平成30年度東京大学運動会漕艇部

東京大学漕艇部ブログ

インカレ総括

H30年度主将の阪本です。
インカレでの応援ありがとうございました。
今年度最後の大会が終わりましたので、ブログにて総括、自分なりに感じたことを書かせて頂きます。

まず、今年度インカレの結果としては、
男子舵手付きフォア 7位
男子舵手付きペア 7位
男子舵手なしペア 7位
男子シングルスカル 8位
男子エイト、なしクォド、なしフォアは敗復落ち
となりました。

今年度は伝統的に出漕していた対校エイトを編成せず、付きフォアをファーストクルーとする小艇種目とJr8+で、優勝、メダル、最終日進出を狙っていくという考えのもと編成を行いました。東商戦に負けて以降、僕らの代としては追い込みをかける意味でもインカレ2ヶ月前の東日本選手権の時点でFinalAに残れなければエイトでの出漕をやめることに決めていました。

応援してくださる方々や、今年度の大半をエイトで勝負するために費やしてきた部員にとって、小艇種目での出漕はショックだったでしょうし、自信を持って勝負できるエイトを作り上げられなかったことに大きな責任を感じます。

個人的感情が含まれますが、インカレを終えて感じたことはいくつかあります。

まず第一にあるのは、悔しい。
日本一になるつもりで入部したのにインカレエイトの決勝の舞台で漕げなかったことが悔しい。
付きフォアで出て決勝にあと一歩届かなかったことが悔しい。一橋のセカンドクルーに負けて悔しい。
他のクルーも目標に一歩及ばなかったクルーが多く、同じ思いでいると思います。

では自分らの結果に納得いかないかといえば、僕自身は納得しています。おそらくどのクルーも日頃の練習での実力を発揮したし、特に3日目以降、今までのレースであったような、練習でのパフォーマンスが出せなかったということはありませんでした。
付きフォアについて言うと過去の大会からメダルをとって優勝を狙うためのタイム目標を6:35に設定し、概ねそのタイムで漕ぎましたが、今年はそれより速く仕上げてきたクルーが複数ありました。

それから、下級生にとっては、まず最終日まで漕いで、決勝で勝負するにはあとどれだけ必要なのか、また四日間戦い抜くということを身をもって知ること、漠然とではなく、今の自分らの立ち位置をはっきりと知った方が良い。
これから強くなるにあたっては、まずそこからなのではと思いました。

もちろん東大漕艇部員は日本一を、インカレと言わず全日本エイトでの優勝を目指すべきと思います。
ですが、練習をしてきて最後、実際に出漕する時にどんな形であれエイトで出ればそれでいいかといえばそうは思いません。
漕艇部に所属して大半の期間は日本一を目指してきたし、最後にエイトで出なかったことがそれらを否定するものではないと考えます。

今回結果を残した大学のエイト、特に僕らが参考にすべき一橋や同志社は厳しいチャレンジレース、シートレースがあったと思われ、まだそこまで選手層の厚くない大学は、自分らの納得いくエイトを組めなければ、エイトで出ないという覚悟を持たなければ勝てないのではないでしょうか。出ようと思えば出られるという事実が、むしろ甘さを生んでいるように思います。

時間の残っている後輩には僕らのできなかったことを達成して欲しい。
エイトで日本一を目指すのに、今までより数段上の取り組みをしなければ全く勝負できない。
一橋にできて東大にできないはずはない、こう言われてきたけれど、この差は何から生まれてくるのか、見つけだして欲しい。

僕自身は主将としての期間は終わりますが、全日本、今回と同じ種目で選手最後のレースに臨みます。
幸い人数が増えてきて、部としての活気は増してきているように思います。今回のレースに落ち込んだ方もいらっしゃったかもしれませんが、東大漕艇部はこれからです。
最後になりますが、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
新年度に向け、引き続きの御支援、御声援をお願いします。

平成30年度漕艇部主将
阪本天志
  • コメント( 0 )

広報の僕が最近思うこと

こんにちは!
漕艇部2年マネージャーで広報を担当している副島弘登です。

私は広報の仕事について思うことがあります。
今までの広報の仕事内容は、SNSやメールでOBOGの方々、ファンの方々、部員のご家族の方々に大会結果をお知らせすることでした。このことをお知らせするのは非常に大事なことです。
しかし、これはただの報告であって、漕艇部の魅力の発信ではありません。広報というのは発信先の方々に魅力を感じてもらうことです。
広報活動においては大事なのは結果よりも過程です。過程というのは今の広報はどれほどの練習を積み重ねて、自分たちが考えてようやく試合に挑んでいるのかです。僕自身として本当にお伝えしたいのは、部員たちが食堂で馬鹿笑いしている姿であり、エルゴで鬼神の能面のように苦しんでいる顔であり、インカレで同期のレースを見て涙を流しているところであり、女子マネが東大がレース終盤に他クルーを差しそうになって興奮してピョンピョン跳ねているところであり・・・
現状部員たちは「そんな魅力ねえよ。地味だぞ。やめてくれや。」というかもしれませんが、他人から見たらスゲエとなるところなのです。
広報の本質である漕艇部および漕艇部に生きる人たちの魅力を伝えることが現状できておりません。

僕は漕艇部の魅力をたくさんしっています。
漕艇部以外の人間には伝えないとわからない魅力があります。
いかに普通の大学生には考えられない練習、感情、打ち込み、悔しさを体験しているのか部員本人たちもわかっていないことも多いにあります。
僕は非常勤マネージャーとして普通の大学生の感覚を持ち合わせているからこそ、漕艇部の魅力を自分で体験しなおかつ漕艇部を客観視できます。
漕艇部の魅力というものは現状戸田公園の戸田漕艇場、戸田艇庫に封印されています。
僕が広報担当としてこの魅力を発信していきたいです。

漕艇部の醍醐味はやはり強くなること。これはまぎれも無い事実です。広報活動は意味ないのか、否。
広報活動の大きな意味として新勧ポテンシャルを高めるというものがあります。新勧ポテンシャルは新勧イベントの効果を何倍にもしてくれる。http://rowingcox.blog.fc2.com/blog-entry-389.html
新勧力は数年後の漕艇部の強さとなると思います。

自分が行った広報活動については次のブログで書きます。
推敲足らずの拙い文章で申し訳ございませんでした。



S__3407881
  • コメント( 2 )

全日本大学選手権クルー紹介 男子舵手付きフォア 舞姫

主将の阪本です。
いよいよインカレが始まります。
何度頭の中で描いたかわからない最後のインカレのレースが、ついに現実となろうとしているのは不思議な気分です。
それでは今大会のファーストクルー、舵手付きフォアの紹介です。

艇名 舞姫
#C 石田裕亮 4年
#S 福間徹 4年
#3 野村周平 2年
#2 阪本天志 4年
#B 太田隆介 2年

嫌という程一緒に漕いできた4年生、そして優秀な後輩達です。
準備はしっかりと整えました。
今まで漕いできた通りに漕ぐだけです。
皆様、熱い応援をお願いします。
  • コメント( 1 )

全日本大学選手権 M4X 滔天 クルー紹介

皆さんこんにちは。3年の青木です。
男子舵手なしクォドルプルでは以下のクルーで出漕します。

#S 青木 勇太(3年)
#3 田中 優喜(3年)
#2 野田 真聖(2年)
#B 日比谷 泰平(4年)

少し個人的な事ですが、僕は特に今シーズンずっと日比谷さんと共に漕いできました。もちろんこれだけの期間練習していれば好不調の波もありましたが、どんな時でも常にインカレで1日でも長く日比谷さんに漕いでもらうことを目指して練習していました。
この気持ちは上記のクルー全員が持っています。
明日からの試合ではこれまで積み重ねた全てを尽くし勝負します。
応援よろしくお願い致します。
  • コメント( 0 )

Ox盾レガッタクルー紹介 エイト 「Mariko」

こんにちは、新人の野田ですOxford盾レガッタに出漕するMarikoのクルー紹介をしたいと思います。

#C 菊岡龍太郎
浅野杯後にcoxになったとは思えないほどしっかりしている、新人内に優秀なcoxがいて僕たちは非常に助かっている。本人は岸つけとコールのバリエーションを向上させたいと述べている。

#S 並松大介
安定したリズムで淡々と漕ぎ続ける整調、そして的確なフィードバックをもたらす貴重な存在、よく寝る。

#7 原本紘和
漕技に関する知識や能力が高く、良いリズムを刻み艇を効率よく進めるのにに一役買っている。が、単位が危ない。

#6 開作展大
新人の中でも優れた体格とパワーを持つ期待の選手、長期offの間もしっかりとトレーニングをしたりする真面目な漕手。

#5 野田航汰
艇上やエルゴ上で奇声を発するので、ヤバイ奴だと思われていないか心配。

#4 蛭川暢之
新人の中で最も身長が高く持久力もあり、ポテンシャルに溢れた漕手だが、体の硬さと体重の少なさに悩まされているので、改善しようと努力している。

#3 松本郁哉
浅野杯でエルゴトップのパワー系ミドル、熱い男で、クルーのリーダー的存在。勝ちや艇速に拘る。

#2 松内健太
筋肉マッチョでゴリゴリ船を進めるpowerful rower、チャンクルー唯一の彼女持ちで、そのことをみんなにいじられてる。

#1 加藤史弥
持久力に優れたバウ、75kg換算のエルゴタイムは新人一、NSWのバウであるChapmanに憧れており、笑顔で漕ぐことを心がけている。

以上です、応援よろしくお願いします。
  • コメント( 0 )
Archives
Recent Comments
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ