世界的なコンサルティングファームである、ベイン・アンド・カンパニーから、Value Pyramidというフレームワークが発表されています。


■Value Pyramid

value

Value Pyramidでは、下の価値から、FUNCTIONAL(機能的)、EMOTIONAL(感情的)、LIFE CHANGING(人生を変えるようなもの)、SOCIAL IMPACT(社会的インパクトを与えるようなもの)としています。

このValue Pyramidはマズローの欲求段階説を拡張したものです。


様々な製品・サービスは、このValue Pyramidの中の価値を組み合わせて提供しています。スマートフォンであれば、Organizes(整理:様々なアプリをスマートフォン一台で実現), Connects(つながり:SNSなどを通してつながる)等、他にも様々な価値を提供してくれます。


現在ではAIやIoTの時代になり、下の階層であるFUNCTIONALは機械によって最適化・自動化がされつつあります。

さらには、AI・IoTによって感情理解も進んでいるため、EMOTIONALの部分も機械によって価値提供が実現されつつあります。

感情理解を助けるAI搭載のスマートウォッチで社会不安障害を支援

Pepper感情生成エンジン

今回のValue Pyramidは新しいアイデアを提供するときのヒントになりそうです。このアイデアは、FUNCTIONALではこの価値を提供していて、EMOTIONALではこの価値を提供している、といったように、提供価値の組み合わせによる価値創造や、抜け漏れの確認などができます。


これからもValue Pyramidを活かせそうです。