2013年08月06日

【アマゾン】、ピンタレスト風に商品画像をシェア!自分と似た人からイモづる式に購入?

130805アマゾン・コレクション
■ネット通販最大手のアマゾンは1日、ソーシャル・ネットワーク・サービスで画像共有の「ピンタレスト(Pinterest)」に似たサイトをベータ版(テスト)で立ち上げた。アマゾン内の商品画像をピンでとめて共有する「アマゾン・コレクション(Amazon Collections)」では、「ほしい物リスト」をさまざまなカテゴリに分けて分類することが可能だ。ピンタレストのように他のユーザーをフォローして、他のコレクションから自分のリストに商品画像を追加する機能も提供している。
 コレクションの分類では「マイスタイル(My Style)」「ほしい物リスト(Want List)」「欲しいかもリスト(Possibilities)」)の3つが用意されており、ユーザーも独自にカテゴリを作成することもできる。また、「書籍(Books)」「映画(Movies)」「音楽(Music)」「男性ファッション(Men's Fashion)」「女性ファッション(Women's Fashion)」「フューチャー(Featured)」のリストもある。コレクションでリストを作成し、気になる商品をアップしておけば、価格などの商品情報を参照することが容易になる。自分の趣味や嗜好と似たユーザーもフォローできることで、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のように、他のリストからほしい商品を参考にできるのだ。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。あなたもアマゾンをよく利用していると思います。私は日本のアマゾンも利用していて、「ショッピングカート」とは別の「カートに保存した商品」には50冊以上の書籍が常に保存されています。面白そうだな、と思ったらとりあえずショッピングカートに入れて、そこから「今は買わない」で保存しておくのです。さらにそこからいくつかを「ほしい物リスト」に入れておくこともあります。こういったことは、私に限ったことではありませんね。世の中には後藤と似た嗜好を持つ人がいて、私が読みたくなるような本を「ほしい物リスト」に入れていたりします。本だけでなくファッションや映画、音楽も自分と似た嗜好をもつ人のリストを見ると発見もあり、物欲もわいてきます(笑)。関連商品商法の「この商品を買った人はこんな商品も買っています」から、かなり購入しましたからねぇ〜。
 イモのつるをたぐると、次々とイモが連なって出てくる「イモづる式」にもちょっと似ているような...

この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/51882492