2010年11月30日

【ブラックフライデー】、感謝祭から4日間は6.4%増!ディスカウントストアは苦戦?

101130ターゲットドアバスター
■全米小売業協会(NRF)は28日、消費者調査から感謝祭とブラックフライデーを含む週末の4日間に約2.12億人が店やオンラインで買い物をしたとする推定結果を発表した。昨年の約1.95億人から8.7%の増加となり、今年のクリスマス商戦が好調な滑り出しとなったことを印象づけた。また、買い物客一人当たりの支出額は365.34ドルとなり、昨年の343.41ドルから6.4%増加した。感謝祭からブラックフライデー週末の4日間で総支出額は450億ドル(約3.8兆円)に達したと見られている。
 4,306人の消費者を対象に11月25日〜27日に行われた調査によると、デパートメントストアに買い物に行くと答えた人は52%となり、前年の49.4%から増加した。また、アパレルストアで買い物をすると答えた人は24.4%で、こちらも前年の22.9%から増加。オンラインストアの買い物も昨年の28.5%から今年は33.6%に増加している。一方で、ディスカウントストアで買い物をするとした人は40.3%で、前年の43.2%から減少となっている。
 全米約7万店舗をモニターしている調査会社ショッパートラックは27日、ブラックフライデーの売上高は総額106.9億ドルとなり前年比0.3%の微増となったことを発表した。26日の売上が微増にとどまったのは、11月第1週の売上高が前年比6.1%増、2週目も同6.2%増となり、ブラックフライデーセールの前倒しの影響があったと見られている。尚、同社ではブラックフライデーの客数は2.2%増加としている。

トップ画像:ターゲットでドアバスターとなっていた39ドルのゲームコントローラー。ドアバスターでも超激安といえない商品は、大量に売れ残っていた。お客が賢くなっている(予算が少ないので賢くならざる得ない)と同時に、お客の「小手先のやり方は通用せんゾ!」との声が聞こえてくるようだ。  続きを読む

Posted by usretail at 04:41Comments(1)TrackBack(0)
2010年11月29日

【ウォルマート】、サイバーマンデーも前倒しでサイバーウィーク!ひきこもりへの販促?

101129ウォルマート広告サイバーウィーク
■感謝祭明けの月曜日は、オンラインストアのクリスマス商戦の開始日として「サイバーマンデー」として知られている。これは全米小売業協会(NRF)のオンライン部門ショップ・オーグ(shop.org)が2005年から始めたオンラインストア販促日だ。ウォルマートでは、月曜日に限らず1週間にわたりサイバーウィークとして販促を行っている。
 ウォルマート・コムは28日の日曜日から150品目以上を特価にした「サイバーウィーク・スペシャル」を始めた。12月3日までのオンラインスペシャルでは、フィリップスMP3プレーヤー(8GB)が39.98ドル、ガーミン製ニュービGPSナビ(3.5インチスクリーン)が89ドル、ヴィオレ製24インチLED液晶テレビ(1080p 60Hz)が199ドル、ピンクのHPネットブック(10.1インチ、1GB、インテルAtom N455 processor 1.66GHz、250GB、ウィンドウズ7)が318ドル、プレステ3バンドルパックが388ドル、エレメント製42インチ液晶LEDテレビ(1080p 60Hz)が499ドル、HPノートブック(17.3インチ、AMD TurionII P540 Dual-Core processor、4GB、500GB、ウィンドウズ7)が578ドルとなっている。デジカメでは、フジ(1,400万画素、2.7インチ)に4GBのSDカードと1時間現像100枚分をつけて89ドル、コダック・イージーシェアが199ドル、また、好みの画像をマグカッププレートギフトを入れる靴下などに施すカスタムフォトギフトが10ドルとなっている。玩具では人気のホットウィールセットが29ドル、知的玩具でタッチスクリーンのポータブルゲーム機が49ドルとなっている。
 ウォルマートではサイト・ツー・ストアで最寄のウォルマートでもピックアップできるサービスのほか、期間限定で自宅への配送を無料にしているサービスも行っている。

トップ画像:今週の広告に掲載されたサイバースペシャルの特価品。左上から時計回りで、フジのデジカメ89ドル、コダックのデジカメ199ドル、フォトギフト10ドル、HPネットブック318ドル、HPノートブック578ドル、フィリップスMP3プレーヤー39.98ドル、ガーミンGPSナビが89ドルとなっている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:57Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月28日

【ブラックフライデー】、オンライン売上16%急増!ウォルマートの買い物で海老蔵状態?

101128ウォルマート
■調査会社IBMコアメトリクスは27日、今年のブラックフライデーのオンラインストア売上高が前年に比べて2桁で成長したことを発表した。同社によると26日のオンライン売上高は前年比で15.6%増加し、平均注文単価も昨年の170.19ドルから190.80ドルと12.1%上昇した。オンラインのジュエリーストアでは売上高が同17.6%も増加し、富裕層の財布の紐が緩んできていることを示した。買い物の仕方では、オンラインショッパーは昨年より18%も少なく商品閲覧しており、特定の商品を目当てに特定のオンラインストアで買い物をしていることを裏付けている。全体的にはまだ微小ながらソーシャル・ネットワーク・サービスの利用も伸びており、オンラインショッピングではフェイスブックからのアクセスも増加しているという。

トップ画像:ウォルマートの家電売り場。午後2時頃でも大変な混み合いで、とても買う気にはなれない。私はアマゾン・コムでアイポッド・タッチを購入した。ブラックフライデーの早朝、199ドルに値段が下がっていたのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。コンサルタントとしては当たり前ですが、1年間で最も売上があがる日は、現場を確認しなければなりません。ただ今年は、無理やり買い物も試みたことで、精神的に海老蔵状態でした。顔は腫れてませんが、心は完全に萎えてます。ブラックフライデーでは、早朝3時半に起きてターゲットを視察、その後は5時オープンのウォルマートの取材でした。6時前には自宅に戻り、その様子をブログをアップ。それに懲りずに昼前にはコスタメサのターゲットを視察し、昼食をはさんで、午後からは入店できなかったウォルマートに再度訪問。今年は無謀ながら買い物に挑戦です。一応、レジに長時間並んでも退屈しないようにアイポッド持参でしたが。で、買い物を終えて自宅に着くと...頭から血を流している姿に麻央が驚き110番通報して病院へ行き、翌日には団十郎が会見へ...とはなりませんが、何か?  続きを読む
Posted by usretail at 04:54Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月27日

【ウォルマート】、最もピースフルなブラックフライデー!行列整理の徹底研究が生きた?

101127ウォルマート00
■感謝祭明けの26日の金曜日、アメリカはブラックフライデーに突入、本格的なクリスマス商戦が始まった。
 ブラックフライデーでは毎年、私は近所にあるウォルマート・ディスカウントストアを視察している。今年はターゲットがウォルマートより1時間早くオープンしたことで、まずはターゲットを視察した。ターゲットに到着したのは4時オープンの10分前。意外にも同店のパーキングに空きがあり、ほどなく駐車することができた。入り口付近は赤いショッピングカートでバリケードされ、ものものしさはウォルマートと変わらない。行列は建物に沿って後方にまで伸びていた。トップに並んでいた人は、昨日の朝11時頃から約16時間も並んでいるという。目的の商品は298ドルとなるウェスティングハウス製40インチ液晶テレビ(1080 60Hz)だ。列を辿っていくと最後尾は建物の側面、入り口から約300メートルほどだ。オープン前の行列客は500人程度で、オープンからわずか15分で行列は店の中に吸い込まれた。同時に40インチテレビの購入を済ませた人が、店から出てきていた。ドアバスター商品の多くを有する家電部門に行くとテレビゲームなどを求めるお客でごった返していた。アイポッドなどの高価な小型製品は、テレビのように売り場に並べておらず、スタッフから手渡しするため時間がかかるのだ。よって長い行列と行列を探るお客で売り場は混乱状態になっていた。これではゲームソフト1本を購入するのにも1時間は待たなければならないだろう。寒い屋外で待たされるよりはましだろうが、お客は納得できない。私は4時30分頃にターゲットを出て、ウォルマートに向かった。  続きを読む
Posted by usretail at 02:35
2010年11月26日

【ブラックフライデー】、感謝祭の夜10時からオープンも!2020年にはどーなってるの?


■アメリカでは11月の第4木曜日が「感謝祭日(Thanksgiving Day:サンクスギビングデー)」と祝日になる。もともとはイギリスからの移住者が神の恵みに感謝したことが始まりとされている。今では、宗教的な意味合いは薄れ、親族が集まり七面鳥を食べる「大切な家族行事」となっている。ただ、のんびりした祝日も、営業を開始するチェーンストアが増え、あわただしくなっている。
 Kマートは過去20年近くも感謝祭日にオープンしており、今年も早朝6時から夜の9時まで営業を行う。100年以上の歴史を持つシアーズは、同社としては初となる感謝祭日のオープンに踏み切る。営業時間は朝7時から正午まで。ウォルマートスーパーセンターは24時間の営業だが、ウォルマート・ディスカウントストアは朝7時から夕方6時までとなっている。また、感謝祭日の営業が3年目となるギャップ(約100ヶ所)やバナナリパブリック(44ヶ所)は朝8時からオープン、オールドネイビー(800ヶ所)も午前9時から午後8時までオープンする。
 翌日のブラックフライデーを感謝祭日に割りこませる形でオープンする店もある。トイザラスは昨年、深夜0時オープンだったところを木曜日の夜10時からのオープンし2時間も前倒ししている。ロスアンゼルス近郊にあるアウトレットセンターのシタデル・アウトレットも「月光の熱狂(moonlight madness)」として感謝祭日の夜10時からオープンだ。チェルシー系列のアウトレットセンターは深夜0時からオープン。ロスアンゼルス郊外のショップス・アット・モンテベロSCやレイクウッドセンターSC、オンタリオミルズも深夜0時からオープンとなっている。ブラックフライデーのドアバスターセールの開始時間を1時間早めたチェーンストアも少なくない。コールズは昨年の早朝4時から3時に、メーシーズは5時から4時へ、ターゲットも5時から4時に早めている。ドアバスターのセール時間を早朝5時からと変えていないのはベストバイやウォルマートだ。JCペニーは4時オープンと昨年と変わらず、競合のコールズには追随していない。

*トップ動画:カリスマ主婦マーサ・スチュワート氏が出演しているメーシーズのコマーシャル。メーシーズのブラックフライデーは昨年より1時間早めて早朝4時からオープンだ。他のバージョンとして歌手のジェシカ・シンプソン編パレード編もある。私は、感謝祭の早朝3時過ぎに隣家の大喧嘩で目が覚めた。よりにもよって、感謝する日に(それも早朝から!)Fワードの嵐とは...悪夢だ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:56Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月25日

【ホームセンター】、増収増益Q3!BFドアバスターはないが249ドルの洗濯機はアリ?

101125ホームデポ
■ホームデポが16日発表した第3四半期(8月〜10月期)決算では、経費削減が奏功し純利益が8.34億ドルと前年同期比で21%も増加した。売上高は同1.4%増の166.0億ドルで、既存店・売上高前年同期比は1.4%増だった。国内の既存店ベースは1.5%増となり、3四半期連続で前年を上回った。同社CEOのフランク・ブレイク氏は「事業が安定してきており、我々は業務パフォーマンスを引き続き改善していく。カスタマーサービスやマーチャンダイジング、サプライチェーンを改善する投資を行いつつ、経費削減にも努めていく」と語った。

ホームデポ第3四半期(8月〜10月期)
総売上・前年同期比: 1.4%増
純利益・前年同期比: 21.0%増
既存店・売上高前年同期比:1.5%増(国内)
店舗数:1,976店(国内)

101125ロウズ
■ロウズが16日発表した第3四半期(8月〜10月期)決算は、純利益が4.04億ドルで前年同期から17%の増加となった。売上高は115.9億ドルで前年同期比1.9%の増加だった。既存店・売上高前年同期比は0.2%の微増にとどまった。
 同社は「今後も失業率の高止まりや住宅市場の回復の遅れが業績の重しになるとものの、低成長環境下での業務改善に力をそそいでいく」としている。

ロウズ第3四半期(8〜10月期)
総売上・前年同期比: 1.9%増
純利益・前年同期比: 17.4%増
既存店・売上高前年同期比: 0.2%増
店舗数:1,734店(北米)  続きを読む
Posted by usretail at 04:30Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月24日

【ネットフリックス】、最大8ドル値上げ?脇役から主役へ、競合も倒産では株価も3倍!

101124ネットフリックス新料金体系
■オンラインDVDレンタル最大手のネットフリックスは22日、ビデオストリーミングのみのサービスプランや新料金体系を発表した。映画やテレビ番組などのコンテンツを受信しながらを同時に再生を行うビデオストリーミングのみのプランは月額7.99ドルとなる。また、ビデオストリーミングと郵送によるDVDレンタルは、「DVD1枚まで同時に持つことができ、枚数無制限でレンタル可能」プランがこれまでの月額8.99ドルから月額9.99ドルとなる。サービスプランによって最大8ドルの値上げとなっている。新料金体系は、発表同日から新規加入者に適用され、既存会員は来年1月に適用されるという。
 同社は9月、カナダでビデオストリーミングのみのサービスを開始。予想以上に好評だったことから、国内でも同サービスの導入に踏み切った。会員の多くは郵送によるDVDレンタルよりもテレビゲームやインターネット対応BDプレーヤーやテレビなどで視聴することが多いため、同社では今年初めからビデオストリーミングのコンテンツを拡大している。
 ネットフリックスの第3四半期(7月〜9月期)決算の発表で、会員数が前年同期(1,111万人)から52%増加し1,693万人としている。また、同四半期において、ビデオストリーミングを15分以上視聴した会員の割合は66%に達し、前年同期の41%から大幅に伸びている。

トップ画像:旧料金(Old price)から値上がりし新料金(New price)になるネットフリックスの料金体系表。値上げすることで加入者の多くが月額プランをワンランク下げると見られている。これにより、ネットフリックスは郵送コストを大幅に節約できるのだ。この発表直後で同社の株価は9%も上げ、188.32ドルと高値の記録を更新した。  続きを読む
Posted by usretail at 04:35Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月23日

【ウォルマート】、BFに競合店価格マッチ!サイバーマンデー前倒しでサイバー感謝祭?





■ウォルマートは22日、ブラックフライデーのプライスマッチや土曜日セール、感謝祭からスタートするオンラインセールなどの「無敵のホリデーセービング」を発表した。
 プライスマッチは、今週金曜日のブラックフライデーセールに競合店のドアバスター価格に合わせるというもの。競合店のチラシをレジに持参し、同一商品であれば価格を合わせるとしている。
 同社はブラックフライデーの翌日となる土曜日もセールを6時から開始する。広告に掲載している特価品では、ソニーブラビア46インチ液晶テレビ(1080p 60Hz)が698ドル、ビジオ37インチ液晶テレビ(1080p 60Hz)に40ドルのギフトカードがついて378ドル、ソニーBDプレーヤーが94ドル、ソニーBDプレーヤーWiFiが158ドル、xbox3604GBとキネクトのセットで299ドルがある。
 ウォルマート・コムのオンラインセールでは、感謝祭となる木曜日から家電品やゲーム、玩具など150品目が最大40%オフとなるセールを行うとしている。昨年より3倍にも品目数を増やしたオンラインセールでは、429ドルのRCA37インチ液晶テレビ(720p 60Hz)が399ドルに、278ドルのエイサー製ネットブック(10.1インチ、Intel Atom N450 processor 1.66GHz、1GB、160GB、ウィンドウズ7)にケースとフラッシュドライブを付けて248ドル、89ドルのコダック1,200万画素デジカメ(2.7インチスクリーン)にケースと4GBメモリーカードをつけて79ドル、189ドルのニンテンドーDSi(アクセサリーセットとゲームソフト2種付き)が169ドル、35ドルのエマテック製MP3プレーヤーが20ドル、35ドルの子供用のホワイトボードが29ドル、75ドルのローラーコースター組み立てセットが39ドル、70ドルの掃除機が49ドル、25ドル〜50ドルのジャケットが18ドルとなっている。

トップ動画:メディア用の「無敵のホリデーセービング」リリース動画。店内マップが映した後(57秒後)にレジのキーボード上にある「プライスオーバー(Price Over)」キーの映像がある。レジで価格をアジャストして、競合店の価格に合わせることを示唆した映像だ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:47Comments(1)TrackBack(0)
2010年11月22日

【七面鳥】、感謝祭は4,600万羽を95%が食するターキーデー!卸値高騰もロスリーダー?

101122ラルフス広告01
■11月第4木曜日の感謝祭日(Thanksgiving Day)は、「七面鳥の日(Turkey Day)」とも呼ばれている。感謝祭は宗教的な意味合いは薄くなる一方で、パンなどの詰め物をした七面鳥の丸焼きを家族で食べる日と位置づけられているのだ。実にアメリカ人の95%がこの日に七面鳥を口にする。これにより全米の食卓に上がる七面鳥は約4,600万羽にもなり、感謝祭の1日で年間消費の6分の1を平らげることになるのだ。
 七面鳥の価格は今年、飼料となるトウモロコシの高騰などで値上がりしている。七面鳥の価格は10月、1ポンド(約450グラム)当たり1.68ドルで昨年から13%、3年前からは35%も上昇していた。冷凍の七面鳥の卸価格も先週、1ポンド当たり1.09ドルで、それほど下がっていない。しかしながら、大手スーパーマーケットでは卸売り価格を下回る値段で販売されている。
 クローガー傘下のラルフスでは、12ポンド〜24ポンドの冷凍七面鳥を、25ドル以上の買い物合計という条件をつけて、1ポンド当たり29セントで訴求している(トップ画像)。倉庫型スーパーのフード4レスでは30ドル以上の買い物で1個4ドル(1ポンド当たり最低で27セント)と激安だ。セーフウェイでは同25ドルの条件で冷凍七面鳥を1個5ドル(1ポンド当たり約31セント)の価格で提示している。スーパーバリュ系列のアルバートソンズでは、同じく25ドルの条件に1ポンド当たり1.19ドルとしながらも「ひとつ購入で2つめ無料(Buy one get one Free)」の販促だ。
 スーパーマーケットは、直近の卸価格で購入しているわけではない。感謝祭に向けての七面鳥は、2月もしくは3月の時点で確保しているのだ。今年は1ポンド当たり85セント〜89セントで仕入れている。それでも卸価格を下回る激安価格で販売するのは、店舗間の競争に加え、七面鳥がロスリーダーとなっているからだ。お客は七面鳥だけを買いにくるわけではない。感謝祭の食卓には通常、丸焼きの七面鳥のほか、七面鳥に添えるグレービーソースやクランベリーソース、副菜としてマッシュポテトやオレンジ色のサツマイモ、さやいんげんのキャセロールなどが並ぶ。また、デザートにアップルパイやパンプキンパイ、アイスクリームもある。
 したがって毎年、感謝祭の2〜3週間前からスーパーでは、七面鳥がロスリーダーになり激しく価格競争を繰り広げているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:55Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月21日

【ベストバイ】、CEOが予測する超ホット商品!ヌックカラーはお値打ち感で高評価?

101121グーグルTV@ベストバイ
■ベストバイのCEOブライアン・ダン氏は、クリスマス商戦中に売上を牽引する商品として電子書籍リーダー、スマートフォン、アイパッドなどのタブレットコンピューター、テレビゲームを挙げた。16日に行われたインテル社の説明会にて同氏がクリスマス商戦予想を披露した。一方で、回復が遅れる経済により、ダン氏は「今年のクリスマス商戦はワクワクするものになると期待していますが、お客様は間に合わせの買い物傾向で売上が伸びる時期は、遅いものになると思います」と語った。
 ビジネストレンドを紹介するファストカンパニー誌は、ダン氏が語ったホット商品の予想を掲載した。ニンテンドーWiiやプレステ3ムーブ、Xbox360キネクトの体感型テレビゲームで最も人気になるものについて同氏は「自宅にプレステ3があればムーブ、Xboxならキネクトと、所有しているプラットフォームによってお客様は選択します」と予想している。なお、ダン氏自身が家族に購入するとしたらの質問では「子供達はキネクトに強い関心がある」と話している。
 タブレット・コンピューターは「アンドロイド搭載のサムスン・ギャラクシーが、アップルのアイパッドといい勝負をしているのでワクワクしています」と語った。クリスマス商戦で人気となっている電子書籍リーダーでは「バーンズ&ノーブルが発売するヌックカラーがキンドルを抜くかどうかわかりませんが、ヌックカラーは電子書籍リーダーにためらいがあったお客様にアピールするでしょう」としている。
 グーグルTVは「初物としては(売上が)素晴らしいものになりました。が、来年がインターネットTV元年になると思っています。来年のクリスマス商戦で、間違いなく最もホットな商品になります」と述べた。

トップ画像:ベストバイに展示されているソニーのグーグルTV。左にあるテレビ画面をよく見ると...某コンサルタントが弾くピアノの調べがベストバイ店内に響き渡っていた!(笑)  続きを読む
Posted by usretail at 04:43Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月20日

【ブラックフライデー】、3日で客数1.38億人!エッ、iPadがTJマックスで100ドル引?


■11月の第4木曜日(今年は25日)は祝日「サンクスギビング(感謝祭)」だ。翌日の金曜日からクリスマス商戦がスタートし、この日の売上で帳簿が黒字化することから「ブラックフライデー(Black Friday)」と呼ばれている。多くアメリカ人がブラックフライデーのセールに出向く最大の商機のため、一人でも多く集客したいチェーンストアは戦略を駆使している。
 全米小売業協会(NRF)が18日に発表した調査によると、ブラックフライデーの金曜日から日曜日にかけて買い物に出かける予定のある人は、昨年の調査結果の1.34億人から約3%増え、1.38億人になる見通しだ。ブラックフライデーに「ぜひとも買い物に行く」とした人は昨年の5,700万人を上回る、約6,000万人に上っている。またセール内容によっては、約7,800万人が買い物に行くとしている。
 同協会CEOのマシュー・シェイ氏は「ブラックフライデーの戦略ルールは大きく変わってきています。以前はブラックフライデー前日の感謝祭日に、チラシなどでセール内容を知らせるやり方でした。現在は多くのお店が、クチコミが生じるようにソーシャルメディアを使っているのです。セール情報を前もって小出しにして、お客様をワクワクさせるような工夫をこらしているのです」と語っている。実際、NRFのオンライン部門(ショップ・オーグ)が行った調査では、半数以上となる54.9%のお店がメールを使ってブラックフライデーのセール情報を発信している。39.2%がソーシャルネットワークサービスのフェイスブックを使っていると答え、同時に31.4%がホームページや、21.6%がツイッターを使って情報発信をしていると回答している。

トップ動画:コンシューマーレポートもブラックフライデーでの買い物がアメリカ人にとって重要な日となっていることを指摘している。また、スマートフォンが普及するにつれ、お店での買い物以上にモバイルを使用した買い物が増加していることも強調している。つまりお店も、SNSなどを使い先んじて「仕掛けて」いかなければならないということだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:34Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月19日

【ギフトカード】、今年は4%増加!フーターズもサンタ・ボーナスカードで販促に参戦?

101119ギフトカード
■全米小売業協会(NRF)によると、クリスマス商戦中、贈り物として最も人気にあるギフトカードに一人当たり平均で145.61ドル支出するとの調査結果を発表した。昨年の139.91ドルから4%の増加だ。同協会では11月〜12月期中のギフトカードへの総支出額が247.8億ドル(約2.1兆円)と見込んでいる。ギフトカードを購入するとした人は4分の3以上(77.3%)に達し、1枚当たりの額面金額も昨年の39.80ドルから今年は41.48ドルと上昇している。
 家族や友人に贈るのに、どのギフトカードを購入するかについては、デパートメントストアが最も多く39.2%、次いでレストランの33.4%、書店の23.7%、家電店の19.0%、映画館のような娯楽施設等に14.1%の順になっている。また、スターバックスなどのコーヒーショップのギフトカードを13.9%が贈ると回答している。ギフトカードを購入する理由としては、貰い手が自由に商品を選べるからとしているのが45.8%となり、贈り手が楽に素早く購入できるという利便性も17.8%の人が理由としてあげている。
 ギフトカードを好む人が増えている一方で、従来のプレゼントに固執する人たちもいる。ギフトカードに抵抗を感じるところとしては、「温かみがない」が24.1%と最も多く、ついで「使用期限や手数料がある(18.9%)」としている。また、「商品購入のほうがギフトカードより節約できる(8.9%)」や「貰い手が紛失する不安(5.9%)」、「ギフトカードのお店が倒産する可能性(3.2%)」もある。また、どのカードを選んでいいのかわからないと理由をあげたのも9.5%あった。  続きを読む
Posted by usretail at 04:55Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月18日

【ターゲット】、3つの回復Q3!カード販促5%オフでQ4既存店は過去3年で最高?

101118ターゲット00a
■ターゲットが17日発表した第3四半期(8月〜10月)決算では、クレジットカード事業の利益が倍増したことで増益となった。純利益は5.35億ドル(前年同期は4.36億ドル)。クレジットカード事業を除く売上高は、ミニ青果部門「Pフレッシュ(prototype-fresh)」や自社カードの「5%オフツデー&エヴリデー(5% Off Today & Everyday)」販促が貢献し、前年同期比3%増の152.3億ドルとなった。既存店・売上高前年同期比は1.6%の増加となり、4四半期連続してプラスとなった。
 クレジットカード事業は、貸倒費用が前年同期の3.01億ドルから1.10億ドルと大幅に減少したことで、同事業の純利益は前年同期の6,000万ドルから1.3億ドルと2倍以上となった。なお、支払いが60日以上遅れているクレジットカード加入者の割合は4.9%となり、前年同期の6.5%から1.6%低下、90日遅れている加入者の割合も3.5%と、前年同期の4.6%から1.1%も低下している。
 同社CEOのグレッグ・ステインファフェル氏は声明で「クリスマス商戦を含む第4四半期(11月〜1月期)は、既存店ベースでは過去3年間で最大の伸びを示すだろう」と語っている。

ターゲット第3四半期(8月〜10月期)
総売上・前年同期比: 2.2%増
純利益・前年同期比: 22.6%増
既存店・売上高前年同期比: 1.6%増
店舗数:1,752店(49州)  続きを読む
Posted by usretail at 04:55Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月17日

【ウォルマート】、国内が6四半期連続・既存店減Q3!ブラックジョークなBF販促品?

101117ウォルマート店内
■ウォルマートが16日発表した第3四半期(8月〜10月期)決算は、コスト削減が奏功したほか、好調な海外店が貢献し増収増益となった。
 総売上高は前年同期比2.6%増の1,012.4億ドル。純利益は34.4億ドルとなり、前年同期の31.5億ドルから約9%の増加となった。セグメント別では国内ウォルマート(スーパーセンターとディスカウントストア)の売上高・前年同期比が0.1%の減少となり、既存店ベース(ガソリン含まず)も1.3%の減少だった。同セグメントの既存店ベースの減少は、2009年の5〜7月期から6四半期連続となった。また、サムズクラブの売上高は前年同期比で2.7%の増、既存店ベースは2.4%増となっている。一方、海外店の売上高は中国市場の成長や日本やブラジルでの拡大が寄与していることで前年比9.3%の増加となった。総売上高に占める同セグメントの割合は前年同期の25.0%から26.6%へ大きく伸びており、営業利益も前年同期から13.5%の増加となっている。

 同社は第4四半期の既存店・売上高前年同期比を、1%減少〜2%増加のレンジとの見通しを発表している。

ウォルマート第3四半期(8月〜10月期)
総売上・前年同期比:2.6%増
純利益・前年同期比:9.2%増
既存店・売上高前年同期比:0.7%減(国内)  続きを読む
Posted by usretail at 04:48Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月16日

【ウォルマート】、BFのDB追記!32インチ200ドルに42インチ400ドルがアンカリング?

101116ウォルマートBF01
■ウォルマートは15日、ブラックフライデーとなる感謝祭翌日の26日に深夜0時からセールをスタートすることを正式に発表した。また、同日の早朝5時から午前11時まで、テレビやノートブックコンピューターなど電化製品を中心にしたドアバスターを行うとしている。
 ドアバスター商品は、すでに報じられている198ドルとなるエマーソン製32インチ液晶テレビ(720p 60Hz)や398ドルの同42インチ液晶テレビの他に、98ドルのサンスイ製19インチ液晶テレビ(720p 60Hz)や498ドルのサンヨー50インチプラズマテレビ(720p 600Hz)、サムスン46インチ液晶LEDテレビ(1080p 60Hz)898ドルが目立っている。
 ノートブック・コンピューターでは298ドルのHP15.6インチ(3GB、Intel Celeron processor 900 2.2GHz、250GB、windows7)に、198ドルとなるeマシーンズ製15.6インチ(2GB、Intel Celeron processor 2.2GHz、250GB、windows7)や398ドルとなるHP17.3インチ(3GB、Intel Pentium dual core processor 2.3GHz、320GB、windows7)がある。プリンタでは、無線対応でインクジェット複合機が44ドルだ。
 ブルーレイ・ディスク(BD)プレーヤーでは、68ドルのマグナボックス製のWiFiモデル、94ドルのLG電子WiFiモデル、139ドルのサムスンWiFiモデルに、映画などオンライン配信するVUDU(ブードゥー)の10ドル分のクレジットがそれぞれ進呈される。225ドルのアイポッド・タッチ8GB(最新モデル)に50ドル分のギフトカード進呈も目玉だ。アイポッドではソニーのFM/AMチューナー付アイポッドスピーカーが59ドルと安い。ハンディGPSナビもトムトム3.5インチタッチスクリーンが59ドル、同4.3インチタッチスクリーンが79ドルと、100ドル以下で訴求だ。
 デジカメも59ドルとなる1,400万画素のコダック製デジタルカメラ(3インチ液晶)も激安だが、2.7インチと1.5インチのデュアル液晶スクリーンをもつサムスン(1,240万画素)も99ドルと安い上に5ドル分(100枚分)の1時間現像のクレジットが付いてくる。他にはキャノンデジタル一眼レフEOSも479ドル、7インチのデジタルフォトフレームも29ドルだ。
 注目されていた電子書籍リーダーではソニーのeリーダー5インチ(ポケットブックエディション)が99ドルだ。ゲームではDSライトが89ドルが目立っている。

*トップ画像:ウォルマート・ブラックフライデー広告の1ページ目。左上から69ドルのBDプレーヤー、200ドルを切った15.6インチのノートブック、ド真ん中は50ドルのギフトカードがつくアイポッドタッチ8GB、そして左下が32インチ298ドルの液晶テレビ、右下に42インチ398ドル。ウォルマートが32インチを200ドル、42インチを400ドルと決定つけた。数年前の「42インチプラズマテレビが1,000ドル」と同じだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:44Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月15日

【ウォルマート】、32インチ198ドル!1インチ6.2ドルでプライスリーダーの面目を保つ?

101115ブラックフライデー@ウォルマート09
■ウォルマートではブラックフライデーのセール情報は21日に発表する予定としているが、早くも同社のドアバスター商品の内容がネット上で漏れている。
 CNNマネー・コムは13日、ウォルマートのブラックフライデー広告を入手、早朝5時から激安となる同社のドアバスター商品等を明かした。ウォルマートではブラックフライデーセールは深夜0時から始まるものの、テレビなど一部商品の激安セールは早朝5時〜11時までのドアバスター(時限セール)で行うとしている。
 ウォルマートのドアバスターで目玉となっているのはテレビだ。現在、ウォルマート・コムで328ドルとなっているエマーソン製32インチ液晶テレビ(720p 60Hz)が、ドアバスターで198ドルとなる。1インチにすると6.2ドルの安さだ。また、449ドルのエマーソン製42インチ液晶テレビ(1080p 60Hz)が398ドル、オンライン上で598ドルとなっているLG電子42インチ液晶テレビ(1080p 60Hz)も478ドルと120ドルも安くなる。ブルーレイ・ディスク(BD)プレーヤーでは、118ドルで販売されているマグナボックスWiFiが68ドルとなり、映画やテレビ番組をオンライン配信するVUDU(ブードゥー)の10ドル分のクレジットが付いてくる。安くはならないが、アップル製品もギフトカードを付けてお値打ちとなっている。アイポッド・タッチ8GBの最新モデルが225ドルと競合と変わらない価格だが、ウォルマートでは50ドル分のギフトカードが進呈される。一方で競合となるベストバイやターゲットでは、30ドル分のギフトカード進呈となっている。そして、1,400万画素のコダック製デジタルカメラ(3インチ液晶)も59ドルと安い。ノートブックは15.6インチのHP製(ハードディスクは250GB)も298ドルだ。エンターティメント・ソフトでは、テレビゲームが7ドル〜8ドル、90タイトルの映画DVDが1.96ドル、映画BDは5ドルと10ドルとなっている。
 深夜0時からのセールでは、昨年大ヒットとなったズーズーペットが各4ドル、バービー人形が各5ドル、子供服が各4ドルとなっている。調理家電ではハミルトン・ビーチ製のスロークッカー(長時間煮るための調理鍋)が9.97ドル、同コーヒーメーカーが9.97ドルだ。ワッフルメーカーやホットプレートも各9.97ドルだ。
 ブラックフライデーの翌日の土曜日では、ソニー46インチ液晶テレビ(1080p)が698ドルとなっている。

トップ画像:昨年のブラックフライデーで、行列にならぶウォルマート客(早朝5時)。3,000坪の店を一周するほどの行列があり、昼前まで行列ができていた。  続きを読む
Posted by usretail at 04:54Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月14日

【マクドナルド】、ハッピーミール禁止!法改正から死体画像まで徹底しないと効果なし?


■サンフランシスコ議会は9日、マクドナルドの「ハッピーミール」など高カロリーでおまけ付き子供用セットメニューの販売を禁止する条例案を可決した。児童肥満対策として可決された条例案は、熱量が飲み物も含めて合計600キロカロリーを超えるもの、塩分が640ミリグラム以上となるもの、または、脂肪分がカロリー全体の35パーセント以上を占めるメニューに、おもちゃなどのおまけをつけて販売することが禁止となる。同時に、おまけ付きメニューには、飽和脂肪やトランス脂肪は制限され、野菜か果物を含むことを義務付けられている。
 サンフランシスコ市長のギャヴィン・ニューサム氏は12日、条例の拒否権を行使したが、8対3の賛成多数で可決されているため、議会で市長の拒否権は覆されると見られている。「ハッピーミール禁止」条例と呼ばれている条例の施行日は2011年12月。
 アメリカ疾病予防管理センターによると、アメリカでは児童の3分の1が肥満だ。児童肥満が増加するにつれ、子供達の間に生活習慣病も蔓延、深刻化している。糖尿病は300%増加し、心臓病から骨粗鬆症、肝障害、脳血管障害までの症状も現われている。

*トップ動画:マクドナルドのハッピーミールCM。女の子にはバービー人魚姫のおまけだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:52Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月13日

【バーンズ&ノーブル】、知的玩具で書籍売上減を補完!エッ、ヌックが99ドルになってる?

101113バーンズ&ノーブル
■書籍最大手チェーンのバーンズ&ノーブルは11日、一部店舗にて玩具の専用コーナーをテストしていることを発表した。玩具販売を行っているスーパーストアは、ニューヨークやニュージャージーなど北東部の5店舗。音楽CDや映画DVDの部門(トップ画像)を改装したという。玩具はゲームなどを含む2,000アイテムとなり、学習を中心にした知的玩具を扱っている。また、来週末にも発売となる電子書籍リーダーのヌックカラーもおかれる予定で、絵本も気軽に読める環境となっている。
 バーンズ&ノーブルは700坪から840坪となるスーパーストアを717店(50州)に展開している。

10年10月28日 - 【電子書籍リーダー】、ヌックカラー発表!大手では初となるカラー表示でヌークになる?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。今朝の新聞にトイザラスの金・土曜日の「ドアバスター・メガセール」の広告が入っていました。金曜日は午後3時〜深夜0時まで、土曜日は朝7時〜午後1時までで先週末も2日間セールを行っていました。目玉というほどのものはありませんが、動画再生も可能な2GBのMP3プレーヤー(21ドル)がありました。で、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日のブラックフライデーが、2週間後となりました。ブラックフライデーで超目玉となるドアバスター商品は毎年、メディアで大きく取り上げられます。ちなみにドアバスターの語源は、セール品をめがけてお客が店のドアに体当たりする勢いで押し寄せる様子からです。大手チェーンストアはドアバスター商品について口を閉ざしていますが、みんなが知りたい情報なので、どっかの政府が秘匿した映像のようにネットに流出しています。巡視船に体当たりは、ボートバスターですが...  続きを読む
Posted by usretail at 05:01Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月12日

【ウォルマート】、12月20日まで送料無料!大型TVも無料で返送料もウォルマートもち?

101112ウォルマート
■ウォルマートは11日、同社オンラインサイトにある約6万品目の商品について、配送料無料のサービスを始めたことを発表した。送料無料サービスは12月20日まで続き、対象商品は電化製品、テレビゲーム、家具、宝飾品、玩具などとなっている。同サービスには最低購入額などの条件はないが、同社サイト上で売り手と買い手を結ぶマーケットプレイスの商品は対象外となる。また、アップルのアイポッドとアイパッドもサービス対象外となっている。返品については返送費もウォルマートがもち、最寄のウォルマートにも返品可能だ。同サービスの配達の種類は「スタンダードシッピング」で、発送から3日〜5日で自宅に届けられるという。
 ウォルマートでは送料無料のサービスを通して、顧客は約2,500万ドルも節約できるとしている。

*トップ画像:ウォルマートでは大型テレビも送料無料だ。例えば898ドルのソニーブラビア46インチ液晶テレビ(1080p 120Hz)も、無料で自宅まで届けてくれるのだ。悪戦苦闘して車に乗せる必要もなく運搬の手間が省け、レジの行列にも並ばなくてもいい。返品も送料無料だ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:46Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月11日

【ベストバイ】、「コネクテッド」ベストバイ登場!参加者が調査員ではもったいない?

101111ベストバイ
■ベストバイCEOのブライアン・ダン氏はモバイルのコネクティビティ(接続性)を軸とした「コネクテッド・ワールド(The Connected World)」戦略を掲げている。製品どうしをつなげたネットワーク化で、利便性を広げて訴求するというものだ。これを実現したテスト店が今週末に改装オープンする。
 ベストバイは12日、ラスベガスやピッツバーグに展開する27店を「コネクテッド」ベストバイとして再始動する。「コネクテッド」フォーマットに改装された店内では、お客が中央にある3つのテーブル什器を目にする。このセクションでは、アイフォン・アプリやグーグルの携帯電話向け基本ソフト「アンドロイド」機能紹介、4G体験、グーグルテレビなどが含まれるという。また、店舗内には5つのインターアクティブ端末があり、専任スタッフ「ストア・インターアクティブ・テクノロジー・スペシャリスト」がタッチスクリーンで商品提案やデモンストレーションを行う。このタッチスクリーンでは商品検索や商品比較も可能だ。
 さらに「コネクテッド」ベストバイ店の各部門には、巨大なバーコードが設置されている。お客がスマートフォンにダウンロードしたベストバイ・アプリを起動し、このバーコードを読み取ると、部門に関連した広告や商品クーポンがダウンロードできるのだ。
 パソコンの修理・サポートからテレビの設置や工事まで、役割を増やしているサービス部門「ギークスクワッド」では、コンサルテーションができるプライベート・ブースまで登場した。
 ラスベガスに展開するベストバイは5店あるが、すべてが「コネクテッド」ベストバイとなる。テスト展開としてラスベガスのマーケットが選ばれた理由には、地元以外に海外からの旅行者も来店するデモグラフィックの広さにあるという。改装費は明かされていないが、テスト結果により順次、改装されることが予想される。

トップ画像:「コネクテッド」フォーマットへ改装工事が進んでいるラスベガスのベストバイ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:51Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月10日

【ギフトカード】、発表!最も使い勝手が良く、安心なチェーンストア系ギフトカードは?

101110ギフトカード
■全米小売業協会(NRF)によると、クリスマス商戦で最も人気のある贈り物は、ジュエリー(23%)や書籍(47.3%)、衣類(48.2%)をおさえて今年もギフトカード(57%)となった。さて、このギフトカード、昨年に可決された「クレジットカード法(Credit Card Act:クレジットカード発行者の説明責任、責務および開示法)」により、ユーザーにとってすこし使いやすくなったことはご存知だろうか。
 クレジットカード法では、8月22日以降に売り出されたギフトカードには、いくつかの制限がつくようになった。まず、ギフトカードの有効期限が5年に拡大されている。以前には、有効期限が1年という短期間のものもあり、気づいたらギフトカードが失効していたという事態もあったのだ。そして、費用が生じる未使用期間が、一部のカードで30日間と短いものもあったが、これも12ヶ月以上となっている。さらに、ギフトカードを紛失した場合の再発行では、課金することも禁止された。
 一方で、ユーザーが注意しなければならないこともある。連続して12ヶ月以上、ギフトカードを使わなかった場合、毎月2.50ドルの手数料がカード額面から差し引かれる。また、金融系ギフトカードでは、購入費用として3.95ドル〜6.95ドルもこれまで通りかかってしまうのだ。それから、経営が危ういお店やレストラン等のギフトカードにも注意が必要だ。ギフトカードは債権となるので、倒産すればギフトカードにある額面の価値がなくなってしまうのだ。

*トップ画像:ウォルマートのギフトカード。この展示方法には犯罪をまねく大きなリスクがあることをご存知だろうか  続きを読む
Posted by usretail at 04:57Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月09日

【コンシューマーレポート】、家電品購入先順位!倒産したアルティメートの4位のなぜ?

101109アルティメート
■コンシューマーレポート誌12月号は、読者を対象にしたアンケート調査からテレビ、デジカメ、ビデオカメラ、DVDプレーヤー等、家電製品の購入先人気ランキングストアを発表した。読者数2.6万人の2.9万件以上に及ぶ買い物から「価格」や「品揃え」、「品質」、「カスタマーサービス」、「買いやすさ」、「返品有効期間(返品時の再在庫料の有無も)」の項目で、「オンラインストア」と「店舗(Walk-in Stores)」の2つカテゴリーでランク付けされた。
 購入先の評価ではオンラインストアが3年連続で店舗の評価を上回った。オンラインストアのランキングでトップに立ったのは、B&H(bhphotovideo.com)で、読者による得点は95点。項目では「価格」が評価され1位となった。2位はB&Hと読者スコアでは同点となったクラッチフィールド・コム(Crutchfield.com)。クラッチフィールド・コムは昨年と同様に「品揃え」が高く評価され、「カスタマーサービス」や「買いやすさ」も良い。3位も読者得点で95点と評価されたアマゾン・コム(amazon.com)。アマゾン・コムは「品質」と「カスタマーサービス」が及第点にとどまり、上位2社に比べて評価を落とした。4位はニューエッグ・コム(newegg.com)だ。ニューエッグ・コムは「価格」と「品揃え」が高評価だ。尚、1位から4位までは読者による得点が95点と同じで、微差によるランキングになったと思われる。
 5位は読者得点が94点となったのコストコ・コム(cotco.com)。チェーンストアのオンラインストアではトップになっているが、絞り込まれた商品アイテムから「品揃え」の評価が悪い。一方で、コストコ・コムの返品期間が90日長く、返品についての寛容さが、30日前後となる他社を圧倒している。
 6位は93点のアップル・コム(Apple.com)、7位は93点のタイガーダイレクト・コム(TigerDirect.com)、8位は92点のバイ・コム(Buy.com)、9位は88点のウォルマート・コム(Walmart.com)、10位は87点のエイブスオブメイン・コム(Abesofmaine.com)、11位は87点のデル・コム(Dell.com)、12位は86点のベストバイ・コム(BestBuy.com)となっている。
 店舗でのランキングトップになったのは、チェーン展開をしていない独立系ストアだ。読者スコアが93点と高得点で、「カスタマーサービス」、「買いやすさ」の項目でも評価された。また、昨年まで評価が低かった「価格」が及第点に改善している。2位は91点のコストコで「価格」が評価されたが、「品揃え」の項目が悪い。3位はアップルストアで読者スコアは89点。「価格」の評価が最悪だったのに対して「カスタマーサービス」は最上の評価だ。4位は昨年と同位のアルティメート・エレクトロニクス(トップ画像)。読者スコアは88点で、「カスタマーサービス」の評価が最上で、「品揃え」も良い。5位はアメリカ軍のご用達となる陸軍・空軍エクスチェンジ(Army & Air Force Exchange)。読者得点は88点だ。

<店舗ランキング>
1位:独立系ストア
2位:コストコ
3位:アップルストア
4位:アルティメート・エレクトロニクス
5位:陸軍・空軍エクスチェンジ(Army & Air Force Exchange)
6位:BJ'sホールセール
7位:ゲームストップ
8位:HHグレッグ
9位:シアーズ 
10位:サムズ・クラブ
11位:ターゲット
12位:PCリチャード&サン
13位:ステープルズ
14位:ラジオシャック
15位:ベストバイ オフィスデポ
16位:フライズ・エレクトロニクス
17位:ウォルマート  続きを読む
Posted by usretail at 04:27Comments(1)TrackBack(0)
2010年11月08日

【ニーマンマーカス】、恒例のクリスマスブック発行!3分で完売となった贅沢商品とは?

101108ニーマンマーカス00
■ウォルマートは今年、自社としては初となるクリスマスブックを配布した。これは子供にクリスマスプレゼントを購入する親に向けた玩具のカタログブックで、トイザラスやターゲットではすでに恒例の配布物となっている。クリスマスギフトを満載したカタログブックで昔から有名なのは、ニーマンマーカスの「クリスマス・ブック(the Christmas Book)」だ。
 高級デパートメントストアのニーマンマーカスは先月、1932年から発行している「クリスマス・ブック」の2010年版を発表した。夫婦や恋人などカップル間で贈ることをテーマにした「彼と彼女向け商品(his and hers)」は50周年を向かえ、今年も超贅沢なプレゼントが盛りだくさんの内容となっている。「彼と彼女向け商品」では50年前のプロペラ機から、ラクダ、飛行船、菓子(クラッカージャック)におまけとして入った18K指輪、ロボットなど実にユニークなプレゼントが提供されている。ただ、今年はブレスレットと地味な印象をうける。しかし、50周年記念ということで、ダイヤモンドとゴールドをちりばめ、24.8万ドル(約2,000万円)と超高額な腕輪となっているのだ。そして、価格はブレスレットと変わらないが、もうひとつ「彼と彼女向け商品」に48フィートのアーバン用ハウスボート(屋形船)を掲載している。ベッドルームからリビング、キッチン、ダイニング、シャワールームまで完備したハウスボートは、ニューヨークのハドソン川に浮かべたくなるような都会的なデザインだ。冷蔵庫などのキッチン家電からリビングルームの最新AV機器まで含めて、ハウスボートの価格は25万ドルだ。
 クリスマスブックは昨年、不況の影響で最も高額なものでも25万ドルと控えめな金額となっていた。今年は株価が回復していることで、再び100万ドル以上の商品が掲載されている。150万ドル(約1.2億円)の商品とは、著名なガラス彫刻家であるデイル・チフリー氏がデザインした屋内用プールだ。このプールでは、ガラス細工の絵画デザインが水底で光り、巨大なガラス細工のシャンデリアが妖しく光るのだ。贅沢すぎるプールで、泳ぐ気にもならないかもしれない。
 贅沢を極めた商品が並んでいるが、すでに売り切れた商品がある。限定100台の特別仕様車「シボレー・カマロ・コンバーチブル・ニーマンマーカス仕様(special edition 2011 Chevrolet Camaro Convertibles)」だ(トップ画像)。光線の加減でブラックやレッド、バーガンディにも映る、美しいディープ・ボルドーカラーを外装に採用したニーマンマーカス仕様は、内装もブラックに赤いステッチの入ったオールレザーなど、とてもお洒落だ。価格が7.5万ドル(約600万円)と比較的買いやすいことや、NBC局の人気テレビ番組でも紹介されたことで、電話受付からわずか3分で完売となった。ニーマンマーカス仕様の車は過去、レクサスやBMW、ジャガーなどが販売されているが、3分間での完売は2006年のBWMの「M6」に次ぐ記録だ。
 ニーマンマーカスの「クリスマスブック」はオンラインでも閲覧することができるので、100円の菓子でも食べながら贅沢感をじっくり味わってもらいたい。


ニーマンマーカスのクリスマスブックに掲載された商品を紹介するNBC局の「ツデーショー」。最初に「彼と彼女向け商品」のブレスレットを紹介しているのだが、24.8万ドルという価格に、なんともいえない声があがっている。ここで、ニーマンマーカス仕様のカマロ・コンバーチブルが紹介されたことで、電話受付からわずか3分で完売した。  続きを読む
Posted by usretail at 05:03Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月07日

【ホールフーズ】、復活!増収増益・既存店増Q4の要因にホールディールがはずせない?

101107ホールフーズ
■ホールフーズ・マーケットが3日発表した第4四半期(7月〜9月期)決算は、経費削減に加え、富裕層客が戻ってきていることで大幅な増益となった。第4四半期の売上高は21.0億ドルと前年同期の18.3億ドルから約15%の増加となった。純利益は前年の3,641万ドルから5,750万ドルと58%の増益だ。既存店・売上高前年同期比は8.7%増となり4四半期連続で増加となっている。なお、前年同期の既存店ベースは0.9%減。
 また、通年ベースでは売上高が12%増となる90.1億ドル、純利益は67%増の2.46億ドル、既存店は7.1%の増加となっている。
 同社は2011年会計年度の業績見通しで、既存店・売上高前年比を当初の5%〜7%から5.5%〜7.5%へ上方修正した。
 ホールフーズは北米やイギリスに301店を展開している。

ホールフーズ・マーケット第4四半期(7月〜9月期)
総売上・前年同期比: 14.8%増
純利益・前年同期比: 58.0%増
既存店・売上高前年同期比: 8.7%増
店舗数:301店(北米とイギリス)  続きを読む
Posted by usretail at 04:10Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月06日

【失業率】、就業者数が5ヶ月ぶりに増も、18ヶ月間9%以上の失業率では生活保護者も増!

101106就業者数と失業率の推移r
■労働省が5日発表した10月の雇用統計で、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数(季節調整済み)は、前月比15.1万人増と5ヶ月ぶりにプラスに転じた。市場予想の6万人を大幅に上回ったのは、前月までマイナス要因だった政府による国勢調査員の解雇が、8,000人減と大幅に減ったことに加え、民間部門の就業者数が前月の改定値(10.7万人増)から15.9万人増に大幅拡大したことが理由。ただ、失業率は前月と横ばいの9.6%となり、9%以上の失業率が昨年5月から18ヶ月も続いている。
 就業者数の増減を業種別にみると、教育・医療が前月比で5.3万人のプラスとなり、小売業もクリスマスに向け臨時スタッフを増やしていることから同2.8万人の増加となった。住宅市場の低迷で落ち込んでいた建設も5,000人増と小幅ながら増加に転じた。一方、製造業は前月比7,000人減となったほか、政府部門も8,000人減となった。
 尚、8月の就業者数は当初の5.7万人減から1,000人減に大幅に上方修正され、9月も当初発表の9.5万人減から4.1万人減に上方修正された。
 また、失業率が9.6%で横ばいとなっているのは、失業者数が前月に比べて小幅に増加したことなどが背景とみられている。

*トップ画像:2000年(1月)からの失業率と就業者数増減の推移グラフ。政府関係からの大量レイオフが終了し、10月の就業者数は5ヶ月ぶりにプラスとなった。しかし、失業率は9.6%と依然として高い水準で推移している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:29Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月05日

【10月業績】、株価回復で富裕層が買い物復帰!米国小売業はどんなときにも果敢に出店?

101105ニーマンマーカス
■10月の既存店ベースは、暖かかった天候で秋物衣料が鈍かった反面、ディスカウントなど販促を強化したチェーンが売上を伸ばした。また、株価の回復により富裕層の買い物が活発となり高級デパートメントストアが潤った。
 コストコが発表した10月の既存店・売上高前年同月比は、国内が4%増に海外店も14%増と伸びたたことで、予想の4.6%増を上回る6%増となった。変動幅の大きいガソリン販売や為替を調整した場合は、5%の増加となっている。ターゲットの既存店ベースは、レッドカードの5%オフ販促が寄与し、既存店売上高は1.7%増と事前予想(1.5%増)を若干上回った。
 オフプライスのTJXは、前年同月から横ばいとなったものの市場予想の0.9%減少を上回った。コールズは2.5%の減少で予想(2.3%増)を下回った。JCペニーも1.9%の減少とさえない。
 ギャップは、バナナリパブリックが1%減となったものの、海外店1%増やオールドネイビー2%増、さらに本体ギャップが5%増と牽引、予想の2.8%減を上回った。リミテッド・ブランドは、既存店ベースが14%増となったヴィクトリアズ・シークレットや同9%増のリミテッドブランド、バス&ボディワークス5%が牽引、全体では予想の6.3%増を上回る9%の増加となった。既存店・売上高前年同月比の発表を今回をもって終了するティーンアパレルのアバクロは、予想(5.6%増)を下回る2%増となった。同じくティーンアパレルのアメリカンイーグル・アウトフィッターズも予想(1.4%増)を下回るマイナス2%だ。
 富裕層などを顧客に抱える高級デパートは好調だ。メーシーズが予想の1.6%増を上回る2.5%増となったほか、ノードストロームも3.4%増と予想(2.7%増)を上回り、サックス・フィフス・アベニューも予想の2%増を上回る8.1%の増加となった。ニーマンマーカス(トップ画像)も3ヶ月ぶりに二桁増となる11.5%増だった。

〈主な小売チェーン〉
10月既存店売上高前年同月比
ウォルマート: 発表中止
サムズ・クラブ: 発表中止
ターゲット: 1.7%増
コストコ・ホールセール:6.0%増

ウォルグリーン: 1.3%減
ライトエイド: 1.7%減

TJX: 横ばい

リミテッド: 9.0%増
ギャップ: 2.0%増
コールズ: 2.5%減
アバクロンビー&フィッチ: 2.0%増
アメリカンイーグル・アウトフィッターズ: 2.0%減

JCペニー: 1.9%減
メーシーズ: 2.5%増
ノードストローム: 3.4%増
ニーマン・マーカス: 11.5%増
サックスフィフス・アヴェニュー: 8.1%増
  続きを読む
Posted by usretail at 03:30Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月04日

【ベストバイ】、マグノリア・デザインセンター拡大!超高級AVの部門ブランド化戦略?

100302マグノリアデザインセンター02
■ベストバイは27日、富裕層向けに高級AV機器を販売する部門「マグノリア・デザインセンター」を拡大することを発表した。サンフランシスコなどカリフォルニア州のベストバイ店内に先ごろオープンした4ヶ所に加え、来年にはさらにベストバイ15店に高級AV機器部門を展開していく。また、マグノリア・デザインセンターを展開できる富裕層地域が国内に少なくとも100ヶ所はあるとしており、その地域にベストバイがなくともスタンドアローンでの出店も視野にいれているという。
 ベストバイは2000年12月、当時シアトルを中心に13店舗を展開していたマグノリアHiFiを買収。現在までに高額な薄型テレビや音響設備を販売する部門「マグノリア・ホームシアター」をベストバイの383ヶ所に導入している。拡大が期待されるマグノリアデザイン・センターでは、高級オーディオブランドであるマッキントッシュ(McIntosh)やマーチンローガン(MartinLogan)、ソーナスファーベル(Sonus faber)、コントロール4(Control4)、パイオニアエリート(Pioneer Elite)などを揃え、ハイパフォーマンスな音響映像ソリューションを提供、ソーラーソリューションやオートメーションシステム、アウトドア用のAV機器までの最先端のシステムを扱っている。また、コンサルテーションを主体に音響システムをカスタムメード提案する専任スタッフは、完全歩合給となっている。
 ベストバイのマグノリア事業部COOのスティーブ・デルプ氏は「マグノリア・デザインセンターでは、ホームシアターにこだわりのあるお客様にユニークなショッピング環境を提供しています。高級ブランドやサービス、そしてこだわりの品揃えばかりでなく、お客様のライフスタイルにあったホームアートメーションシステムや、カスタマイズされたホームエンターティメントセンターをご提供できるよう、比類ない専門家がアドバイスいたします」と語っている。  続きを読む
Posted by usretail at 02:24Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月03日

【ウォルマート】、激安テレビ販促で1インチ7.6ドル!3Dテレビ激安セールはまだ先?





■ウォルマートは2日、今週末にテレビなど家電製品の安売りイベントを行うことを発表した。ウォルマート全店にて11月6日の朝8時からスタートする「ウォルマート家電製品びっくりイベント(The Amazing Walmart Electronics Event)」は2日間(もしくは商品が売りつくされるまで)行われる。
 目玉となるテレビでは26インチ〜55インチのビジオ製品が激安となる。298ドルの26インチLED液晶テレビ(720p)が、100ドル値引きされ198ドルとなる。1インチ当たりにすると7.6ドルの安さだ。他には348ドルの32インチ液晶テレビ(720p 60Hz)が50ドル引かれ298ドル、548ドルの42インチ液晶テレビ(1080p 60Hz)も50ドルディスカウントの498ドル、798ドルの47インチ液晶テレビ(1080p 120Hz)は100ドル値引きされ698ドル、1,098ドルの55インチ液晶テレビ(1080p 120Hz)は200ドルも引かれて898ドルとなる。すべてビジオ製品だ。
 また、ノートブックコンピューターではコンパック製プレサリオ(15.6インチ、Intel Celeron 900 、2GB、250GB、Windows 7)が288ドルとなる。ウォルマートでは通常、ノートブックを298ドルで激安訴求しているが、今回はさらに10ドル下げている。ゲームでは、人の動きを高感度センサーで感知し、画面上で再現する399ドルのプレステ3モーションコントローラ「PSムーブ・セット」には、ウォルマートの50ドル分ギフトカードが進呈される。音楽ダウンロードでも、50ドル分のアイチューン・ギフトカードが35ドルと激安なり、15ドルもお得だ。
 「ウォルマート家電製品びっくりイベント」は、ウォルマート・コムでも行われるという。

トップ動画:メディア(ニュース用)向けにリリースした「ウォルマート家電製品びっくりイベント(The Amazing Walmart Electronics Event)」の動画クリップ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:59Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月02日

【ウォルマート】、玩具カタログを初配布!トイザラスは販促満載でギフトの支援ツール?

101102トイザラス広告00
■ハロウィンも終わり、アメリカでは本格的なクリスマス商戦に近づきつつある。
 ウォルマートは1日、クリスマス商戦向けの玩具カタログブック配布と玩具の特設サイトオープンを発表した。同社としては初となる玩具カタログは52ページのボリューム。玩具購入の支援ツールとしてオープンされる特設サイトでは、5つ星によるオモチャのカスタマー格付けやカスタマーレビュー、玩具のデモンストレーションも掲載するという。カタログブック配布と特設サイトのオープンは5日で、同時に全米の店舗にて人気玩具の値引きセールを開催する。ウォルマート・コムでもシッピング無料の販促を行う。
 玩具チェーン最大手のトイザラスでは先月31日に恒例となっている「グレート・ビッグ・クリスマスブック(The Great Big Christmas Book)」を配布した(トップ画像)。80ページのボリュームとなる同社のカタログブックでは、トイザラスのみの販売となる専売玩具の紹介や無料玩具のオファー、「75ドル以上の買い物で10ドル分のギフトカード進呈」クーポンなど販促が満載となっている。トイザラス・コムでもシッピング無料の販促を行っている。
 ウォルマートやトイザラスの競合となるターゲットでも48ページの玩具カタログを発表。クーポンも掲載されている同社の玩具カタログは、サンデーペーパーに挿入される予定だ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:00Comments(0)TrackBack(0)
2010年11月01日

【GDP】、Q3の成長率は2%増!一斉値下げでイケアがGDPに思えてしょうがない?

101101GDP
■商務省が発表した第3四半期(7月〜9月期)の国内総生産(GDP)の速報値は、年率換算で前期比2.0%増となり、市場予想とほぼ一致した。第2四半期(4月〜6月期)の確定値1.7%増よりは改善したものの、伸び率は小幅にとどまった。GDPが5四半期連続でプラスとなる一方で、雇用増を見込める水準に達しておらず、先行きの不透明感を浮き彫りにした形だ。
 GDPの約70%を占める個人消費支出が前期比で2.6%増となり、2006年第4四半期(10月〜12月期)以来の高い伸び率を示した。サービス支出が2.5%増となったことが要因。設備投資では、第2四半期の17.2%増から9.7%増と伸び率は鈍化したものの、3四半期連続でプラスとなった。前期が25.7%増となっていた住宅投資は29.1%減となり、2009年第1四半期以来で最大の落ち込みを記録、景気の足を引っ張った格好だ。また、経常収支では輸出が5%増となったものの輸入が17.4%増となり、変わらずGDPを押し下げている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:04Comments(0)TrackBack(0)