小さなフルーティスト 薄田真希のきまぐれ日記

カテゴリ: 私のお仕事

昨日。 Aylaのピアニスト:ゆきねぇがメインとなり続けてきましたアプレミディというお花屋さんでの≪クリスマスコンサート≫の、記念すべき10回目のコンサートにAylaの3人で出演させて頂きました(広い会場ではなかったため公に宣伝はできませんでした

15453968005511
























DSC024291













DSC024751












トラヴェルソのソロで『ラ・フォリア / コレッリ』を演奏させていただきました。

DSC024401












我々の活動は本当に細々といった感じなのですが、それでも結成して16年の歴史があるというのはやっぱり強い

練習時からとても居心地がよく、息の合わせ方もストレスなく自然に出来る〜

練習時の一幕〜メンバーのおうちでリラックスしながら〜お食事をいただきながら〜じっくりと合わせをしました

15455366308341












さて、話を元に戻しまして〜こちらはコンサート内の一幕。
私がくわえているのは竹輪ではありません(笑)
カズーという楽器です

DSC024651












カズーを使って “ サンタのおじさん ” を表現したつもりでしたが、あまり伝わらなかったようでした...

DSC024691












私とは違い、フルートの優香ちゃんはとても綺麗な歌声を聞かせてくれました

こんなにも素敵なお花屋さんで、皆さまにAylaらしさ(結成当時は堂々と言えた愛らしさ?笑)をお届けできたことを、本当に幸せに思います

ご来場のお客様より、Aylaの3人にと個々にいただいた可愛らしいプレゼントを並べて記念撮影

15455367103171



















お世話になったアプレミディの皆さまと。

15455367706871












15455367987701












これからもずっと、おばあちゃんになっても!
私たちも、そして皆様も笑顔にできますよう、3人で末永く頑張っていきたいと思います

DSC024721












ご来場の皆様、お世話になった皆様、本当にありがとうございました

昨日。Oboeの同級生えっちゃんとの合同発表会を、Fluteの後輩みさきさんのお店≪FURAバル≫にて開催させていただきました

生徒さんの伴奏と講師によるXmasコンサートの伴奏を、贅沢にも2人がオペラ『卍』と『瘋癲老人日記』でお世話になった作曲家の西澤氏にお願いすることになったのですが、プログラムを考えているうちにFluteとOboeのためのオリジナル作品を提供いただけることとなり、我々は貴重な演奏をさせてもらえたと共に生徒の皆さまにも喜んでもらえたのではないとか思います

DSC022871











DSC023041











DSC_58121









DSC023521












Oboeの演奏って本当に難しいと思うのですが、皆さんよく練習されてて感心しきり!中には木管五重奏で出演された生徒さんもいらっしゃったのですが、皆さんが音楽を取り入れながら人生を楽しんでいる様子がしっかりと伝わってきました

我々3人によるXmasコンサートの様子〜

15450152853171













西澤さんのトナカイ、むちゃくちゃ似合ってました(笑)

DSC023591













オーボエ・ダモーレによる演奏

DSC023661












全ての演奏後には打ち上げ&忘年会を開催

DSC023721












今年を振り返りつつ〜各々の演奏の反省をしつつ〜...

DSC023911












してたのかなぁ〜?(笑)

可愛い赤ちゃんにも癒されつつ〜

DSC024071












DSC024151












皆で楽しいひと時を過ごさせていただきました

企画当初はあんなに内容の濃い会になるとは思っておらず、本当に、この世の中、この人生は、偶然と運命とご縁の産物でしかないんだなと実感できる有難いひととき

お集まり下さいました皆様、そしてご協力いただきました皆様。
昨日は本当にありがとうございました!
また皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています

DSC024221

一昨日の水曜日。
私にとって人生二度目となる音楽鑑賞教室の公演へ参加して参りました

“ 人生最大級の本番 ” を経験させて頂きました団体は【パシフィック室内オーケストラ】というのですが、もうウン十年も活動をされている団体様なのです

それを事前に知っていた私は “ こんな私でもその中でご迷惑をかけずに演奏をすることができるのか ” とかなりのプレッシャーを感じていたのですが、今回は前回よりも多い17名編成ということで、またまたドッキドキで会場入り...

46510684_2507504029289794_1817106689053163521_n














お隣にいたのはオーボエの徳田さん
大大大先輩です!

初対面でしたが、とっても優しく親切にしてくださり有難かったです

46654916_2222168824725509_42142291134953553921_n












今回わかったこと

それは。

9割が初対面なのと、1/3は知っている方がいるというのは大きく違うということ

46693450_942756979243187_51297314058692198401_n














皆さんの和気あいあいとした雰囲気にいつの間にか溶け込んでいた私...

子供たちの反応も可愛くて、音楽を本当に楽しんでもらえていることが伝わってきました

たったの二週間前...。

恐怖すら感じるほどに緊張しまくりだったこの現場...

私って適応能力が高いのか、もしくは心臓に毛が生えてしまったのか

皆さんとの演奏もとても楽しめました

千葉方面の公演でしたので3時台起きだったのですが、始発の電車が来るまで駅のホームで凍えながらおにぎりをパクついたのも初めての経験で、それもまた良い思い出?となりました(笑)

また皆さんとご一緒できることを楽しみにしています

2つ前の記事でチラっと書きました≪私の人生最大級の本番≫について...

ようやく落ち着いた気持ちで書けるようになってきましたので、将来の自分のためにも備忘禄的に書いておこうと思います...φ(.. )


私はオーケストラの経験があるにはあるのですが、歌ものやディナーショー、結婚式などのイベント向きのものばかりで、子供たちでも知っている超超超〜有名どころのクラシック曲はほとんど演奏したことがありません

オケの中では花形と言っても良いピッコロは本当に苦手なので、一緒に乗っていた後輩ちゃんにいつもどーぞどーぞとお譲りしておりました

なのになのに

こんな私のもとへ、小学校の音楽鑑賞会でオケで演奏する機会が舞い込んできたのです

日程的にOKでしたので二つ返事でお引き受けしたのですが、詳細を聞いてみたら

■ピッコロの持ち替え有りの1時間プログラム
■当日リハーサル&本番
■指揮者なし

声をかけてくださった方以外はもちろん皆さん初対面。
お名前も詳しくは聞けなかったので検索をすることも出来ず...

本番10日前に楽譜をいただいて見てみたら、どれも初めての曲ばかり!
しかもピッコロ大活躍〜

オケの一番上で一番目立つメロディーを奏でるあの恐怖といったら!
他の楽器の人たちには分かりますまい

ですが、そんな恐ろしい内容を見てから “ やっぱり私には無理です ” と言う勇気もなくお引き受けすることとなり...本番当日はあまりの緊張で1時間起きに目が覚めてしまいました

寝不足で頭がぼ〜っとするかと思いきや、何日も前から “ 一音たりともミスらない一秒たりともずれてはならない ” と神経が研ぎ澄まされまくりだったお陰か、どうにか皆さんの足を引っ張ることなく終えることができたのでした

46110194_360257221211399_80472827570987991041_n












46101467_2210670585857669_7297715297845248001_n













45890250_1227875717367027_29214543254504079361_o













こちらの皆さんは何十年も活動されている団体でして、それはそれは息もピッタリ

たった10人しかいないとは思えないくらい、深みと厚みのあサウンドでした

そんな素晴らしい演奏の中でただひたすら必死だった私ですが、あんなに素晴らしい演奏の中にいさせてもらえるなら、恐怖よりもまた皆さんと一緒に演奏したい!という気持ちが沸いてきました

私に声をかけて下さったMさん。

45911353_1227870760700856_26950588468622786561_n















Mさんと知り合ったのはもう5,6年前になるのかなぁ...
あるライブハウスのサポートメンバーとして出逢い、オケのお仕事もされていることは知ってはいたのですが、まさかまさか、私に声をかけて下さるとは思ってもいませんでした

Mさんは私のことを “ どんな環境でも物怖じしない性格 ” と思っていたようですが...

もうこんな怖い目には二度と会いたくないですよーーー(笑)

もっと若いうちに色んな経験を積んでおけば良かったんですけどね。

私にはこのようなご縁がなかったもので。

いや、違うか。ピッコロから逃げていたのは自分だ


この歳になって初めての世界に飛び込むというのは、本当に勇気がいることで恐怖を感じるほどに嫌なことですが、うーん、でも、私、マゾだし(笑)

壁が高ければ高いほど超えたくなっちゃう性格なので、Mさんの読みは当たってたのかな(笑)

今回のことでかなり強くなった気がしますっっ

次回のお話もいただけたことで、ちょっと一安心〜といった状況です。

今回は実名を伏せさせてもらいましたが、少しずつ皆さんの紹介もしていきたいと思います

もっともっと精進しますので、これからどうぞ宜しくお願いいたします

昨日、東京室内歌劇場主催のコンサート《Coloratura〜あなたの知らないコロラトゥーラの魅力》に出演させていただきました

46055918_1718729774903151_64705284637689118721_n





















会場は渋谷の伝承ホール。

歌だとちょっと物足りなかったような印象がありますが、私は超〜吹きやすかったです
管楽器や室内楽にはぴったりの会場かも?

最後のシーン。豪華でしたよぉ〜
モニターでしか観られませんでしたが、私も客席から観たかったなぁ

46075144_1718729648236497_59371847550060462081_n













共演した伯田さんは歌科の先輩でもありますが、私のフルートの生徒さんでもありまして...(微妙な関係?笑)

46043809_1718729344903194_61410543627822694401_n






















どちらがフルート奏者なのかわからないくらいハマってる〜〜〜

46098134_1718729518236510_42812901401496125441_n





















指導する先生がいいからだよね〜なんて〜笑っておりました(笑)

皆さんの超〜高音域の歌声に合わせてピロピロピロ〜キラキラキラ〜っと可愛らしい音楽で参加させてもらい、初めての世界で私もとっても楽しませてもらいました。

共演させていただいた皆様、ありがとうございました

昨日。都内にあります某高校の音楽鑑賞会という場にて、木管五重奏の演奏をさせていただきました

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
プログラム

F.ダンツィ/木管五重奏曲変ロ長調 作品56−1より 騎攵
イタリア民謡メドレー
G.ビゼー/メヌエット(「アルルの女」第2組曲より)
R.アーン/エクローグ
W.A.モーツァルト/ホルン五重奏曲変ホ長調 K.407より恭攵
久石譲/魔女の宅急便メドレー
G.リゲティ/6つのバガテル

《アンコール》
大石昌良/ようこそジャパリパークへ
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

なんと会場はチャペル
響きすぎることなく、お互いの音が聴きやすい環境の中での演奏となりました。

44768074_1692183860891076_648789217043808256011_n






















メンバーは、(写真でもおわかりのように!)双子のクラリネット&ホルン奏者のお二人と、オーボエちゃんとファゴットさんは大学の同級生という気ごころの知れたメンバー

ですが、わたくし、木管五重奏の演奏をするのは17年振りでして...。

普段慣れていない編成である上に “ かなりのこだわりの多い面々 ” が集まっておりまして、その一番上で演奏することが正直、今の自分には荷が重すぎると感じていました

別々の管楽器だけで作る独特のあの響き。
楽器特有のタイミング、音程感。
そしてメンバーそれぞれの感覚...。

木五の音楽というのは一般的にもなかなか聞くチャンスがないくらい、編成としても響きも独特なものかもしれませんが、弦楽四重奏などと比較すればかなりバラバラの楽器の特徴があることで表情はとても豊かなものになっていると思うし、調和した時の温かみのある響きも好きですし、とても好きな編成なのですが、でもでも、やっぱり演奏するのは難しい!!!

ここ数日は、練習を録音したレコーダー片手に楽譜にかじりつき、みんなの感覚を捉える&自分の演奏を音で示す、その練習の繰り返しでした。

心も身体もタフそうに見えますが(自分でもそう思ってますが(笑))、精神的プレッシャーが内臓に影響したのか、この一週間は数時間おきにトイレに駆け込み、そのお陰で“木五痩せ”することができました(笑)

一番大変だったのは、やはりリゲティ

どうやら学生の頃にもやっていたようなのですが、そのことをすっかり忘れていた私...

なんであんな難解な作品を忘れることが出来たのでしょうか

あまりにノー天気すぎる過去の自分に呆れましたが “ 初老 ” である今、プログラムの最後にリゲティを集中して演奏できたことは、今後の自信になるのではないかと思います

頑張ったものが終わってしまうと悲しくなってしまうタチですが、今回はやり切った感で満たされています

高校生の皆さんも、真剣に聞いてくださり、音楽の先生も何度も楽しかったと言ってくださり、本当に感謝しかありません!!!

素晴らしい機会を与えてくださり、ありがとうございました

昨日は、某大企業様のパーティ演奏のためお台場へ行ってきました

今回は同級生の西巻さんに参加してもらい、初めてのFl三重奏&Vc&Pfという編成

44175513_1681979621911500_16158261476925112321_n















毎年ホワイエでは、弦楽の皆さんが素敵な演奏を奏でて下さっています

44365097_1681981955244600_19194559358105026561_n










結成16年目に突入のAyla-アイラ-です

44286303_1681979805244815_430727086976951910411_n


















色っぽいバージョン?

44119857_1681979508578178_724465545225909043211_n














16年も経つとお互いに大人っぽく?なりましたね?(笑)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

毎年夏には、この会に持っていく1時間半分の楽譜を用意するためアレンジ作業に没頭するのですが、昨日は先方様の諸事情により演奏したのはたったの6曲

24曲も用意してあったのにぃー!

こんなこと初めてです

なのでちとヤケ気味?のわたくしなのでした(笑)

44119762_1681979235244872_42637076177816125441_n



44151998_1681979171911545_674834062794502963211_n

こんにちは〜今日の東京も危険な暑さ

北海道人の私にはキツイ日々が続いております

さて。

少し前になりますが6月25日に参加させていただきました『月の満ちかけ』さんのLive映像が昨夜公開になったようで、お知らせをいただきました。

クラシックの現場とは全く違う雰囲気の中、若い子たちに混じって楽しませてもらいました

残念ながら私の姿は見切れてしまっていますが...
お時間ある時にでも是非ご覧下さい
↓↓↓↓↓
https://youtu.be/bKvjJ7tUnNw

『卍』のお写真いただきましたのでUPしま〜す

まずは演奏前のチューニングの様子から〜。

34191951_1695828060537770_66002597891905945601_n












幕が開けると、一気にこんなに素敵な雰囲気に

34103328_1746642765402804_46538835996641853441_n





















主役の光子さんと園子さん

33965056_1746642752069472_89323946039155097601_n












キャストの皆さんと、演出家の榊原さんとマエストロの佐藤さんでカーテンコール

34031903_1746642728736141_33957103953007083521_n











34121942_1746642812069466_48552453073167974401_n












うんもぅ〜...
なんで私、こんなにちっこいのにいつも端っこなんだろう...
フルートだから仕方ないんですけどね...


昨夜は二回の『卍』公演に足を運んでくれた友人と会食

感想を聞くと、今回は榊原さんの演出が加わったことにより、かーなーり濃厚な内容になっていたようで...

おっと!そこまで

私はまだ観れていないので動画が届いてからのお楽しみなのです〜

前回の会場にはなかった“花道”での演出もあったので、お客様はさぞ『卍』の世界へ引き込まれたことでしょう!

いいなぁ〜私も観たかったなぁ〜〜〜

光子役の“新宮由理さん”はエロ悪女の光子とは真逆の、明るくて面白くってと〜〜〜〜っっっても可愛らしい方なのです

そんな由理さんのブログに『卍』開催までのことや裏話などなど、面白ろおかしく詳細が載っておりますので、是非こちらもご覧になって下さいね〜

↓↓↓↓↓↓

Yuri’s Diary
https://blog.goo.ne.jp/yurietta



あぁぁ〜〜〜〜〜

昨日で『オペラ・卍』が終わってしまいました〜〜〜

今年の2月頃から卍にまた関われることを楽しみにして生きてきました。

昨日の夜には“明日からはもう卍の世界に関われない日常が始まるんだ”と思いました。

今日の午前中は桃銀のお迎えとかあったので頑張りましたが、この現実を受け入れたくないのか、何度も眠ってなかなか目覚めませんでした...(気づいたら夕方!ただ単に、疲れがたまりにたまって歳のせいかもしれませんが(笑))

昨年の初演時に販売していた『卍ファイル』
もうこれを持ち歩く日々もありません...

33943307_1497169443725853_88385729417099345921_n





















初演時は変拍子&転調しまくりの西澤氏の音楽に翻弄され、自分のことだけでいっぱいいっぱいの状態で演奏をしてましたが、今回は見えた見えた聞こえた聞こえた!

いや〜〜〜前回とは全く違いました!

色々なことが見えてきた分、前回とは違った意味で大変
でも、見えてきたからこそできたことも沢山あって。
時間の許す限りで全力を尽くした結果が、私としては昨日の本番ですべて出し尽くせたと思えたので感無量です

本番前の様子〜マエストロ佐藤さんと器楽チームです
歌い手さんたちとも一緒に撮りたかったなぁ。

34054280_1497131613729636_49997644714265804801_n










『卍』の登場人物4名がかなり感情的で濃いキャラばかりでして、それぞれの心情の変化や情景の転換、話の展開も早いのですが、その“動き”を9つの別々の楽器が細かい役割を持ちながら音で表現できるよう、作曲家の西澤氏がそれぞれのシーンに合った楽器を使用しているわけなんですが。自分一人で奏でられる場面はほんの少しはあるけれど、そのほとんどが自分以外の楽器や歌い手さんとのアンサンブルになるわけで。その相手次第では響かせ方・バランスなども異なるわけで。もちろん全員での演奏もあるわけで。長かったり短かったり繊細だったりダイナミックだったりする一つ一つのメロディや細かなフレーズを、繋げたり対立したり重なりあったりしての繰り返しを2時間ぶっ通しで奏でるわけでして...。

いや〜〜〜大変だったあぁ〜〜〜〜〜

とても神経のいる作業で、前回よりも聞こえているものが多いだけに、ますます大変だったけど...

超〜〜〜楽しかった〜〜〜

絶対私はマゾだ(笑)

次もあるのかなぁ...

歌手の皆様も、前回にもまして登場人物そのまんま!
いや、より濃いキャラにもなってて楽しかった〜素晴らしかったです

また、皆さんと『卍』の世界で生きられることを楽しみにしています

このページのトップヘ