2013年05月07日

【コンシューマーレポート】、スポーツ店人気ランキング!やっぱり首位はプロショップ?

130507CR人気スポーツ店ランキング
■コンシューマーレポート誌6月号は、読者を対象にしたアンケート調査から割り出したスポーツ店の満足度ランキング記事「どのスポーツ店が高得点?(Which sports stores earn high scores?」を発表した。
 ランキングは読者数26,461人による延べ34,229件に及ぶ買い物体験から「お値打ち感(Value)」「品揃え(selection)」「サービス(Service)」「品質(quality)」「チェックアウト(Checkout)」の5つの項目から満足度をスコア化している。スポーツ店も「スポーツ専門店(Sporting-goods specialists)」の他、LLビーンやREI、バスプロショップなどの「アウトドアストア(Outdoor stores)」、ウォルマートやシアーズなどの「大手量販店(Mass merchants)」でもランキングされている。今日はスポーツ専門店のランキングを紹介する。
 独立系やプロショップ、ゴルフなど特定のスポーツに特化したワンスポーツ、いくつかの州で展開するリージョナルチェーン、さらにディックス・スポーティング・グッズなど大手スポーツ専門店を含めた「スポーツ専門店」でのランキングでトップとなったのは、独立系プロショップ。特定のスポーツで高い専門的知識をもつスタッフを有することで、熱心な顧客が集まり、客単価も190ドルと量販店の2倍以上となっている。独立系プロショップは「品揃え」以外の項目が最高評価で89ポイント。2位はフロリダ州など15州に90店を展開するゴルフ専門店のエドウィン・ワッツ・ゴルフショップ(Edwin Watts Golf Shops)だ。「お値打ち感」以外の項目が最高評価で88点と高いスコアとなっている。3位は同じくゴルフ専門店のゴルフ・ギャラクシー(Golf Galaxy)。ディックス・スポーティング・グッズの傘下で30州に81店を展開するゴルフ専門店は、「お値打ち感」以外の項目で最高評価となり85点と高い。4位はゴルフスミス(Golf Smith)。北米に150店近くを展開するゴルフスミスは「品質」と「チェックアウト」が最高評価で84点だ。同じく4位には、19州に約100店を展開する自転車専門店のパフォーマンス・バイスクル(Performance Bicycle)が入っている。4つの項目で評価が高いものの「品揃え」で平均となり84ポイントとなった。
 なお、カリフォルニア州など西部地区に50店を展開するスポーツ・シャレー(Sports chalet)は8位(79点)、スポーツ専門店最大手のディックス・スポーティング・グッズとビッグ5スポーティング・グッズは10位(76点)、スポーツ・オーソリティは12位(75点)だ。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。サマーシーズンが近づいてくるとウォータースポーツの通販会社オーバートン(Overton's)から分厚い商品カタログが送られてきます。260ページのカタログブックには様々なウォータースポーツ商品やモーターボート、さらに珍しいウォータースポーツ商品まで網羅されています。「高いかな」と思っていたスキンダイビング用のシースクーターなんて300ドル前後からあるんですね。こちらのビデオを見ると使いたくなります。トランポリンつきの巨大水上遊具も子供から大人まで夢中になりそうです。私はカタログを見ているだけでウォータースキーに行きたくなります。最近は仕事が忙しくいっていませんが、後藤は学生時代から水上スキーをしています。友人にスキー専用のレイクを持っている人がいます。スキー専用レイクは他の家族と共有しています。スキーコミュニティーです。

⇒アメリカは日本の25倍の広さですから、ウォータースキー専用レイクも数多くあるのです。多くはブルドーザーで掘った人口のレイクで、水は地下水をくみ上げ、泥水にならないように青く着色しています。で、友人が共有しているレイクは3つもありますが、サマーバケーションでは順番待ちになるほど盛んになります。レイクにはスラロームコースのブイが浮かべてあったり、ジャンプ用のジャンプ台もあります。こういったところに集まる人は、ハードコア・スキーヤーで全米を転々としながらコンペにも参加する(言葉は悪いですが)「ウォータースキーバカ」。20年以上前、当時10歳ぐらいの激ウマスキーヤーに会ったことがあります、彼はいまやプロスキーヤー。彼は学校に行く前と、帰ってきてからも滑るような人ですから家族ぐるみで取り組んでいたのです。趣味なのか仕事なのかわからないぐらいのハードコアなアスリートは全米にごろごろしています。
 ハードコアを満足させる独立系プロショップがランキングトップになるのはわかる気がします。
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/51867293