みなさんこんにちは!文科二類新2年漕手の西です。今回は文科二類がどういうところなのか紹介します。

文科二類と言うと経済学部のイメージを持つ人がいると思います。実際、文二で入学した学生の多くは2年生での進学振り分けで経済学部に進学するようです。しかしここには大きな落とし穴があります。文二の学生が全員経済学部に進学できるわけではないのです!350人いる文二生のうち、経済学部に進学できる定員は270人くらいです。もちろん他の学部に進学する人もいるので一概に言えないですが、上位4分の3くらいの成績をとりたいところです。しかし相手は東大生なので気をつけましょう。「普通にやっていれば大丈夫」なんて言葉を信じてはいけません。
文二生のなかでも、1年で前期課程の単位を全部取りきって点数も良い学生は2年の前期に授業をとる必要がないので、大学から姿を消すようです。彼らは文ニートと呼ばれ、バイトをたくさん入れたり旅行や免許合宿に行ったりして各々の長期休暇(?)を過ごします。文ニートをめざして頑張りましょう!
あと、東大の前期課程では幅広い分野の授業を受けることができるので文二だからといって特別な授業はないのですが、準必修で数学と経済のどちらかの授業は必ず取らないといけないので注意が必要です。

以上で文科二類の紹介を終わります。読んでいただきありがとうございました!
IMG_4711

写真は江ノ島に行った時に撮ったものです。

  • コメント( 0 )