令和6年度東京大学運動会漕艇部

東京大学漕艇部ブログ

06年度(2024年度)

東商戦クルー紹介 対校M4+ “木鶏“

こんにちは。東商戦に対校付きフォア"木鶏"として出漕します、2年漕手の立花明遠です。
この船は2年生が3人も乗っているとてもフレッシュな船です。そんな元気いっぱいなクルーのメンバーを紹介します。

#C 神山恵理子 (工学部・3年)
クールに見えて、熱い気持ちを持っていて、技術の面だけでなく、メンタル的にもクルーを支えてくれます。京大戦や新人戦でクルーを勝利へと導いている神山さんがこのクルーに乗っているので、勝利の女神が東大に微笑んでいるのは自明ですね!

#S 羽賀和輝 (工学部・4年)
脳筋に見えて、しっかり脳筋です。このクルーの中で唯一の4年生で、1番前から自分たちのことを背中で引っ張ってくれます。

#3 野上陽翔 (文科3類、2年)
脳筋に見えて、実は繊細です。同期の中で1番パワーがあり、羽賀さんと一緒に前から引っ張ってくれます。

#2 立花明遠 (理科2類・2年)
脳筋に見えて、多分脳筋です。筆者です。みんなに負けないくらい押します。

#B 荒川友貴 (文科1類、2年)
彼は脳筋ではなさそうです。同期の中で愛されキャラであり、1番後ろからクルーを支えてくれます。

東商戦まであと1週間ですが、優勝できるように成長し続けますので、応援よろしくお願いします。
IMG_7904
  • コメント( 0 )

新歓イベント 試乗会について

こんにちは!法学部新3年漕手の宮原です。
東大では先日4/12に入学式が行われ、いよいよ新入生も正式な1年生として、加入する団体を決める段階なのかな、と思います。
ここ漕艇部でも新歓イベントは好評開催中で、今回はそんなイベントの中でも、特に目玉となっている試乗会について書きます。試乗会は既に7日(平日試乗会含めると8日)開催していて、延べ150人ほどの新入生が参加してくれています。

ボート競技を部活として行っている中学校や高校は全国でもかなり限られるので、多くの人は大学でボートを初めて知ることになると思います。水の上を風を切って滑るように走っていくボート競技の感覚は、ほとんどの人が知らない、それでいてとても楽しく素晴らしいものです。

試乗会では、新入生にこのようなボートの感覚を一度味わっていただき、ぜひボート競技について言葉だけでなく五感で知っていただければ、とても嬉しいです!

まだ数回試乗会は開催予定ですので、ぜひ新歓HPをご覧ください!
IMG_1300
  • コメント( 0 )

理二ってこんなとこ

こんにちは。新2年漕手の中森由己です。

今回は自分の所属している理科二類の紹介です。

理一との違いは大まかなイメージとして、理一が物理系で理二が生物系といった感じでしょうか。物理選択者の方が多いですが、理二は入試での生物選択者が多いように感じます。生物選択者向けに生物選択者用の力学、電磁気学の授業も開講されています。別途申請が必要だった気がするので気を付けてください。物理選択者向けの生命科学の授業はありませんなんでやねん。一年生のうちは必修科目で単位取得上限の30単位がほぼ埋まります。履修科目の細かい違いについては一つ前の木村のブログをご覧になってください。授業面ではこんな感じでしょうか。

理一との大きな違いといえば、理三生との合同クラスであることも挙げられます。だからなんだって感じかもしれないですが、考え方など彼らとの関わりの中で得られるものがあったと感じています。でも理二<理三というわけではないです。理三でも普通の人だなと思うことの方が多いくらいです。ちなみに彼らはポテンシャルの高さは感じさせつつ、進振りでそこまで高得点を取る必要もないので人によるけどそこまで勉強をガチっていません。たまにそんな姿を見て理三に入れば良かったなーとか思います。
そんな理三生とは対照的に理二の人は勉強熱心な人が多く進振りガチ勢もまあまあ存在しています。自分の行きたい学部学科を早いうちから意識してテストで高得点を掻っ攫っていきます。相対的に自分の点数が下がっていくので困ったものなのですが、彼らは素晴らしいシケプリを書いてくれるし、質問すればわかりやすく教えてくれます。そのおかげでとれた単位もあったと思っています。

あとは男クラがないことくらいですかねえ。
IMG_5078
  • コメント( 0 )

理一ってこんなとこ

こんにちは。新2年で漕手をやっています木村京志郎です。大学では理一に所属しているので、理一について紹介したいと思います。

理一は、ほぼ他の理系科類と同じ授業を取ります。理一は文系と比べても一年生の時にある必修科目の量が圧倒的に多く、一年生の間は自分で好きに時間割を組む大学生のようなことは案外する必要がほぼないように思います。なので、履修のことを本気で考えるのは一年生の夏休みくらいからでも良いような気がします。ただ、筆者は春休みの今までこの一年間履修の手引きを読まずに適当に同級生の噂頼りに時間割を組んでいました。履修の手引きはどの授業を撤退するかなどを決めるときに雑にならないためにも読んでおくべきだったなぁと思っています。

理一の特徴として、理二や理三が生物化学よりの授業が多いのに対して、数学物理寄りの授業が多いことが挙げられます。理二理三が「化学熱力学」をとるのに対して、理一は「熱力学」、理二理三が生命科学を4単位分取らないといけないのに対して、理系は1単位のみなどです。

理一は他の科類に比べて進学選択の選択肢が多いため、 人気な学科の競争も激しく、もし希望通りの学科に行きたい場合はある程度良い成績を取る必要があります。ただ、必修が多いとはいえ、数コマ程度なら自分の好きな選択科目は選択できるので、さまざまな授業を調べて、自分の楽しいと思う授業を探してほしいなと思います。ちなみに自分が好きな授業は図形科学Aです。CADを使って自分の好きなものを作れます。

以上で理一の紹介を終わります。

IMG_9079

駒場図書館から見えた風景
  • コメント( 0 )

文三ってこんなとこ

みなさんこんにちは!新2年漕手の野上陽翔です。学校に行っていたことがとうの昔のことのように感じられますが、そういえば自分は東大の文科三類17組(フランス語クラス、下クラの人よろしく!!)というところに所属しているので文三について紹介します。

文三は文学部や教育学部に進学する人が多いですが、文一や文二に比べて進学希望の学部が人によって結構違うことが多々あります。また進振りで希望する学科にいくためには他の科類よりも高得点が必要であることが多く、好成績を取るために学業を頑張っている人が多くいます。自分のクラスメイトも一生懸命勉強しています。テスト前のピリピリ感はすごいです。

履修に関して言うと、文一文二と異なる点は準必修で社会科学が自由に選択出来るところです。また、文三は総合科目において文系科目では文一文二よりも語学の比重を高めることができ、理系科目に関しては文三の方が少し多く履修しなければならないということがあります。まとめると文一文二と比較して履修の自由度がとても高いです。理系は必修が多いことも考えると東大の中で1番履修の自由度が高いと言えそうです。文三は自由です。

最後にこれは本当にどうでもいいですが、東大の中では女子の割合が多いです。まあ本当にマジでどうでもいいんですけどね。


文三はざっとこんな感じです。色んな授業が取れて面白いので自分の興味のあるものをいっぱいとるといいと思います。
(くれぐれも試験にはお気をつけて、、、)


渋谷にあるまぜそばです。超うまいです。

IMG_2959
  • コメント( 0 )

文二ってこんなとこ

みなさんこんにちは!文科二類新2年漕手の西です。今回は文科二類がどういうところなのか紹介します。

文科二類と言うと経済学部のイメージを持つ人がいると思います。実際、文二で入学した学生の多くは2年生での進学振り分けで経済学部に進学するようです。しかしここには大きな落とし穴があります。文二の学生が全員経済学部に進学できるわけではないのです!350人いる文二生のうち、経済学部に進学できる定員は270人くらいです。もちろん他の学部に進学する人もいるので一概に言えないですが、上位4分の3くらいの成績をとりたいところです。しかし相手は東大生なので気をつけましょう。「普通にやっていれば大丈夫」なんて言葉を信じてはいけません。
文二生のなかでも、1年で前期課程の単位を全部取りきって点数も良い学生は2年の前期に授業をとる必要がないので、大学から姿を消すようです。彼らは文ニートと呼ばれ、バイトをたくさん入れたり旅行や免許合宿に行ったりして各々の長期休暇(?)を過ごします。文ニートをめざして頑張りましょう!
あと、東大の前期課程では幅広い分野の授業を受けることができるので文二だからといって特別な授業はないのですが、準必修で数学と経済のどちらかの授業は必ず取らないといけないので注意が必要です。

以上で文科二類の紹介を終わります。読んでいただきありがとうございました!
IMG_4711

写真は江ノ島に行った時に撮ったものです。

  • コメント( 0 )

文一ってこんなとこ

 東大新入生の皆さん、合格おめでとうございます!文科一類フランス語選択、東大漕艇部新2年スタッフの宮岡玲陽です。今回のブログのテーマは「文一紹介」ということで、「文一ってどんなとこ?」「おすすめの授業は?」など紹介していきたいと思います。参考程度に読んでって下さい〜

 文一生は文二生と同じクラスに振り分けられるのですが、後述の通り多くの文一生は進振りの際に高い成績を必要としないため、経済学部進学の為ある程度の成績を要求される文二生と比較すると、のんびりと、自分のやりたいことに打ち込む大学生活を送っている印象があります。もちろん東大生としてある程度真面目に大学の勉強に取り組む必要はありますが、課外活動や資格のための勉強にかなり多くの時間を避ける、というのも文一生の特権だと思います。最大限活用して欲しいものです。

 文一生の進路として思い浮かぶのは主に2つ、)ヽ愽後期教養学部国際関係論コース(“国関”)です。8割がた法学部に進学しますが、「国際政治・国際法・国際経済」を少人数授業で深く学ぶ△睛名です。ただかなりの高得点が要求されるので、進学を考えている人は1Sのうちからしっかり勉強する必要があります。詳しくはUT-BASEのこの記事が参考になります。https://ut-base.info/faculties/2
 
 そんな文一生にオススメの授業は、第2外国語の「インテンシヴ」です。文系生は第二外国語の日常会話力向上にフォーカスした「〇〇語初級演習」が必修となっていますが、この授業の発展的な内容を、進度早めて学習するのが「インテンシヴ」の授業です。週2コマあるのでついていくのが大変ではありますが、総合科目L系列の必要単位を取り切れるだけでなく、初級演習の内容も概ねカバーしているので、そちらはあまり勉強せずとも好成績が狙えます。「優3割規定」が適用されないので、点数が稼ぎやすいというメリットもあります。
 何より、ネイティブ講師のもと実践的な語学が学べるので、将来その国を旅行したい!、その国で働きたい!といったことを考えている人は絶対履修した方がいいと思います!(ただし、受講可能人数が限られているので抽選登録はお忘れなきよう。)


それでは、文一ライフを楽しんで下さい〜

IMG_8167


駒場にあるインドカレー屋”ムスカン”のバターチキンカレーです。チーズナンに変更するのがオススメです。あと、マンゴーラッシーがとても美味しい。
  • コメント( 0 )

「入試直前、東大ボート部員からの激励メッセージ」

皆さん、こんにちは。2年漕手の梶谷知歩です。

皆さん、の中でも、受験生の皆さん、今回のテーマは、“入試直前、東大ボート部員からの激励メッセージ” だそうです。届くかどうかわかりませんが、届くことを願って書きます。

さて、私からの、東大ボート部員として送る激励メッセージは、
本番は、今までの自分がなんとかしてくれるから、堂々と。
に尽きます。

私の場合、試験も、レースも、本番は、何をどうやっても緊張します。
試験は、自分がどういう思考回路で答案を書いたのか、全く記憶がなく、答案用紙に何か文字を書いているうちに終わります。レースも、深く思考する暇はなく、いろんな動きを感じて漕いでいるうちにゴールします。

入試も、ボートも、他の人に邪魔されることはありません。かといって、本番までにできなかったことを、急にできるようにもなりません。本番までの自分の実力が、そのまま発揮されると思います。なので、本番は、今までの自分で、堂々と、立ち向かえばいいと思います。

その、本番までに積み上げてきた、今までの自分、というもので、望む結果が手に入る(合格点に達するほど解ける、1着でゴールするほど艇速が出る)かどうかは、他人との比較です。先ほども書きましたが、他の人に邪魔されることはない、すなわち、自分が他の人を邪魔することもできないので、とにかく自分のできることを積み重ねていくしかないと思います。そして、本番でも頼りになるような、今までの自分、ができるのではないでしょうか。

もちろん、受験生の方は、これまで相当な勉強を積み重ねてきているはずです。ここまで来たら、本番までの残りの期間も変わらず、体調管理なども含めて、やるべきことをやるだけだと思います。
あとは、堂々と試験に望んでください。応援しています!
1000001478

久しぶりにディズニーランドに行きました。めちゃくちゃ楽しかったです。受験が終わったら、たくさん遊びましょう。
  • コメント( 0 )

栄養系学科の新入生に向けて、マネ新歓blog

はじめまして!1年マネージャーの土屋なつみです。

 既に入試が終わり、大学ではどんなサークルに入ろうか、いろいろ探し始めている新入生も多いのではないでしょうか…?そこで今回は、食物栄養学科に通う私の考える、東大漕艇部の魅力ポイントをいくつか紹介していきます!

大量調理ができる
 マネージャーの主な仕事に日々のご飯作りがあります。一度に約30人分作るため、たくさんの食材を切って、大鍋やスチコンを使って加熱調理します。食材の量や調理器具の大きさだけでなく、火の通り具合や調味料の量など、家での調理とは大きく勝手が違います。おそらく、大量調理という貴重な経験をできる場は他にほとんどなく、実際にしたことがある・慣れているというのは後にアドバンテージになるはずです!

勉強のモチベーションになる
 栄養系学科に進学する人は、これから食に関して多くのことを勉強していくと思います。しかしそれらの得た知識を活かす機会は、普段の生活においてなかなかないですよね。東大漕艇部では、勉強したことをご飯作りや選手の栄養報告のフィードバックに実際に活かすことができ、より深い理解や知識の定着にもつながります。また逆に、その得た知識を活かす場があるというのは、勉強に対する大きなモチベーションになります!

やりたいことに挑戦できる
 東大漕艇部には、部員全員がそれぞれ所属する4つのチームのうちの1つに、栄養チームがあります。栄養チームでは、栄養関連のポスターを作ったり、選手の栄養記録を集計して分析したりしています。栄養系学科の新入生には、「アスリートの栄養管理をしたい」「献立作成をしたい」などと考えている人も多いのではないでしょうか。東大漕艇部が日本一をとるために、誰でも提案して、挑戦できる環境があります。大学では経験できないことにとことん取り組めるチャンスです!
 

 東大漕艇部は、他にもたくさんの魅力で溢れています!4月から、ご飯作り体験会やお食事会を行う予定です。ぜひ実際に一度来て、見て、感じてみてください。栄養系学科でない新入生ももちろん大歓迎です!お待ちしています!
IMG_2531

バレンタインということで先日、同期の女子達が作ったムキムキくまさんクッキーです。可愛いですよね!
  • コメント( 0 )

東京家政大新入生に向けて、マネ新歓blog

東京家政大学に合格された皆様おめでとうございます!1年マネージャーの西脇ありさです。

初めてのブログで緊張しますが、今回は私が感じる東大漕艇部の魅力を紹介しようと思います。
1つ目は素敵な仲間がいることです!たわいもない話をして笑うときもあれば、部のために共に頑張れる大好きな同期をはじめ、分からないことがあっても優しく教えてくださる心強い先輩方、他にも本当にたくさんの方がサポートしてくださっています。大学のテストや実習が辛くても、目標に向かって努力するみんながいることで、自分も頑張ろう!と思える力になります。
2つ目はやりがいを感じられることです。マネージャーには、ご飯づくりや練習・大会のサポートなどたくさんの仕事があり、さまざまな瞬間でやりがいを感じられます。中でも私の1番は、朝飯づくりで「野菜炒め美味しかった!」と言ってもらえたときです。頑張ってよかったと思える瞬間です。いつも味付けが心配なのですが、そう言ってもらえるととても嬉しくなります。

私はたくさんの魅力がつまった東大漕艇部に出会えたおかげで、充実した楽しい時間が過ごせています。
まだまだ全てはお伝えしきれていませんが、他の魅力はぜひー度、東大漕艇部にお越しになってみなさんご自身で探してみてください!
マネージャー一同として、みなさんとお会いできる日を楽しみにしています🤲🏻

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

写真は早起きを頑張った日、朝焼けがきれいだった荒川です ✨
IMG_2042
  • コメント( 0 )
カテゴリ別
記事検索
月別アーカイブ
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ