大人の正しい スキンケアでお肌スベスベ

スキンケア次第で40過ぎても乾燥肌 敏感肌 シワ シミ ほうれい線 ソバカス ニキビ 毛穴 などに悩まないでお肌スベスベのモチ肌になれる可能性があるようです。 そんな訳でツルリンとする艶肌を目指しましょう。

肌老化についていろいろ調べてみました そしてとんでもない事が解りました


いわゆるターンオーバーと御存じでしょうか?

肌その物が入れ替わる事です 
(皮膚は何層もある膜で徐々にはがれて入れ替わる事です)


人の肌は若い頃(20歳代)は、約28日間で新陳代謝が行われたそうです。


しかし加齢と共にそのスピードはどんどん落ちていくそうです


30歳代で約40日間 


40才台では約55日間


50歳代では書物にのっては、いません!

て、いう事は50歳代では造られない事になります。


タウンオーバーとは皮膚は再生されているという事です

ですから貴方の御顔もそのように周期があります


で加齢と比例してその機能が落ちてくるこれが皮膚老化です。

皮膚が老化してくるとタウンオーバーの周期が長くなります

長くなるという事はそれだけダメージが残りやすい事に繋がるそうです

それがシミやソバカスとなります

皮膚の再生のだけが機能が衰える訳ではありません

皮膚細胞にあるコラーゲンやセラミドなども減少してきます

それら肌成分が減少するとどうなるか セラミドが少なる成ると肌水分が落ちます。

何度も言いますけど50歳以上ではコラーゲンは体内では造られません!




肌水分が劣ると保湿が下がり肌の乾燥となります。


それがいわゆる乾燥肌 乾燥肌をそのままのしておくと敏感肌となるそうです。


なのでいかにしたらスムーズな肌の新陳代謝(タウンオーバー)を保つかが若々しい肌を保つポイントのようです。

肌老化の最大の敵は紫外線だそうです

紫外線を少し受けただけでも肌には相当なストレスを受けているようです。

長い年月でその結果がシミやシワやタルミとなるそうです

その紫外腺にも2種類あるそうです

UV-AとUV-Bの2種類どちらも肌に悪い紫外線ですが

UV-Aは、真皮まで届くそうです。

UV-AとUV-B どちらが強いかはUV-Bです


UV-Aは、力は弱いけど紫外腺を浴びる量はUV-B の20倍位だそうです

怖いのはUV-Aは真皮まで紫外線が届いてしまう事だそうです

真皮まで届いてしまうとシミやソバカスの原因となります。

紫外線がお肌に悪い事は十分解りますけど


この他に肌老化に関係する成分として活性酸素だそうです

如何にも体によさそうなイメージですが ・・・・・

肌老化を防ぐには外せない成分だそうです。

この活性酸素は人が生きていくにはどうしても避ける事が出来ないようです

体に悪いばかりでもないようです 体内に入り込んだ異物を撃退する機能もあるようです

でも悪さもする。

活性酸素が真皮のコラーゲンを破壊したり硬くしたりするそうです


皮膚の乾燥は皮膚の潤いを保つ3つの成分が減少する事から起こるようです。

以下の3つです

天然保湿因子(NMF)

角質細胞間脂質

皮質

天然保湿因子(NMF)は、角質層が元来持っている成分 肌をシットリした潤いを与えてくれます。

角質細胞間脂質は、セラミドを主体とした脂質分子 ラメラ構造とも言われます 角質の水分を保ち肌に潤いを与えます

皮脂は皮膚表面の汗や水分と一緒に皮脂膜を造り簡素いしないように保ちます。

以上の機能も実際には20歳を過ぎると減少していくそうです

女性は更年期を過ぎると更に加速します。

このころになると女性はホルモンが減少し出します。

女性で一番大切なホルモンのエストロゲンと云うホルモンが減少します

このエストロゲンは、女性の美しさを守るホルモンでコラーゲンや、肌の保湿や髪の毛を豊かにし女性らしい体系をも造ると云われています。

そしてこのエストロゲンは、20歳代の頃が一番体内で生産されます。

30さいを過ぎると徐々に減り40歳以降になると急激に激変します。

なので40歳代以降は、女性は妊娠する確率が少なくなるようになります。

その原因に1つがこのエストロンゲンだと云われています。

このエストロゲンは卵巣から出る女性ホルモン 卵巣ホルモンとも言われます。

このホルモンの減少でシワが増えたりもします。

又無理なダイエットも肌の老化を速めるようです。その例がシワ 

無理なダイエットをするとシワが増えたりもします これって痩せたからではなくエストロゲンの減少でコラーゲンも減少その為に来る事があるようです 気を付けたいですね。


エストロゲンに似た成分がある食べ物と云えば大豆が一押しです

大豆に含まれる「イソフラボン」 しかしあまり多く摂りすぎると乳がんの元にもなるので注意が必要です。

肌老化てやっぱり気になりますね




 

いつもの或る皮膚科医の先生の呟きから得た情報によりますと!


日焼けした肌は、40歳位からシミとなって表れるそうです。


日焼けはしていないけど40歳位になるとシミが出てくるそうです。


紫外線が主なシミの原因ですけど紫外線以外にホルモンのバランスが崩れると現れる事が有るそうです。


おおかたの女性のシミは、老人性色素班だそうです このシミは、長年紫外線を受けた結果のシミでその結果皮膚が変化を起こした結果だそうです。

簡単にシミが出来る訳は紫外線を少しずつ受けて許容量を超えると急にシミが出来ると云う構図だそうです

多くのシミは老人性色素班だそうです。

なのでこれからは紫外線をやたら避ける意識が必要だという事です

紫外線をカットする化粧をすればいい事になります ゴミ出し 洗濯ものを外で干す時 野外スポーツを楽しむ時

お出かけする時 チョットそこまで でもメイクをしていないとヤバいという事です

なので今日は家に一日中いるからメイク無し これ危ないです  紫外線は家の中にも日が当たれば当然紫外線はあります

凄く微量でも毎日受けていればお肌のダメージは受ける事になります。

お金が増えるのは良いけど 紫外線から受けているダメージを貯めて行けばそれ! シミに必ずなると思って間違いないようです。

ですから日焼けを受けた事が見当たらなくても微量の紫外線を受けていると それってシミになるそうです 

気を付けてくださいね! 日焼け止め化粧品を過信すると、とんでもない事になるそうです 


日焼け止めの化粧品を塗っていてもシミが出来ちゃう事が有るそうです

それって日焼け止めの化粧品にはSPF値の数字が表示されてはいるけど 2~50  この数字の大きい方が紫外線B派の防止力が高いそうです

例えばスッピンとSPF20とを比較すると紫外線カット力が20倍の差があるそうです

ここで重要な事はSPF値は、日焼け止めを1センチ平方センチメートル当たり2ミリグラム塗った時の価だそうです。

なので塗る量により紫外線カットの効果に違いが出るそうです

ここで問題なのが平均的な女性は皆さん5分のⅠ程度しか塗っていないそうです。

なので逆を云えばいつもの5倍程度塗らないといけないという事です

ですから紫外線カットクリームを塗っていたとしてシミが発生しちゃう事になりますね。

通常薬局などで売られている日焼け止めの殆どはSPF値は15以上のものお肌に優しいイメージだそうです

野外スポーツや高地などではSPF値は50位が良いかと思われます

このSPF値が高いと肌の弱い方は刺激が強いので低めの15あたりが良いそうです

どうやら紫外線カットクリームなどは多めに塗るのが良い結果のようですね

結局 どの紫外線カットコスメが良いとなると先生も困っているようでしたけど


お奨めはパウダーファンデーションや白粉だそうです



いろいろなメーカー物があるけどシッカリ塗ればSPF値20位になるそうです

粉類は皮膚に吸収される事は無いのでかぶれる事も起こりにくしそうです

更に有り難い事は毎日使用されても肌にストレスを感じさせない事のようです。


外出が2時間程度でしたら日焼け止めは塗らないでファンデーションのみでも十分だそうです
それもパウダーものが肌に優しいそうです。

あまりメイクをされたくない人はルースパウダーやフィ二シュパウダーが良いようです
極端に敏感肌の方にはお奨めのようです。

シミって頬骨の高いところに出来る事が多いのでそこは、十分塗る事が良い結果を生むようです



驚きです!  美白化粧品ではシミは消せないそうです

その訳は老人性色素班で出来た
シミは消せないそうです

一度完成してしまったそのシミは消せないそうです!


美白化粧品は、これから出来るであろうメラミンの生成を防ぐもので皮膚が完全に老化した構造のものは美白成分の化粧品では消せないという事です。


例えば汚れた服はシミ抜きなどで落とせるかも知らないけど焦げてしまった服はシミ抜きなどでは治せないという事です

凄く解りやすい説明だと思います。

なので貴方のお肌に紫外線が元で出来てしまったシミは美白化粧品では消せないそうです。

焦げて出来たシミはレーザー治療しかないという事だそうです


で、シミには消せるシミと消せないシミがあるそうです!

1 老人性色素班
これ 日焼けで出来たシミ 初期の凄く薄いシミなら美白化粧品でも対応できるようです

完成してしまった濃いシミは美白化粧品では消せないそうです。 レーザー治療が必要だそうです

2 脂漏性角化症 
老人性色素班から次第に完成されつつあるシミ 特徴はイボのように盛り上がっているのが多い
レーザー治療で完治 再発する時もあるようです

3 雀卵班(じゃくらんはん) いわゆるソバカス 遺伝的のものが多い 美白化粧品で消せる筈ですけど
実際はそのようにいかないそうです レーザー治療が良いみたい 但再発もする可能性もあるようです。

4 肝班 女性ホルモンのバランスが崩れ起きるようです 特徴はモヤモヤしたシミ

妊娠中にも出来るようです 美白化粧品でもチョットは効果がるようですけど完全とはいかないようです
トラネキサム酸の内服剤やピーリングが良いそうです。

5炎症性色素沈着
ニキビの跡など炎症の後の出来るようです。 肌を擦ったすると出来るシミやムダ毛を剃ったりした毛穴の箇所にに黒くポッリと出来るクロズミなどがこのタイプだそうです 美白化粧品でもある程度は効果が期待出来るけどピーリングが一番効果が在るようです。

花弁性色素班
急な日焼けで出来る小さなシミ レーザー治療が一番だそうです。


以上がしみに関する情報ですけど ご自分で判断は難しいので一度皮膚科に行かれると良いと思います

いろいろ述べてきましたけど私、素人です! 

シミやソバカスを消し去ってくれる化粧品の選び方は、ここが良いみたいです!



皮膚の関するお悩みでしたら一度皮膚科医に行かれるのが一番良いと思います

東京周辺では東京は銀座にある吉木皮膚科が良いと思います

ここの院長先生テレビにも時には出るようです

ネット上にあるスキン大学にも参加されている皮膚科専門の先生です 銀座の医院はここをクリックです




ある皮膚科医医師が云っていました。○○でふたをする!


お肌に水分を与えて油分でふたをする。


これ解りやすけど間違いだそうです。
 
純粋な○○オイルなどと云われると肌が癒されるイメージのようですが効き目はないようです。

自然派化粧品と無添加化粧品はどこが違うのか

自然派化粧品と無添加化粧品とは、全く違うそうです。

植物エキスなどから造られた化粧品で防腐剤など添加物を抑えて造られたのが無添加化粧品です。


でどちらの化粧品が肌に良いかと云えば無添加化粧品だそうです。

自然派化粧品は本当はかぶれやすいそうです。

植物は食べたりすると体には良いけど肌につけると意外とトラブルが多いそうです

天然エキスは、いろいろな成分が多く配合されている分どれかしらでかぶれる事が有るそうです。

化粧品の成分は単純な方が安全だそうです! なので敏感肌の方は植物エキスは使用しない方が良いみたいです。


或る皮膚科医の方が言っています!


先ず化粧品をタップリつけましょうは嘘だそうです!


さらに続きます


化粧品をいくらつけても保湿には、ならないそうです


植物は水が無いと育たないけど・・・


肌は水をどの程度肌に蓄える事が出来るかは肌の潤いに掛かっているそうです

なので保湿力の低下している肌に化粧品を沢山与えてもざるに水だそうです。

子供や男性は化粧品を付けないけど肌は乾燥しない

では何処から水分を補給しているのか なので化粧水が肌の水分ではない事が解ります


肌の水分は体内の奥から24時間常にしみ出していると云う事だそうです。
リンゴやミカンなど果物の皮は常に表面から水分が蒸発してはいますけど中から水分がしみ出しているのでミズミズしいのです。

人間の皮も同じで体内から水がしみ出しています

それはセラミドが水を捕まえて肌の潤いとなっているのです

人は3分の2は水で出来ています

だから水源が枯れる事はなずない


肌が乾燥するのは水源が枯れるのではなくセラミドが足らなくて水が蒸発するからです。

なので化粧水をタップリ使用しても意味がない事です。


日中肌が乾燥したら保湿美容液で補給をしましょう!

肌が乾燥して困る時は保湿美容液を手で付けると良いです。

油分の多い物でなければメイクの上からつけても崩れる事は無いです。

手のひらで肌に載せるようにソット付け浸透するのを待ちましょう。

肌が乾くとスプレー式のスプレーをする方が多いようですがスプレー式のものは、保湿力の弱いものが多いです。


スプレーをするにが分子が細かくないと出来ないので保湿成分を多く配合すると分子が大きくなりスプレーにはなりません

保湿力の弱い物をスプレーしますとただ肌に水を掛けただけの状態なのでその水が蒸発すると肌の水分を奪われるので逆効果となります

乾燥した部屋で保湿を足そうとするよりも乾燥した部屋でも肌が乾かないようにシッカリケアするのが本当だそうです。

朝、セラミドの美容液をタップリつければ乾燥した部屋でも肌は乾かないようです!


まとめ  保湿が低下した肌に化粧水をじゃぶじゃぶつけてもそれ! 猫に小判 意味がないと云う事です

早くお肌スベスベのツルリンです 早くお肌ツルツルの艶肌になれたら良いですね!

1 水をサンドイッチ状に挟む性質を持つ成分(ラメラ構造)
  代表的のものがセラミド 


セラミド以外のスフィンゴ脂質 


レシチン(大豆から抽出されるもの】


ステァリン酸コレステロール (脂質の一種)



2 水分含有力のある成分


ヒアルロン酸 真皮にあるゼリー状のもの 200~600倍ぐらいの水分を蓄える事が出来ます。


コラーゲン 真皮では弾力があります 化粧品として表面に塗ると保湿成分となる 真皮までは吸収されない。


エラスチン 真皮の維成分であるが保湿力があるので化粧品に使用される。


ヘパリン類似物質 血液中のヘパリンと云う物質に水分含有力があります なので類似の成分を保湿成分を保湿成分として応用された物。



3 吸湿性のある物

水を吸着する性質 この結合力は弱いので温度が低いと保湿力は低下します。なのでこれらの成分は乾燥肌の方には不十分です。なので水分含有力のある成分と併用すると良いみたいです。

天然保湿成分(NMF)

アミノ酸 尿素 PCA(ビロリドンカルポン酸)など 保湿力は弱いがサラットしていて使用感がいいので化粧品に使われます。

PG(プロヒレリンコール)グリセリン 1.3BG(プチレングリコール)アルコールの1種ですが保湿性に優れ化粧品に多用されます。

4 油分 油でふたと云う古典的な保湿成分 オイルやクリームなど油分の多い化粧品のベースになっている成分

鉱物油(ミネラルオイル)石油を分離蒸発されて得る油 軟膏などに用いられるワセリンも鉱物油

植物油 アボカドオイル オリーブオイル ホホバオイル 米ぬか油など

流動パラフィン(ハワイミネラルオイル)石油から出来て精製度の高い炭化水素類の混合物ロウのような質感を持ちます。

或る美容皮膚科医の方の意見ですがセラミドは保湿の救世主だそうです

保湿は肌が乾かないように適度に湿り気を保つ事を保湿と云うそうです


健康な肌の角質層は、約30%程度の水分を含んでいるそうです。


30%以下になると乾燥肌だと云います 実際は肌のツッパリを感じた時は10%以下のようです


肌の水分が無くらないようにする事が保湿 肌に水分を与えても保湿におはなりません

蒸発するだけだだそうです。

なので実際は肌の中の水分を保つ事が保湿という事です。

人の体には自ら水分を維持する機能があります でもこの機能年齢と共に低下します。

ですから適度に補給してやらないとなりません これが女性の肌に必要な保湿だそうです。

 保湿の決め手はセラミドだそうです

肌にとって水分は命です。その水分を維持しているのがセラミド この物質肌表面の角質細胞の間にあり脂質の1種 水分と結合する力を持っています。セラミドと結合した水分子は湿度が0になっても蒸発はしない

更に気温が氷点下20度までは凍らない。この水分があるから人は砂漠での南極でも生けていられるそうです。

このセラミド年と共にげ減少してきます

セラミドを補う事が一番有効な保湿と云えます。


ぶっちゃけ洗顔後にセラミド含有の美容液のみ塗っておけば保湿は出来ます。

これでけですとスキンケアとしては物足りない シンプルすぎるのも味気ない

洗顔後のケアとしては化粧品と保湿美容液 それに美白もしたいですね。



まがい物のセラミドにも注意が必要だそうです!


セラミドにも種類が多くどんなものから摂ったセラミドなのかは質には関係が無いそうです。


植物由来と云うと優しいイメージですけど植物よりも人間に近い物の方が重要だそうです。


人のセラミドには、6種類のセラミドがあります その内のセラミド1~3が時に保湿力があるそうです


天然かどうかよりセラミド1~3のどれか配合されていると良いですね。


セラミドは原料としては高価ですからまがい物もあるようです。

セラミドが配合されているものでも極端に安いモノは避けるべきだそうです。


セラミド以外で保湿効果がある成分について

ヒアロルン酸やコラーゲンは人の真皮に存在し真皮の水分維持に貢献しています

これを表面に塗れば保湿が出来ます。

更に大豆レシチン ユーカリエキス プラセンタ―エキス いろいろあるようです。






固形石鹸は優れているそうです!
 
或る美容皮膚科医の意見は以下の通りです!
クレンジングはメイクを落とすものですが皮脂を落とす事を怖がり十分に落ちていな人が目立つようです。

洗顔料の良し悪しは形で決まる訳では無く成分で決まります。2001年から化粧品は全成分を表示する義務があります。
なのでパッケージなどを見ればわかるようになっています。

でも難解な成分が記載されていまして洗顔料の良し悪さの判断は出来ない。

液状やクリームタイプの洗顔料が主ですが品質にばらつきがあり見分けるのは難しい

又使用する量の調節がむずかしい 大抵の人は量を多く出し過ぎてしまう。
オイリー肌の人は普通の石鹸で洗顔しても構わないようです。

固形石鹸は泡立てる事が大変のようですが 程々泡を立てればよいそうです。


シットリ洗顔はお顔に油膜を残すだけだそうです

シットリ洗顔が良いと云われるものの殆どが油が入っているそうです。


すすい流した後油分が残るのでシットリ感が残るそうです!

洗い上がりがシットリと謡う洗顔フォームは、30~40%くらいの油分が含んでいて泡の立たない超シットリ洗顔料では、50%もの油があるのもあるそうです。


しかし油分は肌の保湿としては、あまり期待は出来ない。
ですからその時シットリしている感じがしても時間が経てばドンドン肌の水分は蒸発していく。
また洗い流した後顔に油膜を張った状態なので後から付けるスキンケア成分の浸透が悪くなる。
そして洗顔料の一部が肌に残っているのであまり感心は出来ない

なのでシットリ洗顔料は、あまりお勧めは出来ない 。

油を落とす為に洗っているのに油が残っているなど良くはありません。

洗顔料にシットリ感を求めても洗うもので保湿をしよぅなどすること自体に無理があるようです。

洗顔はあくまで落とすもの 保湿は別の求めるべきのよ云うです。

 まとめ 固形石鹸は、失敗はあまりなく、肌に余分な油分を残さない 
 そして シットリ洗顔料は、スキンケア成分の浸透を妨げます



在る美肌美容皮膚科医の先生が本に書かれてありました!


なのでメイクしたまま寝てもシミにならないそうです! それって迷信だそうです

クレンジングしなくてもメイクの色素は絶対に肌に吸収されないそうです。

その訳

1、メイクを落とさずに寝ている間に色素が吸収されるのであれば昼の内にメイクは吸収される筈 

2、色素を肌に沈着させるタトゥーがあるけど色素の粉を針で皮膚に刺し込み半永久的に皮膚に残るようにする。

真皮まで届けば洗顔しても取れることは無い。

逆を云えば針で刺し込まなければ色素は肌に残らない。

なのでメイクを落とさず寝ても色素は肌に入らない。

色素は簡単には、皮膚に入り込まない


まぶたが黒ずんでいる人これは落とし残したメイクのせいではありません 瞼は、刺激によって黒ずみやすい部分と云えます。

クレンジングのたびにこすったりしますと黒くなります。

赤い飴を食べて舌が赤くなる経験はされたと思いますけど でもそのまま色が沈着する事は無いです

緑色の入浴剤を使用しても体が緑色になる事はありません 色素は簡単には皮膚に入り込めないのです。

擦る事でメラニンが生じます  目元に残ったアイラインを落とそうと目の敵のようにコスル人がいますけど それ!
シミになります。


ぶっちゃけ擦る行為すべてシミのなると云っても過言では無いようです。
 
或る美容皮膚科医の医師が云います その代表的な物が摩擦黒皮症だあると!


入浴時の硬いナイロン製のタオル あれで体ゴシゴシ擦りととんでもない事のになっちゃうそうです 背中シミだらけ

こするとメラニンを産むのでその結果シミとなります。


なので目元は特に気を付かないとメラニンが活発な処コットンや綿棒で長年擦っていると次第に黒ずんで来ます。


前ページでも述べたようにメイクを
シッカリ落とそうとすると危ないです!

マスカラの粉が少しぐらい残っていても気にしない事です  見なかったことにしちゃいなさいという事です。


つまりマスカラが皮膚に浸透はしないそうです 浸透するとしたらお化粧は出来まい事になります。


凄く擦ってもその毛穴の汚れ取れません

或る美容皮膚科医の医師が云います  クレンジングによる肌のトラブルの陰にいろいろ日本のスキンケアの問題点があるそうです。


先ず毛穴ブーム 毛穴パックのCM毛穴を小さくしたい!という新たな」美容ニューズを業界に誕生させた

毛穴は長年日本女性の悩みの種のトップで在ったシミをアットいう間に抜き肌悩みのトップに躍り出ました。


そのブームに乗ったのがオイルクレンジング オイルクレンジングで毛穴の汚れを溶かし出すCMが流れるとオイルクレンジングは主流となりました。

擦っているとボロボロと角栓が獲れると云う人がいますけど それ! こすっているからでしてその擦ると云う行為はシミの元でして物理的に毛穴が小さくなる訳がありません

クレンジングは本来メイクを落とすもので毛穴の掃除をするものではないそうです

掃除用洗剤でも本来の用途以外に使用する事は無い筈 化粧品ならなを更のようだと云っていました。

まとめ 肌を擦るとシミの元のメラニンを産みます 絶対のしてはいけないそうです

メイクしたまま寝てもシミにはならないそうです!



肌荒れの原因の1位は、クレンジングだそうです 


或る美容皮膚科医の先生が言っています


大半の女性はクレンジングが強すぎると言い切っています。

化粧品で肌荒れを起こしたと云う患者さんにはクレンジングだけ換えてみて下さいと云うそうです!

で殆どがクレンジングのトラブルだそうです。

毎日スキンケア!

クレンジングどちらかと云うと肌に悪いそうです。

元々人工的な物を肌に乗せて更にメイクを落とす為に使用する為のもの。


それを無理やり落とすので肌へのストレスはとても大きいです。


崩れないメイクの開発に伴いクレンジングで良く落ちるようにと開発が進んでいきます


 なのでシッカリクレンジングはかえってあなたのお肌を痛めているようです

化粧しないでクレンジングもしないこれって 肌へ一番負担が掛かりません。

でも化粧をしない訳には、いかないのが現実 です

メイクを落とすにはダブル洗顔をやる方が多いようです

なのでクレンジングと洗顔の両方でメイクが落ちれば良い  

クレンジングだけで完全に落とす事は必要ではないようです。

クレンジングしてお湯で流す

メイクの6割ぐらい落ちていれば良いそうです

シッカリよりもゆるゆると云った加減のクレンジングの方が肌は傷まないそうです

なのでクレンジングはおやじクレンジング感覚が良いみたいです。


さっさと終わらせる クレンジングのお奨め


チョコチョコ落とすクレンジングはドンドンお肌が荒れていくそうです 気を付けたいものですね

クレンジングは強い洗浄成分を含むので肌と触れる時間が長いだけ肌を痛めるそうです。


クレンジングでマッサージをすると毛穴の汚れも落ちると云って行う人がいるようですけどそれって洗剤でマッサージをしているのと同じようなものです。


肌の強い額からクレンジングを伸ばし頬の方に広げ目元 口元をさっと馴染ませたらぬるま湯ですすぐ

約40秒 40秒以内で出来るように目指す事が肌に良いようです。


なのでクレンジングは豪快にしちゃいましょう!

某美容皮膚科医の先生が驚いていました 

或る企画で読者に数人メイク落としの実演をして頂いた時の事です

全体的にチョコチョコ洗う傾向があったそうです クレンジングをチョコチョコ手に採り擦り込むように顔に伸ばしお湯をチョコチョコすくってはこすり落とすようにしていたそうです。

これでは」どんな良い良質なクレンジングでも肌は傷むだろうと感じたそうです。


なのでクレンジングはひと風呂浴びるオヤジを手本としてもらいたいそうです。

洗面器に豪快にお湯をすくい洗う光景 あれで良いそうです。

あのように思い切りが必要だそうです(笑い)

なのでクレンジングをされる時は乙女もタップリクレンジングを絞り出し一気に顔じゅうに広げ豪快にお湯を顔に掛ける  ちまちまやらない やっていたらお肌が荒れる 洗面台が少しぐらい濡れても気にしない小さい事は気にしない心意気が必要みたいです。

まとめ クレンジングは豪快にが良いようです











↑このページのトップヘ