2007年01月18日

納豆問題

知らない間に盛り上がってる納豆の問題。なるほどといえばなるほど。ただ個人的には温度差を感じます。

これをマスコミと業界が開き直って「メディア操作をしましたけど何か?」と言われてしまったら、その先がないというか、逆に云うと、これは今に始まったことじゃないでしょ?

再三再四、「健康ブーム」に苦言を呈してきたし、「行列の出来る店」にも苦言を呈してきたし。踊るナントカに見るナントカってやつという思いが強い。しかも、このメディア操作でさえ、民間企業のものだし、好ましくない事には変わりないんだけど、政治や世論を操作されるよりは、まぁ、差しさわりは少ない。もっと云えば、これは株価操作にも繋がる話で、インサイダー取引とかまでチェックすればいいと思うけど、納豆株が急騰するか否かは事前に勝負するにはリスクが伴った気がするよ。あと、納豆がブレイクするか否かは仕入れ責任者にしてみれば結構なリスクの伴うギャンブルだったんじゃないのかな?(賞味期限があるから余剰分は廃棄だもんね。) 

納豆のような製品は日配品といい、賞味期限のある商品。スーパーにしてみたら品切れは許されないものなのね。で、そんな得意先に対して事前に「××日にあるある大辞典で取り上げられます」と話を通しておく事は必然じゃないのかな。オイラは元スーパーの社員という経歴を持ってるんだけど、この情報を事前に卸し業者が知らせてくれなかったらブチギレてると思う。
「売り場に置く商品が無くなっちゃったじゃん! まさか大手デパートだけに卸してるんじゃねぇだろうなぁ? ああん?」
と、強く出ちゃうと思う。(大手にだけ卸されると信用を失墜するから、ここは本気で怒るのが地域密着スーパーというもの。)

で、やはり温度差の最たるものは、踊らされる方の部分。「騙された!」と被害者意識を募らせる前に、騙されないだけの情報を吟味する能力が必要というか、そんなに民放のテレビ番組を信用すべきじゃないというか…。だってさ、ここで右往左往するタイプの人というのは基本的には「××電器は安いんだってさ」という情報に踊るタイプの人たちでもある訳で、そうした広告や浮わついた消費者心理と常に対峙している私としてはねぇ…。ま、愚痴ったところで「オメェのところも仕掛けりゃいいじゃん」と小バカにされるのがオチだから、私自身も本気で愚痴りはしない訳で。

株も然り。納豆効果で急騰している銘柄もあるけど、急落も見えているからリスクは決して低くない。これに乗って納豆製造会社の株を買うのはリスク高って気もする。(事前に仕込んでいたらズルいけどね。)で、実際に、そういうものでしょう。(あ、旭松の商品は魅力あると思いますよ。納豆にしても、インスタントみそ汁にしてもシェアの大きな有名メーカーよりも味が良いと評判だったし。)

あのね、電化製品と洋服類は卸値と販売価格との差が実は大きいんすよ。先日、これはやってみて驚いた。ネットでも値引きされていない新製品でも掛け率がいい。つまり販売店の利益率は悪くないから、盛大に「何割引き」とか「半額セール」なんて事も出来るの。その点、納豆なんてのは掛け率も低くて、業者にしてみれば数を裁いたところでそんなに儲かるもんでもないでしょうに。実際に納豆の半額セールなんて聞いた事ないでしょ?

消費者心理のトレンドと業界の実態とのズレは結構あるんじゃないのかな。あ、別に告発じゃないっすけど、到って素直な感想っす。

そういえば公共工事を巡る入札制度に関しても見直しがされ、今後は赤字で入札した業者の名前が今後は公開されることになるんだそうな。そのまんま東が物議を醸したとき、どれほど「公正な入札制度」が誤解されていた事か…と思う。あって然るべき競争原理と、単なる競争原理万能論とじゃ少し温度差がある。消費者の権利であるとか、市民の権利ってのも大切なんだけど、常に被害者意識からの物言いに頼るのは無理があると思う。

ちょっと飛躍したけど「談合は絶対悪であり、入札制度こそが唯一の公平な制度である」という人が多かったでしょ。最初から「適正」を念頭においていれば何でもない事にも白と黒をハッキリとつけようとすると、実態にそぐわない結論を導きかねないというか…。

現行の「賢い消費者」や「賢い視聴者」といったトレンドは、かなり情報操作によって浮わついている。その証拠として売れ筋の書籍のタイトルの統計があるけど、【頭のいい人の××】とか【かしこい主婦の××選び】とか、【バカの×】とかが実際にトレンドになってるんだけど、コレ、おかしいでしょ? 頭がよくなりたいのは判るけど、こうしたストレートなタイトルが乱発されている事態は異常だし、如何にも消費者の上昇志向をくすぐるタイトル。マーケティング戦略からすれば出版社の思惑通りにマンマとノセラレてるんだと思うよ。

あと昨秋に某週刊誌で匿名のエコノミストが「楽天・三木谷社長が逮捕されるXデーは!?」といった記事があって楽天の株価が4万円を割ったんだ。で、今日なんて6万2千円になってる。あれなんてインサイダーを疑うべきでしょ。荒稼ぎをした本物の黒幕が居ても全然おかしくない。結局は週刊誌に対して200億円の損害賠償を三木谷社長が起こしているけど、そのぐらいマスコミって怪しい情報も垂れ流してくれてる。

当然、情報を受ける私達ってのは情報を吟味する必要があるし、消費行動そのものは個人に完全に委ねられてる。牛丼を食べようが食べまいが自由だし、納豆を食おうが食べまいが自由だし、牛丼に行列を作ったり、納豆を買い占めたりする消費行動ってのは、ワザと情報に振り回されているんじゃないかと思うほど見事に躍ってくれるからねぇ…。

思い出した!
えーと、牛乳の大手で失敗した会社の話ね。あそこが以前に私が勤めていたスーパーのライバル会社に破格の安値で牛乳パックを卸したんじゃないかという疑惑があって、(ウチの仕入値よりも遥かに安価を店頭価格にしてた)ウチの店長が営業のあんちゃんを呼び付けてた。
「おぅ。ウチよりも何割引いて卸したんだ? なぁ?」
「いいえ、同じぐらいの値段で卸したと思います」
「そんな訳ねぇんだよ? あんなに赤字を切れる訳がないんだから。ふざけやがってコノヤロー、てめぇのとこの支店長に詫びに来させろ!」
って恫喝してた光景を覚えてる。取引先の営業君によくぞあれだけ怒鳴れるなと思うほど怒鳴りまくってたけど、これが商売のキモというやつ…。逆鱗に触れるようなマネをしたのは牛乳製造卸し会社の方でね。

まもなく、その牛乳の会社は怠慢な経営により空前のスキャンダルを起こしたんだ。製造コストがかかっている商品を破格の安値で卸せる訳がない…というのはフツウに考えても常識。無理をしている会社ってのは怪しいもんだ。

ussyassya at 10:56│Comments(0)TrackBack(2)辛口評論 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 納豆を返して!!!  [ BE A LUCKY GIRL★ ]   2007年01月18日 19:50
最近巷で消えてしまった、納豆。 悲しいです。セールで無くなっているのかと思ったら・・・。 2週間ほど前に、発掘あるある大辞典で、1日に2パック食べるとイソフラボン効果で痩せるらしいけれど・・・。 そんなことより、毎日食べていた私としては、食べられない事が悲....
2. 納豆ダイエット狂想曲:続報  [ 岩盤浴情報局@目指せ健康デトックス ]   2007年01月19日 06:28
こんにちは。納豆ダイエットで、ライブドアニュースに載ってしまいました。コメント、トラバ受付中(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔