みなさんこんにちは!新2年漕手の野上陽翔です。学校に行っていたことがとうの昔のことのように感じられますが、そういえば自分は東大の文科三類17組(フランス語クラス、下クラの人よろしく!!)というところに所属しているので文三について紹介します。

文三は文学部や教育学部に進学する人が多いですが、文一や文二に比べて進学希望の学部が人によって結構違うことが多々あります。また進振りで希望する学科にいくためには他の科類よりも高得点が必要であることが多く、好成績を取るために学業を頑張っている人が多くいます。自分のクラスメイトも一生懸命勉強しています。テスト前のピリピリ感はすごいです。

履修に関して言うと、文一文二と異なる点は準必修で社会科学が自由に選択出来るところです。また、文三は総合科目において文系科目では文一文二よりも語学の比重を高めることができ、理系科目に関しては文三の方が少し多く履修しなければならないということがあります。まとめると文一文二と比較して履修の自由度がとても高いです。理系は必修が多いことも考えると東大の中で1番履修の自由度が高いと言えそうです。文三は自由です。

最後にこれは本当にどうでもいいですが、東大の中では女子の割合が多いです。まあ本当にマジでどうでもいいんですけどね。


文三はざっとこんな感じです。色んな授業が取れて面白いので自分の興味のあるものをいっぱいとるといいと思います。
(くれぐれも試験にはお気をつけて、、、)


渋谷にあるまぜそばです。超うまいです。

IMG_2959
  • コメント( 0 )