2012年07月24日

【タブレット】、ネクサス7は儲けなし?も、人気でオークションは小売価格よりも割高!

120724ステープルズ
■調査会社IHSアイサプライは11日、グーグルの自社ブランドのタブレット端末「ネクサス7(Nexus7)」を分解調査した結果を発表した。ネクサス7の基本ソフトはグーグルの「アンドロイド4.1」となっているものの、本体の製造は台湾のアスースが請け負っている。本体ディスプレイは7インチ液晶(1280×800ピクセル)で、フロントに120万画素のフロントカメラを搭載。無線インターフェースはブルートゥースとWiFiをサポート、バッテリーは最長で8時間もつ。外形サイズは縦198.5mm×横120mm×厚さ10.45mmで、重量は340グラムだ。ネクサス7の希望小売価格はストーレッジ容量の8GBモデルが199ドル、16GBモデルが249ドルとなっている。
 IHSアイサプライの調査によると、ネクサス7の8GBモデルのパーツ原価が推定151.75ドルで、組み立て工程を含めた製造原価は159.25ドルと見ている。一方の16GBモデルはパーツ原価が159.25ドルと見込まれており、製造原価は166.75ドルと推定している。また同調査会社では、ソフトウエア開発やライセンス料などの諸費用を加えると、199ドルの8GBモデルは利益がなく、249ドルの16GBモデルはわずかに利益が出る程度と分析している。ネクサス7と同価格のアマゾン・コムのキンドルファイア(8GB)は、昨年11月の推定ではパーツ原価だけでも191.65ドルとほとんど利益が出ていない状態だった。現在はパーツ単価の急落により、製造原価は139.80ドル(パーツ原価は133.80ドル)となりネクサス7より安くなったという。

トップ画像:最近、近所にオープンしたオフィス・スーパーストアのステープルズ。ステープルズではネクサス7を販売しているが、人気となっているため全体的に品薄だ。
12年6月29日 - 【タブレット】、グーグルが低価格機種で参戦!迎え撃つアマゾンはキンドルファイア2?

120724ステープルズ広告
ステープルズ今週の広告1ページ。「FREE」とあるのはステープルズのイージーリベート。ペンにつける消しゴム(12個)やカード(100枚)が1セント!5色の付箋テープ(125枚)が25セントや蛍光ペン(5本)で50セント、可愛い形のポストイットが2パックで1ドル、イージーリベートだがコピー用紙が1ドル、東芝製ノートブック(15.6インチ、6GB、640GB)が399.99ドル、16GBのUSBフラッシュドライブが9.99ドルだ。また、16GBモデルのネクサス7も掲載されている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。1ヶ月前、近所のパワーセンターにオフィス・スーパーストアのステープルズがオープンしました。オープン記念のセールでは、コピー用紙(500枚)が1ドルと破格の安さとなっていたので思わず買いに走りました(笑)。日曜日の午後でしたが、在庫が残っておりしっかり確保。で、当分、コピー用紙を購入しなくてもよくなりました(バンザーイ!)。で、今月からはバック・ツー・スクールのセールが始まっていて、ロスアンゼルスタイムズ紙日曜日版に挿入されるオフィスストアの広告が楽しみになってきました。22日のステープルズ広告では蛍光ペンが5本で50セント、ペンテルの超極細ペンが6本で2ドル、5色の付箋テープ(125枚)が25セントと私にとっての目玉が目白押し。それから16GBモデルのネクサス7も広告に掲載されていました。

⇒今週の広告でネクサス7を訴求したチェーンはステープルズのみでした。オフィスデポもベストバイも掲載していません。で、激安となる蛍光ペンや超極細ペン、付箋テープを買いに行くついでにネクサス7を見ようとステープルズに行ったら、お店には在庫がないとのこと。暴れだしたい気持ちをぐっと抑えて、店頭にある付箋テープをすべて買ってしまいました(だって25セントだもの...それでも10セットですが)。どうやらネクサス7が超人気となっていて、置いているお店は限られるうえに品薄状態にもあるようです。で、特に249ドルの16GBモデルが人気のようで、グーグルプレイではオーダー受付を中止している状態となっています。現在は、ユーザーがメールアドレス登録を行うことで、在庫が復活した時点で連絡を行うようになっています。オークションのイーベイでは現在、16GBモデルが小売価格249ドルよりも高い、300ドル前後で売られているのですよ。
 アマゾン・コムは来週中にも、新キンドルファイアを発表する模様です。新しいキンドルファイアが市場に出回るまで、ネクサス7をお店で見かけることは出来ないかもです。


ネクサス7のコマーシャル。キャンプで父と息子がネクサス7を使ったシーンを描いている。7インチ液晶ディスプレイを懐中電灯代わりに使っているのが面白い。ネクサス7の無線インターフェースはブルートゥースとWiFiのみだが、山の中でどうやって通信するのだろう?と思っていたら最後にオチだ。

この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/51813783