2008年11月30日

【ハートアタックグリル】、心臓発作フレンドリーでメタボな話題です


Watch CBS Videos Online
 CBS局のニュース番組『サンデーモーニング』は23日、健康志向の逆行するアリゾナ州チャンドラー地区にあるハンバーガーショップ『ハートアタック・グリル(Heart Attack Grill)』を報じた。
 ハートアタック・グリルに入った瞬間、血管が詰まったような感覚に襲われるかもしれない。この店のオーナーのドクター・ジョンは「我々のモットーは、死んでもいいぐらいの美味しさを提供することです」と胸を張る。お医者さんのような格好をしているが、ドクタージョンは「もちろん、アメリカ医師会は私が医者であることは認めていません」とうそぶく。ウェイトレスもナースのような格好をしているだけ。ドクター・ジョンは「食べ過ぎると死ぬ可能性がありますよ」と訴え、全米唯一、正直なレストランであることを誇りにしている。
 この店ではお客を患者さんと呼んでいる。注文メニューは医療処置名を示すように手首にまく。ハンバーガーは200グラム以上あるパティ1枚の『シングル・バイパス血管手術用バーガー』から、4段重ねの『4本バイパス血管手術用バーガー』だ。この8,000カロリー(1日に必要とするカロリーの3倍以上)もある『4本バイパス血管手術用バーガー』を注文すると、店のナースが車椅子に乗せて運んでくれるのだ。ダイエットコークやライトビールなどの低カロリー飲料はなく、あるのは砂糖たっぷりのコカコーラだ。食べ放題の『ご臨終フライド・ポテト』は、新鮮なラードでし揚げている。
 ハートアタックグリルは「好きなものを食べて、一日を精一杯生きよう」と言ってくれるが、これでは命が夕方までもたないかもしれない。

081130テリヤキバーガー.JPG
ところで、アメリカにはテリヤキバーガーがあまりないのですよ。で、先日、無性にテリヤキバーガーを食べたくなり、思わず自分で作ってしまいました。肉汁しっとり、お醤油たっぷり、チーズべっとり、マヨばっちりの『The World Famous Fumi's Double-Double Teriyaki Burger』です。サイコーにマイウー!

⇒ブラックフライデーな話題が飽きてきたので、まったく別の話題を取り上げました。たとえれば、感謝祭でご馳走となる七面鳥の丸焼きに飽きて、ハンバーガーを食いたくなるみたいな。もっと昔にさかのぼれば「お節もいいけどカレーもね」というキャンディーズ@ククレカレー方式です。ハートアタックグリルも健康志向にあきあきした客向けだし。
 ウォルマートの『マーケットサイド』テンピ店から10分もかからないところにありますから、視察の際に寄ってみてはいかがでしょうか。とりあえず4段重ねに挑戦して、車椅子姿とセクシーナースのツーショットは、最高のネタになりますよ。

<ハートアタック・グリル住所>
6185 W Chandler Blvd, Chandler, AZ, 85226


2年前に話題になったとき、日本のNHKも取り上げていました。

この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/51145479