アニメ:12年1〜3月 評価Part.3

20120103

Part.2より

【パパの言うことを聞きなさい!】
ラジオ面白いです。最近始まったモノの中では「上坂すみれ」さんのパーソナリティスキルが半端ないと思います。
色々な面で皆が無理していて、本当は幸せで無いのかという不安というか、安心して見ることが出来なかった為に、
期待していた評価までは届かなかった印象ですが、悪くはない、好きなベクトルの作品ではあります。
来夏さんとか、大学の面子が絡むと一段階評価が上がる感じ。

【モーレツ宇宙海賊】
そういうのが好きな人にはたまらない作品だと思いますが、マニアック過ぎて言ってることが良くわからない事が多々。
主人公の明るさと優秀さは素晴らしく良くて、此の作品の魅力として十分だと思いますが、基本情報戦では物足りない部分も。
問題のOPEDはネタとして楽しむ方向に変わってはいますが、ガチな方面で壮大な宇宙スケールを醸しだしていれば、
作中の雰囲気ももう少し良くなったと思うんですがねぇ。ED曲に「Black Holy」が入ると後感が良くて評価が0.5は上がる(==

【男子高校生の日常】
結構通して楽しめました。ハマる時とサムい時の差で評価が結構上下しますが、やっぱり文学少女ネタは好きですねぇ。
生徒会のお話もなかなか。女子高生は異常は、まぁアレはアレで丁度良い尺で変化付けれてて良かったんじゃないかと。

【輪廻のラグランジェ】

残念なことに今のところは期待の斜め下。戦闘も少なく作画も微妙な箇所が多かった印象でストーリーも冗長。うーん。
何より楽しみだったメイン三人のキャラがイマイチで、当初良かったまどかの魅力もどんどん薄れていきました。
〆も微妙い。漫画版メモリアとかあまり読む気もしなくなりましたし、2期はあまり期待できないなー

【ブラック★ロックシューター】
作画と動きは素晴らしい出来でしたが、それが評価の殆どになってしまっているかなー。
ストーリーは色々と哲学的というか、展開とか言いたいことは分かるんですけど正直面白く無かったです。
キャラクターも基本病んでいるので、同様にイマイチな印象。Huke絵の印象からこういった退廃的な展開が良いという判断だったのかー

【テルマエ・ロマエ】
短い尺と短期構成で他の作品と同じように比較は出来ないですが、なかなか面白い作品でした。
映画はわざわざ見に行く気にはなりませんが、TV放映されたら是非視聴したいなぁと。

【リコーダーとランドセル ド♪】
資本主義の犬がメイン。また短いけど単独での尺獲得おめでとう!とても楽しみだワン!
リコーダーは逮捕オチが多すぎてちょっとどうにかしたほうがいいと思います(==



普通より短期な作品もありましたが、20本は多い…4月アニメはもうちょっと厳しく絞った方が良いですねぇ。
毎回上位と下位の得点差をはっきりさせようと色々試行錯誤していますがイマイチ効果なしなので、来期こそはなんとか〜

アニメ:12年1〜3月 評価Part.2

20120103

Part.2より

【ペルソナ4】
面白かったと思うんですけど、思ったより8点以上つける機会が少なかった印象。
スタイリッシュでハイカラで、音楽やキャラクターが特に目を引いていましたが、最終回のペルソナ進化からの展開は素晴らしく
熱くてとても良い最終回だったと思います。シスコン番長が公認で世に憚るとかーww

【ちはやふる】
クオリティの維持は流石。妙なオリジナルに走らず安定して面白い作品でした。
丁度私が原作読んだ所で終わったので、2期などあれば新鮮な気持ちで楽しませていただきたいと思います。

【偽物語】

幾三がディスコってるOPは中毒性がありすぎてヤヴァイ。
相変わらずの独特問答がメインですが、私はそういう所はあまりハマらないんですよねぇ。
ぬるぬる動くシーンや問題の歯磨き回みたいな力を入れる方向を故意に全力で間違えた様な回はとても楽しかったです。
女性陣は髪切って見た目は微妙になっていきますが、皆可愛くて良いですよね。特に火憐ちゃん最高です。

【ハイスクールD×D】
ただのエロアニメだと思っていたら戦闘寄りの設定がどんどん登場して、熱いアニメになっていました。評価も安定。
イッセーもイマイチだった最初の印象から大幅に改善されて、爆発しろとは思いますが、とても良い主人公だったと思います。
女の子もいっぱい脱がされていましたが可愛かったですし、色々と伏線も残して終了となりましたので2期で再会を期待です。

【アマガミSS+】
残念ながら予想通りの右肩下がり。ラストの森島先輩シナリオでちょっと持ち直しましたが、黒辻さんの奮闘や、
何気に一番良かったと思う梨穂っち後半が可哀そうです。安易なサービスシーンを入れておけばいいや的な考えは好きでないですし、
此の作品ならばもっと橘紳士が繰り出すマニアックすぎて笑える位のものでないと物足りないですよ。

【ゼロの使い魔F】
4期という長きにわたる期間、釘宮病患者を排出し続けた事を思えば、終わるのが何だか感慨深い気持ちになります。
ファイナルシリーズにも関わらず、ワンパターンに喧嘩を繰り返す二人の様は正直飽き飽きでゲンナリすることも多かったですが、
終盤の展開はシリーズの締めくくりに相応しい盛り上がりだったんじゃないかと思います。デルフリンガーェ…

【戦姫絶唱シンフォギア】
絶対に笑ってはいけないシンフォギア。話の流れとか設定なんかは凄く良さ気な雰囲気ですが、キャラデザや不安定作画、
シリアスな笑いをもたらす主人公の行動・演出のお陰で微妙なシナリオになってしまいました。
結構厳しい目で見ていた事が多かったと思いますが、最終回では何だかんだ言って面白い作品だったと思ってしまう謎。


Part.3に続く

アニメ:12年1〜3月 評価Part.1

20120103

今期は正直期待ハズレになった作品がそこそこ。そこら辺は早めに切っても良かったのかなと。
上位陣は普通に良かったですが、最上位のギルクラが期待を遥かに上回る出来だったのが眩しかったですねぇ。

【Guilty Crown】
やっぱりね、絶対面白くなると思っていたんですよー(迫真
前半戦を遥かに上回る素晴らしい出来でした。祭ちゃん退場の回は文句なしに今期最強の出来。
後半戦は内容が濃すぎて、尺不足感も。総集編はアレはアレで良かったと思うんですが、その分の尺を
と集きゅんが孤独な王をしている期間や、最終話、その後に尺を回していればもうちょい評価が上がっていたやも。
最終回はハッピー、バッドに寄り過ぎる事無く、丁度良い塩梅の締めで個人的には良かったんではないかと。
まぁ何にしても動きや音楽についても素晴らしくハイクオリティで素晴らしい作品でした。ありがとうございました。
そして最後は綾瀬たん大勝利!

【あの夏で待ってる】
良かったー。放送前からの期待に答える十分な出来。安定して青春キラキラキュンキュンしていて眩しかったです。
人物相関的には凄く悲しい片思い連鎖でしたが、それぞれのキャラクターにしっかりと焦点が当たって描いていたと思いますし、
作画や演出も常時高いレベルで纏まっていたと思います。
特にメインヒロイン二人とか主人公には特別良いと思う気持ちはありませんでしたが、ゆかりん檸檬先輩と美桜は良かったなぁ…

【アクエリオンEVOL】
無印より個人的に好きですよ。特にキャラデザ。ゼシカ&ミコノちゃんがツボです。
全体的なクオリティも高水準で安定安心ですし、音楽も無印の時の楽曲が登場するとテンション上がります。
必殺技も相変わらず突き抜けていて面白い。ただ中盤以降戦闘が少なくて若干グダっている印象がありますが、
後半戦では変形のバリエーションや戦闘シーンがマシマシになって来る事を期待したいですねぇ。

【妖狐×僕SS】
登場人物皆特色があって良い感じでぶっ飛んでおり、思っていたよりもかなり面白かったです。
女の子も可愛いですが、男性陣も魅力的でキャラクターだけの評価で言えば今期1になるでしょうか。
ストーリーも緩いところはとことん緩くて、締まる所はしっかりと締まっていましたし、毎回変わるキャラソンEDも面白すぎでした。
取り敢えず綺麗に終わったような感がありますが、原作はこれからが本番鬱展開だそう。二期…原作で見てみましょうか。

【探偵オペラミルキィホームズ 第二幕】
ギルティホームズ、ミルキィクラウン…1期でハマりにハマったので、評価に若干えこ贔屓補正が入っているかも。
正直1期ほどはハマっていなかったと思いますが、作画やシナリオのキチガイ度は1期を軽く凌駕していました。
ラードの回とか特に素晴らしかったと思いますが、序盤から中盤以降までミルキィがあまりにもダメダメすぎてグダった感がどうも…
好きな作品ですし、認知度も段々と上がって来ました。GAみたいに3期も是非是非。
余談)DVD全巻購入してますけど、ニコニコ一挙放送のGAは楽しく視聴できちゃうなー

【未来日記】
あんまり評価していないつもりでしたが、何気に平均点数は高めに纏まっていた様で。
由乃のヤンデレが魅力の大半を占めるこの作品でしたが、やっぱり声の使い分け的に失敗した感が拭えませんでした。
ほぼ新人の様な声優さんらしいですが、そんな娘に難しいスポットの当たったヒロイン役は荷が重すぎたかなぁと。
ストーリーは結構ご都合な部分も沢山ありますが、最終回はとても良かったですねぇ。
ドラマはどうでもいいとして、映画化だったら円盤買おうかな。


Part.2へ続く

ギルティクラウン 第16話「王国:the tyrant」



絶対天使ハレちゃん退場のショックがまだ尾を引く中、集きゅんの黒化具合が楽しみで、この一週間凄く待ち遠しかったですよ。
応援団学ラン姿のハレちゃんの写真。。。素晴らしかったですねぇ…ふぅ

本編では当然の様に始まってるヴォイドキングダム。
一種のカリスマ性を集めながらも、一部からは「ヴォイド王子」と若干皮肉っぽく呼ばれている集ですが、
ハレちゃんの死を無駄にしないために、非常に徹している姿は凄く良い。八尋もブラック補佐官ぷりを発揮して好感度上昇。
颯太も底辺生活が馴染んで、集の非情さの演出の為に死にかけるという役回り。今後もそんな感じでしか登場機会が無い気がします。

皆がいない所、何故か唯一弱さを見せることが出来る祈との描写も凄く背徳的でゾクゾクしましたが、
祈の笑い方やアリサを襲った謎攻撃、行動パターンの随所にお姉ちゃんが入ってきている気もしますねぇ。
単に祈も集に合わせて黒化していく道を選んだのであれば嬉しい所なのですが…何にせよ、今回で祈の株もちょい上昇。

久々登場のアルゴ含め、葬儀社メンバーは集の独裁を快く思っていないご様子。今回アルゴを口封じした様に、
復活のアノ人含め、葬儀社と対峙する機会も今後増えそうですが、綾瀬たんを処刑するのは流石に勘弁ですねぇ。


非情になった様で、実は根っこの部分は皆を救うための優しさが残っている集だった。でも、目的を叶えるためには非情に徹し続ける。
今回この一回りを描いてくれたので、選択に苦しみはしても今後、一々ブレることは無さそうです。
細かい作画は「ん?」と思う所もありましたが、モブのヴォイドも色々面白かったですし、ヴォイドの危険性も承知できました。
今回も非情に良かったギルティクラウン。来週も楽しみ過ぎてキャンサー化しそう。


そうだ、Blu-rayも全巻集めよう。そうしよう。

ギルティクラウン 第15話「告白:sacrifice」


後半戦に突入して、集が一皮剥けるのかなとか思ってたら、ズル剥けで真っ黒化したでござる。

やばいよヤヴァいよ、今回無茶苦茶面白かったですよ。
クオリティ自体は元々高いですし、4,11,13話と好きな回も結構ありましたが、それをも遥かに上回る素晴らしい回でした。

優しさを捨て、王になるという選択をするために、今作絶対無二のヒロイン【校条祭】ちゃんという多大な犠牲を払った訳ですが、
最期の最期まで、彼女の良い部分を描いた演出で、視聴者と集の中でハレの株が青天井。辛かったですが、まぁ本望と思うしか。
ハレちゃんのヴォイドもチートなので、常時待機されると緊張感が薄れるというのも分かりますが、
何だか集に能力だけ受け継がれた臭い描写もあるんですよねぇ・・・(==

で、結果ヒロインが不在になってしまった訳ですが、なんかもうずっと孤独な王様でOKな気がします。
綾瀬たんとか、祈とかが傍らに寄り添ってくれそうですが、ハレの為に心は許せない感じで。

黒く覚醒した集も中途半端じゃなくて、ここまで清々しいまでに反転してくれるのも気持ちよかった。
颯太達Fランク組も能力が低いながら、向上心のあるFランですし、マジもんのクズでは無いと思うのですけれども。
友をクズと言い放ち、容赦なく制裁を加え、ヴォイドを取り出すのは俺の意志。

漸く【ギルティクラウン】というタイトルが効いてきたという所でしょうか。
祭が望んだ、好きになった優しい王様とは真逆の方向へ走ってしまうのもまた皮肉ですが、面白いからまぁいいや。
ラストも「孤独な王は自らをも滅ぼす」みたいなオチがついてしまいそうですねぇ。

次回の王政がどんな感じなのか、とても楽しみです。

今期アニメ感想:12年1〜3月 Part.3

201201


【ゼロの使い魔F】
三期目だっけか。原作者が病床に伏せってらっしゃるらしいのでオリジナルのファイナルなのかな。
時間が経るごとにラヴラヴっぷりは加速しているものの、喧嘩して仲直りがワンパターン過ぎてちょっと萎える。
ティファがいいよティファが。

【男子高校生の日常】
先行放送やりすぎ&EDのいざこざで昨年末から十分話題があった本作。
派手さはないですが、気軽に視聴出来て、原作通り結構面白いので平均点をとり続けてくれそうな感じ。

【モーレツ宇宙海賊】
主人公は可愛いんですが、他のキャラクターがイマイチかなぁ。
一話からじっくりゆっくり下地を固めながら進行しているので、評価はまだ低いですが海賊にチェンジすれば面白くなりそう。
というか、ああいう女の子の戦闘装束が大好きなので(陣羽織とかも)
ドラクラの時のももクロEDは良かったですが、今作に限っては。。。うーん。

【テルマエ・ロマエ】
コミックスの表紙なんかを見かける機会はちょこちょこあり、ローマの芸術的雰囲気を纏ったギャグマンガであることは
何となく知っていましたが、まさか風呂モノとは…15分尺ということでお手軽に視聴でき、作りも悪くない。
ワンパターンといえばそうなのですが、様式美という言葉でOKな範囲で、個人的には好きな作品かなー

【BRAVE10】
オノDは全面的に悪くないと思うんですけどOPEDがちょっと酷い。
作中の絵とかストーリーも単体で見ると悪くはないと思うのですが、全体的な雰囲気と言うか、テンポが悪い気がして
どうにもイマイチという印象が強い仕上がりになってます。
でも、懐かしの「ふしぎ遊戯」を彷彿とさせるような内容には期待したい所なのです。

【Another】
暗いのは別に構わないんですけど、そこはかとなく漂う「おおかみかくし」臭…
雰囲気作りは良いのですが、あまり先が見えてこないので切ろうかな。

【キルミーベイベー】
キャラクターが可愛いので期待していましたが、内容がしょっぱすぎて微妙。イロモノにもなりきれていないという印象です。
OPも個人的にスベってると思ふ。EDはあのリズム感が多少耳には残りますが、それだけかなぁ。

【リコーダーとランドセル】

森田さん枠なので短すぎて評価は難しいですが、クスッと笑えますし悪くはない。
資本主義の犬も登場しますし、気軽に視聴しときますか。

【ポヨポヨ観察日記】
リコーダーと同じく森田さん尺ですが、資本主義の犬は登場せず。
みもりんが声あててますけど、内容薄いので切ってもいいかな。


そんな感じの23作品。BRAVE10以下(リコーダー除く)は切る対象かな。
アクエリオン、ミルキィ、ラグランジェ、パパ聞き辺りに個人的に頑張って欲しいですねぇ。

今期アニメ感想:12年1〜3月 Part.2

201201

【戦姫絶唱シンフォギア】
一話は良いと思ったのですが、二話目で主人公が暴走しなくてちょっと肩透かし。
内容は相変わらずシリアスめで、まどマギの様にキャラデザとの落差は多少ありますが、やっぱ主人公がイマイチな感は否めない。
まだ初心者なのでしょうがないですが、早くブルーと和解して必殺技ではっちゃけてくれることを期待したいです。

【あの夏で待ってる】
前評判も良くて、ストーリーと雰囲気で良作になりそうな予感はありますが、キャラクターがゆかりん扮する檸檬先輩と、
お姉ちゃん以外はまだ測りかねている部分があるかもです。今後段々とキャラ含め好きになっていければなと。
季節が現実と真逆なのがちょっと痛い。

【パパのいうことを聞きなさい!】
うさぎドロップ三人娘ver.まさか一緒に暮らす理由のために両親殺すとは思わんかったですよ。
とはいえ、三人娘もそれぞれ違ったタイプでしっかりしていて可愛いですし、擬似家庭内だけでなく、
主人公の大学関係でも話は広がりそうで、今後のハートフルであろう展開が楽しみです。

【偽物語】
相変わらずのシャフト節。ただただオサレなだけの演出&イミフな会話ではなく、なにかと伏線になっているらしいので、
その辺りは楽しみにしておきたいと思います。
皆さんイメチェンして賛否が分かれそうな所ですが、神原駿河以外は前の方が良かったですねー

【ペルソナ4】
ハイカラですがOPEDは前ver.の方が遥かに良かったですねぇ。
13,14話では二話使い違った視点でストーリーを描いていて面白い見せ方でした。
後半戦に入り、マヨナカテレビの真相なんかが解き明かされていくみたいなので、終盤の盛り上がりが楽しみです。

【未来日記】
日記所有者も半数となった後半戦。先は既読な筈ですが、由乃の秘密や、或くんの行動は楽しみですよ。
この作品のウリであるヤンデレも遺憾なく発揮してほしいものです。

【ハイスクールD×D】

キャラデザとか絵のクオリティは眼を見張るものがありますが、主人公がちょっと古臭い印象というのと、
ラッキースケベなハーレム枠という作品なので、そこまで良くなるという印象は無いかと思っていましたが、
階級制&アーシアちゃんの登場で段々と面白くなってきているので、今後の展開に期待したい所です。



Part.3へ続く

今期アニメ感想:12年1〜3月 Part.1

201201

















2012年になり、新作アニメもなかなか良い作品が続々と放映開始。一通りの視聴が終了したので、一口感想と採点の結果なんかを。
2011年末を凌ぐほど良作ばかりで、殆ど切ることが出来ない作品ばかりですが、楽曲が全体的にイマイチという印象ですねぇ。
「アクエリオン」「ミルキィ」「アマガミ」これらのOP辺りは良い感じだと思いますけれども。


【アクエリオンEVOL】

アクエリオン続編、取り敢えず今期トップです。
相変わらずの美しいメカ描写、馬鹿だけど突き抜けてて笑えるやり取り、そしてハードルは高かったですが、
前作にも引けを取らないAKINOさんの[君の神話〜アクエリオン第二章]の楽曲ブーストによる底上げで、かなり良い仕上がりです。
前作は全体的にキャラクターに愛着は持てませんでしたが、今作ではどちらかと言うと流行り寄りな
キャラデザになっているということもあって、とにかくミコノ&ゼシカちゃんが可愛い。主人公も、かなり良い部類。
そんな感じで、前作の良い所をきちんと踏襲、強化した正当な続編という印象を受けました。
前作組(?)もちょいちょい登場してくるので、それらのキャラクターとの絡みも楽しみしていきたいですねー

【ギルティクラウン】

後半一話目は進化した王の力ならではという感じで「篠宮綾瀬」が輝いて非常に良い感じでした。
予想の斜め上を行くお姉ちゃんの復活未遂、涯の退場となりましたが、
自分で選択し始めた集がまたウジウジしだすのか、はたまた一皮むけて良い感じになっていくのか楽しみに見守りたいと思います。

【探偵オペラミルキィホームズ 第二幕】
待望のミルキィ二期。作画のストックも十分&勢いも良好で良い滑り出し。
「探偵」「トイズ」という言葉を思い出すのに二話かかりましたが、ちょこちょこトイズが戻って能力使用の場面が
見ることが出来ると良いですねぇ。EDは飛蘭さんが良かったですけどー

【妖狐×僕SS】
とにかく登場キャラクターがどれも魅力的で面白く、掛け合いの間合いなんかも素晴らしいと思います。
登場キャラの男女比率も良く、男オタも腐女子もどちらも楽しめる様な作りですし、妖怪変化しての戦闘描写もアリと
隙のない作品に仕上がっているので、もっと人気が出てくると思うんですけどねぇ。
あとOPが出川にしか聞こえなくなったのは、ある意味致命的。

【アマガミSS+】
変態紳士が帰ってきた!雰囲気そのままで音楽含め良い感じ。
最初から黒辻さん編&デレとサクサクストーリーで楽しめましたが、二話で終わってしまうのはちょっと寂しいなぁ。
一期のヒロインと逆の順番での進行ならば、段々失速していきそうな予感も。

【輪廻のラグランジェ】

いいじゃないですか。前評判からなかなか高かったので、それに見合う出来になるのか心配な所はありましたが、
絵・音楽・雰囲気等高水準な作り。そしてなにより主人公の【京乃まどか】ちゃんが可愛くて仕方がない。
この爽やか真っ直ぐ系ヒロインはカレイドの苗木野さんを彷彿とさせる素晴らしさで、今期ヒロインの中でもトップレベル。
中の人はミズハスかと思いましたが、最近売出中の【石原夏織】さん。全体的に若手な配置でそういった意味でも新鮮さがあります。
こうやってどんどん世代交代が進んでいくんですねぇ…(==

【ちはやふる】
若宮詩暢との対戦で最初からクライマックス。相変わらずハイクオリティな作りで面白いですが、
原作はココら辺からグダってた様な記憶があるのでちょっと心配です。


Part.2へ続く

戦姫絶唱シンフォギア 第01話「覚醒の鼓動」


「偽物語」と連続の視聴になりましたが、個人的にはこちらの方が面白かったですねぇ。
元々それほど注目していませんでしたが、ライヴのシーンはぬるぬる動きましたし、歌いながらの戦闘も良かったと思いますよ。
展開も早くサクサク進みましたし、リリカルな人達の様なシンフォギアの放熱ギミックが格好良くて特にお気に入りです。

「歌」絡みの作品ということで「水樹奈々」さんキャストの楽曲は安定。
偉大な声優さんではありますが【天羽奏】役「高山みなみ」さんはどうしてもコナン声が残ってしまうので、
通常のシーンでは雰囲気が微妙いとも思いましたが、幸か不幸か一話で退場ということなので、この先は大丈夫そう。
懐かしのTWO-MIXとして音楽活動していただけあってライヴシーンでは良い感じではあったと思うんですけれどね。
逆に水樹さんとのライヴシーンの絡みで、今後恐らくメインを貼ることになる【立花響】役「悠木碧」さんの歌に注目ですよ。

空気感も絵柄の割に明るすぎず、謎の敵であるノイズの軍勢は見た目はシュールですが、良い感じに容赦無いので、
まどかマギカまで行けとは言わないですが、なかなか緊張感のある作品になりそうな印象。
戦闘中、技名の表示は叫べない為の処置かと思われますが、テンポという点を取ると意見が分かれそうな所であります。

とにかく暴走モードに入った響ちゃんの今後やらが非常に楽しみですし、次週も期待です。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第01話 「野菜の果て」


野菜…それは選ばれし畑に膨らむ奇跡の蕾

ある種は紫の花を咲かせ、ある種は黄色の花を咲かせる

大農村時代 その名を茄子と胡瓜という



【農業オペラ ミルキィファーマー】


安定のダメダメダメダメなミルキィホームズ。アンリエット様のアニメ一期での努力とは何だったのか・・・

今までの様に落ちている物や、自然のものを収穫するだけでなく、自ら農場を作り栽培をするという、
なんだか間違った方向に進化と尽力を見せる、彼女たちのバイタリティというか逞しさは流石という所ですが、
自らの本分を完全に忘れ「…探、偵?」と言葉の響きにもピンとこない始末。
怒り心頭なアルセーヌ様の為にミルキィホームズを更生させようとする怪盗帝国の面々はすごく常識人に見えますが、
矢文のスルースキルとか、トイズ覚醒ではなくて一揆モードに入ったミルキィ達にボコられる姿をみて、
今季もこんなご苦労様な役割なんだなぁと、思わずにはいられないです。
まぁ、その2つは凄く面白かったシーンなんですけれども。


先行放送ミルキィホームズ第二幕。良い作品が二期になり(ある意味三期ですが)落ちぶれていく様をいくつも見てきましたが、
この第一話の出来を見る限り、ハイレベルにぶっ飛んだノリが健在で安心しました。
というか、アニメ一期でこの雰囲気が世間一般に容認というか、とてもウケたみたいなので、
今回はOPの段階から結構やりたい放題、EDでもトウェンティが変な所に登場してたり制作陣は、より自由に作れてそうです。
アニメ一期のラストであった「森・アーティ」とか今後出てくるのか、その他新キャラ等にも期待ですねぇ。

1話は勿論そうであってくれなければ困るんですが、前期終盤、作画が息切れ気味だった印象が強いので、
このハイクオリティ作画と動きのぬるぬるさは特に素晴らしいという印象を受けました。
EDは一期の時の様に申し訳程度のシリアス成分というか、飛蘭さんにカッコイイ系で締めて欲しかったですかねー

何にせよ、ミルキィらしくて個人的には大満足の第一話でした。
今後も中の人含め、パワーアップしたミルキィ達の活躍・展開に期待です。


今日の小衣ちゃん【IQ1400】