2007年06月19日

【アゲ♂アゲ♂納豆2.0】、納豆の作り方

070619納豆00
 私が納豆を最初に作ったのが8〜9歳の頃。NHK教育テレビを観て実験したが、失敗に終わった。あれから数十年、幾度となく試行錯誤を繰り返しながら、今では食卓の定番となった。
 いきなり、今日は、LOHASでスローライフな納豆の作り方を教示します(←なんやねん)
 
070619納豆01070619納豆02
<材料>
○大豆:453.6グラム(16oz.)
日系のスーパーで売っているもので1ドルしません。
○納豆:市販されている3パック
私のお勧めは『おかめ納豆』ですが、新鮮で糸をよく引いているならOKです。
<道具>
圧力鍋(8リットル)、温度計、ザル&ボール、タッパーなど

大豆を圧力鍋にいれて一晩(12時間以上)水に漬けておきます。水量は豆の3倍ぐらいかな。

070619納豆03070619納豆04
大豆の皮が圧力鍋のノズルを詰まらせないよう、中ブタを入れて強火で煮ます。蒸気を吹いたらそのまま強火で10分間、そして中火10分、で最後に弱火10分間煮ます。その間、タッパーに市販の納豆を入れておきます。

070619納豆05070619納豆06
煮上がったら、圧力鍋をあけることができるまで待ち(5〜6分ぐらいかな)、アツアツの状態で豆をザルにあげます。すぐに納豆が入ったタッパーに移します。←ここがポイント!熱いうちに豆をいれて、ヒ弱な納豆菌や雑菌を除去します。灼熱地獄の中でも生き残った納豆菌は、繁殖力の強いアゲ♂アゲ♂菌です。

070619納豆07070619納豆08
よくかき混ぜた後、タッパーにフタをします。菌の増殖時には空気を必要とするので、密閉せずフタを置き輪ゴムでとめます。で、タッパーは厚手のタオルに包んで、通気性がよく温度が一定なところ(オーブンとか)に保存します。←ここがポイント!!気温が25度C以上なら何もいれなくても大丈夫ですが、それ以下の時はコーヒーのホットプレート(コーヒーメーカーの台座の部分だけ使う)にお湯の入ったお椀をおいてオーブン内を温めます。

070619納豆09070619納豆10
豆の温度は、50度C以上から、2時間後には35度Cぐらいまで下がります。そして、12時間後、納豆菌が仲間を増やして盛り上がる「納豆菌パーティ」が始まります。宴も最高潮に達して、豆の温度も38〜42度Cに上昇します。この時、発酵するいい香りがします。で、宴会もおひらきになる頃、温度も次第に下がっていきます。

070619納豆11070619納豆12
約24時間後にチェックすると、大豆の表面にうっすら白い皮膜が出来ています。箸で豆を持ち上げると「豆が糸を引いている」より、「絹に豆が絡まっている」状態になっていたら大成功です。最後にフタをして室温で約半日置いておきます。それから冷蔵庫に2日間ほど熟成させて出来上がりです。長期保存に冷凍できます。

070619納豆13070619納豆14
アゲ♂アゲ♂菌で発酵した納豆は、よくかき混ぜるとまるで「山芋のトロロ」です。からしとしょう油で、銀色のシルクが金の衣に変身します。あー、ウマウマ♪

<アゲ♂アゲ♂納豆2.0の3つのポイント>
1:市販の納豆は新鮮なものを使うべし
2:豆がアツアツのうちに納豆と混ぜるべし
3:温度が一定に保つよう工夫するべし。


⇒友達の子供に自家製納豆を食べさせたら、「美味しい!」と大変気に入ってくれました。作り方を聞かれ、「納豆菌が深夜にパーティを開いて、ワイワイ仲間を増やして大騒ぎだよ〜ん♪」のフレーズに大喜びしてました。夏休みの課題に自分でも作りたいと、納豆の作り方をリクエストされたのです。
ねっ、ホーちゃん、ゆーちゃん、簡単でしょ。

*納豆2.0とは、単に「Web2.0」を茶かしているだけです。
*LOHAS(ロハス)とは「Lifestyles Of Health And Sustainability」の略。


この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/50855265
この記事へのトラックバック
納豆がお好きな方、自分で作ってみたことありますか? 納豆って自作できるんですね!知らなかったです......   材料は大豆+市販の納豆だけ。長期保存の場合は冷凍もできるそうなので、毎日の食卓には納豆が絶対かかせないぜ!という方、ぜひ作ってみては如何でしょうか?大...
これは永久保存版!圧力鍋でつくる自家製「納豆」【blogs.com】at 2009年12月03日 15:00