毎日グラフ緊急増刊「崩御 昭和天皇」がカラーボックスの奥から出てきまして、そういえば、やり残していた事があったなと思い出しました。

戦後日本を考える場合に天皇制の話は欠かせず、且つ、何故、戦後になったのかという問題を考えるにしても天皇問題は外せない。また、戦後日本のスタートというのは、人間天皇からスタートしたと考える必要性があるのだろうと私は考えているワケですが、何故か最近の世論の中には教育勅語を讃美するような事になってしまっていて、もう、そもそもからして戦後日本の保守思想なんてものは、どうにもならないよなぁ…と本心では感じていたりする。

思想家・松本健一は純然たる思想家であるワケですが、「畏るべし、昭和天皇」という著書の中で、この戦後の天皇問題について、いい提案をしていたなという感慨が残っている。それは、本来的な天皇というものの在り方に遡って、はて、天皇なんてものを我々は存じ上げていないが、そもそも天皇という概念は猝軌拏然瓩砲靴討修發修發らして象徴的な存在であり、実際に、晩年の昭和天皇は、天皇の在り方というものを体現していたじゃないか、という見方を示すんですね。何を言われても、「あ、そう」という感じであったのを記憶している方もホントは多いのだろうと思うんですが、アレです。実際に、これは老子にしても「最上の統治者とは、その存在さえ民衆には知られていない統治者こそが最上の統治者だろう」という主旨の言葉があり、それとも合致するんですね。古代に考え出された天皇制、そのエッセンスとは確かに猝軌拏然瓩覆發里魄嫐していたとしても、おかしくない。いや、実際に、そちらに近い意味合いでの「天皇大帝」が語源であるワケで。

我々日本人は昔から或る種の道徳観を精神規範として有していた。「新渡戸稲造」的な文脈は怪しくて、武士道が日本人の規範意識を形成したというのだけれども、そうではないだろうと考える。そんな、しゃちほこばった日本ではなく、「お天道様は見ているよ」とか、「星は何でも知っている」とか、そういう自然信仰に根差した、正直である事、清らかな心を持つ事を「善し」とし、規範意識という意味では畏れ、神罰を怖れ、そのようにして誠実に生きてきたというのが民間人レベルのホントのニッポン人の宗教観であったり、道徳観であろうと思うんですね。

万世一系であるとか、臣民であるとか皇民であるとか、そういう類いの話は明治時代の為政者が天皇制を意図的に利用した稚拙な洗脳術。狡猾だ。ホントは「攘夷」を掲げて、徳川幕府を倒し、自分たちが実権を取ったら攘夷の理念を捨てて開国し、そのまま、権力機構に居座ってしまったような連中がつくった手垢に塗れた罪深い天皇観だ。わざわざ、そんなデタラメにダマされてやる程、お人好しではいけないのであって。

戦後日本を考えるのであれば、明治維新以降の皇国史観や軍国主義に惰性で回顧して戻ろうとするのではなく、ニッポンというクニが本来、有している寛大で豊饒な、そちらのニッポンを目指すべきだろうと思うワケです。

で、それに松本健一も言及している。

もし、もしですよ、我々が心の中に天皇像というものを抱えて、「誰も私や私達を理解してはくれないが、無為自然の存在である天皇だけは、きちんと真実を見てくだっているに違いない」と信じて、そのように崇めるのであれば、この天皇制というシステムは、そんなに悪い制度ではなく、確かに有難い制度と言えるのではないか――とね。

で、「やり残した事があったな」というのは幾つかあるのですが、一つは、昭和天皇の写真というものに意図的な何かがあるもの、それが広く知られているものだよなって実は私は感じているんですね。例えば、マッカーサー元帥と並んでいる例の写真は、各種の資料に掲載されているワケですが、あの写真というのが個人的には非常に気に入らない。或る種の政治的プロパガンダに使用されてしまった写真であり、或る意味では「御真影」といったニュアンスがあり、しかも、その「絵」も好きになれない。

img496

即位の際の昭和天皇


img494

大正13年の御成婚記念写真〜赤坂離宮


img512

昭和58年5月18日、春の園遊会で見せたスマイル


img507

田植えをする昭和天皇


img509

顕微鏡をのぞく昭和天皇


img510

昭和46年10月5日、バッキンガム宮殿にてエリザベス女王主催の歓迎晩さん会



img506

昭和61年5月13日、ダイアナ妃を迎えての宮中晩さん会


img495

非常に貴重な一枚で眼鏡を外している上に、着用しているのは英国陸軍大将位を贈られ、その参謀襟章をつけている珍しい写真。

img504

昭和34年4月10日、皇太子ご成婚時の写真


img505

昭和34年4月12日、皇太子ご成婚時の写真


img503

稲刈りをする今上天皇


img511

心の底から破顔している大相撲観覧時の昭和天皇、昭和57年5月16日