お花見レガッタに8+「淡青」で出漕する新4年漕手の飯塚大貴です。

厳しい冬の練習を超えた東大漕艇部の現在位置は一体どこなのか、
この4ヶ月で、、
・補食を意識して体重が5kg増えた
・私物を整理して練習に集中する環境を整えた
・毎日欠かさずストレッチして、怪我しない強い体を手に入れた
・勝つのに「ふさわしい」練習を自らの意志で作り上げた
各々がそれぞれの形で成長した。この冬の練習の量、質でシーズンの結果は大きく変わるに違いない。この部で3回目の冬を過ごしたが、間違いなく最も充実したものだった。
ただ、レースをしていない今は何者でもない。我々が最高代になってちょうど半年だが、何者でもない。ここからが本当の勝負となる。
これからも変わらず、マネージャーのサポートを土台にしながら、4つのぶれない軸を持って、さらなる熱量でボートと日々向き合う。
最後は自分で成果を掴み取る、そんなシーズンにしようと思う。
まずは3月末のお花見レガッタに向けてクルー9名で結束して練習していきます。

応援よろしくお願いします。

IMG_2078




こんにちは。お花見レガッタに8+「天寵」で出漕する、新3年漕手の宮原翔です。

この冬の期間についての振り返りをすると、個人的な部分ではありますが、自分は年末に身体に不調をきたしてしまい、練習を中断せざるを得ない状況となっていました。そこからしばらくは練習量を減らして身体を回復させていましたが、ついにお花見レガッタへのクルーボートでの出漕と、それに向けてのクルーでの練習に参加できるところまで戻ってきました。

一時は練習に復帰することはもう出来ないのではないか、と悲観的になってしまい悩むこともありましたが、同期や先輩、担当してくださったコーチの方など様々な方に助けていただき、気を取り直して自分にできることを最大限行うことができました。

ここからレースまでは、勝つこと、そしてそのために0.1秒でも艇を速く進めることのために、自分に何ができるかを考えて行動し続け、クルーの勝利に貢献できるよう努めます。

(写真は同期とサイゼリヤで夕食を取った時のものです。)
IMG_1108
  • コメント( 0 )