ぼくは性格がわるい

トイレのあたたかい便座に腰掛けてこれを書く。
ひさしぶりにブログ書きたくなったから。
便座は使用目的が座る事ではないけどとてもいい椅子だと思う。空間的にもせまくてとてもいい。

君に話すよ企画だった。
君に話すよのボーカル片野くんに誘ってもらった。君に話すよとはじめて出会ったのは3年前のジャムフェスだった。田舎者の僕はいろいろあってジャムフェスに対してものすごい憧れがあって自分でジャムに電話を掛けて「宮崎のバンドなんですがジャムフェスに出させてください」と電話して出演させてもらえることになった最初の年だった。もともとバンド名で絶対やばいバンドだと思っていたから迷わず観に行った。狭い狭いスタジオをはみ出すんじゃないかっていう演奏を今でも鮮明に覚えてる。ライブが終わったあと広間みたいなところにいたら片野くんが汗だくのまますごい笑顔と声で「君に話すよです!!」って声かけてくれたんだけど僕人見知りだから全然ちゃんとした対応できなくて妙に尖ってたし多分すごく印象悪かっただろうなと思う。タイムマシンが出来たら僕も片野くんと一緒にそれに乗って僕は僕であの時の自分殴ることにするよ。そうしよう。

思ったことを全部話せることなんてないけれど今日はとても話したいことを話せたと思う。全部悪口みたいになってしまったけど、それでも話せたことがよかったなと思う。多分僕が君に話すよが好きなの伝わったと勝手に思ってる。

君に話すよのライブが終わって楽屋に行ったら片野くんが泣いてた。こういうの言うの野暮だよね、わかってるでも僕、野暮だから。
なんで泣いてるのかはわかんなかった。うれしかったのか悲しかったのかホッとしたのかわからないけど泣いてた。僕はライブが終わって泣いたことがない。ライブ中に泣いたことは山のようにあるけど。片野くんはどうしようもない男だけどとても優しい。ステージでは泣かずに暗いところでこっそり泣いてた。
声はほとんどかけずにすぐに楽屋をでた。近くにいて慰めたりするのは野暮だと思ったから。違う野暮だと思ったから。

そして君に話すよのフルアルバムは全国のこっそり暗いところで泣いてる奴らのところに届く。
届くはず。すごく奇跡みたいなことだなと思う。ロックバンドは最高だ。

ラブレターフロム

部屋が散らかってる。寝る場所が布団からソファになってしまってからもう何日も経ってるけど明日にはまた家を何日もあけることになるから苦手なりにも片づけていこうと思う。

とても好きなバンドから新しい音源が何バンドか送ってもらえてとても嬉しかった。だから最近そればっかり聴いてる。友達の歌って最高。バンドはじめるまで友達の歌を聴けるっていう最高の贅沢ができるなんて想像もしてなかった。いくつかコメントを寄せてって頼まれて、もちろんと思ったけど全部締め切りまでに書けなかった。一枚のCDを作り上げることにどれだけの気持ちや時間がこもってるのかいまなら少しは想像できるようになってきた。だから片手間みたいな感じでは聴けないし書けない。もっと心と頭のキャパシティが欲しい。悔しい。

1曲の曲のことを考えて何日もたって頭の中で少しずつほんとうに少しずつ組み立てたり壊したりしながら生活してやっとちょっと形になってきた。うれしい。もっとうれしくなりたい。がんばる。

約束したことが約束でもなかったみたいに時間に流されていく。ここでライブできなくなるくらい売れるって新宿JAMのステージで言ったのにJAMをワンマンでパンパンにする前にJAMはなくなってしまう。
それでもやっぱり嘆くことはロックバンドの人のやることじゃないと思うからとにかくもっとなんか、やるしかない。
思い出話していいのは今輝けてる人だけだと思うくらいにはまだ尖れてる。もっと輝く日々ゲットするぞ。俺は。

しかめ面する場面も笑える場面ももっともっと足りない。もっとなきゃいけない。続きを読む

22世紀まで

今の人か昔の人かで言ったら限りなく昔の人であってもちゃっかりLINEには友達として登録されてて昔の人から最近ブログ書いてないね、という内容のメールが届いた。(LINEでメッセージが届いた場合、メールが届いたじゃなくてLINEが届いたって言うのが正しいんだろうけどメール届いたってわざわざ言ってしまうくらいにはLINEのこと好きになれていないんだと思う。ゴメンネのスタンプ)ひさしぶりの連絡はどんな人であってもある程度うれしい。だからブログ書く。

昔はブログ書いて。なんて言われたら余計に書けなくなってたはずだし「曲書いて」と言われるほど書けなくなる、みたいな意見を持ってた気がするけど今はブログ書いてと言われたらあー、じゃあ書こうかとなんも気負わずに書けるような感じがして自分にちょっと驚いた。最近は曲も「曲書いて」って言われないくらい書こうってだいたい毎日そんな気分で過ごしてる気がする。これからずっとそうだって自信はないけれど楽しみにされることを楽しみに思える今の僕の状態はなんかカッコよくないですか?カッコいいよね。多分。


敏感で丈夫、みたいな人間になりたいと常々思うしそれが生きてゆく上で一番楽しめるボディだと思っているけど敏感は壊れやすい、丈夫は鈍感にいつも引っ張られがちだから難しいなと思う。別に敏感で丈夫っていうのが矛盾してるわけじゃないのに。大したことでもないことでイチイチキャーキャー言いながら騒いででも悪い風邪とかは全然ひかずに生きてゆきたいです。

最近の僕、何年も履き込んでたボロボロの靴を捨ててなんと新しい靴を2足も買った。靴って毎日同じ靴を履いてると痛みがはやくなるから毎日違う靴を履くといいってずっと知ってたけど一足の靴を毎日履き続けるっていう生き方しかしてこなかったからここで2足同時に靴を買った。
あと新しい服をポンポンと何着か買った。それに髪の毛も短くしてパーマもかけた。
変わりたかったとかそういうのでは全然なくてただ単にそういうことをとても長い間してなかったなとふと思ったからみたいな感じ。靴を買うときも服を買う時もワンレーンの髪にスキバサミを入れるときもパーマをかけてもらうために大仏みたいな姿になるときもとても楽しかった。またやりたい。

あとダイエット本格的に頑張ってみようって思って毎日できるだけ自分で作った野菜料理を食べるようにしたらスルスルと気が付いたら4キロくらい体重が落ちて、人参とかをコリコリ噛み砕きながら「ちゃんと噛むって多分脳とかにもいいよね!」とか考えつつメンバーにも「野菜っていいよ〜」とか意気揚々と話したりしてた。このままいけば1ヶ月で8キロくらい減るんじゃね?と思いながら暮らしててでもここ数日でちょっとお酒飲んだりラーメンたべたりしたら2キロ戻ってた。
結局1ヶ月で2キロしか減ってない。
オードリーの若林の本に
痩せるということは生き方を変えることだ
と書いてあった。
人はたいてい太ったり痩せたりしながら生きてるんだと思うけど僕が誰が見てもヒョロヒョロ、みたいなスリムなボディを手に入れるにはまだまだ覚悟みたいなものが足りないんだなと思った。

これから太ったり痩せたりを繰り返しながら歳を重ねていくとしていつか終わりがくるとしたらなんていうか、こう、ちょうどよく一番綺麗なタイミングにならないかなとか考えてるんだけどちゃんと長生きできたとしたらそれだけで美しいよって褒めてもらえる気がするし、おじいちゃんになるころにだったらむしろふっくらしていたいかも。おじいちゃんの僕の隣にいるおばあちゃんがガリガリだったら悲しいもんな。

とりあえず今日からちゃんと野菜たべよっと。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ