Zizek in coma ,the band new album 
that heavy 4th world post rock
 was made with Max/msp  has just
 released it (Hagelian Distress) 2017.
This album got inspired a lot by 
Quentin Meillassoux,Kazimir Malevich,
Northrop Frye,Giorgio Agamben,Markus Gabriel, 
so on,of course,DG-foucoult french connection.

Album link:



Hagelian Distress


Zizek in comaの2nd albumがようやく
完成したようだ。アルバム紹介を読むと
QメイヤスーやGアガンベン、Nフライ
といった旬の影響を伺い知れることができる。
音楽面では両ギター陣
(リードのMickey nakayama,リズムのTakeshi.F)
の作曲貢献
も前作に比べ増えたようである。また
4thワールドの要素は前作と同ようだが
Max/mspのようなポストミュージック的な
プロセスを経ながらも、ギターリフの多様さ
も前作に比べ増えているだろう。
古代シュメールと外来生との関係を歌った
◆交替運動の脱臼についての、
スピノザと甲殻との出会いぁ
アスペルガー少女の救済の隠喩(毛布)
歌ァ◆漾澆らげのΑ∩蟯惻腟舛
否定А▲▲Ε轡絅咼奪弔亮人胎児への
アガンベンを通過した視座─
時間内国家(物性と霊性の位相的契機)
とそれの発案者の一人ロマンウラネク氏
へのオマージュといった内容の濃い
ものになっている。



First album(
Zizek in coma):