【challenged】不自由な足の無謀な旅

先天性の下肢痙性対麻痺障害者(2級)。二十歳までは障害がありつつもなんとなく過ごしてきたが、自転車による往復20キロの通学がきっかけで1997年に自転車日本一周を達成。5年後、オーストラリアに渡り1年間自転車をこぎ続けオーストラリア一周12000キロ走行を達成。どの自転車旅行もペダルから足が滑る中、立ちこぎなしで常にサドルから腰を離さず走り続けた。 30を過ぎてから、障害の程度が重くなり、ハムストリング延伸手術(「人工的肉離れ」)を敢行。かかとがつくようになるものの、杖を常時必要となる状態とする。ともかく、気持ち次第で縦横無尽に移動したがる性分は、生まれも育ちも東京の20年超のカープファン。

しばらくの間、公開を停止致します。