2017年02月02日

【ウォルマート】、送料無料2日間配送を開始し会員制プログラムのシッピングパス廃止!

170202ウォルマート・コム
■ウォルマートは31日、2年前からテストを行っていた有料会員制プログラム「シッピングパス(ShippingPass)」を廃止し、年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めた。ウォルマート・コムの200万品目以上が対象となる「無料2日間シッピング(FREE 2-Day Shipping)」は、35ドル以上の買い物をすれば年会費など払う必要なく2日間で配送するサービス。新サービスは家庭用品やペット用品、家電製品など日用品が中心で、プログラム対象商品には商品ページの価格欄に緑字で無料2日間シッピングと明記されている。また業者が扱うマーケットプレイスは対象外となっているものの、35ドル以上の注文にマーケットプレイス商品の他、対象商品が入っていればプログラムの対象となる。なお生鮮品などの注文は対象外となっている。2日間シッピングは午後2時までに注文を確定することで2営業日後に届けられる。一方、ウォルマートが2015年5月から始めたシッピングパスは、年会費99ドルとなるアマゾンプライムに対抗した会員制サービス。シッピングパスを開始した当初、年会費は50ドルで最低購入額等の条件なく、オンライン購入した商品を3日以内に届けていた。ウォルマートは昨年5月、シッピングパスの会員費を1ドル値下げし配送期間も2日に短縮した。7月には30日間の無料体験キャンペーンも実施していた。なおシッピングパスを廃止したことで、会員には年会費の返金を受けられるようになっている。
 ウォルマートはシッピングパスの会員数など詳細は明らかにしていない。

トップ画像:先月、ウォルマート・コムでアイポッド・タッチを購入。しかし実際に商品が届いたのは注文から10日後だった!?日本では考えられない...
 
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先月、ウォルマート・コムでアイポッド・タッチを購入しました。後藤はアマゾンプライム会員なのでアマゾンで購入しても良かったのですが、ウォルマート・コムの現状を知りたくで意図的に注文したのです。結果からいうと配送がアマゾンのレベルに達していませんでした。宅配予定日には自宅で待機していましたが、フェデックスの宅配業者から連絡もないまま本人不在となっていました。翌日も連絡もなく、誰も訪ねてくることもなく再度不在との理由で宅配なし。「ふざけるとな!」とウォルマート・コムにチャットでクレームを入れましたが「もう1日待ってくれ」との回答だったので気を取り直して待ってみることにしました。翌日、臨戦状態で待っていましたがやっぱり何の連絡も訪問もなく、サイトを見ると不在との通知。もう諦めました。で、週末をまたいだ月曜日、仕事から戻ってくるとドアの前に無造作に置かれていたのです。だめだこりゃー。
⇒フェデックスの問題であってウォルマートには関係ないのかもしれません。が、それでも次回ウォルマート・コムでまた注文するか?といえば、NOです(コンサルタントとしてウォルマート・コムの検証は続けます)。ちなみに最初の宅配予定日は、注文から6日後でした。実際に商品を受け取ったのは注文から10日後でした。ウォルマートはフェデックス社に送料を支払い、さらにお客の心象を悪くしているのです。ウォルマートは31日から年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めました。無料2日間シッピングはこれまで以上に送料(コスト)がかかるはずです。それでも始めるのはアマゾンに対抗しなければならないからです。アマゾンと競争するといってもアマゾンのプライム会員以外の消費者をターゲットにした戦略です。調査会社コーヘン&カンパニーの推定によると米国世帯の44%がプライム会員になっています。ウォルマートはこの44%を追うのではなく、残り56%を無料2日間シッピングのターゲットにしているのです。
 早速、無料2日間シッピングを試したいと思いますが、2日後の宅配予定日から2〜3日は遅れると思いますね。
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/52018712