皆さん、こんにちは。2年漕手の梶谷知歩です。

皆さん、の中でも、受験生の皆さん、今回のテーマは、“入試直前、東大ボート部員からの激励メッセージ” だそうです。届くかどうかわかりませんが、届くことを願って書きます。

さて、私からの、東大ボート部員として送る激励メッセージは、
本番は、今までの自分がなんとかしてくれるから、堂々と。
に尽きます。

私の場合、試験も、レースも、本番は、何をどうやっても緊張します。
試験は、自分がどういう思考回路で答案を書いたのか、全く記憶がなく、答案用紙に何か文字を書いているうちに終わります。レースも、深く思考する暇はなく、いろんな動きを感じて漕いでいるうちにゴールします。

入試も、ボートも、他の人に邪魔されることはありません。かといって、本番までにできなかったことを、急にできるようにもなりません。本番までの自分の実力が、そのまま発揮されると思います。なので、本番は、今までの自分で、堂々と、立ち向かえばいいと思います。

その、本番までに積み上げてきた、今までの自分、というもので、望む結果が手に入る(合格点に達するほど解ける、1着でゴールするほど艇速が出る)かどうかは、他人との比較です。先ほども書きましたが、他の人に邪魔されることはない、すなわち、自分が他の人を邪魔することもできないので、とにかく自分のできることを積み重ねていくしかないと思います。そして、本番でも頼りになるような、今までの自分、ができるのではないでしょうか。

もちろん、受験生の方は、これまで相当な勉強を積み重ねてきているはずです。ここまで来たら、本番までの残りの期間も変わらず、体調管理なども含めて、やるべきことをやるだけだと思います。
あとは、堂々と試験に望んでください。応援しています!
1000001478

久しぶりにディズニーランドに行きました。めちゃくちゃ楽しかったです。受験が終わったら、たくさん遊びましょう。
  • コメント( 0 )