2016年04月19日

第三十二回朗読バーは4月24日

第三十二回朗読バー
日時:2016年4月24日(日) 13:00〜19:00くらいまで
途中参加、途中退出自由
参加費:無料(要飲食)
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」
東京都世田谷区豪徳寺1-45-2-2F
電話:03-3420-7973
 
基本的には飲み会です。 
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
 
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。 
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。 
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。 
マイクもステージもありません。 
楽器鳴り物OKです。 
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。 
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。 
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。 
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。
 
 
行き方
 
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
参加費等はありません。 
お店で飲食をしていただければ結構です。 
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。 
途中参加、途中退出OKです。 
みなさまの御参加をお待ちしております。
よろしくお願いします。
 
お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。
・基本的にはバーです。
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・ビールが好きな方は、ぜひこの店のギネスを試していただきたいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。


usubakagerounikki at 16:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2015年12月07日

第三十一回朗読バーは12月12日

第三十一回朗読バー
日時:2015年12月12日(日) 13:00〜19:00くらいまで
途中参加、途中退出自由
参加費:無料(要飲食)
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」
東京都世田谷区豪徳寺1-45-2-2F
電話:03-3420-7973
 
基本的には飲み会です。 
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
 
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。 
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。 
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。 
マイクもステージもありません。 
楽器鳴り物OKです。 
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。 
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。 
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。 
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。
 
 
行き方
 
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
参加費等はありません。 
お店で飲食をしていただければ結構です。 
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。 
途中参加、途中退出OKです。 
みなさまの御参加をお待ちしております。
よろしくお願いします。
 
お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。
・基本的にはバーです。
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・ビールが好きな方は、ぜひこの店のギネスを試していただきたいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。


usubakagerounikki at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2015年05月13日

すごろく旅行で遊びましょ!

来る6月28日(日)に、すごろく旅行を開催します。 

すごろく旅行とは、ミュージシャンの石川浩司さんが考案した、鉄道を使った遊びです。 
サイコロを二個振って、出た目と同じだけの駅を電車に乗って移動します。 
降りた駅では、事前に参加者達が作ってまぜておいたクジ(指示書)の内容に、全員が従います。 
すごろくとは言っても参加者が競うわけではなく、みんな一緒に移動して、みんな一緒にクジの指示を実行します。 
つまり、行き先がどこになるか、そこで何をやるかわからない旅をしよう、ということです。 


すごろく旅行・詳細 
期日:2015年6月28日(日) 
集合場所:JR東京駅・銀の鈴広場 
集合時間:午前9:30 


以下に、すごろく旅行の公式ルールを転記します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1,サイコロをふたつ右手に持ち、家内安全を祈願しながら空中にふうわりと投げるべし。投げる順番はあらかじめ参加者の中で決めておくべし。 

1,そのサイコロの出た目の数をすばやく計算し、全員で列車に乗り込み、その数の分だけ進むべし。途中、分岐がある場合はその投げた者が選択する権利を持つものとすべし。但し、戻る方向及び先が行き止まりのいわゆる盲腸線には進むべからず。 

1,急行、特急等運賃以外に料金のかかる列車には乗るべからず。但し快速等普通運賃で乗車可能なものは可。その場合は、その列車の停車数で数えるべし。 

1,進んだ先の駅では下車し、あらかじめ全員で作っておいたクジを、先程サイコロを振った者と同一の者がひくべし。そのクジはその町で必ず全員で行われなければならない。 

1,クジの作成については、1時間以内でできる事、お金がかかる場合は500円以内で出来る物という条件を遵守すべし。 
 尚、原則としてただ疲れるだけ、ただ大変なだけ、ただ暗い気分になるだけのクジは避けるべし。 

1,午後5時の時点でいる場所で宿泊場所を探すべし。その駅周辺に手頃な宿泊施設がなき場合は、多少の移動は構わない。但し、その場合は次の日、その駅に戻ってそこからまた始めるべし。 
以上。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
今回は日帰り旅行なので宿泊はしませんが、暗くなったあたりで終了とし、できるだけその駅の周辺で飲み会をします。盲腸線には入ってよいこととしますが、つきあたりから引き返してくることになります。
また、クジの内容は、上記に加えて参加者以外の人に迷惑をかけないことを守ってください。 

今回も、すごろく旅行で移動できる範囲は、JR東日本のフリー切符「休日おでかけパス」内とします。 
参加される方は、集合までにJR東日本のみどりの窓口などで休日おでかけパスを購入しておいてください(2,670円)。
自宅から東京駅までにJRを利用される方は、その時にも休日おでかけパスを使うとお得ですよ。
ただ、休日おでかけパスはお高めの上、さいころの目が2とか3ばかりで山手線しか乗らなかったということもありえますので、もう少し範囲の狭い都区内パスを使って、はみだした分だけお金を払ったり、あるいは全行程で逐一切符を買うというのもいいかもしれません。 
お勧めはしませんが。 

そして、集合までにクジの内容を二つ程度考えておいて下さい。
集合後、清書していただきます。 
過去に行ったすごろく旅行では、こんなクジが書かれました。
「動物の形をしたものを5種類みつける」
「花屋で一輪ずつ花を買い、身に着けて歩く」
「拾った石に顔を描く」
「昼酒を飲んでダメな大人になる」
「駅の地図で神社を探し、現地で狛犬と記念撮影」 

また、すごろく旅行の記録をいくつかまとめてありますので、気が向いたらお読みください。 

みなさまの御参加をお待ちしております。 




usubakagerounikki at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | 街ゆけば

2015年05月02日

6月20日に「書物バー」を開催します。

昼下がりのバーで美味しいクレープを食べながら、雑談をするようにのんびりと本について語りあいましょう。
 
書物バー」は、基本的に飲み会、もしくはお茶会です。
誰かに紹介したい本を持ってくるもよし、誰かが持って来た本を読みふけってもよし、もちろん本について語りあうのもよしです。
小説、エッセイ、専門書、マンガ、写真集、絵本、雑誌、詩集、などなど、本であればなんでもかまいません。
本を交換する「ブクブク交換」もやりますので、御希望の方は交換用の本をお持ち下さい。
 
ブクブク交換について(14:00開始)
ブクブク交換は、参加者同士が持参した本を紹介し、交換するイベントです。
今回のブクブク交換では「お酒に関する本」か「あなたのおすすめの本」がテーマになります。
交換用の本は一人二冊まで。ただし上下巻やシリーズなどの場合は複数冊で「一冊」とみなすことも可とします。もちろん上巻だけ!でも大丈夫です。
交換方法は当日発表しますので、お楽しみに。
 
書物バー
開催日:2015年6月20日(土)
時間:13:00〜19:00 途中入場、途中退場自由
ブクブク交換タイム:14:00開始(終了時間は人数によります)
参加費:無料(飲食物のオーダーをお願いします)
場所:クレープバー S.GRAVITY(エスグラヴィティ)
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-45-2 2F
電話:03-3420-7973
 
お店の行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
参加費等はありません。
お店で飲食をしていただければ結構です。
クレープ以外にも、いろいろと食事メニューがありますので、ぜひお腹をすかしておいでくださいませ。 


usubakagerounikki at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

第三十回朗読バーは6月21日

roudokubar10


日向に出ると少しジリジリ感じるようになってきました。
もう初夏ですね。
今回で朗読バーは三十回目を迎えることとなりました。
 
第三十回朗読バー
日時:2015年6月21日(日) 13:00〜18:30くらいまで
途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」
東京都世田谷区豪徳寺1-45-2-2F
電話:03-3420-7973
 
基本的には飲み会です。 
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
 
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。 
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。 
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。 
マイクもステージもありません。 
楽器鳴り物OKです。 
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。 
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。 
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。 
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。
 
 
行き方
 
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
 
参加費等はありません。 
お店で飲食をしていただければ結構です。 
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。 
途中参加、途中退出OKです。 
みなさまの御参加をお待ちしております。
よろしくお願いします。
 
お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。
・基本的にはバーです。
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・ビールが好きな方は、ぜひこの店のギネスを試していただきたいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。


usubakagerounikki at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2014年11月01日

第二十九回朗読バーは11月15日(土)

IMG_3070

秋も深まってまいりました。
久しぶりに朗読バーを開催いたします。

第二十九回朗読バー 
日時:2014年11月15日(土) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。

参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。 
よろしくお願いします。 

お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。 
・基本的にはバーです。 
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・ビールが好きな方は、ぜひこの店のギネスを試していただきたいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。 
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。 
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。


usubakagerounikki at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2014年08月14日

「忘れられた実験室からの脱出」 物語を愛する人へ

以前、紹介記事を書いた「忘れられた実験室からの脱出」というイベントが、大阪で一日だけの公演をすると発表されたので、詳細を書きなおした上で再アップしようと思う。
もちろん、今後参加される人の興を削がないように、具体的な内容のネタバレはしないようにする。
 
「忘れられた実験室からの脱出」はリアル脱出ゲームである。
リアル脱出ゲームとは、インターネット上で遊ぶ脱出ゲームを現実空間に持ち出したもので、参加者はイベントスペースやマンションの一室、野球場、夜の遊園地、書店、廃倉庫などさまざまな会場に閉じ込められ、様々な謎を解いて制限時間内の脱出を目指す。
単なる謎解きではなく、サスペンス、ホラー、童話、SF、クライム、冒険といった物語の登場人物になれるような演出がされているのが特徴だ。
 
「忘れられた実験室からの脱出」の公式ページには、導入部としてこのような文章が掲載されている。
参加者は、これを読んでイベント会場/忘れられた実験室に入って行く事となるのだ。
 
忘れられた実験室からの脱出
 彼女は、涙すら知らなかった
 
ここは、廃墟と化した、とある実験室。
かつてマッド博士という、異常な頭脳の持ち主が
この世のすべてを解明するため、日々実験を繰り返していた場所だ。
彼の部下であったあなたは、残された文献からこの実験室の存在を知った。
地図にも歴史にも記載されていない、人々から忘れ去られた存在だった。
恐る恐るドアをあけると、そこには一体のアンドロイドがいた。
そっと手を伸ばして触れた瞬間
「侵入者発見。侵入者発見。実験室を包囲しました。」
警報とともに、あなたはこの実験室に閉じ込められてしまった。
誰からも忘れ去られた実験室、もちろん電話も繋がらない。
そこにあるのは、マッド博士が残したであろう不可解な暗号と
一体のアンドロイドのみ・・・
さて、あなたはこの忘れられた実験室の謎をすべて解き明かし
ここから脱出することが出来るのだろうか?
 
また、「忘れられた実験室からの脱出」の予告編動画がネットにアップされている。
 
 
さて、リアル脱出ゲームを作っているのはSCRAPという会社である。
SCRAPの社長や社員は、よく「我々は謎を作るのが目的の会社ではありません」と言う。
ではSCRAPの目的はなにか。
それは、先程も書いたように「物語の登場人物になったかのような体験」を提供することだ。
「墜落する飛行機や宇宙船からなんとかして脱出しなければならない」
「もう少しで爆発する爆弾を解体するにはどうするのか」
「まぎれこんだ異世界から帰るんだ」
「襲い来るモンスターから逃げおおせなければ」
「難攻不落の銀行から現ナマをちょうだいするぜ」
そんなシチュエーションの当事者として物語に関わるなんて、そうそうできる事ではない。
さらに、参加者達は用意された物語だけではなく、自分達だけの物語を体験することができる。
同じ目的に向かって仲間と協力し、試行錯誤して謎を解く中での苦闘や喜びは、それ自体がリアルな物語だからだ。
 
「忘れられた実験室からの脱出」は、SCRAPが作ってきた数々のリアル脱出ゲームの中でも、最も物語体験に重点が置かれた作品だと思う。
僕にとって、あの物語は「物語の登場人物になったかのような体験」どころではない。
あれは本当にあったことであり、僕は本当に登場人物だった。
よくできたリアル脱出ゲームをプレイしたとき、「記憶をなくしてもう一度やりたい」とよく言うのだが、「忘れられた実験室からの脱出」に限っては違う。
僕の、あの大切な物語の記憶をなくすなど問題外なのだ。
 
「忘れられた実験室からの脱出」は、9月15日に、アメリカ村の大阪ヒミツキチオブスクラップで公演される。
その後、東京以外の場所での公演があるのかどうかは分からないので、リアル脱出ゲームを経験した事がないあなたにも、ぜひあの物語を味わって欲しい。
そして、それぞれの物語について語り合おう。 
 
謎解きに自信がない?
大丈夫。
同じテーブルの六人の仲間が力を合わせるし、謎が解ける解けないにかかわらず、それはあなたと仲間だけの大切な物語になるのだから。

詳細はこちらを御覧ください。
 

前売一般 2,880円
前売学生 2,260円
当日   3,390円
※前売り券が完売した場合は、当日券の発売はなし。

少年探偵SCRAP団員先行 2014年8月24日(日) 10:00~

一般発売 2014年8月31日(日) 10:00〜

【e+】

http://eplus.jp/

店頭販売:ファミリーマート店頭 Famiポート

【ぴあ】

http://t.pia.jp/

※PC・モバイル共通
店頭販売:セブン-イレブン マルチコピー機/サークルK・サンクス/チケットぴあ店頭
電話予約:0570-02-9999

【ローソン】

http://l-tike.com/

※PC・モバイル共通
店頭販売:ローソン店頭 Loppi
電話予約:0570-084-003(Lコード入力必要



usubakagerounikki at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | ゲーム

2014年05月10日

5月11日は第二十八回朗読バー

roudokubar140511

開催まで時間がありませんが!
ぜひおいでくださいませ。

第二十八回朗読バー 
日時:2014年5月11日(日) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。

参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。 
よろしくお願いします。 

お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。 
・基本的にはバーです。 
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・世田谷区で一番ギネスが売れている店らしいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。 
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。 
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。


usubakagerounikki at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2014年02月14日

第二十七回朗読バーは2月22日(土)

IMGP3646

ひさしぶりに土曜日開催の朗読バーです。

第二十七回朗読バー 
日時:2014年2月22日(日) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。

参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。 
よろしくお願いします。 

お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。 
・基本的にはバーです。 
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・世田谷区で一番ギネスが売れている店らしいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。 
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。 
・最近は弁当屋まで始めています。
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。
 

usubakagerounikki at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2013年11月04日

第二十六回朗読バー レポート

気持ちのいい秋の午後、豪徳寺のバーS.GRAVITYで朗読バーが開催されました。
もうね、昼酒は効くし、眠くなってくるし、本当にこの写真のようなかんじでしたよ。
roudokubar9

今回の朗読記録

あしゅりん:自作『むじな』
カマコ:藤沢あゆみ著『キラ☆モテ77の法則』を解説
高橋由房:MAD朗読『広島ガイド』
広瀬犬山猫:三木悠莉(15)作『体温』
カマコ:自作『ふくすい盆に帰らず』
あしゅりん:親鸞&山口晃作『フリースタイル辻説法』
広瀬犬山猫:詩人グレート・ヨタ作『リンゴと人間』

僕は、自作の落語風作品と最近話題のフリースタイル辻説法を読みました。
気持ちよかった!

カマコさんの新作『ふくすい盆に帰らず』は、喪服を軸に母親と自分の関係を語る作品で、とても聴き応えがありました。
彼女の自虐ネタ作品も面白いのだけど、それとはまた違ったこんな作品をもっと聴きたいです。

高橋由房さんお得意の、「既存の文章を切り貼りして、奇妙で面白い文にする朗読」は、MAD朗読と名付けられました。
なるほど、MAD動画の文章版ということで大変にしっくりくる命名です。
今回は広島の観光ガイドブックが使われましたが、広島が実に奇妙な都市に変貌しました。
瀬戸内海に浮かぶ周囲300mのお好み焼き(お替り自由)!

広瀬犬山猫さんは、過去の様々な朗読作品や資料を持参されました。
十代の彼の顔写真が掲載された新聞記事など、実に貴重なものでした。
朗読は、グレート・ヨタ氏が詩のボクシング神奈川大会でリングから投げたテキストと、そして東京最速女子の異名を取る三木悠莉さんが高校時代に書いたという秘蔵の作品!


今回のお客様は三人でしたが、その分じっくりとくだらない話や大切な話ができました。
みなさま、ありがとうございました。
また、のんびりだらだらと午後のカンガルー達のような時間を一緒にすごしましょう。

usubakagerounikki at 21:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0) | イベント

2013年10月11日

第二十六回朗読バーは11月3日(日)

roudokubar9

さてさて、また朗読バーを開催します。
この写真の方たちのように、のんびりと午後を過ごしましょう。

第二十六回朗読バー 
日時:2013年11月3日(日) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。

参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。 
よろしくお願いします。 

お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。 
・基本的にはバーです。 
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・世田谷区で一番ギネスが売れている店らしいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。 
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。 
・様々な食事メニューのため、すでに何屋なのかわからなくなりつつあります。 
・何屋なのかわからないと言うとマスターが喜びます。 
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。



usubakagerounikki at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2013年10月01日

顔フォト!コンテスト2013 作品募集中です!

IMGP2775

今年も顔フォト!コンテストの募集が始まっています。

顔フォトって何でしょう。
例えば、雲の形、建物の窓と扉、天井の木目、機械部品、「谷」という漢字。
そんなものが、あるときふっと顔みたいに見えてくることはありませんか?
おっ、と思って携帯電話で撮影したりしたことはありませんか?
そんな「顔じゃないんだけど、なんだか顔に見えるもの」の写真が「顔フォト」です。

いつも日常生活の中にも、ちょっと視点を変えるだけでたくさんの顔たちがひっそりとあるいは大胆にたたずんでいるのが発見できます。
「なんだか歌っているみたいだなあ」「この顔、武士っぽいね」 「うわ、うちの課長にそっくり!」なんてキャラクター性まで想像してみたら、毎日が実に楽しくなります。
そんな顔をみつけたらパシャリ! 写真に撮ってタイトルを付けて「顔フォト!コンテスト」に応募してみてください。
カメラは携帯電話でもなんでもかまいません。顔フォト!コンテストは、写真のクオリティは問わないという珍しい写真コンテストなのです。

こちらに、過去の入賞作品が掲載されていますので、どうぞ御覧ください。 

今年も、あしゅりんは審査員を務めます。
みなさまの御応募を楽しみにしています!

募集期間は2013年10月31日まで。
各種賞品も用意されています。
公式サイトの応募要項をよく読んで御応募ください。



usubakagerounikki at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フェイス | イベント

2013年08月27日

チーム・ガラパゴスと行く自然観察会・レポート

出がけに池袋で「日本の動物」シリーズのガチャガチャを回して、一番欲しかったテナガカニムシ/手長蟹虫が一回目で出たときから、いい一日が始まりました。 

IMGP5176

8月25日は、「チーム・ガラパゴスと行く自然観察会」というイベントのために石神井公園に行きました。
チーム・ガラパゴスとは、僕が大島健夫さんと広瀬犬山猫さんの三人で組んでいる朗読ユニットです。
なぜ、朗読ユニットが自然観察会を開催するのか疑問をお持ちの方もおられると思います。
チーム・ガラパゴスは、活動資金を捻出するために、各人の特技を生かした交流イベント「チーム・ガラパゴスと行く」を開催していくことになり、今回がその第一弾なのです。
また、朗読以外にも様々なイベントを開催することで皆様に楽しんでいただき、朗読にあまり触れた事がない方々にも興味を持つきっかけになればという狙いもあります。

前夜から降り続いていた雨もお昼前にはやみ 、気温は涼しいくらいで、自然観察にはよい気候でした。
初心者向けの自然観察会ですし、滝のように汗を流しながら何時間も歩き回るのが避けられるのは助かります。

石神井公園には初めて行きましたが、古くから残る池と森が広く残されている良い場所でした。
当然、生物の影も濃く、様々な動植物に出会うことができました。
あまりじっくりと写真は撮っておらず、ピンボケの写真も多いのですが、いくつか掲載してみます。
 
P8250001
 まだ若いカイツブリ/鳰。釣り人の近くで、魚のおすそわけを待っていました。

IMGP5120
銀と黒に染め分けられたギンメッキゴミグモ/銀メッキ塵蜘蛛。

IMGP5133
ヤナギルリハムシ/柳瑠璃葉虫(多分)。柳の葉にたくさんいました。

P8250008
雨の雫をつけたままのチョウセンカマキリ/朝鮮蟷螂。

P8250012
ベッコウハゴロモ/鼈甲羽衣は、蛾のようにも見えますが、セミやカメムシに近い虫です。

P8250013
売店の屋根の上に猫がいました。売店のおばちゃんによると、脚が三本しかないそうです。

IMGP5141
クロイロコウガイビル/黒色笄蛭(多分)。実はヒルではなく、プラナリアに近い生き物です。

IMGP5147
キリウジガガンボ/切蛆大蚊。翅は二枚しかありませんが、よく見ると翅のすぐ下に、退化した翅=平均棍が見えます。

IMGP5153
大口を開けて笑っているようなアカスジキンカメムシ/赤筋金椿象の幼虫。この白黒模様は鳥の糞に擬態しています。

P8250020
アカボシゴマダラ/赤星胡麻斑蝶。とても美しい蝶です。近年、突然関東にあらわれ、中国産のものが人為的に放されたのではないかと見られています。

IMGP5160
ハエトリグモ/蝿捕蜘蛛の一種。大きな目が可愛いです。

IMGP5167
サトキマダラヒカゲ/里黄斑日陰蝶だと思うが、若干模様が違うような。

P8250026
もう夕方、ハグロトンボ/翅黒蜻蛉のシルエット。

IMGP5171
ウスバキトンボ/薄翅黄蜻蛉も翅を休めて、本日は終わりです。

個人的には、コウガイビルを初めて見ることができたのが非常に嬉しく、湿気をもたらしてくれた午前中の雨に感謝しました。
また、城跡や古民家を見学したり、元禄時代の庚申塚を見たり、大正生まれの御老人から戦中戦後の話を聴いたりと、人文的にも非常に楽しい午後でした。

チーム・ガラパゴスはこれからも様々な企画を行っていきます。
ぜひ、我々と一緒に遊んでくださいな。 

チーム・ガラパゴスの公式ブログでも、大島さんによるレポートがアップされています。
こちらも併せてお読みくださいませ。 


usubakagerounikki at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | いきもの

2013年08月06日

チーム・ガラパゴスと行く自然観察会

朗読ユニット、チーム・ガラパゴスがお送りする交流イベント「チーム・ガラパゴスと行く」シリーズの第一弾、「チーム・ガラパゴスと行く自然観察会」の開催が決定しました。
ガイドは、プロの自然観察員、大島健夫メンバーが行います。

8月25日(日)13:00に西武池袋線石神井公園駅の中央口改札集合です。
参加費は1,000円で、必要経費を除いた収益は、チーム・ガラパゴスの活動資金とさせていただきます。
また、参加者の皆様には、小さなおみやげを御用意いたします。

当日、突然おいでいただいても結構ですが、事前に連絡をいただきますと我々が喜びます。
詳しくは、チーム・ガラパゴスの公式ブログをご覧ください。
http://teamgalapagos.blog.fc2.com/blog-entry-2.html



usubakagerounikki at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント | いきもの

2013年07月20日

第二十五回朗読バーは7月28日(日)

roudokubar8

まいどおなじみ朗読バーを開催します。
前回は、お店の常連の女性が、ジュテーム北村さんに口説き落とされてフランス語で朗読をするという場面がありました。
人前で朗読するのは小学校の時以来という彼女でしたが、実に素敵なひとときをいただきました。
今回はどんな事が起こるのか。それは当日になるまでわかりません。

第二十五回朗読バー 
日時:2013年7月28日(日) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。

参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。 
よろしくお願いします。 

お店の「S.GRAVITY(通称えすぐら)」について少し御説明を。 
・基本的にはバーです。 
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。
・世田谷区で一番ギネスが売れている店らしいですが、品質保持のため夏場のギネスはお休みです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。 
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。 
・様々な食事メニューのため、すでに何屋なのかわからなくなりつつあります。 
・何屋なのかわからないと言うとマスターが喜びます。 
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。



usubakagerounikki at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2013年05月06日

第二十四回朗読バーは5月26日(日)

詩のボクシング神奈川大会の翌日、五月二十六日に朗読バーを開催します。
久しぶりの朗読バー、ぜひ御参加ください。
また、詩のボクシングでこちらに遠征される皆様、お出でいただければとても嬉しく思います。

第二十四回朗読バー  
日時:2013年5月26日(日) 13:00〜19:00くらいまで
     途中参加、途中退出自由
場所:豪徳寺「S.GRAVITY(エスグラビティ)」   
世田谷区豪徳寺1-45-2-2F  
電話:03-3420-7973

基本的には飲み会です。  
開催時間のうち半分以上は朗読せずにおしゃべりをしてます。 
おしゃべりせずに寝ていても、読書をしていても、ぼーっとしていても、まったく問題ありません。
そして、気が向いたら声を出す場でもあります。  
読むのは、詩でも小説の一節でも短歌でも童話でも日記でもエッセイでも歌詞でもスーパーのチラシでも何でも構いません。 ほんとに何でも。  
気楽に声を出して酒席を楽しむのが目的です。  
マイクもステージもありません。  
楽器鳴り物OKです。  
佐野マスターの手が空いていれば、持込のCDやDVDもかけてくれますし、iPhonやiPodをお持ちいただければ店内で流すこともできます。  
「カラオケスナック朗読版」くらいの気持ちでどうぞ。  
もちろん朗読をしないお客さんも歓迎です。  
朗読用のテキストをいくつか用意しますが、それほど多くありません。 
手持ちの詩集等を持参していただくと助かります。

行き方
○小田急線豪徳寺駅より
改札を抜けると、右手にマクドナルドが見えます。
その右隣にあるクリーニング屋「ユコー」と唐揚げ屋の間の路地に入ります。
最初のT字路を右に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。
○東急世田谷線山下駅より
三軒茶屋方面行きホームの、下高井戸側のはしっこから右折(改札はありません)。
駅売店と「たまでんカフェ山下」の間を抜け、最初のT字路を左に曲がって右手、「居酒屋さんが」の二階です。


参加費等はありません。  
お店で飲食をしていただければ結構です。  
がっつり食べられる食事メニューもありますので、お腹をすかしておいでくださいませ。  
途中参加、途中退出OKです。  

みなさまの御参加をお待ちしております。  
よろしくお願いします。  

お店の「S.GRAVITY」について少し御説明を。  
・基本的にはスタンドバーです。  
・でもマスターが美味いと思えば、焼酎でも日本酒でも入れる店です。 
・世田谷区で一番ギネスが売れている店らしいです。
・チャージなし、キャッシュオンデリバリー。ほとんどのお酒は500円〜700円です。  
・クレープをはじめ、食事メニューがとても美味しいです。  
・様々な食事メニューのため、すでに何屋なのかわからなくなりつつあります。  
・何屋なのかわからないと言うとマスターが喜びます。  
・店内禁煙です(喫煙ブースはあります)。



usubakagerounikki at 12:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | イベント

2013年01月09日

個展「一日一枚」を開催します。

写真

2010年の一月一日から丸三年間、毎日一枚づつフィルムカメラで写真を撮り続けてきました。
とにかく毎日。
フィルムカメラなので撮り直しはできません。
いいシーンに出会ったのに、もうその日の分は撮ってしまっていたり、もっといい被写体があるかもと思って撮らなかったら、たいしたものに出会わずに一日が終わりそうになって、適当にその辺のものを撮る羽目になったり。
いつも歩く道で感動的な光景にぶつかったり、何気なく撮った一枚が、現像されてみるととても素敵な風景だった事に気付いたり。
 毎日毎日、どこへ行くにもカメラを持ち歩いて暮らしてきました。

この度、2012年に撮影した「一日一枚」をすべて展示することとなりました。
写真に興味がある人もない人も、あしゅりんに興味がある人もない人も、ぜひおいでください。

・・・口上・・・
一日一枚、一年で三百六十六枚。
六台のフィルムカメラで撮った、
吉岡あしゅりんの2012年です。
三六六の断片からぼんやり浮かび
あがる姿を、どうぞ御覧ください。


「一日一枚」
2013年2月2日(土)~11日(月・祝)
営業時間 12:00~20:00 
(5日、6日は休廊日です)

ギャラリー 世田谷233
東京都世田谷区若林1-11-10
03-5430-8539

usubakagerounikki at 13:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)イベント | 写真

2013年01月08日

すごろく旅行を開催します

来る1月20日(日)、今年もまた、すごろく旅行を開催します。 

すごろく旅行とは、ミュージシャンの石川浩司さんが考案した、鉄道を使った遊びです。 
サイコロを二個振って、出た目と同じだけの駅を電車に乗って移動します。 
降りた駅では、事前に参加者達が作ってまぜておいたクジ(指示書)の内容に、全員が従います。 
すごろくとは言っても参加者が競うわけではなく、みんな一緒に移動して、みんな一緒にクジの指示を実行します。 
つまり、行き先がどこになるか、そこで何をやるかわからない旅をしよう、ということです。 

今回のすごろく旅行は、ひょんな事で知り合った「ヘンテコ遊び研究所」主催の高瀬雄一郎さんと意気投合した末に開催することになりました。
リンク先のブログを読むとわかりますが、非常にすごろく旅行に向いた方だと思います。 

以下に、すごろく旅行の公式ルールを転記します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

1,サイコロをふたつ右手に持ち、家内安全を祈願しながら空中にふうわりと投げるべし。投げる順番はあらかじめ参加者の中で決めておくべし。 

1,そのサイコロの出た目の数をすばやく計算し、全員で列車に乗り込み、その数の分だけ進むべし。途中、分岐がある場合はその投げた者が選択する権利を持つものとすべし。但し、戻る方向及び先が行き止まりのいわゆる盲腸線には進むべからず。 

1,急行、特急等運賃以外に料金のかかる列車には乗るべからず。但し快速等普通運賃で乗車可能なものは可。その場合は、その列車の停車数で数えるべし。 

1,進んだ先の駅では下車し、あらかじめ全員で作っておいたクジを、先程サイコロを振った者と同一の者がひくべし。そのクジはその町で必ず全員で行われなければならない。 

1,クジの作成については、1時間以内でできる事、お金がかかる場合は500円以内で出来る物という条件を遵守すべし。 
 尚、原則としてただ疲れるだけ、ただ大変なだけ、ただ暗い気分になるだけのクジは避けるべし。 

1,午後5時の時点でいる場所で宿泊場所を探すべし。その駅周辺に手頃な宿泊施設がなき場合は、多少の移動は構わない。但し、その場合は次の日、その駅に戻ってそこからまた始めるべし。 
以上。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
今回は日帰り旅行なので宿泊はしませんが、暗くなったあたりで終了とし、できるだけその駅の周辺で飲み会をします。盲腸線には入ってよいこととしますが、つきあたりから引き返してくることになります。
また、クジの内容は、上記に加えて参加者以外の人に迷惑をかけないことを守ってください。 

今回も、すごろく旅行で移動できる範囲は、JR東日本のフリー切符「休日おでかけパス」内とします。 
参加される方は、集合までにJR東日本のみどりの窓口などで休日おでかけパスを購入しておいてください(2,600円)。
自宅から東京駅までにJRを利用される方は、その時にも休日おでかけパスを使うとお得ですよ。
ただ、休日おでかけパスはお高めの上、さいころの目が2とか3ばかりで山手線しか乗らなかったということもありえますので、もう少し範囲の狭い都区内パスを使って、はみだした分だけお金を払ったり、あるいは全行程で逐一切符を買うというのもいいかもしれません。 
お勧めはしませんが。 

そして、集合までにクジの内容を二つ程度考えておいて下さい。
集合後、清書していただきます。 

すごろく旅行・詳細 
期日:2013年1月20日(日) 
集合場所:JR東京駅・銀の鈴広場 
集合時間:午前10:00 

みなさまの御参加をお待ちしております。 

参考までに、六年前に参加した すごろく旅行のレポートです。 
そして 、昨年に開催したすごろく旅行中のつぶやきまとめ。2月開催3月開催。 



usubakagerounikki at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)街ゆけば | イベント

2012年12月31日

顔フォト!コンテスト2012 結果発表されました!

IMGP87702

顔フォト!コンテスト2012の結果が発表されました!

400点を超える作品の中から、審査員による選出会議で金銀銅の上位三賞が決められました。
僕も審査員として参加しましたが、多くの傑作を前に楽しくかつ苦しい決断をしてきました。
三賞は、顔としての力があり、キャラクター性も豊かで、納得の顔フォトです。

また、三賞以外に協賛の各企業さまが選定する協賛賞も発表されています。
更に、各賞には選ばれなかったけれども、審査員が「これはどうしても捨てがたい!」という作品に審査員特別賞をお贈りしました。
賞品は各審査員の自腹で!

発表は以下のページで!
http://kao-photo.petit.cc/muscat1/
「2012結果発表!」をクリックしてください。

御応募いただいたみなさま、ありがとうございました。
顔フォトを楽しんでいただいたみなさま、来年はどうぞ御応募してみてくださいな。

usubakagerounikki at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フェイス | イベント

2012年12月18日

コラボラボoh-ho主催 即興しゃべりヒックリワークショップ

 即興しゃべり「ヒックリ」のワークショップが復活します!

 テキスト朗読ばかりで、即興など思いもよらなかった僕が即興しゃべりを会得したのも、このワークショップでした。
 今思えば、このワークショップは僕にとって重要なターニングポイントでした。なにしろ、現在では僕の作品の三割以上が即興しゃべりを元にテキスト化したものなのです。
 ここ数年、その話をする度に、参加してみたかった!参加してみたい!もうやらないの?との声をいただいておりましたが、コラボラボoh-hoさんにお願いして再び開催していただくことになりました!

 ファシリテーターは、ヒックリ本家のネモトモトキさんから「ヒックリ」の表記を許された富士栄秀也さん。コラボラボoh-ho主催者にして、即興ヴォイスのスペシャリストです。
 即興しゃべりヒックリを身につけて、表現の幅を拡げ、新たな発想を掴みましょう。
 来たれ!
 
 
ワークショップは二回開催されます。
一回だけの参加でも歓迎ですが、二回共の参加を強くお勧めします。

ワークショップ第一回
開催日・2013年1月6日(日)
時間・18:00〜22:00
場所・赤城生涯学習館 レクリエーションホール
 http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=649
 東京都新宿区赤城元町1-3
 東京メトロ東西線 神楽坂駅下車 徒歩3分
 都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅下車(A3出口) 徒歩7分
 JR中央線 飯田橋駅下車 徒歩15分

ワークショップ第二回
開催日・2013年2月24(日)
時間・18:00〜22:00
場所・西戸山生涯学習館 視聴覚室
 http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=644
 東京都新宿区百人町4-7-1
 JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線 高田馬場駅下車 徒歩15分
 JR中央線 大久保駅下車 徒歩15分
 都営バス(飯64・上69・橋63・飯62)小滝橋下車 徒歩4分
 ケイビーバス(宿02)関東バス(宿08)小滝橋下車 徒歩4分
 ケイビーバス(百01)戸山団地中央下車 徒歩3分
 ※こちらは、第一回の半分くらいの大きさです。 

 参加費は1000円(お釣りなしだと大変助かります) 見学、参加、共に同料金です。
 遅刻早退は、お好きにどうぞ。
 場合によっては、かなり身体を動かすケースも考えられますので、汗を掻きやすい人は、着替えとタオルをご持参ください。

問い合わせ、予約は以下のいずれかにお願いします。
 富士栄秀也(ふじえひでや) nakedvoice0@gmail.com 090-2915-8647(9〜21時) 
 吉岡あしゅりん usubaka_gerou@livedoor.com 090-9817-3365
※会場への問い合わせは、ご遠慮ください。


usubakagerounikki at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)イベント