2019年11月07日

井上尚弥WBSS視聴録

底知れぬ強さで、いつしか「モンスター」と冠されるようになった井上尚弥が、スーパー・チャンピオンを決定するという主旨で開催されていたWBSSを制し、晴れて、その破格の強さを証明した――という事であったと思う。

何度か試合も視聴してきたのですが、いつも早いラウンドでKO勝ちしてしまうので、その強さを語ろうにも「底知れぬ強さ」のように表現するしかなかったのですが、決勝戦で対戦したノニト・ドネア戦は、さすがに早期ラウンドでのKO勝ちとはならず、そのボクシングを目撃する事ができたような気がする。

第1ラウンドと第2ラウンドでは、井上の様子は、いつもと同じように私の目には映っていたように思う。相手が強敵であろうと、あのスピードで、あのキレのある動きで、あのパンチ力なのだから、案外、早く決着がついてしまうのではないのだろうか、と。

しかし、実際には井上が右目上をカットして流血した事もあり、ラウンドを重ねて行った。やはり、対戦相手のドネアのボクシングは侮れず、モンスターと冠される井上でも簡単には倒す事はできなかった。

気が付いたのは、第7ラウンドであったか第8ラウンドでした。あ。ボクシングをみているなと自覚した場面がありました。気が付けば、井上のフットワークを含めて、その速い動きがなく、双方がパンチを狙い合っているという攻防になっており、ボクシングらしいボクシングだなと感じたのでした。まぁ、おそろく、それは老獪なドネアのペースになっていたという事かも知れず、私の中では「底知れぬ強さ」であった井上尚弥という像が、ほんの少しだけ「フツウにボクシングをしているボクサーに見えた」の意です。とはいえ、底を見せたという意味ではないのですけどね。僅かに、そういう姿を見たの意であり、「ひょっとしたら、こういうボクサーは、こういう展開になったときに脆さが出るものなのかも知れないぞ」的な。

競馬に例えれば、かの大川慶次郎の言葉を思い出す。8戦8勝の馬の強さというのは、底を見せていない。しかし、この底を見せてない馬は、もしかしたら弱さを持っている可能性があるという。そして逆に、シンボリルドルフを念頭に置いた言葉であったと思いますが、負けた時の、その負け方で、その馬の本当の強さが分かるじゃないか的な理屈ですね。確かに、そうだよなと思う。確かに、その強さというのは、いつも圧勝してしまっていると推し測りようがないんですよね。

第11ラウンド、第12ラウンドの井上尚弥の動きは、どう感じたかというと、ああ、これで強さも証明できてしまったな、という印象でした。実は、7〜9ラウンドあたりの印象からすると、こういうボクサーは、こういう展開になったときに脆さが出てしまうものだろうなと思っていたから。いや、しかし、それは早計で、実際には第11ラウンドあたりの動きというのは序盤のような動きに見え、改めて、その強さを印象づけた。

ussyassya at 23:28│Comments(0)格闘技 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔