2011年11月13日

待望のONE OK ROCK単独公演!!

zepp_oneokrock

Zepp Tokyo
1階オールスタンディング

開場 18:00
開演 19:00




ONE OK ROCK
自分がここ一年間で、最もガッツリハマったアーティスト、と言っても過言ではない。
今更だけど、馴れ初めでも書いてみようかな。

一番最初に聴いたのは、去年の10~11月頃。
ちょうど一年前くらいか。
ネットのどっかで「Liar」のYouTube映像を見て、コレいいんじゃない?となった。
その後当時の最新アルバム「Nicheシンドローム」を聴いて、一気にハマった!!
爽快感・疾走感のあるエモーショナルなサウンドが非常に良かった!

で、今年の4月に全国を巡るライブハウスツアーがあったわけだけども。
見事なまでにチケットが取れない。全敗・・・。
ぬあああああああ!!!(笑)



でもその後、フェスに参戦した時に観ることは出来た。
分かっちゃいたけどカッコ良かった!
そん時に、絶対単独ライブ行ってやる!と思ったんだよな。
レポは以下の2つ。

2011/08/07(日) ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011

2011/9/25(日) テレビ朝日ドリームフェスティバル2011



さて、当日。

実はこの何日か前から風邪をこじらせてしまっていて、体調万全とはいかなかった。
まぁほぼ治ってたんだけど、いかんせん声がね・・・。
なので、今回のライブは極力叫ばないように・・・。
なーんていくわけないんだけどね(笑)



会場には16時頃到着。
自分としてはかなり遅いほうだろう!(笑)

で、早速グッズ売り場へ。
マフラータオル、1000円。今回もお世話になります。
この時、このタオルはまだ自らの悲惨な運命を知る由もなかった・・・(笑)

その後、ヴィーナスフォート内で軽食。
ここZepp Tokyoには9月の9mmライブでも来てるね。
なんでも近々第2のZeppが建設されるとか。
いつかそっちにも来ることになるのだろうか。



開場時間前に、着替えて会場前まで戻る。
ちょっと早めに行けば、ロッカーもかなり空いてる。
ただし今は11月、外でTシャツ一枚は凍え死ぬ(笑)
待ち時間の事考えてなかったー!!

ちょっと早めに開場されたのかな。
今回は番号は1100番台。まぁ早くもなく遅くもなく。
スルスルっと前の方まで行けました。
ただし最前ブロックは既に完璧に満員状態。
よって、今回も前から2番目のブロックに。ちょっとToru寄り(ステージ向かって右寄り)だったかな。



で、あとは開演までひたすら待ちなんですが・・・。
突如、前方ブロックで押し合いが!!
うおっ、何で!?
まだモッシュは早いだろ!!(笑)

どーやら前方ブロック横の扉が満員になっても閉まっていなくて、そこに人が無理矢理入り込んできたようで。
おかげで開演前から押しくらまんじゅう状態・・・。
係員さん仕事してください(笑)



定刻を6~7分過ぎて、客電が落ちる!!
キターーーーーーー!!!!

以下、

※ネタバレ注意!!
※長文注意!!
※乱文注意!!
※誤文注意!!











OPSE.Coda

ステージを覆うように、緑色のレーザー光線が!!
おぉ!ライブハウスでもこういう演出あるんだ!!

メンバー登場!!
左からベースのRyota、ボーカルのTaka、ギターのToru。中央奥にドラムのTomoya。
この瞬間に前後左右からモッシュでグッシャグシャ(笑)
これ最後まで身体持つかぁ・・・?

手を広げるTaka!!カッコイイね!!



1.LOST AND FOUND

アルバム通りの曲順で!
繋ぎもほぼ忠実だったな。

ライブハウスはとにかくメンバーまでの距離がとんでもなく近い!!
数メートル前にTakaがいる!Toruがいる!!
全英詞だけど、そんなことはお構いなしの大合唱!!

モッシュも当然大発生!!
でもギュウギュウ詰め過ぎたのか、逆にそこまで走りまわってるような人はいなかった。



シームレスで、ドラムイントロ!

2.皆無

コレもライブ定番曲だよな!!
やっぱ既存曲は盛り上がるね!!

サビはみんなで叫ぶ!!
こーこーはー皆無!皆無!!

Takaの声も絶好調だったな!
武道館ではちょっと調子おかしかったかな?って感じだったから。良かった。
幻想でーーーーーえええええ!!!



3.20 years old

これもアルバム「感情エフェクト」からだな。
昔の曲多めだね!
色々あったけど、こういう風に気後れすることなく演奏してくれるのはいいことだ!

サビは哀愁疾走。
ウォーーーーオウォーオ!!!



こんばんはONE OK ROCKです!!
皆さん調子はどうですか?

今日で東京2日目で。
この後も僕らはツアーが続いていくわけですけれども。
東京のライブは今日で終わりですから!
このライブは今日一回だけです!
悔いの無いように思いっきり楽しんでけよ!!


TakaのMC、結構敬語使うよね。
ちょっと稲葉さんっぽい(笑)



4.未完成交響曲

明るく疾走!!
この曲好きなんだ!!イイネーーー!!

間奏。

皆さん、思いっきりジャンプしてくださーい!!
と言われても、すし詰め状態でそんなに高く飛べない(笑)

お前らの人生だろーーー!!!



5.じぶんROCK

この辺は今年のフェスで何度も聴いてる。
ノリやすくて、ホントにライブで映える!
もう自分の中では定番曲扱いだな!!

もちろん止まることなんて!!
ねーわ!!
も忘れずに叫ぶ!

間奏のウォーーオーーオーー♪は客が歌う。
そしてひたすらに煽り!!
ラスト大暴れ!!
前半ではここがモッシュが最も激しかったな!!



MC。

あらためましてこんばんは!!
昨日今日とライブやってますけど・・・。
今日のお客さんやたら元気ですね!(笑)
昨日に比べると、ホントに。

最後までそのテンションでいてくださいね!!!


6.Re:make

これもフェスで聴き続けてた曲。
どっちかというと両A面のもう一曲の方が好きだったんだけど、最近になってメッチャよく聴こえてきた!
ワンオク王道の疾走ナンバー!!

サビは安定して盛り上がるね。
シャウトも絶好調!!
ワアアアアアアアアアアア!!!



7.世間知らずの宇宙飛行士

緑のレーザー光線再び。
特徴的な電子音イントロ。
スキャットシャウト!!キャキャキャキャーー!!!

間奏にソロ演奏パートがあったのはこの曲だったっけな。
原曲でも結構間奏長いけど、それより更に更に長かった。
ドラムソロ!!圧巻!!
ギターもかなりエフェクトかけてアレンジしてた!!

これはライブ聴いて、いいと思った!!
アルバムではどっちかというとそこまで目立ってなかったんだけどね。
サビに向かって徐々に盛り上がってく展開が映える!

ラスト、ロングシャウト!!!



8.Mr.現代Speaker

アルバム曲ではかなり気に入ってる曲キタ!!!
最初は静かに。囁くような声で。

サビの展開は凄い!!
ノォーーーーーーオオオーーーーーー!!!
軽く鳥肌たったよ!!!

ギターソロ前も長めに叫ぶTaka!!
そのギターソロもカッコイイんだよね。

大サビ。
音が少なくなって、再び圧倒的なサビへ!!
Can you hear me now!!!



次の曲は、みんなで作っていく曲です!!

おなじみのコール&レスポンス!!
ウォーーオーーオーーオーーオオーー!!
ウォーーオーーオーーオーーオオーー!!


9.アンサイズニア

これももう定番曲だね!
哀愁疾走曲!!
カモンカモーーン!!

間奏も掛け合い!!
2階席、1階席の後方、そして前方とわけて掛け合いしてたな!



ここで一旦ブレイク。

こんばんは。
!?ギターのToruが喋った!!
フェスだとTakaしかMCしてなかったから、他のメンバーは全く喋らないイメージだった。
ちょいビックリした(笑)

皆さん今日は楽しんでますか!
ベースのRyotaの好きな芸能人は・・・。

(スミマセン、芸能人ほとんど知らないので誰だか覚えてないですw すんごく年上だとか?)
ドラムのTomoyaは今日もノーパン(笑)

他には、オフィシャルフォトブックの販売も宣伝。
案外饒舌なんだな(笑)

MC後、Takaがアコギを構える!
おおおお!!!



10.欲望に満ちた青年団

この曲か!!
メッチャ昔の曲じゃんか!!レアだよな!?

カントリーな雰囲気の曲調、歌詞。
のんびりと歌う。
心なしか、メンバーも楽しそうだったな!

ラスト転調!



曲後もTakaはアコギを持ちっぱなし。
ピロピロの爪弾く。
おもむろに歌いだす!

11.Wherever you are

アコギで弾き語り!!
あんましイメージになかったから凄い新鮮だな(笑)

1番は原曲よりかなりテンポを落としてたな。
2番からバンドサウンドに。
テンポも元通りになってた。

バラードだと、Takaの歌唱力の高さがより際立つね。
声が全くブレない。
CD音源聴いてるみたいで圧倒されたなぁ。



今年社会人になる人へ、というMCから。

12.C.h.a.o.s.m.y.t.h.

5分超えの曲。
Takaが客に語りかけるように、身振り手振りを駆使して歌っているのが印象的だった!
雄大、って言葉がピッタリ当てはまる。



13.Liar

不穏なストリングスイントロ!!
キタアアアアアアアアアアアアアアア!!!
イントロから全身鳥肌だった!!!

緑色のレーザー光線が、ステージ全面を覆い隠すように放射される。
最初は静かに、そして徐々にギターとドラムが激しく入り始める!

そして圧倒的なサビ!!
ヘエエエイライアアアアアアアアアアアアアア!!!!
ヘエエエイライアアアアアアアアアアアアアア!!!!


原曲通り全力!!!
迫力ヤベエエエエエ!!!!
2番になっても全く衰えず!!

間奏は客煽り!!
そして連続シャウト!!
There is nothing left to bleed, My heart can't take this any more!!!

ラストはロングシャウトで締め!!
終始圧倒された。
やっぱこの曲存在感やばい!
頼むから定番曲になってくれ!!(笑)



ここで長めのMC。

このアルバムは、本当に苦しんで作った。
去年からずっと製作をしてきて。
震災でレコーディングを中断して、自分たちには何が出来るのだろう?と考えたり。
途中、喉を痛めて一ヶ月間全く声を出せない状態にもなって。

(↑これ、初耳だった。喉の調子が悪かったってのは知ってたけど、そこまで痛めていたとは・・・)

そんな状態でやっと作り上げたアルバムだけど。
じゃあこのアルバムを通して、自分たちは何を伝えたいのか?
前作・・・「Nicheシンドローム」で、自分たちはもう言いたいことは全て言ってしまったんですよ。
今回も同じ。単純に「一緒に頑張っていこうぜ!」ってこと。
そんな俺達をこれからもよろしく!!

で、皆さんちょっとしゃがんでください!!

いきなり!?(笑)
しゃがめない人は・・・テキトーにそれっぽい感じで(笑)

このツアー、まだ決まってないけどDVDに映像化するかもしれません!
おおおおお!!!マジで!?買うよ!!(笑)

カメラとか入ってるでしょ?
で、一番元気な会場の公演を映像化しようかなーと!
なので次の曲、1、2、3で皆さん一斉にジャンプしてください!
そんで出来れば、次の曲はずーっとジャンプし続けてください!!
こっから後半戦だぞ!お前らの元気を見せてくれー!!!


14.Let’s take it Someday

ドラムイントロから!
そんなこと言われたら飛び跳ねるしかないじゃないか!!
サビは明るく!当然跳ねまくる!!
・・・のはいいんだけど、密集地帯でムリにジャンプしてるから腕とかに当たりまくる(笑)
顔面肘打ちは勘弁してください(笑)

さすがに曲中ずーっとジャンプは厳しかった(笑)
・・・ハッ、その苦行を成し遂げた公演のみが映像化の権利を手にするのか!?
ぐぅ、かなり厳しいものが・・・w



15.Rock,Scissrs,Paper

お、シングルのカップリング曲じゃないか!!
ハネタ曲調が非常に心地よい!!

この辺から最後まで常にダイブ・・・クラウドサーフが発生し続ける。
自分はダイブだけは最後の一線だと思ってるんで絶対しない。
なのでひたすら持ち上げて前に送る係に(笑)
ウラウラウラーー!!どんどんこいやー!!

最後まで盛り上がるねー!!
アイ!アイ!アイ!アイ!



16.NO SCARED

ハードなリフキターーーーーーーーー!!!
この曲は頭振るしかない!!

初っぱなからとんでもないスクリーム!!
CDより迫力あるよ!!
モッシュ・ダイブ共に最高潮にヒートアップ!!!
もう何がなんだか分からないが、とにかく熱い!!

間奏ではみんなで叫ぶよ!!
1!2!3!4!GOOOOOOOOOOOOO!!!



この辺からはもう完全にノンストップ!
シームレスで次の曲へ!!

17.恋ノアイボウ心ノクピド

うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
初めて聴けたあああああああああ!!!

熱い!
熱すぎる曲順!!
暴れるしかないやああああああああああ!!!

サビは全員で大合唱!!
感情調節っ!!!

STOP!!
これがカッコイイよね!!
アウトロは全力でヘドバンカマしてやった!!



ラスト行くぞーーーーーー!!!

18.完全感覚Dreamer

ラストコレかーーーーーーー!!!!
前曲でほとんど体力使い果たしてたが、もうここまで来たら関係ない!!

そしてダイバーの量がヤバい(笑)
10秒に一人くらいの割合でポンポン人が頭の上に降ってくるんですけど!!
そんないっぺんに来られても、こちとらいい加減腕が限界なんだよ!!

これやってて気づいたのが、男、重い。
途中で下が耐えられずに、頭から落っこちてるヤツいたし。
ちょっとダイエットしてこい(笑)

逆に女の子はホイホイ飛んでくる。大胆っちゃあ大胆(笑)
自分は同じ女の子を少なくとも3回は持ち上げましたw
ちなみに、女の子触れるイイナ!とか思ったそこのアナタ。
そんなこと考える余裕一切ないから安心しときなさい。
もはや肉体労働だし。だが、それがいい!!

あ、曲感想ね。
もはや説明不要の代表曲。盛り上がらないわけがない!!
ラストの展開はもはや神々しい。声が枯れ果てても叫び続ける!!



エンド!!
ONE OK ROCKでした、どうもありがとう!!

メンバーがピックやドラムスティック、水などを投げる。
当然ながらゲットは出来ず。
水を浴びれた程度(笑) 汗だらけの身体には心地よい!



アンコール待ち。
最初は手拍子だったんだけど、途中から「アンサイズニア」の掛け声に!!
オーオーオーオーオオーー!オイ!って感じ。
へー!ワンマンだとこうなるのか!
こういう各アーティスト固有のアンコールっていいよね!
B'zで言えばウェーブとかさ!

ただこれ、何気にかなりキツい。
声枯れてるのを無理矢理絞り出してるから、途中ホントしんどかった・・・。
休憩もないしさ。
なので、2回に1回とかにしたり(笑)



メンバー再登場!
最前列の人にハイタッチしたりしてた!

アンコールありがとう!!
次の曲は、以前からライブでやってる曲で、今回のアルバムでよーやく収録された曲なんだけど。
まさにさっき言ったような歌です。
みんな今日は本当にどうもありがとう!!


19.キミシダイ列車

これは予想通り!
ラストはこういう曲が相応しいよね!

痛い目見るだけ!
最後まで明るく盛り上がる!!
これで終わり・・・かと思ったら!



もう一曲、いっちゃう?

内秘心書!!


20.内秘心書

おおおおおおおおおお!!!
あるとは思わなかった!!サービスかな!!
これは嬉しい!!

イントロからオイ!オイ!コール!!
初期からの代表曲ということもあって、歓声も随一だね!!
メンバーも演奏し慣れてるって感じ。安定してた!

そして雨あられダイブ再び(笑)
もうこちとら限界なんだっつってんのに!!
もういい!!全員まとめてかかって来いいいいい!!!(笑)

間奏で客へ呼びかけ!
メンバーが中央に集まり、そこから弾けるようにして大サビへ!!
最後までイキイキとしてた!!



アウトロを長く伸ばして、今度こそ本当にエンド!!

再びメンバーがピックなどを投げる!
今回も水を浴びるにとどまる。いつかピックとかをゲットしてみたいもんだ・・・。



で、ここで退場しようとしたんですが・・・。
首に巻き付けといたタオルがない!!
うぉっ!暴れすぎてどっか飛んでった!!?
マジかよー!!せっかく買ったのにー!!

で、近くにビッショビショのが落ちてたので、素早く拾ってそのまま脱出。
もしかしたら他の人のかもしんないんだけどね(笑) そんなん判別出来んし。
終演後のドリンクはもちろんビール!!ウメー!
・・・大抵後で後悔するんだけどね(笑)



終了!

まず第一に。メンバー全員かっこ良すぎだろっ!!
Takaはもうゼンブ素晴らしい。
声も動きもMCも。文句のつけようがないくらい!!
ライブでここまでのクオリティを保つって、ホントに凄いことだと思うよ!

自分はステージ向かって右寄りだったんで、Toruもよく見えた。
銀髪だったね。前は黒髪だったような?
見やすい位置で弾いてたからよく見えた!

RyotaとTomoyaは・・・よく見えなかった(笑)
でも両者とも演奏は安定してたな。特にドラム。
やっぱリズム隊がいいバンドは安定するよね。



セットリストも、もう大満足です!
そのなかでも圧巻はやはり「Liar」。
別格過ぎて終始鳥肌だった。
この曲は是非今後とも定番曲としてよろしくお願いします!!

他にも「恋ノアイボウ心ノクピド」とかをやってくれて嬉しかったな。
後半の盛り上がりパートは流石としか。モッシュ・ダイブに揉まれて死ぬかと思ったけど(笑)
アルバム曲の中では、「Mr.現代Speaker」が一番良かったかなぁ。



非常に満足度の高いライブだった!!
最近参戦したライブで一番と言ってもいいかもしれない。
しつこいようだけど、それくらいかっこ良かったんだって!!

次、また見るのが楽しみだ!!!



Set List

OPSE.Coda

1.LOST AND FOUND
2.皆無
3.20 years old

4.未完成交響曲
5.じぶんROCK

6.Re:make
7.世間知らずの宇宙飛行士
8.Mr.現代Speaker
9.アンサイズニア

10.欲望に満ちた青年団
11.Wherever you are

12.C.h.a.o.s.m.y.t.h.
13.Liar

14.Let’s take it Someday
15.Rock,Scissrs,Paper
16.NO SCARED
17.恋ノアイボウ心ノクピド
18.完全感覚Dreamer

Encore

19.キミシダイ列車
20.内秘心書


ユタutah_bb at 23:19│コメント(0)トラックバック(0)ライブレポ 2011 | その他音楽 2011

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字