三浦です。

なし艇に乗ると決まって思うことが2つあります。ちなみに知らない人もいるかもなので、なし艇はCOXがいない船、スカルとかダブルとか、なしフォア、いる船は付き艇といいます。こちらはエイトとかですね。

一つ目は、船の整備です。「なし艇だとつき艇のように船の面倒を見てあげる人がいないから、ハルや自分のレールだけでなく、カンヴァスも時々きれいに拭いてあげてね」と一年生の浅野杯合宿でコーチの方に言われたのが印象に残っています。「あんまりスピリチュアルになるのもあれだけど、船への感謝とか、そういうのも込めて」とはにかむようにして言われたのも。
確かに、船の上面がきれいになったところで、ぶっちゃけ速くなることはないです(ハルは水ともろ接触しますから影響ありそうですが)。あんまり乱暴に使わなけりゃオールが折れたり船が傷ついたりということもないです。
だからその先輩が言ったように、自分の気持ちの整理をつけるというか、結局うたかたに借り物ですから使わせてくれてありがたい、次回もきれいに使うので使わせてください、という、そういうの。何言ってるかわからんですかね。
ちなみに以前別なコーチが、「エンパのカンバスはレース前はピッカピカに磨いとくのが良いゾ、映える黄色が照り返して向こうのクルーがビビるかもしれんからなあ」みたいなことも言っていました。そういう意味では艇速にも影響はあるのかもしれません。

で二つ目ですが、書くのには夜が更けているので省きます。

勝ったら教えます。

では。


Desktop
マイデスクトップです。
  • コメント( 0 )