2017年05月04日

【ウォルマート】、リオーダー・ナウ!いつもの定番商品はネットの再注文で時間を節約?

170504リオーダー・ナウ@ウォルマート・アプリ
■主婦はスーパーマーケットの買い物で毎度、同じものを購入する。牛乳なら低脂肪乳、炭酸飲料はコカ・コーラ、パスタならバリラ、ケチャップはハインツ、ポテトチップスはレイズ、パンケーキミックスはクラスティーズなどいつも購入している定番商品の補充のための買い物が多くを占める。一方で一つ一つ形の異なる生鮮品は自分の目で確かめて購入したい。ネットで注文してスタッフがピックアップして店の駐車場まで持ってきてくれるカーブサイドピックアップ・サービスの場合、時間がなく忙しい時など、たまに利用するのはいい。それでも果物や野菜など青果品は自分で選びたいと思うものだ。ウォルマートは同社のアプリで、いつも購入する補充用の商品は再注文してお店でピックアップするサービス「リオーダー・ナウ(Reorder Now)」を始めた。リオーダー・ナウはアプリに保存されているeレシートから購入頻度の高い商品の再注文をおこなう機能だ。eレシートはウォルマート・ペイやセービングキャッチャーを利用するとアプリに保存される。ウォルマート・アプリを起動し、リーダー・ナウをタップする。これまで購入した商品が画像とともに提示される。そこから次回の買い物でピックアップする商品を選んで決済すれば(35ドル以上)店のほうで用意してくれることになるのだ。ウォルマートスーパーセンターは5,000坪以上もあるため、お客がコカ・コーラやパスタ、パンケーキミックスなどをピックアップしていくだけでも時間がかかってしまう。アプリ経由のリオーダー・ナウで購入しておき、店ではピックアップするだけにしておけば大幅な時間の節約を期待できるのだ。その一方でバナナやレタス、牛肉のなどの生鮮品はお店で自分の目で確認しながら購入する。
 なおウォルマートのアプリ機能にはモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」やウォルマート価格より下回った競合店のセール価格に合わせる「セービング・キャッチャー(Savings Catcher)」があり、これらの機能を使うことでeレシートがアプリに保存されるようになっている。

トップ画像:ウォルマート・アプリの「リオーダー・ナウ(Reorder Now)」。リオーダー・ナウをタップすると、アプリにあるeレシートから購入頻度の高い商品が並べられる。CPG(食品や飲料、日用品、衣料品、洗剤のような消耗品)商品はリオーダーナウでネットで購入しお店でピックアップする。生鮮品は自分の目で選んで購入することで時間の節約になる。後藤がウォルマートでいつも何を買っているのかが分かってしまい、ちょっと恥ずかしい...
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。スーパーマーケットなど小売アプリで地味ながらも最も実用的な機能はショッピングリストです。日本人の流通業者から最も過小評価されている機能でもあります。なぜかというと、おじさんは自分でスーパーで買い物をしないからです。スーパーで買物するおじさんは単身赴任だったり、独り身の場合です。家族の食事の用意の買い物は主婦が行います。おじさんには家族のために食材を買う主婦感覚がないのでショッピングリストがよくわからないのです。ショッピングリストは定番で購入する買い物リストです。アプリにあるショッピングリストは何種類も作れるようになっています。なぜなら季節によって献立が異なってくるので、夏と冬では購入する食材も変わってくるからです。お節料理やクリスマスの料理、子供の誕生日パーティ等のイベントもあり、その都度、ショッピングリストを作っておけば、手間が省けるというわけですね。

⇒ウォルマートのアプリ機能には「毎週の広告(Weekly Ad)」「セービング・キャッチャー(Savings Catcher)」「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」、ベビー用とウエディング用の「レジストリー(Registry)」、処方箋の補充や購入履歴の「ファーマシー(Pharmacy)」に「ショッピングリスト(Lists)」があります。リストの作り方は簡単でタイトルを決めて、商品を選んでいくだけです。商品バーコードのスキャニングやカテゴリーからも商品を選択できるようになっています。ウォルマートのリオーダー・ナウはショッピングリストとは別にeレシートの履歴から、頻繁に購入する商品を画像とともにリスト化してくれているのがポイントです。で、多くが一時保管に冷蔵・冷凍などのいらないCPG(食品や飲料、日用品、衣料品、洗剤のような消耗品)です。その中から再注文品を選び決済。あとは指定された日時以降に取りに行けばいいのです(保管の期間は1週間)。で、生鮮品は自分の目で選んで購入です。
 ウォルマートスーパーセンターを視察すると分かりますが、ショッピングカート一杯に買い物する主婦を見かけます。リオーダー・ナウで買い物時間を大幅に短縮できるようになるのです。
この記事へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/usretail/52025632