2017年03月25日

【ウォルマート】、所有する映画をスマホからクラウドに保存!クラウドで「君の名は」?

170325ディスク・ツー・デジタル@ブドゥアプリ
■ウォルマートは所有するDVDおよびブルーレイの映画をスマートフォンで簡単にクラウド上にアップするサービスを始めた。これによりDVDやブルーレイのパッケージ購入した映画ライブラリーをネット接続を介してスマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスからいつでも自由に視聴することができる。新サービスはウォルマート傘下のオンライン映画ストリーミングサービス「ブドゥ(VUDU)」が提供する。利用に仕方はブドゥでアカウント登録したのち、ブドゥのアプリをダンロード。アプリにある「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」の「バーコードをスキャン(Scan Barcode)」ボタンをタップし、手持ちの映画DVDもしくはブルーレイ・ディスクのパッケージにあるバーコードをスキャンニングする。GPS機能によるモニタリングでスキャニングできる場所は、自宅などのブドゥに登録した請求先住所のみとなっている。アップ後は、DVD媒体等の映画を購入すると所有者がデジタル版を視聴する権利が得られるコンテンツ・オーナーシップの「ウルトラバイオレット(UltraViolet)」に登録が求められる。またクラウド上にアップできる映画は一人当たり最大100タイトルとなっている。クラウド上に保存後も所有するDVDもしくはブルーレイディスクは引き続き閲覧が可能。ディスク・ツー・デジタルのサービス料は標準画質(SD)のDVDもしくはブルーレイディスクが2ドルで、SDを高画質のHDXにアップグレードする場合は5ドルとなる。対象となる映画は、ウォルマートと提携しているワーナーブラザースやパラマウント、ユニバーサルスタジオなど大手配給会社が提供する8,000近くのタイトルでさらに増える見込みという。なお、ウォルマートは2012年4月から同サービスを店舗で開始している。

トップ画像:ブドゥ・アプリの「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」。「バーコードをスキャン(Scan Barcode)」ボタンをタップし、手持ちの映画DVDもしくはブルーレイ・ディスクのパッケージにあるバーコードをスキャンニングすると映画がクラウド上にアップされる。ネットを介していつでもどこでも何度でも自分が持っている映画をスマートフォンやタブレットで鑑賞できるのだ。
 

ブドゥの「ディスク・ツー・デジタル(Disc to Digital)」サービスのコマーシャル動画。パーティ・マジックのしくじりで微妙な空気が流れた後に「手品は難しいですが、ディスクのデジタル化は簡単です」とのセリフだ(笑)。  続きを読む

Posted by usretail at 02:28Comments(0)TrackBack(0)
2017年03月22日

【ウォルマート】、インキュベーターのストアNo8!AIで自社アプリも賢く使わせる?

170322ウォルマート・ペイ
■ウォルマートは20日、自社内にインキュベーター部門を新たに設立することを発表した。ウォルマートのインキューベーター事業はユニークなITをもつ外部のベンチャー企業と提携し、ウォルマートの潤沢な資金で支援しながら新たな技術を創造する。ラスベガスで開催されている小売とEコマースのイベント「ショップトーク(Shop Talk)」に登壇していたウォルマートEコマースCEOのマイク・ローリィ氏が明かした。ローリィ氏によると事業部名は「ストアNo8(Store No. 8)」。ウォルマート創業者サム・ウォルトン氏が創業間もない頃に小売で様々実験を繰り返していた店舗名から命名したという。ウォルマートにはECにフォーカスした開発部門の@ウォルマートラボ(@WalmartLabs)があるが、ストアNo8はベンチャー企業との提携からシームレスショッピングやIT物流に応用可能なVR(バーチャルリアリティ)やAR(アグメンティッド・リアリティ)、ロボット、ディープ・ラーニング、AI(人工知能)等の分野で投資を進めていく。ストアNo8はローリィ氏の管轄となり、シリコンバレーにオフィスを構える。また責任者としてウォルマート・グローバル・マーケットプレイスのシニアVPのセス・ビール氏とジェットの開発部門のトップだったケイティ・フィネガン氏となっているが、組織の体制やスケジュールなどは明らかにされていない。
 ウォルマートは昨年8月にネット通販のジェット(Jet.com)を買収後、ジェット創業者でCEOのローリィ氏をウォルマート・グローバルEコマースのCEOに就任させている。ウォルマートの傘下となったジェットは今年に入り、靴のオンラインショップの「シューバイ(ShoeBuy)」、アウトドア用品販売の「ムースジョー(Moosejaw)」、ビンテージ・レディース・ファッションの「モドクロス(Modcloth)」を買収している。ウォルマートが先月発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では、3,500万品目以上の取り扱いとなったEコマースの売上高が前年同期比29%増となり、前期の同21%増から成長が一段と加速した。また国内の既存店ベースは1.8%の増加となり、10四半期連続で前年を上回った。

トップ画像:独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」。ウォルマートの自社アプリにはウォルマートペイやセービングキャッチャーなどの機能があるが、インキュベーター部門設立で近い将来AIを使ったショッピングも可能になる?  続きを読む
Posted by usretail at 03:09Comments(0)TrackBack(0)
2017年03月21日

【ターゲット】、NYヘラルド・スクエアに新店!何の因果かメイシーズ旗艦店はやばい?

170321ターゲット@ヘラルドスクエア00
■ターゲットは20日、ニューヨーク市マンハッタンのヘラルド・スクエアに今年10月に新店をオープンすることを発表した。ターゲットが「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼んでいる小型店(1,200坪)の出店先はブロードウェイ(Broadway)と34丁目(34th Street)で、スニーカー等を販売するアパレルチェーンのフットロッカーの場所(112 W 34th St New York, NY 10120)。ターゲットの新店は34丁目でメイシーズの旗艦店と向き合っており、ペンシルベニア駅からもワンブロックの距離で多くの旅行客でにぎわっている場所だ。二階層となる新店には、34丁目と33丁目に二つのエントランスをもっているという。正面となる34丁目側にはアパレルやアクセサリーの品揃えで、33丁目の入り口近くの売場にはコンビニエンスストアのようなグラブ&ゴー(grab-and-go)など素早く購入できる食品や飲料品などを取りそろえる。他にステーショナリーやポータブル家電、都市生活者のためのホームグッズ、健康・美容関連にターゲットの薬局となる「CVSファーマシー」も導入される。またネットで注文して店でピックアップするオーダーピックアップ(Order Pickup)のサービスカウンターも設置する。
 ターゲットは今年、既にオープンしている店を含め30店舗を出店する計画だ。テキサス州スプリング地区にオープンした3,500坪のグランド・パークウェイ・マーケットプレイスやハワイ州ホノルル・セントラル店(3,900坪)、カリフォルニア州オーシャン・イースト店(2,500坪)の3店を除き、27店舗は500坪〜1,400坪のフレキシブル・フォーマットとなっている。2018年にはニューヨーク市イーストビレッジ店(760坪)やニューヨーク市ミッドウッド店(1,060坪)などフレキシブル・フォーマット4店の出店計画が明らかにされており、2019年もマンハッタンのヘルズ・キッチンのエリアに810坪店を出店する。ターゲットは2020年までにフレキシブル・フォーマット100店展開を目標としている。なおターゲット・ヘラルド・スクエア店は、マンハッタン・ハーレム地区に7年前にオープンしたイースト・リバー・プラザSC内のイースト・ハーレム店(3,800坪)、昨年10月にオープンしたトライベッカ店(1,260坪)に続き、マンハッタンでは3店舗目となる。ワールド・トレード・センター駅から2ブロック北に位置するトライベッカ店には、2012年にニューヨーク・ソーホー地区にオープンした「チョバーニ・ソーホー・カフェ(Chobani Soho Cafe)」の2号店目がテナントとして入っている。
 
トップ画像:今年10月オープン予定のターゲット・ヘラルド・スクエア店のイメージ図。1,200坪のフレキシブル・フォーマットは、34丁目でメイシーズの旗艦店と向き合う形で出店する。エントランスは2つあり、正面となる34丁目側はアパレルやアクセサリーの品揃えだ。33丁目のエントランスでは、売場にコンビニエンスストアのようなグラブ&ゴー(grab-and-go)など素早く購入できる食品や飲料品などを取りそろえるという。  続きを読む
Posted by usretail at 02:33Comments(0)TrackBack(0)
2017年03月17日

【ウォルマート】、テイラー・スウィフトも驚くモドクロス買収!エンドレスアイル戦略?

170317モドクロスファッション
■ウォルマートは先月、先々月に続き、オンラインストアをまた買収した。女性向けコンテンツを発信するジザベルによると、ウォルマート傘下のジェットが買収したのはビンテージ・レディースファッションのモドクロス(Modcloth)。モドクロスCEOのマット・カネス氏が15日、ペンシルベニア州ピッツバーグの本社社員にジェットによる買収を明らかにしたという。買収額など詳細は明らかにされていないが、17日にも正式な発表を行うと伝えられている。2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。最近ではサンフランシスコなどの都市に期間限定のポップアップストア(仮店舗)をオープンしており、昨年10月にはテキサス州オースティンに同社初となる正規のリアル店舗を開店している。従業員350人以上となる同社は2014年に1.5億ドルの売上高を記録したものの赤字が続き、2年半の間に6回のレイオフを実施していた。
 ジェットは今年2月、アウトドア販売の「ムースジョー(Moosejaw)」を現金5,100万で買収しており、1月も靴のオンラインショップ「シューバイ(ShoeBuy)」を7,000万ドルで買収している。一方、2014年創業のジェットも昨年8月、ウォルマートに33億ドルで買収されている。なおジェットの創業者でCEOであるマーク・ローリィ氏は買収後、ウォルマートのグローバルeコマース部門のCEOに就任している。ウォルマートは2011年以降、Eコマースに果敢に投資しており、同社としては最大規模となったジェット買収以前では、検索エンジンの「コズミックス(Kosmix)」やソーシャル広告の「ワンライオット(OneRiot)」などIT企業15社を買収している。ウォルマートは2月、2年前からテストを行っていた有料会員制プログラム「シッピングパス(ShippingPass)」を廃止し、年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めている。ウォルマートのEコマース売上高は直近の四半期で前年同期比29%増となっており成長が一段と加速している。
 ウォルマートはムースジョーやシューバイの買収などでオンラインストアの商品数を増やしており(2月現在3,500万品目)、モドクロスの買収でもミレニアル世代向けの人気ファッションアイテムを拡大するとみられている。

トップ画像:2002年創業のモドクロスはビンテージ&レトロ風の衣料品や小物をネット販売しており、歌手のテイラー・スウィフトさんや女優のエマ・ワトソンさんなど多くのセレブが愛用していることでも知られている。モドクロスのサイズはXXS〜4X(日本のLより5サイズもしくはそれ以上に大きいサイズ!)と11段階もあり女性の体型に優しいのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 02:54Comments(0)TrackBack(0)
2017年03月07日

【ウォルマート】、薬局と金融部門にモバイル客用窓口!銀行振込もウォルマート・ペイ?


■ウォルマートは28日、アプリ機能の一つであるウォルマート・ペイ(Walmart Pay)を応用したモバイル・サービスを店内の薬局(ファーマシー)部門と金融(マネー)サービス部門で始めることを発表した。ウォルマート・ペイは同社のスマートフォン・アプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取り、アプリとレジをシンク(同期)することで決済を行う。新たに加わったモバイル・サービスでは、処方箋ピックアップや送金や振込などの金融サービスで、モバイル客専用に設けたエクスプレスレーンのレジでウォルマート・ペイによる本人確認などを行うことで時間の節約となる。ファーマシーの処方箋のピックアップは、処方薬にあるバーコードで読み取り、リフィル等の注文を済ませておく。お店ではファーマシー部門のモバイル客用窓口「ファーマシー・エクスプレス・ピックアップ(Phamacy Express Pickup)」のレジでウォルマート・ペイを起動し、レジのQRコードを読み込む。ウォルマート・ペイでレジとアプリと同期させることで本人確認となり、リフィル処方箋を受け取れる仕組みだ。一方、振込などの金融サービスでは、アプリ上で振込先の銀行名や口座番号などの情報を事前に入力しておく。ウォルマート・マネー部門のモバイル専用窓口「エクスプレス・マネー・サービス(Express Money Service)」で、ウォルマート・ペイでアプリとレジを同期させる。振込先情報が同期化によりレジに伝わることで、ペーパーワークやスタッフによる入力作業を省き、大幅に時間を節約できるとしている。サービス・トランザクションはすべてEレシートで保存される。
 同サービスは一部の店舗で始まっており、順次拡大しながら秋までにはスーパーセンターやネイバーフッドマーケットなど全店(約4,700店)に導入する予定だ。

トップ動画:薬局(ファーマシー)部門と金融(マネー)部門に導入されたモバイル・サービス。ウォルマート・ペイでレジとアプリと同期することで本人確認ができる。同期化で銀行名などの振込情報が伝わることで、スタッフによる入力作業を省き、大幅に時間を節約できる。動画にある「エクスプレス・マネー・サービス(Express Money Service)」では振込事例を、「ファーマシー・エクスプレス・ピックアップ(Phamacy Express Pickup)」では処方箋リフィルのピックアップ事例を映している。  続きを読む
Posted by usretail at 03:39Comments(0)TrackBack(0)
2017年03月01日

【ターゲット】、ネット販売34%増も実店舗が低迷!遅れたIT投資による典型的な症状?

170229ターゲット
■ターゲットが28日に発表した第4四半期(11月〜1月期)決算はファーマーシー部門の売却に、店舗売上が予想外に低迷したことで減収となった。売上高は前年同期比4.3%減となる206.9億ドル。純利益は8.17億ドルと前年同期の14.26億ドルから42.7%と大幅な減少となった。一般販売管理費率は経費削減により前年同期の18.1%から17.5%と0.6ポイント圧縮したものの、粗利益率は年末商戦に向けた販促活動や在庫処分で前年同期の27.9から26.9%と1.0ポイント低下した。店舗とネット経由を合わせた既存店・売上高前年同期比は1.5%減だった。内訳は客数が0.2%の増加となったが、セールなどの販促等で客単価が1.6%も落ち込んだ。ターゲットの既存店ベースは3四半期連続して前年を下回っている。オンライン売上は同34%の大幅増加となった。ターゲットのオンライン売上高は全体の6.8%に達している。またボピスなどオンライン経由の売上は既存店ベースを1.8%押し上げている一方で、オンライン経由の売上を除いた実店舗の既存店売上は3.3%の減少となった。通年ベースでは売上高が695.0億ドルと前年比5.8%の減少、純利益は27.4億ドルと前年比18.6%の減少だった。既存店ベースは0.5%の減少だった。
 ターゲットは国内に1,802店を展開しており、その内訳はスーパーセンター業態など4,760坪以上の大型店が276店(前期より2店舗減)、1,400坪〜4,760坪未満の通常のディスカウントストア・フォーマットは1,504店(前期より1店舗増)となっており、「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼ばれている1,400坪以下の小型店は前期から3店舗増やし22店舗となっている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤のコンサルティングは、日本より5年〜10年先をいくアメリカ小売業・流通業から、お手本となる成功事例をもとにクライアントにあるべき姿やとるべき戦略をアドバイスします。また、オムニチャネル・リテーリングなどの失敗事例からは避けるべき姿や回避すべき戦術を明らかにする一方で、改善している事例からはトラブルシューティングを学び、実務としての確実なアクションを提言しています。後藤メソッド(教授方法)が極めてユニークなことに加えて、コンサルティングで成果を重視しているため「売上・儲けの役にたたない」などの不満が少しでもあればコンサルティング・フィーを100%返金するという、コンサルタント業界では非常識な保証制度も設けています。見方を換えれば、後藤はコンサルタントとして明確なポジショニングを行っているのです。逆に曖昧な立ち位置にしていると、依頼者とのバランスが悪く、実務アクションに結びつかないのですね。  続きを読む
Posted by usretail at 03:33Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月28日

【ウォルマート】、ベンダー泣かせプライス・コンパリゾン・テスト!ニーチェに宣戦布告?

170228ウォルマート
■オンライン売上の伸び率で競合アマゾンを上回ったウォルマートは最近、スーパー最大手チェーンのクローガーやディスカウントスーパーのアルディに対抗するため、少なくとも1,200店舗で新プライス・コンパリゾン・テスト(price-comparison test)を実施している。ロイター・ニュースによると、ウォルマートは食品にフォーカスしたプライス・コンパリゾン・テストをアイオワ州やイリノイ州の中西部から、フロリダ州の南東部にかけて11州で始めた。新テストは集客力を上げるために適正価格を見つけ、必要なら価格を調整するというもの。ロイターが行った調査ではアイオワ州やイリノイ州の5州ではウォルマートの食品価格が競合のアルディの価格をすでに下回っている。競争が激しいマーケットではウォルマートの卵(1ダース)が1ドル以下になっており、一部には1ガロン(3.7リットル)のミルクも1ドル前後に引き下げられている。ウォルマートは先週、アーカンソー州ベントンビルの本社に大手消費財メーカーのP&Gや大手食品メーカー=のユニリーバ、コナグラ・フーズなどの役員を招集し、卸値をさらに15%引き下げるよう命じたという。ジョンソン&ジョンソンやクラフト・ハインツなどが出席する会議で、競合との1対1の価格比較で80%の割合でウォルマートが下回るようベンダーに強く要求した。
 ウォルマートが先日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算では客数が増えたことで既存店ベースが1.8%の増加となったものの、純利益は前年同期比18%の大幅減となった。粗利益率が0.08ポイント減少しており、これ以上に利益を下げることもできないためベンダーに価格投資を補てんしようとしているのだ。ある消費財メーカーの役員は「ウォルマートが向こう数ヶ月で最大30%のプライスカットを実施する」とため息を漏らす。ウォルマートが集客のスイートスポットを探るため、彼の商品が大幅に値引きされるのだ。またウォルマートは、配達コストを削減し、無駄な再注文や欠品がなくなるよう、ロジスティクスの改善もベンダーに要請した。
 1976年にアメリカに進出したアルディは現在、34州に1,600店近くを展開しており、2018年までに2,000店舗の展開を目指している。同じくドイツ資本のディスカウント・スーパーマーケット・チェーンのリドルは今夏にもアメリカ1号店をオープンし、今年中に100店を開店する予定なのだ。ウォルマートは新プライス・コンパリゾン・テストを実施することで、ノーフリルなディスカウントスーパーに対してもプライスリーダーを宣言しようとしているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:05Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月27日

【ウォルマート】、ダラス郊外にコンビニ開店!セブンイレブンの本拠地でコンビニ対決?

170227ウォルマート・コンビニ
■ウォルマートは先月、テキサス州クローリーにあるスーパーセンターの前にガソリンスタンド(GS)併設型コンビニエンスストア「ウォルマート・フュール・ステーション(Walmart Fuel Station)」をオープンした。テスト展開となる70坪のコンビニエンスストア(1301 Fm 1187 Crowley, TX 76036)はスーパーセンターの駐車場と道を隔てた通りに面した立地で、テキサス州の主要幹線道路であるインターステート35号線からも200メートルと近い。フォートワースの中心地から南に20分(22キロメートル)のところにあり、ダラス・フォートワース空港からも南西に40分の距離(60キロメートル弱)となっている。商品はピザやホットドッグなどのホットフードにサンドウィッチやピザ、コーヒー、ソーダ類など通常のコンビニと変わらない品揃えに、卵やミルク、パンなどのステープルズ商品もウォルマート価格で提供されている。16基あるガソリンスタンドのコンビニエンスストア営業時間は24時間となっている。なお、このコンビニでは、ピックアップサービスは行っていない。ウォルマートは先月もアーカンソー州ロジャースにあるスーパーセンターの敷地内にガソリンスタンド(GS)併設型コンビニエンスストアをオープンしたばかり。同社は昨年、コンビニエンスストア型でピックアップ拠点「ウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュール(Walmart Pickup with Fuel)」をコロラド州デンバー郊外のソーントン地区とアラバマ州マディソン地区にオープンした。これらのGS併設コンビニエンスストアはオンライン注文のピックアップ拠点となっており、近くのスーパーセンターでピッキングした生鮮品などを冷蔵ケースに保管し利用者に手渡す仕組みとなる。。
 ウォルマートの小型店展開ではアリゾナ州立大学やアーカンソー州立大学のキャンパス内で80〜140坪で展開する「ウォルマート・オン・キャンパス(Wal-Mart On Campus)」がある。一方、2011年に始動した300坪以上の「ウォルマート・エクスプレス(Walmart Express)」は昨年、全102店が閉鎖となっている。

トップ画像:テキサス州クローリー地区にオープンしたガソリンスタンド(GS)併設型コンビニエンスストア「ウォルマート・フュール・ステーション(Walmart Fuel Station)」。


テキサス州クローリー地区にオープンした「ウォルマート・フュール・ステーション(Walmart Fuel Station)」を報じる地元ニュース番組。  続きを読む
Posted by usretail at 03:22Comments(1)TrackBack(0)
2017年02月22日

【ウォルマート】、実を結ぶ「出店控えてIT投資」!スキャン&ゴーを視察しないと損?

170222サムズクラブ
■ウォルマートが21日発表した第4四半期(11月〜1月期)決算は、国内店舗の既存店ベースが過去4年間で最大となる伸びを示した。会員費等を含む総売上高は1.0%増となる1,309.4億ドル。食品デフレや為替変動の影響を受けたことで市場予想を越えなかった。純利益は前年同期比17.9%の大幅減となる37.6億ドルとなった。人件費などを含む一般販売管理費が前年同期から3.7%も増加したことで、営業利益も同6.6%の減少と利益が圧迫された形だ。
 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高は837.5億ドルと前年同期比2.8%の増加だった。ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は1.8%の増加となった。1.8%の増加は2.2%増となった2012年5月〜7月期以来となる。これによりウォルマートUSの既存店ベースは10四半期連続で前年を上回ったことになる。内訳は客単価が0.4%増加し、客数は9四半期連続プラスとなる1.4%の増加となった。700店の展開となっているネイバーフッドマーケットの勢いも衰えておらず、同フォーマットの既存店ベースは5.3%の増加となった。また取扱品目数が3,500万品目に達しているEコマースは売上高が前年同期比29%増となり、前期の同21%増から成長が一段と加速した。また、スキャン&ゴーを昨年9月末、全店に展開したサムズクラブの既存店ベース(ガソリン売上除外)も2.4%の増加となった。サムズクラブの既存店ベースのプラスは4四半期連続で、2.4%の増加は過去4年間で最も高い伸びとなった。内訳は客単価と客数がそれぞれ1.2%の増加となった。
 通年では総売上高が4,858.7億ドル(会員費等含む)となり、前年の4,821.億ドルから0.8%の増加となった。純利益は前年の146.9億ドルから7.2%減少し136.4億ドルだった。国内既存店ベースは1.3%の増加となった。ウォルマートUSは1.4%の増加、サムズクラブは1.1%の増加だった。

ウォルマート第4四半期(11月〜1月期)
総売上・前年同期比:1.0%増
純利益・前年同期比:17.9%減
既存店・売上高前年同期比:1.9%増(アメリカ国内)
ウォルマート店舗数(17年1月31日)
 アメリカ国内店舗数:5,332店
  スーパーセンター:3,522店
  ネイバーフッドマーケット:699店
  ディスカウントストア:415店
  小型店など:36店
 サムズクラブ:660店

 海外店:6,363店

 総店舗数:11,695店

トップ画像:ウォルマート傘下でメンバーシップ・ホールセール・クラブのサムズクラブ。コストコと同じ業態だ。サムズクラブは昨年9月末、スキャン&ゴーを全店に展開したことで、既存店ベースは2.4%の増加となった。2.4%の増加は過去4年間で最も高い伸び。客単価と客数がそれぞれ1.2%の増加とバランスのとれた成長だ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。ウォルマートは現在、「出店控えてIT投資」の姿勢です。新規出店を大幅に減速する一方で、この1年間でジェット(jet.com)やシューバイ(shoebuy.com)、ムースジョー(moosejaw)を買収しています。マーケットプレイスを含めたウォルマート・コムの取扱品目数も3,500万品目と急増しています。メンバーシップ・ホールセール・クラブのサムズクラブでは昨年9月末、スキャン&ゴーをサムズクラブ全店に展開しました。これらウォルマートのIT投資がリアル店舗集客に実を結んでいるのです。ウォルマートUSでは、オンラインで購入して店でピックアップのボピス(BOPIS:Buy Online Pickup In Store)が前年同期比で27%の増加となっています。Eコマース売上が前年同期比で29%増加するだけでなく、オンラインからオフラインのリアル店舗の誘導が上手くいっているのです。結果、ウォルマートUSは既存店ベースで過去4年間で最大の伸びとなっているのです。  続きを読む
Posted by usretail at 03:20Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月17日

【ウォルマート】、アウトドア用品のムースジョー買収!ウォルマート前CEOの後悔とは?

170217ウォルマート
■ウォルマートは15日、アウトドア用品を実店舗やオンラインストアで販売するムースジョー(Moosejaw)を現金5,100万ドルで買収したことを発表した。1992年創業のムースジョーはミシガン州マディソンハイツに本社があり、アウトドア系の通販ショップとしては大手。パタゴニアやノースフェイスなど主要アウトドア・ブランドを取り扱い、ミシガン州など中西部に10店舗を展開している。取り扱いカテゴリーはアパレル用品からクライミングやキャンピング、ハイキングなどのアウトドアギアやアクセサリーなど。ムースジョーの従業員数は350名。ウォルマートによると過去の買収と同じようにムースジョーは今後も独立した経営を維持される。一方でムースジョーが取り扱う400のアウトドア・ブランドと12万品目に及ぶアウトドア用品はウォルマートのEコマースに加わることになる。調査会社コムスコアによるとアパレルとアクセサリーがEコマースで最大カテゴリーとなっており、今回の買収によりアウトドア・アパレルの市場拡大を目指すことになる。
 ウォルマートは先月も靴のオンラインショップ「シューバイ(ShoeBuy)」を7,000万ドルで買収したばかり。シューバイを買収したのはウォルマートが昨年8月に買収しウォルマート傘下となったジェット・コム(Jet.com)。マーク・ローリィ氏が2014年1月に立ち上げたジェット・コムはウォルマートに33億ドルで買収されている。ローリィ氏は現在、ウォルマートのグローバルeコマース部門のCEOとなっている。ウォルマートは2011年以降、Eコマースに積極的に投資しており、同社としては最大規模の買収となったジェット・コム以前では、検索エンジンの「コズミックス(Kosmix)」やソーシャル広告の「ワンライオット(OneRiot)」などIT企業15社を買収している。
 ムースジョーの買収で人気アウトドア・ブランド以外にムースジョーのソーシャルメディア戦略のノウハウを得るとみられている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。当社のクライアントの中にはコンサルティング企業も含まれています。実は、コンサルタントやコンサルティング企業からの問い合わせが結構多いのです。で、必ずと言っていいほど同じような問い合わせの内容です。一言で言えば「『情報交換』『意見交換』しましょう」というもの。しかし、後藤はきっぱりと「私が欲しいと思うような情報や意見はありません」と、情報の等価交換をお断りしています。人が何かを得ようとすれば同等の代価が必要です。私がもつ専門情報と同じ価値のある情報を日本のコンサルタントやコンサルティング企業は持っていません。したがって情報交換はしないのです。アメリカ小売業は日本の5年〜10年先をいっています。日本の未来となるアメリカの市場で、コンサルタントとしてまた消費者として専門的な一次情報を得ているのは後藤だけです。一次情報とはニュース記事や書籍などの「人手を介した情報」ではない、ナマの現場情報のことです。  続きを読む
Posted by usretail at 04:11Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月12日

【ウォルマート】、スキャン&ゴー導入3店目にチョバーニ・カフェ3号店目もオープン!

170212ウォルマート・オーガスタ・パインズ店00a
■ウォルマートは15日、テキサス州ヒューストン郊外に「ウォルマート・スキャン&ゴー(Walmart Scan & Go)」を導入した店舗をオープンする。5,200坪のウォルマート・オーガスタ・パインズ店(25800 Kuykendahl Rd, Tomball, TX 77375)は、アーカンソー州ロジャースのスーパーセンター、先月オープンしたフロリダ州オーランド郊外のウォルマート・レイク・ノナ店に続く、ウォルマート・スキャン&ゴー導入3号店目となる。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。ウォルマート傘下でメンバーシップ・ホールセール・クラブ業態のサムズクラブは昨年10月、同システムの「サムズクラブ・スキャン&ゴー(Sam's Club Scan & Go)」を全店に導入した。使い方はサムズクラブのスキャン&ゴーのアプリをダウンロード、アプリ起動後に会員番号を撮影などで入力し、事前にクレジットカード情報も登録しておく。サムズクラブの店内では、アプリを開いて購入する商品のバーコードをスキャンしていく。買い物が終われば、アプリ上で「チェックアウト(決済)」を行う。外へ出る前のレシートチェックでは、出口にいるチェッカーにアプリ上にあるバーコードを見せスキャンするだけ。その後はチェッカーがカート内の商品を1品毎チェックして確認する。レシートはeレシートでアプリ上に保管されることになる。ウォルマート・レイク・ノナ店ではスマートフォン・アプリの他、店内に読み取り専用スキャナー(小型端末)も提供されており、商品バーコードを読み込んだ後にフルサービスレジもしくはセルフチェックアウトレジで決済するようになっている。
 ウォルマート・オーガスタ・パインズ店は28日、店内に60坪でギリシャヨーグルトの「チョバーニ・カフェ(Chobani Cafe)」をオープンする。チョバーニ・カフェは2012年にニューヨーク・ソーホー地区にオープンした「チョバーニ・カフェ・ソーホー(Chobani Soho)」、NYトライベッカのターゲット内に昨年オープンした「チョバーニ・カフェ・トライベッカ(Chobani Tribeca)」に続いて3店目となり、ニューヨーク以外では初の出店となる。チョバーニ・カフェでは、フルーツなどをトッピングしたギリシャ・ヨーグルトの他、オーガニックやナチュラル素材にこだわったサンドウィッチやスープ、コーヒー、デザートも販売する。なお、レイク・ノナ店には元NBA選手のレイ・アレン氏と妻のシャノン・アレン氏が創業したファストフード店「グロウン(Grown)」が近日オープンする予定となっている。グロウンは50坪弱で、ローカル農家から仕入れたオーガニック野菜を使用し、グルテンフリーで農務省格付けのチョイスミート(最上級プライムの1つ下)のサンドウィッチなどを提供する。
 ウォルマート・オーガスタ・パインズ店は車から降りずに生鮮品等を持ち帰れる「ピックアップ・グローサリー(Walmart Pickup Grocery)」サービスの他、家電コーナーにはIoT製品を説明するタッチスクリーン式の「インタラクティブ・プロダクト・エデュケーション・テーブル(Interactive Product Education Table)」が設置される。またヒューストン地区では初となる店内診療サービス「ウォルマート・ケア・クリニック(Walmart Care Clinic)」も導入される。

トップ画像:テキサス州ヒューストン郊外のトンボーイ地区にオープンするウォルマート・オーガスタ・パインズ店(Walmart Augusta Pines)の予想図。ウォルマート・スキャン&ゴー導入3号店目にはギリシャヨーグルトの「チョバーニ・カフェ(Chobani Cafe)」にオープンする。以下に挙げたウォルマート・オーガスタ・パインズ店の予想図も参考にしてほしい。  続きを読む
Posted by usretail at 03:29Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月10日

【ホールフーズ】、9店閉鎖に目標1,200店展開を撤回!らしさがなくなりコア顧客離れ?

170210ホールフーズ
■ホールフーズは8日、目標としていた1,200店舗展開を棚上げし、景気後退以降初となる店舗閉鎖を発表した。同社は4年前、目標店舗数を1,200店としていたが、最近はクローガーやウォルマートなど競合店からの価格競争で売上が低迷している。9店舗に及ぶ店舗閉鎖は第2四半期(1月〜3月期)中に行い、カリフォルニア州やアリゾナ州など7州の小型店や不採算店などがスクラップされる。ホールフーズが同日に発表した第1四半期(10月〜12月期)決算は売上高が49.2億ドルと前年同期比1.8%の増加となった。競合からの競争に加え、生鮮品などの食品デフレも売上に若干影響を及ぼした。純利益は前年同期比39.5%減となる9,500万ドル。販促を増やしたことにより粗利益率が33.6%と景気後退以降では最低を記録した。一方で一般販売管理費率や店舗の移転や閉鎖などに伴う費用など経費がかさみ本業の儲けを示す営業利益率も3.5%と前年同期の5.2%から大幅に減少した。既存店・売上高前年同期比は客数が減少したことで2.4%の減少となった。ホールフーズの既存店ベースは2015年度の第4四半期から6四半期連続して前年を下回っている。ホールフーズは業績低迷を受け、2017年度通期の見通しを引き下げた。売上高は当初の2.5%増〜4.5%増を1.5%増以上とし、前期比2%減〜横ばいの範囲内に収まるとしていた既存店ベースは、最大で2.5%減になるとの予想に下方修正した。
 ホールフーズは現在、アメリカを中心にイギリスとカナダを含め469店舗を展開している。その中にはロサンゼルス近郊シルバーレイク地区やオレゴン州レイクオスウィーゴ地区などにオープンした新フォーマット「365バイ・ホールフーズ・マーケット」3店も含まれている。

トップ画像:ロサンゼルス郊外でサウスコーストプラザ近くにあるディストリクト・アット・タスティン・レガシーSCのホールフーズ(1,700坪)店。この店に昨年末、オーガニックでグルテンフリーなサンドウィッチ&サラダチェーン「メンドシーノ・ファームズ(Mendocino Farms)」の店舗内店舗がオープンした。地元で人気のレストランを導入したグローサラント業態はいいのだが、売り場が悪くなっている。定点観測していると分かるのだが、数年前までの「ホールフーズらしさ」がなくなっているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:44Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月04日

【ウォルマート】、スーパーセンター敷地内にGS併設コンビニエンスストアをオープン!

170204ウォルマートコンビニ@ロジャー
■ウォルマートは31日、アーカンソー州ロジャースにあるスーパーセンターの敷地内にガソリンスタンド(GS)併設型コンビニエンスストアをオープンした。テスト展開となる70坪のコンビニエンスストア(4208 Pleasant Crossing Blvd, Rogers, AR 72758)はスーパーセンターの駐車場と大通りに面した立地で、以前からあったGSに食品や飲み物を販売する小型店をオープンしたもの。商品はピザやホットドッグなどのホットフードにサンドウィッチやピザ、コーヒー、ソーダ類など通常のコンビニと変わらない品揃えに、卵やミルク、パンなどのステープルズ商品もウォルマート価格で提供されている。12人のスタッフが働くコンビニエンスストアの営業時間は午前5時〜深夜0時。ガソリンスタンドは24時間営業だ。なお、このコンビニでは、グローサリーピックアップサービスのあるスーパーセンターの敷地内にあるため、ピックアップサービスは行っていない。ウォルマートは昨年、コンビニエンスストア型のピックアップ拠点「ウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュール(Walmart Pickup with Fuel)」をコロラド州デンバー郊外のソーントン地区とアラバマ州マディソン地区にオープンしている。GS併設コンビニエンスストアはオンライン注文のピックアップ拠点となっており、近くのスーパーセンターでピッキングした生鮮品などを冷蔵ケースに保管し利用者に手渡す仕組みだ。
 ウォルマートの小型店展開ではアリゾナ州立大学やアーカンソー州立大学のキャンパス内で80〜140坪で展開する「ウォルマート・オン・キャンパス(Wal-Mart On Campus)」がある。2011年に始動した300坪以上の「ウォルマート・エクスプレス(Walmart Express)」は昨年、全102店が閉鎖となっている。

トップ画像:ローカル局のニュース番組で紹介されたガソリンスタンド(GS)併設型コンビニエンスストア。ピックアップグローサリーを提供しているスーパーセンターの敷地内にあるため、同サービスはない。  続きを読む
Posted by usretail at 03:31Comments(0)TrackBack(0)
2017年02月02日

【ウォルマート】、送料無料2日間配送を開始し会員制プログラムのシッピングパス廃止!

170202ウォルマート・コム
■ウォルマートは31日、2年前からテストを行っていた有料会員制プログラム「シッピングパス(ShippingPass)」を廃止し、年会費無料で2日間で配送する新たなプログラムを始めた。ウォルマート・コムの200万品目以上が対象となる「無料2日間シッピング(FREE 2-Day Shipping)」は、35ドル以上の買い物をすれば年会費など払う必要なく2日間で配送するサービス。新サービスは家庭用品やペット用品、家電製品など日用品が中心で、プログラム対象商品には商品ページの価格欄に緑字で無料2日間シッピングと明記されている。また業者が扱うマーケットプレイスは対象外となっているものの、35ドル以上の注文にマーケットプレイス商品の他、対象商品が入っていればプログラムの対象となる。なお生鮮品などの注文は対象外となっている。2日間シッピングは午後2時までに注文を確定することで2営業日後に届けられる。一方、ウォルマートが2015年5月から始めたシッピングパスは、年会費99ドルとなるアマゾンプライムに対抗した会員制サービス。シッピングパスを開始した当初、年会費は50ドルで最低購入額等の条件なく、オンライン購入した商品を3日以内に届けていた。ウォルマートは昨年5月、シッピングパスの会員費を1ドル値下げし配送期間も2日に短縮した。7月には30日間の無料体験キャンペーンも実施していた。なおシッピングパスを廃止したことで、会員には年会費の返金を受けられるようになっている。
 ウォルマートはシッピングパスの会員数など詳細は明らかにしていない。

トップ画像:先月、ウォルマート・コムでアイポッド・タッチを購入。しかし実際に商品が届いたのは注文から10日後だった!?日本では考えられない...
 
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。先月、ウォルマート・コムでアイポッド・タッチを購入しました。後藤はアマゾンプライム会員なのでアマゾンで購入しても良かったのですが、ウォルマート・コムの現状を知りたくで意図的に注文したのです。結果からいうと配送がアマゾンのレベルに達していませんでした。宅配予定日には自宅で待機していましたが、フェデックスの宅配業者から連絡もないまま本人不在となっていました。翌日も連絡もなく、誰も訪ねてくることもなく再度不在との理由で宅配なし。「ふざけるとな!」とウォルマート・コムにチャットでクレームを入れましたが「もう1日待ってくれ」との回答だったので気を取り直して待ってみることにしました。翌日、臨戦状態で待っていましたがやっぱり何の連絡も訪問もなく、サイトを見ると不在との通知。もう諦めました。で、週末をまたいだ月曜日、仕事から戻ってくるとドアの前に無造作に置かれていたのです。だめだこりゃー。  続きを読む
Posted by usretail at 03:41Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月31日

【スーパーボウル】、1億8,850万人が視聴!テレビ販促でOLEDやQLED、HDRもすぐ特価品?

170131サムスンSUHD@ベストバイ
■ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の王座を決める「スーパーボウル」は2月5日、テキサス州ヒューストンで開催される。51回を迎える今年はアメリカン・カンファレンス(AFC)を勝ち抜いたニューイングランド・ペイトリオッツと、ナショナル・カンファレンス(NFC)の王者となったアトランタ・ファルコンズの対戦となる。全米最大のプロスポーツ・イベントには毎年、ファンが桁外れのお金を注ぎ込む。スーパーボウル関連の支出は財布が全開となるのだ。つまり多くの小売チェーンにとっては書き入れ時となる。全米小売業協会(NRF)の調査によると、今年は約1億8,850万人がスーパーボウルを視聴すると見ている。約7,600人を対象にした調査では、スーパーボウル関連支出額が一人当たり平均で75ドルとなり、スーパーボウルに関連する総支出額は約141億ドルと算出している。スーパーボウルを視聴するとした75%のうち、80%の人が宅配ピザやスナック類など食べ物やビールやコーラなどの飲み物に支出する。11%はチームのロゴが入ったTシャツやキャップ帽などスーパーボウル関連のグッズを購入するとしている。また8%がテレビを買うとしているのだ。これはテレビを販売する家電店や量販店にとっては、スーパーボウル直前に繁忙期を迎えることを意味する。
 ウォルマートではサムスン55インチLEDスマートTV(1080p 60Hz)を498ドルでセールにしている。1,100ドル以上も値下げしているのだ。同じくサムスン55インチLED4KスマートTV(2160p 60Hz)はリスト価格から500ドル値下げし498ドルとなっている。60インチだとサムスンLEDスマートTV(1080p 60Hz)が599ドル(オンライン価格では送料込み)となり、リスト価格から1,100ドル以上も値下げされている。50インチではビジオ製LED4Kテレビ(2160p 60Hz)が398ドルと安い。一方、ベストバイのスーパーボウルセールではLG押しとなっており、65インチLG製LED4KスマートTV(2160p 120Hz)が800ドルと安い。同セール製品は500ドルもリスト価格から下げられているのだ。またベストバイのセールではハイエンドTVも安くなっている。大画面となる65インチでは湾曲型有機ELディスプレイのLG製4KスマートTV(2160p)が3,000ドルとなり、1,000ドルの値引きだ。大画面ではアマゾンも負けてはいない。75インチでソニーXBRの4KスマートTV(1080p 120Hz)が2,490ドルとなっている。65インチではサムスンLED4KスマートTV(2160p 120Hz)が1,498ドル、55インチではサムスンLED4KスマートTV(2160p 120Hz)が698ドルだ。
 スーパーボウル販促では相変わらずテレビの値下げ率に驚くばかりだ。一方でCurved(湾曲)やOLED(有機EL)それにQLEDやHDRなど見慣れないワードで付加価値を付け、テレビの価格下落を抑えようともしている。

トップ画像:ベストバイのサムスンテレビ売場。サムスンは昨年、LEDテレビの上位モデルに量子ドット(Quantum Dot)技術を導入した「SUHDテレビ」でブランディング販売していた。SUHDもQLED、HDRは消費者から見れば同程度にしか映らないバズワードでしかない?  続きを読む
Posted by usretail at 04:52Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月30日

【ウォルマート】、スキャン&ゴー導入2店目!元NBA選手のグローサラントもテスト?

170130ウォルマートスキャナー
■ウォルマートは25日、フロリダ州オーランド郊外に「ウォルマート・スキャン&ゴー(Walmart Scan & Go)」を導入した店舗をオープンした。アーカンソー州ロジャースのスーパーセンターに続くウォルマート・スキャン&ゴーの2号店目はオーランド郊外レイク・ノナ地区にオープンした5,320坪のスーパーセンター。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。ウォルマート傘下でメンバーシップ・ホールセール・クラブ業態のサムズクラブは昨年10月、同システムの「サムズクラブ・スキャン&ゴー(Sam's Club Scan & Go)」を全店に導入した。使い方はサムズクラブのスキャン&ゴーのアプリをダウンロード、アプリ起動後に会員番号を撮影などで入力し、事前にクレジットカード情報も登録しておく。サムズクラブの店内では、アプリを開いて購入する商品のバーコードをスキャンしていく。買い物が終われば、アプリ上で「チェックアウト(決済)」を行う。外へ出る前のレシートチェックでは、出口にいるチェッカーにアプリ上にあるバーコードを見せスキャンするだけ。その後はチェッカーがカート内の商品を1品毎チェックして確認する。レシートはeレシートでアプリ上に保管されることになる。
 レイク・ノナ店のスキャン&ゴーはアイフォンにアンドロイドでも同アプリが提供されている。また商品バーコードの読み取りスキャナー(小型端末)も提供されており、こちらは商品バーコードを読み込んだ後にフルサービスレジもしくはセルフチェックアウトレジで決済するようになっている。なおバーコードの読み取り端末は一部のスーパーセンターやネイバーフッドマーケットでも導入されおり、ストップ&ショップでも5年前から「スキャン・イット(Scan It)」の導入が進んでいる。レイク・ノナ店では富裕層の多い地域性から健康に配慮したファストフード店がオープンする予定。来月中旬にオープン予定となっているのは、元NBA選手のレイ・アレン氏と妻のシャノン・アレン氏が創業した「グロウン(Grown)」。ウォルマート店内にオープンするグロウンは50坪弱で、ローカル農家から仕入れたオーガニック野菜を使用、グルテンフリーで農務省格付けのチョイスミート(最上級プライムの1つ下)のサンドウィッチなどを提供する。レイク・ナノ店のPR動画をみるとメニューにはスープやサラダの他にワインまで提供するようだ。
 レイク・ノナ店には車から降りずに生鮮品等を持ち帰れる「ピックアップ・グローサリー(Walmart Pickup Grocery)」サービスの他、家電コーナーにはIoT製品を説明するタッチスクリーン式インタラクティブ・デジタル・テーブルも導入されている。

トップ画像:アーカンソー州ロジャースのウォルマート・スーパーセンターに導入されている商品バーコードの読み取りスキャナー(小型端末)。スキャン&ゴーに専用端末でのテストを行っているのだ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:37Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月26日

【ターゲット】、ターゲットペイ!実践に「Why So?」「So What?」「Now What?」で成果?

170126ターゲット
■ターゲットが今年末にも独自のモバイル決済システムを行う計画があることをテクノロジー系ニュースサイトのリコード(Recode)が報じた。ニューヨークで開催された全米小売業協会のコンファレンスでターゲットCIOのマイケル・マクナマラ氏が同ニュースサイトに明らかにした。ターゲットのモバイル決済システムの詳細は明らかにされなかったが、モバイルアプリを使ったものになるという。ターゲットには独自のモバイルアプリの他、クーポンアプリのカートウィール(Cartwheel)も展開している。モバイル決済システムが、これらのアプリに一機能として搭載されることも現段階では明確ではないとしている。一方、ターゲットには自社のクレジットカードとデビッドカードの「レッドカード(REDcard)」があり、新モバイル決済システムはこれらのカードを所有しているユーザーを対象にするようだ。なお、ターゲットの実店舗やネットストアでレッドカードを使って買い物すると全品が5%のディスカウントになり、オンライン購入では送料無料の特典がつく。レッドカード利用は、すでに全体の24%に達している。
 独自のモバイル決済システムで先に展開している大手チェーンにはウォルマートだ。昨年7月に全店に拡大した「ウォルマート・ペイ(Walmart Pay)」はアプリにクレジットカードなどの情報を事前に登録しておき、レジのQRコードを読み取ることで決済を行う。ウォルマート・ペイはウォルマートのアプリ機能の一つとなっており、アップルiOSやグーグル・アンドロイドでの利用が可能だ。登録できるのは、主要なクレジットカードやデビットカードの他、プリペイドカードとなるギフトカードにも対応している。ウォルマートペイの使い方は、レジでウォルマートのアプリを開き、ウォルマートペイを選択、カメラを起動してQRコードを読み込ませることで決済完了となる。eレシートが自動的にアプリに送られることで、レシートをスキャニングする手間が無くなるため、セービングキャッチャー機能をワンタップで利用可能となる。ウォルマートによるとウォルマート・ペイのリピート率は88%で、5人中4人となる約8割の利用者が友人などにレコメンドしている。ウォルマート・ペイは決済後に利用者から評価を5ツ星で尋ねているが、4人中3人(約75%)が5ツ星と高く評価しているという。
 ターゲットはオンラインストアでアップル・ペイを利用できるものの、リアル店ではアップル・ペイは利用不可となっている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:37Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月24日

【ターゲット】、1.3%減でお前もか!年末商戦でECがリアルの売上を食う共食い状態?

170124ターゲット
■ターゲットは18日、年末商戦となる11月〜12月期の既存店・売上高前年同期比が1.3%の減少だったことを発表した。実店舗の既存店ベースは3%以上の減少となったが、オンライン売上が前年から30%以上伸びたことで既存店の一部を埋め合わせた形だ。売上高前年同期比は4.9%の減少だった。カテゴリー別では重点カテゴリーとしている「ファッション(Style)」「ベビー(Baby)」「キッズ(Kids)」「健康(Wellness)」が3%近くの増加となったものの、食品や日用品が1桁台前半の落ち込みとなり、家電やエンターテイメント商品が1桁台後半で低迷した。ターゲットは年末商戦の不調を受け、第4四半期(11月〜1月期)既存店ベースの予想を当初の1.0%減〜1.0%増から1.5%減〜1.0%減と下方修正を行った。なおターゲットは2ヵ月前、売上の持ち直し等を反映し従来予想の2%減〜横ばいを1%減〜1%増に引き上げたばかりだった。同社の第3四半期(8月〜10月期)の既存店ベースは0.2%の減少、第2四半期(5月〜7月期)は同1.1%の減少だった。第4四半期も既存店ベースが前年を下回れば3四半期連続での減少となる。
 年末商戦で不調となったのはターゲットばかりではない。老舗デパートメントストアのメイシーズは、11月と12月期の既存店・売上高前年同期比が2.7%の減少となり、68ヵ所の店舗閉鎖と1万人規模のレイオフを発表した。シアーズも既存店ベースで12%〜13%の減少だったことを明かし、150店におよぶ店舗閉鎖と同社PBで老舗工具ブランド「クラフトマン(Craftsman)」の売却を発表。また1990年代、グループ全体では5,600店を展開していたアパレルチェーンのリミテッドも残っていた約250店の店舗閉鎖を行った。1,000店舗以上を展開するJCペニーも11月〜12月期の既存店ベースが0.8%の減少となり、店舗閉鎖を検討していることを明かした。国内に1,155店舗を展開するコールズも2.1%の減少となった。年末商戦が特に繁忙期となるトイザラスでも既存店ベースが2.5%の減少だった。一方、全米小売業協会(NRF)は、年末商戦が当初の予想を超えて好調だったことを発表しており、ネット通販最大手のアマゾンは年末商戦が過去最高を記録したと発表している。
 ターゲットは国内に1,800店を展開しており、その内訳はスーパーセンター業態など4,760坪以上の大型店が278店、1,400坪〜4,760坪未満の通常のディスカウントストア・フォーマットは1,503店(前期より2店舗減)、「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼ばれている1,400坪以下の小型店は19店舗となっている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:20Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月18日

【ウォルマート】、アマゾンに続けとばかりに雇用創出を発表!次期大統領のお尻にキス?

170118ウォルマート
■ウォルマートは17日、新規出店や改装等で新たに1万人の雇用を国内に創出することを発表した。アメリカ国内で雇用増を重視するトランプ次期大統領にアピールする狙いがあるとみられている。民間企業でアメリカ最大の雇用主である同社は現在、150万人近くの従業員を抱えている。ウォルマートが2017年度中、1万人の雇用を進めるのはウォルマートやサムズクラブの59ヵ所の新規出店や店舗改装・移転にオンラインストア部門など。建設や改装に携わる人についても2.4万人の雇用が生まれると明かしている。同社はピックアップグローサリー増設の他、店舗やディストリビューションセンターの新規出店や改装などに68億ドルの設備投資を計画している。一方、従業員の削減や事業再編も進めており、事情を知る関係者が明らかにしたところによると、今月末までに本社人員を約1,000人減らす見通しだ。レイオフは主に人事部が対象となり、一部や配置転換になるとみられている。アーカンソー州ベントビルにあるウォルマート本社には1.8万人が働いている。
 ウォルマートは一昨年、本社従業員450人の解雇をしており、昨年初めには国内154店舗の閉鎖と約1万人の異動やレイオフも発表している。昨年9月にはバックオフィス業務などで約7,000人の雇用も削減している。ウォルマートによると、解雇の対象となった従業員の多くが社内の別のポジションで再雇用されている。なお、ウォルマートの競合でネット通販最大手のアマゾンは12日、来年半ばまでの1年半に国内で10万人以上を新たに雇用すると発表している。  続きを読む
Posted by usretail at 04:05Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月13日

【ウォルマート】、アンドロイド版スキャン&ゴー発表!拡大すれば莫大な影響力となる?

170113ウォルマート・スキャン&ゴー
■ウォルマートは9日、アンドロイド・アプリの「ウォルマート・スキャン&ゴー(Walmart Scan & Go)」を発表した。アイフォン・アプリのウォルマート・スキャン&ゴーは既に提供されている。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客自身が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。ウォルマート傘下のメンバーシップ・ホールセール・クラブのサムズクラブは昨年10月、同システムの「サムズクラブ・スキャン&ゴー(Sam's Club Scan & Go)」を全店に導入した。使い方はサムズクラブのスキャン&ゴーのアプリをダウンロード。アプリを起動後に会員番号を撮影などで入力し、事前にクレジットカード情報も登録しておく。サムズクラブではアプリを開いて購入する商品のバーコードをスキャンしていく。買い物が終われば、アプリ上で「チェックアウト(決済)」を行う。外へ出る前のレシートチェックでは、出口にいるチェッカーにアプリ上にあるバーコードを見せスキャンするだけ。その後はチェッカーがカート内の商品を1品毎チェックして確認する。レシートはeレシートでアプリ上に保管されることになる。
 サムズクラブ・スキャン&ゴーはサムズクラブの全655店で利用可能だが、ウォルマート・スキャン&ゴーは現在、アーカンソー州ロジャースにあるスーパーセンター1店のみでの利用となる。ウォルマートは2011年9月、旧バージョンとなるスキャン&ゴーを開始、スーパーセンターやサムズクラブなど200店まで導入を拡大したが3年後にテストを終了した。ウォルマートは2015年からスキャン&ゴーのテストを再開し、サムズクラブでは徐々に拡大しながら昨年10月に全店での導入にいたっている。なお旧バージョンとなるスキャン&ゴーは、セルフチェックアウトレジで決済する必要があったが、新しいスキャン&ゴーではアプリにクレジットカード情報も登録しておくことでアプリ上での決済が可能となっている。そのため、セルフチェックアウトレジさえ素通りが可能となるのだ。
 ゲームチェンジャーと言われるスキャン&ゴーがウォルマートでも拡大されるのかを業界は注視している。

トップ画像:ウォルマート・スキャン&ゴーのアプリ。スキャン&ゴーはスマートフォンにダウンロードしたアプリでお客自身が商品バーコードをスキャンしながら買い物を行うシステム。事前にクレジットカード情報もアプリ登録しておくことで、決済はアプリ上でできる。スーパーセンターのレジを素通り可能となる。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。サムズクラブにスキャン&ゴーが導入されて以降、サムズクラブで頻繁に買物をするようになりました。喩えると、スキャン&ゴーを使った買い物は「近所の倉庫に品物を取りに行く」という感じです。商品バーコードをスキャンしてワンタップ決済です。レジを素通りするので、お店で買物をしたという印象が残らないのです。熱々のロテッサリーチキン(チキンの丸焼き)は売り場でスキャンした後に保温バックに入れそのまま持って帰ります。レジを素通りできるので保温バックから出すことはありません。スキャン&ゴーは後藤が経験した中でも、最大のショッピング革命といってもいいほどの衝撃です。で、スキャン&ゴーでもっと買い物をしたいと思うのですが、メンバーシップ・ホールセール・クラブ業態は商品アイテムが絞られ多くが大量パッケージで販売しているため、買いたくても買えないのです。それでもサムズクラブで買わなかったものまで買っています。  続きを読む
Posted by usretail at 04:26Comments(0)TrackBack(0)
2017年01月10日

【IoT】、ターゲットのショールームが改装で一時閉鎖!バズワードでも売れれば正義?

170110ターゲット・オープンハウス
■ターゲットは先月26日、サンフランシスコにあるIoT体験型ショールーム「ターゲット・オープンハウス(Target Open House)」を改装するため一時休業することを発表した。顧客からのフィードバックを基にショールームをアップデートし、IoTをより身近に分かりやすいスペースにするのが目的。改装後の再オープンは2月10日としている。IoTとは「モノのインターネット(Internet of Things)」を意味し、コネクテッドホーム(Connected Home)やコネクテッド製品(Connected Device)などを総じて「スマート家電」と訳されることがある。ターゲットは2015年7月、サンフランシスコ市内メトレオンにオープンハウスを開設、コネクテッド・ホーム製品などスマート家電を販売・展示していた。以前のオープンハウスは2つのセクションに分かれ、リビングルームやベッドルームなどいくつかの部屋に分かれ透明のアクリル壁で仕切られたデモンストレーション・モデルルームと、タッチスクリーンのテーブルに商品を並べたショールームで構成されていた。アップデートされるオープンハウスでは「ガレージ(Garage)」と呼ばれるスペースで開発段階や発売前の製品をデモンストレーション展示する。ガレージでは試演用に毎月、16製品が並べられるという。透明のアクリル壁で仕切られたデモンストレーション・モデルルームも、よりパーソナルに製品がつながるよう効果的にアップデートされる。オープンハウスはフレキシブルなスペースも設けられ、コミュニティイベントにも対応していく。IoT製品は70品目が並べられ、A/Bテストや顧客からのフィードバックなどのデータを製品開発者となるパートナーに還元していく。
 大手チェーンストアによるIoTショールームではシアーズがカリフォルニア州サンブルーノ地区にあるショップス・アット・タンフォラン(The Shops at Tan Foran)SCのシアーズの家電売り場で全米最大の112坪で展開している。ベストバイも昨年8月、ミネソタ州ミネアポリス・セントポールのモール・オブ・アメリカに期間限定でIoT体験型ショールーム「テック・ホーム(Tech Home)」をオープンしていた。

トップ画像:サンフランシスコにあるIoT体験型ショールーム「ターゲット・オープンハウス(Target Open House)」。  続きを読む
Posted by usretail at 03:31Comments(0)TrackBack(0)
2016年12月16日

【アルディ】、南カリフォルニアに32店!予想以上に厳しいマーケットで新規出店も慎重?

161216アルディ
■ディスカウント・スーパーマーケットのアルディは15日、ロサンゼルス郊外のロングビーチ地区とサンタ・クラリタ地区にそれぞれ新規店をオープンした。同社は翌日にもサンディエゴ郊外のエスコンディード地区に新店をオープンするのだ。アルディは今年3月、南カリフォルニアのロサンゼルス郊外に8店舗をオープンしてカリフォルニア州への参入を果たした。翌月にはロサンゼルス近郊に10店舗を同時オープンし、5月にはサンディエゴ郊外などに7店舗をオープンした。6月もロサンゼルス郊外シミバレーに1店舗をオープンしたのだ。アルディはこれまで今月16日オープン予定のエスコンディード店を含むとロサンゼルス郊外などに27店舗、サンディエゴ郊外に5店舗を出店しており、南カリフォルニアに32店を出店している。アルディは当初、南カリフォルニアに年末までに最大45店舗出店の計画を予定していた。当初の計画から10店舗以上も新規出店が遅れているのだ。理由として南カリフォルニアが他のマーケットと違いスーパーマーケットの競争が極めて厳しいことが挙げられる。ワシントン州から南カリフォルニアへ進出してきたヘイゲンが昨年、ボンズやアルバートソンズを改装して100店舗オープンしたものの半年で撤退・倒産となった。フレッシュ&イージーでアメリカに進出したテスコも撤退し、投資会社ユカイパが店を買収し引き継いだものの結局、全店を閉店したのだ。現在は食品デフレの影響も受け、南カリフォルニアのマーケットは予想以上に厳しいというのがアルディの本音なのだろう。
 アルディの店舗面積は400坪前後。1,500アイテムと絞られた商品の90%はプライベートブランド(PB)となっている。アルディのPBは同等のNB商品と比べて最大60%も安い。低価格を実現できるのは特徴的なローコスト・オペレーションにある。アルディではテレビやラジオを使った広告を一切行っていない。店舗建物も簡素で、店内インテリアは実質本位で余分な装飾はしないノーフリル(no-frills)だ。商品陳列も段ボール箱を開けて積むだけのオープン・カートン・ディスプレイ(open carton display)を採用し、スタッフが商品を一つ一つ棚に並べる必要がない。対面のデリ・コーナーもなく、袋詰めのスタッフもいない。南カリフォルニア店舗の営業時間は朝9時〜夜9時。一方、24時間営業のウォルマート・スーパーセンターや、最大18時間営業(早朝6時〜深夜0時)となる競合スーパーよりアルディの営業時間は短い。アルディは12時間営業で人件費をおさえているのだ。ショッピングカートは25セントのレンタル式(デポジットで返却時に返金)になっているため、ショッピングカートの盗難コストが減少し、駐車場に無造作に放置されたショッピングカートをスタッフがあつめる手間も省ける。ショッピングバスケットはないため、お客はエコバッグで代用する。なお、買い物袋は10セント(紙袋)、15セント(エコ)、79セント(保温・保冷用エコバッグ)の有料となる。
 アルディは現在、アメリカ国内34州に1,600店近くを展開している。同社は2018年までに2,000店舗の展開を目指している。  続きを読む
Posted by usretail at 04:38Comments(0)TrackBack(0)
2016年12月11日

【ウォルマート】、週客数1.4億人のダークサイド!ウォルマートは手錠の需要も増ばす?


■世界最大の小売チェーンのウォルマートの昨年度の売上高は4,821億ドルだった。1ドル115円計算でも55兆円という莫大な売上高となる。アメリカ国内だけでも3,000億ドル(約35兆円)近くにも達するのだ。9月30日現在、多くが24時間営業となるスーパーセンターが3,500店あり、傘下のサムズクラブなど他の業態を含めると5,300店を展開している。ウォルマートの国内の週の客数は1.4億人にも上る。日本の人口より多い人が毎週、ウォルマートに来店しているのだ。しかもウォルマートの中心顧客はお金に余裕のない低所得者層だ。したがってウォルマートでは、一国で起こるような犯罪が5,000坪の店内や駐車場で度々発生することになる。毎日のようにどこかのウォルマートの敷地内で殺人や強盗、発砲騒ぎ、誘拐、強姦、立てこもり、痴漢、暴力、ケンカ等が起きるのだ。
 ニュース番組のインサイド・エディション(Inside Edition)では、日本で110番通報にあたる911番の緊急通報がウォルマートでいかに多いかをレポートしている。例えばフロリダ州ジャクソンビル地区では、ウォルマート(16店舗)に警官などを要請する911の緊急通報が昨年だけで5,298件もあった。マサチューセッツ州チコピー地区のウォルマート・スーパーセンターでは昨年から今年にかけて911番通報が1,294件もあった。ウォルマート1店舗だけで1日2件弱のペースで911通報があるのだ。コロラド州デンバー郊外のウェストミンスター地区にはスーパーセンター3店舗にネイバーフッドマーケット1店舗あるのだが、911通報は2,100件を超える。デンバー郊外のレイクサイド地区にあるウォルマート・ディスカウントストア(営業時間:午前6時〜午前0時)では昨年から今年にかけて1,270件の911通報だ。レイクサイド地区を管轄する警察署には12人の警官が勤務しているのだが、ウォルマートに毎日、出動するだけでなく犯罪の多さに手錠も尽きてしまうほどなのだ。インサイド・エディションのレポーターが取材に訪れたレイクサイド地区の警察署では、すでにウォルマートから2件の事件・事故通報があった後だった。ほどなくしてさらに1件、万引き犯の通報があった。
 週客数1.4億人という凄まじい集客力を誇るウォルマートのダークサイドは、日本人の想像を絶するほど深くて大きいのだ。

トップ動画:ニュース番組のインサイド・エディション(Inside Edition)では、ウォルマートに警官などを要請する911番通報が異常に多いことをレポートしている。デンバー郊外のレイクサイド地区にあるウォルマート・ディスカウントストア(営業時間:午前6時〜午前0時)では昨年から今年にかけて1,270件の911通報だ。レイクサイド地区を管轄する警察署には12人の警官が勤務しているのだが、ウォルマートに毎日、出動するだけでなく犯罪の多さに手錠も尽きてしまうほどなのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。テレビドラマ「相棒」のシーズン13最終回は、成宮寛貴さん演じる甲斐享が「ダークサイド」に堕ちる衝撃的な結末でした。普段は、杉下右京の相棒でありながら、実は悪者に無慈悲な制裁を与える「ダークナイト」だったのです。ドラマとはいえイマイチ整合性がなく、後味の悪い展開でした。そして写真週刊誌フライデーが報じた成宮寛貴さんのコカイン疑惑に、突然の芸能界引退発表。順風満帆な俳優業の裏で何があったのかはわかりません。が、これがアメリカであれば戦わず身を退く行為は負けを認めることになります。つまり報道内容が事実であったことを肯定したことになるのです。厳しい俳優業で成功していたにもかかわらず、裏ではダークサイドに堕ちていたと。 いわゆる「ダークサイド・オブ・サクセス(The Dark Side of Success)」です。アメリカの成功者にはこれを持ち続けている人がいます。ある種の強烈な劣等感です。

⇒いつもは見せないし近くにいても劣等感など微塵も感じさせません。ただ、強烈な劣等感が企業成長時にその人のやる気を支える原動力(ドライビングフォース)になるのです。ただ一部にある時点で、何かに反応し、その人の光が当たれば、影ができるが、足を引っ張るように働きだすのです。いわゆる他人からみれば「(努力で勝ち取った)恵まれた環境にもかかわらず、なぜ?」と思えるような余計なことをしでかすのです。眩しい成功にも劣等感を癒せず、わざわざ自分で影を作ってしまうようなものかもしれません。ちょっと暗い話になりましたが、セミナーなどで説明するとき企業のネガティブな部分を話すことで逆にポジティブを引き立てリアルに分かりやすくなります。その筆頭事例がウォルマートです。ウォルマートがカリフォルニア州に1号店をオープンしたのが、今から四半世紀前となる1991年でした。ロサンゼルスから90分以上もあるウォルマート・ランキャスター店には、本当によく何度も視察で訪れたものです。  続きを読む
Posted by usretail at 04:52Comments(0)TrackBack(0)
2016年12月04日

【ウォルマート】、GS併設型コンビニをピックアップ拠点!テザリングでロングレール?

161204ウォルマート@ハンツビル01
■車から降りずに生鮮品等を持ち帰れるグローサリー・ピックアップを拡大中のウォルマートはコンビニエンスストア型のピックアップ拠点をテスト展開している。コロラド州デンバー郊外のソーントン(1650 E 104th Ave, Thornton, CO 80233)地区にオープンした「ウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュール(Walmart Pickup with Fuel)」は、コンビニエンスストアにガソリンスタンド(GS)が併設された店舗だ。午前5時〜午後11時の営業となるコンビニは110坪の店舗面積。卵やミルク、パンなどのステープルズ商品にサンドウィッチやコーヒー、ソーダ類など、コンビニと変わらない品揃えでウォルマート価格となっている。GS併設型コンビニのウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュールは、生鮮品など食料品のピックアップ拠点なのだ。同店舗のピックアップ時間は午前8時〜午後8時。午後1時までの注文なら当日ピックアップも可能となる。ウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュールが極めてユニークな点は、サプライチェーンにある。顧客がネット注文した生鮮品は近隣のスーパーセンターでピッキングを行い、冷蔵トラックでウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュールに運び、ピックアップ専用の冷蔵ケースに保管する。つまり、スマートフォンを使って他の端末をインターネットに接続する「テザリング(Tethering)」のように、スーパーセンターがコンビニへのハブ(物流の中継地点)となっているのだ。ウォルマートは、コンビニのような小型店をネットスーパーの物流拠点にし、一方でスーパーセンターをフルフィルメントセンターとして機能させることで、ウォルマートが掲げる「物流エコシステム」を完成しようとしているのだ。
 ウォルマートはグローサリー・ピックアップを現在、500店舗まで拡大しており、今年末には600店舗展開の計画を発表している。一人一台の車を所有するアメリカは車社会。コンビニに給油に行くとき生鮮品もピックアップできれば時間の節約にもなり便利だ。大商圏となるスーパーセンターの隙間にネイバーフッドマーケットやウォルマート・ピックアップ・ウィズ・フュールのフィルインで、ウォルマートの実店舗網はネット展開の強力なエコシステムとなる。

トップ画像:アラバマ州マディソン地区(7520 Hwy 72 W, Madison, AL 35758)に今年4月6日にオープンした「ウォルマート・ピックアップ・ロケーション・ウィズ・フュール(Walmart Pickup Location with Fuel)」。店舗の前にはガソリンスタンドがあり、店の横にはカーブサイド・ピックアップとなるパーキングスペースが見える。  続きを読む
Posted by usretail at 04:27Comments(0)TrackBack(0)
2016年11月26日

【ブラックフライデー】、アイパッドプロ9.7インチを購入しようにも契約客多くて断念!

161126ターゲット00
■今年も多くのチェーンストアが感謝祭日となる24日からブラックフライデーセールを始めた。ウォルマートやターゲット、メイシーズ、ベストバイなどが感謝祭日の夕方からセールを開始する一方で、ステープルズやゲームストップはセールを金曜日に戻したチェーンもある。後藤は近所にあるウォルマートとターゲットで定点観測を行っている。ブラックフライデーセールでの消費トレンドを探るためだ。ブラックフライデーは全米でセールとなり最も安く買い物が出来るため、消費者動向を探るには適している。
 ターゲットに到着したのはセール開始の午後6時20分前。昨年より5分程度はやく行列に加わったが、昨年と同じぐらいの場所で並ぶことになった。ターゲットは今年、かなり思い切ったセールを行っているため、集客力が増しているようだ。周囲はすっかり暗くなっていてスマートフォンの画面を見る人が目立つ。6時のオープンから行列が動き出し、10分程度で店内に入れた。今年はアイパッドプロ9.7インチ(449ドル)を購入しようと家電売り場のアップル行列に並んでみた。実はこれが間違いだった。私の前に15人程度並んでいたのだが、行列は全く動かない。それもそのはず0円となったアイフォン7(250ドルのギフトカード付)を購入する人が行列の大半で、通信キャリアと契約をせねばならないため購入に思いのほか時間がかかってしまうのだ。ただ、スタッフが行列客に名前、携帯番号、購入商品を聞いて在庫をホールドできるようになっていた。アイパッドプロ9.7インチ(32GB)の在庫は7台。スタッフが持っている在庫表をチラ見すると後藤を入れて3人だけがアイパッドプロの購入者となっていた。それでも1時間ぐらいは待ったが、行列が動かないためターゲットを後にした。ウォルマートには7時をとっくに過ぎた時間に到着。6時からのオープンだったが、すでに入り口近くのジグザグフェンスには人はなく、あっさりとウォルマートに入れた。毎年そうだが、ウォルマートではレジ待ちの行列が凄く長い。レジ1台に20人〜30人ぐらいは並んでいるようだ。結局ここでもさらっと確認だけでウォルマートから出てきた。とても買い物をするような環境(気分)ではない。
 印象としてターゲットもウォルマートも期待していたほど客数は落ちていなかった。思い切った安売りが功を奏して実店舗の集客も成功しているようだ。一方でスマートフォンを使いこなしている消費者の目が肥えているため、超お買い得品が完売になるスピードは速くなっている。

トップ画像:ターゲットのブラックフライデーセール(感謝祭日となる24日木曜の午後6時から)に並ぶ行列。ターゲットに到着したのはセール開始の午後6時20分前。昨年より5分程度はやく行列に加わったが、昨年と同じぐらいの場所で並ぶことになった。ターゲットは今年、かなり思い切ったセールを行っているため、集客力が増しているようだ。6時のオープンから行列が動き出し10分程度で店内に入れた。  続きを読む
Posted by usretail at 01:54Comments(0)TrackBack(0)
2016年11月22日

【ウォルマート】、サイバーマンデーにプラダやオメガ販促!シェネルのグレートバリュー?

161122ウォルマート・ライブ@サイバーマンデー
■ウォルマートは21日、「サイバーマンデー」を3日前倒しして始め月曜日にはライブストリーミングショーを行うことを発表した。同社史上初となるブランド品のネットセール販売も行う。サイバーマンデーは感謝祭(11月の第4木曜日)の翌週の月曜日を指す。全米小売業協会(NRF)のオンライン部門「ショップ・オーグ(Shop.org)」が2005年から仕掛けたインターネットのセール日。同部門は当時、感謝祭の週末開けに会社の高速インターネット回線を使用してネットで買物する人が多いと想定していた。ウォルマートは今年、サイバーマンデーを3日前倒ししてブラックフライデーと重なる25日金曜日の早朝0時1分(東部時間)から始める。同社ではオンラインストアの取り扱い品目数を800万から2,300万品目と3倍近くに増やしたことで、サイバーセール前倒しを決めたようだ。また、スマートフォンの普及でネットに常時接続されたコネクテッドモビリティな人が増えていることも背景にある。なおウォルマートは昨年のサイバーマンデーを1日前倒した日曜日(昨年は29日)の午後8時(東部時間)から始めていた。今年のサイバーウィークで目玉となっているのは、80ドルのギフトカード付きで579ドルとなるサムスン製60インチHDテレビや99ドルの人工知能搭載パーソナルアシスタントのグーグル・ホーム(Google Home)、99ドルのプロマークVRドローン(Promark 3D Virtual Reality HD Drone)等がある。ウォルマートは実際のサイバーマンデーとなる28日月曜もサイバーセール第2弾を行う。こちらはサムスン製HDテレビが50%オフになったり、サムスン製65インチ4Kテレビを999ドル、ビジオ製50インチ4Kテレビを380ドルで提供する。ウォルマートはマーケットプレイス・パートナー(業者)が格段に増えていることから、同社がこれまで取り扱ったことのない高級ブランド品のセール販売を行う。28日月曜日にはプラダやレイバン、グッチ、カルティエなどのサングラスのセールを行い、マイケル・コースやオメガ、モバードの腕時計もセールになる。また71ドルとなるレベッカ・ミンコフのバッグなど、マイケル・コース、ケート・スペード、フォッシルなども同社のマーケットプレイスを通じてセールになるという。ウォルマートではサイバーマンデーの28日にダイヤモンド・ジュエリーが3,000ドル安くなるとも明かしている。
 ウォルマートはまた28日月曜日の午前9時〜午後1時(東部時間)に同社のライブ専用サイト「ウォルマート・ライブ(walmart.com/live)」でストリーミング配信の番組を行う。生配信のショーでは専門家による商品アドバイスやギフト・アイディアにスペシャルゲストを招いたコンテンツとなっている。ウォルマートが売上が急増するセール日に生配信の番組を行うのは初となる。
 ウォルマートは今年、実店舗のブラックフライデーセールを午後6時(現地時間帯)から始める。

トップ画像:ウォルマート・ストリーミング配信サイトのスクリーンショット。11月28日月曜日のサイバーマンデーセールに生配信のショーを行う。ウォルマートとしては初めての試みだ。  続きを読む
Posted by usretail at 04:06Comments(0)TrackBack(0)
2016年11月18日

【ウォルマート】、シームレス化で売上に0.5%寄与!社員教育もシームレス投資が必要?

161118サムズクラブ
■ウォルマートが17日に発表した第3四半期(8月〜10月期)決算は、食品デフレやドル高の影響で売上が伸び悩み、ITや店舗改装への投資で利益を圧迫した。会員費等を含む総売上高は、0.7%の増加となる1,181.8億ドル(前年同期は1,174.1億ドル)。純利益は30.3億ドルと前年同期の33.0億ドルから8.2%の減少となった。
 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高は745.5億ドルと前年同期比2.5%の増加だった。同部門の既存店・売上高前年同期比(ガソリン売上は除く)は1.2%の増加となった。これによりウォルマートUSは9四半期連続で前年を上回った。内訳は客単価が0.5%増加し、客数は8四半期連続プラスとなる0.7%の増加となった。650店以上の展開となっているネイバーフッドマーケットの勢いも衰えておらず、同フォーマットの既存店ベースは5.2%の増加となった。日用品やヘルス&ウェルネス関連商品が売上をけん引したものの、全体の55%を占める食品がデフレ進行で売上高の伸びを妨げた格好となった。一方、同期中だけで800万品目を追加したEコマースでは、売上高が前年同期比21%増となり、第2四半期(5月〜7月期)の同11.8%増から成長が一段と加速した。また、EC売上は既存店ベースを0.5%押し上げ、過去最大の寄与になったという。スキャン&ゴーを全店に展開したサムズクラブの既存店ベース(ガソリン売上除外)も1.4%の増加となった。
 ウォルマートは7月初めまでに独自のモバイル決済システム「ウォルマートペイ(Walmart Pay)」をウォルマート全店で展開する一方、オンラインから注文しお店で車から降りることなく生鮮品などを持ち帰れる「グローサリー・ピックアップ(Grocery Pickup)」も500店舗まで拡大しており、今年末までに600店舗展開を目標にしている。

ウォルマート第3四半期(8月〜10月期)
総売上・前年同期比:0.7%増
純利益・前年同期比:8.2%減
既存店・売上高前年同期比:1.2%増(アメリカ国内)
ウォルマート国内店舗数(9月30日)
 ウォルマートUS合計:4,645店
  スーパーセンター:3,504店
  ディスカウントストア:424店
  ネイバーフッドマーケット:683店
  小型フォーマット:34店
 サムズクラブ:655店

トップ画像:レジを素通りするスキャン&ゴーを全店で展開しているサムズクラブ。  続きを読む
Posted by usretail at 03:07Comments(0)TrackBack(0)
2016年11月17日

【ターゲット】、EC加速!フレキシブル・フォーマットのチョバーニ・カフェは高すぎ?

161117ターゲット@トライベッカ
■ターゲットが16日発表した第3四半期(8月〜10月期)決算は店舗内にあるファーマーシー部門をドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスに売却したことで減収となったものの、重点カテゴリー商品の牽引や経費削減が奏功し増益となった。売上高は前年同期比6.7%減となる164.4億ドル。純利益は6.08億ドルと前年同期の5.49億ドルから10.7%と大幅増加となった。粗利益率は利幅の薄いファーマシー部門を売却したことで改善し、前年同期の29.4%から30.2%と0.8ポイントアップした。一般販売管理費率は経費削減により前年同期の20.7%から20.3%圧縮し、営業利益を押し上げた形だ。既存店・売上高前年同期比は客数が1.2%減少となったが客単価が1.0%増加し、予想を上回る0.2%の減少となった。ターゲットの既存店ベースは2四半期連続前年を下回っている。前年同期は1.9%の増加。商品では重点カテゴリーとしている「ファッション(Style)」や「ベビー(Baby)」「キッズ(Kids)」「健康(Wellness)」が既存店ベースで3%の増加となり、新学期商戦も好調で新型アイフォンの発売も売上を後押しした。一方で売上全体の20%を占める食品も依然として低迷している。2四半期連続して減速していたEコマースの売上高は前年同期比26%の増加となり、再び盛り返した形だ。ターゲットのEコマース売上高は全体の3.5%となっている。5%の値引きを行っているレッドカード使用の買い物は全体の24.3%に達した。
 なおターゲットは売上の持ち直し等を反映し年末商戦を含む第4四半期(11月〜1月期)の既存店ベース見通しを従来予想の2%減〜横ばいを1%減〜1%増に引き上げた。ターゲットは年末商戦に向けオモチャなどの専売商品やコレクター品販促の他、条件なしの送料無料、同社のアプリ「カートウィール」によるオモチャ1品が毎日50%引きとなるクーポン販促、競合店と価格を合わせるプライス・マッチ保証を行い客数増を狙う。
 ターゲットは国内に1,800店を展開しており、その内訳はスーパーセンター業態など4,760坪以上の大型店が278店、1,400坪〜4,760坪未満の通常のディスカウントストア・フォーマットは1,503店(前期より2店舗減)となっており、「フレキシブル・フォーマット(flexible format)」と呼ばれている1,400坪以下の小型店は前期から5店舗増やし19店舗となっている。

トップ画像:ニューヨーク市マンハッタンのトライベッカ地区にオープンしたターゲットのフレキシブル・フォーマット。以前までは「シティ・ターゲット」などと呼ばれていた小型フォーマットとなる1,260坪だ。ネットで注文した商品を店で受け取る「オーダー・ピックアップ」にギリシャヨーグルトのチョバーニ・カフェ(Chobani Cafe)が導入されている。現在までにフレキシブル・フォーマットは30店近くある。2017年中にはフレキシブルフォーマットを18店オープン予定で、2018年も2店舗、2019年に1店舗と計画に入っている。  続きを読む
Posted by usretail at 03:47Comments(0)TrackBack(0)
2016年11月12日

【ウォルマート】、55インチ4Kテレビが3万円!アプリでも簡単に購入できる理由とは?

161112ウォルマート客
■ウォルマートは10日、ブラックフライデー・セール内容を発表した。ブラックフライデーは感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日から始まる年末商戦で、セール等で小売店が黒字に転じるためこう呼ばれている。ウォルマートなど大手チェーンストアは20年前からブラックフライデーセールを年々前倒し、数年前からは感謝祭日から開始している。ウォルマートは今年、オンラインのブラックフライデー・セールを感謝祭日となる24日早朝の0時01分(東部時間)から開始する一方、実店舗のセールは同日の午後6時(現地時間帯)から始める。オンラインのセールではアクセスが集中することからウォルマートでは人気のセール商品の在庫を50%増加させる。お店でもセールに買い物客が殺到することからテレビを約150万台、テレビゲームソフトを300万個、タブレットやノートブックを200万台近く揃えている。
 ブラックフライデーセールの目玉となっているのは4Kテレビだ。ウォルマートでは55インチのフィリップス製スマート4Kテレビを298ドルでセールにする。また50インチのサムスン製スマート4Kテレビを230ドル値引きして398ドルにする。他には60インチのビジオHDテレビが398ドル、40インチのHDテレビ(メーカー不詳)が128ドル、50インチのビジオHDテレビが225ドルとなっている。ノートブックではサムスン・クロムブック3が119ドル、15.6インチのHPタッチ・ラップトップが249ドルとなり、アイパッド・ミニ2(32GB)が70ドルオフの199ドルとなる。人気のドローンもセールに加わっており、ウォルマートで現在427ドルで売られているDJIファントム3(DJI Drone Phantom Standard 3)が369ドル、プロマークVRドローン(Promark 3D Virtual Reality HD Drone)が99ドル、シャーパーイメージのビデオドローン(Sharper Image Video Drone)も30ドルと激安だ。IoT製品もホットとなり、ネストのサード・ジェネレーション・サーモスタット(Nest 3rd Generation Learning Thermostat)が199ドルと50ドル値引きされ、ネストの監視カメラ(Nest Cam)も149ドルとなる。
 昨年のブラックフライデーセールまで続けられていた「1時間保証(One-Hour Guarantee)」は止め、今年から人気セール品の整理券となるリストバンドも復活させる。整理券があればセール開始後、2時間以内に購入できる権利となる。ブラックフライデーセール品の在庫場所は、ウォルマート・アプリ上の店内マップで確認できるようになっている。なおブラックフライデーセールとは別にウォルマートはアプリ経由でも買い物できる、オンラインスペシャルも10日から開始した。オンライスペシャルでは65インチの日立4Kテレビ(2160p 60Hz)が599ドル(送料19.97ドルは別)、Xボックスワン(500GB)が279ドルと安くなっている。ウォルマートでは感謝祭日から働くスタッフに夕食を無料で提供するほか、全品が25%オフとなるディスカウント権利も与えるとしている。  続きを読む
Posted by usretail at 04:13Comments(0)TrackBack(0)
2016年10月31日

【ウォルマート】、巨大自動ピックアップ機!客数の0.1%が店受け取りでも店はパンク?

161030ウォルマート巨大ロッカー
■ウォルマートではネットで注文した商品を店で受け取るオプションとして2種類提供している。一つはカーブサイド・ピックアップとも呼ばれる駐車場で受け取る「グローサリー・ピックアップ」。もう一つは店内で受け取る「ストア・ピックアップ(Store Pickup)」だ車から降りずに生鮮品等を持ち帰れるグローサリー・ピックアップは約3万品目が対象で手数料は無料だが、1回の注文金額は30ドル以上となっている。同サービスは前日の注文で当日受け取れる。グローサリー・ピックアップは現在、500店舗まで拡大しており、今年末には600店舗展開の計画だ。一方、ほぼ全店で導入されているボピス(BOPIS:Buy Online Pickup In Store)となるストア・ピックカップはネットで注文できるほぼ全ての商品(生鮮品やマーケットプレイス商品、重量のある商品等は除く)が対象となっており、取扱手数料は無料だ。またストア・ピックアップは在庫が店にない場合が多く、受け取れるまでの時間は商品によってまちまちとなる。ウォルマートのストア・ピックアップも店によって2種類のオプションがある。ピックアップカウンターで受け取るのが一般的だが、3年前から客数が多い店で一部にロッカーを利用した受け渡しサービスを提供している。例えばニュージャージー州シコーカスのスーパーセンターではロッカー・ボックスが80近くにもある幅7メートルの大型ロッカーを導入している。この大型ロッカーは場所を取るため、マネーセンターやフォトセンター、カスタマーセンターをふさぐように置かれている。この視認性の悪さかウォルマートは場所を取らないタワー型のロッカーをテストしている。本社近くのアーカンソー州ロジャース店で導入されたのは巨大自販機のような「自動ピックアップ機(automatic pickup machine)」。オレンジ色の自動ピックアップ機は高さが3メートル以上となるため、設置場所には天井を抜いている。使い方はロッカーのようにタッチスクリーンを操作して、自動ピックアップ機から商品を取り出すのだ。
 日本で駐車スペースを取らないように立体駐車場が拡大していったように、ウォルマートは売り場面積をとらないようタワー型の自動ピックアップ機を導入するのだろうか?

トップ画像:本社近くのアーカンソー州ロジャース店で導入された巨大自販機のような「自動ピックアップ機(automatic pickup machine)」。オレンジ色の自動ピックアップ機は高さが3メートル以上となるため、設置場所には天井板をはずしている。使い方はロッカーのようにタッチスクリーンを操作して、自動ピックアップ機から商品を取り出すのだ。覆面調査を行うフィールドエージェント(Field Agent)では、自動ピックアップ機を使った動画を公開している。が、スタッフもまだ使い慣れていないようだ。  続きを読む
Posted by usretail at 02:50Comments(0)TrackBack(0)