令和6年度東京大学運動会漕艇部

東京大学漕艇部ブログ

新入生に伝えたいこと マネージャー新歓チーフより

こんにちは!春風が心地いい季節になりましたね。満開の桜に誘われて、私も先日お花見をしてきました🌸
久々のブログで緊張していますが、今回はマネージャーの魅力について皆さまにお伝えできたらと思います。

まず、マネージャーは東大生ではなく他大学の学生から構成されています。現在は、日本女子大学、東京女子大学、東京家政大学などの学生が多いですが、年によってバラつきがあり様々な大学の学生がいます!他大学の友人が多くできるのも魅力のひとつです。

では、マネージャーの魅力を大きく3つご紹介していきたいと思います。

マネージャーの魅力その1.
大量調理で培う料理技術!

マネージャーの主な仕事のひとつに、ごはんづくりがあります。部活に入るまで全く料理経験のなかった私ですが、最近では少しばかり料理技術が身に付いてきた気がしています。平均して40人ほどのごはんを作っていますが、最後に盛り付けたお皿をテーブルに並べ終えたときの光景と達成感は他では味わえません!!
部活でつくった料理をおうちで作ってみることもありますが、普段30人40人分作っているせいか、大量にできてしまって困るのは一人暮らしマネージャーあるあるです笑

マネージャーの魅力その2.
選手と共に目標に向かって打ち込むことのできる環境

大学生活は人生で最も時間の使い方を各人に委ねられる期間です。学業に励んだり、海外留学をしてみたり、アルバイトをしまくったり、資格をとったり、旅行に行ったり。。とにかくやってみようとすれば大抵なんでもできるのが大学生の期間だと思っています。
社会人になってからのほうが金銭的余裕はあるかもしれません。しかし、それを費やす時間は少ないのではないでしょうか。
そんな大事な大学生活を、仲間と目標に向かって打ち込む日々に費やしてみませんか?皆さんは人生で何かに打ち込んだ経験はありますか?そんな経験をつくれる最後の期間が大学生活であり、その経験の場として東大漕艇部を私は選びました。
ちなみに、先ほど時間の使い方として学業や留学、旅行などなど書きましたが、東大漕艇部のマネージャーはそれらも全部網羅しています!笑
なぜなら、個人の目標も精一杯応援してくれる仲間しかいないからです。東大漕艇部を軸にして、学業もアルバイトも遊びも全てに打ち込める環境がここにはあります。最後の大学生活、なんでもしてみたい!という人ほど東大漕艇部のマネージャーは向いているかもしれません!

マネージャーの魅力その3.
大事な友達と仲間ができること

まず第一に同期というかけがえのない存在ができます。私の学年は稀にみるマネージャーの多さで現在11人が所属していますが、その全員が私にとって大切な友人であり、同じ目標を目指す仲間だと感じています。さらには選手、先輩、後輩という存在もいて、その全員が私を支えてくれていることを日々実感しています。同期のマネージャーや選手とは、プライベートで遊びに行くこともよくあります!その遊びのなかでも、なんだかんだ部活や部員のことばかり話してしまう私たちは東大漕艇部を好きすぎるのかもしれません笑

また東大漕艇部では、仲間であるマネージャー、選手に加えて、私たちを支えてくださるコーチや栄養士さん、OBの方々など学生だけでない多くの人との関わりがあります。そうした多くの出会いと関わりのなかで、自分のなかに無かった価値観を知ることができたり、知識や技術の凄さに驚かされたりします。そうした環境に身を置けるのも東大漕艇部ならではだと感じています。

最後に、新入生の皆さまへ

ここまで長々と書いてきましたが、少しでも気になったり惹かれるものがあれば、是非新歓イベントに来てみてください!
文章では伝わらない魅力がまだまだたくさんあります。というのも、私の入部理由も「雰囲気の良さ」というなんとも文章には書きづらいものだったからです笑
料理初心者でも、部活経験がなくても全く問題ありません。
最初の一歩を踏み出してみませんか?

マネージャーの新歓イベント情報は、マネージャーインスタグラムで日々更新しています。↓
https://www.instagram.com/utrc_manager?igsh=MWV3cjBqMGowbjRxcQ==

それでは、皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

1711853515769
  • コメント( 0 )

お花見レガッタクルー紹介 W2X "山茶花"

こんにちは!
W2X山茶花の#Bで出漕する磯崎水優です。
早速ですがクルー紹介を行なっていきます。

#S 梶谷知歩
名は体を表すという言葉がありますが、知歩ちゃんはまさに色々なことを知って吸収し、1歩1歩を歩みながら努力していると近くで見ていて思います。同期の2年生の面白い話をしている時が1番笑顔で楽しそうです。私にも良く同期の話をしてくれます。

#B 磯崎水優
筆者です。3年目なのですが毎年この時期に怪我をしており実はお花見レガッタ初参戦です。最初で最後のお花見レガッタを楽しみつつ全力を出し切ります。

知歩ちゃんとのダブルは私が2年生の時の新人戦以来です。そこからスカル期間など1年半を経て、お互いが成長し、船の動きもどんどん良くなってきています。本番ではFinalAを目指して頑張るので応援よろしくお願いします!

IMG_0252
  • コメント( 0 )

お花見レガッタクルー紹介 W1X "東風" "forte"

皆さん、こんにちは。お花見レガッタにシングルスカル東風で出漕させていただきます、新2年漕手の松澤翠子です。

今回は、同じくシングルスカルで出漕する、田中日奈子の紹介をさせていただきます。日奈子は私の同期です。大阪出身の明るいムードメーカーで、つられて笑ってしまうような素敵な笑い方をします。

彼女は、とにかく、可愛いです!!!

私が思う、日奈子のかわいいポイントをいくつかご紹介します。

まず、単純に見た目が可愛いです。ぱっちりとした目に、白くてふわふわした肌が可愛すぎます。オシャレ好きで、髪色がコロコロ変わります。今は、暗めのピンクです。薄紫色にしてきた時はさすがに驚きましたが、似合っていました。ネイルも季節やイベントに合わせて、毎週のように変わります。

次に、動きが全体的に丸くて可愛いです。準備運動の時は常に手がグーです。ウサギの手みたいに見えます。ほっぺをぷくっと膨らませている姿も可愛いです。「うーん」と首を傾げながら膨らませているのもいいですが、先日ダブルが漕ぎたすぎて不満そうに膨らませていたのが可愛すぎて思わず写真に収めました。
IMG_3345
乗艇中もなぜか動きが丸みを帯びているように思えるのですが、なぜそう感じるのかはまだ分かりません。また、食事や日常での仕草など、全ての所作に品を感じるところも素敵です。

最後に、常にエネルギッシュで可愛いです。いつも練習を人一倍頑張っていて、本当に凄いなぁと思わされています。オフの日は、オシャレをして様々な所に足を伸ばしています。色々な美術館を見て回っていたり、この前はなんと仙台まで遠出したりしていました。内なるパワーが彼女の明るさに滲み出ているためか、どんな人とも仲良くなれますし、話しているとこちらも明るい気持ちになれます。
以上、日奈子のかわいいポイントでした。老若男女をメロメロにする魅力を持った彼女に、毎日会っている私もたまにキュン死しそうになります。

今回のお花見レガッタは、冬場の集大成ということで、自分がどれほど成長できているのか分かるのが、怖くもあり楽しみでもあります。日奈子と共に、ベストを尽くしたいと思います!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは!お花見レガッタにforteで出漕します新2年の田中日奈子です!

今回のブログでは同じくお花見レガッタに東風で出漕する私の同期の松澤翠子(以下みこ呼びで行きます!)を紹介します!

ブログでみこについて書くのは新人戦でのクルー紹介以来で時の流れの速さに驚いてます😳

3月に入りみこは東風に乗り始めたのですが合格発表シーズンでバイトが多忙になりさらに花粉症の症状も出たりと体調を崩すことが多かったです。そんな中でも練習に真摯に向き合ったりストレッチをしっかりおこなったりする姿は尊敬です

ポンドで練習してる時に見かけるみこの漕ぎは3月以前と比べ物にならないくらい成長していて艇がぐんぐん進んでいます。私も負けてられません😶

安定感のある東風とみこの素晴らしい漕ぎにぜひご注目と応援のほどよろしくお願いします💞
IMG_7465

春休みにみこと2人でらん展に行った時の写真です
幻想的なひと時でした🫧
  • コメント( 0 )

お花見レガッタクルー紹介 M8+ "淡青”

こんにちは!お花見レガッタに対校エイトのバウで出漕させていただきます、新4年漕手の國分裕介です。対校エイトのメンバーを紹介します。

#C大星温音(工学部4年)
我らが船長。大星のコールはいつも戸田のコース中に響いています。そのくらい熱が籠った、熱いコールで漕手たちを鼓舞してくれます。久しぶりにMAXコールが聞きたいです。

#S田中康誠(工学部3年)
漕ぎやすいリズムを刻んでくれます。そして、ショートピースでこうせいに勝るものは誰もいません。スパート時にクラッチにかかっている圧を測ってみたいです。

#7菊地智晴(工学部4年)
最近エルゴの値をグングン伸ばしています。いきなり7番に抜擢され、初めはエイトのリズムを掴むのに苦労していましたが、最近は板に付いてきています。

#6美濃颯志(教養学部修士2年)
フィジカルお化け。研究や新歓など練習外のことも完璧にこなしており、尊敬している先輩です。一緒の船に乗ると、エルゴ値の暴力で船がグングン進みます。

#5飯塚大貴(工学部4年)
同じエイトに乗ってレースに出るのは2年の時の京大戦以来。あの時に比べて漕技、体力だけでなく、メンタルチーム長として、安定したメンタルを手に入れた飯塚は、本番もブレないメンタルで踏み続けてくれるでしょう。

#4加藤聡太(法学部4年)
乗艇中の声掛けはいつも本当にありがたいです。雰囲気が悪くなりかけてる時も、加藤の一言で立ち直り、クルーが盛り上がり、艇速が戻ります。本番もバウフォアから盛り上げていきます!

#3中村耕大(法学部4年)
春休みは就活との両立が大変そうでしたが、練習を休むことは決してせずに、どちらも高いクオリティーでこなしているのは流石としか言いようがありません。最近は就活も落ち着いてきたみたいで、当日は120%の力を発揮してくれるでしょう。

#2小野田空羽(工学部4年)
小野田が2番に乗っていると安定感がすごいです。また、バウの僕は後ろでとても漕ぎやすくなってます。最近は以前と比べてフィードバックがとても増え、それも全て的を得ているので、クルーが確実に良い方向に向かっていきます。

#B國分裕介(工学部4年)
筆者です。バウでレースに出るのは初めてですが、後ろから全員のブレードが揃っているのを見るのは気持ちいいです。本番も楽しみつつ頑張ります。

以上9人で出漕させていただきます。今シーズン最初のレース、対校クルーとして結果を残し、東大に勢いをつけてみせます!!応援よろしくお願いします。

IMG_5584
  • コメント( 0 )

理二ってこんなとこ

こんにちは。新2年漕手の中森由己です。

今回は自分の所属している理科二類の紹介です。

理一との違いは大まかなイメージとして、理一が物理系で理二が生物系といった感じでしょうか。物理選択者の方が多いですが、理二は入試での生物選択者が多いように感じます。生物選択者向けに生物選択者用の力学、電磁気学の授業も開講されています。別途申請が必要だった気がするので気を付けてください。物理選択者向けの生命科学の授業はありませんなんでやねん。一年生のうちは必修科目で単位取得上限の30単位がほぼ埋まります。履修科目の細かい違いについては一つ前の木村のブログをご覧になってください。授業面ではこんな感じでしょうか。

理一との大きな違いといえば、理三生との合同クラスであることも挙げられます。だからなんだって感じかもしれないですが、考え方など彼らとの関わりの中で得られるものがあったと感じています。でも理二<理三というわけではないです。理三でも普通の人だなと思うことの方が多いくらいです。ちなみに彼らはポテンシャルの高さは感じさせつつ、進振りでそこまで高得点を取る必要もないので人によるけどそこまで勉強をガチっていません。たまにそんな姿を見て理三に入れば良かったなーとか思います。
そんな理三生とは対照的に理二の人は勉強熱心な人が多く進振りガチ勢もまあまあ存在しています。自分の行きたい学部学科を早いうちから意識してテストで高得点を掻っ攫っていきます。相対的に自分の点数が下がっていくので困ったものなのですが、彼らは素晴らしいシケプリを書いてくれるし、質問すればわかりやすく教えてくれます。そのおかげでとれた単位もあったと思っています。

あとは男クラがないことくらいですかねえ。
IMG_5078
  • コメント( 0 )
カテゴリ別
記事検索
月別アーカイブ
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ