01:21Comments(0)アプリ
2020年02月01日

【アマゾン】、食品スーパーはパワーセンター内!プライム会員1.5億人でMFCが増加?

200201ベビーザらス@タスティン・マーケットプレイス
■アマゾンのスーパーマーケットがロサンゼルス郊外ウッドランド・ヒルズ地区にまもなくオープンするが、新たなオープン予定地が明らかになった。

OCレジスター紙の報道によるとアマゾンの食品スーパーがオープンするとみられるのはロサンゼルス郊外のオレンジ郡タスティン地区にあるパワーセンター「タスティン・マーケットプレイス(Tustin Market Place)」。

パワーセンターは平屋建てのオープン・モールであり、3つ以上の専門DS(カテゴリーキラー)が核テナントとなっている。またコニュニティーSCからリージョナルSCの敷地面積で、核テナントのリース面積が75%以上を占めている。外に向かって開口(FWYや主要幹線沿い)しているのもパワーセンターの特徴だ。

タスティン・マーケットプレイスはロサンゼルス・ダウンタウンから南東に37マイル(約60キロメートル)の距離にあり、近くにはディズニーランドやサウス・コースト・プラザSCがある。

タスティン・マーケットプレイスのテナントにはホームデポやベストバイ、REI、バーンズ&ノーブルなどがある。

アマゾンの食品スーパーは約1,000坪となるベビーザラスの跡地(2961 El Camino Real, Tustin, CA 92782)と見られており、アルタ・ビューティーやコストプラス・ワールドマーケット、ベッドバス&ビヨンドが軒を連ねる敷地となる。

OCレジスター紙が確認したところではベビーザラスだった建物の入り口にはアルコール販売に関しての申請告知が貼られていた。

アルコール・ライセンスの申請者はアマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)となっており、アマゾンの食品スーパーの店名がアマゾン・フレッシュになる可能性もあるという。

タスティン・マーケットプレイスを運営するアーバイン・カンパニー(Irvine Company)とアマゾンは現在までにコメントはしていない。

 アマゾンは30日、第4四半期決算では好調な年末商戦を反映し売上高は過去最高となった。また世界全体のアマゾン・プライム会員が2018年4月に報告した1億人超から増加し、1億5,000万人を上回ったことを明らかにした。

2時間宅配が無料となるアマゾン・フレッシュは年会費119ドル(月額12.99ドル)のアマゾン・プライム会員が利用できる生鮮食料品宅配サービス。最低注文額は35ドル以上(ニューヨークなど一部には50ドル以上)となり、最低注文額を下回ると1件につき4.99ドルがかかる。

主にフルフィルメントセンターから宅配されるアマゾンフレッシュでは、1時間のスピード宅配が4.99〜7.99ドルと別にチャージされる。

一方、アマゾンには傘下の自然食品チェーン大手ホールフーズ・マーケット等から宅配するサービス「プライムナウ(Prime Now)」もある。最短1時間で宅配するプライムナウもアマゾン・プライム会員が利用できるサービスだ。

 ホールフーズ・マーケットでは品揃えがオーガニックや無添加の食品となり、一般的なスーパーに置いてあるものがない。アマゾンはホールフーズとは別ブランドのスーパーを作ることでオーガニックや無添加に偏らない品揃えでリアル店舗や宅配サービスを展開していくのだろう。

トップ画像:タスティン・マーケットプレイスにあったベビーザラス。同パワーセンターのベビーザラスの跡地にアマゾンが食品スーパーをオープンする。  続きを読む
2020年01月31日

【ウォルマート】、Walmart Health2号店をオープン!ハンド・サニタイザーを携帯せよ?

200131ウォルマートヘルス
■ウォルマートは29日、ジョージア州キャルフーンにプライマリー・ケア・クリニックの「ウォルマート・ヘルス(Walmart Health)」の2店舗目をオープンした。

ヘルスケア・サービスをリアル店舗に大幅に導入することでワンストップ・ショッピングに新たなニーズを掘り起こす。

スーパーセンター・キャルフーン店に隣接する形でオープンしたウォルマート・ヘルス(448 W. Belmont Dr Calhoun, GA 30701)ではプライマリ・ケア医師や看護師が、健康診断や日常的な疾患や軽度の怪我の初期診療や予防接種などを行う。

スーパーセンターとは入り口を別にするヘルスケア・クリニックではプライマリ・ケア医師による一般診療から歯科、聴覚、視覚、栄養指導などのカウンセリングやフィットネスを含むヘルス&ウエルネス・クラスまで健康にかかわる様々なサービスを提供する。

診療では健康保険を持たない人達にも廉価で提供されており例えば毎年の健康診断(Annual checkup)は30ドル(約3,300円)、子供の健康診断(Annual checkup - youth)は20ドル(2,200円)、脂質試験(Lipid test)は10ドル(1,100円)、平均血糖値を調べるA1C検査(A1C test)は10ドルなど明瞭会計となっている。

他にもインフルエンザ検査(Flu test)が20ドル(2,200円)やインフルエンザ予防接種(Flu immunization)が40ドル(4,400円)と安い。

歯科もレントゲンを含む歯科検診(Patient exam, including X-rays)が25ドル(2,700円)、クリーニング(Teeth cleaning - adult)は25ドル(2,700円)、ホワイトニング(Teeth whitening)が225ドル(24,500円)などとなっている。

カウンセリングも60ドル(6,500円)と利用しやすい。

ウォルマートでは診療の価格表を提示することで明朗会計となり、高額になりやすい医療費に対して二の足を踏む患者にも広く受け入れられると提供しているのだ。

ウォルマート・ヘルスの診療時間は月曜日〜土曜日が7:30am〜7:30pm、日曜日が10:00am〜6:00pmとなっており、アポイントメントもウォルマート・ヘルスのサイト(Walmart Health.com)からリクエスト可能となっている。  続きを読む
2020年01月30日

【ウォルマート】、スーパーボウルに創業以来初となるCM投入!高額でも訴求したい訳?

200130ウォルマートスーパーボウルCM
■ウォルマートは29日、創業以来初となるスーパーボウル用コマーシャルを発表した。

30秒の枠で最大560万ドル(約6億円)という莫大な広告料がかかることで有名なスーパーボウルのコマーシャルにウォルマートがカーブサイド・ピックアップ・サービス「ウォルマート・グローサリー・ピックアップ(Walmart Grocery Pickup)」CMを投入する。

カーブサイド・ピックアップは利用者がネットで注文した商品を指定されている店舗駐車場にて店のスタッフから受け取るサービス。ウォルマートでは30ドル以上の注文で手数料は無料となる。利用者は車から降りる必要はなく、注文品はスタッフがトランクに積んでくれる。

ウォルマートで初となるスーパーボウル用コマーシャルは、昨年大人気となったコマーシャルのシリーズもの。

テレビと映画の優秀作品を選ぶ第76回ゴールデングローブ賞の番組でローンチしたテレビコマーシャル「フェイマス・カーズ(Famous Cars)」では、バッドマン映画の「バッドモービル(Batmobile)」、ゴーストバスターズのゴースト退治用車両「エクト1(Ecto-1)」、テレビドラマのナイトライダーで人間の言葉を話す人工知能車「ナイト2000(Knight Industries Two Thousand:K.I.T.T)」など人気ハリウッド映画の有名車両12台が登場した。

今回の「フェイマス・ビジターズ(Famous Visitors)」では映画からテレビまで人気キャラクターが登場し、ウォルマートのスタッフから注文品を受け取るというもの。

日本でも人気の高い「スター・ウォーズ(Star Wars)」や「メン・イン・ブラック(Men in Black)」「スタートレック(Star Trek)」など12本からの採用となる。ユーチューブでは2分近くのロングバージョン版もアップロードされている。

 ウォルマートではカーブサイド・ピックアップと宅配サービスのネットスーパーの展開を多くのスーパーセンター等でおこなっている。カーブサイド・ピックアップは3,100店近くで利用可能で、宅配サービスも1,400店以上となっているのだ。

ウォルマートの宅配サービスにはサブスクリプションの「デリバリー・アンリミテッド(Delivery Unlimited)」を拡大している。1回の宅配手数料が通常9.95ドルかかるところをデリバリー・アンリミテッドでは年会費(もしくは月会費)で無制限に注文できる定額宅配サービス。

デリバリー・アンリミテッドの年会費は98ドルとなり、1ヶ月のプランでは12.95ドルとなっている。最低注文額が30ドルとなるデリバリー・アンリミテッドでは月に2回以上の注文でもとが取れることになる。

 ウォルマートの宅配サービスには配達員が利用者の留守宅に入って冷蔵庫に入れるサービス「インホーム・デリバリー(InHome Delivery)」も拡大中だ。

ミズーリ州カンザスシティやカンザス州カンザスシティ、ペンシルベニア州ピッツバーグ、フロリダ州ベロビーチの4都市で開始したインホーム・デリバリーは1回当たり30ドル以上の注文が必要で月額19.95ドルの会費を払う必要がある。

配達員は利用者宅に行き、スマートフォンでドアを開錠。シューズカバーを付けた配達員が利用者宅に入り、注文品を冷蔵庫に詰めたり、ガレージの冷蔵庫内に置いたりする。配達員はカメラを装着しており、利用者は宅配の様子をリアルタイムでスマートフォンで確認できる他、録画でもチェックできることになる。

インホームデリバリーには返品も受けつける計画があり、ネットで注文した商品を返す場合、自宅内の所定の場所に置いておけば返品を持って帰る。

 高額なコマーシャル料を支払ってでもウォルマートはネットスーパーを訴求したいのだ。ウォルマートのオムニチャネルにかける本気度が伺える。

トップ画像:創業以来初となるスーパーボウル用コマーシャル「フェイマス・ビジターズ(Famous Visitors)」。SF映画「フラッシュ・ゴードン(Flash Gordon)」の主人公がウォルマートのカーブサイド・ピックアップ・サービス「ウォルマート・グローサリー・ピックアップ(Walmart Grocery Pickup)」で注文品を受け取っている。


「フェイマス・ビジターズ(Famous Visitors)」の2分近いロングバージョン。日本でも人気の高い「スター・ウォーズ(Star Wars)」や「メン・イン・ブラック(Men in Black)」「スタートレック(Star Trek)」など映画からテレビまで人気キャラクターが登場している。  続きを読む
2020年01月29日

【ネットスーパー】、食品スーパーはリスク覚悟でオンライン用の物流を導入している!?

200129アマゾン・スーパー@ウッドランドヒルズ
■スーパーマーケットなどが加盟する食品流通業団体の食品マーケティング協会(FMI)は3年前、アメリカ国内のオンライン食品販売(ネットスーパー)の売上高が2025年までに約1,000億ドル(約11兆円)規模に達すると発表した。

しかしアリゾナ州フェニックスで開催されるFMIの冬季コンファレンスではこの予測がアップデートされ上方修正される。

FMIと調査会社ニールセンが共同で実施したデータによると、ネットスーパーの2025年の売上高は約1,430億ドル(約15.6兆円)となるとの試算だ。

当初の予測から400億ドル以上も増えた主な要因にはネットスーパーの利用にミレニアル層だけでなく利便性を理由にベビーブーマー世代や高齢者、高額所得者がオンライン経由で生鮮品を注文することになるからだ。

またリアル店舗だけで買い物するお客に比べてネットスーパーを併用するオムニチャネル・ショッパーは支出が増える傾向にあることも挙げられるのだ。

 多くのスーパーマーケットはネットスーパーにリスク覚悟で掛けている。その一つが店内にロボット物流を導入したマイクロ・フルフィルメントセンター(Micro-Fulfillment Center:MFC)の導入だ。

急増するカーブサイド・ピックアップやデリバリーに店舗ベースで対応するMFCはスーパーマーケット店内もしくは店に併設する形で設置され、広さは1万平方フィート(約300坪)となる。

MFCは1.5万〜1.8万アイテムを扱い、60アイテムの注文ではピッキングから袋詰めまで5分程度となる。着工から4ヶ月程度で稼働でき、工事費は300万ドルとなる。

南フロリダで34店舗を展開するセダノス・スーパーマーケット(Sedano's Supermarket)は昨年2月、ベンチャー企業のテイクオフ(Takeoff Technologies)のMFCを導入し稼働させている事例がある。

テイクオフはアルバートソンズやセダノス、アホールド・デレーズ、ショップライトを展開するウェイクファーンとも提携しており、多くのスーパーで店内MFCの稼働が期待されているのだ。

ウォルマートもロボット物流企業のアラート・イノベーション(Alert Innovation)と提携し、ニューハンプシャー州セイラム地区のスーパーセンターを2万平方フィート(約560坪)増床しMFCをテスト稼働中だ。

ウォルマートはオクラホマ州マスタングとカリフォルニア州バーバンクにあるスーパーセンターで2万平方フィートより小型となるMFCを来年にも導入する計画を発表している。

本社をイスラエルのテルアビブからニューヨークに移したMFC開発のファブリック(Fabric:以前の会社名はCommonsense Robotics)は提携先スーパーを明かしていないが、今年中に最大6ヶ所のMFCをローンチする。

ファブリックが全米小売業協会(NRF)主催の「NRFリテール・ビッグ・ショー(NRF Retail's Big Show)」で明らかにしたところによると、その中にはニューヨーク市ブルックリンとクィーンズの2ヶ所も含まれる。

 一方、MFCとは別にセントライズド・フルフィルメントセンター(Centralized Fulfillment Center:CFC)を作る動きもある。

CFCもAIを利用したオートメーション化されたロボット物流なのだが広さは30万〜40万平方フィート(8,400〜1.12万坪)にも及ぶ。CFCは着工から稼働までに2〜3年は必要となり、コストも5,500万ドル(60億円)以上もかかってしまうのだ。

CFCは食品スーパー最大手チェーンのクローガーが採用している。クローガーはイギリスのネット専業スーパー最大手のオカドグループと提携したCFCを2021年までに最大20ヵ所まで増やす計画だ。

これまでのところクローガーは着工したオハイオ州モンロー地区の33.5万平方フィート(9,380坪)CFCの他、フロリダ州グローブランド地区の37.5万平方フィート(1.05万坪)CFC、ジョージア州フォレストパークの37.5万平方フィート(1.05万坪)CFC、テキサス州ダラスの35万平方フィート(9,800坪)CFC、ウィスコンシン州プレザント・プレイリーの35万平方フィート(9,800坪)CFCを発表している。

クローガーは先週、6ヶ所目となるメリーランド州フレデリックの35万平方フィート(9,800坪)CFCを発表している。クローガーのCFCは来年以降に稼働する計画だ。

 MFCもしくはCFCのどちらかにリスクを賭けてでも参入しなければスーパーマーケットは生き残りが難しくなるかもしれない。

トップ画像:来月にもオープンが噂されているアマゾンのスーパーマーケット(ロサンゼルス郊外ウッドランドヒルズ)。左側にお客用のエントランスがあり、右側には宅配もしくはカーブサイド・ピックアップ用と思われる出入り口が見える。  続きを読む
Posted by usretail at 01:56Comments(0)スーパーマーケット
2020年01月28日

【HEB】、ストアアプリ販促に食料品を生涯無料!できる食品スーパーはアプリで語る?

200128マイHEBプロモ00
■電話やカメラ、手帳、ゲーム、お財布など様々な機能を搭載するようになったスマートフォンは、日常生活にはなくてなならない生活インフラだ。

ミレニアルなどの若い世代はスマートフォン・アプリを使いこなし、日常行動を便利にコントロールしている。中には起床から就寝まで片時も手放せないほどスマートフォンに依存した生活を送っている人もいるほどだ。

スマートフォンは買い物でも活躍している。アドビ・アナリティクスのデータによると、昨年の感謝祭日のオンライン売上でスマートフォン経由の売上は前年から14.5%の増加となった。ブラックフライデーではスマートフォンからの売上は29億ドルとなり、オンライン売上全体の39%を占めた。

別の調査でもブラックフライデーでのスマートフォン利用の増加は指摘されている。セールスフォースの分析ではブラックフライデーのオンライン売上高は72億ドル(約7,800億円)だった。スマートフォンなどモバイル経由でのオンライン・トラフィックはオンライン全体の74%でオンライン注文は60%となっているのだ。

NPDでの調査でもスマートフォンを利用して買い物するとした人は25%となっており、2年前の19%から6ポイント増加している。

日常的なショッピングでもスマートフォンを使った買い物は増加しているのだ。大手チェーンストアも顧客にシームレスで便利な買い物を提供するためストアアプリの開発に莫大な投資を行っている。

ストアアプリなくしてアメリカのチェーンストアを語れないと言えるのだ。

食品スーパーとて同じことが言える。スーパーマーケットチェーンは顧客にストアアプリを積極的に利用してもらいたいと思っているのだ。

 テキサスとメキシコに約400店を展開するスーパーマーケットチェーンのHEBは2月2日行われるスーパーボウルで昨年末に刷新したストアアプリの販促を行う。

優勝賞品は「一生分の食料品(lifetime of groceries)」となるストアアプリ・プロモーションでは「マイHEB(My H-E-B)」アプリをダウンロードして行うもの。

スーパーボウルで放映されるHEBのテレビコマーシャル中フューチャーしたHEB商品を10個選択してアプリ経由で送るのだ。

一人1回のみの参加で正解者は抽選で1名選ばれる。マイHEBアプリを介して告知される優勝者は、HEBの食品がライフタイムで無料進呈されることになる。

マイHEBアプリは急増するカーブサイド・ピックアップや宅配サービスのネットスーパーに対応し、利便性を高めている。

新アプリの特徴はネットスーパーがアプリ内でチェックアウトできるところだ。従来のアプリではネットスーパーを選択するとウェブブラウザが起動しHEBのホームページにアクセス後、注文するようになっていた。

ネットスーパーの利用が可能になったマイHEBにより注文履歴からの再注文が簡単になるのだ。パーソナライゼーションによりチェックアウト時のクーポン利用も利用者の注文に対応して提案できるようにも改良が加えられている。

インストアのアプリ利用にも機能が強化されており、ストア内商品検索も可能になり広い店内でも欲しい商品が見つけやすく工夫されている。

マイHEBはアップルやセールスフォースと提携して開発されており、スーパーマーケットのアプリとしては注目されているのだ。

 一生涯分の食品を無料にするキャンペーンから、スーパーマーケットでもいかにストアアプリが重要であるかがわかるだろう。アプリなくしてアメリカの食品スーパーは語れないと言える証左だ。

トップ画像:食品スーパーのHEBは「マイHEB(My H-E-B)」アプリの販促を行う。一生涯分の食品を無料にする、という大盤振る舞いからストアアプリがいかに重要であるかがわかるだろう。  続きを読む
Posted by usretail at 01:36Comments(0)スーパーマーケット
2020年01月27日

【イノベーションのジレンマ】、チェーンストアは破壊的イノベーションに駆逐されている!

200127イノベーションのジレンマ
■企業におけるイノベーションの研究における第一人者であり、ハーバード・ビジネス・スクール教授のクレイトン・クリステンセン(Clayton M. Christensen)氏が23日、マサチューセッツ州ボストンで死去した。67歳だった。白血病のため闘病生活を送っていたという。

クリステンセン氏はシリコンバレーのIT企業などに大きな影響を与えたことで知られている名著「イノベーションのジレンマ:技術革新が巨大企業を滅ぼすときThe Innovator's Dilemma: When New Technologies Cause Great Firms to Fail)」の著者だ。

豊富な事例を交えて破壊的技術革新が大企業を衰退させるというイノベーション理論を解説している「イノベーションのジレンマ」は歴史的なビジネス書といっていいだろう。

同書で描かれている理論は「優れた製品をもつ大手企業が自分たちのもつ技術を改善することに集中するあまり、破壊的な技術革新を持つ新興企業の前に変化できず力を失うこと」だ。

自分たちの持っている強みに磨きをかけることに加え、それとは全く異なる強みを持たなければ、時代に飲み込まれてしまうということになる。

「イノベーションのジレンマ」の事例には、馬車から自動車に移行する時代過程で、馬車会社が自動車製造にシフトできずに絶滅したことがある。通常の馬車より速い馬を数頭追加でき、より多くの人がより快適に乗れる馬車を開発できたとしても、自動車の前では姿を消さざるえなかったのだ。

また銀塩フィルムに固執したことでデジタル化に乗り遅れてしまったコダック社も事例として挙げられる。イノベーションのジレンマでは大企業になったからこそ「すべてを正しく行う」がゆえに、破壊的な革新となるイノベーションを採用することが難しくなるというジレンマを事例から解き明かしているのだ。

 これまで隆盛を誇ってきた大手チェーンストアもイノベーションのジレンマの事例になっている。調査会社のコアサイト・リサーチによるとアメリカ国内の閉鎖店舗数は昨年、トータルで9,300店を上った。2018年で閉鎖となった5,864店を超え、約60%も増えたことになる。店舗閉鎖8,139店となった2017年をはるかに凌ぐペースで大量閉店が起きたのだ。

ペイレス・シューソースやドレスバーン、ジンボリー等の大手チェーンストア企業の破綻や清算で、コアサイト・リサーチでは2019年が2012年から統計を開始して閉店数が最多となった。

今年に入っても大量閉店のニュースが続いており、家具・インテリアのピア1インポーツに大手音響機器メーカーのボーズ(BOSE)、グリーティング・カードやラッピング用品などを扱うパパイラス(Papyrus)、アパレルチェーンのエクスプレス等が大量閉店を発表している。

コアサイト・リサーチによると1月だけで1,218店の閉店発表があったのだ。

今、消費市場は「地殻変動」と喩えられる市場構造の根本的な変化となっている。破壊的変化に直面しているからこそ、リアル店に固執するあまり大手は逆に身動きが取れなくなっているのだ。

物流一つとっても売り場に向けて最適化された物流「ディストリビューションセンター」から、個別の顧客に送る物流「フルフィルメントセンター」を採用するのは極めて困難だ。

その前にチェーンストアで成功したリーダーが、チェーンストアを否定し異なるビジネスモデルを採用することがそもそも難しいといえる。

たとえば低迷しているベッドバス&ビヨンド。顧客の意見に真摯に耳を傾けて最適な売り場をつくるあまり、オムニチャネル化に乗り遅れてしまっている事例だ。

 大手チェーンストアの「持続的なイノベーション」が今、アマゾンなどの市場を拡大している「破壊的イノベーション」に駆逐されているのだ。対岸の火事にならないよう、日本のチェーンストアもイノベーションのジレンマから流通業の将来を見直す必要があるのだ。  続きを読む
2020年01月26日

【ニューヨーク】、現金お断り店禁止!アマゾン・ゴーでスタバ・コーヒーをハッキング?

200126紙レシート@アマゾン・ゴー
■ニューヨーク市議会は23日、クレジットカードやデビットカードなどによるキャッシュレス決済しか認めない「現金お断り」店を禁じる法案を圧倒的多数で可決した。

ビル・デ・ブラシオNY市長の署名から9ヶ月後に施行される市条例は銀行口座やクレジットカードを持てず、現金でしか買い物ができない貧困層に配慮したもの。

この法案では現金の受け付けを拒否する小売店や飲食店に対して、罰金として初回1,000ドル(約11万円)が科され、2回目以降は最大で1,500ドル(約16.5万円)のペナルティとなる。

一方、小さな小売店などには配慮しており20ドル紙幣を超える紙幣については対応をしなくてもよいとしている。プリペイドカードに現金をチャージする機器がある店舗は、キャッシュ対応とみなされるという。

「現金お断り」店を禁じる動きは全米に広がりつつある。

昨年3月にはペンシルベニア州のフィラデルフィア市で法案が成立し、キャッシュレス禁止を実行する初めての市が誕生。さらに同月、ニュージャージー州でも州レベルで禁じる法案が成立したのだ。また8月にはサンフランシスコがキャッシュレス禁止の都市に加わった。

このほかにシカゴやワシントンDCなどいくつかの都市でも同様の法案が検討されている。

 キャッシュレス店舗の象徴的な店といえばレジなしコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーだ。

キャッシャーフリーとも呼ばれるアマゾン・ゴーは人工知能(AI)やコンピューターヴィジョンを駆使することで、レジでの精算なしで食品を買うことができる革新的な店舗。

アマゾン・ゴーには買い物のボトルネックとなるレジがないため、通常の店舗とは比べものにならないほどスピーディーな買い物ができる。

QRコードで入店すると、エントランスのゲートが開いて入店できるのだ。あとは購入したい商品を手に取り店を出ていくだけの「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」となっている。

入店と同時に天井に設置されたカメラやセンサーによって利用者の行動が追跡される。棚にも重量センサーが装備され、商品を手に取る行動もトラッキングするようにもなっている。

店から持ち出した商品はアマゾン・アカウントにあるクレジットカードに自動的に課金される。

カメラやセンサーで得たデータから商品の動きを把握し、人工知能(AI)のディープラーニングを駆使して正確に決済する。

 「現金お断り」店を禁じる法律が各地で広がりつつあることでアマゾン・ゴーではキャッシュ対応も始めた。

アマゾン・ゴーでの現金利用では、エントランスにいるグリーター(案内係)がお客を入店させる(アプリ入店した場合も現金OK)。

買い物が終わったことを告げるとスタッフが若干大きめで四角いナイトテーブル(寝室のベットの脇に置く小さめのテーブル)のような台で対応する。

その低いテーブルの上に商品を置くとスタッフが端末で商品バーコードをスキャンする。バーコードを読み取った端末から支払金額が告げられるのだ。

現金を渡す際、おつりがある場合はそのテーブルにあるキャッシュドロア―をスタッフが手動で引き出し、そこからお釣り分を利用者に渡すのだ。

支払いを済ませると、端末から紙レシートをプリントアウトし渡される。店にでる時は通常と同じように商品をもってそのままゲートをでることになる。

アマゾン・ゴーはニューヨーク市内に8店舗、サンフランシスコ市に5店舗(1店舗は改装中)、シカゴに7店舗(1店舗改装中)、シアトル5店舗ある。

 ほぼすべてのアマゾン・ゴーはビジネス街の中心地にあり土・日が休みとなっている。そのため、現金でしか買い物ができない人が来ることはほとんどない。

アマゾン・ゴーでは現金支払いにローテクとなってしまうが、ほとんどいないためアナログ対応でいいのだ。

トップ画像:アマゾンゴー・ブルックフィールド・プレイス店で現金で買い物したときに渡されたペーパーレシート。  続きを読む
2020年01月25日

【モバイルオーダー】、パブリクスがインスタカートと参戦!ウェグマンズとの違いは?

200125インスタカートモバイルオーダー・パブリクス
■フロリダ州など東南部の7つの州に1,230店舗の食品スーパーを展開しているパブリクスは23日、オンデマンド買物代行&宅配サービスのインスタカートと提携しサンドイッチのモバイルオーダーによる宅配サービスとピックアップを拡大することを発表した。

地元では「スーパーマーケットのパブリクスはサンドイッチが美味い」と言われるほど根強い人気のサブマリン・サンドイッチがモバイル注文に対応する。

「インスタカート・ミール・イン・パブリクス(Instacart Meals in Publix)」の注文はインスタカート・アプリを介して行い、サイズやパンの種類、チーズや具材の変更、有料・無料のトッピングなど細かなカスタマイズも可能。

ポテトチップとコーラなどの飲み物を一緒にした、お得なセットメニューにもでき、デリのセールも反映する。

サンドイッチの宅配では35ドル以上の注文が必要で手数料は3.99ドルから(初回は無料)。利用者が店のデリでサンドイッチをピックアップする場合は手数料は無料となる。

パブリクスではサンドイッチのモバイルオーダーを数週間程度でフロリダ全体に拡大し、数ヶ月でほぼ全店で展開する計画だ。

なおパブリクスのサンドイッチは潜水艦(submarine)の形に似ている細長いサンドイッチでサブマリン・サンドイッチ(submarine sandwitch)と言われ通常「サブ(Sub)」と略される。

 ファストフード・チェーンやピザチェーンなど外食産業ではスマートフォンからの事前注文となるモバイルオーダーは広く浸透している。

モバイル・オーダーはレジ待ち行列を緩和し、注文の聞き取りミスや勘違いによるヒューマンエラーを回避できる。その結果クレームが減少、顧客ロイヤリティが高まる効果がある。

スターバックスやチックフィレの他、マクドナルドなどのファストフード等や3大宅配ピザチェーン(ドミノピザ、ピザハット、パパジョンズ)大手の外食チェーンが導入しているのだ。

またディズニーやユニバーサル・スタジオなどのテーマパーク内のレストランにも拡大している。大手映画館チェーンの売店にも導入され、最近ではNBA(プロバスケットボールリーグ)、MLB(メジャーリーグベースボール)、MLS(メジャーリーグサッカー)などのスポーツ観戦のアリーナやスタジアムでも続々とスマートフォンによる事前注文を採用している。

先に全店に導入を済ませている外食チェーンでは売上の一部がモバイルオーダー経由になっている。

例えばスターバックスではすでに16%以上がモバイルからの注文となり、チックフィレも約20%がモバイルアプリからの注文だ。

サンドイッチや寿司などを扱うスーパーマーケットのデリでもモバイルオーダー経由の注文を受ける食品スーパーも徐々に出始めている。

ニューヨーク州など7州に101店舗を展開するウェグマンズはデリセクションでのモバイルオーダーを拡大している。ウェグマンズは食品スーパーでありながら、いち早くモバイルオーダーを導入し、旗艦店となるピッツフォード店など多くに拡大中なのだ。

ウェグマンズでは同社の専用アプリ「ウェグマンズ・ミールズ2ゴー(Wegmans Meals 2Go)」から事前注文を行う。メニューはピザやチキン、サンドウィッチ、ラップ、サラダ、寿司など。場所によって受け取りは「デリバリー(Delivery)」「カーブサイド・ピックアップ(Curbside Pickup)」「店内ピックアップ(Carryout)」がある。デリバリーはオンデマンド宅配業者のドアダッシュが行う。

デリバリー対象エリアは対象店から5マイル(8キロメートル)圏内。店頭価格からのマークアップはないが、デリバリーの場合は20ドル以上の注文が必要だ。

出前による手数料は一律10ドル(地域によって異なる)となっている。ピックアップは店内の場合、デリセクションのミールズ2ゴー専用エリアで受け取る。またテキスト入力することによるカーブサイドピックアップでの受け取りも可能だ。


 パブリクスはインスタカートのアプリ経由、ウェグマンズは同社のアプリ経由と違いはあるものの食品スーパーのデリによるモバイルオーダーは静かに広がっていきそうだ。

トップ画像:インスタカート・アプリを介してパブリクスで一番人気のデリメニュー「チキン・テンダー・サブ」を注文。サイズやパンやチーズの種類、マヨネーズやケチャップなどの調味料に有料・無料のトッピングの選択などカスタマイズが可能だ。カートに入れた後、ポテトチップスやコーラなど飲み物を一緒にしたお得なセットメニューにもできる。  続きを読む
Posted by usretail at 01:36Comments(0)スーパーマーケット