2017年04月03日

【サムズクラブ】、コストコ会員も嫉妬する無料ドライブスルー・クラブ・ピックアップ!

170403クラブピックアップ
■日本でコストコは大人気だ。あまにも人気があり過ぎて、コストコの混雑は名物にもなっている。休日や祝日などで混雑がピークに達する時間にいくと、駐車場に入るのさえ時間がかかる。ごった返す店内でやっとの思いで買い物をすませ会計に行くと、レジ前でも大行列だ。さらに出口のレシートチェックも混みあっている。うんざりしながらも大量パッケージの商品をトランクに積めなければならない。アメリカではコストコの競合店が、シームレスでストレスなしの買い物を実現している。パーキングを探す必要もなく、広い店内を歩かなくても、車から降りなくても、商品を持ち帰れるサービスを展開しているのだ。ウォルマート傘下でコストコと同じ業態となるメンバーシップ・ホールセール・クラブを展開するサムズクラブはネットで注文した商品を店で受け取れる「クラブ・ピックアップ(Club Pickup)」を全店で展開している。無料となるクラブ・ピックアップは注文した商品の受け取りオプションに「店内クラブ・ピックアップ端末(Indoor Club Pickup kiosk)」「ドライブスルー・ピックアップ(Drive-through pickup)」「カーブサイド・ピックアップ(Curbside pickup)」「モバイル・チェックイン(Mobile check-in)」の4種類ある。レジ近くに置かれている緑色の店内クラブ・ピックアップ端末で会員カード(バーコード)をスキャンすると(もしくは注文番号か名前の入力)、スタッフがネット注文した商品を運んできてくれるのだ。ドライブスルー・ピックアップは屋根のついたピックアップ専用レーンに車を停めて端末でチェックインすれば、スタッフが注文した商品を運びトランクに積んでくれるサービスだ。指定された駐車スペースに車を停めて注文品を受け取るカーブサイド・ピックアップも同様だ。モバイル・チェックインはサムズクラブのアプリ経由で、ピックアップに店へ向かっていることを通知するシステムだ。事前に来店を通知することで、ピックアップ時間を節約できることになる。
 サムズクラブは全店(659店)に店内クラブ・ピックアップ端末を導入しており、多くの店ではカーブサイド・ピックアップも導入している。導入にコストのかかるドライブスルー専用レーンは現在まで60店舗に設置され、年末までに100店舗まで拡大する予定という。コストコに比べ外食業者などビジネス会員が多いサムズクラブでは、仕入れでクラブ・ピックアップを利用する人が増えているのだ。生鮮品などはピックアップまで冷蔵・冷凍保存されているので鮮度が落ちる心配もない。時間のない中小・零細企業のビジネス会員はオムニチャネルの利便性から、コストコからサムズクラブに乗り換えることも考えられるだろう。

トップ画像:サムズクラブのドライブスルー・ピックアップ専用レーン。カーブサイドより導入にコストのかかるドライブスルー専用レーンは、現在まで60店舗に設置され、年末までに100店舗まで拡大する予定という。


ネットで注文した商品を店で受け取れるサムズクラブの「クラブ・ピックアップ(Club Pickup)」事例動画。レジ近くに置かれている緑色の店内クラブ・ピックアップ端末で会員カード(バーコード)をスキャンすると、スタッフがネット注文した商品を運んできてくれる。ドライブスルー・ピックアップはピックアップ専用レーンに車を停めて連絡すれば、スタッフが注文した商品を持ってきてトランクに積んでくれるサービスだ。いずれも無料。買い上げ点数の多いビジネス会員は、ドライブスルーやカーブサイドを利用すると、車から降りずとも商品を受け取れるのだ。
16年11月9日 - 【サムズクラブ】、地味にスゴイ!レジ素通りできるスキャン&ゴーがショッピング革命?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。サムズクラブが全店で導入しているスキャン&ゴーはショッピング革命だと思っています。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステムです。店内で商品をバックに入れながら買い物するのです。で会計は、事前にクレジットカードなどをアプリに登録しておくことで決済はアプリで行うのです。買い物のボトルネックとなるレジを素通りできるので、画期的な買い物なんですね。日本のマスコミはアマゾンゴーに注目していますが、流通関係者のあなたはスキャン&ゴーにもっと注目すべきです。なぜならAIやセンサー、カメラ、コンピューター等を使うアマゾンゴーのシステムに比べて、スキャン&ゴーは導入コストが低く抑えられるからです。50坪の店内ならセンサーやカメラなどは少なくて済みますが、数百坪以上で展開するとなるとどんなにシステムが安くなっても割高です。

⇒利用者として、スキャン&ゴーに不満があります。サムズクラブも商品アイテム数が絞られているので商品バラエティが少なく、買い物したくても買えないのですね。二つ目として、毎度購入する商品が決まっている場合(特に大量購入)、レジに並んで商品をベルトコンベアに置いていくほどの手間ではありませんが、ひとつひとつスキャンしなければならないことです。それにもう一つは(アイパッドを購入した時に分かったのですが)スキャン&ゴーも高額品など商品によっては、その場で受け取れないものもあるということです。購入をスタッフに伝え、高額品を保管している場所から運んできてもらい、出口で受け取ることになるのです。これらの不満を解消できるのがクラブピックアップです。リアルよりネットのほうが商品バラエティが多く、毎回決まって購入するものはネットの履歴から注文でき、コンピューターのような高額品も受け取りで待たされることはありません。ドライブスルーやカーブサイドなら車まで持ってきてくれます。
 一方、競合のコストコはオムニチャネル化やシームレスなショッピングなどでIT投資が遅れています。人気に胡坐をかきつづければコストコでさえ会員離れが起こってきます。
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/52023232