カテゴリ:
順調に進んだ、巡検調査。 試料も取れ現地踏査もおわり。


四国。高知。四万十帯。。。


四万十帯の砂泥互層をみないとっ!室戸で沢山見たけど西の足摺でもねっ。


P6257350


タフォニ 蓮痕化石 クロスラミナ ノジュール? サンドパイプ ・・・


結構な現象を観察することができた。満足満足。


知識は無いが、経験はある。ダメなパターンかもしれん。


最近は、blogを怠ってました。




案内図はこんな感じ。

P6257321

見学ポイント等も、よくまとめられています。巡検とするなら、パンフがあると良いかな??


P6257324

海岸の東隅。四万十帯の砂岩(泥岩も)が綺麗に見て取れます。キレイです。

途中、タフォニなんかもよくあります。

例えば、、、、

P6257332

所謂、蜂の巣状風化といわれる現象。

海岸全般に広く見られます。

全体的に観察できるというと、あとこれっ!

サンドパイプ

P6257335

生痕化石っていわれるもの。遠浅の海で生きた生物の巣穴って考えられているよね。

シャコとか?

瀬戸内海でも、見つけることができる。


でも、こんな地層は住んでいる岡山で見たことが無い。

P6257341



P6257347


P6257367


互層のあいだの、湾曲はなんだい?堆積岩等の勉強をしてこれていない私には・・・きつい。

専門家に聞こうか。

デュープレックスの一種なのだろうか、わからないー。






P6257359

恐竜の卵!と、、、、小学生の僕なら答えていそうなノジュール。ノジュールと記載されていた。

サンドパイプと関係がありそう。

至る所に、こんな塊がおおくあって付随してサンドパイプも多く見られた。巣穴がノジュール化した??(仮説)

文献等読んでいないのでわかりませんが、勝手にそう思っています。

P6257398

P6257361

P6257385

一番下のは 「蛙の千匹蓮」って名前がついています。蛙・・・海でそれは難しくないか?

でもまー、見えなくも無いか。


1つの層に着目すると、キレイなラミナもあればクロスラミナもあった。

P6257377


P6257394

P6257414


P6257418

これ、露頭の断面。わりと新しい層ですなっ。

P6257422

こっちは古いやつ。蓮痕化石ですねっ。室戸での観察できたやつ。



これもきっと、ノジュール。いぼいぼいっぱい。胸一杯な感じで、どーんってあった。

P6257409


最後に、きれいだなーって。堆積岩が好きになりつつある。


けど、花崗岩が好き。火成岩が好き。






うた