2017年03月29日

【米国流通視察】、必見の新店舗先 スキャン&ゴーを勉強しなけりゃ来た意味がない?

170329スキャン&ゴー@サムズクラブ
■ネット通販最大手のアマゾンは、シアトル市内でレジ不要のコンビニ「アマゾンゴー(Amazon Go)」のテストを行っている。この店舗は現在、同社の従業員向けのみテスト展開となっている。購入した商品をカメラやセンサーなどの情報を通じてAI(人工知能)で認識し決済するアマゾンゴー(2131 7th Ave, Seattle, WA 98121)は、日本でも注目が集まっており一般公開が遅れてはいるものの、いずれアマゾンプライム会員も買い物ができ、視察のメッカになるだろう。アマゾンはドライブスルー専用スーパーをオープンしようとしている。プロジェクトXと呼ばれている店はワシントン市内にあるバラード地区(5100 15th Ave NW, Seattle, WA 98107)にオープン予定だ。さらにアマゾンはもう一つドライブスルー専用スーパーをワシントン市内のスターバックス本社近くのシアーズ跡地(2401 Utah Ave S, Seattle, WA 98134)にオープン予定との情報もある。アメリカにはアマゾンゴーのような視察すべきお店がいくつもある。
 レジ不要の決済では、サムズクラブのスキャン&ゴーを視察すべきだ。スキャン&ゴーはサムズクラブの全店で導入されており、サムズクラブの会員ならスキャン&ゴーで買い物ができる。全米に660店を展開するサムズクラブのロケーションはこのサイトで確認できる。サムズクラブの親会社であるウォルマートでもアーカンソー州ロジャースにあるスーパーセンター(4208 S Pleasant Crossing Blvd, Rogers, AR 72758)やフロリダ州オーランド郊外のレイクノナ地区にオープンしたスーパーセンター(11930 Narcoossee Rd Lake Nona, FL 32832)、テキサス州ヒューストン郊外のオーガスタ・パインズ店(25800 Kuykendahl Rd, Tomball, TX 77375)の3店でもアプリと端末でスキャン&ゴーの買い物ができるようになっている。なおロジャース店には「ビッグラブBBQ(Big Rub BBQ)」、レイクノナ店には元NBA選手のレイ・アレン氏と妻のシャノン・アレン氏の「グロウン(Grown)」、オーガスタ・パインズ店にはギリシャヨーグルトの「チョバーニ・カフェ(Chobani Cafe)」が入っているのでグローサラント業態の参考にするのもいいだろう。
 グローサラント業態で必見はニューヨーク市マンハッタン・ブライアントパークにオープンしたばかりのホールフーズ(1095 6th Ave, New York, NY 10036)がある。ランク・カストロノヴォ氏とフランク・ファルチネッリ氏が共同オーナーとなる「フランキーズ・スプンティーノ(Frankies Spuntino)」が入っており、青果部門のサービス「プロデュース・ブッチャー(Produce Butcher)」も必見だろう。ホールフーズ・ブライアントパーク店はミッドタウンのホテルなら近距離なので視察どころか夕食にも使えるのだ。ニューヨークといえば、2017年の中頃にオープン予定のスチューレオナードの6店舗目がある。ロングアイランドにあるパスマークの跡地(1897 Front St, East Meadow, NY 11554)に1,960坪の広さで展開するという。イースト・メドウ店はジョンFケネディ国際空港から20分程度の距離なので、5店舗目のファーミングデール店(261 Airport Plaza Blvd, Farmingdale, NY 11735)よりアクセスに便利だ。
 また、グローサラントではないが、ベッドバス&ビヨンドが1月、バイバイベイビーやコストプラス・ワールドマーケットなど傘下の店を集めた3,400坪の大型店「ビヨンド・アット・リバティ・ビュー(BEYOND at Liberty View)」をブルックリン(850 3rd Ave, Brooklyn, NY 11232)にオープンしている。フルサービスのレストランも入っているので機会があったら見ておきたい。  続きを読む
2017年03月28日

【アマゾン】、アマゾン・ゴーの開店遅れる!AIコンビニはおでんツンツン男で不具合?


■アマゾンのレジ不要コンビニエンスストア「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」の公開が遅れるとブルームバーグやウォールストリートジャーナルが報じた。関係者の話として伝えたことによると、原因はシステムの不具合。シアトル市内でテストをおこなっているアマゾンゴーは、商品を手に取って店を出れば自動的に課金される、AI(人工知能)を駆使したハイテク店舗だ。アマゾン社員のみを対象に実験を行っているのだが、混み合うとシステムがクラッシュするため入場制限を設けているという。20人以上の来店では、お客のトラッキングが困難で、特定のお客が手に取った商品も判別できず、AIが機能不全に陥るとの話だ。また決まった商品棚から動かされた商品についてもトラッキングが難しく課金ができない。そのため沢山のお客が詰めかけるオープニングでは対応できないと、一般公開を遅らせているのだ。今のところ、店内に数名のお客のみで、商品を手に取る動作もゆっくりという条件下なら問題はないという。
 アマゾンは昨年12月、コンピュータービジョン(画像解析システム)やセンサーフュージョン、ディープラーニングなど自動運転車と同じAI技術を使うことで、自動購入システムによりレジ不要となるアマゾン・ゴーを発表。アマゾンはアマゾン・ゴーの一般公開となるオープニングを2017年初めとしていた。システム不具合が伝えられる現時点では、アマゾン・ゴーのオープニングがいつになるかは不明という。なおアマゾンは同社のリアル店舗として書店の「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」をシアトルやサンディエゴに5店舗、10坪前後でキンドルなどを展示販売する「アマゾン・ポップアップストア(Amazon Pop-Up store)」をモールなどに30ヵ所展開している。また、ネットで注文した生鮮食品などを車から降りずに商品を受け取るドライブスルー専用スーパー「アマゾンフレッシュ・ピックアップ(AmazonFresh Pickup)」も2店舗、シアトル市内にオープンが待たれている。

トップ動画:レジのないコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」。50坪の広さで品揃えは普通のコンビニと変わらないが、入店時にバーコードチェックインして、買い物は商品を自分のバッグにそのままいれていくだけ。商品バーコードをスキャンする必要もなく、レジに並んで会計もせず、アプリ上の決済さえ不要だ。商品を持ったまま店を立ち去る(ウォークアウト)だけという脅威的テクノロジーだ。しかし、混雑するとシステム不具合が起きてしまうため、一般公開の目途は立っていない。  続きを読む
2017年03月27日

【ハイビー】、大根買ってファストファッション!テスコがF&Fで食品スーパーに拡大?

170327F&F@ハイヴィー
■中西部に240店以上のスーパーマーケットを展開するハイビーは現在、ファストファッションのブティック「F&F」を店内で展開している。F&F(Florence&Fred)はイギリス最大手の流通企業、テスコのファストファッション・ブランドでヨーロッパやアジア、中東など20ヶ国で展開している。ハイビーはF&Fと独占契約をしスーパー内に店舗内店舗として展開しているのだ。F&Fの1号店は昨年6月、ミネソタ州ミネアポリス郊外のレイクビル店(2,500坪)にオープンした。約80坪のブティックにはレディースやメンズ、キッズのアパレルを50ドル以下となるバリュープライスで販売している。24時間営業となるハイビーでは、F&F営業時間が朝9時〜夜9時までとなっており、専任スタッフがブティックに常駐している。F&Fは最新の流行を採り入れながら短いサイクルで次々に新商品を投入するファストファッション。2週間で新商品が店頭に並ぶためサイズがヨーロッパサイズであり、アメリカのサイズと異なっているため常駐スタッフがアドバイスを行うのだ。ブティックには試着室もある。F&Fのレイクビル店(16150 Pilot Knob Rd, Lakeville, MN 55044)オープン後、昨年7月にはミネアポリス郊外にあるハイビー・ブルックリンパーク店(9409 Zane Ave N, Brooklyn Park, MN 55443)、9月に同じくミネアポリス郊外のハイビー・イーガン店(1500 Central Park Commons Dr, Eagan, MN 55121)にオープンした。10月にはミネソタ州ロチェスター店(4221 West Circle Drive SW Rochester, MN 55901)、アイオワ州デモイン店(4605 Fleur Dr Des Moines, IA 50321)とデモイン郊外のハイビー・アンケニー店(410 N Ankeny Blvd Ankeny, IA 50023)にそれぞれオープンしている。今年2月にはミネアポリス郊外のサヴェージ地区にオープンしたハイビーの2,700坪店(6150 Egan Dr,Savage, MN 55378)にも出店している。これら7店に続いて5月の初めにはネブラスカ州オマハ地区のストーニー・ブロック・ブルバード沿いの店舗(14591 Stony Brook Blvd Omaha, NE 68137)にオマハから西に位置する店舗(1000 S 178th St Omaha, NE 68118)内にもオープン予定だ。また年末までにオマハ郊外リンカーン地区にある2店舗(1601 N 84th St Lincoln, NE 68505)(6001 Village Dr Lincoln, NE 68516)にも出店する計画だという。
 なお、テスコは2007年、食品スーパーの「フレッシュ&イージーネイバーフッドマーケット(F&E)」のアメリカ1号店をカリフォルニア州ロサンゼルス郊外にオープン。アメリカ進出から5年でカリフォルニア州やネバダ州、アリゾナ州の3州に199店を展開も利益がでず、2013年4月にアメリカ市場からの撤退を発表した。テスコは同年9月、F&E約150店をロン・バークル氏率いる投資会社のユカイパ社に売却した。フレッシュ&イージーネイバーフッドマーケットはユカイパの傘下として存続していたが2015年5月、不採算店舗50ヵ所の閉鎖を発表し、10月には残り100店近くの全店を閉鎖している。  続きを読む
2017年03月26日

【ゲームストップ】、200店以上を閉鎖!瞬間風速の速い神風スイッチに逆風がなければ?

170326ゲームストップ
■ゲーム専門店チェーンのゲームストップは23日、最大225店舗を閉鎖することを発表した。据え置き型ゲーム機(ゲームコンソール機)やソフトが不調で不採算店などを中心に閉鎖していく。一方、ゲーム以外を販売するセグメントの「シンプリーマック(Simply Mac)」「スプリング・モバイルAT&T(Spring Mobile AT&T)」「クリケット(Cricket)」やゲーム・映画キャラクターのコレクターグッズ「コレクティブルズ(Collectibles)」の店舗を拡大する。なおゲームストップは国内約4,000店を含め世界14ヶ国に約7,500店を展開しており、今回の閉鎖は全店の2%〜3%にあたるとしている。今のところ閉鎖店舗先や店舗閉鎖による解雇人員数など詳細は明かしていない。ゲームストップが23日に発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では二桁減となる減収減益に、既存店ベースも二桁で減少となった。売上高は人気ゲーム機や人気ゲームソフトがなく30.5億ドルと前年同期比13.6%の減少となった。純利益も2.09億ドルと前年同期比15.8%となり二桁減となった。既存店・売上高前年同期比は16.3%の大幅な減少となった。国内の既存店ベースは20.8%の減少だった。感謝祭から始まったブラックフライデーセールで競合店などがゲームコンソール機や人気ゲームソフトを目玉にしたことで売上が大幅に落ち込んだ。ゲームストップではゲームコンソール機などゲームハードは売上の19%を占めており、ゲームソフトは同31%となっている。通年ベースでは売上高が86.1億ドルと前年比8.1%の減少、純利益も3.53億ドルと同12.3%の減少となった。既存店・売上高前年比はゲーム全般が冴えず13.5%の落ち込みとなった。  続きを読む
Posted by usretail at 02:27Comments(0)TrackBack(0)その他
2017年03月25日

【ウォルマート】、所有する映画をスマホからクラウドに保存!クラウドで「君の名は」?

170325ディスク・ツー・デジタル@ブドゥアプリ
■ウォルマートは所有するDVDおよびブルーレイの映画をスマートフォンで簡単にクラウド上にアップするサービスを始めた。これによりDVDやブルーレイのパッケージ購入した映画ライブラリーをネット接続を介してスマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからいつでも自由に視聴することができる。新サービスはウォルマート傘下のオンライン映画ストリーミングサービス「ブドゥ(VUDU)」が提供する。利用に仕方はブドゥでアカウント登録したのち、ブドゥのアプリをダンロード。アプリにある「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」の「バーコードをスキャン(Scan Barcode)」ボタンをタップし、手持ちの映画DVDもしくはブルーレイ・ディスクのパッケージにあるバーコードをスキャンニングする。GPS機能によるモニタリングでスキャニングできる場所は、自宅などのブドゥに登録した請求先住所のみとなっている。アップ後は、DVD媒体等の映画を購入すると所有者がデジタル版を視聴する権利が得られるコンテンツ・オーナーシップの「ウルトラバイオレット(UltraViolet)」に登録が求められる。またクラウド上にアップできる映画は一人当たり最大100タイトルとなっている。クラウド上に保存後も所有するDVDもしくはブルーレイディスクは引き続き閲覧が可能。ディスク・ツー・デジタルのサービス料は標準画質(SD)のDVDもしくはブルーレイディスクが2ドルで、SDを高画質のHDXにアップグレードする場合は5ドルとなる。対象となる映画は、ウォルマートと提携しているワーナーブラザースやパラマウント、ユニバーサルスタジオなど大手配給会社が提供する8,000近くのタイトルでさらに増える見込みという。なお、ウォルマートは2012年4月から同サービスを店舗で開始している。

トップ画像:ブドゥ・アプリの「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」。「バーコードをスキャン(Scan Barcode)」ボタンをタップし、手持ちの映画DVDもしくはブルーレイ・ディスクのパッケージにあるバーコードをスキャンニングすると映画がクラウド上にアップされる。ネットを介していつでもどこでも何度でも自分が持っている映画をスマートフォンやタブレットで鑑賞できるのだ。
 

ブドゥの「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」サービスのコマーシャル動画。パーティ・マジックのしくじりで微妙な空気が流れた後に「手品は難しいですが、ディスクのデジタル化は簡単です」とのセリフだ(笑)。  続きを読む
2017年03月24日

【店舗閉鎖】、リアル店舗の悲劇!ハムレット「生きるか死ぬか」のbebeも全店閉鎖?

170324Bebe
■またチェーンストアの店舗閉鎖のニュースだ。レディースファッションチェーンのbebeがアウトレットストアを含む170店舗を閉鎖すると報じられている。ブルームバーグによると、内部事情に詳しい匿名情報としてbebeが破産法申請を避けるためリアル店舗をすべてスクラップしようとしている。bebeには過大な負債がないものの過去4年で2億ドルもの赤字を計上しており、同社のEコマースで経営再建に集中する。一方、全店スクラップには、テナントとして出店しているショッピングセンター側との交渉が不可欠であり、交渉を進めるために連邦破産法第11条の申請が必要との見方もある。なお1976年創業のbebeは、シェイクスピア作の悲劇「ハムレット」の名セリフ「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ(To be or not to be, that is the question)」から社名がつけられている。生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされているチェーンは他にもある。シアーズ・ホールディングスが21日に証券取引委員会(SEC)に提出した年次報告書(10-K)で事業継続に重大な懸念があることを明らかにした。シアーズは1月、150店におよぶ大規模な店舗閉鎖と同社PBで老舗工具ブランド「クラフトマン(Craftsman)」の売却を発表したばかり。第4四半期でも6億ドルの赤字を計上しており、通年ベースでも最終損益が22億ドルの赤字と前年から赤字が倍増している。客離れに赤字、債務超過の状態が続いているため、シアーズはいつ破産申請を行ってもおかしくない。靴のディスカウントストアのペイレス・シューソースも早ければ来週中にも破産申請が行われると報じられている。5年前から投資企業のゴールデン・ゲート・キャピタルとブラム・キャピタル・パートナーズの傘下となっているペイレス・シューソースは北米の3,600店を含め世界に4,400店を展開している。お客はモールからネットに移行しており、皮肉にもペイレス・シューソースからも客足が遠のいているのだ。同社は7億ドル近い負債を抱えており、倒産後に500〜600店を閉鎖すると伝えられている。
 「生きるべきか死ぬべきか」のシェイクスピアの悲劇より、チェーンストアの悲劇はまだ続きそうだ。ハムレットのように、リアルはネットに復讐を果たせるのだろうか?  続きを読む
Posted by usretail at 01:30Comments(0)TrackBack(0)アパレル専門店
2017年03月23日

【コストコ】、宅配を始める!消費がさらにネットに向かえばオムニチャネル化にシフト?

170323コストコ
■コストコは21日、オンデマンド買物代行・宅配サービスのシプツ(shipt)と提携し宅配サービスのテストを開始する。シプツの発表によると、フロリダ州タンパ地区のコストコから最短1時間の宅配サービスを開始し、2017年中に50都市以上でのサービス展開を目指す。なおコストコからの発表はおこなっていない。サービス利用者はシプツのアプリをスマートフォンにダウンロードし、コストコの生鮮品など約4,000品目をアプリ経由で注文する。利用者はコストコ会員である必要はない。アラバマ州バーミンガムに本部を置くシプツはクラウドソーシングを採用したビジネスモデル。アプリを通じて注文が入るとショッパーと呼ばれる登録者がスーパー等で買い物し、注文から最短1時間で顧客に配達する。シプツのサービス手数料は1回7ドル。年会費99ドルのメンバーシプツ(MemberShipt:現在は年会費49ドル、月額では14ドル)に加入すると、発注金額が35ドル以上は手数料無料で何度でもサービスを受けられる(35ドル以下は1回7ドル)。シプツによると、宅配商品は35ドル分で5ドル程度マークアップされているという。コストコの宅配サービスはシプツが初めてではない。正式な提携は行っていないもののシプツと同業のインスタカートが19州でコストコからの宅配を行っており、グーグル・エクスプレスも扱い商品を限って宅配をおこなっている。
 シプツは2014年の創業当初、ターゲットやベストバイ、ホームデポからの宅配をおこなっていた。翌年からは買物先をスーパーマーケットに絞り(一部地域ではアルコール専門店からも宅配)、多くの都市でスーパーマーケットも1社に特定している。シプツは現在、フロリダ州やテキサス州などを中心に10州35都市で展開している。今月10日にはミシガンを中心に約230店のスーパーセンターを展開するマイヤーと提携し宅配サービスを始めることを発表した。すでにミシガン州デトロイト地区などマイヤー25店舗で宅配サービスを始めており、一部地域では24時間宅配サービスを行っているという。

トップ画像:朝7時過ぎのコストコ店内(通常は10時からだがコストコ・ビジネスセンターは朝7時からオープン)。シプツの宅配サービスを利用することで年配者や子供連れ家族は広い店内を歩かずに済むようになる。ただし、コストコはオムニチャネル化をおこなっていない。  続きを読む
Posted by usretail at 02:18Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2017年03月22日

【ウォルマート】、インキュベーターのストアNo8!AIで自社アプリも賢く使わせる?

170322ウォルマート・ペイ
■ウォルマートは20日、自社内にインキュベーター部門を新たに設立することを発表した。ウォルマートのインキューベーター事業はユニークなITをもつ外部のベンチャー企業と提携し、ウォルマートの潤沢な資金で支援しながら新たな技術を創造する。ラスベガスで開催されている小売とEコマースのイベント「ショップトーク(Shop Talk)」に登壇していたウォルマートEコマースCEOのマイク・ローリィ氏が明かした。ローリィ氏によると事業部名は「ストアNo8(Store No. 8)」。ウォルマート創業者サム・ウォルトン氏が創業間もない頃に小売で様々実験を繰り返していた店舗名から命名したという。ウォルマートにはECにフォーカスした開発部門の@ウォルマートラボ(@WalmartLabs)があるが、ストアNo8はベンチャー企業との提携からシームレスショッピングやIT物流に応用可能なVR(バーチャルリアリティ)やAR(アグメンティッド・リアリティ)、ロボット、ディープ・ラーニング、AI(人工知能)等の分野で投資を進めていく。ストアNo8はローリィ氏の管轄となり、シリコンバレーにオフィスを構える。また責任者としてウォルマート・グローバル・マーケットプレイスのシニアVPのセス・ビール氏とジェットの開発部門のトップだったケイティ・フィネガン氏となっているが、組織の体制やスケジュールなどは明らかにされていない。
 ウォルマートは昨年8月にネット通販のジェット(Jet.com)を買収後、ジェット創業者でCEOのローリィ氏をウォルマート・グローバルEコマースのCEOに就任させている。ウォルマートの傘下となったジェットは今年に入り、靴のオンラインショップの「シューバイ(ShoeBuy)」、アウトドア用品販売の「ムースジョー(Moosejaw)」、ビンテージ・レディース・ファッションの「モドクロス(Modcloth)」を買収している。ウォルマートが先月発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、3,500万品目以上の取り扱いとなったEコマースの売上高が前年同期比29%増となり、前期の同21%増から成長が一段と加速した。また国内の既存店ベースは1.8%の増加となり、10四半期連続で前年を上回った。

トップ画像:独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」。ウォルマートの自社アプリにはウォルマートペイやセービングキャッチャーなどの機能があるが、インキュベーター部門設立で近い将来AIを使ったショッピングも可能になる?  続きを読む
2017年03月21日

【ターゲット】、NYヘラルド・スクエアに新店!何の因果かメイシーズ旗艦店はやばい?

170321ターゲット@ヘラルドスクエア00
■ターゲットは20日、ニューヨーク市マンハッタンのヘラルド・スクエアに今年10月に新店をオープンすることを発表した。ターゲットが「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼んでいる小型店(1,200坪)の出店先はブロードウェイ(Broadway)と34丁目(34th Street)で、スニーカー等を販売するアパレルチェーンのフットロッカーの場所(112 W 34th St New York, NY 10120)。ターゲットの新店は34丁目でメイシーズの旗艦店と向き合っており、ペンシルベニア駅からもワンブロックの距離で多くの旅行客でにぎわっている場所だ。二階層となる新店には、34丁目と33丁目に二つのエントランスをもっているという。正面となる34丁目側にはアパレルやアクセサリーの品揃えで、33丁目の入り口近くの売場にはコンビニエンスストアのようなグラブ&ゴー(grab-and-go)など素早く購入できる食品や飲料品などを取りそろえる。他にステーショナリーやポータブル家電、都市生活者のためのホームグッズ、健康・美容関連にターゲットの薬局となる「CVSファーマシー」も導入される。またネットで注文して店でピックアップするオーダーピックアップ(Order Pickup)のサービスカウンターも設置する。
 ターゲットは今年、既にオープンしている店を含め30店舗を出店する計画だ。テキサス州スプリング地区にオープンした3,500坪のグランド・パークウェイ・マーケットプレイスやハワイ州ホノルル・セントラル店(3,900坪)、カリフォルニア州オーシャン・イースト店(2,500坪)の3店を除き、27店舗は500坪〜1,400坪のフレキシブル・フォーマットとなっている。2018年にはニューヨーク市イーストビレッジ店(760坪)やニューヨーク市ミッドウッド店(1,060坪)などフレキシブル・フォーマット4店の出店計画が明らかにされており、2019年もマンハッタンのヘルズ・キッチンのエリアに810坪店を出店する。ターゲットは2020年までにフレキシブル・フォーマット100店展開を目標としている。なおターゲット・ヘラルド・スクエア店は、マンハッタン・ハーレム地区に7年前にオープンしたイースト・リバー・プラザSC内のイースト・ハーレム店(3,800坪)、昨年10月にオープンしたトライベッカ店(1,260坪)に続き、マンハッタンでは3店舗目となる。ワールド・トレード・センター駅から2ブロック北に位置するトライベッカ店には、2012年にニューヨーク・ソーホー地区にオープンした「チョバーニ・ソーホー・カフェ(Chobani Soho Cafe)」の2号店目がテナントとして入っている。
 
トップ画像:今年10月オープン予定のターゲット・ヘラルド・スクエア店のイメージ図。1,200坪のフレキシブル・フォーマットは、34丁目でメイシーズの旗艦店と向き合う形で出店する。エントランスは2つあり、正面となる34丁目側はアパレルやアクセサリーの品揃えだ。33丁目のエントランスでは、売場にコンビニエンスストアのようなグラブ&ゴー(grab-and-go)など素早く購入できる食品や飲料品などを取りそろえるという。  続きを読む
2017年03月20日

【アマゾン】、アマゾンフレッシュにセレブなミールキット!直美の三段腹ミールキット?

170320マーサ&マーリースプーン@ミールキット
■生鮮品宅配サービスのアマゾンフレッシュ(AmazonFresh)は14日、マーサ・スチュワート氏のミールキット「マーサ&マーリー・スプーン(Martha & Marley Spoon)」の取り扱いを開始した。ミールキットは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。レシピに従って調理すれば、自宅でも高級レストラン並みの食事を簡単に楽しめる。マーサ&マーリー・スプーンは、料理から室内装飾までライフスタイルを独自に提案するカリスマ主婦のスチュワート氏と、ミールキットのマーリー・スプーンが昨年6月にコラボで始めたミールキット・ブランド。アマゾンフレッシュはニューヨークやサンフランシスコ、ダラス、フィラデルフィアにある物流拠点からマーサ&マーリー・スプーンの宅配を行う。なおアマゾンフレッシュは昨年秋、食肉大手のタイソン・フーズと提携し、同社のミールキット「タイソン・テイストメイカーズ(Tyson Tastemakers)」の宅配も行っている。
 手軽さにより急成長しているミールキット市場には現在、150社以上が参入。調査会社パッケージ・ファクトは、ミールキットの昨年の市場規模が約15億ドル(約1690億円)と推計しており、5年後に50億ドル規模に成長すると見込んでいる。外食業界を専門にする調査会社テクノミックも、5年で10倍にも急成長すると予想している。別の調査でも2025年までに350億ドル市場に成長していると試算しているのだ。混戦するミールキット市場は最近、セレブとコラボしたプランが次々と誕生している。スーパーモデルのシンディ・クロフォード氏が提案する「アーバン・レメディ&シンディクロフォード(urbanremedey/cindy-crawford)」や歌手のビヨンセさんと夫ジェイZ氏のプラン「22日間ビーガンミールキットプラン(22 Days Nutrition guided Beyonce and Jay-Z on a 22 Days Vegan Challenge)」がある。ホールフーズの一部店舗でテスト販売を行っているパープル・キャロット(Purple Carrot)でもアメリカンフットボール選手のトム・ブレイディ氏のミールキットプランを始めているのだ。
 会員制のアマゾンフレッシュは、年会費99ドルのプライム会員で、さらに月々15ドルを支払わなければならない。ただしアマゾンフレッシュ会員になればマーサ&マーリー・スプーンやタイソン・テイストメイカーズを1アイテム(二人分20ドル)からオーダーできるのだ。一方、通常のミールキットを購入する場合は、最低でも1週間と数週間分の定期購入をしなければならない。つまり通常のミールキットではメニューを選ぶことができない上に、料金的に敷居が高くなっているのだ。
 アマゾンフレッシュは会員に向けて、より多くの手軽な選択肢を与えることでミールキット市場でも競争を優位にしようとしているのだ。  続きを読む
2017年03月19日

【ダラーゼネラル】、新規出店を1,000店!既存店の鈍化でチェーンストア理論も陳腐化?

170319ダラーゼネラル
■ダラーストアのダラーゼネラルは昨年3月、2017年度中に1,000店舗を新規に出店することを発表した。ダラーゼネラルは2月3日現在、43州に13,320店を展開している。2016年度の新規出店は900店だった。前年度は730店、前々年度は700店と毎年、出店数を加速しているのだ。一方で、多くのチェーンストアがオムニチャネル化を急ぎ出店を抑える中、ダラーゼネラルの出店加速による成長を維持できるのかという見方もある。実際、ダラーゼネラルの既存店・売上高前年比は5年前から鈍化傾向となっているのだ。
 ダラーゼネラルが16日に発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、14週間の売上高が60億ドルとなり、13週間となる前年同期の52.9億ドルから13.7%の増加となった。純利益は4.14億ドルと前年同期の3.76億ドルから約10%の増加となった。人気商品の値下げなどにより粗利益率は前年同期の31.8%から31.6%と0.2ポイント低下した。一般販売管理費率も人件費の上昇で20.2%から20.3%と0.1ポイント増え利益率を圧迫した。既存店・売上高前年同期比は1.0%の増加となった。フードスタンプ利用の低下や競争激化等の理由で客足が減少したが、客単価の増加で補った形だ。また通年ベースでは、53週間となる売上高は220.0億ドルと52週間の前年から7.9%の増加となった。純利益は前年から7.4%増となった。既存店ベースは前年比0.9%の増加。既存店ベースは27年連続して前年を上回っているものの、6%増となった2011年から年々、減少傾向となっている。
 ダラーゼネラルは1月、テネシー州ナッシュビルに都心部に住むミレニアル層向け新フォーマット「DGX」をオープンした。テスト展開となる100坪のDGXはノースカロライナ州ローリーにもオープン予定で、200坪を超える従来型に170坪タイプの小型店(計画は160店出店)など計1,000店の出店を計画。これに合わせ2ヵ所の物流センターもオープン予定で約1万人を新たに雇用するという。ダラーゼネラルは店員の教育を強化し、賃金を引き上げる計画も発表している。2018年1月期通期の売上高は前期比4〜6%増、既存店売上高は横ばい〜2%の増加を見込んでいる。一方で、年間1,000店出店でサステナブルな成長を維持できるのか疑問視もされているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 02:30Comments(0)TrackBack(0)ダラーストア
2017年03月18日

【マクドナルド】、モバイルオーダー&ペイを開始!アプリで大儲けする方法を教えます?

170318マクドナルド
■外食業界の巨人がついにモバイルオーダー&ペイのテストを始めた。マクドナルドは15日、カリフォルニア州モントレー地区とサリナス地区の29店舗で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」を開始した。また20日はワシントン州スポケーン地区の51店舗で同サービスを始める予定。モバイル・オーダー&ペイはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンでは、すでに全店で展開している。マクドナルドのアプリ内にあるモバイルオーダー&ペイは「ジオフェンシング(geo-fencing)」技術を採用。マクドナルドの店舗にGPSで仮想的フェンスを設置することで、利用者が店に近づくと感知する仕組みだ。チックフィレも同様な技術を採用しており、利用者が店に近づくと「到着しました(I'm here)」のボタンが現れる。、これをタップすることで注文がキッチンに通るようになっている。なおマクドナルドでは注文時に指定したお店以外に行っても、注文品を受け取れるようになっている。
 マクドナルドは今月初め、年末までに国内の約1.4万店にモバイル・オーダー&ペイを導入すると発表。日本を含む海外店約6,000ヵ所でもモバイル・オーダー&ペイの導入を進める。マクドナルドはモバイル・オーダー&ペイの他、2020年までに専用の注文端末を2,500ヵ所の店内に導入する。同社はまたドライブスルーの混雑を軽減するため、カーブサイド・ピックアップとカーブサイド・デリバリーも行うとしている。カーブサイド・ピックアップは、ネットで注文して店の駐車パーキングで商品を受け取るサービス。車から降りることなく商品を受け取れるので、年配者や子供をもつ母親などに人気となっている。マクドナルドのカーブサイド・デリバリーは、ドアダッシュ(doordash)などレストランの食事を自宅まで届けるフードデリバリー業者と提携した出前サービス。スマートフォン経由で注文したビッグマック等をフードデリバリー業者がカーブサイド・ピックアップのパーキングで受け取り出前を行うという。マクドナルドではドライブスルー客の約20%がカーブサイド・デリバリーを利用し、さらに20%がカーブサイドでピックアップ(もしくは店内でピックアップ)を行うことでドライブスルー混雑による失客を防げると見込んでいる。
 マクドナルドのモバイルオーダー&ペイは外食業界で比較的遅い導入となっているが、スピード展開で多くのお店で利用可能となり、デリをもつ食品スーパーまで影響を及ぼすことになるだろう。  続きを読む
Posted by usretail at 03:00Comments(0)TrackBack(0)アプリ
2017年03月17日

【ウォルマート】、テイラー・スウィフトも驚くモドクロス買収!エンドレスアイル戦略?

170317モドクロスファッション
■ウォルマートは先月、先々月に続き、オンラインストアをまた買収した。女性向けコンテンツを発信するジザベルによると、ウォルマート傘下のジェットが買収したのはビンテージ・レディースファッションのモドクロス(Modcloth)。モドクロスCEOのマット・カネス氏が15日、ペンシルベニア州ピッツバーグの本社社員にジェットによる買収を明らかにしたという。買収額など詳細は明らかにされていないが、17日にも正式な発表を行うと伝えられている。2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。最近ではサンフランシスコなどの都市に期間限定のポップアップストア(仮店舗)をオープンしており、昨年10月にはテキサス州オースティンに同社初となる正規のリアル店舗を開店している。従業員350人以上となる同社は2014年に1.5億ドルの売上高を記録したものの赤字が続き、2年半の間に6回のレイオフを実施していた。
 ジェットは今年2月、アウトドア販売の「ムースジョー(Moosejaw)」を現金5,100万で買収しており、1月も靴のオンラインショップ「シューバイ(ShoeBuy)」を7,000万ドルで買収している。一方、2014年創業のジェットも昨年8月、ウォルマートに33億ドルで買収されている。なおジェットの創業者でCEOであるマーク・ローリィ氏は買収後、ウォルマートのグローバルeコマース部門のCEOに就任している。ウォルマートは2011年以降、Eコマースに果敢に投資しており、同社としては最大規模となったジェット買収以前では、検索エンジンの「コズミックス(Kosmix)」やソーシャル広告の「ワンライオット(OneRiot)」などIT企業15社を買収している。ウォルマートは2月、2年前からテストを行っていた有料会員制プログラム「シッピングパス(ShippingPass)」を廃止し、年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めている。ウォルマートのEコマース売上高は直近の四半期で前年同期比29%増となっており成長が一段と加速している。
 ウォルマートはムースジョーやシューバイの買収などでオンラインストアの商品数を増やしており(2月現在3,500万品目)、モドクロスの買収でもミレニアル世代向けの人気ファッションアイテムを拡大するとみられている。

トップ画像:2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。モドクロスのサイズはXXS〜4X(日本のLより5サイズもしくはそれ以上に大きいサイズ!)と11段階もあり女性の体型に優しいのだ。  続きを読む
2017年03月16日

【アマゾン】、ドライブスルー専用スーパーの店名はアマゾンフレッシュ・ピックアップ!?

170316アマゾンフレッシュ・ピックアップ
■ネット通販最大手のアマゾンがドライブスルー専用スーパーを近日中にもオープン予定とギークワイアなど一部メディアが伝えている。ドライブスルー専用スーパーは「ドライブアップ・ストア(drive-up store)」「クリック&コレクト(click & Collect)」とも呼ばれ、利用者がネットで注文した生鮮食品などを、車から降りずに商品を受け取るサービスストア。店の中で買い物ができるインストア・ショッピングではなく、倉庫となる300坪弱の「ダークストア(dark store)」に専用の駐車スペースがついた生鮮品など食料品の受け渡し専用拠点となる。アマゾン社内で「プロジェクトX」と呼ばれていたドライブスルー専用スーパーはワシントン市内にあるバラード地区(5100 15th Ave NW, Seattle, WA 98107)とソードー地区となるスターバックス本社近くのシアーズ跡地(2401 Utah Ave S, Seattle, WA 98134)にオープン予定と伝えられている。
 アマゾンが新たに提出した建築許可申請書(permit#:6585049)によると店名は「アマゾンフレッシュ・ピックアップ(AmazonFresh Pickup)」。書類の添付図には店のウィンドウに「こんにちは、バラード(HELLO, BALLARD」「こんにちは、ソードー(HELLO, SODO)」の文字が描かれ、外壁には「オンラインで買い物、ここではピックアップ(Shop online. Pick up here)」「食品を車に載せる間は、ごゆっくりして下さい(Relax while we load your groceries)」のメッセージが掲げられている。ソードー地区にある出店予定地にギークワイアが13日の朝、取材に訪れると撮影チームが作業していたという。彼らから回答はなかったものの、同社は過去にアマゾン・ゴーなど新たなコンセプトストアを発表する際、プロモーション動画を公開していたことからアマゾンフレッシュ・ピックアップのオープンが近いとみている。なおレジ不要のコンビニエンスストアのアマゾン・ゴーは従業員向けのみのテスト展開で営業している。書類にはアマゾンフレッシュ・ピックアップの専用サイトのアドレス(www.amazon.com/pickup)も記載しているが、現時点ではアクセスしても何も表示されない。またギークワイアは取材中、駐車パーキングの屋根の支柱にある案内「ご注文をお持ちします(Your order is on the way)」の下に動作センサーのようなものを見つけたという。ギークワイアが昨年入手した資料ではアマゾンフレッシュ・ピックアップの営業時間は午前7時〜午後10時となっており、ピーク時の従業員数は15人前後だった。ローディング(車への注文品積み込み)専用スタッフは3〜5人としている。待ち時間の平均5分程度で、客数の4分の1は午後5時〜7時30分に集中するとみている。
 アマゾンはアマゾン・ゴーの他、ボストンに2月末に4号店目がオープンしたリアル書店「アマゾン・ブックス(Amazon Books)」や10坪前後で大規模SC内に展開する「アマゾン・ポップアップストア(Amazon Pop-Up store)」などマルチフォーマット展開を行っている。

トップ画像:アマゾンが新たに提出した建築許可申請書にある「アマゾンフレッシュ・ピックアップ(AmazonFresh Pickup)」の添付図。「こんにちは、バラード(HELLO, BALLARD」「こんにちは、ソードー(HELLO, SODO)」の文字が描かれ、外壁には「オンラインで買い物、ここではピックアップ(Shop online. Pick up here)」「食品を車に載せる間は、ごゆっくりして下さい(Relax while we load your groceries)」のメッセージが掲げられている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:32Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2017年03月15日

【宅配ロッカー】、アマゾン・ロッカー拡大中!大手スーパーマーケットからモールまで?

170315アマゾン@CSULB
■ヤマト運輸は7日、自宅以外で荷物を受け取れる宅配ロッカーの配備を前倒しする方針を明らかにした。ネット通販の急増と人手不足が深刻になる中で、宅配便最大手は再配達の削減でロッカーを配備するのだ。一方、アメリカでは再配達の問題はあまりない。なぜなら多くの場合、玄関などドアの前に置きっぱなしとなる置き配が基本だからだ。それでも多くの地域ではロッカーが拡大している。宅配便大手がロッカーを設置するのではない。アマゾンがコンビニエンスストア等に専用私書箱となる「アマゾン・ロッカー(Amazonlocker)」を設置しているのだ。アマゾン・ロッカーは当初、コンビニエンスストアやドラッグストアを中心に設置されていた。最近では大学のキャンパスや学生会館、アパートメント、駐車場やカーポート(オープンタイプのガレージ)、スプリントなどの通信キャリアショップ、クリニックや医療センター、フィットネスセンターなどに設置されている。クリニックやビジネスビルディングなど一部には、一般のアクセスが制限されるロビーにあり、アマゾンの購入時に入場許可書を所有する確認を求められる。また場所や時期によってはほとんど使えなくなるアマゾン・ロッカーもある。カリフォルニア州サクラメントにあるスーパーマーケットのセーフウェイでは昨年の年末商戦中、店内にあるアマゾン・ロッカーが受け取りを待つ商品で一杯になり使えない状態が続いていた。スーパーマーケットがコミュニティの中心的役割を果たしており、多くの家庭では必ず行く場所であるため、アマゾンの受け取りに選ぶ人が少なくないのだ。女性客の多いスーパーマーケットは、コンビニエンスストアより安心で行きやすいということもあるだろう。本音では「できることならアマゾン・ロッカーを置きたくない」という場所にも設置される事例が増えている。アマゾンに客を奪われているショッピングセンターだ。ネット通販を利用する消費者が増え、多くのモールでは客足が減少している。大規模ショッピングセンターの核テナントとなっていたデパートメントストアなどは撤退を余儀なくされ、空きテナントが増えているのだ。少しでも客足を戻すためは背に腹は代えられずアマゾン・ロッカーを設置するモール・オブ・アメリカSC(Mall of America)のような大規模商業施設が増えている。
 一度アマゾン・ロッカーを設置したものの撤去した大手チェーンストアもある。ステープルズとラジオシャックは5年ほど前、アマゾン・ロッカーを店内に設置し始めた。アマゾン・ロッカーを利用するお客は店でも買い物をするとの予想だったが「ついで買い」はなかったのだ。結局、お客を奪われるということで1年後にアマゾン・ロッカーを撤去した。皮肉にも、低迷にあえぐステープルズは70店舗の閉鎖を発表し、ラジオシャックは2度目の倒産となっている。

トップ画像:カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)キャンパス内には、商品引き渡しと返品を専用にした「アマゾン・アット・ザ・ビーチ(Amazon at the Beach)」があり、アマゾン・ロッカーが置かれている。学生や職員用でも、88個のロッカーボックスも足りないことがあるため専用のデスクも設けられている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:16Comments(1)TrackBack(0)Eコマース
2017年03月14日

【アルタ・ビューティ】、もう1,000店!アマゾン・プルーフのブルー・オーシャン出店?

170314アルタビューティ
■チェーンストアの多くが苦境に陥り閉店を余儀なくされている中で、競争とは無縁の「ブルー・オーシャン」のような別世界にいるチェーンストアがある。既存店売上高が前年を上回るだけでなく、二桁成長を9四半期連続して達成している企業だ。美容品&サロンチェーンのアルタ・ビューティが9日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、売上高が15.8億ドルと前年同期比24.6%の増加となった。マス市場向け化粧品と高額化粧品が大きく牽引した。純利益は前年同期から30%増加し1.40億ドルとなった。粗利益率は前年から0.1ポイント減少となる34.5%だったが、広告宣伝費と本社費用のレバレッジが効いて前年の21.1%から20.0%へ1.1ポイントも圧縮、営業利益率は前年の13.4%から14.2%に増加した。実店舗とEコマースを合わせた既存店・売上高前年同期比は二桁増となる16.6%の増加となった。前年同期は12.5%の増加だった。既存店ベースが前年実績から二桁の増加となるのは9四半期連続。既存店ベースの大幅増は「アルタメイト・リワード(ULTAmate Rewards)」会員の増加(前年同期比27%増)が起因している。現在の加入者は2,000万を突破し2,340万人となっている。既存店ベースの内訳は客数が10.9%増加し、客単価が5.7%の増加となっている。Eコマース売上は前年同期比63.4%の増加となる1.55億ドル。Eコマースではモバイル経由の売上が90%増加したという。また同社のEコマースは既存店ベース(Eコマース売上除外)12.8%増に大きく寄与している。小売の既存店ベースの内訳は客数が8%増加し、客単価が5%の増加。ヘアカットやカラーリング、ブローなどサロンの既存店ベースは8.8%増となった。
 通年ベースでは売上高が48.6億ドルと前年比48.6%の増加、純利益は4.10億ドルと同28%の増加だった。既存店売上高は15.8%の増加で、Eコマースを除く既存店ベースは13.4%の増加(サロンのみは同8.7%増)だった。Eコマース売上高は56.2%の増加となる3.45億ドルだった。
 アルタは現在、48州に974店を展開しており、2017年中には新規に100店を出店する。  続きを読む
Posted by usretail at 03:05Comments(0)TrackBack(0)その他
2017年03月13日

【マイヤー】、24時間の宅配サービスを拡大!1地域1スーパーの成長加速から複数店へ?

1703013マイアー@シプト
■ミシガンを中心に約230店のスーパーセンターを展開するマイヤーは10日、オンデマンド買物代行・宅配サービスのシプツ(shipt)と提携して宅配サービスを拡大することを発表した。注文から最短で1時間で宅配する同サービスは昨年9月、ミシガン州デトロイト地区でテストを始めており、約6.5万件の注文実績により拡大に踏み切ったという。今月29日にグランド・ラピッズ地区の店舗で開始し、来月13日にはインディアナ州フォートウェイン地区とインディアナポリス地区の店舗でも始め、徐々に拡大していく。24時間営業となるスーパーセンターに合わせて、一部店舗では宅配も24時間のサービスになっている。マイヤーはまた、ネットで注文してお店の駐車場で車から降りずに受け取れる「カーブサイド・ピックアップ(Meijer Curbside)」も拡大している。対象商品が8万品目に及ぶ同サービスの手数料は4.95ドル〜6.95ドル。ただ、注文品を受け取れるサービス時間は朝7時〜夜9時までとなっている。
 アラバマ州バーミンガムに本部を置くシプツはクラウドソーシングを採用したビジネスモデル。アプリを通じて注文が入るとショッパーと呼ばれる登録者がスーパーで買い物し、注文から最短1時間で顧客に配達する。シプツのサービス手数料は1回7ドル。年会費99ドルのメンバーシプツ(MemberShipt:現在は年会費49ドル、月額では14ドル)に加入すると、発注金額が35ドル以上は手数料無料で何度でもサービスを受けられる(35ドル以下は1回7ドル)。シプツによると、宅配商品は35ドル分で5ドル程度マークアップされているという。シプツは2014年の創業当初、ターゲットやベストバイ、ホームデポからの宅配をおこなっていた。翌年からは買物先をスーパーマーケットに絞り(一部地域ではアルコール専門店からも宅配)、多くの都市でスーパーマーケットも1社に特定している。シプツは現在、フロリダ州やテキサス州などを中心に10州35都市で展開している。
 スーパーマーケットの宅配サービスではホールフーズがインスタカートと提携し一部店舗で行っており、スプラウツ・ファーマーズ・マーケット等もアマゾン・プライム・ナウと提携して宅配サービスを行っている。HEBやクローガーも一部地域でシプツと提携した宅配サービスを行っている他、クローガーやウォルマートは配車サービスのウーバーを使った宅配サービスのテストも始めている。業者と提携していない宅配サービスでは、中西部8州に240店以上を展開するハイヴィーの「ハイヴィー・アイル・オンライン(HyVee Aisles Online)」がある。  続きを読む
2017年03月12日

【ステープルズ】、70店を閉鎖!アマゾンのダンボーが巨大化しリアル店舗を次々に破壊?

170312ステープルズ00
■ラジオシャックの倒産と200店近くの閉店発表の翌日、オフィス用品の大手チェーンストアが70店舗の閉店を発表した。オフィス・スーパーストアを展開するステープルズは9日、不採算店など70店舗前後を閉鎖する計画を発表した。閉店の住所リストや解雇人数など詳細は明かしていないが、2017年度内に閉店を予定している。ステープルズは2016年に48店舗を閉鎖しており、アメリカ国内は現在1,255店舗を展開している。海外ではカナダに304店舗、オーストラリアに9店舗、ブラジルに1店舗をそれぞれ展開している。ステープルズは昨年、ドイツやオランダなどに展開するヨーロッパ事業を投資企業のサーベラス・キャピタル・マネジメントの系列会社に売却し、イギリスで展開していた107店舗も投資会社のヒルコに売却しイギリスからも撤退した。
 ステープルズが9日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では売上高が前年同期比2.9%減となる45.6億ドルだった。最終損益は店舗閉鎖などリストラ費用がかさみ9.52億ドルの赤字(前年同期は8,600万ドルの黒字)に転落した。主力の北米小売事業の売上高は店舗閉鎖により16.5億ドルと前年同期比8.2%の減少だった。既存店・売上高前年同期比は7%減少だった。タブレットなどのモバイルやパソコン、IT周辺機器、インク・トナーが低迷し客数が減少した。通期ベースでは売上高が182.5億ドルと前年比2.8%の減少だった。純損益は前年の3.79億ドルの純利益から15.0億ドルの赤字となった。北米小売事業の売上高は66.6億ドルと前年比7.0%の減少だった。既存店・売上高前年比は5%の減少となった。
 ステープルズは2015年2月、同業のオフィスデポの60億ドル規模の買収合併を発表した。しかし連邦地裁が昨年5月、連邦取引委員会(FTC)の仮差し止め命令を認める判断を下したことでステープルズは買収を断念していた。買収失敗により当時CEOだったロン・サージェント氏が退任、9月に北米事業のトップだったシーラ・グッドマン氏がCEOに就任している。ステープルズは2017年に約70店を閉鎖する一方、向こう3年間で毎年250店のリース更新があるため、さらになる閉店も示唆している。  続きを読む
2017年03月11日

【働きがい】、発表!働きがいレジェンド企業にウェグマンズなどスーパー3社が殿堂入り?

170311ウェグマンズ
■経済誌のフォーチュン誌は9日、「最も働きがいのあるベスト企業100社(100 Best Companies To Work For)」で殿堂入りとなる「働きがいのあるレジェンド企業(Great Place to Work Legends)」を発表した。「最も働きがいのあるベスト企業100社」ランキングは、フォーチュン誌と働き方に関する研究機関「Great Place to Work Institute」が連携し、米国企業(従業員数1,000人以上で創業7年以上)の従業員を対象に経営陣の信頼性や仕事に対する満足度、給与、福利厚生制度などについて調査した結果に基づいて企業を格付けしている。同ランキングは1998年から20回続いている。働きがいのあるレジェンド企業は、ランキング100位内に20年間連続して入っている企業12社に与えられるもの。小売業界で名誉あるレジェンドの称号をうけたのはウェグマンズ、パブリクス、REI、ホールフーズ・マーケット、ノードストロームの5社となっている。他のレジェンドにはコンピューターネットワーク開発のシスコやソフトウェアのSASインスティテュート、金融のゴールドマンサックス、建設のTDインダストリーズ、ハードウェアメーカーのWLゴア&アソシエイツ、ホテルのフォーシーズンズとマリオットがある。
 「2017年 最も働き甲斐のあるベスト企業100(100 Best Companies To Work For 2017)」ランキングで小売業界トップにたったのはスーパーマーケットのウェッグマンズ。従業員数4.7万人で92店舗を展開する家族経営のレジェンドは昨年の4位から2位にランクアップだ。小売業で2位となったホワイト企業は昨年の67位から21位に大幅にランクアップしたスーパーマーケットのパブリクス。フロリダ州を中心に1,143店を展開し従業員数20万人のパブリクスも非上場企業でありレジェンドだ。小売業界3位はアウトドア用品を会員制で販売するREI。総合ランキングでは昨年の26位から28位に若干落ちているもののREIは36州に147店を展開し従業員数が1.2万人となるレジェンドなホワイト企業でもある。4位は北カリフォルニアで12店舗のスーパーを展開するナゲット・マーケット。前年の13位から30位と落ちているものの、1926年創業の老舗スーパーは100位以内に8回連続して留まれば殿堂入りを果たすことになる。5位はコンテナストア。総合では昨年の14位から49位に大幅に落としているが、再来年のランキングまで100位内にとどまれば「働きがいのあるレジェンド企業」となる。
 総合で50位以下の小売企業はレジェンドなホワイト企業となったホールフーズ・マーケット(58位)、68位のクイックトリップ、72位のイケア、76位のビルド・ア・ベア・ワークショップ、87位のシーツ、94位でレジェンド企業のノードストロームがある。

<2017年トップ10企業>
1 グーグル(Google:Alphabet)
2 ウェッグマンズ(Wegmans Food Market)
3 ボストン・コンサルティング・グループ(Boston Consulting Group)
4 ロバートW.ベアード&カンパニー(Robert W. Baird & Co)
5 エドワードジョーンズ(Edward Jones)
6 ジェネンテック(Genenteck)
7 アルティメイトソフトウェア(Ultimate Software)
8 セールスフォース(Salesforce)9 アキュイティ(ACUITY)
7 キンリー・ホーン&アソシエイツ(Kimley-Horn and Associates)
8 SAS(SAS)
9 キャムデン・プロパティ・トラスト(Camden Property Trust)
10 クイッケン・ローンズ(Quiken Loans)

<小売企業のランキング>(カッコ内は昨年の順位)
2 ウェッグマンズ(4)
21 パブリクス(67)
28 REI(26)
30 ナゲット・マーケット(13)
49 コンテナストア(14)
58 ホールフーズ・マーケット(75)
68 クイックトリップ(76)
72 イケア(63)
76 ビルト・ア・ベア・ワークショップ(45)
77 カーマックス(85)
87 シーツ(97)
94 ノードストローム(92)

トップ画像:「最も働きがいのあるベスト企業100社(100 Best Companies To Work For)」に20年連続して入ったレジェンド企業のウェグマンズ。給与が取り立ててよいわけではないが、ワークスケジュールが柔軟で昇進の機会が多い上に、誕生日にはケーキでお祝いしたり、寒い日に屋外で働くスタッフに暖かいココアを提供したりと家族をねぎらうような雰囲気で従業員から愛されているのだ。  続きを読む
2017年03月10日

【ラジオシャック】、hhグレッグ破綻2日後に24ヶ月ぶり2度目の破綻で約200店閉店!

170310ラジオシャック
■老舗家電チェーンのラジオシャックが8日、デラウェア州の破産裁判所へ2度目の連邦破産法第11条の適用を申請したことを発表した。家電チェーンはアマゾンやウォルマートなどの競合にお客を奪われており、2日前にはリージョナル家電チェーンのhhグレッグが破綻したばかり。ラジオシャックの親会社であるゼネラル・ワイヤレス・オペレーションズは187店の閉店を明かしており、残りの1,300店舗についても売却や店舗スクラップを含めた選択肢の査定を進めていくとしている。また事情に詳しい関係者の話として、ラジオシャックは企業清算されるとの報道もある。すでにラジオシャック・コム(Radioshack.com)では、クリアランスセール等を行っており、2日以降の購入では返品を受け付けないとしている。ラジオシャックは1921年にボストンで創業された老舗家電店。創業当時は通信士向けの通信販売店として展開し、1962年にはタンディに買収された。1970年代にはPCユーザー向けの周辺機器などを扱うことで躍進し、2000年には社名をタンディからラジオシャックに変更。一時期は5,000店舗以上を展開していたものの、アマゾンなどのオンラインストアに客を奪われ売上が低迷、2015年2月に経営破綻した。破産後は当時の店舗数4,000店のうち、1,740店舗を同社の筆頭株主であるスタンダード・ゼネラル社が携帯大手のスプリントと設立した合弁企業のゼネラル・ワイヤレス・オペレーションズに売却。ラジオシャックを引き継いだゼネラル・ワイヤレスは現在、スプリントを運営するほか他の店舗とフランチャイズ契約などを結んで経営している。
 また88店を一斉閉店することを発表したhhグレッグも6日、連邦破産法第11条を適用を申請し破綻した。hhグレッグは東部や中西部など19州に220店舗を展開していたマルチリージョナル家電チェーン。同社は白物家電のアプライアンスやTVなどの家電製品の他、ベッドなどの家具も扱っている。倒産後も、残っている132店舗で再建を目指すとしている。

トップ画像:ラジオシャックの跡地。前回の倒産後に2,400店も閉鎖されたのだ。シャッターが下りたファサードにはラジオシャックの文字だけ残っていた。


3年前のスーパーボウル時に流されたラジオシャックのコマーシャル。ラジオシャックが2015年2月に破綻する1年前となる。80年代の有名キャラクターが店内の商品を奪いとり、カラとなった店内でスタッフが呆然とする内容だ。自己達成的予言となった不吉なコマーシャルでもある。  続きを読む
Posted by usretail at 03:29Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2017年03月09日

【ディックス・スポーティング・グッズ】、競合が破綻する中でアマゾンに対抗する策とは?

170309ディックス
■多くのスポーツ用品専門店が破綻に追い込まれる一方でスポーツ用品チェーン最大手のディックス・スポーティング・グッズがアマゾンに対抗すべき攻めの戦略を打ち立てている。同社は7日、店内在庫の品揃えを見直し約20%のベンダーと取引をやめることを発表した。ナイキやアンダーアーマーなどの人気メーカーとの取引を増やすことでメーカーとの専売品を増やし、「フィールド&ストリーム(Field & Stream)」や「カリア・バイ・キャリー・アンダーウッド(Calia by Carrie Underwood)」などのプライベートブランド商品を拡大する。取引を終了するベンダー名は発表していないが、売れにくくいつまでも売場を占有している死に筋商品が中心とみられている。ディックスは11月、スコアブックアプリの「ゲームチェンジャー(Gamechanger)」を提供するゲームチェンジャー・メディアを買収した。ゲームチェンジャーは、野球やソフトボールで打率や防御率などのデータから打球方向も可視化、ファンやメディア関係者にリアルタイムでゲーム進行を送信するアプリだ。スマホやタブレットで記録管理ができるだけでなく各種の分析やプレーをアニメ化してみることも可能なのだ。さらにリトルリーグなどローカルな地域トーナメント情報も世界中で共有できるようにもなっている。野球やソフトボールの他、バスケットボール用スコアキーパーのゲームチェンジャーも提供している。ディックスはまた地域の少年スポーツリーグを支援する「チームスポーツ・ヘッドクォーター(Team Sports HQ)」を始めている。チームスポーツ・ヘッドクォーターではユニフォームのカスタマイズ製作と販売、チーム登録、コーチによる購入推奨スポーツ用品の共有、ファンや関係者への試合スケジュールの送信、スポンサーシップや寄付募集等を行うプラットフォームだ。ディックス・スポーティング・グッズではスポーツ用品を販売するだけでなく、地域のスポーツを支援することで顧客基盤を拡大しているのだ。
 同社が7日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、売上高が24.8億ドルと前年同期比10.9%の増加となった。企業清算したスポーツオーソリティやスポーツシャレー、ゴルフスミスの一部店舗を得たことで売上を伸ばした形だ。一方、純利益は9,000万ドルとなり前年同期の1.29億ドルから30%の減益となった。店舗買収による閉店や統合により費用がかさんだ。既存店・売上高前年同期比は5.0%の増加となった。本体のディックス・スポーティング・グッズは5.3%の増加で内訳は客単価2.4%の増加、客数は2.9%の増加だった。またゴルフ専門店のゴルフギャラクシーの既存店ベースは13.2%となった。アウトドア専門店のフィールド&ストリーム(Field & Stream)の既存店ベースは発表していない。Eコマースは4.4億ドルとなり前年同期比27%増加。Eコマース売上は全体の約18%を占めている。通年ベースでは売上高が79.2億ドルと前年比9%の増加、純利益は2.87億ドルと同13%の減少だった。既存店・売上高前年比は3.5%の増加だった。ディックスは本体のディックス・スポーティング・グッズは47州676店、ゴルフギャラクシーを32州に91店、フィールド&ストリームを13州27店をそれぞれ展開している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:51Comments(0)TrackBack(0)その他
2017年03月08日

【スプラウツ】、食品デフレで売上を圧迫!フロリダ州展開で好調パブリクスに全面対決?

170308スプラウツ
■スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは23日、第4四半期(10月〜12月期)決算を発表した。13週間となる売上高は前年同期(14週間)から6%増加して9.86億ドルだった。13週間で比べた場合は新規店オープン効果により14%の増収。純利益は1,700万ドルと1週間多い前年同期の2,800万ドルから40%の減少となった。粗利益率は食品デフレが進み競争も激化したことで28.2%と前年同期の28.9%から0.7ポイント低下した。一方、一般販売管理費率と店舗運営コストなどの経費率は人件費がかさんでいることで25.1%となり本業の儲けを示す営業利益率は3.1%と2.0ポイントも圧迫した。既存店・売上高前年同期比は0.7%の増加だった。これにより既存店ベースは39四半期連続で前年実績を上回ったが、2013年の上場後では最も低い成長率となった。売上の6割近くを占める生鮮品が食品デフレの影響や価格競争により2.5%も押し下げたのが原因となっている。通年ベースでは52週間の売上高は前年(53週間)から12.6%増加し40.5億ドルだった。52週間で比較した場合は15%の増加だった。純利益は1.24億ドルと同3.6%の減少だった。既存店・売上高前年比は2.7%の増加。
 スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは2日23日現在、255店(13州)を展開している。スプラウツの新規出店数は2013年度19店、2014年度は24店、2015年度は28店、2016年度は36店舗と毎年、出店数を加速している。同社は2月、14州目となるフロリダ州タンパベイ地区に256店舗目をオープンしている。
 スプラウツ・ファーマーズ・マーケットは700坪〜800坪の売り場にオーガニック青果の生鮮品やバルク商品(ナッツ類の量り売り)、ビタミンを含むサプリメントなど16,500sku(プライベートブランドは約2,100sku)を販売する自然食品スーパー。売り場の中心に位置する青果は売上高の4分の1となる26%占め、青果を含む生鮮品は全体の60%を占めている。同社ではアメリカ国内に約1,200店の展開が可能だとしている。

トップ画像:スプラウツ・ファーマーズ・マーケットの青果コーナー。売り場の中心に位置する青果は売上高の4分の1となる26%占め、青果を含む生鮮品は全体の60%を占めているため食品デフレによるマイナス影響は大きい。それでも既存店ベースをプラスに維持している。  続きを読む
2017年03月07日

【ウォルマート】、薬局と金融部門にモバイル客用窓口!銀行振込もウォルマート・ペイ?


■ウォルマートは28日、アプリ機能の一つであるウォルマート・ペイ(Walmart Pay)を応用したモバイル・サービスを店内の薬局(ファーマシー)部門と金融(マネー)サービス部門で始めることを発表した。ウォルマート・ペイは同社のスマートフォン・アプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取り、アプリとレジをシンク(同期)することで決済を行う。新たに加わったモバイル・サービスでは、処方箋ピックアップや送金や振込などの金融サービスで、モバイル客専用に設けたエクスプレスレーンのレジでウォルマート・ペイによる本人確認などを行うことで時間の節約となる。ファーマシーの処方箋のピックアップは、処方薬にあるバーコードで読み取り、リフィル等の注文を済ませておく。お店ではファーマシー部門のモバイル客用窓口「ファーマシー・エクスプレス・ピックアップ(Phamacy Express Pickup)」のレジでウォルマート・ペイを起動し、レジのQRコードを読み込む。ウォルマート・ペイでレジとアプリと同期させることで本人確認となり、リフィル処方箋を受け取れる仕組みだ。一方、振込などの金融サービスでは、アプリ上で振込先の銀行名や口座番号などの情報を事前に入力しておく。ウォルマート・マネー部門のモバイル専用窓口「エクスプレス・マネー・サービス(Express Money Service)」で、ウォルマート・ペイでアプリとレジを同期させる。振込先情報が同期化によりレジに伝わることで、ペーパーワークやスタッフによる入力作業を省き、大幅に時間を節約できるとしている。サービス・トランザクションはすべてEレシートで保存される。
 同サービスは一部の店舗で始まっており、順次拡大しながら秋までにはスーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど全店(約4,700店)に導入する予定だ。

トップ動画:薬局(ファーマシー)部門と金融(マネー)部門に導入されたモバイル・サービス。ウォルマート・ペイでレジとアプリと同期することで本人確認ができる。同期化で銀行名などの振込情報が伝わることで、スタッフによる入力作業を省き、大幅に時間を節約できる。動画にある「エクスプレス・マネー・サービス(Express Money Service)」では振込事例を、「ファーマシー・エクスプレス・ピックアップ(Phamacy Express Pickup)」では処方箋リフィルのピックアップ事例を映している。  続きを読む
2017年03月06日

【hhグレッグ】、88店を一斉閉店!ライバルは白物家電の売上高と販売スタッフも期待?

170306hhグレッグ
■今月にも倒産が噂されている家電チェーンのhhグレッグが、全店舗の4割にあたる店を閉鎖することを明らかにした。hhグレッグは東部や中西部など19州に220店舗を展開しているマルチリージョナル家電チェーン。同社が2日に発表した再建策によると、閉鎖されるのはペンシルバニア州に展開する15店舗やフロリダ州の15店舗、バージニア州の13店舗など不採算店88店舗。またペンシルバニア州とメリーランド州、フロリダ州にある3ヵ所の物流センターもスクラップとなる。店舗閉鎖により従業員の約1,500人が解雇される。スクラップとなる店舗はすでに閉店セールを始めており、4月中旬までには閉鎖される予定だ。
 1955年創業のhhグレッグが先月発表した第3四半期(10月〜12月期)決算では大幅な減収に赤字幅の拡大、既存店ベースも二桁の減少だった。年末商戦中の売上高は前年同期比で23.7%の減少。サプライチェーン統合による不具合で納品が遅れ、テレビなどが低迷したことで、2013年の7月〜9月期から14四半期連続の減収となった。純損益は前年同期の2,700万ドルの赤字から約5,800万ドルの赤字と赤字幅が増加した。hhグレッグでは2014年1月〜3月期から連続して赤字が続いている。アマゾンなど競合からの価格攻勢や、コンシューマー・エレクトロニクスで低価格品からの撤退したことで粗利益率は前年同期の26.1%から22.0%と4.1ポイントも減少。一般販売管理費率は無料配送などがコスト負担となり19.6%から25.6%に大幅に増加した。また既存店・売上高前年同期比は22%減と前年同期と同様、二桁の減少となった。既存店ベースは14四半期連続で減少。
 hhグレッグは1月、本社スタッフ70人を含む従業員100人のリストラを発表した。また同社の株価が1ドル以下となっていることから、ニューヨーク証券取引所から上場廃止の予告通知を受けたことも明らかにしている。ブルームバーグが先月、内部情報に詳しい関係者の話として明らかにしたところによると、hhグレッグは投資企業をアドバイザーに起用し、早ければ今月中にも連邦破産法11条を申請し倒産するとしている。なお、hhグレッグの3日の終値は20セントとなっている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:41Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2017年03月05日

【クローガー】、クリックリストが640店に!CEOが驚いたクリックリストの真実とは?

170305ラルフス
■スーパーマーケット最大手チェーンのクローガーは2日、オンラインショッピングの「クリックリスト(Clicklist)」を利用し、配車サービスのウーバーと提携した宅配サービスのテストを拡大すると発表した。クリックリストはネットで注文した商品をお店の駐車場で受け取れるサービス。「カーブサイド・ピックアップ」や「クリック&コレクト」とも言われており、小売最大手のウォルマートからテキサス州で展開するHEB、中西部のハイビーなど一部の地方スーパーも既に行っている。クリックリストは生鮮品など約4万品目を注文・決済し、翌日の午前8時〜午後9時まで1時毎のピックアップ時間を指定して受け取る。ピックアップは指定されたパーキングスポットに車を停め、記載されている電話番号に連絡すれば、スタッフが商品をもってきてトランクに詰めてくれるのだ。クリックリストの注文手数料4.95〜6.95ドル。初回から3回までの注文手数料は無料となっている。クローガーはクリックリストを2016年度に約420ヵ所追加し、現在は640ヵ所以上のスーパーで実施しているという。配車サービスのウーバーと提携した宅配サービスは、クリックリスト経由で注文した商品をウーバーのドライバーに渡して宅配してもらう。一部地域ですでにテストを行っており、配車サービス以外のいくつかの宅配テストも行っていると明かしている。
 クローガーはまた、プライベートブランド(PB)の「シンプル・ツルース(Simple Truth)」の成長が牽引し、PB売上が数量ベースで29.2%と過去最高になったことを発表した。シンプル・ツルースは2013年秋から販売を開始、2016年度の売上高が17億ドル(約1,900億円)に達した。シンプル・ツルースの商品カテゴリーは売上高1億ドルを超えるオーガニック食品の「シンプル・ツルース・オーガニック(Simple Truth Organic)」から、洗濯洗剤やソープなどの家庭用品、健康・美容関連品にまで拡大している。販売チャネルも拡大しており、同社が2014年に買収した健康食品のオンラインストア「ビタコスト(Vitacost)」でもオンライン販売している。PBのオンライン販売にも乗り出したことでクローガーの店舗のないニューヨーク市がシンプル・ツルースのオンライン売上高で第2位のマーケットになっているという。
 一方、食品デフレの影響により13年ぶりに四半期・既存店ベースが前年を下回った。クローガーが2日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、ガソリン販売を含めた売上高が276.1億ドルとなり前年同期の261.7億ドルから5.5%の増加となった。ガソリン売上を除外すると4.4%の増加。純利益は5.06億ドルとなり前年同期比9.5%の減少となった。約13年間前年を上回っていた既存店・売上高前年同期比は0.7%の減少となった。これにより100年に一度と言われた景気後退期でも前年を上回っていた既存店ベースが53四半期目で途切れたことになる。なおデフレ調整後の既存店ベースは前年を上回っていたという。食品デフレの他、ウォルマートなど競合店との価格競争やオンラインスーパーなどからの攻勢も既存店売上に影響した。また、同社CEOのロドニー・マクマレン氏は「天候を(既存店減少の)口実にはしなくはないが、天候による恩恵は全く受けなかった」としている。同社では吹雪等で買いだめなどによる集客が増えるとみているのだ。通年ベースでは売上高が1153.4億ドルと前年比5.0%でガソリン販売を除くと6.7%の増加だった。純利益は19.8億ドルと3.1%の減少。既存店ベースは1.0%の増加だった。

トップ画像:クローガー傘下のスーパーマーケットで南カリフォルニアで展開するラルフス。ラルフスではクリックリストを5ヵ所で展開している。  続きを読む
2017年03月04日

【アバクロンビー&フィッチ】、大規模キャンペーンも失敗で60店舗を閉鎖!闇が深すぎ?

170304アバクロンビー&フィッチ
■若者向けアパレルチェーンのアバクロンビー&フィッチが昨年末に行った大規模広告キャンペーンも失敗に終わり60店舗を閉鎖する。店舗スクラップはショッピングセンターのリース満了を終える店舗を中心に行うという。同社が2日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、主要ブランドのアバクロンビー&フィッチの既存店ベースが二桁減となった。売上高は既存店売上の落ち込みや国内53店舗のスクラップにより前年同期比6.9%減の10.4億ドルとなった。純利益は前年同期から15.5%減となる4,900万ドルだった。粗利益率は競合店からの販促環境により前年同期の60.8%から59.3%と、1.5ポイントも低下した。一般販売管理費率も0.4ポイント増えたほか、大規模広告キャンペーンの負担や店舗や物流倉庫の費用もかさんだことで利益を大きく圧迫し、本業も儲けを示す営業利益率は前年同期の10.8%から5.9%に低下した。既存店・売上高前年同期比は5%の減少だった。既存店ベースのブランド別ではアバクロンビー&フィッチやアバクロンビー・キッズ等が13%の大幅な減少となった。一方、サーファースタイルをコンセプトにカリフォルニア・ビーチをテーマにしたホリスターは1%の増加となった。通年ベースでは売上高が前年比5.5%減の33.3億ドル。純利益は400万ドルと前年の3,600万ドルから90%近く減少した。既存店・売上高前年比は5%の減少。ホリスターの既存店ベースはは横ばいだったが、アバクロンビーは11%の減少となった。
 アバクロンビー&フィッチは昨年の年末商戦で同社史上最大となる広告キャンペーン「ディス・イズ・アバークロンビー&フィッチ(This is Abercrombie & Fitch)」を行った。人種や性別など多様性を尊重するリブランド・キャンペーンでは、ホームページのデザインやインスタグラムの画像などを刷新し、より明るくフレンドリーで個人のユニークさ多様性を強調したイメージやデザインとなっていた。なおアバクロンビー&フィッチは先月、社長兼CMOだったフラン・ホロヴィッツ氏をCEOに起用した。前CEOのマイケル・ジェフリーズ氏(2014年12月に退任)から2年間、同社にはCEO不在の状態が続いていた。  続きを読む
Posted by usretail at 03:26Comments(0)TrackBack(0)アパレル専門店
2017年03月03日

【マクドナルド】、約2万店でモバイル・オーダー&ペイに出前も!スーパーに影響及ぶ?

170303マクドナルド
■外食の巨人がついにモバイル・オーダー&ペイに本腰を入れる。マクドナルドは1日、年末までに国内の約1.4万店にモバイル・オーダー&ペイを導入すると発表した。日本を含む海外店約6,000ヵ所でもモバイル・オーダー&ペイの導入を進める。モバイル・オーダーはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。マクドナルドではモバイル・オーダー&ペイの他、2020年までに専用の注文端末を2,500ヵ所の店内に導入する。同社はまた、ドライブスルーの混雑を軽減するため、カーブサイド・ピックアップとカーブサイド・デリバリーも行うとしている。カーブサイド・ピックアップはウォルマートやスーパー最大手のクローガーなどが既に導入しており、ネットで注文して店の前の駐車場で指定した時間に商品を受け取るサービス。車から降りることなく商品を受け取れるので、子供をもつ母親などに人気となっている。マクドナルドのカーブサイド・ピックアップもアプリ経由で注文した商品を指定されたパーキングで受け取ることになる。マクドナルドのカーブサイド・デリバリーは、ドアダッシュ(doordash)などレストランの食事を自宅まで届けるフードデリバリー業者と提携した出前サービス。利用者スマートフォンなどネットから注文したビッグマック等をフードデリバリー業者がカーブサイド・ピックアップのパーキングで受け取り、出前を行うのだ。マクドナルドではドライブスルー客の約20%がカーブサイド・デリバリーを利用し、さらに20%がカーブサイドでピックアップすることでドライブスルー混雑による失客を防げると見込んでいる。
 マクドナルドは2017年、モバイル・オーダー&ペイなどのIT化や650店に及ぶ新型店舗への改装(もしくは新規出店)に約17億ドル(約1,900億円)を投じるとしている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:10Comments(0)TrackBack(0)Eコマース
2017年03月02日

【ベストバイ】、ノート7爆発で2億ドルが炎上!ソニーや任天堂の供給不足にタラレバ?

170302ベストバイ
■ベストバイが1日に発表した第4四半期(11月〜1月期)決算は、サムスンのギャラクシー・ノート7のリコール問題で売上高2億ドルが圧迫され、ヒット商品の欠如や商品供給問題で減収となった。売上高は134.8億ドルと前年同期の136.2億ドルから1%の減少だった。純利益は6.07億ドルと前年同期か27%の大幅増益となった。粗利益率は販促を抑えたことで前年同期の21.9%から22.5%と0.8ポイント増加し、一般販売管理費率も15.9%と前年同期から横ばいとなった。本業の儲けを示す営業利益率は前年同期の5.7%から6.5%に押し上げた。既存店・売上高前年同期比は0.7%の減少となった。前年同期は1.7%の減少だった。全体の9割を占めるアメリカ国内の売上高は123.4億ドルと前年同期から1.4%の減少。国内の既存店ベースも0.9%の減少だった。商品カテゴリー別では売上全体の42%を占めるコンピューターとモバイルフォン(Computing and Mobile Phones)の既存店ベースはギャラクシー・ノート7のリコールの影響で4.4%の減少となった。ベストバイはリコールがなければ既存店ベースは前年を超えていたとしている。大型4Kテレビを含むコンシューマーエレクトロニクス(全体の37%)の既存店ベースは7%の増加となった。また好調な住宅市場に支えられ白物家電などのアプライアンス(全体の7%)は同6.4%増加した。アプライアンスは25四半期連続して前年を上回っている。一方で、売上高の9%を占めるエンターテイメントは同18.6%の減少となった。国内のオンライン売上高は前年同期から17.5%となり前年同期の13.7%増から加速した。
 通年ベースでは売上高は394億ドルと前年から0.3%の微減となった。純利益は12.3億ドルと前年から37%の大幅増となった。既存店・売上高前年比は0.3%の微増、国内の既存店ベースも0.2%の微増にとどまった。
 同社CEOのヒューバート・ジュリー氏は2012年から始動した「リニューブルー(Renew Blue)」戦略を終了し、次フェーズに「ベストバイ2020:ビルディング・ザ・ニューブルー(Best Buy 2020 : Building the New Blue)」戦略を行うことを発表した。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ベストバイの第4四半期決算を読みながら「米国タラレバおじさん」という言葉が浮かんできました。サムスン・ギャラクシー・ノート7のリコールがなければ...機内持ち込み全面禁止などなかったなら...ソニー・プレーステーションVRの供給が需要に追いついていたら...ニンテンドー・クラシック・ミニ・ファミリーコンピュータの在庫も十分にあったら...との声がベストバイCEOヒューバート・ジュリー氏から聞こえてきそうです。実際、ジュリー氏は「複数のカテゴリーで起きた未曾有で大幅な製品供給不足で売上を圧迫した」と指摘しています。ギャラクシー・ノート7のリコール問題は予想を超えた拡大(爆弾扱い)により、書き入れ時の売上には特に響いたようです。スマートフォン市場も成熟しているので替わりにIoT製品がもっと売れてくれたら...と思っているはず。IoT製品でキャズムを超えるヒット商品がまだ出てきていません。  続きを読む
Posted by usretail at 03:53Comments(0)TrackBack(0)家電専門店
2017年03月01日

【ターゲット】、ネット販売34%増も実店舗が低迷!遅れたIT投資による典型的な症状?

170229ターゲット
■ターゲットが28日に発表した第4四半期(11月〜1月期)決算はファーマーシー部門の売却に、店舗売上が予想外に低迷したことで減収となった。売上高は前年同期比4.3%減となる206.9億ドル。純利益は8.17億ドルと前年同期の14.26億ドルから42.7%と大幅な減少となった。一般販売管理費率は経費削減により前年同期の18.1%から17.5%と0.6ポイント圧縮したものの、粗利益率は年末商戦に向けた販促活動や在庫処分で前年同期の27.9から26.9%と1.0ポイント低下した。店舗とネット経由を合わせた既存店・売上高前年同期比は1.5%減だった。内訳は客数が0.2%の増加となったが、セールなどの販促等で客単価が1.6%も落ち込んだ。ターゲットの既存店ベースは3四半期連続して前年を下回っている。オンライン売上は同34%の大幅増加となった。ターゲットのオンライン売上高は全体の6.8%に達している。またボピスなどオンライン経由の売上は既存店ベースを1.8%押し上げている一方で、オンライン経由の売上を除いた実店舗の既存店売上は3.3%の減少となった。通年ベースでは売上高が695.0億ドルと前年比5.8%の減少、純利益は27.4億ドルと前年比18.6%の減少だった。既存店ベースは0.5%の減少だった。
 ターゲットは国内に1,802店を展開しており、その内訳はスーパーセンター業態など4,760坪以上の大型店が276店(前期より2店舗減)、1,400坪〜4,760坪未満の通常のディスカウントストア・フォーマットは1,504店(前期より1店舗増)となっており、「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼ばれている1,400坪以下の小型店は前期から3店舗増やし22店舗となっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤のコンサルティングは、日本より5年〜10年先をいくアメリカ小売業・流通業から、お手本となる成功事例をもとにクライアントにあるべき姿やとるべき戦略をアドバイスします。また、オムニチャネル・リテーリングなどの失敗事例からは避けるべき姿や回避すべき戦術を明らかにする一方で、改善している事例からはトラブルシューティングを学び、実務としての確実なアクションを提言しています。後藤メソッド(教授方法)が極めてユニークなことに加えて、コンサルティングで成果を重視しているため「売上・儲けの役にたたない」などの不満が少しでもあればコンサルティング・フィーを100%返金するという、コンサルタント業界では非常識な保証制度も設けています。見方を換えれば、後藤はコンサルタントとして明確なポジショニングを行っているのです。逆に曖昧な立ち位置にしていると、依頼者とのバランスが悪く、実務アクションに結びつかないのですね。  続きを読む
2017年02月28日

【ウォルマート】、ベンダー泣かせプライス・コンパリゾン・テスト!ニーチェに宣戦布告?

170228ウォルマート
■オンライン売上の伸び率で競合アマゾンを上回ったウォルマートは最近、スーパー最大手チェーンのクローガーやディスカウントスーパーのアルディに対抗するため、少なくとも1,200店舗で新プライス・コンパリゾン・テスト(price-comparison test)を実施している。ロイター・ニュースによると、ウォルマートは食品にフォーカスしたプライス・コンパリゾン・テストをアイオワ州やイリノイ州の中西部から、フロリダ州の南東部にかけて11州で始めた。新テストは集客力を上げるために適正価格を見つけ、必要なら価格を調整するというもの。ロイターが行った調査ではアイオワ州やイリノイ州の5州ではウォルマートの食品価格が競合のアルディの価格をすでに下回っている。競争が激しいマーケットではウォルマートの卵(1ダース)が1ドル以下になっており、一部には1ガロン(3.7リットル)のミルクも1ドル前後に引き下げられている。ウォルマートは先週、アーカンソー州ベントンビルの本社に大手消費財メーカーのP&Gや大手食品メーカー=のユニリーバ、コナグラ・フーズなどの役員を招集し、卸値をさらに15%引き下げるよう命じたという。ジョンソン&ジョンソンやクラフト・ハインツなどが出席する会議で、競合との1対1の価格比較で80%の割合でウォルマートが下回るようベンダーに強く要求した。
 ウォルマートが先日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では客数が増えたことで既存店ベースが1.8%の増加となったものの、純利益は前年同期比18%の大幅減となった。粗利益率が0.08ポイント減少しており、これ以上に利益を下げることもできないためベンダーに価格投資を補てんしようとしているのだ。ある消費財メーカーの役員は「ウォルマートが向こう数ヶ月で最大30%のプライスカットを実施する」とため息を漏らす。ウォルマートが集客のスイートスポットを探るため、彼の商品が大幅に値引きされるのだ。またウォルマートは、配達コストを削減し、無駄な再注文や欠品がなくなるよう、ロジスティクスの改善もベンダーに要請した。
 1976年にアメリカに進出したアルディは現在、34州に1,600店近くを展開しており、2018年までに2,000店舗の展開を目指している。同じくドイツ資本のディスカウント・スーパーマーケット・チェーンのリドルは今夏にもアメリカ1号店をオープンし、今年中に100店を開店する予定なのだ。ウォルマートは新プライス・コンパリゾン・テストを実施することで、ノーフリルなディスカウントスーパーに対してもプライスリーダーを宣言しようとしているのだ。  続きを読む